公式 七つの大罪 38巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 鈴木 央 これまでの感想はこちら 前回はこちら
生真面目なゼルドリスが、兄に言えなかった日々
魔神王、再・最終決戦!

00038
00037
00032
00029
表紙は不憫、“恋人のフリした父”に抱かれたゼルドリス
 回想でも、兄と仲良くしたかったと健気だし
 彼を元に、若返った魔神王が強そう!
 弟がお姫様ポジション!

 七つの大罪、七つ目の掟と神器が出揃った!!

アーサー王“誕生”!?
 ホークママが、アーサーを“見ていた”とも発覚
 まさか、ホークを魔神王が使ってたなら
 こっちは最高神?

 誕生は“均衡が乱れた結果”。

 魔神王が二人も居る為なのか、それとも…?

七つの大罪 38巻 感想


 第312話「開戦」
 第313話「宿命の兄弟」
 第314話「二人の魔神王」
 第315話「最終戦争」
 第316話「主恩のインデュラ」
 第317話「傲慢なる決意」
 第318話「混迷の戦況」
 第319話「許されざる膠着」
 第320話「絶望の兄弟」
 特別エッセイ 
 これまでの感想

あらすじ
エスカノール、捨て身! もはや彼の肉体は…?!

00021
 太陽の魔力を失うも、若者の為に大奮戦!

あらすじ
 魔神王はゲルダの幻で、ゼルの肉体と精神を奪い
 魔界の扉から、主恩のインデュラを召喚
 大罪とメリオダスを迎撃する

 メリオダスは、“家族の問題だ”と二人で出陣

 バン達はインデュラと交戦
 エスカノールは、マエルに「太陽」を返して貰う

 魔神王は、往年の肉体を復活

 また“均衡が崩れた”為、王が誕生しようとしていた

第312話
魔神王復活! その手勢として現れたのは

00000
00001
 大人verゼルドリス、作中屈指にイケメンである!

第312話「開戦」
 魔神王、インデュラ召喚! 強力魔神が転化した
 前巻、魔界へ帰る為に開いた「門」から
 十戒以上の戦力が!

 帰ろうとしたのが仇になった?!

 今や、十戒でも瞬殺できそうな大罪にさえ
 対抗できる「獣」

 大罪の5人は、その迎撃へ

 第26巻によれば「闘級5万以上が必須」

 以前、デリエリ達が変じた怪物か!

しかしメリオダス
弟ゼルドリスを乗っ取られた、と仲間に話さず

00002
00003
 代わって夫婦仲良く、魔神王退治!

三千年前のように!
 初めての夫婦共同作業は、魔神王・入刀に決定!
 これは家族の問題だ、とメリオダスが遠慮し
 三千年前、出会い頃を彷彿とさせる
 エリザベスと二人旅!

 またゼルドリス、王本来の性能を発揮可能

 魔神王も、読者的にも不安要素でしたが
 ハンデ戦とはならないのね

 ゼルドリス、才能は兄に劣らなかったのか

 性格の根っこ、控えめだからか

第313話
ホークママは「眠い」「王が誕生する」と…?

00004
00005


 扉絵「すれちがうメリオダス兄弟」。切ない

第313話「宿命の兄弟」
 ホークは誤解しますが、魔神王でなくアーサー王
 彼は31巻、聖剣エクスカリバーを発動も
 キューザックに歯が立たず
 現在、昏睡状態。

 ホークママは、“アーサーの監視者”だった…?

 ホーク同様に「最高神の眼」なのか?
 同じママだけに?

 決戦ソールズベリー湖はエクスカリバー誕生の地

 まるで、不穏の予兆みたいで…?

メリオダスは、弟ゼルドリスに負い目があった
そしてゼル自身は…

00006
00007
00008
「偽のゲルダ」に惑わされ、支配されるゼル

恋人に抱かれて
 表紙は、恋人でなくオッサンに抱かれていた…?!
 この世界、なんてゼルに厳しいの!?
 許されるべき事じゃない!
 と

 実はメリオダス、かつて弟を誘った事が

 魔族を足抜けする際
 確かに誘い、ゼル自身も心揺れていた

 しかし恋人の為、生真面目な彼は残った

 ゼル、どんだけいい子なのよ…

第314話
決戦! この世に、魔神王は二人も要らぬ!!

00009
00010
00011
 どっこい「一人も要らない」と返すメリオダス

第314話「二人の魔神王」
 聖戦とは、魔神王と最高神のいさかいが原因
 以来、長きに渡り犠牲者を出した父を
 メリオダスは許せない

 三千年に渡る「元凶」と、決戦の時!

 今までのキャラが総出演
 回想も膨大だわ…

 しかし、エリザベス母・最高神どうしてるのか

 ホークママ「眠い」って、入れ替わるのか?

第315話
魔神王、人質作戦! 必要なのは時間稼ぎなのです

00012
00013
00014
 エリザベス、実は魔神に悪名高かった!

第315話「最終戦争」
 通称ブラッディ・マリー、血塗れエリー! まあ物騒!
 今はまだ、魔神王は身体を御しきれておらず
 全開に程遠い状態らしい

 今のエリザベスなら、十戒くらいボコれそう!?

 作中、話し合いに訴える場面が多いも
 戦えば強かった!

 作中は日常か、メリオダスと出会った後

 それ以前は、割と猛々しい性格だったのかしら

 昔、全盛期メリオダスも痛い目を見とか

地上に降りたインデュラ
厄介な特質に対し、遂に「アレ」の出番がきた!

00015
00016
 聖棍クレシューズ! バンの神器!!

神器揃い踏み!
 またしても、マーリンが隠し持っていた相棒!
 以前、投獄の際に没収されたモノですが
 全員に神器が戻った!

 まずインデュラは、“幼体”を大量に噴出

 食い止めるのが課題!
 トリコのラスボスを思い出しますね

 魔剣ロストヴェイン、聖棍クレシューズ、聖槍シャスティフォル、戦槌ギデオン、双弓ハーリット、明星アルダン、神斧リッタ

 いやあ、揃うまで長かった… 

第316話
インデュラとは、魔神が心臓を捧げ転化した獣

00017
 心臓七つの内、六つを闇に捧げて転化

第316話「主恩のインデュラ」
 ガラン曰く、闘級が5万はないと転化は自滅
 代打十戒、フラウドリンですら3万1千!
 ハードルは極めて高い

「主恩」は、魔神王に忠実な十戒の変異体

 十戒クラスの強さを求めるも
 実際には、それ以外も転化しているらしい

 デリエリ達は、途中でエリザベスが制止

 こちらは誰も止められず、完全に転化した代物か

自在かつ変幻自在、聖棍クレシューズ!
その特性は

00018
00019
 特性は「超集中力」!

大罪、一斉攻撃!
 各人が神器を駆使、最後の神器に相応しいデビュー戦!
 際し、見開きの「死神の一薙ぎ」
 格好良かった!

 幼体は、バンが「超・集中力」で一気に殲滅!

 普段「集中力」って柄でもないも
 強奪や料理と、思えばバンの大きな特性なのか

 周りを巻き込まず、一体一体殲滅!

 キングにも出来ない、驚きの精密攻撃だったのよ!

インデュラ先生、この後に撃破されたらしい
ただ、一体だけ逃してしまった「幼体」が

00020
00021
 幼体を止めるべく、エスカノール(夜)が奮戦!

ロートル走る!
 ファンタジーでは珍しい、実戦本位なスタイル!
 先頃、太陽の魔力を失ってしまい
 非力な「本来の姿」に

 でも若者達を守る為、老兵が命を張る!

 これが男の仕事ですね!
 ただ、現代人基準では「老」という程でもなく

 彼の過去編が次巻に掲載

 けっこう前に描かれたものなんだとか

第317話
格好悪い…、こんな姿を、皆は笑うだろうなあ…

00022
 いや笑わない! と思い直すエスカノール

第317話「傲慢なる決意」
 普段、コメディタッチに描かれがちなエスカも
 内面に、やっぱり熱いものがあった!
 仲間への信頼と誇り

 昼も夜も等しく、対等に、肩を並べて。

 それがいかに素晴らしい事か
 日頃、自虐的なエスカノールだからこそ解る

 仲間が誇らしい。

 であれば、心だけでも「彼らと一緒」にいたいのね

絶体絶命に届いていた祈り
祈った先さえも諦めていても

00023
00100
00024
00025
 ラストページ、なんて端的な!

仲間に賭ける為に
 エスカを救ったのは、彼が願ったマエルの再臨
 マエルは、魔神王には敵わないと諦めるも
 エスカは「太陽」を返して欲しい
 と「傲慢」

 また、次の「太陽」でエスカノール自滅も確定

 それでも「誰かの為に戦う皆」の為
 自分が「彼らの為に」戦う

 己が勝てなくても、自滅するとしても「賭ける」

 男じゃないのエスカノール!

第318話
メリオダス圧倒! 魔神王、まるで手も足もでない

00026
 王は「支配者の魔力」も発動できない

第318話「混迷の戦況」
 メリオダスとエリザベス、共同作業「神喰い」!
 見た目に、完全に圧倒していますが
 実は手加減

 どころか「魔神の力」さえ未発動

 前々巻のメリオダスと同じ
 問題は内側、ゼルドリス自身が抗う事だと

 弟が自ら目覚めねば無意味

 最終戦にして、濃厚でまろやかな縛りプレイ…!

第319話「許されざる膠着」
許されないのに!

00027
00028
 扉絵は仲良し兄弟! 今巻一かわいい

第319話「許されざる膠着」
 魔神王は、泉の魔力でどんどん回復している
 説得、膠着はメリオダスが不利
 ムキムキマッチョに!

 ただメリオダスは、弟に負い目があった

 昔の彼はワーカーホリックで
 ゼルドリスの話を、聞いてやる余裕がなかった

 不仲を招いたのは自分だったと

 何この弟、いい子かよ…。

外の攻防に気づかないゼルドリス
だが「同じこと」を思い出す

00029
00030
 しかしおっぱい枕で海より深い眠りに…

眠れ、父の胸に
 本当にささやかに、大切そうに願うゼルドリスと
 一刀両断にしてしまう毒父の対比…
 真っ二つですよ…

 本当はもっと、兄とたわいない話をしたかった

 作中、死んだ目でメリオダスを追ったり
 不可解に寝返ってみたり

 全部ひっぺがしたら、ただただ懸命な

 ただ、恋人を紹介したかったのね…

第320話
気配は完全に消え、魔神王は“若き肉体”を復活へ

00031
00032
00033
 七つの大罪、七つの掟。七つめは「たまには全員(みんな)で力を合わせようぜ」だ!

第320話「絶望の兄弟」
 神器に続き、原点回帰感ある「掟」再びで続く!
 魔神王、メリオダス時は「代替わり」で
 息子ベースな風貌

 対し今度は、往年の自らの姿そのものか!

 黒くどっしりとした威圧感
 前「メリオダス版」より、魔王感があるのう!

 日本刀使いなのも素敵

 インデュラの骸と一緒に、大罪が合流して続く!

特別エッセイ
また、巻末イラスト投稿は「海外編」!!

00034
00035
 国名つきの海外縛り! 絵柄が面白い

特別エッセイ
 そして生活自体が面白すぎる央(なかば)先生
 そういや、バンのcv鈴木達央さんと
 名前が一字違いなのね!

 cv梶さんへフォローも忘れない先生!

 投稿コーナーでは
 何気に、十戒メラスキュラが逃げたとも判明

 何気に生き延びてる…

 時節か、団長と弟さんのイラストがあったのもエモい

収録

00036


 最終巻近しとか明言。解っちゃいますけれども寂しい

 講談社コミックスマガジン「七つの大罪 38巻」。
 鈴木央。週刊少年マガジン連載、講談社発行。2019年9月(前巻2019年6月)

七つの大罪 38巻 感想
 第312話「開戦」
 第313話「宿命の兄弟」
 第314話「二人の魔神王」
 第315話「最終戦争」
 第316話「主恩のインデュラ」
 第317話「傲慢なる決意」
 第318話「混迷の戦況」
 第319話「許されざる膠着」
 第320話「絶望の兄弟」
 特別エッセイ 
 これまでの感想

※トップに戻る

七つの大罪 アニメ第一期 全24話 2014年9月~2015年3月 公式ツイッター

 第一話「七つの大罪」
 第二話「聖騎士の剣」
 第三話「眠れる森の罪」
 第四話「少女の夢」
 第五話「たとえあなたが死んでも」
 第六話「はじまりの詩」
 第七話「感動の再会」
 第八話「恐るべき追跡者」
 第九話「暗黒の脈動」
 第十話「バイゼル喧嘩祭り」
 第十一話「積年の想い」
 第十二話「戦慄のカノン」
 第十三話「破壊の使徒」
 第十四話「本を読むひと」
 第十五話「アンホーリィ・ナイト」
 第十六話「駆り立てられる伝説たち」
 第十七話「最初の犠牲」
 第十八話「この命にかえても」
 第十九話「まちぼうけの妖精王」
 第二十話「勇気のまじない」
 第二十一話「今、そこにせまる脅威」
 第二十ニ話「君のためにできること」
 第二十三話「絶望降臨
 最終話「英雄たち」

七つの大罪 聖戦の予兆 感想 2016年8月 4週連続

 七つの大罪 聖戦の予兆 第一話「黒き夢の始まり The Dark Dream Begins」
 七つの大罪 聖戦の予兆 第二話「二人の喧嘩祭り Our Fighting Festival」
 七つの大罪 聖戦の予兆 第三話「初恋を追いかけて In Pursuit of First Love」
 七つの大罪 聖戦の予兆 最終話「愛のかたち -The Shape of Love-」

七つの大罪 感想 鈴木央

 七つの大罪 14巻
 七つの大罪 15巻
 七つの大罪 16巻
 七つの大罪 17巻
 七つの大罪 18巻
 七つの大罪 19巻“太陽の主”。
 七つの大罪 20巻“伝承の者共”
 七つの大罪 21巻“その光は誰が為に”
 七つの大罪 22巻“暗黒のブリタニア”
 七つの大罪 23巻“<傲慢>VS「慈愛」”
 七つの大罪 24巻“残酷なる希望”
 七つの大罪 25巻“リアルタイムの3000年前”
 七つの大罪 26巻“二人のゴウセル”
 七つの大罪 27巻“七つの大罪の再会に”
 七つの大罪 28巻“旅の目的” エスカノール全開!
 七つの大罪 29巻“十戒壊滅”聖剣の力とは?
 七つの大罪 30巻“マーリンの正体”エリザベスvsメリオダス!
 七つの大罪 31巻“傲慢の正体”エクスカリバー発動!!
 七つの大罪 32巻“壊れる慈愛” 魔神族一覧表
 七つの大罪 33巻“エスタロッサの正体”聖戦終結の真実!
 七つの大罪 34巻“支配者の魔力”妖精王ハーレクイン新生!
 七つの大罪 35巻“いつか必ずお前を奪う”
 七つの大罪 36巻 “魔神王・覚醒”
 七つの大罪 37巻 “魔神王を倒したら”
 七つの大罪 38巻 “七つの大罪 七つ目の掟”

※トップに戻る