公式サイト 機動戦士ガンダム ジ・オリジン THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第10話 感想 赤いモビルスーツ レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読 OVA未見 1時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
セイラ苦境。兄妹、一方的で束の間な再会を経て、ルウム戦役へ

00761
00257
   
今こそ、モビルスーツの有用性を示す日! …ってところで次は月末!?
 全13話ですが、初期で賑わってたバー・エデンの寂しさ
 初期で、守られる側だったアルテイシアが
 今や立派な…

 狂わせたのは憎しみ? 欲? いや、“自分達が正しい”という正義か

「親」達の死
 スペインでの豪奢な生活を捨て、移住までしてくれたテアボロさんの死
 知らず、「本物」の両親を殺してしまうシャア!
 兄は鬼子です…!

 ただシャアがきて助かった、結果的に妹を救った。のも皮肉。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 10話 感想

 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第10話「赤いモビルスーツ」
 冒頭「兄生存は兄の罪」    
 Aパート「国父、国母が出会った店の終わり」
 セイラ、立つ
 時代を狂わせたものは
 赤いモビルスーツ  
 Bパート「後手に回る連邦」
 黒こそ栄光の色だッ!
 ルウム戦役、開戦
 生まれる前の彗星、ルウムを走る      
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 模型企画外伝「MSD ククルスドアンの島」感想
 これまでの感想

キシリアもいぶかしがっていた、前回「ジオン御前会議」

00770
 第13巻より。今回カットされたシャアの台詞。

御前会議
 前回、キシリアを含む全将軍に話した会議にウソがあった
 ジオン軍は、連邦ティアンムに全力で当たる
 と、「ウソ」を流していた

 その為、ルウムの民間人を守る為に手を割き、戦力比は1対3

 次回、人類史上最大の会戦!

MS-06S”シャア専用ザク、初陣へ!

00744
 リミッターを全てカット、パイロットが潰れそうな加速で迫る!

あらすじ
 U.C.0079年、テキサスコロニーに、暴徒がなだれ込み街が壊滅する
 セイラ達は抵抗し、ジオン軍の攻撃で偶然に助かるが
 テアボロ、アズナブル夫妻が死亡
 セイラは孤独となる

 ジオン軍は御前会議をリークし、連邦軍の分割に成功

 戦力差を1対3まで縮め、ルウム戦役が始まったが
 開戦間もなくドズル艦隊は転進

 連邦ティアム艦隊は追撃するが、ジオンMS部隊も動いていた

 次回、機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第11話「ルウム会戦」

ジオンが攻撃目標とした「サイド5」は、セイラが今も住んでいるコロニー

00000
 前回、ジオン軍は御前会議で、“サイド5を全軍攻撃”と決定
 連邦は、レビル将軍率いる第1・第3連合艦隊と
 ティアンム艦隊を出陣

 戦力比はジオン1に対し、連邦4

 歴史に名高い人類最大の艦隊戦、ルウム戦役の序曲であった

セイラ『ジオンへ行かれるんですか!?

00005
00011
00023
00028
 ロジェ・アズナブルさんは、息子「シャア」に5年ぶりに会いたいと。

テキサスの苦境
 士官学校入学以来、何の音沙汰もない、親不幸な息子だけど
 でも、たった一人の我が子が恋しいという夫妻は
 ジオンへ行く事に

誠に心苦しい…、こんな時にこんな身勝手なことを言うのは

 テキサスの住民は「敵性国民(ジオンのシンパ」だ
 と、ルウム内で憎まれているのね

 セイラ達はだからこそ、ここに住み「ザビ家に逆らわない」とアピールした

 その事が今、首を絞めているとも言えます

しかしセイラは聞かされていた、「兄キャスバルが生きている」と

00038
00040
00042
お兄さん…、あなたは、あの人に何をしたの…!?

鬼子の始まり
 賢い彼女なら、もう「身代わり」について察しているのでしょうね
 でも、認めれば「優しかった兄」を責める事になる
 認めたくない

 彼女にとっては、病気に寄り添い、命懸けで守ってくれた

 かけがえない家族
 兄、キャスバルを信じたいセイラ

 しかし、恩人の息子を殺したも同然となれば…!

ハモン『誰? この店は、もうお終いよ』

00043
00045
00082
00085
00086
 ハモンさんに守られたと知らず、ぐっすりなラルさん

一喝
 抗命罪、コロニー落とし時の命令違反で逮捕状が出た
 タチ中尉は、キシリア機関を出し抜こうとしたも
 追いつかれてしまいました

 しかしハモンさんが一喝し、「三下」たちはすごすご撤退へ

 ハモンが、いかにもキシリア個人と親しそうで
 手を出すのが躊躇われたのか

 実際ハモンは、幼い頃からジオン・ダイクンを支えた子供でしたが

ハモン『古びたネオン越しに タバコの煙…♪』

00118
00124
00129
00136
00139
00140
 こうしてバー・エデンは、たった3人で静かに幕を下ろすのでした…

国の時代
 旅立つ男と、扉を開けて待っていると約束した女の歌
 しかし、その「待つ場所」だったエデンもまた
 今、閉店を迎える事に

 男、ラル大尉もまた戦場から離れてしまい…。

 第1話以来、いつも賑わいにあった店が閉店を迎えるのは
 何より「そんな時代でなくなった」から

 男達はもう来ない、楽団たちも戦場に立っているのでしょうか

 酒よりも音楽よりも、ただ「国」の為に。悲しいねえ…。

幼い日、兄がそうしてくれたように付き添うセイラ

00150
 10歳、今から8年前、暗殺者に襲われた夜を思い出しますね
 あの時、セイラさんは薄い本な事態にあってしまい
 あの時、兄は傍にいてくれました

 今はセイラ自身が、義父テアボロに寄りそう。

 大きく、立派になりました

幼い頃と同じように、この安息の場所も襲われる事に

00151
00168
00170
00178
00185
 シャアを恐ろしいと言い、テアボロを激怒させた「学校」も焼き討ちに

テキサスが散る
 アズナブルさんが心配した通り、それ以上に事態の進行は早く
 ベイ、港からならず者たちがなだれ込み
 町を焼き討ちに

 軍隊でなくならずもの! 世はまさに世紀末!!

 前回ルウムでは、ジオンと連邦のシンパ
 国民同士が激突してました

 その余波が、この片田舎コロニーを襲ったのね

 後に、荒れ果てていた理由ってワケよ!

8年近くを過ごした町を、暴徒に焼き討ちにされたセイラ・マス

00188
00193
00197
00201
00215
バリケードを作りなさい! ドアと窓をふさいで!! 戦うのよッ!

小さな防衛線
 まるでシャアその人のように! 暴徒を睨みつけ指示を飛ばすセイラ
 たっぷりかけた「間」が憎悪そのもののよう
 ただ

セイラはどこにいったんだ?! 儂のセイラはあ!?(テアボロ」

 義父上にすれば、傍らに寄り添っていた娘がいない
 ベッドは絶賛移動中!

 かつて明晰な資産家、ジンバ・ラルをしかりつけた男!

 しかし今は、本当にもう弱りきっている…

『これなぞいかがっ! ウィンチェスターM1873ッ!!』

00225
 最近では、ゴールデンカムイでもお馴染みウィンチェスター!
 なお、「彼」が使ってたのはM1892なので
 少々世代違い
 
 テキサスの名の通り、観光用コロニーの面目躍如よ!

 なおシャアが「本物」と入れ替わる際に使ったのも、こうしたヴィンテージらしい

最新の銃火器、もしかしたらヤシマ社製かも…。で大暴れする暴徒!

00227
00230
00237
00245
00256
 面白半分な暴徒達を、次々狙撃するセイラさん!

セイラの攻防
 幼い頃の兄が、剣で暗殺者と渡り合った場面のように
 レトロ銃で、次々と撃退するセイラさん達
 荒んだねえ…。

 ある者は笑ったまま、わき腹、または火炎瓶が引火

 いずれも、自業自得とはいえ悲惨な…
 面白半分からの大火傷!

 この真っ暗な中、動く標的に次々と狙撃ってセイラさんも大概!

 このコロニー、「不具合」でちょっぴり明るいですが

セイラ『…ケダモノ達!』

00257

)セイラ・マス
 連邦もジオンも違わない…
 あるのは…

 狂気だけ!

 何が狂わせたの!?
 憎しみ!?
 欲!?

 それとも…


00269
00280
00283
00293
 なお原作では、「消火」を命じたのは執事さんでした

狂わせたもの
 彼女の言いかけた「それとも」とは、果たして何だったのか
 憎しみや欲、そうした負の感情ではなく
 正義感でしょうか

 この暴徒たちも、「防衛」で参加してる人もいるかもですし

 ジオンが掲げるのは「独立戦争」
 連邦の搾取から逃れる為の、正義の戦いと自称

 同様にこの狂気も、「正義」から発した面があったのかも…

 見た目、「汚物は消毒だァ~!」ですが!

看護婦『……あのう!

00298
 義父テアボロさんの死、心臓発作で倒れていた氏に
 今、この騒動と心労はあまりに大きく
 そのままお亡くなりに…

 ジンバ・ラルの友、最初は情けで匿っただけだったと言ってました

 しかし、最後まで本当に愛情深く…

セイラ『……ごめんなさい、テアボロさん……、私達の為に……』

00314
00317
素晴らしい、お父さんでした…! 本当に…、本当に……

父の死
 セイラにとって父、二人目の死。それも“巻き込んで”の死
 本当なら、この人はスペインで辣腕を振るっていた
 連邦にも、顔が利くようでしたし
 権勢を誇っていた

 でもセイラ達を慈しみ、地位を捨てこんな辺境へ移住までした

 本当に素晴らしいお父さんでした…
 本当なら今も、あのアンダルシアで豪勢に暮らしてたでしょうに

 父、母、ルシファー、そしてまた父が…

暴徒『……何だ? もう夜明けかあ…?』

00334
 突然明るくなったのは、採光用の「窓」から見えた爆発光!
 ミランダ、「ルウム」首都コロニーの港が
 攻撃を浴びていたのです

 連邦の勢力圏内で、こんな真似が出来るのは…

あなたぁ! やっとあの子に会えると思ったのに……』

00336
00340
00343
00356
00363
アルテイシア…、神の加護というものがもしあるなら お前にあるなら(シャア」

シャアの攻撃
 攻撃したのはコロニーそのものでなく、あくまで「港」のみ
 よっぽど、運が悪いのでなければ居ないだろう
 と
 
お前は今ここには いないはずだ

 居たのはアズナブルさんでした…
 こうして「シャア」の正体が、また一つ葬り去られる事に

 ジオンはミノフスキー粒子を散布、レーダーをかいくぐって強襲!

 で、港だけピンポントで壊していった模様

暴徒『ベイがやられた?!』『もう帰れないー!?』

00370
00392
00395
00399
00401
 第4話の別れそのまま、再び生き別れるシャアとセイラ

赤いモビルスーツ
 攻撃を受けたのは首都だけでなく、ルウム全域の「港」が破壊
 これにより、「暴徒」はテキサスから出られなくなり
 住民にボッコボコに

 一件落着と、気まぐれで立ち寄ったシャア、セイラの一方的再会

 テキサスになら妹がいるか?
 シャアもシャアなりに、妹を気遣っているんですが…

 相手がザビ家、一国を相手取るような中で余裕もない

 しかしCGなのに、かっこいいですねえ

マクファティ・ティアンム中将『ミランダが攻撃された?』

00409
00410
00411
00423
今反転すれば、ドズル艦隊に背後を突かれる…、ルウムはレビルに任せよう

提督と将軍
 決断を迫られたティアンム中将、旗艦ブリッジは「話が違う」と騒然
 前回ジオンは、「対ティアンムに総力戦」と決定しました
 情報はリークされていたのです
 でも、話が違う!

 リークはレビル将軍が入手したモノ、そこで「奴に任せよう」

 リーク通りなら、目の前に「ジオン全艦隊」がいます
 ティアンムも余裕はない

 また作者コメントによれば、レビル「将軍」は本来、陸軍所属だと解釈

 ティアンムは、彼に艦隊指揮をされ気に食わないとのコト

レビル艦隊幕僚『ティアンム艦隊の一部を、引き返させては?』

00426
 ところ変わって、こちらは「本隊」である第一第三連合艦隊
 ルウムは、各コロニーの「港」をやられてしまい
 戦力を外に出せなくなりました

 コロニーの構造上、まとまった戦力を出し難い状況

 今やルウムは、セクシーな丸裸状態だと

レビル将軍『彼の正面にはジオンのほぼ全軍がいる…』

00428
00430
00438
カニンガムと、ワッケインの艦隊を回せ!

レビルの采配
 しばし考えるも、市民優先でテキパキ指示を飛ばすレビル将軍
 こうして、レビル艦隊は貴重な戦力を開戦前に失い
 多少、形勢が変化へ

ブリッジへは、第一第三連合艦隊のコースはこのままと!

 ジ・オリジンでは、ワッケイン少佐は「少将」へ再設定され
 当時は艦隊指揮官でした

 またカニンガンという人物が、戦略戦術大図鑑に登場しています

 元ネタは彼なんでしょうが、何で名前が微妙に違うのか!

他方、ジオン軍最強の総旗艦グレート・デギンは、「最終防衛ライン」に位置

00440
00444
00449
00454
00460
00464
 ドズル旗艦は、ムサイを越えたムサイ。“ワルキューレ”

デギン・ザ・グレート
 前回の御前会議は、意図的にリーク、連邦艦隊を割るのが狙い
 彼我戦力は、連邦3のジオン1となり
 4対1よりマシに

 成し遂げたシャアは、「特別大隊」に急ぎ戻っている状況

 ガルマ様が焦れていらっしゃる…
 グレート・出禁、もといデギン公王は「最終防衛ライン」で観戦中

 僅か数艦のみが残り、有事に備えています

 この艦、戦艦大和的な位置づけなのね

“黒い三連星”ガイア『いよいよ、本当の戦いだぁ!!

00472

)ミゲル・ガイア
 新しい戦争の幕開けなのだ! お前達は、その主役になる!!
 連邦に勝つんだ!

 いいか? 勝つんだぞ!!

 勝てば全てが手に入るッ!
 地位、名誉そしてカネもぉ!!


00486
00492
00499
)オルテガ
 それからもう一つ!

 シャアとかいう赤い変な野郎がいる!!
 こいつにも勝つんだ!

 一番の美味しいところを奴にとられないようにしろ!!

 いくぞおおおおおおおお!


00501
00506
00519
 アホみたいな現場感あふれる鼓舞で、男達は飛び立った!

黒こそ栄光の色だ!
 これまでの戦いは前哨戦、傍目に「艦隊戦に見える戦い」でした
 しかし今回、1対3の絶望的な戦局にあって
 モビルスーツが主役!

 ここからが“新しい戦い”だ!!

 この男らが、後のジオンで最もベテランな男たちとなり
 MS乗りを育ててゆくのでしょうね

 もはやMSは、僅か4人でローテーションしてた「オモチャ」じゃない

 これだけの艦、人数、戦争を左右する「兵器」!

レビル将軍『うむ…、戦争も変わらざるを得ない』

00532
00533
00537
00539
00546
 レビル将軍も、ミノフスキー粒子による「電波妨害」を重視

ミノフスキー粒子
 何より“敵発見”と、またその情報が回ってくるのが遅くなる
 将軍は「哨戒機」、目視偵察する部隊を倍増
 通常哨戒とは、また別に編成

 通常以上に、哨戒部隊を編成し、ローテーションを形成

 途切れず、常に哨戒するように編成を組み
 不測の事態に対応

 レーダー全盛の時代が終わり、二次大戦のような状況へ

 ちなみに光は通すので、レーザー通信は利用できます

ガルマ『こんな大事な時、ただ見ているだけなんて…!』

00555
00569
00576
00578
00581
00584
00585
落ち着けガルマ! 世の中には、死して当然の者と、それが許されぬ者がある

艦隊戦開戦
 かくて始まったルウム戦役、初弾を発射したのはドズル艦隊
 しかし、射程が長いのは連邦側なのですから
 これは奇妙な状況です

 原作13巻曰く、これも陽動作戦との事

 ジオンの有効射程ギリギリ
 焦っているのだ、と連邦に誤認を促す為でしょうか

 連邦はちゃんと射程に入れ、余裕をもって攻撃する腹

ガルマ『射程は、敵の方が長いんじゃ……』

00594
 参謀曰く。そこがジオンのアイデアで、艦を「細く」円錐状にしました
 断面を小さくし、またノズル配置の工夫で運動性を上
 攻撃が「当たり難い」設計に

 なお「避弾経始」とは、装甲を斜めにして配置する概念

 要は、色々考えてるから大丈夫と言うも…

『一隻、被弾しました。直撃のようです』『どの艦ェ!?

00599
00606
00609
00620
00622
00626
00637
00644
 いきなり一隻轟沈、次々と脱落するドズル艦隊!

当然の状況
 作戦概要も、宇宙艦隊の情報も殆ど知らないらしいガルマ
 パニックに陥る中、ドズルは「作戦通り」とし
 艦隊転進を命じます

 元々艦性能は連邦優勢。そして、劣勢に陥ったジオンは艦を翻した

 傍目に完全に敗走です
 ジオンは「逃げる」、連邦は「追う」!

 つまり一方的な虐殺の形となり、ガルマは気が気じゃない!

 テアンムと書くこともある連邦提督、勝利を確信…!
 
ティアンム将軍『悪いが、緒戦で全滅だ。ジオンの奴輩…!』

00653
 開戦初期は、パトロール艦隊を一方的に襲われたり
 守勢側、「連邦は防戦だったから敗れた」
 程度の認識なんでしょうか

 逃げる敵を追い詰める、そんな心境のアドミラル・ティアンム…! 

シャア『発艦する、ハッチを開けろ。…攻撃隊の指揮官は私だぞ? ドレン少尉』

00659
00675
00678
00682
00704
00714
00719
00733
00735
00744
00752
00761
00765
00766
 台詞だけ出た「ドレン」「デニム」、後のシャア隊メンバー達

オリジン解釈
 出撃するシャア隊、三連星隊ですが、ポイントはシャアの突出っぷり
 彼は、推進器のリミッターを外せるよう特注した為
 早く試したかったんですね

 隊を率いる為、“遅い奴に速度を合わせる”と性能の無駄

 とはいえ、三連星は部下と歩調を合わせてます
 こっちのが普通でしょう

 破天荒なシャアと、出世にこだわったり「意外に普通」な三連星

 両者の、性格が出たエピソードに思えました

感想追記。「宇宙世紀」とけっこう設定が異なるジ・オリジン

00000
 原作13巻より。アニメは食事シーンが改良、軍人らしく忙しげな風景に

カニンガム司令
 設定資料「戦略戦術大図鑑」では、ロドニー・カニンガンという指揮官が存在
 この戦役に際し、レビル将軍の副司令として参戦し
 座乗艦はマゼラン級「ネレイド」

 指揮官として最後まで艦隊を支え、討ち死にした勇ましい人物でした

 その逸話からか、ゲーム等で名を見ることがありますが
 本作では一文字違いの司令官が…。

 こういうのをみると、ちょっと懐かしくなりますね

連邦軍の火力、射程に慄いたガルマ。そんな「マゼラン級」「サラミス級」

00409
00410
 ティアンム提督の艦は、ソロモン戦と同じなら「マゼラン級タイタン」。

連邦軍の艦艇
 一年戦争時、連邦軍は艦隊も大規模に建造していますが
 後に、「ビンソン計画(艦隊再建)」を進めたのが
 このティアンム提督でもあります

 ジ・オリジンでは、更に「レビルを敵視している」という設定も追加

 彼は「提督」であり、宇宙艦隊戦におけるプロであるのに
 今回、陸軍「将軍」レビルが指揮官な為

 またマゼラン級、サラミス級は、宇宙世紀では0070年代就役の新鋭艦

 対しジ・オリジンでは、サラミス級は60年代就役へ

 既に20年近いの!?

公式ツイッターより









































2019年7月1日 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第10話「赤いモビルスーツ」

00401
 OVAを再編・地上波放送する作品。休止は、放送枠の都合と思われます

スタッフ
 脚本:隅沢克之
 絵コンテ:安彦良和、カトキハジメ、江上潔
 演出:カトキハジメ、江上潔
 作画監督:田村篤、伊藤裕次、ことぶきつかさ、茂木信二郎
 アニメ制作:サンライズ
 原作:安彦良和/漫画 2001年6月 - 2011年6月 連載
 再編集放送:イベント上映 OVA 2015年4月24日 - 2018年5月5日
 制作協力:-

あらすじ
 兄の生存は、うり二つのシャアの死を意味し、苦悩するセイラに養父テアボロの死という更なる悲劇が訪れる。一方、キャスバルことシャアはテキサス・コロニーに赤いモビルスーツで現れる。その姿を偶然垣間見るセイラ。そのシャアの活躍で地球連邦軍のレビル艦隊から支隊を分離させることに成功したドズル艦隊は、ティアンム艦隊との会戦に突入した直後に転進を決行する。一方シャアは、レビル率いる本隊に肉薄するのだった。

全13話! 一旦、別番組に枠を譲り、7/29まで放送休止

00735
00744
 えらく洗練されてない「リミッター用スイッチ」は、シャア特注だからか

赤い特注のシャア
 前回、事前に「推進器のリミッター(限界)を外せ」と命じるも
 現場は、パイロットの体への負担を考慮し
 結局、リミッターしたまま。

 そこで折衷案として、現場で外せるように特注したってところか

 前回、同様のシステムがあれば「外せ」と言わないでしょうし
 妙に不便なのは「後付け」だからか

 次回、機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第11話「ルウム会戦」

トップに戻る


 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島 1巻“黒いガンダム”
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島 2巻“売国奴”
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島 3巻“開戦”
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島 4巻“ジャブロー攻略作戦”

原作漫画 ジ・オリジン 感想

 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 24巻“あの人は今”本編の前後を描く番外編


 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第1話「ジオンの子」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第2話「母との約束」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第3話「エドワウとセイラ」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第4話「さよならアルテイシア」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第5話「シャアとガルマ」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第6話「ガルマ立つ」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第7話「ララァとの出会い」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第8話「ジオン公国独立」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第9話「コロニー落とし」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第10話「赤いモビルスーツ」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第11話「ルウム会戦」

トップに戻る