公式サイト ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第35話 感想 鎮魂歌は静かに奏でられる その2 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読 22時感想追記。 これまでの感想はこちら 前回はこちら
ボスはどこだ?! 呆気ない死、アニオリでフーゴ再び

00157
00214
00283
共に親と不仲、イジメと裏切り、幼少に孤立していたジョルノとナランチャ
 置いていく申し訳なさ。ジョルノは孤独の辛さを知っているし
 アバッキオを置いてく際、誰より拒んだナランチャ
 置いていかれたくないもんな…

 必ず勝って連れ帰る! また、負けられない理由が出来てしまった!

ぼくが触ればいいんだッ!
 無力であっても力に! 知恵袋だけでなく、行動に出たポルも頼もしい!
 二重人格は、肉体さえ変容させると知識も深い!
 ポルナレフ(36)の渋みよ!
 シブ味があるッ!

 一方ボスは柱の陰に…。完全にホラーじゃあねえか!

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第35話 感想

 ジョジョ 5部 第35話「鎮魂歌は静かに奏でられる その2」     
 Aパート「ブチャラティ(inディアボロ」
 完全暴走「チャリオッツ・レクイエム」
 パワーアップが仇
 ブチャラティを撃て
 頭悪いって、またバカにされンのもいいかもな…
 4はあっちゃあいけねえ数だ!
 ナランチャはどこへ
 すでに居ないんだ ナランチャはもう…
 Bパート「ポルナレフ/シルバー・チャリオッツ」
 多重人格の学説だッ!
 ナランチャを狙ったのはその為だ!
 きみは… ここに…… おいて行く…
 私が触れば良かったんだッ!    
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 ジョジョ 3部 感想
 ジョジョ 4部 感想
 ジョジョ 5部 これまでの感想

大胆なアニオリ! フーゴやアバッキオに触れ、台詞順を入れ替える!!

00282
 よくよく見るとプロペラも見える。エアロスミスは、最後は「鳥」になった…

destino
 ナランチャがフーゴ達を口にしたり、路地裏を歩くシーンはアニオリ
 うらぶれた意味でも、二人が出会った場所という意味でも
 これ以上相応しい場所もない…!
 
 また再構成で、ナランチャ最期の言葉は「トリッシュへの激励」へ!

 似た境遇の彼女を助けたい
 そう裏切りに身を投じ、彼女を激励して死ぬ…!

 これもまたdestino(運命)か。

ジョルノ『あまりにも… あっけなさ…すぎる…!』

00343
 遺言一つ残せない死。第3部、あの男を髣髴とさせる儚さ。

あらすじ
 チャリオッツ・レクイエムは、矢の守護に特化したスタンドだった
 ひとまず、「ボスが入ったブチャラティの身体」を攻撃し
 ブチャラティ達は勝利を確信する

 だがナランチャが殺害され、ボスが二人いる事を理解

 レクイエムに狙いを変えるのだが
 スタンドを持つ者では、「矢」に触れることが出来ない

 そこで亀となったポルナレフが、矢を奪い取るのだが…?

 次回、ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第36話「ディアボロ浮上」

現在、心と身体の所有状況はこんな感じ

00345
 前回シルバー・チャリオッツ・レクイエムが暴走した
 ポルナレフは、もう力をコントロールできず
 精神を入れ替えるに留まる

 本来の力とは? そして「ボス」の身体の所有者とは

 ご存知! ブチャラティだ!!

『ブチャラティは無事だぞ! そしてすぐに矢を追っていた! ボスより先にッ!』

00003
00005
00006
そのしゃべり方…、お前の中身はナランチャらしいな。違うか?

状況は説明不要
 さすがブチャラティ! ジョルノ達が「君の名を聞こうッ!」していた頃
 既に、矢を追って行動を開始していた
 と

ジョルノです(ナランチャ/と、トリッシュよ(ミスタ

 面白い、自己紹介が既に面白すぎるぞ!
 それに理解も早い!

 イッパツで“ナランチャ”と言いあてられ、ナランチャ(ジョルノ)嬉しそう!

 まあややこしい!

『さすがだなブチャラティ。この奇妙な状況をもう理解しているとは』

00007
00010
00011
 さすがに、「待ち合わせ相手が亀」は新感覚だった模様

亀の名は
 改めてジャン・ピエール・ポルナレフ(36)! 咄嗟に魂を入れ替え
 現在は、幽霊のように「亀にしがみついている」
 スパイス・ガールに怒られそう!

だが! この魂と亀が入れ替わり、今は幽霊のような状態で…(亀」

 ポル視点、前々回の悲しい走馬灯で目を閉じ
 開けたら亀だった。

 さすがに冷や汗はかいた模様

亀ナレフ『そしてはアレは、私のスタンド』

00014
 チャリオッツ・レクイエム! 暴走状態のスタンドであり
 曰く、「精神を支配する」力があるものの
 今は入れ替えるに留まる

 ポルの肉体が欠けた後に見つけた力で、当時はまだ制御がマシ

 欠ける前に見つければ、もうちょいマシだったのだろうかッ!

『待て! 魂が入れ替わったのなら、今、オレの肉体の方に入っているのは…』

00021
00022
ピストルズのNo.7が見張っている…

不貞寝
 こちらも、イッパツでミスタと気付くブチャラティ!
 当人の肉体はピクリともしない
 と 

確実に眠ったままだぜ!

 ブチャに説明する形で、前回の状況を回収した!
 なんという冷静で的確な解説力なんだ!!

 ホント声優さんもスゴいな!

 めっちゃしゃべり方が「らしさ」を掴んでいるッ!

ジョルノ『ブチャラティ! レクイエムが起きるぞッ!!』

00033
00035
00041
00042
00054
00056
00057
00064
 だが掴もうとした瞬間、“ブチャラティ自身のスタンド”が攻撃!?

反撃するもの
 まるで肉体を物理的に破ったかのように、ニョッキリ生えた“腕”
 ジッパー音と共に、ジワリと降りてきた“本体”!
 と

何か…、変だ! 今のは…、まさか?!(ブチャラティ」

 幸い、「レクイエム」を攻撃すると止まったが
 かつてなく奇妙な状況!

 まずスタンドの出現パターンからして、スデに奇妙!

 ミスタ(トリッシュ)かっこいい!

No.1『くらああああえええ! あががががががががががッ!

00073

)ブチャラティ
 横の柱だッ! ミスタ、避けろォッ!!

)トリッシュ
 スパイス・ガール!


00075

)ピストルズNo1
 イバああああああががががが
 地面にブチまけてやるッ!

 ブチまけてやる―ッ ブチまけてやるッ!

 脳汁―ッ
 チクジョオー――

 蟻がタカレ! 蝿がタカレ チクショォォ―ッ


00078
00080
00087
00090
00091
拾われるぞ! 矢を! 拾われちまうぞッ!!(ミスタ」

暴走反撃
 異質さハンパないな! 「自律型」スタンドの「暴走」は!!
 レクイエムを狙った、弾丸ごとスタンドは転移
 壁から出現したらしい
 
何だよこれ!? 何が起こったんだァ?!

 共に、「矢」を狙った攻撃が当人へ跳ね返った!
 即死級に!

 もしスパイス・ガールでけりゃ、トリッシュの肉体は死んでた!

 良かった、15歳の犠牲なんてなかった!

『たぶんこれが、完全暴走状態になった私も初めて体験する“レクイエム”のスタンド能力だ!』

00096
00101
00105
00106
私の心の底の意思を受け継いで、“守る”スタンドになっている!

守護らねばならぬ
 皆、精神とスタンドが結びついてるが、肉体も無縁とはいかないらしい
 ポルは本体が死亡し、“幽霊”となっている為か
 レクイエムが完全暴走
 結果 

触れようとする者を、そいつ自身のスタンドが攻撃して防御している!

 願いは「矢の防衛」
 能力は、精神を支配する完全自動型スタンド!

 さすがポル、奇妙慣れしておるッ!

 では当然! 「視聴者」にも浮かぶ疑問がありますが…ッ!!

ナランチャ『するってえとさー! どうすんだよー!?』

00107
 まるで、ナランチャ役の人が声真似してるかのようなそっくりさ!
 ここ! 特に「しゃべり方の癖」がそっくりだ!
 小野賢章さんすげえ!

 さすが「無駄無駄122連発」の男! 新作アニメでオネエ役もやります!!

ナランチャ『オレ達のスタンドはパワーアップしているッ!』

00111
00117
00120
00121
やめろ! ベネディクト!!(飼い主」

パワーアップの真意
 犬の身体で、必死に犬を宥めている飼い主もあれば
 子の身体で、懸命に子を宥める母も…
 と 

よしよし…、いい子ねえ…(母親」

 この状況で、諦めず「我が子」を宥める…
 母性がすごい…

 とまれ前回、スタンドがパワーアップしたのはここに繋がる!

 高出力で、「使い手自身を攻撃させる為」だったと

『ミスタ~! 見張リノNo.7が騒イデル~!!t』

00125
00127
00128
ブチャラティの体が! 目覚めたゾー!!

集中監視
 前回、ブチャ不在時は完全にジョルノがリーダーでしたが
 戻ると! やはりブチャラティがリーダーだ!
 こうでなくっちゃあな!

矢の追跡は後だ! 奴の体が見える位置につけッ!!

 物凄い密集っぷり
 荒木氏、こういう構図描くとハンパない!

 唯一「素人」のトリッシュが、敵から見えそうな位置なのもベネ

 しかし! あれはブチャラティの身体なんだぜ!?

ブチャラティ『ミスタ! 撃て! “奴”をッ!!』

00130
00131
00137
00138
狙撃後の傷なら、僕のゴールドEが完璧に治す!(ジョルノ」

俺を撃て
 まさか「既に死んでるから…」、とは言えないブチャラティを
 上手く、しかし冷や汗かいてフォローするジョルノ
 と

そういうことですよね? ブチャラティ(ジョルノ」

 この後、ディアボロの身体を奪えれば万々歳
 しかし能力制御は不能…

 降って湧いた、ブチャラティ生還サービスの行方は…!

『立チアガッタゾー! 歩き始メルッ!!』

00139
00142
00143
00144
00148
痙攣シテルゾ! コレデモウ向カッテクルコトハデキナイ!

レーダー
 こんな時に限って盛大に出血! 痙攣もしている!!
 体の、血が残ってる部分に当たったか
 で

オレたち以外に反応はねえ! 奴を助けに来る奴は誰もいねえぜ!

 ナランチャ・レーダー!
 ブチャラティらは、彼に幾度助けられたでしょうか

 もし居なければ、周りの警戒に神経をすり減らしていたハズ

 ホルマジオさんも、大苦戦したのが懐かしい

ナランチャ『やった…』

00155

 後は矢を取り戻せば、これでもう終わる!
 お、オレ!

 “故郷<ネアポリス>”に帰ったら学校行くよ…


 アツアツのピッツァも食いてえ!

 ナラの木の薪で焼いた故郷の本物のマルガリータだ!
 ポルチーニ茸ものっけてもらおう!


 そんで! もしフーゴの奴に会えたら…
 頭悪いって、またバカにされンのも、けっこういいかもな…

 アバッキオはいなくなっちまったけど…


 トリッシュ! アンタは最後まで守り抜くぜ! オレ達が!!


00157
00159
00161
00162
00167
00168
 ニッコリするのがミスタの体なので、若干シュール。

これで終わり
 元々、ボスを倒す為に矢を得るはずだったのですから
 これでもう、終わったと思ってしまうもの
 矢は手段に過ぎません

 希望を込めた独り言は、フーゴとアバッキオがアニメアレンジ!

 トリッシュへの「覚悟」もノッけてもらおう!
 また本来、もうちょい前の場面

 ある種の調整か…

 ミスタが、トリッシュの身体でニヤリとしてるのもベネ

ブチャラティ『ミスタ! 念のためだ、両脚にも撃ちこめ』

00169
 自分の身体なのに、割とテキパキ指示を飛ばすブチャラティ
 彼は、もう未練がないから当然の処置でしょうが
 ミスタは「お、おう!」とか困惑!

 このボチャティ容赦せん!

ミスタ『トリッシュ、弾丸はオメーのほうだ。全部くれ』

00172
00173
00176
00180
00181

)ジョルノ
 飛んだぞ、今!
 時間が数秒!

)亀ナレフ
 ああ、弾丸が転がっているのに落ちた音一つしなかった!


)ブチャラティ
 バカな! チラリとも見てないぞ!
 奴がキング・クリムゾンを出した所も、引っ込めた所も!

 それに何の為だ!?

 倒れたあの位置から! ヤツは少しも移動していないッ!?


00182

)ミスタ
 トリッシュ もう1つ落とせ…
 オレの手のひらから弾丸を…

 早く落とせよ!
 床に落っこってんのは4発じゃあねーか!

「4」はダメなんだ
「4」って数は オレの周りにいつだってあっちゃいけねー数だ…


 お前が手渡した時
 落ちたんなら

 お前があと一発落とさなきゃあならねーんだ!


00186
00189
00192
00195
アイツは本当に、ディアボロなのか?(ジョルノ」

キング・クリムゾン
 久々の4忌み! ましてや今、ボスの攻撃を受けているなら
 縁起は、ちょっぴりでも稼ぎたいのがミスタだ!
 オレだって稼ぎてーと思う!
 が

ディアボロではないのは確かだ!(ジョルノ」

 ブチャの身体は、キンクリを出したり引っ込めたりしてない
 発動時「スタンドが見える」はずだから

 ボス初登場の20話も、そういや柱の影で隠れる格好でした

 血縁レーダーを知らないポルは困惑、さすがに仕方ない!

ブチャラティ『ナランチャ、周囲はどうなっている?』

00198
00203
00207
00209
00210
00213
00214
00215
00219
トリッシュ! お願いだ! もう一発オレの手から弾丸を…!!

ナランチャ
 ボス警戒に集中し、ナランチャだけ離れて立っていたのが仇
 ナランチャ、哀れ鉄格子に串刺しに…
 と

ナランチャーッ!?

 回復を図り押しのけるジョルノ
 彼そのものの仕草で、目を細めるブチャラティ…!

 前回、「鉄格子」に既読組が困惑した要因…!

 ボスへの警戒を半ば忘れ、よじのぼろうとするのもミスタらしい!

 ジョジョ的組み体操!

ブチャラティ『ヤツの攻撃は既に始まっていたッ!』

00230
 手首を貫通、「完全に死んでいる」と悟って目を伏せるブチャラティ
 彼は、ナランチャがこうなってしまうと恐れ
 同行を命令しなかったのに…

 性格もですが、彼の能力は「狙われてしまう」からか

ミスタ『手当てを! 傷から早く鉄格子を抜けェ!!』

00233
00236
00239
「(全然感じなかったわ、ボスの存在を…?!(トリッシュ」

ボスの謎
 もし“父の居場所”に気付いてれば、ナランチャはきっと無事
 これはトリッシュ、背負い込まざるを得ない…
 また

「(キング・クリムゾンの射程はせいぜい、2、3メートル!)」

 近くに他に生き物はいない
 ローマ市民が目覚め、更に特定は困難へ

 こんな時こそ、ナランチャのレーダー頼りであろうに…!

 もっとも、今は「関係なかった」のですけれども

ミスタ『お、おい! やったぞ!? 気がついたぞ!』

00243

)ジョルノ
 違うんだ…、ミスタ
 これは…、空洞、なんだ…。

 空洞だ…、貫かれた傷は完璧に僕の“ゴールド・E”が治した
 だが、すでにいないんだ…
 ナランチャはもう…

 どこにも「空っぽ」なんだ 『魂』は! 逝ってしまった…


 もう居ないんだ どうやっても、もうダメなんだ!
 間に合わなかった…

 僕が体の中に入れてしまうくらい
 お互いの身体を行き来できるくらい…

 既に、『空洞』なんだ…


00256
00260
00265
00269
00271
00274
00276
00277
 目を覚ましたかに思われたが、時既に遅し…

ナランチャの死
 終わった命は戻らない。それは、魂がいなくなるから
 本来の持ち主、ジョルノが戻れるくらい
 カラッポになっていた

あまりにも… あっけなさ…すぎる…(ジョルノ」

 第3部で、あの男が死んでしまった時のように
 断末魔一つこの世に残せず

 死は呆気なく、取り戻せない。儚いから大切なもの

 あまりの呆気なさに逆に印象深く、悲しい…。

ミスタ『うおおおおおおおお!

00281
00282
00283
00286
00287
00290
 瞬間的ですが、「機影」はちゃんとプロペラが確認

鳥になって
 ナランチャの魂はエアロスミスと、最後は鳥となって雲海へ…
 フーゴが歩いてた、リストランテ「Libeccio」の傍
 二人が出会った路地裏でしょうか

 別れて僅か4日目の朝、昔のようにうらぶれたフーゴが痛々しい…

 フーゴから、アバッキオまで辿る“飛行機”のラストは
 アニメ版で追加されたもの

 また本来、あの長台詞は「最期の台詞」ではありませんでした

 改変され、トリッシュへの言葉が末期に…

アイキャッチは、いつもの威勢の良い演出をカット

00292
 破壊力C /スピードA /射程距離C / 持続力B / 精密動作性B / 成長性C
 全体に細く、特に右腕は義手のように変更される等
 本体の負傷と衰えを反映

 ステータスも軒並みC! びっくりさせられるステータス

 しかし3部と、ステータスは同一なので更にビックリ!

ポルナレフ『ありえない! ディアボロ自身が二人いないと、こんな事…?!』

00301
00305
00308
00309
まさか…、二人居るのか? 肉体は一つなのに精神は二つ!?

ポルナレフ到達
 ナランチャは死んだ! だが“二重人格”をポルナレフに気付かせる
 ボスの、ディ・モールト優位点が崩壊へ
 と

あの肉体に入っているのは、私が出会った小僧だ!(亀」

 第33話時、ボスは柱の影でキング・クリムゾンを出し
 肉体変化を“時飛ばし”で短縮

 その為、今の今まで別人だと思っていたのね

 ボスは「二人」いた! ナランチャは「正体暴き」へ繋げてくれたッ!!

『同一人物であり、違った精神なんだッ!』

00310

)ポルナレフ
 人の精神は時にッ!
 幼少の時に受けた衝撃などが原因で心に傷が入り

 その部分が年齢と共に、別の人格に育っていく事があるという


 別の人格は青年の頃になると日常にハッキリ現れ
 一方が他方を支配する…

 多重人格の学説だ!

 いいか!
 私が言ってるのは推測なんかではない!
 ドイツやイギリスでは、顔や肉体までもが別人のようになる人格の報告を聞いた事がある


00311
)ポルナレフ
 レクイエムの能力は、奴の魂を肉体から引きずり出した!
 一つは! 小僧の方がブチャラティと入れ替わったが
 しかしもう一つは…

 偶然なのか、どこかの誰かの肉体に入ってしまったのだ!


 それがディアボロだ!
 キング・クリムゾンは、そいつの肉体から攻撃してきたのだ!


 外では次第に人が目覚め始めている
 だから、どこに潜んでいるのか分からないんだ


00312
00313
00314
00315
00317
だがヤツはまたくるぞ! すぐにまた攻撃してくるッ!!

ゼノギアス(1998)
 第27話で! リゾットも推測した“肉体変貌を伴う”二重人格
 希少な本体に、強力なスタンド能力があいまって
 恐るべき暗殺者に

 しかも今は、“ボスの魂”が別人に宿ってしまっている

 精神入れ替えの、適用ルール外にいた!
 余計ややこしい!

 外にいる無数の人間、誰がボスでもおかしくない!

 歴代ボスで、もっともかくれんぼが上手な男よ!

ブチャラティ『かもしれない…、だがしかし』

00318

)ブチャラティ
 だが既にオレ達の傍にいないのかもしれない
 ディアボロも矢を追跡している…

 まずナランチャを襲ったのはその為だ!

 ヤツはまず、レーダーを叩いたのだ!


00322
自分が追跡しているという事を見分けさせない為に、エアロスミスを叩いたのだ!

ナランチャの重み
 ボスはすぐ攻撃してくる? それとも、“そう思わせる”のが狙いか?
 ブチャ達が、攻撃に備えて守りを固めてる内に
 悠々と矢を奪うつもりでは?

 もしナランチャがいれば、狙いがどちらか! 見分ける事が出来た

 つくづく、彼がブチャ・チームに欠かせない人材で
 ボスが彼を狙った重みが明らかに

 ヘヴィだ…、ヘヴィすぎるぞ!

 ブチャ・チームは、まさに「チーム」として機能していた!

ポルナレフ『キミ達はやはり、矢のパワーを手に入れるしかない!』

00323
 二重人格と解った当初、「無数の通行人」を警戒すべきと主張した亀
 しかしやはり、「矢」を手に入れるのが最善だ
 と、行動指針を修正

 若い頃は頑固だったポルナレフが、こんなにも柔軟に

 昔は、下半身ばかりが開放的だった男が…!

トリッシュ『追跡するって、あなたの身体は…!?』

00328
00331
急所は外してあるぜ。…だが立って歩ける事はない。確実にな

肉体放置
 とミスタが保障した為、ブチャラティの身体は放置プレイへ
 ブチャとしては、既に死んでいるから放置する…
 ミスタ、知る由もなく…

 さてレクイエムが“向かった方向から、人々は目覚めている”

 フツーは逆ではないのか?
 とは思うものの、これもレクイエムの肝か

 レクイエム、そのスタンド特性は…

ジョルノ『君は……ここに…おいて行く……』

00333

)ジョルノ
 君は……ここに…おいて行く……
 もう誰も君を……これ以上、傷つけたりはしないように……
 決して……

 だが君を、必ず故郷に連れて帰る。


00337
00340
00342
00343
 アバッキオ同様に、亡骸を花で覆って隠していくジョルノ

もう誰も
 花が少なく思えるも原作準拠。“これから増え、完全に覆う”のか
 原作では、アバッキオの遺体を花で覆う場面こそなく
 本シーンを参考にしたもの

 かつて「父と冷たい関係になり、友達に裏切られ、傷付いたナランチャ

 同じように、親が冷たく、独りぼっちで寂しかったジョルノ
 彼こそ境遇に共感したのでしょうか

 心身を傷つけられる苦しさ、あんな苦しみをもう味わわないように

 かつて、無意識にマフィアを助けたのを彷彿とさせる場面

ブチャラティ『近付くものに用心しろ! 行くぞッ!!

00345
00347
00350
00352
00354
 「トリッシュ! 何やってんだ、離れるなッ!!(ミスタ」

物陰
 おわかり頂けただろうか? ではスローでもう一回…!
 トリッシュは、キンクリの気配を感じるも
 瞬間的だったらしい

 完全に、ホラー写真と化すキング・クリムゾン

 い…今のは…ボス…い…いえ!
 見まちがいだわ! きっとココナッツのスジがなにかよ…………

 先陣を切るディアボロ! 頼もしい絵面!!

早朝。静まり返るローマ、唯一「トリッシュに目を留めた」男!!

00355
00357
00359
00365
00367
00373
00378
00379
いや、なんでもねーぜ! 近付いてきたからボスかと思ったが…(ミスタ」

ご存知!
 前回! 警官と入れ替わった犯罪者! これ幸いとばかりに
 警官ボディで、トリッシュを職務質問しようとした!
 が

ただの警官だ!(ミスタ」

 なんだ、ただの警官なら問題ないな…
 なんというパワーワード

 戻った後を考えると、身体を取られた人は散々である

 また、「手錠」作画がスゴかった!

『確かにこのレクイエム…、どこに向かうという感情や、目的のようなものはないようだ』

00386
00388
00389
00391
00395
 敵だと認識されていない。確認の為、ヒザカックン転ばすブチャ

生物にも見える
 このレクイエム! スタンド本体への攻撃には、全くの無防備
 じっとり、ねっとり見ていたブチャラティを敵認定せず
 しかも表面はプラスチックっぽく
 しかも真っ黒い

そして、実体化しているスタンドだ! 一般人にも触れて、見える!

 通常、スタンドはスタンドでしか触れられませんし
 一般人には見えません

 ペッシのビーチ・ボーイとか、さぞや奇妙だったんでしょうね兄貴!

 動きやパワーはニブく、遅い感じがする!

落下した「矢」に触れようとし、或いは「石」を投げてみるジョルノ

00398
00400
00403
00407
00411
00416
 いわゆる「味も見ておこう」状況!

今週の無敵
 ボスに続き、ホラー出現をするゴールドE.さながら地属性
 また、矢に向かって石を投げると空間を捻じ曲げ
 後ろから落ちてきた

確かにこの矢は、無敵かもしれない!(ジョルノ」

 矢を壊されないように守る
 スタンド攻撃も、物理的な攻撃からも守られた「矢」

 スタンド側にパワーを割り振らず、防御に特化したスタンドか

 スタンドも、被弾してもあっさり治る。その理屈は…

『難問であればあるほど、それは誰にも近寄れない。孤高のパワーと解釈できる!』

00422
 孤高のパワーを持つ無敵の矢! 手にした者はどんなパワーを得るか
 いやがおうにも、期待が高まる「矢」ですが
 手詰まり状態に陥る一行

 スタンドでもダメ、石でもダメ、ロードローラーでもきっとダメ!
 
亀ナレフ『なァ、レクイエムはスタンド使いには矢を拾わせない。だが、もし…』

00427

)ポルナレフ
 スタンド使いじゃあない者が、矢を拾おうとしたなら…
 どうなると思う?

 なァ…、どうなると思う?

)ミスタ
 そんな質問オレにするな!
 オレに分かるわけ…

 ?!


00433
00436
00441
00450
00453
スデにスタンド使いではないからな…、触れたぞッ!

サワレタゾ!
 場で唯一、“反撃されるスタンドを持たない”一般亀ポルナレフ!
 が、そうなった場合は「レクイエム」自体が直接…!
 次回!

ミスタ! 早く貫け、お前のスタンドを!! この矢でッ!

 亀ナレフ、戦えないけど無力じゃなかった!
 ミスタさんご指名よォン!
  
 ぼくが触ればいいんだッ!ってヤツ!

 次回! 果たして、ピストルズの何番を刺せば良いのか!

感想追記

 ムードメーカー・ナランチャの突然な死
 矢を守るスタンド「チャリオッツ・レクイエム」
 たった一話で完全に馴染んだ人ッ!         
 トップに戻る

レーダー手ゆえ、真っ先に殺されてしまうナランチャ

00159
 ピザを食べたいと言い出すナランチャ、ノトーリアス回のジョルノのよう

ナランチャの死
 原作でも唐突な死で、理解が追いつかなかったのが懐かしい
 原作では、あの長台詞から数十ページ後の死亡でしたが
 アニメでは直後、一気呵成な死へ

 登場初期、すぐナイフ振り回してたのが懐かしいですね

 後半は、レーダー手が定位置化
 ブチャラティに敬語を使い、ハンドサインも即理解!

 と、頼りになるシーンも多かったよう思えます

アニメとして見直して、改めて「すげえなぁ」と思ったのが

00161
 個人的には、第11話でホルマジオさんと戦った時の「思想」!

ナランチャの思想
 この時、「麻薬売買で莫大なカネが手に入る」と語るホルマさんへ
 ナランチャは徹底し、「ブチャは一般人を巻き込みたくない」
 と、ブチャラティの考えで反論します

 彼を尊敬する男として、嫌がることはしたくない!的な

 ナランチャは、決して「思想」と呼べるものはないけど
 ブチャラティにはスゴク共感してた!

 ここで、「麻薬売買を狙う暗殺チーム」と、ブチャは共闘不能だとも再確認

 屈しにも誘惑にも負けない、彼を感じる場面だったと思います

何より陽気で! ちょっぴりマヌケな面も大好きだ!!

00161
00157
 後やっぱり、ギャングダンス! ですよねぇズッケェロさんドドリアさん

ギャングダンサー
 第7話のギャングダンス、第22話の「敵だな!」ですね!
 いや、エアロスミスの超かっこいい着陸シーンとか
 ボラーレ・ヴィーアとか!
 怯まないとか!

 ホルマジオさんとのタイマン! 最高でしたね!!

 かっこよさは「当然」として
 日頃の、唐突なテンションの高さも好きでした

 後アニオリで、フーゴの出番めっちゃ増やしてましたね!

ジョルノと近い幼少期を過ごし、トリッシュに誰より共感したナランチャ

00148
 第21話より。ブチャラティとアバッキオ&ミスタの表情差がベネ

来るなと言われた男
 ブチャラティが「裏切った」際、明確に「来るな」と言われたナランチャ
 でも、アバッキオ達は「来ると思っていた」と言わんばかり!
 ブチャラティとの温度差が快い

 トリッシュとは、信じる、信じたいと思った人に裏切られた者同士

 利害でなく
 彼女の苦しみが解る気がして同行したり

 アバッキオを孤独にしたくない、と無茶を言ってしまったり

 共感性が強い、優しい子でしたね…。

しかし前回、楽しく「君の名を聞こうッ!」ごっこしてたとは思えん!!

00121
 いやもうホント、前回笑った笑った! 今回の冒頭も!!

「君の名」はッ!
 既読組としてはナランチャ退場を知ってたので、来る温度差を予感した
 と共に、前回じっくりねっとりと尺をとったのは
 今回に備えてだったのかしら

 また今回。本来はもう一つ、ちょっぴり事件が起こるハズでした

 順番を入れ替えた
 敢えて、次回冒頭に回したんですね

 ナランチャの死、その印象がボケないよう、回を分けたのかな的な。

自動型スタンドとして動き続ける、チャリオッツ・レクイエム

00042
00096
 ジッパー音と共に現れたスティッキィ・フィンガーズ。怖すぎる…!

チャリオッツ・レクイエム
 亀ナレフが触れられたように、もはや「本体」を持たない自動型に
 矢を守りたい、ポルナレフの強い念に影響されている為
 行動原理はそれだけ

 攻撃すれば、己のスタンドに反撃される恐怖の能力!

 しかも! 前回の通り「スタンドパワーが増している」為
 容易く致命傷になりうると

 またスタンドパワーが無いなら、レクイエムそのものに襲われる!

 当てもなく歩き続けるレクイエム、しかし「次回」は…。

ある意味、ジョジョ世界でもっとも綺麗なラスボス? ブチャラティ!

00517
 前回ラストの登場で、もうシビれたね! ホント!!

世にも綺麗なディアボロ
 声真似もこれまた違和感なく、リーダーとして溶け込んでるのが凄い
 一応、ラスボスでありながら予想外の立場になるのは
 第4部ボスも思い起こさせますね

 ジョジョのボスは、ラスボスとしては少々毛色が変わってるというか

 だからこそ面白かったりも!
 亀ナレフも、心なしか声が若返ってるし!

 若者達に交じって、イキイキしてると思うと微笑ましい(亀だけど)。

公式ツイッターより




































































2019年6月21日 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第34話「鎮魂歌は静かに奏でられる その2」

00287
 ナランチャvsホルマジオさんの猪爪氏が脚本。

スタッフ
 脚本:猪爪慎一
 絵コンテ&演出:久保雄介
 作画監督:石本峻一、SHIN HYUNG WOO、石山正修、津曲大介、柴田和紀、小林理、森藤希子、田中春香、小島えり
 アクションディレクター:鈴木勘太、岩崎安利
 総作画監督:石本峻一、田中春香
 アニメ制作:David Production Inc.
 原作:荒木飛呂彦/週刊少年ジャンプ 1994~1995年
 制作協力:-

あらすじ
 ?

次回、「本編」が始まる…!

00454
00265
 キャスト欄、ナランチャを一番上とする演出。

さようならナランチャ
 同意できないと離脱するフーゴもいれば、呆気なく死ぬナランチャもいる
 呆気ないと言えばそう、でも「儚い」とも言い換えられる
 ジョルノでさえ、蘇生させえない
 命の大切さなのね

 ブチャは死してなお戦い、アバッキオが死んで精神が迷った

 同じくメインキャラさえこんな風に呆気なく死ぬ
 それも死なのね

 死を「かっこいいもの」にしないのも、生を賛美する荒木氏らしい

 次回、ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第36話「ディアボロ浮上」

トップに戻る
ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダーズ 感想

 スターダストクルセイダース 第1話「悪霊にとりつかれた男」
 スターダストクルセイダース 第2話「裁くのは誰だ!?」
 スターダストクルセイダース 第3話「DIOの呪縛」
 スターダストクルセイダース 第4話「灰の塔<タワー・オブ・グレー>」
 スターダストクルセイダース 第5話「銀の戦車<シルバーチャリオッツ>」
 スターダストクルセイダース 第6話「暗青の月<ダークブルームーン>」 
 スターダストクルセイダース 第7話「力<ストレングス>」
 スターダストクルセイダース 第8話「悪魔<デビル>」
 スターダストクルセイダース 第9話「黄の節制<イエローテンパランス>」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その1」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その2」
 スターダストクルセイダース 第12話「女帝<エンプレス>」
 スターダストクルセイダース 第13話「運命の輪<ホウィール・オブ・フォーチュン>」
 スターダストクルセイダース 第14話「正義<ジャスティス> その1」 
 スターダストクルセイダース 第15話「正義<ジャスティス> その2」
 スターダストクルセイダース 第16話「恋人<ラバーズ> その1」 
 スターダストクルセイダース 第17話「恋人<ラバーズ> その2」
 スターダストクルセイダース 第18話「太陽<サン>」
 スターダストクルセイダース 第19話「死神13<デスサーティーン> その1」
 スターダストクルセイダース 第20話「死神13<デスサーティーン> その2」
 スターダストクルセイダース 第21話「審判<ジャッジメント> その1」 
 スターダストクルセイダース 第22話「審判<ジャッジメント> その2」
 スターダストクルセイダース 第23話「女教皇<ハイプリエステス> その1」
 スターダストクルセイダース 第24話「女教皇<ハイプリエステス> その2」
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その1」 
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その2」 
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」
 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」
 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第29話「“アヌビス神”その2」
 スターダストクルセイダース 第30話「“バステト女神”のマライア その1」
 スターダストクルセイダース 第31話「“バステト女神”のマライア その2」
 スターダストクルセイダース 第32話「“セト神”のアレッシー その1」
 スターダストクルセイダース 第33話「“セト神”のアレッシー その2」
 スターダストクルセイダース 第34話「ダービー・ザ・ギャンブラー その1」 
 スターダストクルセイダース 第35話「ダービー・ザ・ギャンブラー その2」
 スターダストクルセイダース 第36話「ホル・ホースとオインゴ その1」
 スターダストクルセイダース 第37話「ホル・ホースとボインゴ その2」
 スターダストクルセイダース 第38話「地獄の門番ペット・ショップ その1」
 スターダストクルセイダース 第39話「地獄の門番ペット・ショップ その2」
 スターダストクルセイダース 第40話「ダービー・ザ・プレイヤー その1」
 スターダストクルセイダース 第41話「ダービー・ザ・プレイヤー その2」
 スターダストクルセイダース 第42話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1
 スターダストクルセイダース 第43話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その2
 スターダストクルセイダース 第44話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その3」
 スターダストクルセイダース 第45話「DIOの世界 その1」
 スターダストクルセイダース 第46話「DIOの世界 その2」
 スターダストクルセイダース 第47話「DIOの世界 その3」
 スターダストクルセイダース 最終話「遥かなる旅路 さらば友よ」

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 感想

 ダイヤモンドは砕けない 第1話「空条承太郎! 東方仗助に会う」 
 ダイヤモンドは砕けない 第2話「東方仗助! アンジェロに会う」
 ダイヤモンドは砕けない 第3話「虹村兄弟 その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第4話「虹村兄弟 その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第5話「虹村兄弟 その3」
 ダイヤモンドは砕けない 第6話「広瀬康一(エコーズ)」
 ダイヤモンドは砕けない 第7話「間田敏和(サーフィス)」
 ダイヤモンドは砕けない 第8話「山岸由花子は恋をする その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第9話「山岸由花子は恋をする その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第10話「イタリア料理を食べに行こう」
 ダイヤモンドは砕けない 第11話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第12話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第13話「やばいものを拾ったっス!」
 ダイヤモンドは砕けない 第14話「漫画家のうちへ遊びに行こう その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第15話「漫画家のうちへ遊びに行こう その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第16話「狩り(ハンティング)に行こう!」
 ダイヤモンドは砕けない 第17話「岸辺露伴の冒険」
 ダイヤモンドは砕けない 第18話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第19話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第20話「山岸由花子はシンデレラに憧れる」
 ダイヤモンドは砕けない 第21話「吉良吉影は静かに暮らしたい その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第22話「吉良吉影は静かに暮らしたい その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第23話「シアーハートアタック その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第24話「シアーハートアタック その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第25話「アトム・ハート・ファーザー」
 ダイヤモンドは砕けない 第26話「ジャンケン小僧がやって来る!」
 ダイヤモンドは砕けない 第27話「ぼくは宇宙人」
 ダイヤモンドは砕けない 第28話「ハイウェイ・スター その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第29話「ハイウェイ・スター その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第30話「猫は吉良吉影が好き」
 ダイヤモンドは砕けない 第31話「7月15日(木)その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第32話「7月15日(木)その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第33話「7月15日(木)その3」
 ダイヤモンドは砕けない 第34話「7月15日(木)その4」
 ダイヤモンドは砕けない 第35話「アナザーワン バイツァ・ダスト その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第37話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第38話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第39話「さよなら杜王町 -黄金の心-【最終回】」

漫画 ジョジョの奇妙な冒険 岸辺露伴は動かない 感想

 岸辺露伴は動かない 1巻“体験は作品にリアリティを生む”
 岸辺露伴は動かない 2巻 “感動ハッピーエンドにしました”


 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第1話「黄金体験(ゴールド・エクスペリエンス)」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第2話「ブチャラティが来る」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第3話「塀の中のギャングに会え」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第4話「ギャング入門」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5話「ポルポの遺産を狙え!」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第6話「ムーディー・ブルースの逆襲」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第7話「セックス・ピストルズ登場 その1」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第8話「セックス・ピストルズ登場 その2」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第9話「ボスからの第一指令」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第10話「暗殺者チーム -ヒットマンチーム-」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第11話「ナランチャのエアロスミス」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第12話「ボスからの第二指令」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第13話「マン・イン・ザ・ミラーとパープル・ヘイズ」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第13.5話「Inizio del vento aureo」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第14話「フィレンツェ行き超特急」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第15話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その1」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第16話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その2」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第17話「ベイビィ・フェイス」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第18話「ヴェネツィアへ向かえ!」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第19話「ホワイト・アルバム」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第20話「ボスからの最終指令」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第21話「キング・クリムゾンの謎」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第21.5話「determinazione」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第22話「ガッツの「G」」 後期OP「裏切り者のレクイエム」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第23話「クラッシュとトーキング・ヘッド」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第24話「ノトーリアス・B・I・G」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第25話「スパイス・ガール」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第26話「ほんの少し昔の物語 ~ぼくの名はドッピオ~」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第27話「キング・クリムゾンvs,メタリカ」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第28話「今にも落ちて来そうな空の下で」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第28.5話「destino」 前期OP「Fighting Gold」、後期OP「裏切り者のレクイエム 歌詞」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第29話「目的地はローマ! コロッセオ」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第30話「グリーン・ディとオアシス その1」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第31話「グリーン・ディとオアシス その2」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第32話「グリーン・ディとオアシス その3」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第33話「そいつの名はディアボロ」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第34話「鎮魂歌は静かに奏でられる その1」 OP「Diavolo Ver.」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第35話「鎮魂歌は静かに奏でられる その2」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第36話「ディアボロ浮上」

トップに戻る