公式サイト からくりサーカス 第35話 感想 抱擁 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 15時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
加藤鳴海は「しろがね」が好き。夫婦、最初の共同作業!

00333
00406
00421
意外! それは百塔の街プラハッ!! 終の住み家はフランシーヌ・ハーレム!!
 何でも出来て、願いは叶わない。フェイスレスは「過去」をグレードアップ
 一方、しろがねは、パンタローネとアルレッキーノは
 思い描いた以上の幸福を手に

 諦めてきた幸福、体感する幸せ! しろがねの幸せが染みる回…!

“煙突掃除”飛ぶ!
 擬似家族のようだった二人が結ばれ、“子”が旅立つ! 親離れの日さ!
 あと色々あったけど、鳴海にとっては「しろがね」なのね
 思い出した後も、「エレオノール」と呼んだのは
 彼なりの分別なのかしら

「しろがね」が好き、想いを抑える為だったのかしら!

からくりサーカス 35話 感想

 からくりサーカス 第35話「抱擁」     
 Aパート「煙突掃除と加藤鳴海」
 どうにも出来ないことよりも
 アルレッキーノとパンタローネ
 嘘つき達は約束する
 花嫁とお人形 
 Bパート「年寄りの入れ歯にかけて…」
 勝が飛ぶ、鳴海が言う
 鳴海の告白
 なんて素敵なんだろう
 なァパンタローネ……見ているか…?
 で…お代はいかほどいただけるんで……?
 両手いっぱいのフランシーヌを、ぼくに   
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 アニメ「うしおととら」感想
 現行連載「双亡亭壊すべし」感想
 これまでの感想

最初から“やりたいこと”が決まっていたパンタローネ達、対し…

00361
 ルシール曰く「キャンバス」の絵が、パンタローネは描けていたのだァ!

「やりたい」こと
 だが! 真面目なパンタローネ、きっと「笑顔」を想像しきれなかった
 思い描いても、きっと描ききれなかったと思うのです
 彼は「笑顔」を想像しきれなかった
 と

 その「キャンバス」が埋まった! どんなに満ち足りたろうか!

 逆に22話曰く、不真面目退屈男なアシハナは
 ずっと「やりたい」を探していた

 その手段、金を稼ぐ「手段」だと思っていた「殺し屋」を誇っての死。

 彼のプライドを感じる最期だと思いました

帰ってくる為の縁、リーゼと約束して旅立った勝は…?

00091
 想いを汲み、一緒に「うそつき」になったリーゼ。我慢の子だよ!

あらすじ
 勝はしろがね“煙突掃除”を名乗り、鳴海に代わってシャトルに乗った
 鳴海は、途中下車したしろがねを探して街へ向かい
 ハーレクインに襲われる彼女を救出

 無事撃破し、鳴海は思いの丈を打ち明け告白する

 パンタローネとアルレッキーノは
 幸せそうな“フランシーヌ様”を、念願の笑顔を見届けて機能停止

 阿紫花は人知れず勝をサポートし、命を落とす

 勝は“白金の身体”のフェイスレスに、治療法を教えてと頼むが…?

 次回、からくりサーカス 第36話【最終回】

勝『グリポン君…。ぼくの言う通り、あの人に喋ってくれるかい?』

00436
 前回しろがねはハーレクインを道連れに列車外に消え
 鳴海はブリゲッラを、勝はカピタンを撃破し
 シャトルは発射場へ到着

 だが自動人形が大挙し、鳴海は我知らず“勝と共闘”を果たす

 しかし勝は、鳴海から正体を隠し…?

グリポン『オレはお前と同じしろがね!

00002
00003
00008
00010
00011
だからお前は地上に残れ!(グリポン」

大嘘つき!
 勝は“煙突そうじ”、ギイに呼ばれたベテランしろがねと自称
 経験豊富、装備は万全、フェイスレスが憎い!
 帰ってくる手段だってある!
 オレが行く!
 と

ざけんじゃねえ!(鳴海」

 鳴海は当然キレた!
 勝、よくまあこんだけ気遣ったねえ!!

 俺は大丈夫、俺が行くべきだ安心してろ(意訳)

 オレが上(シャトル)! お前が下(地上)だ!
 
鳴海『オレは今まで、色々な不幸を見てきたッ!

00012
 オレ一人が、生き残るわけにはいかねえんだ! が鳴海の本音
 たとえ、自分が残るほうが合理的であっても
 鳴海はそうしたくないのね!

 この手足がそうであるように、色々な人が「命」を託してくれた

 だから彼は、しろがねの想いを受け入れられないけれど…

グリポン『バカやろう!

00020

)勝
「過去」は過ぎてしまったんだぞ!
 もうどうにも出来ない

 だけど「今」はなんとかできる!

 お前には幸せにしてやれるひとがいるだろう!?


00021

)勝
 お前の理屈だと
 人間は誰一人幸せになんてなれない
 人間がみんな、昔を背負って今を生きなきゃなんないなら!

 この世は、幸せになっちゃダメな人間だらけじゃないか!


 今…、なんだよ。大事なのは
 今…、心で考えろ

 お前が幸せにしてやるんだ。

 お前の幸せの為に。


 ゆけ、カトウ! オレが上がる!!


00026
00027
00028
00030
00033
 文字通り「言い返した」! 贈られた言葉を、返した!!

心で考えろ
 物語の出発点、「自分が死んでおけば」と勝は後悔しました
 あの時、「生きろ」と横っ面を張り飛ばされた少年が!
 今度は「生きろ」と送った!

 過去に囚われたら、生きてちゃダメな人間ばかり

 今、どうにも出来ないを悔やむのでなく
 今、どうにか出来る事を!

 短い人生、一度の人生! 余計な時間はないはずだから

 まして、望んで短くする事はないんだよな!

鳴海『勝手なこといいやがって…、てめえは誰なんだよ!?

00034
 オートマータ、フラッシュ・ジミーのカメラがここで役立つとは!
 鳴海は、網膜が焼きついてしまって「姿」が見えず
 屈強なベテランしろがねと誤認

 きっと鳴海が考えうる、最も頼もしいタフガイを想像しているのか!

 え…、なにそのようかい こわい。

『バカな…、あんな子供がスペースシャトルで行くだと?! 無理だ!』

00044
00046
00051
00055
00058
行かせてあげてください!(リーゼ」

行かせて
 勝を知らない明霞達は不安がり、“大人”は子供を守ろうとします
 が、普段は朗らかなリーゼが怒鳴ったものだから!
 フウも語を継いでフォロー
 と

いずれにしても…、我々はもう…、あの子に託すしかあるまい(フウ」

 勝は、無数のオートマータを共同撃破して「強さ」を証明したし
 フェイスレスが「ダウンロード」されていると

 ただリーゼが。

 最後、ぎゅっと食いしばったのが印象的です

行かせてあげてと叫んだ後、数秒食いしばったリーゼ

00041
 ああ、この子は。「行って欲しくないんだなあ」と感じる仕草でした。
 思えば、あの場で誰より「勝」個人を知っているから
 行かせてと説得できた

 でも「勝を知ってる」から、誰より行かせたくないんだよなあ、って

 またこの時、同じく「勝を知ってる」男が動いていた…!

前々回、ハーレクインと戦い抜き、首だけになっていたパンタローネ

00062
00064
00067
解っている…、我らの命。最期の最期までフランシーヌ様と共に

フランシーヌ
 生きているか? と問われ、パンタローネは「フランシーヌ様は?」と
 生存確認より、大切な事がある
 最後の最後まで忠臣…

 そして今、二人とも「フランシーヌ様は?」と。

 一言で解る「もう長くない」
 意識が朦朧としてる。と、よく分かるやり取り

 やっぱり朦朧としたら、浮かぶのはフランシーヌ様なのよね…

『マサルさん! …うそつきッ!!

00069
00078
00083
00086
00091
でも…、私も、うそつきです。行かないで…!(リーゼ」

うそつき
 この子は、しろがねと違って、ちゃんと言えたんですね…
 しろがね同様に、見送る側になった彼女ですが
 ちゃんと本音を言えた

 本当は行って欲しくない、とちゃんと言えた!

 得体の知れない、オートマータに無双する子供じゃなく
 才賀 勝、個人を知ってる子!

 勝の言葉に、救われた想いをした子だものねえ…(第8話)

勝『ありがとう…、でも行かなきゃ。行かなきゃね』

00101

)リーゼ
 あたし…、マサルさんをもっと知りたい…!
 したい事、いっぱいあります!

 一緒に、動物園に行ってお弁当作ったり…!


00112

)勝
 決めた! 来週、一緒に動物園に行こう?
 オニギリ作ってくれる?

 僕も話したいこと、いっぱいあるんだ!

 帰ってきたら…、もっともっと仲良くなろうねっ


00114
00117
00118
ウソつき…。でも、約束ですよ(リーゼ」

ウソつきが二人
 彼女は勝を“よく知らない”、もっと知りたいと思ってた矢先だと
 勝は、自分を引き止めてくれた彼女へ「帰る」
 また来週と「ウソ」を吐きました

 互いにウソを解っていながら、帰ってくる為に「ウソ」の約束

 前々々回での、パンタローネとアルレッキーノのように
 二人も約束して行った!

 また会いたいから、一緒に「嘘つき」になる二人

 鳴海が言う「どうにもならない時、にっこり笑う」

 それはきっと、この二人にあった!

オイラの胸に~、戻っておいでェ~♪

00124
00125
00131
00133
00136
 めっちゃ浪々と歌うハーレクイン(cv三宅健太)、さすがだぜアブドゥル!

花嫁逃げる
 第29話、城の皆を回復させるべく“血”を流してたしろがね
 連日の大出血から回復しきっていない
 が

ハーレクインを…、相討ちでも倒す!(しろがね」

 一時は、勝の手に渡った「あるるかん」ですが
 こっちに残ったのね

 白銀が“愛弟子”正二と作った、大切な人形が無惨な事に

 この人形に、どんだけ思い出が詰まっているか!

しろがね『…? カトウは、無事に宇宙にいけたかしら』

00142
00146
00149
00152
00156
私も、あなたのいないこの地上に、そろそろお別れのようですっ

暇乞い
 ひとそろいの人形を、むつまじい夫婦のように見立てたのか
 戻し、揃えて飾ってあげるしろがね。
 鳴海は生還したのに…

 初代フランシーヌが大好きだった、カーニバルの服装!

 こちらも心で暇乞い
 リーゼ同様、好きな人の意思を尊重したしろがね

 彼女が「人形遊び」だなんて、正二やアンジェリーナはどう思うか

 人形に優しいしろがね、あるるかんを弄ぶハーレクイン!

ハーレクイン『人間の血にありつけたなら、祝杯に最高ッスね~♪』

00167
00173
00179
00183
00186
00208
00210
そうはさせるか人形め! このしろがねの命ある限り!!

新婦突撃
 ゾナハ病にかかっていない赤子に、嬉々として血を望むハーレクイン
 何らかの要因で、幸運にも無事だったが為に
 人形に狙われるとは不憫な…
 が 

私もこの子も、お前のモノじゃない! 私は最期まで戦うぞ!!

 他者全てを、躊躇いなく自分のモノと考える横暴さ
 創造主フェイスレスを髣髴とさせます

 対ししろがねは、「しろがね」として人形に抗うのね!

 これもまた、彼女が重ねてきた生き方!

ハーレクイン『なんだァ…?』

00232

)ハーレクイン
 へー、よくココが分かったッスね?

)鳴海
 お前にゃ解るまい。
 その女がオレを呼んだ、オレがその女を求めた。

 それだけの話だ…


)ハーレクイン
 へー…、でもアンタ、オレっちさえもよく見えてねェじゃねえッスか?
 だからぁ…

 毒へビのクソにかけて! アッという間に黒焦げよォ!!


00243
00244
00246
00249
00252
奴の場所を教えろ! エレオノール!!/ 左に2本! 右に9歩!

共同作業
 びっくりするほど息ピッタリ! その質問だと解っていたの!?
 鳴海が言い終わるのと、ほぼ同時に畳み掛けた!
 が

遅いよ!!(ハーレクイン」

 目が見えないから、かえって直感で追ってきたのか
 土壇場、駆けつけた新郎!

 戦鬼みたいな鳴海! 神父さんも「悪魔」とロシア語で呼んでたそうな

『ン何ぃ!?

00260

)ハーレクイン
 あァ~…、熱心に狙ってやがったっけ……
 まったくよう…

 年寄りの入れ歯にかけて…


00261
00262
00266
00271
 意外に穏やかに。敬意を感じさせる最期を遂げるハーレクイン

その最期は穏やかに
 夫婦最初の共同作業は、ハーレクイン入刀エンド
 人形破壊を、使命に背負った二人
 最初の共同作業!

 アルレッキーノに続き、パンタローネも撃破へ援護射撃に…!

 最後に、しろがねを救ってくれた鳴海の一撃は
 彼女の人形「あるるかん」の腕

 さながらあるるかん、彼女の人形が討ったかのようでもあり!

 劇中、最後の「しろがね業」に相応しい一発だった!

フウのオートマータ『発射、10秒前』

00274
00275
00282
00283
00284
00288
マサルさん…!(リーゼ」

勝が飛ぶ
 シャトル打ち上げ! 「やった!」と歓声が上がるのも当たり前なら
 一人、泣いてしまうリーゼも当たり前
 対比が悲しい

 同乗しているフウのオートマータが若干シュール

 操縦は彼女らですよね!
 汽車の制御といい、フウさんの万能さスゴイ

 以前、鳴海が操作法を学んでましたが、多分「口実」でしょうから

 たぶん本来なら、ここでも歯噛みしてたに違いない!

しろがねー! どこだ!? しろがねー!

00292
00296
00298
00300
00309
00310
00313
オレは…、お前に会う為にここに来たんだ!(鳴海」

鳴海の動機
 ハーレクインにはああ言ったも、やはり場所が解らない鳴海に
 万感、震えて名を呼んだしろがね!
 愛しかない!

 彼女にしてみれば、鳴海は「これから宇宙に行く」

 第32話、鳴海は別れを、残されるエレオノールを辛くしたくなくて
 敢えて距離を取ってたと判明

 彼女が躊躇ったよう見えたのは、それを踏まえてでしょうか

 しかし鳴海、もう行かなくてェ良くなった!

『サーカスのテントで…!』

00320

)加藤 鳴海
 サーカスのテントで、初めて会った時からずっと…!
 しろがね!

 お前を、愛していた…!
 

00324
00330
00332
00333
00334
 二人が結ばれる中、二人が愛する勝が旅立っていく…!

原点二つ
 列車がダイナミック入店した一話のサーカスで、とっくに愛してた
 ひとめぼれ! 鳴海は、やたらツンツンしてましたし
 しろがねもナイフのようでした

 でもあの頃からとっくに愛し、遠回りした幸せなキス

 擬似家族のようだった三人
 二人が本当に結ばれ、「子」が旅立っていくのね

 原点、銀とフランシーヌが結ばれ、金と断絶したのを髣髴させる場所で

 今度こそ、「幸せなキスで終わる」のね!
 
『光が…、登っていく!』

00335
00336
00340
行け…! 行ってくれえ…!!

生きてた!
 生きとったんかい仲町ズ! つくづく頑丈な人らだ!
 いやまあ、死亡確定描写じゃなかったから
 妙だなあとは思ったけど!

 明霞といい、“民間人”はみんな割と生き残るのね!

 戦いに身を置き続け、覚悟した上で死ぬ者と違う
 戦いと無縁で、「戦う」と覚悟した人たち

 そういう人らは、生き残らせるのが富士鷹ジュビロ先生なのか…!

 生きてた! 生きてたよ!!

鳴海『行け…、“エントツソウジ”!』

00342
そういう名前なんだとよ…!(鳴海」

すごい奴さ
 てっきりしろがねが、「え? 知りませんよ?」的に言うかと思いきや
 鳴海は、“エントツソウジ”を尊敬するのね
 勝だとも知らず
 勝を!

すごい奴さあ…!(鳴海」

 煙突の掃除人
 昔、ヨーロッパで子供が従事してた代表的な職業でした

 現在では“幸運のシンボル”

 或いは、幸せ(サンタ)が通ってこれるよう、僕が掃除してくるよ!的な?

えっへへへえ…♪ 狙うにゃあ最高だぜぇ……♪』

00350
00355
00359
00361
00364
こんな事もあるかと見回りに出て、正解でしたぜ!(阿紫花」

仕事は仕事
 シャトル狙撃を図ったオートマータ、阻止したのは阿紫花!
 たった10円、鳴海に押し付けられた10円で!
 と

あたしゃプロなんでね!(阿紫花」

 以前パンタローネから逃げ
 再戦を期し、「生まれ変わろう」と決めた阿紫花が…

 でも、「生まれ変わった」から

 阿紫花さん、こんな土壇場で…

鳴海『行ったな…、眼が、おぼろげにだけど治ってきやがった…』

00369
00373
00376
でも! お前を見ると眩しいぜ…、治って、ねえかな…(鳴海」

眩しい
 しろがねが銀ピカで眩しいから、見てられないという鳴海
 しろがねが美しい、愛おしくて見てられない!
 まあナルミったら誌的な人!

 暗い夜道にゃ、ピカピカの! お前の「髪」が「役に立つ」のさあ!

 いっつも 泣いてた しろがねさんは
 今度こそはと!

 喜びました…!

しろがね『(なんだろう…、なんて素敵なんだろう…)』

00377

)しろがね
 なんだろう…、なんて素敵なんだろう…
 自分の心が、相手に届くのは…

 大好きな人の笑顔を、息のかかる距離で見ていられるのは…


 今、私の中にいる、二人のフランシーヌが頷いてる…

)フランシーヌ
 そうよ、私もそうだったの!

)フランシーヌ人形
 そうです! 私もそうでした!


00388
00390
00392
00395
00400
あっ…、涙!/どうした!? お前が泣くなんて!?

三人分
 本物のフランシーヌの遺髪と、一緒に溶けた人形が残した心
 二人が、本当に幸せそうに「頷いた」事に
 理解できない感情が
 と

解りません…、でも涙が……!

 白銀、そしてエレオノールと“一緒に居られなかった”二人
 彼女らにとって一瞬だった幸福

 しろがねが鳴海との一日を噛み締めたように、彼女らも大切にしてた

 二人は「アンタだけ、幸せになるなんて!」と恨むこともなく。

 てらいなく「頷いてくれた」のね…。 

鳴海『お、おい!?

00401
00402
00405
00406
「(ああ…、私はやっぱり、この人が、好き…、好き…)」

微笑み
 傍から見れば“みっともない”、オロオロと狼狽した鳴海
 自分なんかを、こんなにも思ってくれる
 大切にしてくれているんだ…
 か

「(大好き…!)」

 正二やアンジェリーナ、ギイやフランシーヌ人形
 勝に「大切に思われてきた」しろがね

 その彼女が、今ようやく「思われている」と自覚できた

 正二とギイも、きっとあの世で男泣きなのだぜ…!

『…おお…!  おい…、私は今…!?』

00414

)アルレッキーノ
 おお…! おい…、私は今、信じられないものを見ている…!
 あれこそ…、我々オートマータの使命…!
 そして悲願だった…!


 見よパンタローネ…!

 フランシーヌ様が…、笑っていらっしゃるぞ!


 お美しいな…
 フランシーヌ様は…

 なァパンタローネ……見ているか…?


00416
00418
00421
00423
00426
…なんだ…見ているじゃない…か… (アルレッキーノ」

三つの笑顔
 一度は“エレオノール”と認め、主は死んだと納得した二人
 しかしヴィルマが、「弟を救えた」と逝けたように
 最期の最期は笑顔で…

 彼らの“やりたいこと”、ルシール曰く“キャンバス”は最初から明快

 でも、それがどんなに尊い「絵」となるのかは
 きっと彼らには想像しきれなかった

 きっと彼は、自分が見たいものを、思い描きながら生きてきた

 今、想像を飛び越えた笑顔を見れたのでしょうか

阿紫花『さしずめ…、プロの殺し屋の勤勉さをナメんな…、ってとこか』

00427

)阿紫花
 ふふ…、でも、プロは10円で仕事は引き受けねェか…


)鳴海
 報酬は10円だ!

)阿紫花
 任してくだせえ…

※第4話より


)阿紫花
 なんで…、あんなこと言っちまったんだろうなあ…


)勝
 おじさんは、僕が雇う!
 だから…、僕の側についてよ!

※第3話より


00430
00433
00436
00438
00443
00446
で…お代はいかほどいただけるんで……?

プロの意地
 第22話での独白、昔から、退屈を持て余していた阿紫花には
 思うに、「何かに打ち込む」意思が希薄だった
 そんな彼の魔法の言葉

 彼を“プロ”にする、「やり遂げなくちゃ」と思わせる言葉

 面白さで退屈を払い
 やり遂げようか、と思わせてくれた男達に殉じたのか

 形は違えど、リーゼと同じように「やらせてあげたい」と思ったのか

 阿紫花、プロの意地で殉死…!

勝『えっ…!? これ…、井戸だよね?』

00449
00450
00454
00465
00470
00475
00476
00482
00480
00490
 人形か“培養した”のか、「私の名前はフランシーヌ」とだけくり返す!

彼の天国
 勝がたどり着いたのは、百塔の街プラハッ! そういや初対面でした
 新生フェイスレスは、白金時代の細胞を培養し
 着替えたのだと勝に解説
 曰く

フツーに歳を取って、死んでいくつもりさあ…

 彼にとって、もっとも幸福だった時代の再現
 ただし「兄」はいない

 しろがねでも、機械でもない体!

 死ぬ為の身体か

フェイスレス『僕は気まぐれで、飽きっぽい…』

00496
00501
もう自分にも飽きちゃったんだ…

何もない男
 不死を渇望し、人形に憧れ“しろがね-O”を開発したフェイスレス
 しかし、今や滅びゆく世界を肴に
 死んでいくのが望みだ
 と
 
お願いです! ゾナハ病を治す方法を教えて下さい!!(勝」

 完全に「やーだよ~ん♪」フラグッ!
 フェイスレスを名乗り、色んな名前を名乗ってきた「顔のない男」

 彼を彼たらしめていた“目的”を失い、こうなっちゃったのか

 次回、格好の「娯楽」を手に入れたフェイスレスは…?

今回の舞台は、ロシア・ボードヌイ発射場の傍


00300
 あの神父さんは、「天使がきた! 神よ…」的に祈ってたのね

ロシア語
 鳴海に至っては、悪魔がきたりて笛を吹く来た! と怯えられてたとか
 またコメントによると、平気だった赤ん坊の関連エピソードは
 サーカス編で、カットされたロシアのしろがね
 ドミートリィ氏のお話だそうで

 残った個性的な四人のしろがねは、選び抜かれたメンツだったのね!

 皆、出番少なかったのに強烈な印象を残してったもんなぁ…。

公式ツイッターより





































































































































2019年6月20日 からくりサーカス 第35話「抱擁」

00426
00427
 メイン脚本家・ヴォルン自社制作! 終盤らしく制作も力投…!!

スタッフ
 脚本:井上敏樹
 絵コンテ:青山弘
 演出:板庇迪
 作画監督:大東百合恵、今岡大、齊藤佳子、飯塚葉子
 アニメ制作:スタジオヴォルン
 原作:藤田和日郎/漫画/週刊少年サンデー 1997年|2006年
 制作協力:

あらすじ
 ようやく再会した勝と鳴海は、迫りくる自動人形たちを撃退した。
 勝は疲弊した鳴海の代わりに、スペースシャトルへ乗り込むことを宣言する。
 一方その頃、発射場近くの街角では、エレオノールがハーレクインに追い詰められていた。

次回、最終話「閉幕」。劇中、フェイスレスが秘め続けた本心…?

00482
00480
 自分とフランシーヌだけの天国、「欠けた」大事な要素が最終回か

呼び名
 意識が朦朧とし、「フランシーヌ様は死んだ」のが抜け落ちたのか
 フランシーヌ様の笑顔だ、と死にゆく二人もあれば
 改めて「しろがね」と呼ぶ鳴海も。

 鳴海もつくづく愛に生きてる男だぜ!

 一方で、「これからもっと知りたいから」というリーゼ
 これもまた愛かしら。

 気になるから知りたい、もっと話したい。愛じゃあねえか! ええオイ!!

 次回、からくりサーカス 第36話【最終回】

トップに戻る

アニメ版 うしおととら 感想 2015~2016年

 第壱話「うしおとらとであうの縁」
 第弐話「石喰い」
 第参話「絵に棲む鬼」
 第四話「とら街へゆく」
 第伍話「符咒士 鏢」
 第六話「あやかしの海」
 第七話「伝承」
 第八話「ヤツは空にいる」
 第九話「風狂い」
 第拾話「童のいる家」
 第拾壱話「一撃の鏡」
 第拾弐話「遠野妖怪戦道行~其の壱~」
 第拾参話「遠野妖怪戦道行~其の弐~」
 第拾四話「婢妖追跡~伝承者」
 第拾伍話「追撃の交差~伝承者」
 第拾六話「変貌」
 第拾七話「カムイコタンヘ」
 第拾八話「復活~そしてついに」
 第拾九話「時逆の妖」
 第弐拾話「妖、帰還す」
 第弐拾壱話「四人目のキリオ」
 第弐拾弐話「激召~獣の槍破壊のこと」
 第弐拾参話「永劫の孤独」
 第弐拾四話「愚か者は宴に集う」
 第弐拾伍話「H・A・M・M・R~ハマー機関」
 第弐拾六話「TATARI BREAKER」
 第弐拾七話「風が吹く」
 第弐拾八話「もうこぼさない」
 第弐拾九話「三日月の夜」
 第参拾話「不帰の旅」
 第参拾壱話「混沌の海へ」
 第参拾弐話「母」
 第参拾参話「獣の槍破壊」
 第参拾四話「とら」
 第参拾伍話「希望」
 第三十六話「約束の夜へ」
 第三重七話「最強の悪態」
 第三十八話「最終局面」
 最終回「うしおととらの縁」


 双亡亭壊すべし 1巻“壊れずの家”。
 双亡亭壊すべし 2巻“侵入”
 双亡亭壊すべし 3巻“更衣室”
 双亡亭壊すべし 4巻“真相は星にあり”
 双亡亭壊すべし 5巻“笑うしかないのじゃ”
 双亡亭壊すべし 6巻“お願いだから”
 双亡亭壊すべし 7巻“だから私は”
 双亡亭壊すべし 8巻“わたし達は怖いのだ”
 双亡亭壊すべし 9巻“タコハが見たモノ”
 双亡亭壊すべし 10巻“双亡亭壊すべし”
 双亡亭壊すべし 11巻“脱走事件”
 双亡亭壊すべし 12巻“泥努誕生”

からくりサーカス 感想 2018年10月~2019年 公式ツイッター

 からくりサーカス 第1話「開幕ベル」 月虹
 からくりサーカス 第2話「約束」
 からくりサーカス 第3話「奈落」
 からくりサーカス 第4話「コラン」
 からくりサーカス 第5話「サーカス〜出発」
 からくりサーカス 第6話「地獄」
 からくりサーカス 第7話「Demonic」
 からくりサーカス 第8話「一瞬の始まりと終わり」
 からくりサーカス 第9話「記憶」
 からくりサーカス 第10話「フランシーヌ」
 からくりサーカス 第11話「ファンファーレ」
 からくりサーカス 第12話「「顔無し」司令」
 からくりサーカス 第13話「ルシール」
 からくりサーカス 第14話「夜更けの海」
 からくりサーカス 第14.5話「幕間~そしてまた開幕ベル~」
 からくりサーカス 第15話「はじまりの場所」
 からくりサーカス 第16話「出会い」
 からくりサーカス 第17話「訪れし者」
 からくりサーカス 第18話「微笑」
 からくりサーカス 第19話「影の正体」
 からくりサーカス 第20話「黒い太陽」
 からくりサーカス 第21話「銀色の女神」
 からくりサーカス 第22話「「ハリー」へ向かう!!」
 からくりサーカス 第23話「悪魔再び」、第2期OP「ハグルマ」歌詞、第2期ED「夕立ち」歌詞
 からくりサーカス 第24話「脱出へ」
 からくりサーカス 第25話「モン・サン・ミッシェルにて」、第3期OP「Over me」、第3期ED「月虹 2番」
 からくりサーカス 第26話「アニマル・ショウ」
 からくりサーカス 第27話「転送(ダウンロード)」
 からくりサーカス 第28話「ぶたちゃんはあるいていった」
 からくりサーカス 第29話「しろがねのやったこと」
 からくりサーカス 第30話「Pieta」
 からくりサーカス 第31話「黒の流星」
 からくりサーカス 第32話「暇乞い」
 からくりサーカス 第33話「仲町三人vsレディ・スパイダー」
 からくりサーカス 第34話「背中を守る者」
 からくりサーカス 第35話「抱擁」
 からくりサーカス 第36話「閉幕【最終回】」

トップに戻る