公式サイト 機動戦士ガンダム ジ・オリジン THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第5話 感想 シャアとガルマ レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読 OVA未見 2時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
シャアとガルマの交流、ミノフスキー博士の革新! 一年戦争、前夜の革命!

00217
00806
MS開発中止! …を覆した、ミノフスキー博士の革新的技術スゴ過ぎる
 ガルマを溺愛するデギンと、連邦反旗へ彼を焚きつけるシャア
 モビルスーツも、いよいよ形となり
 大戦まで僅か2年!

 放っておいても戦争に向かう時代なら、最後の一押しは己の手で…?!

戦乱の反抗期
 でも傷付いたガルマの“見栄”、僕は、負けちゃダメなんだって強情は
 きっと誰より、シャア自身が共感できるものなんだと思います
 安楽でよけりゃ、妹と生きれば良かった
 意地っ張りなのはシャアも同じ

 後年、ガルマを「良き友人」と呼んだのは、紛れもなく本音だって思います

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 5話 感想

 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第5話「シャアとガルマ」
 冒頭「U.C.0074、士官学校のシャア」
 第2期OP「悲壮美」   
 Aパート「シャアがバイザーをかける理由」
 モビルスーツ誕生、ミノフスキー博士の提案
 ミノフスキー粒子とは
 U.C.0076、ガルマ・ザビの宮殿
 爆笑のシャア 
 Bパート「U.C.0077、卒業考査演習」
 バイザー事件
 再燃、ジオン独立運動
 デギンがもっとも大切とするもの
 君は自分の手で、歴史の歯車を回してみたくないのか?
 第2期ED「水の星へ愛をこめて カバーver 歌詞」    
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 模型企画外伝「MSD ククルスドアンの島」感想
 これまでの感想

YMS-03 ヴァッフ! 初の“モビルスーツ”誕生へ!!

00715
 従来設定では、MS-01~03まで文字設定のみ。04がプロトザク。

YMS-03 ヴァッフ
 オリジンでは、MW開発開始から丸2年を経て、今回ギレンが“待った”へ
 しかし、ミノフスキー博士が温めていたアイデアにより
 コンピュータ・グラフィックが提示

 その2年後。ガルマとシャアが同室になり、更に一年が経過しています

 今回ラストシーン時点で、二人は士官学校を卒業しており
 学校に籍を置いた軍人という立場に

 見習い士官で任務に就きつつ、後輩指導もする立場へ

追記:アニメ版では「三回生の学生」扱いらしい(第6話より)

連邦への敵意を剥き出しにするシャア、“敵”に厳しい!

00729
 ホワイトベースの前身らしき、強襲揚陸艦も登場!

あらすじ
 U.C.0074年。ミノフスキー博士が新型炉を提案し、MS開発が進展
 シャアは、士官学校で目覚しい活躍をしてガルマと衝突し
 更に2年後、シャアはガルマと親交を深め
 彼と同室になる

 UC.0077年、模擬戦とバイザー事件でシャアは連邦に一泡吹かせる

 卒業直後、連邦の横柄さが事故を招き
 ジオン独立運動が再燃

 シャアはガルマを焚き付け、若者だけでの連邦部隊襲撃を決行する

 次回、機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第6話

U.C.0074年。モビルワーカー実験開始から2年が過ぎた

00000
 前回、母アストライアの死で、キャスバルはザビ家に敵意を抱き
 2年後、UC.0074年に“シャア・アズナブル”と入れ替わり
 ジオン士官学校に入学

 以降エドワウ(キャスバル)は、死亡した事になった

 しかし、本物のシャアを知る青年が同室で…?

ジオンの支配者・ザビ家、御曹司ガルマ・ザビは目覚しい活躍をしていた

00003
00004
00005
00021
00032
00047
いいのか? こっちばかり気にしていると…?(シャア」

ザビ家の末弟
 ところがぎっちょん! “シャア”の名と戸籍でキャスバル兄さん無双!
 当然、あの明るかった本物の知り合いが居ますから
 正体を隠すには悪手

 しかし若きキャスバル=シャアは、士官学校で無双してしまいます

 チートにも程があるな!
 本心は隠すも、実力はこれっぱかしも隠さない!

 利害の為か、それとも感情的なものか

 とまれ“最高権力者の息子”、ガルマの気になる存在へ…!

母なる大地を 染めゆく赤い黄昏 確信が深まったのなら 旅立とう 独りで

00050
00060
00086
00089
00095
00109
00114
00118
 新OP・悲壮美は、「さようなら」のフレーズを要とする悲壮なもの

悲壮美
 タイトル通りの曲。幼いシャアに始まり、時代は戦火を迎えます
 本作は、母国をのっとり“母を苦しめた”ザビ家に
 シャアが独り反乱を想う作品

 国力僅か1/30、ちっぽけなジオンが、連邦に挑む姿と重ねたのでしょうか

 勇壮ではなく「悲壮」なんですね
 映像は初代ガンダム時点で、既に過ぎ去った“一年戦争の緒戦”

 また、初代ガンダムで死にゆく人ばかりなのも、「悲壮」だと感じます

 最後にきて、“ガンダム”が出るのもイイわ!

“校長”『これがガルマの成績か…、学科はA』

00130
00132
00135
00136
しかし! このシャアという奴はすごいな!! 全教科A!?

士官学校
 当時は、士官学校校長も兼任していたドズル・ザビ
 よく、家族に甘いと言われがちな彼ですが
 厳しくするよう指示します
 で

惜しむらくは、眼底色素に異常アリ…、か(ドズル校長」

 ガルマを「将来の頭領だ」と考え
 いずれは、自分をも使いこなす将軍になると期待していたドズル

 また校長室にはシャアの父、ジオン・ダイクンの胸像も

 未だ、彼のカリスマは絶大なのでしょうね

リノ・フェルナンデス『シャア、その眼はどうしたんだ?』

00139
00146
00150
00164
「(あいつはシャアじゃない…! 間違いない!?)

青い眼のシャア
 シャアは“宇宙線にヤられて、眼の色が変わった”と周囲に説明
 バイザーも、失明対策として許可を貰っていますが
 立ち振る舞いが違い過ぎたのね
 何その動き!

 原作の作風から、カネを掴ませ、医者に偽診断書を書かせたのか

 何せシャア、義父テアボロ・マスがお金持ちですから…
 でも親しい人間は騙せなかった!

 ちなみに“宇宙線”とは、宇宙を飛びかう放射線。地球は大気でガード

 人の宇宙進出にあたり、障害の一つだとされます

ドズル『いきなりの視察かぁ?! クソッ! ……マズいなぁ……』

00167
00168
00172
00174
00177
結論が出たな? “MS計画”は…、中止だ(ギレン・ザビ」

2年目の浮気
 ドズルが怯えていたのは、“中止”となる自覚があったから!
 でもね! 見てよこのスマートな腕回り!
 イケてると思わない?
 でもね…
 
剥きだしのエンジンを背負った格好で、兵器が務まるかッ!

 ギレン兄貴、鶴の一声であったとさッ!
 これだ!

 これが逆境だ!

 そう最大の欠陥とは、“エンジン小型化”失敗ッ!

 核エンジンか? 核エンジン背負って戦いたいのか? …イヤしんぼめ!

『初めてお目にかかります。本計画の技術顧問T・Y・ミノフスキーです』

00187
00189
00192
 最新の融合炉の図面です! ご覧のように、従来型より画期的に小さくなって…

トレノフ・Y・ミノフスキー
 計画開始から“丸2年”、残念ながら当然の中止命令でしたが
 彼の提案により、技術周りは劇的に進化します
 核融合炉、小型化に成功!

 画期的に小さくなり、しかも出力は落ちない!

 技術論は省きますが
 これも、“ミノフスキー粒子”のちょっとした応用です

 また彼は、同技術の使い道として、“流体パルスシステム”を提案

 滑らかでコクのある可動を実現しました

ミノフスキー博士『これがミノフスキー粒子を用いた流体パルスシステムです』

00200
 核融合炉が発生させたエネルギーを、パルス状の圧力に変換
 関節を動かす、ロータリー・シリンダーへと伝達し
 MSを駆動させるのです

 ジオン系MSのパイプは、このエネルギー伝導パイプなワケね

 引きちぎると、ミノフスキー汁が出るから注意してね!

『駆動がスムーズになり、“能動的姿勢制御”が可能になります』

00202
 ミノフスキー粒子の応用は、MSの“動き”をスムーズに変えます
 すると、AMBAC=能動的姿勢制御が行えて
 推進剤が節約できます

 難しい話じゃなく、手足を振って、その反動で姿勢を変えるって事!

 可能としたのが、四肢が高速で動くシステムなのだと

博士『ご存知のように』

00206

)ミノフスキー博士
 ミノフスキー粒子は、電磁波の伝達を阻害し
 レーダーや電子回路をダウンさせ、“戦争を変える”と言われていますが…

 それだけではなく

 戦闘の主役を
 戦艦や精密誘導兵器から奪い取る

 新しい主役をも決定するモノです…


00208
00217
00228
 新技術の雛型、“ヴァッフ”のCGで威力を示すお禿様博士

ミノフスキーの世界
 博士が発見した粒子をバラまくと、電磁波の伝達が阻害されます
 すると、電磁波を用いた通信が出来なくなり
 レーダーも使えません

 位置が掴めず、ミサイルを誘導できない! 遠距離砲撃が困難へ

 戦いは「目に見える範囲」へ狭まり
 小回りが利く新兵器、“モビルスーツ”こそ主役となる

 彼が発見したミノフスキー粒子は、戦争の形態も主役も変える!

 トミノカントクがスキソーな粒子!

ギレン・ザビ『では聞こう、それはいつ完成する?』

00230
00236
00238
00241
 その新システムを搭載したモデルを“MS-03”と呼ぶ!

政治の手続き
 既に新型炉は図面まで完成、目処が立っていると示した博士は
 今年度中には、必ず完成させると約束
 ギレンも重い腰を上げました
 軽やかに!

たーだーし! 期限は厳守しろッ!!

 小型炉の図面は、実は博士もまだ起こしたばかりで
 土壇場での完成でした

 またギレンも、「このコロニーを民生活用しろ」と圧力が日に日に増加

 国は共和制なので、彼も舵取りに苦労していたようです

更に2年が経過、士官学校では“重装行軍訓練”が実施

00243
00247
00249
00258
00266
降雨タイムだ! 学生たちを現在地で休憩させろ! 雨量は30ミリ

U.C.0076
 30キロもの装備で、50キロを踏破。日暮れまでに帰営する訓練
 さすがに、士官学校も2年目ともなると
 厳しい訓練が課されます

 最中シャアは、“急ぎすぎ”と注意されるほどハイペースで踏破

 彼は、ご存知の通り超人だから良いとしても
 ムキになったガルマは…

 やがて雨が降りますが、“全て人工管理されている”のがコロニーらしい

 大戦期、地球に降りたジオン民はひどく苦労したそうな

シャア『…こっちへ来いよ。ここは濡れなくていいぞ?』

00271
00279
00280
 風邪をひいてヘバっちゃうぞ? 特にキミのようなヤワな坊やは…

意地っ張り
 早くも30キロを踏破。しかし大雨に、ガルマは意地を張ります
 陰に入るべきを、わざわざ地面に寝っころぶなんて
 意地っ張りとしか言えない!
 で

うるさい! 誰が坊やだ!! 僕に指図するなっ!!

 挑発に乗ってしまうガルマ
 シャアもまた、こういう反応を期待していたんでしょうか

 明らかに意地を張ってる人に、さらに意地を張らせるシャア!

 兄は鬼子です!

やがてシャアが寝静まったと見越し、ガルマは…

00292
00293
00296
00302
00318
00325
はは…、笑えよ…、おかしいだろう? 最低だ…

君を笑いにきた
 コロニーの気候は完全管理、生徒達も知らされてたのかもしれません
 少なくとも教官たちは、「降雨は休憩タイム」と位置づけ
 生徒に野営をと共有していました
 が
 
キミを出し抜こうとしてこうなった…、ザビ家の面汚しだ!

 休憩中に先に行こうとした
 結果、岩場で足を滑らせ“見下される”事に

 多くの生徒は、ちゃんと教官が付き添って“団体”で進んでいます

 突出したなら、後は自己責任ってコトなんでしょね

ガルマ『……触るなぁ! …触ったら殺すッ!!』

00328

)ガルマ・ザビ
 いや…、殺してくれ。いっそ…
 あんまりみじめだ…

 耐えられない…


00345
00354
00368
00373
00377
00380
どうだ? キミの…、宮殿だ

宮殿
 死んだ方がマシだ! 誰しも、惨めな時はそんな気持ちになるもの
 しかし、実際に“死”を意識させられたガルマ
 心底ブルッちまったようです
 怖いよね!

 でもシャアは木を削り、即席のテントを作って“宮殿だ”と

 大仰な物言いがオシャレ
 王子にあたる少年、ガルマへの皮肉ですよね

 でもガルマも、“惨めな自分にはピッタリだ”と思ったのでしょうか

 その辛辣な言い方こそ、むしろ心地よかったようです

 ドMへの目覚めだったのですね 

ドズル『ガルマが行方不明だとぅ!?

00383

)シャア
 添え木をして縛っておこう
 キミはここで待ってろ、人を呼んでくるから…

)ガルマ
 ! イヤだ、僕も行く!

)シャア
 ? この足で?



)ガルマ
 歩けるさ! …歩かないと、落伍した事になる
 落伍なんて…!
 ザビ家の男なのに…!

 キミには分からないだろう

 つまらない見栄だと、思うだろうけど…


00386
00400
00401
00403
00406
00411
 原作では「よく判るよ」と、シャアの心の声(?)が挿入されています

負けたくない
 今回の件で、シャアこそガルマを見直したように思えます
 坊やだ、と煽ったのも下心ない純粋な本音で
 気骨に驚かされたのだと

 またシャア自身、目立ってでも“負けたくない”のか

 打算でなく、シャアも誰にも負けなくない
 第1話のように誇り高いから

 自身も思うとおり、“つまらない見栄”を張るのもガルマらしい

 他がヘタばる中、ついてきた根性もたいしたものだ!
 
リノ『寮長が部屋を変われってさ? キミはガルマに気に入られたらしいぜ』

00412
00417
00424
00430
 僕の顔色窺いじゃ、刺激がなくて面白くないからね?(ガルマ)

爆笑のシャア
 後日、「良い友達でいてくれ」とガルマが転居し、シャアは大笑い!
 ぽかんとするガルマ、笑った意図は原作では明言されます
 だってガルマは、顔色を窺う子分は面白くない
 対等な友達が欲しいと言う

 でも“同居人を指名する”時点で、対等でもなんでもないんですから

 子分を従えたり、御曹子にしか出来ない事をやりながら
 対等な友達が欲しいと言う

 そういうところが、キミはお坊ちゃまなのさ?

 明言してない部分では、“シャアはザビ家を憎んでいるから”か

 ガルマは、“敵”と友達になりたがったのですから

地球連邦軍・軍監『…圧倒的だな』

00437
00438
00444
00446
00455
 更に約一年が過ぎ、シャア達は卒業直前。三回生へ

模擬戦
 授業の総決算! 連邦軍相手に、実戦形式での模擬戦が開幕!
 とはいえ、やはり生徒達の意識はあまり高くなく
 被弾しても「まだやれる」
 と

馬鹿! 模擬弾でなかったら、フッ飛んでるんだよっ!!(連邦」

 連邦軍の白いトーチカ
 コンクリート製の、堅固な陣地に挑むシャア達

 しかし学生側は装甲車輌に過ぎず、火力がいかにも足りません

 対し連邦は、新鋭の61式戦車!

リノ『シャア! 思い出すなぁっ!!』

00457
00469
00473
00476
は? ……アア、そうだった(シャア」

囮作戦
 シャア達は装甲車両を囮にし、彼以下、歩兵を展開して襲撃
 際し、リノが「ルナ・ボールの決勝大会」の話をし
 シャアは返事してしまいました

 おそらくウソ! “シャアは偽者だ!!”と改めて確信したと

 既に入学から三年が経過
 リノってば、意外に辛抱強くチャンスを待ってた!

 とまれ今回の模擬戦、シャア達は兵力も火力も劣っていました

 戦車が守るトーチカを、どうやって装甲車で破るか?

連邦軍『ポイント4、失陥』

00479
00486
00487
00492
00493
00500
砲撃用意! 効力射、撃ェい!!(ガルマ」

修正射と効力射
 正面から破る戦力がない生徒達は、次々撃破されてしまいましたが
 油断した連邦は、“04”拠点をシャア達に襲撃されて失陥
 シャア達は、拠点のコンピュータを参照し
 トーチカ配置を丸裸に

 学生は、唯一有効な“迫撃砲”を温存しており、ここで集中投入

 まず一射して着弾点を確かめ
 方位修正した後、各車両から一斉射撃して攻略!

 集中運用した分、戦車隊が一気に押しあがったら、危険だったでしょう

 しかし油断しきった連邦は、仰天してる間に終わったようです

連邦軍・軍監『おおむね、「可」であると認めるッ!

00502
00503
00512
00515
質問! …(略)ご高配に感謝します。では、2点伺います(シャア」

彼らの本分
 模擬戦後、ふてぶてしく、今のは“可”と評する軍監殿もたいしたタマ
 この後、諸君らは配置(軍務)に就くと前置きし
 生徒らに「自覚」を促します

 ところがシャアが「質問」し、話の腰をへし折られるのでした

 惑わされるなと言ったのですね
 連邦とコロニーが不仲ですが、君達の役割は戦争じゃない

 こうした時代だからこそ、扇動に乗らず、治安維持の本分に励め

 エデンのバーテン、クランプに言わせれば“連邦の下請け”

 治安維持こそが、君達の本分なのだ!と
 
シャア『本日の演習が、実際の任務を模したものであるなら』

00522
 一点目は、今の“演習”は、どういう実戦を想定したものですか?
 シャア達は、劣る戦力だけを与えられ戦わされましたが
 我々は、どんな「敵」と戦ってる想定で
 今の演習をしたんですか?
 と

 治安維持なら、シャア達こそ優勢な装備で、弱い敵を叩く格好でしょうし

シャア『もう一点!』

00523

)シャア
 軍監殿は先ほど、連邦とコロニーの離反は認めぬと言われましたが
 ならば

 圧倒的に劣勢であるしかない我々スペースノイドの自衛軍とは

 しょせん、コロニー側の弱さを自覚させる為の
 偽装軍隊でしかないのではありませんか?


00526
00527
00533
00537
 言っちゃったぁ!?(リノ・フェルナンデス)

偽装軍隊
 連邦は現在、各コロニーに、自衛軍を置くことを許しています
 その真意は、彼らが自衛する為に戦う軍ではなく
 国力の低さを自覚させる為の物

 しょせんスペースノイドでは、この程度しか保有できない

 現代でも、ミサイル一発で数千万~数億と言われ
 軍は莫大なコストがかかります

 実際に持たせ、国力を実感させ、今の演習のように“弱さ”を叩き込む

 軍ではなく、飼い慣らす為のシステムに過ぎないのでは?と

『認めたのは質問だ…、しかし! 今のは質問ではない…、反抗だ!』

00539
 当然、軍監は生意気さにキレて、シャアを殴ってしまいます
 際し、シャアのバイザーを「校規違反」
 チャラチャラすんなと激昂

 これがいけなかった! 特に元同室リノが、ぼそりと呟くのですが

リノ『校規違反じゃ…、ないぞっ

00548
00554
00561
00572
00574
00586
00590
00607
 リノの呟きを皮切りに、「校規違反じゃない」「拾え」と大合唱に

バイザー事件
 シャアの眼光もですが、ザビ家の御曹司がいるのも知らなかったのか
 ガルマ・ザビが、実家の威光を振りかざすように前に出ると
 途端に軍監殿は萎縮

 生徒達の前で小さくなり、みっともなくバイザーを拾うハメに

 周囲が騒ぐと、得たりと笑うシャアと対照的に
 ガルマは迷った風でした

 連邦の代行者に大恥かかせれば、国際問題になりかねない為か

 しかしガルマ、この件で「友情だ!」と生徒のカリスマに

ガルマ『こうきいはんでは…、ない』

00617
00620
00621
00627
 完全に“勘”で異変に気付いたらしいシャア、ニュータイプの片鱗

君は良い友人
 夜中の3時過ぎ、勉強しながらそのまま寝てしまったガルマと
 背後から、首でも絞めそうな表情のまま
 そっと毛布をかけるシャア

 冷たい表情は、果たして何を思っていたのでしょうか

 実際、この後シャアは扇動に利用しますが
 どんな想いだったのか

 まず間違いなく、「坊やだ」とは思っていたでしょうけれど

 まっすぐで努力家で、“人に好かれる”タイプだと、複雑な思いをしたのか

連邦巡洋艦が、“航路優先権”を無視して前進。その結果…

00640
00646
00652
00661
00665
連邦の存在とは今や、害毒以外の何者でもない!(政治家」

当時は貨客船
 ジオンの“アルカナ級・貨客船”出航時、連邦艦がルールを無視
 こっちは特命中だ、と強引に先に入ろうとした為
 接触しエンジンが破損

 連邦巡洋艦サラミスは、内側から火を吹いて爆発、コロニーに突っ込んだ!?

 暴走した艦は、不運にも“農業ブロック”一基を完全破壊
 国民の胃袋にクリーンヒット!

 完全に連邦の不手際で、ジオン独立運動に再び火をつける事に

 これには、ギレン・ザビもニッコリ…!

独立! 連邦からの完全なる独立でありまーーすっ!!』

00677
00681
00685
00689
 しかし連邦の鎮圧運動は、第1話より遥かに苛烈に!

再燃、独立運動
 シャアがガンタンクで逃げた頃は、まだ牧歌的な雰囲気でした
 確かに、タンクが暴徒を踏み潰すような演出もあるも
 基本的に「威圧」

 対し今回、早々にサブマシンガンで鎮圧にあたり殺傷力がダンチ!

 第1話0068年、今回は既に0077年となっており
 9年の月日が過激化を促したのか

 シャアも当時11でしたから、早いもので20歳になる様子

シャア『ガルマ…、あれはなんだ?』

00696
00703
00712
00713
00715
 シャア、これはトップシークレットだ。キミだけに言う…(ガルマ)。

モビル・スーツ
 既に士官学校を卒業。ガルマ共々、見習い士官となったシャアは
 人生初のモビルワーカーを見る事に
 また

MWは、軍事に転用が可能だ…(ガルマ」

 信頼の証というには、少々口が軽すぎるよう思えますが
 既に「落下事故」から一年経過

 事故から模擬戦時点で、もう一年経ってるので親しいのも当然なのね

 そして博士は、3年かけてYMS-03を最終段階へ…!

『外洋より、大型艦接近! …交信不能! 連邦コード以外受け付けません!!』

00718
00721
00727
00729
 ホワイトベースの原型となる、連邦の「強襲揚陸艦」を目撃するガルマ

コロニー軍の現実
 ガルマ達は、連邦の不始末が招いたデブリ、宇宙ゴミを掃除中
 たとえば、破片が太陽発電ミラーにでも当たれば
 生活に直結する大問題!

 なのに手伝いもせず、“連邦以外では通信不能”にして進む巨大艦

 原作は「威嚇行為だ」と明言
 わざわざ巨大艦を使い、逆らうだけ無駄と見せ付ける為だと

 暇があるなら、デブリの一つでも拾えって時に!

デギン『静めろギレン! …戦争になるぞ!!

00730
00735
00736
00740
00741
解っておらんようだな…、ギレン!(デギン」

ザビ家対立
 デギンは“連邦との戦争など勝てない”と、民衆制止を要請
 今まさに、YMS-03が最終段階であるギレンは
 父の忠告を半ば無視します

 第1話では父デギンが迫力で押すも、9年を経たギレンは涼しいデコ…!

 原作によれば、今回はジオン側の暴動も激化しており
 第1話の比ではありません

 ギレンが9年、プロパガンダしてきた成果だと

 また原作での父デギンは、「勝てても戦争はいかん」と明言しますが…

デギン『そして忘れるな! …あそこにはガルマが居るのだぞッ!!

00758
00760
00761
 いいかギレン! ガルマにもしものことがあったら…!!

デギン立つ
 思わずギレンも息を飲む激怒は、“ガルマに危機が迫っている”
 連邦軍は、ガーディアン・バンチに駐屯しています
 ガルマはそこにいるのですから
 と

その時は、許さんぞ!

 原作では、たとえ勝てたとしてもダメだと
 戦争に強く反対したデギン公

 彼はオリジンでは元大学学長ですから、知識から来る反対なのかも

 対しアニメでは、“子を思う親”が強調されているのね

『ガルマさん!』『ガルマさんっ!!』

00763
00765
00768
00779
00781
 シャアとガルマは、学校に籍を置いたまま卒業

士官学校
 彼らがいるガーディアン・バンチは、軍事機能が集中したコロニー
 そこで、見習士官として軍の仕事を行いつつ
 学校で後輩も指導する立場

 家柄のみならず、バイザー事件で人柄をも尊敬されたガルマ達

 生徒達は、市民に戦車砲をブッ放つ連邦に憤り
 めちゃくちゃ興奮しておられる!

 アツクナラナイデマケルワ! 危ない兆候よ!

 ここまでは兄ギレンも想定内でしょうが、ほんのちょっぴり想定外の事件が!!

ガルマ『連邦軍兵営を…、攻撃ィ?!

00784
00806
00807
00811
 怖いのかガルマ? …(略)キミなら指揮できる!!

輝ける星として
 父デギン公が、グレート・出来ん!と言う頃。まさかの大逆襲が計画
 連邦本隊を奇襲し、武装解除しようというのだ
 曰く

ザビ家の男だというなら、黙って見過ごす事など出来ないはずだ!

 さっきの艦は、大量の連邦兵を送り込んでいた
 首都で民を大弾圧する気だと

 キミがスペースノイドの守護者なら、看過できないと煽るシャア!

 学生に毛が生えた程度に、なんて話を持ち込みおる!

ガルマ『わ、解った…、でも…、勝てるだろうか?』

00817
00825
00833
 感心なんかするなヨ! 大事な事はまだある、ひとつはドッキング・ベイ

勝てるサ!
 常識的には不可能な“戦い”、だからこそ不意をつけるというもの
 連邦は、「戦争になったら絶対に勝つ」と思ってる
 歯向かう筈がないと思ってる
 で

後ひとつは、ドズル校長!

 駐屯基地は一個大隊3000人
 しかし今は出動していて、2連隊2000人ぽっちしかない

 兵器・重機格納庫と、管理棟=指揮系統を抑えて、戦闘力を封じれば良い

 敵は、生徒の10倍ぽっちしかいない!

ガルマ『いっそ、兄と一緒にやろう! なんなら僕から…』

00839
00841
00843
00844
00847
 ガルマ! 君は自分の手で、歴史の歯車を回してみたくないのか?

歴史のディキトゥス
 ガルマは日和った、というか“常識的な判断”を持ち掛けます
 ドズル校長ら、大人に協力を仰ごうと言いますが
 シャアは即座に否定

 歴史の歯車を己の手で回す。シャアは“チャンス”だと捉えてるのね

 あくまで、言葉通りに思っているならですが
 またとないチャンスだと

 ジオンと連邦を、戦争に追いやる“歯車”

 同胞を救うのは、いわば手始めにすぎないのかもしれません

もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと

00849

■水の星へ愛をこめて

 蒼く眠る水の星にそっと
 口づけして生命(いのち)の火を灯すひとよ
 時間(とき)という金色のさざ波は
 宇宙(おおぞら)の唇に生まれた吐息ね

 心にうずもれた優しさの星たちが
 炎あげ呼び合う…
 波間さすらう難波船のように

 もう泣かないで
 いまあなたを探してる人がいるから
 お前に逢いたいよと


00853
00857
00858
00860
00865
 初代ガンダム関連曲ではなく、Zガンダム主題歌より!?

水の星へ愛をこめて
 ただでさえ初代関連曲は多いので、てっきりそこに縛っていくのかと
 ガンダム全体を通しても、この曲が一番好き
 なーんて人も多数いるだろう曲

 地上波主題歌としてカバーするのは、勇気あるなぁと思います

 ガルマ様並みに勇気がある!
 またこの原曲、ZでのOP映像がスゴく合ってるんですよね

 対し今回、ララアで童話的に仕上げたのは面白い

ラル大尉が参加した“実験”開始から丸2年かけ…、MS開発は停滞していた

00001
 第11巻より。ロボットバトルでも工事屋でもない!

第5話中に3年経過
 U.C.0065年…、連邦軍がガンタンクを採用
 U.C.0068年…、ジオン・ダイクン死去、シャアのタンク無双事件
 U.C.0071年…、セイラ10歳、地球での暗殺未遂
 U.C.0072年…、モビルワーカー誕生

 U.C.0074年…、シャア、士官学校へ
 U.C.0074年…、ミノフスキー博士提言、開発中止命令の撤回
 U.C.0076年…、ガルマの宮殿事件、同室へ
 U.C.0077年…、模擬戦、卒業

 U.C.0077年…、YMS-03 開発、最終段階へ

※第11巻の台詞では、0074の中止命令時点で、開発2年目とのこと

公式ツイッターより






















2019年5月27日 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第5話「シャアとガルマ」

00005
 原作でガルマが周囲にバカにされたり、シャアにつっかかる場面はカット

スタッフ
 脚本:隅沢克之
 絵コンテ:安彦良和、今西隆志
 演出:江上潔
 作画監督:伊藤裕次、ことぶきつかさ
 アニメ制作:サンライズ
 原作:安彦良和/漫画 2001年6月 - 2011年6月 連載
 再編集放送:イベント上映 OVA 2015年4月24日 - 2018年5月5日
 制作協力:-

あらすじ
 ドズルの人型機動兵器開発が滞り、計画中止を言い渡すギレンだったが、解決策を技術顧問のミノフスキー博士が進言。ギレンは開発続行を決定する。士官学校にシャアとして入学したキャスバルはザビ家御曹司のガルマと交友、卒業間近の頃には深い信頼を得るようになる。一方、サイド3では駐屯する連邦軍への反感から市民に独立の機運が高まっていく。シャアは駐屯する連邦軍兵営を奇襲して武装解除させようとガルマに持ちかける。

次回、ガルマ立つ! あくまで「ガルマが立つ」のだ…!!

00114
00118
 OP映像ではガンダムも描かれ、「あそこまで行くんだなー」

MS時代の前夜
 ミノフスキー粒子の発見こそ、宇宙世紀の全てを変えてしまいます
 が、今のガルマ達は「変わる前の戦争」の身を投じて
 MS全盛となる戦争を起こす
 時代を動かす

 シャアはガルマを焚き付けましたが、アレも彼の本心な気がします

 放っておいても戦争になる時代
 なら最後の一押しは、自分の手でやってみたいと思ってしまうタイプ

 民の為だとか、ザビ家云々もひっくるめて、最後の決め手は私心だった

 最後の決めては個人的な欲望、そういう人だと私は思います

 次回、機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第6話

トップに戻る


 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島 1巻“黒いガンダム/海のガンダム”
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島 2巻“売国奴”
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島 3巻“開戦”嵐の中で輝いて
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島 4巻“ジャブロー攻略作戦”

原作漫画 ジ・オリジン 感想

 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 24巻“あの人は今”本編の前後を描く番外編


 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第1話「ジオンの子」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第2話「母との約束」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第3話「エドワウとセイラ」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第4話「さよならアルテイシア」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第5話「シャアとガルマ」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第6話

トップに戻る