公式サイト 機動戦士ガンダム ジ・オリジン THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第4話 感想 さよならアルテイシア レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読 OVA未見 20時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
モビルワーカー、開発順調? シャア・アズナブル誕生の瞬間

00076
00198
00458
不憫にも身代わりで暗殺された“シャア”! キャスバルは公的には死亡
 あんな風に、たくさんの若者が心を躍らせたんでしょうか
 1/30の国力で、“戦争を仕掛けよう”としたなら
 熱力は高かったでしょうから

 しかし母の死で荒んだキャスバルに、熱っぽい言葉は危険だった!

王子と乞食
 立場を捨てるには、“顔がそっくりなシャア”を利用するのが最短とはいえ…
 士官学校、ジオン内でのエリート直通路をゲットした彼
 敵を倒すには“力(立場)”だ!

 新たな戸籍で、暗殺危機を逃れたシャア。生まれの不幸だったか…

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 4話 感想

 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第4話「さよならアルテイシア」
 冒頭「母、アストライアの現在」    
 Aパート「モビルワーカー」
 ルウム入国
 ぼくは シャア・アズナブル
 百回目の満月を前に  
 Bパート「U.C.0074」
 危険児エドワウ・マス
 士官学校合格、さようならアルテイシア
 シャア・アズナブル“誕生”      
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 模型企画外伝「MSD ククルスドアンの島」感想
 これまでの感想

ジオン入国は、“ザビ家への反逆の意思”そのもの

00678
 原作10巻より。本物は死亡し、漂流する姿

cv関俊彦のシャア
 ジオン・ダイクンの息子、キャスバル・レム・ダイクンとして生まれ
 安全の為、マス家の養子エドワウ・マスとなった彼は
 今、シャア・アズナブルへ!

 本物のシャアは死亡、シャアには一石二鳥という酷い策!

 しかし、本物を知る少年が傍に居て…ってね!
 青年はアニメオリジナル

 原作では、同室だったのはモブに近い少年でしたが…?

声と瞳の色が違うシャア! 当時「ビルドファイターズ」でもネタに

00653
 ネット配信「バトローグ」第1話、成長したifとも思わせるキャラが登場

あらすじ
 モビルワーカー開発が進む中、マス一家はサイド5テキサスへ移住
 しかし間もなく母が死去、それから3年が過ぎ
 宇宙世紀0074年へ時は移る

 エドワウが飛び級進学を勧められた折、“シャア”がジオン士官学校に合格

 エドワウは、彼と一計を案じて入れ替わって暗殺を逃れ
 公的に「死んだ」事にする

 第3の名シャアを名乗り、キャスバルはジオン士官学校に入学する

 次回、機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第5話「シャアとガルマ」

アストライア様『そうですか…、ローゼルシア様は亡くなられていたのですね…』

00000
 前回、U.C.0071に移り、キャスバルは“エドワウ・マス(14歳)”
 アルテイシアは、セイラ・マス(10歳)となり
 地球はスペインへ移住する

 だがマス一家はキシリア配下に襲われ、ジンバ・ラルが殺害

 テアボロ・マス氏は、サイド5(ルウム)のテキサスコロニーへ移住する

ハモン『知らなかったのですか?!

00007
00009
00010
00011
00015
いいのよ、クラウレ(ハモン)…。今のお話で十分…

アストライア・トア・ダイクン
 第2話から3年、キャスバル達の実母は隔離されていました
 彼女は、外と完全に切り離され
 幽閉されていたのです

 命じた“ジオン・ダイクンの正妻”、ローゼルシアは既に死亡

 幽閉から間もなく亡くなったそうですが
 おそらくザビ家によって隔離され、そうした情報さえ手に入らなかった

 いわんや前回、セイラが書いていた手紙なんて…

 政治的影響力が、あまりにも強すぎたから…

アストライア『ねえ…、“お店”は? エデンは、どう…?』

00017
00022
00025
 そう…、懐かしい。もう何十年も前の事みたい…(アストライア)

時には昔の話をしようか
 実はアストライアは、ちょうど今のハモンと同じ仕事でした
 バー・エデンで、お店の看板歌手を演じて
 明日なんて考えてなかった

まだ皆若くて 明日がどうなるかなんて 考えもせず生きてた…

 政治なんて無縁の人
 だからこそ、第2話で正妻妖怪・ローゼルシア様は冷遇してたと

 何も知らない「商売女」が、ダイクンの子を産んだだけで国母気取りかと

 タバコで噴出してたのは、18歳と年齢詐称してたハモンさん!

アストライア『そこに…、あの人がきた。…ただ、優しくしてあげたかっただけ…』

00030
00034
00035
00039
00040
…でも、後悔はしていないわ…

もしも願いが叶うなら
 彼女は何も望まなかった。ただ、傷付いた男と出会っただけ
 ただ、一人の男と出会って優しくしたいと感じただけ
 後悔なんてないのだと
 でも

叶えられるのだったら…、一晩だけでいいから…、あの子達と…

 息子、キャスバルと似た風貌の母でしたが
 心は娘と似ていたのか

 或いはキャスバル、後のシャアが、人類に尽くしたのは同じ優しさか

 シャアは父母、両方に似たのだと私は思います。

他方。ランバ・ラル大尉は、モビル・ワーカーのテストに従事していた

00045
00046
00050
00052
00054
00064
 ここ! もし左手で受け止めなければ、ラルは死んでいた!!

モビル・ワーカー
 青いのがラル機で、オレンジは「マッシュ」。後の黒い三連星。
 ラル機が、ゆっくり前進するのに対し
 マッシュは若い!

 逸るマッシュ機の左腕を損傷させ、まず優位を奪ったラル機!

 戦いとは、威勢が良ければいいものではない!
 さすがラル大尉!

 本作でのラル大尉は、名家ながら、“実力”で尊敬を集めるいぶし銀!

 階級なんて、屁とも思ってない男共にも尊敬されてるのね

ラル『貴様ァ!

00066
00067
00068
00073
00076
 マッシュ機の頭部をフッ飛ばし、模擬戦はラル勝利に

臨死対戦
 あくまで模擬戦ですが、何気に殺される寸前だったラル大尉
 こういう場だから、並み大抵では参加させられず
 わざわざラルを招いたらしい

 ドズルは第1話、兄・サスロ暗殺以前から、実力を高く買っていました

 続けられる度胸がある男!
 操縦テク以前に、まずは度胸が必要だったからに思えます

 また現トップであるデギンも、ラルが軍内で人望があると認めています

 その為、厳しい罰は下されなかったようです

 何せ国力は連邦の1/30、有益な人材は出来れば残したい

ガイア『大尉の勝ちだ! さすがだなぁ♪』

00077
00078
00080
00083
00084
 大佐! この軍はどうかしてるぞ!! マッシュは俺を殺そうとした!

テスト終了
 死と隣り合わせの模擬戦をしながら、まるでビビった様子がない!
 こんなキチガイだからこそ実験できるのだ!
 と

ともかく! こんなコクピットじゃ、命が幾つあっても足りんぞ!

 コクピットや、マニュピュレータ(手)の改修要請
 実際に戦っての意見収集!

 またカットされてますが、“コクピットは当分改修できない”との事

 あくまで作業用重機、という名目で開発してる為だそうな

タチ少尉『…? うひゃあ! 大尉殿!?』

00088
00091
00100
00102
00105
軽蔑しろ…、俺はザビ家の雇われ犬になった(ラル」

不憫なアストライア
 仇敵と呼ぶべきザビ家、政敵に屈した事はラルには屈辱でした
 しかし、ドズル・ザビは兄や姉と違い
 優しい男だと
 が

不憫すぎます、あの人…! 死んでしまいます…!!(ハモン」

 冒頭、アストライアと会えたのはドズルの計らい
 監禁してるのはザビ家だと

 自嘲する傷付いた男と優しい女、まんまアストライア達と同じか

 ただハモンは、尊敬する人の苦しみが不憫で不憫で… 

ラル『キャスバルとアルテイシアは、ルウムに来るのだったな?』

00110
00112
00114
00115
00116
00117
 噂をしていた頃、キャスバル達は「ルウム」に入国

後の一週間戦争である
 5つ目に作られたコロニー集合体であり、集団名が“ルウム”
 ラル達の国が、ジオン(旧ムンゾ)と呼ばれるように
 国名的なモノを持ちます

 各サイドは議会制民主主義で運営され、連邦の自治区として機能

 U.C.0071、サイド6まで存在
 中でもルウムは、ジオンに最も近いサイドでした

 前回テアボロ氏は、“だからこそ”ルウム移住を勧められました

 連邦との関係を断ち、監視が容易な場所に住む事

 反乱しない、と態度で示そうと

『チーフマネージャーの、ロジェ・アズナブルですっ』

00120
00122
00123
00130
 見事なログ・ハウス、この時代、貴重な自然素材に感動する一同

テキサス・コロニー
 元々観光用を想定し、バブル期に建造されただけに贅沢な作り!
 といっても、不況で建築中断されていたのですが
 ヤシマ氏が私財で完成
 
 地球育ちのテアボロ氏は、正直不安もあったらしい

 しかし、これならスペインからアメリカに引っ越しただけのようだ
 と、安堵されたようです

 支配人“ロジェ・アズナブル”氏の手配で、さっそく馬にも乗る二人

 愛猫ルシファも、降り立つなりクシャミしますが…

セイラ『さあルシファ、新しいおうちよっ』

00132
 自宅、ラル家、塔に宇宙にテアボロ城、転居尽くしのルシファ
 前回の剣に続き、旧世紀の銃が飾られています
 観光用だからでしょうか

 ちなみにこれも、旧世紀の“本物”であったらしい

 ヤシマさんってば、お金持ちね!

セイラ『おにーさーんっ! 待ってよ~!!!』

00136
00139
00140
00143
00147
 わぁ~、お家があんなにちっちゃーいっ!!

ハロゥ! テキサスの荒野を自由に駆け回るテリーマンだ!!
 馬がいるのも、元観光用コロニーならでは
 これまでの“宇宙世紀”な風景とは
 そう、一味…、違うのね
 と

すごい…! お兄さん、もうあんなに!! ……違う?

 余談ですが、コロニーではせいぜい犬や猫程度しかいない
 と、富野監督原作「クロスボーン」にあります

 水や空気さえ! 全てを人工的に作り出して“生きてる”為でしょうか

 なんたって、空気にさえ税金かかるって言いますし
 
セイラ・マス『違う…? 兄さんじゃ……、ない?』

00149
 さっそく馬を乗りこなしている兄、さすが何でも出来る男!
 キャスバルこと、エドワウ・マスはすぐ馬を乗りこなします
 ガンタンクや刀剣のように!

 あの男ってば、本当チートですわ!

 ただ「この男」は違います。長年、馬に乗ってる方のシャア!

cv関 俊彦『ボクは、シャア・アズナブル! 父に会ったろう?』

00154
00157
00159
00163
00167
00169
「(エドワウ兄さんにそっくり…! 違うのは、瞳の色くらい…)」

とび色の瞳のシャア
 支配人ロジェ・アズナブルさんの息子で、来る事を聞いてました
 曰く、「エドワウ・マスと同じ歳」の青年ですが
 これがまたそっくり!

 しかし彼は違う。もっと…、優しい

 初めて会うセイラに、快活に乗り方をレクチャーしてくれ
 すぐ乗れるようになりました

 そう、セイラはもう一人で自在に走れるのだ…

 兄ほどではないにせよ、やはりスジが良い人なのね

セイラ『兄さんよっ!』

00184
00187
00188
00198
00200
 エドワウ・マス!/シャア、アズナブルだっ!!

ビルドするファイターズ
 兄と“シャアさん”の邂逅! ヒヤヒヤドキドキしたセイラ
 実際、二人とも睨み合うように近づきましたが
 にっこり笑って意気投合

 後にガンダムZZで、“同じ顔”ゆえに嫌悪するクローン達という話が

 もしかしたら、そこも踏まえていたのかもしれません
 めっちゃハラハラしてた!

 しかし杞憂、いえキャスバルの肚の内は永遠に不明ですが

 何せキャスバル、とかく人を欺くのが上手いから…

セイラ『お母さんっ! 今日はたくさん書く事がありますっ』

00206
00204
00208
00215
 ムンゾと違って、夜でも月や星の光が差し込んで明るいんです…

解放型コロニー
 シャア達が生まれ育ったムンゾ、“宇宙が見えない”方が特殊ですが
 彼らには、初めて体験する「普通のコロニー」が珍しく
 嬉しそうに手紙を書きます

 またカットされてますが、本来「夜は暗くなる」のは解放型も一緒

 ここ、テキサスは夜も明るい“変な”コロニー
 採光用ミラーの不具合です

 何せ元々、建築中断される予定だったのですからしゃーない!

 とまれ、星が見えるコロニーだと嬉しげに書くセイラですが…

『どうしたの!? 兄さん!』

00224
00234
00238
00241
00242
 アルテイシア…、母さんが…、死んだ(キャスバル)

エピタフ
 墓碑は、“エドワウとセイラを愛せし母”としか書けませんでした
 彼らがキャスバル、アルテイシアである事は
 誰にも知らせていません

 知ってるのはアズナブル夫妻だけ、“シャア”も知りません

 サイド3の国父、ダイクンの遺児と知られないように。
 緘口令を…、強いられているんだ!

 地球では連邦がバックについてたので、周りに話してたようです

 でもここは宇宙、連邦との縁を敢えて切り、“恭順”しましたから…

キャスバル・レム・ダイクン”の人生に、宇宙世紀に深い影を落とした事件

00245
 第18巻で語ったところによれば、彼は大人達を信じていませんでした
 ジンバだけじゃありません、偉大な父ジオン・ダイクンさえ
 彼は身近で見てきましたから

 父の思想は、不遇な大人達の負け惜しみに過ぎないと思っていた

 母は、そんな父の空想と政治に犠牲になったのです。
 恨まないわけもない!

 父の暗殺なんて信じていない、母の死こそが、“ザビ家殺すべし”を確定させたと  

それから3年が過ぎ、セイラは立派な馬に乗れるようになっていた

00247
00251
00254
00263
00275
 ただ…、怖いのです。恐ろしいのです……、彼が!(校長)

校長
 町外れに住むテアボロ氏は、ある時、学校の校長に招かれます
 さすが! 元々は経営者一徹に生きてきただけあり
 迫力が違います!

 しかし問い詰められた校長は、彼自身、言葉にしにくいよう語ります

 兄妹、特に兄のエドワウは優秀です
 不良も黙らせ「良い子」にした、とても優秀な子供でした

 でも優秀過ぎて、私どもには手に負えない!

 飛び級させてはどうでしょうかと

校長『類稀な素質を持った子です! しかし…、冷たいのです』

00281
00282
00289
00293
00295
 大いなる災厄をもたらす事がなければ良いのですが…(校長)

怒りと怯え
 またもキレたテアボロ氏! 前回に続き通算2度目の激昂
 普段、ニコニコした大兵のおじさんですが
 さすが元一流経営者!
 怖い!

あの校長はクビだ! …ああまで言われる筋合いはない(マス」

 怒るは当然、でも校長は何も知らないのです
 つまり見る目がある優秀な人!

 異常に優秀で、もし“何か”すれば校長達では止められない

 衝撃を受けるのは当然だ! 俺だってヤバイと思う!

“男”『ン…? なんだい、坊や……』

00316
00320
00324
00327
00332
00352
00355
 いつまで、つきまとうつもりだ…?(エドワウ・マス)

挑発するエドワウ
 マス氏自身、見る目があるから、“末恐ろしい子だ”と解っていたのか
 まさに、それが現実化するような乱闘事件が勃発
 いきなり男を蹴り飛ばした!
 と

こいつはひでえ…、とんだ悪ガキだぁ!(男」

 付きまとう男が、“ザビ家のスパイだ”と看破したシャアは
 後先考えない乱闘事件に!

 男は反撃できない、迂闊にそうすれば男こそザビ家に殺される!

 だから、キャスバルは余計にキレちまったんでしょうか

 ザビ家の権力、そのものを感じるのですから

男『こっちが手を出さないと思って…、いい気になるな! 貴様ァ!!

00366
00372
00373
00380
00385
 挑発! 男も完全にトサカにきて、殺すつもりで襲い掛かった!

底知れぬ
 が、キャスバルは大の、特殊な訓練を受けてたであろう男を一蹴
 底知れないスペックを持った少年だと見せ付けます
 どんだけ怪物か!

 前回、幼い日、ほぼ偶然と度胸で“白兵戦”に勝った時と違う

 もはや、実力で大人をねじ伏せられる男になってしまい
 完全に手がつけられない!

 子供の成長は早い! 末恐ろしい!

 それでいて、普段はルールを逸脱しない、“良い子”なんだから怖いさ!

やめてェ!?

00387
00392
00398
00406
00409
 そんな事して何になるの! お母さんが喜ぶとでも思うの!?

若さゆえの
 第2話のガンタンク事件同様、“敵”に容赦しないキャスバル
 同様に、アルテイシアが止めてくれました
 妹は理性のストッパー
 優しい…!

ごめんよ…、アルテイシア。もう…、しないよ

 母の理不尽な死以来、鬱々としていたところに“敵”を見つけた
 敵を前に、キレる青臭さもまだ持っていた

 むしろ人間、キレなくなった時の方が怖いのかもしれませんね

 それこそ、“何しでかすか解らなくなる”のですから

“シャア”『合格だよ! 士官学校に合格したんだ!! スゴいでしょ♪』

00412
00413
00426
00436
00441
やっぱり、今アツいのはジオンですよっ!(“シャア”」

ジオン・ダイクンの理想
 最悪のタイミング! 彼は、ジオン士官学校に合格したのです!!
 実は、この調子で色んなコロニーの若者が心酔し
 サイド3へ集まっている最中

 当時士官学校の倍率も数倍で、合格が信じられなかったらしい

 曰く、ギレン・ザビ語る「ダイクンの理想」をぶつシャア
 ハラハラする!

 彼だけは事情を知らないので、無邪気に喜んでいます

 この調子だからこそ、ジオン国は戦争が出来たのね!

セイラ『はぁ…、ヤな話ばっかり! シャアさんって、あんな人だったかしら?』

00444
00448
00450
00452
 ルシファ…、お前、母さんが独りじゃ寂しいから行ってあげたのよね…

一人ぼっちは寂しいもんな…
 満月100回の約束、母との再会は叶わぬままに終わり
 愛猫、ルシファも息を引き取りました
 が

お母さんを、元気づけてあげて…?

 それすら、“愛猫の好意だろう”と
 優しく捉えるセイラ

 セイラは優しい、それがキャスバルが知る妹像だったのも当然か

 しかし“シャア”の印象のように、人は変わっていくものだから… 

アルテイシア!

00457
00458
00476
00477
00498
00503
00509
 さようなら、アルテイシア!(キャスバル・レム・ダイクン)

嵐の中へ
 母をルシファを失いながらも、気丈で居られたセイラでしたが
 しかし、兄までも居なくなっては…
 と

まって! 行かないで! にいさん!!

 兄にすれば千載一遇の好機 
 飛び級を勧められて、“シャアが通ってた学校へ行く”と

 このコロニー集団サイド5、ルウムの首都・同名コロニーへ

 それならば、とアズナブルさんが手配してくれたそうな 

シャア『何のツテもなく、ジオンに行ってもねェ~~~』

00510
 シャアは、育ちがいい、ぶっちゃけガルマ・ザビと良く似た性格で
 エドワウ・マスが、義父達に黙っていた真意を聞き
 ちょっぴり困った口調でした

 エドワウは、ルウムに行くと嘘をつき、“ジオン”を目指していた

 シャアは多分、自分と同じ夢なのかと思ったんでしょうが…

エドワウ『いいさそれで! 自分の生きる道は、自分で見つけるよ…♪』

00516
00524
00531
00532
00537
 乗船できない!? 入学式に間に合わなくなる~!?(シャア)

自作自演
 冒頭で飾られてた年代モノの拳銃! エドワウが勝手に荷物に忍ばせ
 彼の狙い通り、シャアさんは検査に引っかかります
 だって拳銃だもの!
 で

いい考えがある! 僕に任せろ! …失礼! 長引きそうですのでトイレに

 入学できないワケじゃありません
 でも、大人気のエリート校でいきなり“失点”だなんてマズい!

 そりゃ慌てる! 私もきっと慌てるさ!!

 シャアさんは、スゴく“普通の若者”なんだろうなって思う!

『キャスバルは、ツレとトイレに入りました』

00544
 キャスバルが、さっき殴り飛ばした男と同様
 実は、周囲はスパイだらけでしたし
 またも気付いてました

 予想できる事です、だから“小細工”をしたんでしょうか

 彼にすれば、最短路なのですから

シャア『いれかわる!? 僕と君が!?』

00547
00558
00565
00568
00582
 ありがとう! この事は忘れないよっ!!(シャア・アズナブル)

王子と乞食
 こうして、“検査に引っかかった”シャア・アズナブルは残り
 エドワウを名乗り、本物のシャアは乗船します
 入学式へと急ぐ為に
 と

運の良いヤツだな、そのツレというのは…(電話の主」

 こうして二人は入れ替わったと
 徹頭徹尾、キャスバルの狙いに乗せられてしまったシャアが…

 当初セイラに乗馬を教えてくれたり、優しい若者だと思います

 しかし、普通に“ジオン”に感化されたのが不幸だったのかしら

 いやそもそも、同じ顔してたのが不幸だったか

『ない…? ないない?! 入学許可証がなぁい!?

00585
00592
00599
00601
00607
 大事な書類がないんだよぉ~~!?(シャア・アズナブル)

キシリアの命令
 これを末期の言葉に、哀れ“本物のシャアは”殺されてしまいました
 公的には、エドワウ・マスとして事故死し
 家族もそう知らされます

 国父の遺児キャスバル・レム・ダイクンは死亡、暗殺された事に

 まさに、生まれの不幸を呪うがいいとしか…
 命じたのはキシリア

 彼女は国民に悟らせるなと厳命、暗殺させました

 ザビ家で唯一、彼は只者じゃない、と1話で思い知りましたから

ギレン・ザビ『時代は今、新たな局面に向かいつつある…!』

00612
00620
00632
00640
00653
00663
00669
00677
 キミとは同室になるらしい。とんだ腐れ縁だな?(リノ・フェルナンデス)

士官学校入学
 265名が入学! “不幸にも”、生徒達は所属サイドごとにまとめられ
 本物のシャアの友達だった青年リノと同室で
 新しい人生の門出へ
 と

フン…、ザビ家の御曹司が代表か(リノ」

 生徒代表は第1話・葬儀中、前髪をくるくるしてたガルマ
 ザビ家末弟で、緊張が可愛らしい

 また“ムーア(サイド4)”出身の少女、ゼナ・ミアがクローズアップッ!

 学生を新人類のリーダーと謳うギレンに、連邦軍がイライラする場面も

 ヒゲの偉そうな人は、ルウム(サイド5)の連邦軍レビル将軍

感想追記

 第1話から6年が経過。キシリア(30)
 暗殺を命じたのは
 前回より ちょっぴり改良された「後期型MW」
 余談、ガンタンク0079        
 トップに戻る

第1話から6年が経過、17歳の若者“シャア・アズナブル”誕生へ

00000
 第11巻より。同室は、原作では「ムラタ」という冴えない若者

シャア・アズナブル(17)
 UC.0068年、11歳で、24歳のキシリアを驚嘆させたキャスバル
 UC.0071年、暗殺者に襲われサイド5・ルウムへ
 UC.0074年、士官学校へ

 大戦は0079年なので、いよいよ後5年に迫りました

 シャア(17)!
 なんてパワーワードでしょうか!!

 本物も、当時で士官学校に入れたんですからエリートだったのでしょう

 日頃は離れて暮らしてた為、「顔が同じ」とは知られてなかったのか

物語を盛り上げるべく、“本物”の知り合いがアニメオリジナルで参加へ

00669
 明るい「本物」なら、そりゃこういう知り合いがいるよね的な?
 シャアは、目に異常という触れ込みでグラサンをかけ
 申し訳程度に変装

 後の面白仮面へ繋がる過渡期へ

 グラサンだと、完全にクワトロ大尉(Zガンダム時代)ですね!

暗殺を命じた「電話の声」は、もちろんキシリア・ザビ

00002
 第10巻より。ルウムを出ると聞いた時、即座に命令した

キャスバル暗殺命令
 彼が凡庸な子ではない、とザビ家中で最も知っているから!
 ルウムで、そのまま朽ちていけば良かったものを
 と暗殺を命じます

 その死は民には伏せられ、キシリアの独断で遂行

 結果的に、入れ替わりに気付くのが遅れ
 結果論でいえば「失敗」

 とかくキシリア、本作では貧乏くじを引きがちなのかも

モビル・ワーカーは前回より改良。コクピットや腕周りが変化

00076
00001
 前回からちょっぴり経過しただけなので、多少改良された程度

モビルワーカー MW-01 01式 後期型
 最大の変化は“腕”で、アタッチメント化・換装が容易となりました
 右腕は作業用クロー、左腕はマニピュレータですが
 用途により自在に変えられます

 また模擬戦で不要な、タンクの砲撃を防いだ“大盾”を持ってません

 装備変更が容易なのが長所で
 取捨選択の末に、「MS-06 ザク」へと進化していきます

 前腕の換装機構はしばらく残され、大戦期のグフ試作機にも継承

 その点では、腕に固定武装を持つグフの前身と言えます

 ある大きな問題点は、この頃もそのまま。

もっとも、第2話でのガンタンクは「本編11年前」の仕様

00287
 対戦車用兵器、それも無防備な上から叩けるのが長所で
 当時は、大戦期より遥かに能力が低かったというか
 そこまで求められてなかったと思われます
 走破性、対戦車と暴徒鎮圧
 威圧が重要

 大戦期では、大幅改良された機体が量産されたようです

 0079年最新型は「24発/min」! 1分に24発も主砲を叩き込めるとのコト(18巻)

公式ツイッターより




















2019年5月20日 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第4話「さよならアルテイシア」

00064
 作画監督でことぶきつかさ氏(いけ!いけ!ぼくらのVガンダム!!)他が参加

スタッフ
 脚本:隅沢克之
 絵コンテ:安彦良和、今西隆志
 演出:原田奈奈、江上潔
 作画監督:伊藤裕次、ことぶきつかさ
 アニメ制作:サンライズ
 原作:安彦良和/漫画 2001年6月 - 2011年6月 連載
 再編集放送:イベント上映 OVA 2015年4月24日 - 2018年5月5日
 制作協力:-

あらすじ
 テアボロ一家がルウムに移住してしばらくした頃、エドワウとセイラの母アストライアが幽閉先で亡くなり、エドワウは母を殺したのはザビ家だと憎悪を募らせる。宇宙世紀0074年。エドワウそっくりの友人シャアがジオンの士官学校に合格。エドワウはセイラにルウムの学校に行くと告げてテキサス・コロニーから旅立つが、本当の目的地は士官学校のあるサイド3だった。エドワウ入国をキャッチしたキシリアは即座に暗殺を指令する。

次回、シャアとガルマ。「ザビ家の御曹司」とシャアは…?

00382
00386
 第1話で兄が爆殺された際、超ビビってたガルマ・ザビ

次回、学校編
 シャア・アズナブル誕生編! 彼を怖いと思った校長は正しかった…
 しかし、出国すれば即座に暗殺者が襲ってくる中
 切り抜ける方法も少ない

 切り抜け、公的な立場で出世する手がかりが、シャアだったのか

 死んだ事にするには、あまりにもってこいだったシャア
 生まれの不幸であった…

 以降はお馴染み“シャア”、しかし知り合いがいるのは不味くて…?
 
 次回、機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第5話「シャアとガルマ」

トップに戻る


 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島 1巻“黒いガンダム”
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島 2巻“売国奴”
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島 3巻“開戦”嵐の中で輝いて
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島 4巻“ジャブロー攻略作戦”

原作漫画 ジ・オリジン 感想

 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 24巻“あの人は今”本編の前後を描く番外編


 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第1話「ジオンの子」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第2話「母との約束」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第3話「エドワウとセイラ」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第4話「さよならアルテイシア」
 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 第5話「シャアとガルマ」

トップに戻る