公式 妖怪の飼育員さん 7巻 感想
 レビュー 考察 画像 ネタバレ 藤栄道彦
 これまでの感想はこちら 前回はこちら
妖怪園に新スタッフが参加!
つぶらさんが漫画を語る、独特な番外編も収録

00030
00029
00028
手が届かぬ柿を、わざわざ食べさせてくれる善意!
 だけど、発想がおかしすぎて怪しいプレイ化
 昔の人の発想すげえな!
 妖怪「柿の精」!

 妖怪とは“人の想像力”、確かにその通りだわ!

嫌な形だけど!
 第78話やろか水とか、現代アレンジに笑った!
 でも、昔の人の「恐れ」だからこそ守る
 という姿勢も面白い

 存在自体が教訓、ありがたい存在

 神野さんレギュラー化でハラハラするわ! 

妖怪の飼育員さん 7巻 感想


・第73話「蛟龍その2」
   …龍の神聖性は、がしゃどくろに不利…!
・第74話「蛟龍その3」
   …完全に龍と化した無敵のパワー!
・第75話「後神」
   …悟色、いたずらする
・第76話「ちんちろり」
   …失言誘発の妖怪!
・第77話「砂かけ婆」
   …アニメで有名なので…
・第78話「遣ろか水」
   …洪水の妖怪!
・第79話「海御前」
   …これが「闇営業」だ!
・第80話「煙々羅」
   …苦情対策も大変です
・第81話「石妖」
   …マッサージする妖怪
・第82話「片耳豚」
   …神野さん再び!
・番外編「つぶらの方式」
   …つぶらさんが語る「面白い漫画」 
・最後のレストラン 感想
・これまでの感想

あらすじ
つぶらさんは、今日も少し浮いている

00026
 妖怪もだ! つぶらさん可愛い!

あらすじ
 龍騒動一段落、悟色が子供にちょっかいをかけ
 ちんちろり、が流行して大騒ぎになり
 砂かけ婆は地味さに悩む

 いつやろか(水)! 今でしょ!

 闇営業問題が発覚し
 はたまた、脱走訓練で職員は奔走し

 太源は精気を吸われてノックダウン

 大妖怪・神野がこっそりスタッフに紛れ込む

第73話
蛟龍、時を止める大妖怪相手にがしゃどくろは

00001
00002
 止まる要因は熱、温めていれば平気と発覚

第73話「蛟龍その2」
 ちんちろりといい、ジョジョ5部感の強い戦い!
 解決策に、妖怪・姥ヶ火さんが助力も
 日本最速は伊達じゃない

 当時の記録、現代に照らすとマッハ12!

 聞いた事もない妖怪なのにスゴい!

 大真面目に、文献をそのまま訳すとスゴい
 空想科学読本みたいですね

 口調といい、ただのお婆ちゃんなのにー

第74話
がしゃどくろvs蛟龍! 間合いの狭さが弱点も

00003
00004
 結局、“害意はない”と龍は逃してしまう事に

第74話「蛟龍その3」
 作中、何かと人を襲う妖怪だって出てきますが
 今回は、野生動物が向かってきた程度
 共存を図るのが本作らしい

 ザ・ハンドにノトーリアス・B・I・Gに!

 ジョジョネタの暴走回!
 から、文字通りソフトランディングでしたね!

 別の問題に波及しましたけど

第75話
石から生まれた悟空ならぬ悟色、今日も成長中

00005
00006
00007
 女の子を泣かせてしまい、反省する悟空

第75話「後神」
 表題は髪、服を引っ張って恐怖を煽る妖怪
 夜中、やられたら怖いどころじゃないも
 悟空くん活躍回!

 いたずらは、“親がいる”のが羨ましい為…

 石猿といっても、心があるからこそ
 周りと比べちゃいますよね…

 猿のいたずら、という意味では身近な問題

 話し合える悟空は賢いなぁ…

第76話
言い返し続けた古事は、現代でこそ大問題?!

00008
00009
00010
 最終的には新元号になったとかどうとか

第76話「ちんちろり」
 突然ちんちろりと言われ、言い合ったという古事
 翻って、ちんちろり、と口から突くという
 ジョジョ的な妖怪と解釈

 てかまんまスタンド攻撃だよ!

 トランプと金正恩、初会談が2018年6月
 もう一年半経つのね

 思えば騒ぎに比して、進まなさ加減もスゴい

 遮那王、牛若丸の話が出るのもタイムリー

第77話
砂かけ婆、“アニメと違う”!と言われてしまい…

00011
 だからってサチコ・コバヤシかよ!

第77話「砂かけ婆」
 アニメで有名で、ギャップでがっかりされる妖怪
 そこで、負けじと派手になってみたり!
 新技術を学んだり!

 結果ストリートパフォーマー化、珍しく平和オチ

 砂かけ対策に、レインコートも用意
 アトラクション的ですね

 帯にも採用されたインパクトの強い回!

 有名人って、得だったり損だったり

 いや妖怪ですけど

第78話
上流からの声、返事をすると大洪水!?

00012
00013
00014
00015
 この掛け声は卑怯だよ!?

第78話「遣ろか水」
 実際は、水害の原因でなく警戒を呼びかける
 と、優しいオチがつきましたが
 とにかく笑った!

 現代に適応し過ぎでしょ妖怪!

 特に今年では、関東で起こっただけに
 大雨問題は洒落にならん!

 昔は治水が甘かった分のも、要因なのでしょうね

「笑っていいとも」も、風化しゆくネタと思うと寂しい

第79話
話題の「闇営業」も、妖怪が絡むと一味違う!

00016
00017
00018
 違う! 闇は闇でも深さが違う!!

第79話「海御前」
 妖怪に気に入られ、呼ばれてしまう芸人の
 そら、耳なし芳一の古事があるからね!
 現代でも起こるよね!

 今回も見えなくするため経文を書く事に

 だが今回! 書き忘れた箇所は…

 経文を書くと、妖怪には見えなくなる
 書き忘れた箇所は…

 だから「見えませんよ」ネタ

 オチが残酷物語すぎる…!

第80話
妖怪が逃げた時に備え、捕獲訓練もやります!

00019
 またジョジョだよ!

第80話「煙々羅」
 この再現度の高さ! なるほど煙じゃなあ
 誰だって連想するだろう
 俺だってそーする

 訓練は、行政からのお達し

 行政側も、形だけでもやらせとかなきゃ
 立場がないし…

 暴れると洒落にならないのばかりで難しいところ

 太源さん、身体を張るネタが大得意ね!

第81話
太源、知らぬうちに「精気を抜く」妖怪に…

00020
00021
 店名が既に隠してない!

第81話「石妖」
 マッサージし精気を抜く妖怪、そんなのいるのね
 実際は、過酷な石切り場での噂話から
 妖怪のせいになったんでしょうか

 精気を抜く妖怪も、悪意でなかった

 石が、妖怪となったのが石妖ですが
 石切り場は人里から遠い

 数少ない労働者から奪い、噂になった

 人が多い現代が、暮らしやすい妖怪もいるのね

第82話
がしゃどくろ騒動、意外な形で波及する

00022
00023
 神野さん、妖怪園のスタッフへ!

第82話「片耳豚」
 がしゃどくろ騒動で、うるさ型から文句がついた
 そこで、人間理解の為にと参加で
 さっそく学ぶ事に

 妖怪は、“人が恐れていたもの”の具現

 転じて、それを維持する事は
 人に謙虚さを養う、か

 怖いと思えばこそ無茶もしない

 理性からも感情からも、人は学んでいくもんですよね

番外編
つぶらが気になる男子高校生、声をかけてしまうも

00024
00025
00026
 “面白い漫画”とは、読んだ人が面白いと思う物

番外編「つぶらの方式」
 読む側の、経験や価値観で受け取り方は変わる
 故に、漫画を読むとは「自分」と向き合う事
 と思わぬ含蓄な回

 前巻、オタク描写から意外な方向に…

 たとえば、今巻ジョジョパロを連発するも
 元ネタが分かるか分からないか

 パロに好意的か、このパロに限って言えば?

 人により受け取り方は違うんですものね

 つまりつぶらちゃんかわいい

収録

00027
00028



 阿部さんかよ!

 バンチコミックス「妖怪の飼育員さん 7巻」。藤栄道彦。
 Webくらげバンチ連載、新潮社発行。
 2019年月(前巻2019年5月)

妖怪の飼育員さん 7巻 感想
 第73話「蛟龍その2」
 第74話「蛟龍その3」
 第75話「後神」
 第76話「ちんちろり」
 第77話「砂かけ婆」
 第78話「遣ろか水」
 第79話「海御前」
 第80話「煙々羅」
 第81話「石妖」
 第82話「片耳豚」
 番外編「つぶらの方式」 
 最後のレストラン 感想
 これまでの感想

※トップに戻る


 最後のレストラン 1-3巻
 最後のレストラン 4巻
 最後のレストラン 5巻
 最後のレストラン 6巻
 最後のレストラン 7巻
 最後のレストラン 8巻
 最後のレストラン 9巻“モーツァルト様”
 最後のレストラン 10巻“気付きの始まり”
 最後のレストラン 11巻“彼女の答え”新装開店!
 最後のレストラン 12巻“一瀬親子”西郷どんと光秀さん
 最後のレストラン 13巻“バイトテロですよ!”


 流れ飯 全1巻 “漫画家飯”エッセイ ハズレだと一発でわかる料理屋って…。
 妖怪の飼育員さん 1巻
 妖怪の飼育員さん 2巻“キュウキュウ特選隊”
 妖怪の飼育員さん 3巻“大物外妖”襲来! 妖怪園総力戦!?
 妖怪の飼育員さん 4巻“妖怪が死ぬ時”
 妖怪の飼育員さん 5巻“妖と魔の違い”
 妖怪の飼育員さん 6巻“新年と龍”一つ目ヒロイン!
 妖怪の飼育員さん 7巻“つぶらの方式”

※トップに戻る