試し読み マテリアル・パズル 神無き世界の魔法使い 巻 感想 レビュー
 土塚理弘 考察 画像 ネタバレ
 これまでの感想はこちら 前回はこちら
動き出す三十指残党、暗躍する元神獣隊!!
右手はドリル、左手は手甲!

00074
00073
00042
妹の右手はドリル、兄の左手が手甲な兄妹が参戦!
 前章、神獣隊の生き残りも続々暗躍し
 累計百巻ペーパーも収録!
 乱れ飛ぶツッコミ!

 新たなツッコミ参戦で、リュシカ登場も楽しみ!

出ないのかよ!
 駆けつけたミカゼ、まるで役立たなくて不憫…!
 前巻に続き、剣の鞘として大活躍しつつ
 ティトォ達を想うのが健気

 ジャンクーア投獄の理由も判明

 ジャンクアーアさんに充たされる巻だった!

マテリアル・パズル 神無き世界の魔法使い 4巻 感想


第3節 魔人の子ども達
 第13話「ジャッカとビスカ」
 第14話「家族と使命」
 第15話「螺子と糸」
 第16話「旅立つ者達と動き出す男」

第4節 天使のパン屋さん
 第17話「船と月」
 おまけファイル18 ジャッカとリキネル

 これまでの感想

あらすじ
原作担当含め、土塚先生作品が100巻達成!

00069
00072
 編集に評判が良いって大事ね

あらすじ
 A.D.1681年、ミカゼはジャンクーアの子供を探し
 見つけた子供達は、三十指リキネルと交戦
 兄ジャッカが魔法に目覚めた

 リキネルも加え、一行はライトとアリムに合流

 A.D.1682年1月、旅は再始動し
 海路でボルニ国へ

 女神の三十指も、ナトラレーゼを筆頭に再始動

 アダラパタさんも元気になった

第3節 魔人の子ども達
守り神を失い、世界は“生命力”を失いつつあった

00018
00019
00027
00031
 どこがだよ! クソ元気じゃねえか世界!?

第13話「ジャッカとビスカ」
 懐かしき予告絵で、魔人ジャンクーアの子編!
 魔王デュデュマの死で、世界は枯れ始めた…
 が、この地だけは超元気!

 元気な子供に捕まった、リキネルの物語!

 いや誰だよ!?
 恩人を亡くし、世を儚む男と子ども達の出会い

 そしてここは“隕石による毒ガス”の地

 人が近付かないここに、子供らを隠したのか

ジャッカは「妹を守る」と父に誓った

00032
00033
00034
00035
00036
 怒涛の勢いで雑草を食わせる系ヒロイン

豊穣すぎる大地
 リキネルは、会社の命令で「月鉱石」を探索
 立ち入り禁止区なので、獣のフリをし
 きぐるみを脱ぐ事が出来ない

 また獣扱いか! ミカゼみたいな境遇!!

 とまれ、世界は作物が実らなくなり
 食糧争いで一触即発

 対しここだけは、奇妙に豊かだった

 まあ! 植物ったら元気な子!

他方、瓦解したかに見えた“三十指”は

00037
00038
 飄々としたエルは、ジール・ボーイの兄

再建・女神の国
 今やアダラパタさんも観戦モードに入った中
 真面目に、女神仇討ちを企む集団
 残党が活動開始

 前巻の不可解な三十指、キルリアントム

 ナトラレーゼは、本気で復讐したいのか?
 それとも後釜狙い?

 服装からしてグリ・ムリ・アのコスプレ

 回を重ねるごとに「実はアホではないか?」疑惑が…!

第14話
リキネルは、算数が出来る男だった。

00039
00040
00041
00042
 ジャンクーアは“星の玉子の模造品”を盗んでいた

第14話「家族と使命」
 何気なく計算したリキネルに、子供らは仰天
 算数、ひらがなを教えることになり
 気付けば教師魂に着火!

 学生時代の、先生の嘆きがよく分かるぜ…!

 やってみると、意外に向いてた教師業
 バンブーブレードみたい!

 子供らのやる気に、手応えを感じるリキネル

 てか日常がハードモードすぎる!

ある日、別の社員が鉱脈を探しに来た
仕事を思い出すリキネルだが

00043
00044
00045
 恩人とはグリ・ムリ・ア、真リキネルかっけえ!

芭天蜂蝶(ばてんほうちょう)
 今や緑豊かというだけで、値千金の価値がある
 また、鉱石まで「隕石跡」から見つかり
 子供達がピンチに

 リキネルは救うも、“本当の使命”を思い出します

 子供達に満たされていたリキネル
 大切なものを失った、心のからっぽを満たされた

 その平穏は、彼が女神を慕う理由と似たモノ

 なのに自ら捨ててしまうのは悲しいねえ…
 
最強ジャンクーアが、幽閉された理由が明らかに

00046
00047
00048
「秒で裏切った」「ドリルになります!」


あふれるパワーワード!
 刺したものを、“リキネルにだけにゴム化”する!
 リキネルは、岩をゴムのように操るも
 ジャッカにとっては「岩」!
 当たると痛い!

 苦戦する兄に代わり、ドリル妹ビスカが迎撃!

 謎の自己紹介がリキネルを襲う!
 秘宝は、エネルギー結晶・星のたまごのレプリカ

 ジャンクーアは最初から「レプリカ」が狙い

 家族を想い素直に行動してた!

 いや素直すぎない?!

第15話
妹の命に等しい秘宝を巡り、争奪戦勃発!

00049
00050
00051
00052
 ならネジを失った時、ビスカは命の危機に…?

第15話「螺子と糸」
 ミカゼ、せっかく乱入したのにいいとこがない!
 つくづく、コメディ体質してるミカゼですが
 しかし、彼の命七乱月が反応
 また衝撃映像!

 剣と“ネジ”で、ジャッカが魔法使いへ

 ネジをエネルギーに、命七乱月が魔法を復活
 即席で魔法具になったのか!

 でもそれだと、魔法を使いすぎると妹の命が?

 妹は今、そのエネルギーで生きてるんだし…?

月鉱石、魔石投擲を易々しのぐ「手甲」
その違和感の正体は

00053
00054
 しかし最後に勝たせたのは、子供らの土地勘!

無敵手甲
 魔法による超硬い手甲…、でなく“衝撃”も無効化
 手甲は、衝撃を吸収して蓄積し
 糸にする「武器」!

 衝撃そのものが糸になるジャッカ!

 拘束されたが最後
 切ると、衝撃に見舞われる仕組みか

 蓄積⇒放出も、切ると危ない糸もよくあるもの

 が、両者を組み合わせているのが面白い!

第16話
黒の荒野に落下した“隕石”は、実は前章のアレ!

00055
00056
00057
 隕石の正体は、封じられた“神獣”!?

第16話「旅立つ者達と動き出す男」
 前章で生き延びた、神獣隊クインベルは三十指に
 部隊の夢、“十二神獣狩り”こそが目的ゆえ
 子供らを、三十指へ囮にすべく
 見逃してくれます

 リキネルも、女神への忠義を終えたと仲間に

 こだわったのは、“何も出来なかった”事
 まあ気風のいい男!

 さらっとシカトされるポマイケルの存在感!

 この空気こそ土塚漫画よ!

クインベルは、子供らを取り逃がしたと報告
ナトラレーゼは戦力召集を考えるも

00058
 アダラパタさん復☆活!

まあ楽しそう!
 パタさん、あっさり復活しやがりましたね!?
 劇中、ちょっぴり時間が経過し
 随分と暇してました

 が、足掻くなら叩き潰したい系男子…!

 徹頭徹尾迷惑なモチベーション!
 こうでなくっちゃ!

 三十指間で連絡を取る、前線指揮官に最適

 いなくちゃ、連絡もままならないのね

“神獣”を奪われた事は、覿面に影響を及ぼした
子ども達にショックを与える結末へ

00059
00060
00061
 助手のアリムさんとかいう怪しさ満点の人

親父に会いに
 神獣を失った土地は枯れ、世界の現状を露呈
 子供らに、旅立つ強い動機を与え
 ライトと「ボルニ国」へ

 旧作になかった十二神獣とは、果たして何か?

 前章、神獣隊は「狩る」事が目的でしたが
 その先の考えは?

 狩って満足し、隙を突かれ悪用される結末か?

 ブラック企業が滅びるオチもベネ!

■第4節 天使のパン屋さん
 ジャンクーアは味方にならないかもしれない

00062
00063
 ジャンクーアは「木の実が欲しい」と去っていた

第17話「船と月」
 木の実といえば星のたまごか?。何か目星が?
 ジャンクーアが、敵地に入る術を知る為
 彼を探すのが目標

 ただ彼は、家族を巻き込むまいとするハズ

 ジャッカ達がいる方が目的から遠ざかる?
 でも、子供らが戦う意思は固い

 戦うにはネジがいる為、妹と別行動も不可

 色々、条件付けがある子なのよね

ボルニには、評判を集めるパン屋がいる

00064
00065
 同じく元神獣隊、ネイネが師匠!?

監視者とは?
 サン! 元“ヘタレ”が、根性入れ直すって燃える!
 また、目指すパン屋はまずリュシカですが
 材料の仕入先が謎

 羽根を使って、こっそり採ってきてるのか?

 神獣が眠る地だとすれば
 クインベルが奪い、本格的に動きだすハズ

 残る4体、おそらくサンがいるクリスタベース

 話的にも妥当な流れか?

おまけファイル18
ジャッカ&リキネルと百巻達成記念

00066
00067
00068
 あらやだ奥様、ブラックパールねこですわよ!

ジャッカとリキネル
 明かされた事実! 新きぐるみにはチャックがない
 当面、夢のきぐるみ生活を余儀なくされ
 リキネルの作画が深刻

 あの人、リアル形態の作画カッコイイしなあ…

 劇中の動機は、あくまで建前に過ぎず
 本当は「家族」を守る為

 あとジャッカは、父の若い頃そっくりらしい

 妻と妹が同じポジションなのか

収録

00070
00071


 新たなツッコミを加え、物語は新展開へ!

 モーニング・ツーコミックス「マテリアル・パズル 神無き世界の魔法使い 4巻」。
 土塚理弘。月刊モーニング・ツー連載、講談社発行。
 2019年9月(前巻2019年4月)

マテリアル・パズル 神無き世界の魔法使い 4巻 感想
第3節 魔人の子ども達
 第13話「ジャッカとビスカ」
 第14話「家族と使命」
 第15話「螺子と糸」
 第16話「旅立つ者達と動き出す男」

第4節 天使のパン屋さん
 第17話「船と月」
 おまけファイル18 ジャッカとリキネル

 これまでの感想

※トップに戻る


 マテリアル・パズル 神無き世界の魔法使い 1巻“バレット王の実力!”
 マテリアル・パズル 神無き世界の魔法使い 2巻“裏切り者”と全画消去
 マテリアル・パズル 神無き世界の魔法使い 3巻“最終回の先へ”ミカゼ再び!
 マテリアル・パズル 神無き世界の魔法使い 4巻“魔人の子ども達”

※トップに戻る