2019年4月発売 SDCS-10 シスクード(ティターンズカラー) SDガンダム GGENERATION モノアイガンダムズ これまでの記事はこちら
2002年のGジェネ初出モノアイガンダムズ、にせガンダムの気風を感じる!

159_3127_s_yl6hg7jzr8wrn1tnkcnshh88he3u
156_3127_s_159f357qfthsp3ig9saqia56zjom
正直言えば未プレイ。でもモノアイでガンダムとか美味しすぎて購入!
 常々、「にせガンダム」再キット化を願う身としても!!
 ここはお布施しないワケにいきません
 まあイケメンだわ!

 2014年“モビルスーツ総選挙”にも上位入賞! 人気MS(?)キット化!!

にせガンダム2002
 ガンダムビルドファイターズトライ、TV登場権をかけ実施(外部サイト
 同じく上位だったデスティニー、ディープストライカーやTR-6
 また、Ξガンダムもキット化ほぼ確定と
 影響あったのかも…

 エゥーゴカラーと同時発売でしたが、ティターンズ一択よねGNO的にも!

SDCS-10 シスクード ティターンズカラー ランナー写真

 機体概要
 ランナー写真
 キット概要
 U.C.0088 Zガンダム同時期に活躍したMS
 プロジェクト・セイレーネ
 Gジェネ初出のMSたち
 にせガンダムの系譜 
 ランナー写真記事 2017年
 ランナー写真記事 2018年
 ランナー写真記事 2019年

説明書解説は、残念ながら最小限。“パラレル宇宙世紀MS”相当か

157_3127_s_c7c9rtxirw87zizpemmj0tyfh0u2
 初のSDCS。4コマなし、解説最小限とプレバン並みに味気ないです

LRX-077 シスクード
 2002年ゲーム SDガンダム GGENERATION モノアイガンダムズ
 同作オリジナルのティターンズNT研究所
 ライプチヒ研究所製MS

 MAテラ・スオーノの護衛用迎撃試作MS。 名は「左腕の盾」の意

 同じく、「右腕の剣」を意味する護衛用超重攻撃MS
 デスパーダと共に開発された

 本機のみエゥーゴに奪われ、主人公シグ・ウェドナー機へ

 超高機動MSであり、リミッター解除時は、NTの反応をも超えた機動性となる

モノアイ用ジュエルシールが付属!

00000
00001
153_3127_s_jn1j6w8mp22rnh4m8eosumlvqju9
M6A8457
M6A8469
 下は、電撃ホビーWEB掲載の未塗装テストショット

ジュエル&ホイルシール
 オイオイ未塗装でもカッコイイじゃあないか! シールはSDらしく多め
 胴体部の白、ダクトの黒はシール再現ですが
 胸・黄色、上手くパーツ分割され
 組みやすく色分け

 肩は青の濃淡があり、上下・薄めの青をシールで再現

 シールの黄色は脚に使用
 頭頂部カメラもシール

 背部バインダの黄は、再現されません。シールもありません

ランナーA1は共通ランナー

00002
 SDCS フレーム1

軟質樹脂
 SDCSシリーズの基本、SDタイプの低頭身フレーム
 別売、高頭身版のCSフレーム購入で
 頭身変更できるのが売り

 もっとも、本キット単体で1512円とあまり穏やかじゃないですが

ランナーB1、B2、B3

00003
00004
00005
 上からB1、B2、B3.

色プラ
 手足と背部バインダを2個・4個組みするので、ほぼ同一が2枚
 B2は、同じ金型を使って上下を切り離してるのか
 上部スイッチはその為か

 アゴはもちろんとして、額の赤、ちゃんと色分けされてるのね!

 展開する背部バインダーで結構パーツ数が多い

ランナーC、軟質樹脂

000013
00006
 目玉武装Iフィールド・ランチャー入りの軟質ランナー!

軟質樹脂
 手首など各部関節もあるので、柔らかいKPS素材で成型
 フレームがあるので、ポリキャップレスなんですね
 モノアイレールは回転可能

 サーベルは、HGUCでも使われる「SB6クリアピンク」が付属

 HGUCで、2013年以前に多用された短めの刀身
 手首は1パーツ

 手首は甲が青い設定ですが、シールは付属しません

Gジェネ初出のオリジナルMS、SDCSシリーズでキット化!

159_3127_s_yl6hg7jzr8wrn1tnkcnshh88he3u

■SDガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)
 価格 1,512円(税込)
 発売日 2019年04月27日
 対象年齢 8才以上

 SDガンダムクロスシルエットにティターンズカラーの「モノアイガンダム」シスクードが登場!
■シスクードの特徴であるモノアイは可動式構造にジュエルシールでリアルに再現。
■フレキシブルに可動するバインダーにより高速巡航形態への変形が可能。
■大型のIフィールド・ランチャーは圧倒的サイズで再現。さらに左右どちらでも構えることができる構造を採用。
■クリアパーツを使用したビーム・サーベルが2本付属。

【付属品】
■Iフィールド・ランチャー×1
■ビーム・サーベル×2

【商品内容】
■成型品×6
■ホイルシール×1
■ジュエルシール×1
■取扱説明書×1


153_3127_s_jn1j6w8mp22rnh4m8eosumlvqju9
155_3127_s_4zebq68vr1dfk3kya35bk4n9x315
156_3127_s_159f357qfthsp3ig9saqia56zjom
157_3127_s_c7c9rtxirw87zizpemmj0tyfh0u2
158_3127_s_3f2eta4hb14jnflggyfpdjgnox71
 巨大火器は、デンドロビウム等と同じIフィールド・バリア発生装置を兼ねる

バンダイホビーサイトより
 簡易巡航形態も再現! “広域マインドコントロールMA”の護衛機
 巡航は、敵部隊へ移動・広域の敵を無効化する為で
 攻撃的に護衛する“迎撃機”を担う

 巨大な武器は、メガカノン、ロングレンジライフルとIフィールド発生器の兼用

 劇中、ガンダムMk-Ⅱ奪取部隊に参加した主人公シグが奪い
 Mk-Ⅱ同様、白く塗装され主役機に

 Mk-IIでお馴染み、昨今珍しいエゥーゴカラーと同時・一般キット化

 バンダイ的に、平成最後の大判振る舞いだったのでしょうか

U.C.0088 Zガンダム同時期に活躍したMS

00010
1000135060_3
 食玩「Gフレーム」でも、プレバン限定として製品化(外部サイト

LRX-077 シスクード
 役割上、コスト度外視の高性能機。機動性はNTの反応速度をも越え
 リミッター状態なら、オールドタイプでも問題なく扱えるも
 第1、2段階の「オフェンスモード」に移行すると
 強化人間でも耐え難いGがかかる

 ティターンズは、ギャプラン以下、“強化人間専用の高機動機”を多数開発

 本機は特に極端な仕様で、誰も乗りこなせないとさえ考えられたが
 主人公シグはオールドタイプながら乗りこなしていく

 彼はガンダムMk-Ⅱ強奪作戦に参加し、本機を発見・強奪

 元ジオン軍で、大戦末期はブラード戦隊に所属。シャア大佐隊に編入された

NT研・ライプチヒ研究所、「プロジェクト・セイレーネ」で開発された兄弟機たち

00007
 Gジェネオリジナル設定、特にDS版は他ガンダム作品と積極的に絡むという

プロジェクト・セイレーネ
 NTの感応波を増幅、広域の“味方”から理性を奪い積極的に戦わせる
 逆効果を持つ、エンジェル・ハイロウの前身となった計画で
 増幅装置を担うMA「テラ・スオーノ」が核
 ティターンズが計画した

 左がコアMSテラ・スオーノで、右がシスクードの兄弟機デスパーダ

 兄弟機デスパーダはNT専用機
 遠隔武装、サイ・ロッドによるオールレンジ攻撃が可能

 サイコミュ誘導式スタンロッド、要はファンネル版の「海ヘビ」

 シグの元部下アインが操り、コアMSはシグの元恋人セレインが搭乗している

少なくないGジェネ初出のMSたち。中には、より直球なMSも

00008
 左はAMX-017 ギガンティック。ネオジオン版の“戦略級核弾頭搭載MS”

ORX-12 ガンダムMk-Ⅳ
 解説表記は間違いで、“Mk-Ⅲ”のデータを基にしたインコム搭載機
 Mk-II、Ⅲ、Ⅴが各作品で設定された後
 ミッシングリンク的に生まれた

 SDガンダムBB戦士でガンプラ化、一般販売もしている

 ただORX-013 ガンダムMk-Ⅴは、予算獲得で名付けられただけで
 技術的に、ガンダム系との繫がりはないとされ
 少々面倒な事になっている

 Mk-Ⅴは、ジオングを参考にしたサイコ・ガンダムの小型版に相当

 サイコはNTの感応波制御が前提だった為、一般兵用の再設計が求められた

「ガンダム顔」と「モノアイ」ッ! この世にこれほど相性のいいものがあるだろうかッ!?

00011
00012
41aZMb-2QfL
41RV+wQpAlL
41i5cb8Dc6L
 上2枚は横井孝二氏の元祖! SDガンダムより。下3枚はSDXのマスクコマンダー

にせガンダム
 ZZガンダムの劇中、Zガンダムにザク頭を乗っけたのが草分け(?)
 SDでは、1980年代に「にせガンダム」が登場し
 1989年には、元祖SDでキット化
 元祖SDで定番キャラ化

 横井画伯は、ハイザックを元にしたⅡなど多数のにせガンダムを誕生!

 特にⅡは、Gアームズシリーズで“本物のガンダムMk-II”と組み
 ハンブラビと共に「ティターンズ」を結成

 主人公キャプテンガンダムらの敵、マスク・コマンダーの影武者として活躍

 2010年バンダイの完成品シリーズSDXでも立体化(外部サイト

SDCS-10 シスクード ティターンズカラー ランナー写真

 機体概要
 ランナー写真
 キット概要
 U.C.0088 Zガンダム同時期に活躍したMS
 ロジェクト・セイレーネ
 Gジェネ初出のMSたち
 にせガンダムの系譜 
 ランナー写真記事 2017年
 ランナー写真記事 2018年
 ランナー写真記事 2019年
 記事トップに戻る

ランナーレビュー&機体設定

 HGUC ジェガン(エコーズ仕様) コンロイ機 機動戦士ガンダムUC
 LEGENDBB 真駆参大将軍 新SD戦国伝 伝説の大将軍編
 HGUC バーザム 機動戦士Zガンダム
 HGUC イフリート・シュナイド 機動戦士ガンダムUC
 HGUC ジム・スナイパー 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
 HGBF-56 チナッガイ ガンダムビルドファイターズ
 HGUC-207 ブルーディスティニー1号機”EXAM”機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF-59 GM/GM ガンダムビルドファイターズ

ランナーレビュー&機体設定2018年

 HGUC ギャン・クリーガー ギレンの野望
 HGBF-65 ストライカージンクス ガンダムBF
 RE/100-8 ガンキャノン・ディテクター ガンダムUC
 HGBF ジンクスIV TYPE.GBF ガンダムBF
 HGUC 1/144 RGM-89DEW EWACジェガン ガンダムUC
 BB戦士412 貂蝉キュベレイ&武将座 SD三国伝
 HGUC-209 ブルーディスティニー3号機“EXAM“ ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
 HGBF ガンダムM91 ガンダムBFA-R
 HGUC イフリート・ナハト 機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081 水天の涙
 HGAC-211 リーオー 新機動戦記ガンダムW
 HG-ORIGIN ヘビーガンダム ガンダム THE ORIGIN MSD
 MG 1/100 ガンダムF91 ver2.0 機動戦士ガンダムF91
 HGUC-212 ガルバルディβ 機動戦士Zガンダム
 HGUC ガンダムTR-6[ウーンドウォート]Z外伝 AOZ ティターンズの旗の下に
 HGUC ガンダムピクシー 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
 RE/100-9 ビギナ・ギナ 機動戦士ガンダムF91
 HGUC イフリート 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
 HGBD-010 ガルバルディリベイク ガンダムビルドダイバーズ
 HGBD-012 ガンダムアストレイノーネイム ガンダムビルドダイバーズ
 HG-ORIGIN ジム・スナイパーカスタム ガンダム THE ORIGIN MSD
 HGBD-015 ジェガンブラストマスター ガンダムビルドダイバーズ
 LEGENDBB 飛駆鳥大将軍 新SD戦国伝 七人の超将軍編
 HGUC-215 ムーンガンダム 機動戦士MOOガンダム
 HAROPLA-007 ハロプラ ボールハロ…ガンダムビルドダイバーズ
 HGUC シナンジュ・スタイン (ナラティブVer.) 機動戦士ガンダムNT
 HGUC ディジェ…機動戦士Zガンダム
 HG-ORIGIN ジム・キャノン(空間突撃仕様) ガンダム THE ORIGIN MSD
 HGBD ガンダムAGEIIマグナムSV ver.…ガンダムビルドダイバーズ

2019年ランナーレビュー&機体設定

 HGUC-221 グスタフ・カール(ユニコーンVer.)…機動戦士ガンダムUC
 Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ…ガンダムビルドダイバーズ
 HGUC ガンダムTR-6[ヘイズルII]…AOZ ティターンズの旗の下に
 HGAC-223 マグアナック…新機動戦記ガンダムW
 SDCS-10 シスクード(ティターンズカラー)…モノアイガンダムズ
  
トップに戻る