公式 七つの大罪 37巻 感想 レビュー 画像 考察 内容 ネタバレあり 鈴木 央 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
魔神王メリオダス”、決着! さよなら<七つの大罪>編

00044
00043
00041
00036
擬似最終回! メリオダスは身を引く覚悟、エリザベスはついて行く覚悟だった!
 ハハハッ! お熱いし、男が思うより女は強いってヤツね!!
 真っ先に、バンが気付くのが友情だ!
 ゴウセルが空気読んだ?!

 しかし“魔神王ゼルドリス”誕生で、どんでん返しに…?

日常巻!
 今度こそ弟と友を! リュドシエル様、四大天使は皆散り際が素敵だ…
 久々に、楽しげな日常が戻ってくるのも面白すぎましたが
 至高神にアーサー、かなり消化不良な面があった
 そう、ハッピーエンドではない!
 だから「続く」!

 全員仰天のエリザベス宣言へ、一人だけ動じてないマーリンさすが

七つの大罪 37巻 感想

 第303話「みんながキミの力になる」
 第304話「処刑人は願う」
 第305話「断末魔」
 第306話「永き旅の終着」
 第307話「幸せに包まれる時」
 第308話「メリオダスが消える」
 第309話「これが私の生きる道」
 第310話「さよなら<七つの大罪>」
 第311話「まだ終わらない」
 カバー下イラスト/公式ツイッターより
 これまでの感想

ゴウセルは空気を読み、ホークも「強さ」を直視へ。皆変わってゆく37巻

00031
 久々なセクハラ、まるで実家に帰ってきたようなセクハラ感

あらすじ
 七つの大罪、そしてゼルドリスの助けと犠牲で“魔神王”は倒された
 だがメリオダスは、エリザベスを助けるべく
 自ら「魔神王」を継いでいた

 世界と彼女は救われたが、メリオダスは“現世”に居られなくなる

 知らぬ皆が宴に盛り上がった後
 エリザベスは、自分もメリオダスと“魔界”へ移住すると宣言

 だが旅立ち寸前、魔神王がゼルドリスに憑依していたと発覚する

 エリザベスに死をもたらす、“永劫の輪廻”も再始動した

第303話。駆けつけた「七つの大罪」! しかし無情にも、魔神王が爆撃…!!

00000
00001
00002
00003
 ところが! 救ったのがゼルドリスだった

第303話「みんながキミの力になる」
 そんでさ、ゴウセルが空気を読んだんだぜ! あのゴウセルが!
 また、「正義を自称する者ほど悪者」の典型だった
 リュドシエル様が身を呈した!

 半ば消滅しながら、捨て身で弟と“友”を守るリュドシエル

 今章は天使勢も見せ場!
 前巻に続き、先に逝った二人に劣らぬ捨て身

 精神世界、駆けつけた大罪、エリザベスに勇気を貰うメリオダス

 支えてくれたのは、間違いなくこの人だった!

第304話。メリオダスを後継とした魔神王、ゼルドリスへ思っていたのは

00004
00005
00006
00007
 闇を凝縮し、ぶつける新技を見せるメリオダス。圧倒的!

第304話「処刑人は願う」
 精神世界で圧倒、しかし現実側はゼルドリスが致命傷…!
 無敵の力、魔力“魔神王”の持ち主は誰かと思えば
 残念ながら当然

 父王はゼルドリスが、“恋人と過ごせる平穏な魔界”を目指すと看破

 ゼルドリス、強さの源だった「魔神王」の魔力が
 今になって苦しめるのが辛い

 また彼の“許されない恋人関係”は、兄メリオダスと同じだから

 口で罵るも、戦った兄を尊敬してもいたんですね…

第305話。バン怒る! 七つの大罪vs魔神王メリオダス、決着

00008
00009
00010
 既に「自分は弱い」と理解しながら、捨て身なホーク! 熱い(物理)。

第305話「断末魔」
 父・魔神王による“子殺し”に、怒ったのは縁もゆかりもないバン!
 実の親に虐待され、育ての親に慈しまれたバンにとっちゃ
 誰より許せんよなあコレ!

 精神世界でメリオダスに敗れ、道連れにしようとした魔神王

 しかし、七つの大罪での連携戦により鎮圧
 バンのフィニッシュで決着!

 長らく“弱かった”バン、目の覚めるような大活躍だった!

 あとメリオダスも かれも しょうきにもどった!

第306話。リュドシエルは言う。“魔神王を倒しても、聖戦は終わらない”

00011
00012
00013
00014
 何故ならこれは第一歩。和解への第一歩でしかないから

第306話「永き旅の終着」
 つまり“戦い”は終わった…、最期までツンデレたリュドシエル様
 最後の最期、フッと笑って逝った天使長
 今章、主役の一人だった…

 またメリオダスは、“不死・転生の呪い”をあっさり解呪

 当人、「たまたま方法を知った」と言い張り
 一同は「そうなのか!」と

 が、姿とパワーを見れば意味は丸分かり!

 エリザベスもすぐ気付くし、愛は強い…!

第307話、聖戦終結。生き残った面々、そして

00015
00016
00017
00018
00019
 ホークの兄、“ワイルド”の歌を聴かせる二人!

第307話「幸せに包まれる時」
 自称・強キャラ、毎回コミカルだったホークも自覚の時
 彼は煉獄生物だから、異常に頑丈だから!
 自分は強いと誤解していたと

 去ろうとしたホークを、“師匠”を受け容れるバン達!

 弱いと解ったら解ったで。
 力が弱くとも、弱虫じゃないホークにこそ勇気があるのだと

 前回、魔神王にさえ突っ込みましたものね!

 今再び、フラウドリンを「憎みきれない」ドレファスも大好きだ!

ホークを探し終えた二人が、新・豚の帽子亭に戻ると…

00020
00021
00022
※この時むちゃくちゃ王さまが(メリオダスの料理に)噴いた。

新・豚の帽子亭にて
 締めは和やかな宴会! 出会ってきた、生き残った面々で!!
 少し違えば、デリエリやリュドシエルもいたろう
 と、思うと少し寂しい。

 そしてバンさんの、「居なくなっちまう日はいつだ?」である…!

 メリオダスの事に、エリザベスに負けず劣らず鋭いし
 負けず劣らず大切にしてる!

 またさらっと、「千年ぶりの夜空」とかいうのが面白い

 そうよねー、体感千年あっち暮らしだものねえ

第308話。バンは「止めたくない」

00023
00024
00025
 他方、王都の灯りをニコニコ眺めるエリザベス。解ってるからか

第308話「メリオダスが消える」
 フツーは止めるトコだけに、バンの「止めたくねぇ」が重い
 バン自身が、無茶をしたとき「止めないでくれた」
 決意を尊重したいのだと

 解呪に用いた変身は、“魔神王”を継承した

 力が強すぎ、“世界”が拒んでしまう
 魔界に行かねばならないと

 魔王を倒した結末は、世界から去る事。ダイの大冒険を彷彿とさせます

 その代価を解った上で、彼女を救ったのねえ…。

去るその日まで、メリオダスは教えないつもりだった

00026
00027
00028
00029
00030
 しかし残尿感だった!

青春残尿感
 戻ってきた「日常」は、もう最後だと理解した決意の時間
 解った上で、知らないフリして付き合ってくれる
 良い友達だわ!

 でも皆が傷つけまいとするエリザベスこそ、理解していた

 彼女こそ受け容れていた!
 男が思うほど、鈍くもなければ弱くもないのね

 あとエレインの制服かわいい!

 やっぱり可愛いです、このセクハラ制服

第309話、メリオダスの行き先。そして「彼女」の行き先は?

00031
00032
00033
 メリハラ! 久々のメリオダス・ハラスメント!!

第309話「これが私の生きる道」
 扉絵は前回がメリオダス、今回がエリザベスで対になってるのね
 とまれ、向かった先は「12年前の吸血鬼事件」跡
 ゼルドリスの恋人の解放

 しかし彼女、彼が死んだと聞くも「彼の傍へ」と姿を消します

 彼女、ゲルダはゼルドリスを誤解してるのね
 王の地位をこそ欲しがってると

 でも実は、王を“手段”に、ゲルダと結ばれるよう改革しよう!が本音

 また甘やかしてくれるし、ハッキリ物を言うゲルダが好きとの事(P183)。
 
メリオダスくん! リオネスの国をリュクスエリザベスと共に継いでくれ!

00034
00035
00036
 最近、スレイダー隊長がめっちゃ(王に)過保護で笑う。

お嫁においでよ
 エリザベス、サブタイ回収の決意! 魔界に嫁ぎます宣言!
 メリオダスが王位を断わるより
 娘の方が早かった!

 彼は継げません、何故なら! 私と魔界に行くからです!!

 バルトラ! 君の娘はとっても逞しくなったよ
 君を絶望させるくらいに!

 王位は断わったよ! 嫁がな!!

 彼が去るなら、私も行く! 愛は魔神王より強かった

第310話「さよなら<七つの大罪>」。もう私は振り返らないッ!!

00037
00038
00039
※無事です

第310話「さよなら<七つの大罪>」
 大丈夫、助かった! 完全にエピローグに入ってた本作ですが
 大丈夫、まだ終わらなかった!
 マーリン有能!

 メリオダス、「七つの大罪・解散宣言」は空振りに

 当初、魔界移住宣言で生き別れを覚悟
 子供子供と微笑ましい

 またエリザベス曰く、「移住に不安があると言えばウソになる」

 ………いや、フツー逆じゃない?! そこ!?

第311話。解散詐欺の原因、“戒禁”はキューザックが回収していた

00040
00041
 ゼルドリス自身の、「やめてくれ…!」に気付けない…!!

第311話「まだ終わらない」
 前巻、退場描写が薄かった“原初の魔神”は、二人に再分離
 天佑と捉え、チャンドラーを始末したキューザックは
 戒禁をゼルドリスに移植

 メリオダスは“魔神王の座”を継承、戒禁は拒絶してたのね

 誰にも入れず、勝手に消滅する
 と、思ったのが運の尽き

 メリオダスと違い、“ゼルドリスの抵抗”が弱い様子

 ちくしょう! なんてワイルドなイケメンに!?

収録

00042










































 ゴウセルが空気を読めるようになった。大成長の37巻であった…ッ!

 講談社コミックスマガジン「七つの大罪 37巻」。
 鈴木央。週刊少年マガジン連載、講談社発行。2019年6月(前巻2019年4月)

七つの大罪 37巻 感想
 第303話「みんながキミの力になる」
 第304話「処刑人は願う」
 第305話「断末魔」
 第306話「永き旅の終着」
 第307話「幸せに包まれる時」
 第308話「メリオダスが消える」
 第309話「これが私の生きる道」
 第310話「さよなら<七つの大罪>」
 第311話「まだ終わらない」
 カバー下イラスト他
 これまでの感想
 トップに戻る

 読者投稿イラストコーナー、巻末、カバー下などもオマケも充実。

七つの大罪 アニメ第一期 全24話 2014年9月~2015年3月 公式ツイッター

 第一話「七つの大罪」
 第二話「聖騎士の剣」
 第三話「眠れる森の罪」
 第四話「少女の夢」
 第五話「たとえあなたが死んでも」
 第六話「はじまりの詩」
 第七話「感動の再会」
 第八話「恐るべき追跡者」
 第九話「暗黒の脈動」
 第十話「バイゼル喧嘩祭り」
 第十一話「積年の想い」
 第十二話「戦慄のカノン」
 第十三話「破壊の使徒」
 第十四話「本を読むひと」
 第十五話「アンホーリィ・ナイト」
 第十六話「駆り立てられる伝説たち」
 第十七話「最初の犠牲」
 第十八話「この命にかえても」
 第十九話「まちぼうけの妖精王」
 第二十話「勇気のまじない」
 第二十一話「今、そこにせまる脅威」
 第二十ニ話「君のためにできること」
 第二十三話「絶望降臨
 最終話「英雄たち」

七つの大罪 聖戦の予兆 感想 2016年8月 4週連続

 七つの大罪 聖戦の予兆 第一話「黒き夢の始まり The Dark Dream Begins」
 七つの大罪 聖戦の予兆 第二話「二人の喧嘩祭り Our Fighting Festival」
 七つの大罪 聖戦の予兆 第三話「初恋を追いかけて In Pursuit of First Love」
 七つの大罪 聖戦の予兆 最終話「愛のかたち -The Shape of Love-」

七つの大罪 感想 鈴木央

 七つの大罪 14巻
 七つの大罪 15巻
 七つの大罪 16巻
 七つの大罪 17巻
 七つの大罪 18巻
 七つの大罪 19巻“太陽の主”。
 七つの大罪 20巻“伝承の者共”
 七つの大罪 21巻“その光は誰が為に”
 七つの大罪 22巻“暗黒のブリタニア”
 七つの大罪 23巻“<傲慢>VS「慈愛」”
 七つの大罪 24巻“残酷なる希望”
 七つの大罪 25巻“リアルタイムの3000年前”
 七つの大罪 26巻“二人のゴウセル”
 七つの大罪 27巻“七つの大罪の再会に”
 七つの大罪 28巻“旅の目的” エスカノール全開!
 七つの大罪 29巻“十戒壊滅”聖剣の力とは?
 七つの大罪 30巻“マーリンの正体”エリザベスvsメリオダス!
 七つの大罪 31巻“傲慢の正体”エクスカリバー発動!!
 七つの大罪 32巻“壊れる慈愛” 魔神族一覧表
 七つの大罪 33巻“エスタロッサの正体”聖戦終結の真実!
 七つの大罪 34巻“支配者の魔力”妖精王ハーレクイン新生!
 七つの大罪 35巻“いつか必ずお前を奪う”
 七つの大罪 36巻 “魔神王・覚醒”
 七つの大罪 37巻 “魔神王を倒したら”