2019年 4月発売ガンプラ一覧はこちら。本記事下部はこちら
初代AOZで、唯一戦ったTR-6の“素体”。プレバン限定・企画進行へ




D4UVka9U8AAlZZ1
 ウーンドウォート(右)をコアに、換装した[ハイゼンスレイII]が!

AOZ. ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに
 Zガンダム前日、及びその後を、敵対組織兵の視点から描いた物語の主役機
 主人公達が、実験部隊として積み重ねたデータの「完成機」
 TR-6の[ハイゼンスレイII]形態!

 これに“フルドドII”を装備すると、最終回形態「ラー」が再現できます!

 つまりまだ足りない!
 足りないままか、同時にキット化されるのか!!

 また初期主役機TR-1へ、後に搭載されたコア・ファイターが商品化

 こちらはキット化確定(ただしプレバン)。 

「HG 緊急脱出ポッド プリムローズ」。プレバンで近日受注開始

00049
D4UVjgEU4AA-pA2
 上の素体はA.O.Z Re-Bootより。左の重装備なのが[アウスラ]

プリムローズ
 UC.0080年代、Z前日譚で、ガンダムMk-II以前に生まれたTR-1
 TR-1ヘイズルは、ジム・クゥエルの頭をガンダム化し
 ガンダムが与える影響を試すMSでした

 更にコクピットをプリムローズへ換装すると、「ヘイズル・アウスラ」

 プリムローズは“II”へ発展し
 ティターンズ最終兵器、「TR-6」へ受け継がれます

 同時期、搭乗者と実戦データを持ち帰るコア・ファイターは各陣営が採用

 ティターンズは、組織自体が少数精鋭なのも一因だったようです

“Z計画”への対抗馬、フラッグ・シップMSとしての換装!

D4UVka9U8AAlZZ1
D4UVitEUYAA6FnL
1000124339_2
00013
 ハイゼンスレイII(右)に、フルドドIIが付くと「ハイゼンスレイII・ラー(左)」へ

TR-6[ハイゼンスレイII]
 TR-6を換装し、もはや面影がない程に変貌した“フラッグシップ”形態!
 ガブスレイ後継に相当し、高機動形態に変形可能
 Z計画機への対抗馬でした

 既に大勢は決していた為、“ガンダム”投入による戦闘の泥沼化を避けるべく廃棄へ

 ガンダムが出れば勝てる、ガンダムが敵なら落とさなければ
 と、戦場への影響が如実に現れた為です

 胴体にフレームが追加されており、「分離」も可能に

 AOZ劇中は失われるも、同型機が火星に渡って活躍する事になりました


 A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢- 1巻“U.C.0089”

※トップに戻る
当面の一般販売ガンプラ新商品一覧、プレバン除く

2019年4月新作
 MG Ex-Sガンダム/SガンダムVer.1.5、12,960円
 HGAC 1/144 マグアナック、1,296円
 HG-ORIGIN 1/144 シャア専用ザクII 赤い彗星Ver.1,944円
 HG-ORIGIN 1/144 ザクII C-6/R6型、1,944円
 SD ガンダム クロスシルエット シスクード、1,512円
 SD ガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)、1,512円

2019年5月新作
 RE/100 1/100 ビギナ・ギナⅡ、3,996円
 RG 1/144 クロスボーン・ガンダムX1、2,700円
 HGCE 1/144 デスティニーガンダム、2,376円
 ハロプラ ハロ エターナルピンク、540円
 SDCS 陸戦型ガンダム、1,080円
 SDCS シルエットブースター[ホワイト]、648円

2019年6月新作
 ハイレゾリューションモデル 1/100 ガンダムアストレイノワール、17,280円
 MG 1/100 ガンダムNT-1 ver.2.0、6,264円
 HGUC 1/144 シルヴァ・バレト・サプレッサー、2,916円
 SDCS ユニコーンガンダム、1,080円
 Figure-riseLABO ホシノ・フミナ[The Second Scene]、5,940円

2019年7月新作
 RE/100 1/100 ザクⅡ改、3,780円
 HGCE 1/144 デスティニーガンダム(ハイネ専用機)、2,376円

2019年8月新作
 HGUC 1/144 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(ユニコーンモード)(ナラティブVer.)[ゴールドコーティング]、5,400円

キット化発表
 機動戦士Vガンダム系MS(セカンドV?)

参考出品
 SDガンダム クロスシルエット イフリート
 HGUC 1/144 バルギル
 SDCS ユニコーンガンダム2号機バンシィ
 HGAC 1/144 ガンダムサンドロック