試し読み あまんちゅ! 15巻 感想
 天野こずえ レビュー 考察 画像 ネタバレ
 これまでの感想はこちら 前回はこちら
ぴかり、全身麻酔が見せる悪夢
新歓ダイブ! 一年・桜と、てこの交流

あまんちゅ 15巻 感想 00075
あまんちゅ 15巻 感想 00072
あまんちゅ 15巻 感想 00035
表紙は、写真=額縁に“今”を残したい双葉部長と
 額縁、写真を通じて伝えたい桜の姿か
 新部長、てこの全力疾走巻!
 新しい物語の始まり!

 怪我した相棒、ぴかりの分まで突っ走る!

てこ部長と桜師匠
 友達が怪我したからと、待ってるより大切な姿勢!
 遠慮屋てこが、“置いていく”のが成長ですわ
 ぴかりなら追いつくから!

 オフ会編は終始「光」。ホント素敵に楽しそう

 茜&ちずるに見せたい巻だった!

あまんちゅ 15巻 感想


・第86話「白の再生」
  …冒頭、あなたは誰?!
・第87話「新歓ダイビングin初島」
  …弟くん先輩、カムバーーーック!
・第88話「筋肉娘と人魚姫」
  …新歓編・後編!
・第89話「海職人」
  …一年生・桜の息抜き
・第90話「するめじん」
  …三年生・双葉が得た「答え」
・第91話「箱庭」 
  …写真が持つ、もう一つの力
・これまでの感想

あらすじ
カバー下担当は、一年コンビの紅葉さん

あまんちゅ 15巻 感想 00071
 マッスル! 手元にちっさい猫のせてんのかーい!!

あらすじ
 高校三年、ぴかりは進級早々全治三ヶ月の怪我
 しかし、てこ部長に遠慮するなと促し
 ダイビング部は好発進

 新歓ダイブは二年が主導、大成功!

 特に、一年の桜はてこに気に入られるが
 桜は「写真」に苦い想いがあった

 しかし「箱庭」を通じ、二人は意気投合

 ぴかりも回復し、ダイビング部は再始動する

第86話
静かに始まった冒頭、これは誰? これは彼女

あまんちゅ 15巻 感想 00003
あまんちゅ 15巻 感想 00005
あまんちゅ 15巻 感想 00007
あまんちゅ 15巻 感想 00010
あまんちゅ 15巻 感想 00012
 ぴかりとは思えぬ冒頭だった!

第86話「白の再生」
 病院。静かな空間、彼女らしくもない静けさから
 対し、てこさん言い切ります
 独りで歩けると

 まあ何て前向きな!

 そしてなんて残酷な。

 骨折の原因は自分だ
 と背負い込み、“いつものように”落ち込むてこ

 でも昔と違う。独りで立てた

 その成長が、こんなにも残酷だなんて!

姉ぴかりの弱気
妹から聞き、てこは“私のせい!?”と戸惑うも

あまんちゅ 15巻 感想 00017
あまんちゅ 15巻 感想 00019
 ダメになったのは、あなたを想ってですよ、

人がダメになる瞬間
 ぴかりの弱気は、てこに置いてかれたくない
 人を想い、強くなるヒトだっていれば
 弱くなるヒトだっている

 強くなったてこ、弱くなったぴかり

 てこ、辛くもあり嬉しくもあり

 単に「影響を受けた」とは違う
 なんてマイナスで、嬉しい事なんでしょう

 てことぴかり、正反対に進んでたのね

 ホント素敵に仲良しだこと!

全身麻酔
手術時、ぴかりが陥った感覚は

あまんちゅ 15巻 感想 00020
あまんちゅ 15巻 感想 00021
あまんちゅ 15巻 感想 00023
 走馬灯!?

言葉の先
 全身麻酔を、こんな風に描くなんて初めて見た!
 全身麻酔、呼吸すら自力で出来なくなる
 それって「死」だと

 ぴかり名言集は、全て“自分へ”

 てこに言って聞かせてた
 けれど同時に、自分にも言ってたのね

 他人を励ます「かっこいい自分」の裏側

「ああ、私はなんて情けない

 こいつはショックだ…

タイトル回収
てこ、“突き放してしまった”と反省する

あまんちゅ 15巻 感想 00024
あまんちゅ 15巻 感想 00025
 だがぴかりは「先に行って」ください。

最後の一年
 てこの反省へ、ぴかりの返しはショッキング!?
 でも、“ダメになった”ぴかりだから
 だから思うのか

 追いついてみせます!

 気付けば、てこは強くぴかりは弱く
 正反対に歩いてた

 解った今だからこそ、強くなるべき時よね!

 やっぱりぴかりは強い

 応えた、てこも「強くなった」なぁ… 

大切な「最後の一年」だから

あまんちゅ 15巻 感想 00026
 だからペースを落とさなくていい!

必ず追いつくから
 最後の一年なのに、怪我したのは正直びっくり
 でも、これが「象徴」なんですね
 手加減無用!

 怪我したからと待たないで!

 以前、てこは懸命にぴかりを追ってましたが
 逆転した今はどうする?

 ぴかりはどう思っていた?

 容赦なく置いていく友情!

 二人の「成長」を描く事件だったのね

第87話
新歓ダイブで知る、“弟くん先輩”の偉大さッ!

あまんちゅ 15巻 感想 00027
あまんちゅ 15巻 感想 00028
 彼がいなくなった途端、チャラ男が寄ってきた!

第87話「新歓ダイビングin初島」
 男が一人でもいる事が、“男除け”になっていた
 あの人は、心の鬼瓦だったんですね!
 カムバック兄貴ィ!

 新歓は二年、“中輩コンビ”が主導

 なのに、いきなり試練だとか
 神さま酷い!

 二年「ことり」は企画力抜群とも表現

 それぞれ見せ場で光るのう!

桜ガードガール、一年生・紅葉が出撃だ!
チャラ男に、彼女が見せたのは

あまんちゅ 15巻 感想 00029
あまんちゅ 15巻 感想 00030
あまんちゅ 15巻 感想 00031
あまんちゅ 15巻 感想 00032
 缶ジュース(中身入り)を潰したァ!?

誕生、デストロイヤー紅葉
 完全に、縦にブッ潰した腕力たるやオソルベシ!
 何なのあの子、左利き…?
 左利きなの…?!

 とまれ、一年と三年が初顔合わせ

 正確には「初」じゃない
 とまれ、ぴかりが明るくなって嬉しい!

 少し痛々しくもあるが!

 対し、オドオドする桜後輩てこII世ですね…

てこ先輩なら…!
てこ先輩なら、きっと何とかしてくれる…!!

あまんちゅ 15巻 感想 00033
 しかしてこ、驚きの眼力返しッ!

空は快晴、嵐の予感
 つくづく中輩コンビ、てこへの信頼感がパない!
 読者とは、“てこ”への印象が別物なんだ
 と深く感じる回!

 だがダメだ、てこさんおかしい!

 この子も、没入すると相当おかしいんですよね
 フフフこいつは楽しみだ!

 一年・桜が、写真はプロ級と聞いて食いついた!

 今日はシャークガールじゃねえの! 

第88話
波乱含みの新歓ダイヴ、ぴかりも心配も…?

あまんちゅ 15巻 感想 00034
あまんちゅ 15巻 感想 00035
あまんちゅ 15巻 感想 00036
あまんちゅ 15巻 感想 00037
 躊躇なく剥いたァ!?

第88話「筋肉娘と人魚姫」
 ぴかり、三ヶ月闘病スタートと共に始まった新歓!
 が、そんな「不安」が消し飛ぶような
 美しい風景だった!

 てこさん、食いつく食いつく!!

 この前向きさに、不覚にも笑い転げましたが
 返す刀の脱衣も笑う!

 紅葉はんアグレッシヴだわ!

 曰く「傷だらけだから凄くない」と。

 紅葉も、テンションおかしくなってんでしょうけど!

先輩たちに怖がられてしまった
強面な紅葉さん、繊細に奮闘中なのですが

あまんちゅ 15巻 感想 00038
あまんちゅ 15巻 感想 00040
 返す刀で触られた、褒められた!

桜とこだまも
 いやはやことりちゃん、てこ師匠に劣らぬ突撃力!
 桜の撮影、紅葉の筋肉をきっかけに
 打ち解ける事に成功

 サンキューマッスル!

 しかしいきなり触りに行くとか
 ことりちゃんさん、中々の夢中感ッスね!

 中輩ズも報われ、ぴかりも“見守る”事を覚えた

 なんだよGOODじゃあねーの!

曰く「母が張り切りすぎた」お弁当
しかし、桜後輩がこっそり教えてくれたのは

あまんちゅ 15巻 感想 00039
 作ったの母でなく、紅葉さん当人かよ!

紅葉のホント
 彼女、自分が作っただなんて言えなかったのか
 作った、と言ったら「引かれる」と思い
 母が作ったとウソを

 で、桜さんがこっそりバラした!

 見た目は強面、身体はムキムキ
 そんでさ心は繊細で。

 今日を、どんだけ楽しみにしてくれたのか!

 中輩冥利に尽きるってもんだったわね!

第89話
てこに気に入られ、逃げてしまった桜の“息抜き”

あまんちゅ 15巻 感想 00041
あまんちゅ 15巻 感想 00042
あまんちゅ 15巻 感想 00043
 どんどこ進化する、てこ部長の追跡力…ッ!

第89話「海職人」
 打ち解けた新部員、ぴかりも意外な角度で感動!
 作中、とかく元気がいい彼女ですが
 初期身長148cmなのね

 とまれ桜、てこを避けネトゲに没頭

 桜曰く、“気遣って貰っている”と解釈
 溢れる敬意…!

 が、人見知りってそれもキツいのよね

 てこさん、このポジションに立とうとは
 
いわゆるマインクラフト系ゲーム
写真も飾れ、ある日「するめじん」が訊ねた

あまんちゅ 15巻 感想 00044
あまんちゅ 15巻 感想 00045
 私は、何故こんなにも写真に惹かれるのか?

出会って一年
 思慮深い、“写真好き”するめじんに生じた疑問
 するめは、桜の造形・写真に惚れ込み
 桜=、“師匠”なら解るのでは?
 と思った

 対し、写真への想いを打ち明ける桜

 正直、言葉にすると詩的ですが
 感性の話だもの!

 恥ずかしい、感性全開の“本音”を口にできた

 たとえネットでも恥ずかしいぜコレは!

 それだけ「写真を好き」が、響いたのね

この人になら、写真のことを話す事が出来る
桜、“オフ会”を受けてしまうも…

あまんちゅ 15巻 感想 00046
あまんちゅ 15巻 感想 00047
あまんちゅ 15巻 感想 00048
 もちろんてこ先輩なのでした、ってね!

頭ぶらぶら
 やだてこさん楽しそう! 当人まるで気付かず
 師匠「海職人」を待つてこさん
 恥ずかしい姿で!
 
 てこさん、周りにもガン見されとる!

 つくづく、心がムッキムキになりました
 いや恥ずかしいらしいけど!

 上回るウキウキ感!

 中学の友達sが見たら聞いたら、どう思うやら!

第90話
発端は一年前、ゲーマー・弟くんのオススメ

あまんちゅ 15巻 感想 00049
あまんちゅ 15巻 感想 00050
あまんちゅ 15巻 感想 00051
 猫かよ! いや確かにそんな感じだけども

第90話「するめじん」
 誠先輩に勧められるも、既に立派な建物だらけ!
 気後れし、ふと「海は?」と潜ったことで
 変わり者達が出会った

 共に写真好き故、どんどん惹かれた

 意外や、話しかけたのは桜から
 動物っぽいからかしら

 時々現れ、バレてないつもりで覗いている誰か

 想像するだけで楽しくなっちゃうわ!

読者もご存知の通り
てこは昔から写真好きで…、だから疑問に思った

あまんちゅ 15巻 感想 00052
あまんちゅ 15巻 感想 00053
 一年時の、フォトスタンド事件か!

謎々解らないまま
 物語当初、どちらかというと危うかった“写真”
 でも、それがどんどん昂じていって
 今は「何故?」と疑問へ

 私は何故、写真を撮るのだろうか?

 疑問を持ち、答えを貰った

 なんて素晴らしい師匠でしょう!
 一生尊敬したっていい!

 桜の写真論が、実感を形にしてくれた

 気持ちを言葉にしてくれた

 こんなの尊敬しかないわ!

天より高く舞い上がり…
来てくれなかった事に、てこは己を責めた

あまんちゅ 15巻 感想 00054
あまんちゅ 15巻 感想 00055
あまんちゅ 15巻 感想 00056
 そしてバレてた!

失敗したー…
 桜は例外、事情を知ってるから当然なんですが
 知らないてこ、死ぬほどビビってましたね
 後輩にまで気付かれたなんて
 まあ未熟者!

 元より「師匠」は乗り気じゃなかった

 てこも、何となく感じ取っていたから
 己を責めるのもやむない

 ログインしなくなるのもてこらしい

 逆なら、引退したくなるだろうって思ったのね

 師匠に負担をかけたくない。

師匠を怖がらせてしまった
でも会いたい…、と約束もせずに同じカフェへ

あまんちゅ 15巻 感想 00057
あまんちゅ 15巻 感想 00058
 いい話からのオチ!

さあ幸福5秒前
 翌週、諦めきれずに出かけて行った双葉さん
 他方、“一週間ずっと見てた”桜
 勇気の再出撃!

 なお桜、会えるとは思ってなかったらしい

 それでも「もしかして」。
 勇気って、いつも状況を変えてくれる。

 でもアレだ「慣れてきた」てこさんすげえ

 結果、話しかけにくくなってて笑うわ!

第91話
桜が「写真の話」を避けるようになった訳

あまんちゅ 15巻 感想 00059
あまんちゅ 15巻 感想 00060
あまんちゅ 15巻 感想 00061
あまんちゅ 15巻 感想 00062
あまんちゅ 15巻 感想 00063
 彼女に「悪意」はなかった

第91話「箱庭」
 中二、写真雑誌の同年代投稿者によるオフ会
 同じ“撮る側”、写真好き同士と思ったら
 延々「嫌い」と評された

 プロなら“批評”を受けるもの

 きっと、だからその人は悪意がなかった
 それは想像できる

 当人、批評のつもりだったんでしょうか

 言われる側の気持ちを、考えない人がいる

 プロだろうと「人」なのにね…

ネットの書き込みは当然ある
でもわざわざ、当人に届くよう話されたら辛い…

あまんちゅ 15巻 感想 00064
あまんちゅ 15巻 感想 00065
あまんちゅ 15巻 感想 00066
 双葉さん、まさかの被りものカウンター

スタンス
 桜は、会いにこれなかった理由だと話すつもり
 てこ先輩、まさかのカウンターから拒否!
 話す必要はない

見る方向を変えましょう(双葉」

 暗いことを考えると、どんどん暗くなるから
 てこは誰より知っている!

 考え方のベースの話か!

 光を背にしてはいけない

 考える時、“良き事”を基調に考えたほうがいい

 軸足をどこに置くかって話!

桜は出会いで傷付いた事がある
双葉は、“私は出会えて良かった”と彼女に訴えた

あまんちゅ 15巻 感想 00067
 双葉の“解釈”を受けて、話を広げた

出逢いの力
 桜はきっと、同じ撮り手とこんな話をしたかった
 だって、写真を追及するという事は
 果てというものがない

 いくら学んでも足りない

 作り手同士、高め合えると思ったから
 当時は傷付いたのでしょうか

 でも今回、思う存分に語れた

「出会えて良かった」のね

写真は当人の過去だけじゃない
他人と、自分が得た感動を共感できる場だから

あまんちゅ 15巻 感想 00068
 そしてそれはきっと、漫画も同じ

写真という箱庭
 写真が与えてくれる、箱庭のような疑似体験
 海は“現実に存在するファンタジー”
 桜はそう感じた
 伝えたい!
 
 写真家師弟コンビ誕生!

 年齢は師弟逆、技術で桜が引っ張り
 心でてこさんが引っ張り!

 紅葉が見守る!

 背景まで含め、完璧なトリオじゃないの!

てこにとっても大きな一歩
他方、今巻ずっと見守る側だったぴかりも

あまんちゅ 15巻 感想 00069
あまんちゅ 15巻 感想 00070
 さあ新しい物語を始めよう!

始まりのGolden Wind
 先輩姉弟引退で、もう終わりかと思いました
 風呂敷を畳むどころか広げた!
 後一年をワンモアセッ!

 てこ先行も、部長復活!

 てこの心配も気にかけたり
 いよいよ、ぴかりの内面もクローズアップ!

 揃っていく様が最終回みたいだった!

 本作も「クライマックス」。

 最後に向けた再始動ってワケだ!

収録

あまんちゅ 15巻 感想 00001
あまんちゅ 15巻 感想 00002



 巻頭、何この帽子?と思ったら話の軸だった!

 ブレイドコミックス「あまんちゅ! 15巻」。天野こずえ。
 月刊コミックブレイド連載、マッグガーデン発行。
 2019年12月(前巻2019年4月)

あまんちゅ 15巻
 第86話「白の再生」
 第87話「新歓ダイビングin初島」
 第88話「筋肉娘と人魚姫」
 第89話「海職人」
 第90話「するめじん」
 第91話「箱庭」 
 これまでの感想
 
※トップに戻る

あまんちゅ! 感想 2016年夏アニメ 7~9月

 あまんちゅ! 第1話「少女と海のコト」
 あまんちゅ! 第2話「光といけないコト」
 あまんちゅ! 第3話「わくわくと幸せのコツのコト」
 あまんちゅ! 第4話「わくわくと諦める心のコト」
 あまんちゅ! 第5話「仲間と始めての海のコト」
 あまんちゅ! 第6話「ホントじゃない願いのコト」
 あまんちゅ! 第7話「雨のおわりのコト/夏のはじまりのコト」
 あまんちゅ! 第8話「秘めた思いのコト/まだまだ知らないコト」
 あまんちゅ! 第9話「消せない思い出のコト」
 あまんちゅ! 第10話「今日という一日を迷うコト」
 あまんちゅ! 第11話「猫と子猫のコト」
 あまんちゅ! 第12話「蒼い世界のコト」

あまんちゅ! 原作コミック感想

 あまんちゅ! 5巻
 あまんちゅ! 6巻
 あまんちゅ! 7巻
 あまんちゅ! 8巻
 あまんちゅ! 9巻
 あまんちゅ! 10巻“導かれし春”
 あまんちゅ! 11巻“理想郷”
 あまんちゅ! 12巻“文化祭のエピローグ”伊東、秋の大祭です!
 あまんちゅ! 13巻“初デート!”修学旅行の奇跡!!
 あまんちゅ! 14巻“二宮姉弟”卒業と再出発!
 あまんちゅ! 15巻“新歓ダイブ”てこと師匠と

※トップに戻る