公式 食戟のソーマ 35巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレあり あらすじ 内容 原作:附田祐斗、作画:佐伯俊 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
テーマは“この世にない皿”! えりな、朝陽勝利を望んでしまうも…?

00110
00109
00027
00098
   
えりな母登場! しかし“母子の気持ち”は、代弁ばかりに留まるのが見所か
 自分でなく、朝陽に託すべきだ。と、えりなが“我慢”してしまうのは
 彼女が、自ら母を幸せにしたい裏返しよね!
 幸せはそこにある!

 なら母さん、“娘に不味いと言っちゃう”のを恐れてるのかしら?

テーマ“五大料理の集約”
 未知な皿! 掴みどころがないと思えたテーマも、奇麗に落とし込み
 叡山戦で印象深い、“足し算の調理”みたいな合体宣言や
 香りが弱い、いつもの“香りの爆弾”か?等
 創真らしさ盛り沢山ですね!

 創真らしい“下馬評最悪”。早いもので、次巻・最終回か!

食戟のソーマ 35巻 感想

 第300話「呪願文」
 第301話「氷の魔女」
 第302話「魔手爪牙」
 第303話「“神の舌”の絶望」
 第304話「“神の舌”の呪い」
 第305話「親父越え」
 第306話「一箭双雕」
 第307話「魔術師の魔法」
 第308話「従える者」
 公式ツイッターより
 食戟のソーマ エトワール 感想
 これまでの感想

敵は天才! 対し城一郎は、選抜編で“創真には才能がない”と評した

00093
 才能がない。“それでも諦めず努力できる”創真は、自分より凄いと(13巻)。

あらすじ
 高校2年夏、世界若手料理人選手権大会THE BLUEは決勝トーナメントへ
 主催者・WGOブックマスターが、えりなの母・薙切真凪と発覚し
 タクミが田所が敗退する

 真凪も娘と同じ“神の舌”。えりなは、母を満足させられないと苦悩

 えりなはサイバ朝陽こそが、母を幸せにしてくれると捉えるが
 創真は「朝陽じゃ薙切を幸せに出来ない」と断言

 創真vs朝陽、テーマは“五大料理を集約した美食”

 先行した朝陽のバスティーは、薙切真凪の“体に”、旨いと判断させるが…?

第300話。連戦を強いられるえりな! 極端な“わがまま”の正体は

00031
00033
00034
00038
00039
00041
 ブックマスターがえりなの母だから! そりゃ“わがまま”だよねー

第300話「呪願文」
 登場時から、なんとなく察せられてたWGOトップが明らかに!
 意外だったのは、彼女がえりなを排除したい事
 異能「神の舌」は不要だから、と

 作劇上、“読者に正体を伏せたい人物”。やはり母だったか

 創真の母だと死亡していますし
 前章、「なんで薊と結婚したの?」は読者的に気になりましたから

 あと「も、戻ろうよ~!」の田所ッチ!

 先生的に可愛くてお気に入りなのだそーな 確かにッ!

第301話。えりなvsタクミ! 前巻、物語的に「出しきった」タクミは…

00076
00077
00078
00080
 えりな母・真凪は、舌が鋭敏すぎ、何も食べられなくなっていた。

第301話「氷の魔女」
 タクミ惨敗…! えりなは、忌み嫌った父と同じく“不満な皿”を廃棄
 えりなは、タクミに圧勝した皿を捨ててしまい
 彼女のトラウマが掘り下げへ

 母も神の舌。“自分では、母を満足させられない”のがトラウマだと

 作中考察では、だからこそ母はえりなを排除したとされ
 えりなも納得しています

 同じ才能を持つ料理人・母自身がダメだったなら、えりなも不可能だと

 でも、えりな排除には別の理由があるんじゃ…?

遠月、研鑽の日々! 薊編以降、改善した状況

00079
 なお久我vs葉山は、久我勝利(内心は辛勝でドキドキ)だそうな

十傑
 これまで“食戟”は賭け勝負で、自由に行えないのがネックでしたが
 薊編以降、自由な切磋琢磨ができる気風ができ
 良い意味で食戟が活発化

 選抜で優勝した葉山に、アリスが週間戦績で勝つ一幕も

 そうした、“研鑽”で磨き抜かれたアリス
 タクミでも遠く及ばない!
 えりな強し!

 改めてえりなが、作中別格なのだと描かれたのね

 今や彼女は、ザ・マン「十傑・零席」相当だと。

第302話。えりなの友達として! 田所、朝陽に挑戦する

00081
00082
00083
00084
00085
 快勝する田所ですが、「その田所を一蹴する」のが朝陽の狙い

第302話「魔手爪牙」
 田所が負かした二人の料理人、これを“クロスナイブズ”して見せよう!と
 とまれ田所は、いわゆる毒手モチーフの料理人と対決
 これを瞬殺しました

 五本の爪に、味の五大要素を染みこませた元・暗殺者家系!

 肉を焼く際、スパイスなど擦りこむのはお約束ですが
 大胆にアレンジしてきおった!

 技術は門外不出。故に、“未知の味”を求めるブックマスター垂涎…

 やっぱり田所ッチは可愛いッショ! 

第303話。テーマは“徳用肉”! そして、えりなの苦しみとは

00087
00089
00090
 えりなの絶望は、同じ“神の舌の料理人”母の挫折。

第303話「“神の舌”の絶望」
 神の舌という異能では、母・真凪を救えない! これが作中の軸
 ただ母自身は、「解るだろう?」としか言わないため
 何かの誤解なんじゃ…?

 とまれ朝陽、“肉質を爪で改善、高級食材に秀でた技術”で圧勝

 既に展開が押している為か
 えりなvsタクミ同様、片側の料理のみ解説で終了

 本作は“勝敗が読み易い”傾向で、田所勝利はありえませんでした

 消化試合はスキップされ、サクサク話が進んでおる!  

第304話。えりなの迷い。朝陽こそ、母が求めているものならば

00091
00092
00093
 ここで創真が言う薙切、母親(または母子)なのか?

第304話「“神の舌”の呪い」
 創真vs朝陽! えりなは、“母が求める男”・朝陽勝利を願ってしまう
 だが創真は、「えりなは言いたい事を言えてない」とし
 朝陽は“薙切を幸せに出来ない”
 と、断言

 思うに“えりなは、自分の料理で母を幸せにしたい”からか?

 きっと難しい話じゃない
 多分えりなは、ただ「母に食べてもらいたい」だけ

 母は、“娘の料理を不味いと思ったら?”と怖がってるのか?

 単に、互いが互いを好きだからってだけに思えます

 母は真意を言ってないのですから

第305話。敵は“城一郎を倒したナイフ”! お題、発表ッ!!

00094
00095
00096
 敵は「無敵の能力」! ジョジョみたいなコト言い出したじゃあねーか!!

第305話「親父越え」
 お題は“五大料理”の集約! 仏・伊・印・中、そしてトルコ!!
 テーマにかこつけ、自ら望む「未知な料理」を提案
 えりな母の提示で開戦!

 そして朝陽の“城一郎越え”とは、父・学生時代のナイフを使用

 読者的には、城一郎が絶望してた印象が強い!
 ホントに全盛期なのか?

 現・城一郎は世界を旅し、定食屋特化させた技術ですが…?

 ウーン…? やっぱ城一郎「負けてない」のか…?

第306話。朝陽は、“城一郎の絶望を越えた”と自称するも…?

00097
00098
 テーマは第23巻で若き城一郎が挫折した、料理人の苦悩

第306話「一箭双雕」
 次はもっと美味しい皿なんだよね? と期待される辛さ
 学生時代、城一郎は、成長し続けようと己を苛め
 最期は自滅してしまいました
 高度なマゾです

 対し朝陽は、「敵から技術を奪えば成長できる!」と前途洋洋!

 これまで倒してきた、無数の料理人の技術を集約し
 二つどころじゃなく膨らむ!

 曰く朝陽のやってる事は、遠月の理念“研鑽”そのもの

 研鑽を、上澄みだけ得て集約してるのね

対し創真は、一歩ずつ前に進むと宣言するも…?

00099
 効率の良い朝陽。対し、一歩一歩踏みしめて追いつくという創真

似たもの対決
 朝陽がやってるのは、他者と戦い技術を学び取る
 創真たち、遠月の「研鑽」と同じなんですね
 確かに効率は良いけど

 なら追いつける! やってる事が同じなら

 また朝陽は特定ジャンルを持たない、“要求に応える”万能型で
 創真の「お客の要求に応える」と近いのね

 師匠は同じで、やってる事も似てる

 ただ朝陽は、学生時代の父をベースにしてますが…?

第307話。創真の答えは、得意とする「足し算」の極致!

00100
00101
00102
 五大料理全部作って、一つに合体させる!

第307話「魔術師の魔法」
 叡山戦で印象的な、“足し算の調理”を突き詰めたスタイルか!
 問題は、五つ料理を作るという作業工程の多さ
 師・四宮の教えが生きる!

 前回の朝陽と被せた、“本当の主人公らしさ”を見せる創真

 作中、散々ツッコまれた朝陽のアレ!
 ここに繋がってたのね

 創真スタイル、“お客様の要望に応える”で組み上げた未知な一皿

 その答えは、最終巻へ持ち越しに。忙しいな最終巻!

第308話。“今まで、この世になかった皿”。朝陽の回答!

00103
00104
00105
00106
00107
 トルコアイスって、そうやって粘りだしてんだ! へー!!

第308話「従える者」
 朝陽は、江戸時代から存在した和洋折衷・卓袱料理! バスティー!!
 既存の皿ですが、五大料理のエッセンス全投入で創られ
 結果、「今までにない一皿」へ昇華
 えりな母も認めます

 が、えりな母は“身体が反応しただけ”で、旨いと言ったわけじゃない

 また香りの時点で、創真が競り負けていると指摘されるも
 創真は「香りを閉じ込める」料理も得意

 えりなを驚かせた「化けるふりかけ」のように、食べる寸前が大事!

 ラストページは、衣服が脱げまわる超常空間!

 朝陽の敗北フラグの行方は…?

収録

00029
00108











































































 次巻で最終巻、早いものですねえ

 週刊少年ジャンプコミックス「食戟のソーマ 35巻“神の舌”の絶望」。
 原作:附田祐斗、作画:佐伯俊。集英社
 2019年6月(前巻2019年4月)。

食戟のソーマ 35巻 感想
 第300話「呪願文」
 第301話「氷の魔女」
 第302話「魔手爪牙」
 第303話「“神の舌”の絶望」
 第304話「“神の舌”の呪い」
 第305話「親父越え」
 第306話「一箭双雕」
 第307話「魔術師の魔法」
 第308話「従える者」 
 食戟のソーマ エトワール 感想
 これまでの感想
 トップに戻る

 カバー下、空きスペースにはオマケ完備。

食戟のソーマL’etoile -エトワール- 感想 原作:伊藤美智子、作画:昭時大紀

 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 1巻
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 2巻 “伝統のレストラン”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 3巻“フランスの菜園から”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 4巻“出張料理人”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 5巻“わけあり”の天使
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 6巻“小次郎の異変”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 7巻“家出”

アニメ「食戟のソーマ」感想 2015年7月~12月 連続2クール 公式ツイッター

 1品目「果てなき荒野」
 2品目「神の舌」
 3品目「その料理人は笑わない」
 4品目「極星のマリア」
 5品目「氷の女王と春の嵐」
 6品目「肉の侵略者」
 7品目「静かなる丼、雄弁な丼」
 8品目「発想と創造の協奏曲」
 9品目「山を彩る衣」
 10品目「至上のルセット」
 11品目「東から来た魔術師」
 12品目「ひと皿の記憶」
 13品目「夜明け前の卵たち」
 14品目「メタモルフォーゼ」
 15品目「「修羅」と呼ばれた男」
 16品目「万里を駆ける料理人」
 17品目「官能の唐揚げ」
 18品目「青春の唐揚げ」
 19品目「選ばれし者」
 20品目「龍は臥し、天へ昇る」
 21品目「未知なる既知」
 22品目「日常を越えるもの」
 23品目「華開く個の競演」
 24品目「戦士たちの宴(完)」


 食戟のソーマ 弐ノ皿 第1話「その箱に詰めるもの」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第2話「交錯する光と影」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第3話「『玉』の世代」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第4話「追跡者」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第5話「一口目の秘密」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第6話「朝はまた来る」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第7話「喰らいあう獣」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第8話「旬を巡る戦い」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第9話「秋を告げる刀」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第10話「新たなる『玉』」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第11話「スタジエール」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第12話「魔術師再び」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第13話 最終回「威風堂々」

アニメ 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 感想 2017年10月 公式ツイッター

 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第1話「十傑に挑む」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第2話「麻と辣」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第3話「月響祭」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第4話「若き獅子たちの群れ」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第5話「翳りゆく食卓」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第6話「囚われの女王」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第7話「崩れゆく学園」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第8話「錬金術師-アルキミスタ-」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第9話「残党狩り」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第10話「鮭は踊る」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第11話「食卓の白騎士-ターフェル・ヴァイスリッター-」
 食戟のソーマ 餐ノ皿 3期 第12話「頂を目指す者【最終回】」


 食戟のソーマ 2巻
 食戟のソーマ 3巻
 食戟のソーマ 4巻
 食戟のソーマ 5巻
 食戟のソーマ 6巻
 食戟のソーマ 7巻
 食戟のソーマ 8巻
 食戟のソーマ 9巻
 食戟のソーマ 10巻
 食戟のソーマ 11巻
 食戟のソーマ 12巻
 食戟のソーマ 13巻
 食戟のソーマ 14巻 
 食戟のソーマ 15巻
 食戟のソーマ 16巻“囚われの女王”
 食戟のソーマ 17巻“見せしめ
 食戟のソーマ 18巻“反撃開始!!”
 食戟のソーマ 19巻“頂を目指す者”
 食戟のソーマ 20巻“凍っていた想い”
 食戟のソーマ 21巻“遠月列車は行く”
 食戟のソーマ 22巻“好敵手との再戦” 
 食戟のソーマ 23巻“荒野を拓く者”
 食戟のソーマ 24巻“ようこそ決戦の地へ”
 食戟のソーマ 25巻“落ちこぼれの生き方”
 食戟のソーマ 26巻“2nd BOUT”
 食戟のソーマ 27巻“3nd BOUT” ※十傑プロフィール掲載
 食戟のソーマ 28巻“一年坊主” ※4周年人気投票
 食戟のソーマ 29巻“終局戦”
 食戟のソーマ 30巻“二人の食戟”、連隊食戟最終戦・決着!
 食戟のソーマ 31巻 新生“遠月学園”
 食戟のソーマ 32巻“朝陽の実力”
 食戟のソーマ 33巻“真夜中の真価” 
 食戟のソーマ 34巻“交差する刃”
 食戟のソーマ 35巻“神の舌”の絶望