公式 機動戦士MOONガンダム ムーンガンダム 4巻 感想
 U.C.0092 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 福井晴敏 虎哉孝征 これまでの感想はこちら 前回はこちら
命名、ムーンガンダム!
ムーン・ムーンは、“NTの原理”を理解していた

00082
00081
00005
ジェガンのお兄さんジェダ! そのパーツ等を流用し
 アムロ機ディジェ改、物資不足感が堪りません
 第1部に続き、第2部もアムロから!
 流石ニュータイプ!

 NTの力の源、“全体”に繋がる薬が登場…?

内通者ほぼ確定?
 今巻は要は疑心暗鬼、同士討ちに等しい状況
 NTなら、“分かり合える人たち”なら!
 避け得るトラブルなのかなぁ…

 NTのリュースが、利用し立ち回るのが皮肉

 同じくNTユッタ、鋭さはミネバ限定?

ムーンガンダム 4巻 感想


・第18話「ザ・ファーストニュータイプ」
   …第2部の始まりもアムロ!
・第19話「暗い森で」
   …ムーン・ムーンは“NT”を理解していた?
・第20話「禍つ神、動く」
   …ニュータイプになれる「草」
・第21話「再起動」
   …命名したのは「彼」
 第22話「その名はムーンガンダム」
   …ガンダム頭の誕生経緯

登場メカニック
 MSK-008R リック・ディジェ改
 RGM-88X ジェダ
 RGM-86RF・FA ジムIIIパワードFA〈ブルドック〉

・シャアとは「別のネオ・ジオン」

 機動戦士ガンダムUC RE:0096 感想
 機動戦士ガンダムNT 感想
 これまでの感想

※MS設定画などは未収録

あらすじ
NTが起こす奇跡、源は死者の魂の場「全体」

00032
「全体」に繋がる薬、強化人間の製造薬?

あらすじ
 U.C.0092、ラー・ザイム配属となったアムロは
 シャアを探し、活発化した残党と戦っていた。
 一方、ムーン・ムーンは混乱の渦中

 ネオ・ジオンと光族は、一触即発

 リュースに促され、ユッタがガンダムを起動し
 光族を実力行使に出させてしまう

 がリュースは、ガンダムを“自軍”だと宣言し…?

 ラー・ギルスも、最終兵器“ブルドック”を実戦配備に移す



第18話
所属不明の残党に手を焼くロンド・ベル、だが!

00002
00003
00008
00012
 颯爽登場、復活の“リック・ディジェ改”!

第18話「ザ・ファーストニュータイプ」
 未だシャアは蜂起前も、残党側には情報が流れ
 そこかしこから、合流を図る残党が立ち
 連邦ロンド・ベルは大忙し!

 ガ・ゾウム、アクシズの上等なMSも!

 このクラスだと、なかなか荷が重そうですが
 さすがアムロは瞬間“拘束”

 腕の差がダンチ!

 ピッカピカにピカイチっすね!

しかし“腕の良さ”に、残党もアムロだと確信
投降でなく、道連れを図る…!

00013
00014
00016
00017
00020
 なお「セコハン」とは中古のこと

シャアはどこへ
 ザク側も、合流ポイントを漏らしてなるかと自決
 覚悟の決まり方が、ハンパでないことは
 同宙域が重要と示唆
 
 同宙域に消えた艦、ラー・ギルスが焦点

 また「一度は、シャア大佐と共に戦った」と
 アムロは裏切り者扱い。

 身勝手ともいえる物言い、人らしさを感じます

 反連邦組織、エグムの名も懐かしい 

騒乱が収まった今
ネオジオン、ムーンムーン、焦点はガンダムへ

00023
00024
00025
 サイコ・プレートを回収するアタラント隊

焦点のガンダム
 光るはずもないのに、ピカピカ光るプレート
 HGUCでも、劇中でも明言がないも
 正体はサイコ・フレーム

 戻る機能がない為、わざわざ回収。。。

 ネオジオン、アタラント隊は“戦力化”を考慮
 てか、ほぼ彼らのMSですし

 しかし、リナート隊長は渡したくない

 子供のユッタに、任せたくないのももどかしい 

航行不能に陥ったラー・ギルス隊
修理もままならない

00026
00027
00028
 捕えられたミネバ(おそらく影武者)

疑心暗鬼
 ムーン・ムーンのリナートも、生き延びたい
 だから、本来は嫌な「機械」も
 戦力化をしたい

 ギルス隊も最終兵器“ブルドック”を申請

 全陣営が、互いに疑心暗鬼しつつ
 生き延びようとする…!

 手に手をとれば簡単なのに

 思えば、“それが出来うるのがNT”であって

 俯瞰して見て感じる、人の虚しさ

第19話
ミネバを探すアゴス、“常識的な話”をするのだが

00029
00030
00031
 彼が何も知らない事に、激昂するサキ!

第19話「暗い森で」
 ムーン・ムーンの教え、人殺しは天国に行けない
 また、子供を捨てる森があって
 住む一族と接触禁止

 そうしたルールを、“踏みにじる”アゴスに激昂!

 何がタブーか知らない
 特に、死生観に関わるものはデリケートですよね

 アゴスたちは何も知らない

 彼が良かれと思っても、傷つけてしまうのね

だが住民自身も、あまりに無知だった
ムーン・ムーンの闇

00032
00033
 アルツトは草(麻薬?)を作り、交易材料に?

強化人間の麻薬?
 思えば当然。彼らはどうやって外貨を得てる?
 ZZの頃から、疑問を持って然るべきか
 ただ問題がもう一つ!

 裏のアルツト族は、"NT”に詳しい

 福井氏は、死者はエネルギーとなり
 あの世(全体)に行くと解釈

 その膨大なエネルギーと、接続できるのがNT

 ガンダムNTで語られた理屈、再び!

 アルツトは正しく理解してるのか

アルツトは、“NTに進化させる薬”をバラまき
コロニー住人全員に飲ませようとした

00035
00036
00037
 θのパイロット、サフィラは“薬”に気付いた!

各界注目のムーン・ムーン
 住民に薬を撒こうとし、失墜したのがアルツト
 奇形児は、医療が不十分な為でなく
 薬を撒いた為か?

 敗れるも薬を栽培、外貨に

 また、ユッタは純粋なNTというには
 少々勘が鋭すぎる

 ある種、強化人間なのか?

 単に、サイコ・フレームの影響かもしれませんが

ムーン・ムーンの人達を変えようとしたアルツト

00034
 何せコロニーなので、水に薬を混ぜるのは簡単…

アルツトの行動
 まんま、シャアのアクシズ落としに通じる行為
 福井氏的に、意図されたものなのかも。
 強引な変革と戦争

 古いものにしがみ付き、変わろうとしない人々

 強引に変える、NTにする為の悪事
 シャアに通じる気がします

 本作は逆シャア前日譚

 この事件、何かシャアに影響を与えるのか…?

交易で、莫大な富を持つリヒト家
しかし、その「奥方」には大きな秘密が

00038
00039
00040
00041
 実はアルツトの長こそ、本当の我が子か

奥方の秘密
 リヒト家家長と、リナートは何も知りませんが
 どうも奥様、我が子を“取り替えた”
 金髪リナートは偽物

 女の奇形を出産、金髪を“我が子”と偽った

 奇形を生んだと知られれば
 彼女は、富豪リヒト家から追い出される

 避けるべく、我が子を偽った

 普段は、変声器を使って偽っているのね

第20話
サキの様子がおかしい、アゴスはわざわざ教えてくれる

00042
00043
00044
 システムをガンダム側に最適化されたバルギル

第20話「禍つ神、動く」
 前巻、ミネバを見殺しにした事を悔いるサキ
 ユッタは、彼女は無事だと感じ取り
 大丈夫だと話すも…

 ユッタ、やはり“理解力”が高すぎる

 彼自身の特性か?
 或いは、サイコ・フレームが中継してる為?

 彼の“鋭さ”が、ミネバ限定っぽいのもポイントか

 システム的に繋がった状態なのか?

 ミネバ以外、サキやリユートには“人並み”ですから

ミネバは「諦めている」
彼女の在り方を、明敏に感じ取るユッタ

00045
00046
 遠く離れた人間でなく、今ここにいる自分を!

サキさん体当たり
 ユッタの在り方は、怪物めいたものに思えますが
 幸か不幸か、サキはそれどころでない為
 ただ彼女を追い詰めるばかり

 今、彼女は永遠に地獄で苦しむと恐怖

 自分とユッタは“人殺し”
 ユッタだけが、地獄で傍に居てくれる人だから?

 なのに彼がまったく応えないから

 今、そこにいるのに想って貰えないのは辛いね…

 彼はある面、“肉体に縛られてない”のか

連邦に捕縛、食事をとろうとしないミネバ
艦長は「外」を見る許可を出すも

00047
00048
00049
 星座の位置から、艦が行動不能と看破するミネバ

ブルドックとお姫様
 おそらくZZでの影武者ミネバ、政治にかなり聡く
 ジオンは、救出困難なら自分を殺すと判断し
 早めに殺しておけと提案

 自分が居ると、この艦は沈む

 連邦の捕虜として、政治利用される方が困る
 と「一手先」を読んでる

 ウバルドおじさんのわかりやすさと対極的!

 まさに「闘犬」っスね!

だが苦労人ラウロ艦長、別な想いを抱く

00050
00051
00052
 あなたは「13歳の子供」だと

神輿の13歳
 彼は悲しい、“君はもっと他愛なく生きていい”
 彼自身、娘がいるからこそ
 悲しく感じたのか

 偏見の塊に育てた「大人」から守りたい

 本物のミネバへ、シャアが抱いた想いと
 まったく重なるものでした

 高貴な生まれには義務がある

 それは当然かもしれないけれど…、悲しい。

「ミネバ」には、確かにその岐路があった
だが、もう戻る事なんて出来ない

00053
 過去には戻れないと哀しげなミネバ

刻が未来に進むと
 コロニー落としで、故郷を失ったサフィラや
 我が子を、日陰者にしてしまった親
 皆が皆そう

 過去には戻れず、現実に向き合うしかない

 ただニュータイプは、時をも支配する

 特に、ガンダムNTで強調された事ですが
 本作でも関わるのか?

 リナート隊長の母さん、まさかの重要人物…!

ネオジオン軍特務リュース少佐
アルツトの長が、“NTのよう”である原因を突く

00054
00055
 本物のリナート=レイメルを誘うリュース

友達100人計画
 アルツトに、“禍つ神“と称されるリュース始動!
 アルツトが、ある種の強化人間であるなら
 真なるNTを“神”と捉えるのか?

 人間にNTのような知覚力を与える草

 それは、既にコロニー全体にあふれており
 人々は「毒」に囲まれてる

 それが不具者が生まれやすい土壌なのか?

 ベトナム戦争的なモチーフ?

第21話
サキはミネバを“見殺しにしてない”。証明する!

00056
00057
00058
00059
 ムーンガンダムと命名したのはリュース!?

第21話「再起動」
 ラスボスらしき彼が、主役機を命名するとは因果
 とまれ、サキはミネバを見殺しにしたと告白
 ユッタが動き出す契機に

 際し助けてくれたのがリュース

 彼女は、ミネバが囚われた状態を維持し
 騒ぎを助長しています

 アリの巣に棒を突っ込む感覚か?

 騒ぎを起こし、“友達作り”が狙いと思われるも…?

ネオジオン艦アタラント3
内通者は、サフィラに脱出を促すも…?

00060
00061
00062
 22話的にも、クラースが“内通者”と示唆も…?

内通者
 彼は、サフィラがコロニー落としの犠牲者と把握
 ネオ・ジオン時代、その暴挙を止められず
 再発を防ぎたいらしい

 ミネバを欲してるのは、シャアではない

 当時、ジオンには異なる派閥があった事
 ハマーン派閥残党か

 θに場所にゲーマルク後継機、ZZ色が強い本作

 シャアのネオ・ジオンが、わざわざ新型を調達した件への前日譚か?

サフィラ脱走!
しかし、アゴス君のおかげで早々に大騒ぎ?!

00063
00064
00065
00066
 同乗し、サイコプレートを理解するリュース

サイコ・プレート
 バルギルは、どうも本来サイコフレーム搭載機
 何故か、旧式サイコミュに差し戻された為
 旧式、高度なNTを必要とし
 難物化してました

 が、プレートでサイコミュ容量がアップ

 アレはサイコミュ、意識を受信・蓄積する装置
 外付けサイコ・フレームで大容量化!

 機体外に大量のサイコフレーム

 その“硬化現象”を、武器に用いてるのね!

このガンダムは、“君の心”に反応する

00067
00068
 ミネバを想う事で、プレートとリンクするユッタ

拾い物
 リュースはミネバをエサに、騒ぎを広げており
 友達、自らの戦力となりうるNTを集め
 コネを作る狙いらしい

 彼はミネバを欲する派閥の長? それとも?

 前巻で、圧倒的な強さを見せたダグ・ドール
 今巻はまったく出番ないな!

 NTを集めて何がしたいのやら

 シャアが人類のNT化なら、こっちはNTだけで好きにやる国家作り?

第22話
ガンダムは敵に回った! 警戒するネオ・ジオン

00069
00070
00071
00072
 しかしガンダムどころじゃねえ?!

第22話「その名はムーンガンダム」
 第1巻でアムロが倒したガンダムは、シャアの托卵
 つまり意図的に、サイコフレーム技術を渡し
 ティターンズにテストさせた

 成果が、巡り巡ってリュースの手駒に?

 おそらく、シャアと敵対する彼にすれば
 痛快な展開って奴!

 彼は、ユッタの“パイロット”適性も洞察

 NT能力でなく、地頭を見るのがシャープですね!

弓矢と剣で、軍艦に押し入って来た!
∀ガンダムじゃあるめえし!?

00073
00074
00075
 MS的なシールドは、外部から学んだものか?

発砲不許可!
 無知って怖い! 白兵戦をかけるムーン・ムーン
 が、彼らを怒らせたら港に居られない為
 ネオジオンは守勢

 ムーンガンダム乱入でむちゃくちゃだよ!

 ムーンムーンは、ガンダムを敵と認識し
 ネオジオンも同様に敵と認識

 戦端は完全な誤解

 傍から見れば、殺しあう必要ないのがリアルよね!

見つかってしまったサフィラ
内通者は、己の安全の為に殺そうとするも…?

00076
00077
00078
 彼女を撃ったのも、クラース中尉だと示唆

命の判断
 ユッタは、アルス・ジャジャもサフィラも救助
 リュース、この時ばかりは不満だった模様
 冷徹な判断が出来ないな
 と

 命がかかっていれば、味方だろうと殺す

 それが、リュースの求める“お仲間”でしょうが
 ともあれサフィラは助かった

 また内通者の狙いは、ミネバを利用する奴の妨害

 リュースの敵側って事になるのか…?

咄嗟に甘い判断をしたユッタ
リュースは、もう充分だと機体制御を奪うと…

00079
00080
 自らの身分を明かし、戦力としてお披露目!

リュース・クランゲル少佐
 半ば、水戸黄門のような正体明かしで次巻へ!
 アタラント3は、面従腹背するでしょうが
 彼も承知のはず…?

 やる気満々なブルドックと激突か!

 ウバルドさん、また酷い目に遭っちゃう!?
 いやアムロ隊が間に合うか?

 火力おばけ相手に、サイコミュおばけはどう戦う

 トリコロール色は、多分リュースの指示なのね

MSK-008R リック・ディジェ改
1年前、第1話でズタズタにされたアムロの愛機

00005
 左右対象となり、よりガンダム的

MSK-008R リック・ディジェ改
 相変らず、新型機が回ってこないアムロですが
 補修に加え、彼専用にチューンされ続け
 現場の苦闘が見えるMS
 色も白色系に

 腕部反応は、15%も向上したとか

 両肩が、ジェダ用パーツに変わった辺り
 現地改修感がいいですね

 久々に初代ガンダム同形状のシールド!

 量産品だから、どんどんブン投げて欲しいです!

RGM-88X ジェダ
ガンダムMk-IIとジムIII、ジェガンの間を埋めるMS

00003
 パイロット共々「ハイストリーマー」初出

RGM-88X ジェダ
 エゥーゴ勝利で、スポンサーAE社が大躍進し
 同社が、連邦主力量産機を受注した成果
 ハマーン戦争期に計画

 今回の機体は「量産検討機」

 しかし、連邦軍が予算削減を行った為
 既に後継機ジェガンが誕生。

 意図せず、アムロ隊に高級機が残った感じか

 ガンダムMk-IIの影響が強く、ライフルもMk-IIと同性能との事 

RGM-86RF・FA ジムIIIパワードFA〈ブルドック〉
闘犬の名を関した最終兵器!

00040
 あまりの重武装で、誤爆を恐れ投入できなかった

RGM-86RF・FA ジムIIIパワードFA〈ブルドック〉
 古式ゆかしい“初代ガンダムのフルアーマー”直系
 その後、FA計画はアナハイム社が継いだも
 こちらは連邦独自に発展
 純正って奴!

 見た目にRX-81やバーザム、TR計画の面影

 重装甲化は当初、ジオンMSの実弾に有効も
 ビーム兵器全盛で停滞

 コーティングの発達が、重装甲の優位性を復活

 ジェスタはAE社製、ならこっちはエコーズ仕様に繋がる装備か

シャアと別陣営が、ミネバを欲していると描写

00061
 元ハマーン派閥、“ザビ家信奉者”か?

ネオ・ジオン
 THE ORIGIN地上波で浸透した、シャアの出自
 元王子にして、ザビ家統治下の英雄ゆえ
 広く支持を集めたシャア

 なら敵は、ザビ家の信奉者か?

 リュースはそれを利用?
 ZZ時、コロニー落としを進めたような連中?

 逆シャアでのシャア軍は、新型MSに統一 

 既存アクシズ系MSを使わなかった、理由付けとなる話なのかも(ギラ・ドーガも、元設計はアクシズですが)。

収録

00009
00010
00011
00001





 可変しつつ逃げるも一閃! 冒頭カッコ良かった!

 コミックスエース「機動戦士MOONガンダム 4巻」。
 原作:福井晴敏 作画:虎哉孝征 メカデザイン:平部一平
 月刊ガンダムエース連載、KADOKAWA発行。原作:福井晴敏 作画:虎哉孝征 メカデザイン:平部一平
 2019年10月(前巻2019年3月)

ムーンガンダム 4巻 感想
 第18話「ザ・ファーストニュータイプ」
 第19話「暗い森で」
 第20話「禍つ神、動く」
 第21話「再起動」
 第22話「その名はムーンガンダム」

登場メカニック
 MSK-008R リック・ディジェ改
 RGM-88X ジェダ
 RGM-86RF・FA ジムIIIパワードFA〈ブルドック〉 
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 感想
 機動戦士ガンダムNT 感想

・これまでの感想

 MOON GUNDAM MECHANICAL WORKS未収録

※トップに戻る

機動戦士ガンダムUC RE:0096 感想 2016年春、夏アニメ 4月~9月

 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第1話「96年目の出発」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第2話「最初の血」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第3話「それはガンダムと呼ばれた」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第4話「フル・フロンタル追撃」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第5話「激突・赤い彗星」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第6話「その仮面の下に」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第7話「パラオ攻略戦」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第9話「リトリビューション」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第10話「灼熱の大地から」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第11話「トリントン攻防」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第12話「個人の戦争」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第13話「戦士、バナージ・リンクス」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第14話「死闘、二機のユニコーン」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第15話「宇宙で待つもの」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第16話「サイド共栄圏」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第17話「奪還!ネェル・アーガマ」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第18話「宿命の戦い」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第19話「再び光る宇宙」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第20話「ラプラスの箱」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第21話「この世の果てへ」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 最終話「帰還」


 機動戦士ガンダムUC 第11巻“戦後の戦争/不死鳥狩り”
 機動戦士ガンダムNT
 機動戦士ガンダムNT 小説版“サイコ・フレームの真実”
 機動戦士ガンダムNT 1巻“ナラティブガンダム”
 機動戦士ガンダムNT 2巻“不死鳥狩り作戦”


 機動戦士ムーンガンダム 1話“アムロが墜としたガンダム”
 機動戦士ムーンガンダム 1巻“ガンダムの共鳴”
 機動戦士ムーンガンダム 2巻“月のガンダム”
 機動戦士ムーンガンダム 3巻“第1部完”サイコ・プレートの正体
 機動戦士ムーンガンダム 4巻“ニュータイプの薬”
 機動戦士ムーンガンダム 5巻“ジオンの忘れ形見たち”

※トップに戻る