公式サイト バンドリ 2期 BanG Dream! 2nd Season 第11話 感想 ホシノナミダ レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり ゲーム版は未プレイ Abema配信(外部) 19時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
おたえの選択。ポピパにいるべきか RAISEに行くべきか それが問題だ!

00748
00670
00807
“おたえ”を込めた歌! 歌にして答えるおたえも、奏でて返事した有咲も素敵だ!
 おたえ自身はポピパ一択、それでも迷ってしまったのは
 香澄達が、本気で悩んでくれたから
 互いに友達想いだから

 寂しげな“ホシノナミダ”、互いを想っての涙だったのね?!

ポピパはポピパ
 ソロだから寂しくて、でも他4人も心は一緒、とばかりに楽器を描くのが綺麗でした
 香澄が、「ポピパを離れてもポピパだよ(意訳)」とフォローした時は
 正直、一時離脱もアリかとドキドキした!
 香澄泣きすぎ!

 パレオの派手さと能天気さも、意味あるものだったのね

BanG Dream! 2期 11話 感想

 第11話「ホシノナミダ」
 アバン
 OP「BRAVE JEWEL(TV.Size)」歌詞   
 Aパート「なんか変」
 チュチュin蔵
 友達同士のバンドだから
 パレオの恩
 ポピパの休日
 ポピパはポピパ(byロック)
 Bパート「ポピパはポピパ(by香澄)」   
 劇中歌「STAR BEAT! ~ホシノコドウ~(TV.Size)」歌詞
 みんなに きいてほしい
 劇中歌「Returns(おたえソロ)」歌詞
 ホシノナミダ
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 BanG Dream! バンドリ!第1期 感想
 ガルパピコ 感想
 これまでの感想
 AbemaTV 配信ページ(外部サイト)
 公式配信「バンドリちゃんねる☆」(外部サイト)

原点回帰、おたえの懐かしい暴言(?)再び!

00043
00062
 へんたいだ…。第1期 第4話より)。

出会い・おぼえていますか
 続く「有咲のほうが変だよ!」も、サイコーでしたね!(脱線)。
 もちろん、ある思い込みに基くちょっと変な発想でした
 おたえこそ変だった回!
 積み重ね!

 おたえも香澄達と出会うまで、独りだったんだってのも今回の肝!!

 ずっと一人だったおたえ
 皆と一緒のおたえ

 今回、色んな構図が綺麗でした

そしてやっぱり、彼女達を見守ってくれるのは

00814
 有咲の婆ちゃん、目と声が優しい…。

あらすじ
 友達思いなおたえはポピパに遠慮している。と主張するチュチュ
 沙綾と有咲は、おたえはRAISEに行くべきではと考え
 おたえ自身も動揺してしまった

 香澄もおたえに選択を促し、STAR BEAT!を彼女に贈る

 おたえは結論を「Returns」として歌にし
 これを聴いたポピパの面々は、おたえが心から自分達を選んでくれたと感動

 特に沙綾は、変わらず信じ続けたりみにも感謝するのだった

 次回、BanG Dream! 2nd Season 第12話「Returns」

香澄『おたえを頂くって…!』

00555
 前回、和奏レイは佐藤ますきにたえと過ごした過去を語った
 6月15日と16日、RAISEはワンマンライブを敢行
 1000人もの会場を沸かせ
 たえは脱退する

 しかしポピパは圧倒され、更にチュチュが「たえを譲ってくれ」と現れる

『タエ・ハナゾノを我がRAISE A SUILENに正式にスカウトしたいと』

00557
00558
00560
00561
00564
 私どもの主催ライブは如何でしたか~?(チュチュ)

チュチュ
 いやはや! チュチュ君 煽 り お る ! 心を折るRAISEとの実力差
 RAISEに加わった方がタエ・ハナゾノの為になる
 と言外に告げるチュチュ

 素直に感動するのも香澄らしいですが、まさにショックです

 頭をおたえで殴られたような衝撃に落ち込むポピパ
 全く気付いてない当人!

 ニコヤカに現れ、打ち上げにいってしまうおたえ

 おたえ! 今まさにあなたで揉めてるの!!

純度高い想いは宝石となり 涙も汗も皆 自分を照らす

00060

■BRAVE JEWEL
 歌:Roselia
 作詞:織田あすか(Elements Garden)
 作曲:上松範康(Elements Garden)

 自分を責めないで 抱きしめなさい
 弱さを知る者は 強さを宿す
 貴方は手にしてるから

 光に点滅した闇 誘われず追いかけないで
 仲間の眼 離さないこと
 高みを目指すからこそ 出逢う壁
 心が半開きのまま 受け止めないで

 傷口庇えば 本物は遠ざかるだけ
 平和にもたれず埋もれず
 Every day, Let's do the best!
 Get in, Get in, Your heart

 純度高い想いは宝石となり
 涙も汗も皆 自分を照らす
 無限が綴る可能性 握って
 諦めないと叫んでみて
 揺るがない地平線のよう 果てしない存在となれ
 Ready go now!


00026
00028
00030
00034
00035
00036
00037
00045
00046
00048
00049
00050
00060
00069
00073
00075
00076
 先週に続きRoseliaオープニング! 次回もでしょうか?

BRAVE JEWEL
 ポピパが空中分解寸前な今、キャッキャウフフな主題歌は合わない?
 このOPは、登場するのがRoseliaだけに絞られており
 正直、ちょっと違和感がありました。

 でも思えば、今の状況にピッタリ合ってますね!

 曲も、壁にくじけず諦めずに挑めと歌い
 打ちひしがれた今そのもの

 今期ポピパはRoseliaの主催ライブに影響を受け、助けても貰いました

 パスパレも文化祭で活躍、Afterglowとハロハピは来期活躍?

おたえ『千聖さんから、正式にオーケー出たよ~♪』

00565
00566
00568
 ? 主催ライブのゲスト、パスパレ……?(おたえ)

Pastel*Palettes
 昼休み。先日“やまぶき色のお菓子”で、千聖と縁が出来たおたえは
 アイドルPastel*Palettesの参加を取り付けた
 が

 ちゃんと言えよ~、一瞬何かと思っただろ~

 そんな有咲達に困惑するおたえ
 彼女の中では、綺麗さっぱり“RAISE”を卒業した証ですね

 冒頭といい、いつものおたえが戻ってきた!

 戻ってきてないのはポピパだ!

沙綾『チュチュって子に言われたんだ、“おたえをください”って…』

00572
00574
00575
00576
 断わる!(おたえ)。

即断即決
 曰く「なんか変」と、おたえが言う程。おたえに変と言われる程!
 実は、チュチュからも「皆に会いたい」と言付かっており
 即、これを断わろうとします

 まさかそんな事に! と即・断わろうとするおたえ

 まあ力強い!
 が、りみは「大丈夫なの?」と問います

 何せ前回も罵られましたし、そう言われるとおたえも怯えた様子

有咲『今日は? …学校終わったら、ウチ集まるだろ?』

00577
00578
 無視したってモヤモヤするし、こんな状態で主催ライブの準備なんか出来ないだろ

determinazione
 うろたえたおたえは、正直イヤそうにしながら断わろうとしました
 が、思い切った提案をしたのは有咲!
 意外ッ! それは有咲!

 放課後蔵に集まる、皆でチュチュに会おうじゃあないか

 心細そうなおたえ
 昔は、人づきあい苦手だった有咲が良くぞここまで…!

 おたえは自分の身は呈してまでも「責任」は取ると「覚悟」していた!

 だが「覚悟」とは…犠牲の心ではないッ!

ワーーーーオ♪

00580
00582
00583
 vintageのスゴい奴~♪ これも! これも! すっごーい!!

スゴい奴
 と有咲なりの覚悟で迎え撃つも、チュチュは意外やおおはしゃぎ!!
 何がって、有咲の蔵コレクションがvintage!
 年代物だったのだ

 すっごーい! ナンデー!?/あ…、全部じいちゃんの…

 いや有咲、めっちゃ懐かれとる!
 チュチュ可愛い!

 この蔵、祖母が貸してくれた機材、実は爺ちゃんのだったのか

 第2期にして明かされた真実!(ゲーム未プレイ)

パレオ『チュチュ様、まずご挨拶をっ!』

00584
 基本的に、自信満々傲岸不遜なチュチュも、やっぱり「好き」なのね
 音楽や、関わる諸々が大好きなんだな
 って凄く解ります
 好き。

 パスパレの機材オタク、大和麻弥さんと閉じ込めたい…

 ついでに上からチョココロネを投げ込みたい…

チュチュ『ふ、ふん! …本日はお時間いただき、ありがとうございます』

00585
00586
00588
00589
 どうして…?(おたえ)/決まってるじゃない(チュチュ)

チュチュの結論
 パレオに促され、チュチュは「おたえが欲しい」と再提案
 曰く、おたえに二つ兼任するパワーがないから
 と

 でも、この前のライブでおたえは最後って…(香澄)

 前回で断わられたチュチュ
 しかし、「二つ出来ないならウチでやんなさい」と

 自分の正しさを疑わない勇気!

チュチュ『イエス! サポートギターは最後』

00590
 ハナゾノは、新たに私のギタリストとしてSTARTするのです!

けじめは大事
 強引な理屈に、沙綾は「勝手に決めてない?」と言います
 大事なのは“おたえの気持ち”だと。
 でも
 
 ハナゾノ一人に話しても、意味がないと思ったので

 前回、おたえの気持ちは聞いた
 拒否された

 だから今回、「皆を集めて」と話を通したんですね

チュチュ『Poppin'Partyは、“友達同士で組んだバンド”ですよねえ…?』

00592
00593
00600
00601
00602
 友達思いのハナゾノは、きっと皆さんに遠慮しますよね?

友達
 大事なのはおたえの気持ち、でも“友達思いなおたえ”は遠慮しますよ
 おたえは、「友達」のあなた達には本心を言えないんです
 だって、遠慮しちゃうから。
 確かに一理ある

 ガールズバンド時代を切り開く!

 対しRAISEは素晴らしい!
 時代の表舞台、注目はこれから自分達のものになる!

 おたえはその一人たりうる、素晴らしいギタリストだと絶賛するチュチュ

 この子、ホントおたえに惚れこんでるのね!

パレオ『RAISE A SUILENは、チュチュ様の音楽を表現する為のバンドです』

00606
 パレオも、RAISEが厳しいオーディションで結成されたバンドであり
 集まって間もないですが、素晴らしいメンバーと自負
 これでさよならは寂しいです

 自分もファンも、レイヤさんも寂しいです、と。

 おたえの急所をグイグイ突いてくる…

チュチュ『七年のブランクはゼロに等しい、二人のgrooveは本物よ』

00608
00609
00611
 ハナさん…、パレオ達とのバンド…、楽しくなかったですか…?

チュチュとパレオ
 確かに勝手な話。でもパレオも、彼女なりに“仲間”の為に心から説得
 ますきも、レイヤが泣いてないかパレオが心配していた
 と代弁しましたものね

 いい返事を期待しています、“友達思い”の皆さん?

 理屈に訴え、嫌味ったらしく去っていくチュチュ
 情に訴えるパレオ

 意外にパレオ、しっかりチュチュを支えています

 前回もでしたが、内面かなり真面目なのね

パレオ『チュチュ様は、口は、ちょっと悪いですが…』

00612
00613
00614
 見る目は確かです。暗闇から、「パレオ」という私を見つけ出してくれた…。

ちょっと(控えめな表現)
 口は悪いですが、と意外にばっさりフォローしたパレオですが
 続く言葉で、香澄をハッとさせました
 恩人なんだと

 笑顔を絶やさない“パレオ”は、一種の自己解放らしい

 多分、普段はもっと地味で真面目だった彼女が
 秘めていた“なりたい自分”

 パレオでいいよ、素晴らしいよ!と肯定して貰ったんでしょうか

 派手で明るい、強烈なキャラは“わざと”だったのか

おたえ『………ごめん…、………私…、RASには』

00615
00616
00617
 沙綾、今すぐ決めなくてもいいんじゃない?とおたえを止めた。

友達思い
 本当は有咲は、「うるせえ!」と叩きだすつもりでチュチュを呼んだ
 しかし、チュチュが心からおたえを評価してると知り
 それにデカい目標もあって
 実力も伴ってる

 何も…、言えなかった(有咲)

 ぐうの音も出ないほど「正しかった」。
 ただし、おたえ自身はPoppin'Partyに居たいと言ってる

 でもそれさえ「友達同士だから、遠慮してんじゃ?」と言われてしまった

 悪魔的…、悪魔的説得…!

おたえ『今日は…、家で弾く』

00620
00623
00625
 ごめん…、先延ばしにしちゃった…(沙綾)

RAISEとおたえ
 おたえは断わろうとしましたが、RAISEのライブに沙綾は動揺
 彼女は、あっちに居た方が良いんじゃないか?
 と 
 
 あいつら…、あの頃から知り合いだったんだな……

 有咲も、レイが同じミュージックスクールの麒麟児だったと思い出し
 おたえと七年越しの付き合いと知った

 RAISEはおたえを認め、目標を持ち、凄いライブをし付き合いも長い

 おたえの中で解決し、おたえの外で問題になっておる…

レイヤ『チュチュ! 何考えてンの!?

00629
00630
 ハナちゃんをスカウトするなんて聞いてない!

轟沈
 最後の牙城、おたえの“今”を大事にしてくれるレイヤさんですが
 おーっと! チュチュから剛速球!!
 と

 レイヤは反対…? ハナゾノと続けたくないの

 悪魔の囁き
 RAISE、おたえ最大の味方も轟沈

 チュチュ余裕の表情、まあ小憎らしい子!

 アホ毛ひっこ抜いてやりたい!

おたえ『………』

00631
00633
 はあ、と吐息を洩らすおたえ

傍目に
 問題はおたえ、あっちに行くメリットがあまりに多すぎる上
 傍目、彼女も迷っているように見える事から
 どうにもハラハラ

 日頃から何考えてるか謎、「おたえの考え」が今週の鍵

 ところで、うさぎ率が高すぎません…?

休日、盛大に目覚まし時計が鳴り響く戸山家(香澄ハウス)。

00634
00636
00637
 もー、起きちゃったじゃん…(戸山明日香)

槍でも降りそう
 姉が糸切れ凧で、妹がしっかり者な戸山家ですが
 朝だけは姉の方が強いのも特徴
 で

 行ってくるね…?/? …行ってらっしゃい

 基本、だらしない姉が休日朝から出かけていくわ
 妙に神妙な表情だわ。

 妹的に、UGM-133 トライデント II D5でも降るんじゃないか?って表情

 パジャマかわいい

沙綾『……私、なんでいつもこうなんだろう……』

00638
00639
00640
00641
00642
00643
00645
 あら? 香澄ちゃん! そんなところに居ないで入って?(市ヶ谷 万実)

駅からだいたい200歩
 有咲の婆ちゃんが喋った!? しかし休みなのに誰も蔵に集まらず。
 有咲でさえ、自室で“RAISEの評判”をネット検索し
 過去、バンドを空中分解させた沙綾
 気に病まない訳がない…

 他方RAISEは最高、“ニューカマー、新人では過去最高”と大絶賛!

 文化祭中、香澄が頑張ってた主催ライブポスターは完成し
 主要4バンドが全て参加!

 もちろんRoseliaも

 友希那先輩、ホント香澄を可愛がってますね!

おたえ、手作りの“ギター袋”とアンプに目を留める

00648
00649
00650
00651
 き、ら、き、ら、ひ、か、る… おそらのほし よ…(回想)

きらきらぼし
 おたえが思い出したのは、第1期4話ようやく打ち解けた時
 素人の香澄は、まったくギターを弾けなかったので
 おたえに教えて貰いました

 裁縫の授業で「袋」が課題になった時、二人揃って「ギター袋」を制作

 結果、デカすぎて二人とも居残りになってしまい
 仲が深まった事件

 ううむこうして羅列すると、改めてどっかおかしいのう!

 おたえ、めっちゃ優しい顔で見守っておる…

香澄『ねえロック…、ポピパって…、ポピパだよね?』

00654

)六花
 は…、はい!
 ポピパさんはポピパさんですっ!!
 キラキラしていて…、楽しそうで…、ステージで演奏する皆さんを見ていると

 バンド楽しいッ!

 って気持ちがすごく伝わってくるのがスゴくーーーーーーー!

 !?
 ステージに立ってなくても、大好きです~…

)香澄
  うん…、ありがとう。私もポピパ大好きっ


00656
00657
00661
00662
00663
00664
 おたえ…/きちゃった…

外から内から
 持つべきものは濃いめのファン! 香澄の質問に即答できちゃうロック
 ポピパはポピパ、メンバーである香澄自身も
 外部の人間ロックも同意見!

 再確認した折、おたえが現れて…

 演奏家冥利に尽きる愛され方!
 ポピパの長所は、「バンド楽しい!」って想いが伝わってくる所

 不調も隠せませんでしたし、ロックってばファンの鑑

 すごく好きで! の猛る様な発声がアツい!!

 おたえの現れ方がラブストーリーっぽい

香澄『さっきGalaxy行ってきたよっ! 照明の色とか、やっぱり実際に立って…』

00665
00666
00667
 ポピパをやめるなんて、考えた事なかった…、でも、ちゃんと考えてって…

問題の根っこ
 今回おたえが悩んでたのは、RAISEに未練があったからというより
 ポピパの皆に「考えて」と言われたからだったらしい
 だから
 
 皆、おたえのこと考えてるんだよ。おたえが大事だから(香澄)

 言われて「あっ」となる香澄
 悪くいえば、ポピパ自身で問題をこじらせちゃった!

 でも“友達だから”、友達が言う事だからおたえは真剣に悩んでたのね

 香澄達は、おたえに最善の選択をして欲しい。最善ってなんだ

香澄『RASのライブ、本当に凄かった…』

00670

)香澄
 凄くかっこよくて…
 あんなおたえ見た事なかったから、ちょっとびっくりしちゃった
 だから、そういう未来もあるんだろうなって…

 でもね? ポピパはポピパだよ?

 おたえとりみりん、沙綾と有咲と私
 昼休みだって放課後だって会えるしいつだって一緒に弾ける

 おたえはポピパ♪ ギター弾こう?


00671
00674
 おたえは、RAISEを選ぶつもりは最初からなかった

友達だから
 でもそう知ったからこそ、香澄は“RAISEを選ぶのもありだ”と促したようです
 RAISEに入る事が、おたえに“チャンス”なのは確か
 だから背中を押したと

 RAISEに入っても友達だ、“遠慮せず、あっちを選んでもいいよ”

 ポピパは友達同士のバンドだから。
 昼休みや放課後に集まれる、脱退しても関係は変わらない

 なんなら、今この場だって楽しく弾く事が出来る

 だからRAISEでもいい、ちゃんと考えてねって言ったよう見えました

おたえ『…………へんたいだぁ』

00677

■STAR BEAT! ~ホシノコドウ~
 歌:Poppin'Party
 作詞:中村航
 作曲:上松範康(Elements Garden)

 Lalalala Lalalala...
 いくつもの夢を数えても 聞こえないふり続けてきた
 (ねえキミ 聞こえる?)
 本当はずっと気付いてた 記憶の底 小さな声 聞こえる
 (その声 聞こえる 聞こえてくるから ねえ)

 星のコドウを そっとつかまえたなら その手でだきしめて
 ねえ もう離さない ずっと離したくない
 わたしたちの STAR BEAT!

 走ってた いつも走ってた
 愛と勇気を届けたい(あふれる思いで)
 眠ってた声がいざなった
 風にゆれるキミの歌夢見るココロと

 まぶた閉じて あきらめてたこと
 いま歌って いま奏でて
 昨日までの日々にサヨナラする

 Lalalala Lalalala...


00679
00680
00681
00683
00685
00687
00689
00691
00695
00696
00698
00700
00701
00702
00704
00707
00708
00709
00710
00711
 初対面時、香澄の使っているギターが“変態愛用”だったのでドン引きに

やりきったかい?
 やがて印象は変わり、直接確かめ、香澄の変態疑惑は解け
 香澄に教え、香澄に誘われて一旦は断ったものの
 おたえ説得クライブの準備に付き合い
 自然とメンバーに

 文化祭で沙綾も加入し、このSTAR BEAT!を歌って結成ライブ!

 バイト、香澄がSPACEのオーディションで酷評され
 意図を誤解して歌えなくなった事件も

 初志だったSPACEでの初ライブもやって、第一期は奇麗に完結

 ずっと独りだったおたえは、“ポピパ”に変わったんですね

 ラストの笑顔、ポピパ一択だって描いてた!

香澄『おたえ…?』

00714
00719
00720
00726
00729
00731
00732
 りみのお姉ちゃん、まだ帰省中だったのね!

STAR BEATを歌って
 今のSTAR BEATに、閃いたおたえは泣きながら即興で曲を起こし
 香澄は、歌詞を見て察したらしく手を差し伸べますが…
 そうと知らない沙綾は怯える!

 みんなにきいてほしいと呼び出すおたえ

 何の話を聞けと!?
 際し、りみりんがやたら勢い良く立ち上がったのが伏線!

 ここでりみと沙綾が並んでたのも、意味ある構図だったんですね

 さて、「きいてほしい(ひらがな)」とは

おたえ『…自分の気持ち、全部込めました。聴いて下さい…』

00736

■Returns
 歌:花園たえ
 作詞:中村航
 作曲:上松範康(Elements Garden)
 編曲:藤田淳平(Elements Garden)

 生まれた場所から少し離れて
 本当の夢の形に気付く

 遥か高い空 見上げてたのは
 いつでも 帰れる場所があるから
 遠く離れれば 離れるほどに 愛おしくて

 そんな時はただ ただひたむきに
 前を 向いて歌う 君に 会いたい

 どんなに空が眩しくても
 掴みとる星はたった一つだけ
 それなら今 迷うことなく
 君との未来に 手を伸ばしたい

 心震わす歌 Returns
 もう一度 歌わせて 響かせて
 本当の気持ちだけなんだ

 永遠と未来が混ざりあってた


00742
00747
00748
00749
00750
00751
00752
00753
00762
00763
00766
 私…、ポピパが好き。香澄と…、りみと…、有咲と、沙綾と…

おたえの気持ちを込めた歌
 今回RAISEに参加、距離を置いた事で“ポピパが好き”と気付いた
 高い空、見上げる眩しい空は「RAISE」と見た風景
 でも選ぶのは星

 Poppin'Party、ひたむきに歌う香澄達との未来を選ぶと

 第一期でポピパ参加を決めたのは
 香澄達に「震わせて」と要求し、一緒に歌って満たされたからでした

 今期はRAISEにも“震えた”、でもReturns

 選ぶのはポピパなんだよ、って歌だったんでしょうか

有咲『……ふー…、もう一回。今の、歌って?』

00769

)有咲
 私はさ、ポピパが…、嫌いじゃねーし
 バンドもけっこう楽しい…

 将来の事はわかんないけど
 5人で同じもん目指したりして

 いつか…、ぶどう館とか行くのも悪くねえなって思ってる…


00772

)有咲
 でも本当のところ、おたえがどう思ってるのか解らなくて…
 もしかしたらウチらとじゃなくても
 いいのかもって思って…

 でも、全部解った。

 でも、さ……、それで一曲作んなよっ

 おたえらしいけどさ! 


00783

)沙綾
 私も…、言えなかった…
 向こうに行って欲しくないって…でも、わがままかなって…
 やっぱり私…、ダメだね…

 言いたい事…、言えるようになったと思ったんだけどな…

 おたえ…、いかないで…!


00785
00786

)りみ
 おたえちゃんがポピパ大好きなの…
 知ってるもん!

 ポピパの事、いつも考えてくれてありがとう♪

 あたしも…、もっともっと頑張って…
 おたえちゃんと皆の事
 支えたい!

 ポピパでいてくれて…、ありがとうっ


00800
00801
00807
00808
00814
00815
00816
 ありさーっ! もう遅いから~~~…?(市ヶ谷万実)

ホシノナミダ
 今回、有咲はおたえの気持ちが分からず、沙綾はおたえの為を思った
 二人は躊躇ったものの、りみは最初からおたえを信じ
 今回りみは、怯えた沙綾を迎えに来てた!
 だから一緒だった

 オチ要員で香澄もガン泣き! ホシノナミダってうれし涙じゃないか!

 作中、いつもPoppin'Partyを見守ってくれた万実婆ちゃんの目
 久々に見守られハッピーエンド

 悲しげに見えるサブタイは、それ自体がミスリードだったんですね

 おたえの「好き」に、応えた有咲も素敵だった!

感想追記

 作曲回で和解回!
 りみりんのスタンス
 ポピパはポピパ(byロック)!
 本日より、ローソンタイアップ開始!
 ソシャゲ追加カバー曲に「革命デュアリズム」「檄!帝国華撃団」!
 今週の毛魂先生日常4コマは      
 トップに戻る

おたえ問題、解決! 主催バンドに向けた“作曲回”でもあった!!

00818
01101
00565
 一番上から予告、OP、そして第8話冒頭で香澄が進めていた歌詞

Returns
 おたえ自身では解決しても、やはり周りがほっとかなかった
 また最近、おたえが忙しくて捗らなかった新曲も解決
 着想し、地面に一気に書き上げたおたえ
 ミュージシャンだったわ!

 一方で、香澄が進めている曲もあるので、次回2本立てかもしれませんね

 最近オープニングがRoseliaなのは
 次回劇中でOP曲、「キズナミュージック」を演奏する為か

 たぶん最初からそれを狙って、OPを2曲立てにしているのでしょうか

 劇中流した際、新鮮味を増す狙い的な。

おたえはポピパの為に頑張ってる」、信じてたりみりんの成長回!

00638
00640
00645
 今回のCM前、ポピパの休日風景

ポピパ三者三様
 誰も蔵に集まらず、暗い雰囲気でしたが、りみだけはずっと練習してました
 地味ですが、「おたえは必ずこちらを選ぶ」と信じ
 練習してたんだなーって。

 有咲と沙綾が、「練習にも手がつかなかった」のと対比だったんですね

 おたえから「きいてほしい」と連絡がきた時も
 沙綾は怯えてしまった

 察して迎えにいってたとか、りみりん成長してた!

 2期開始時、「姉がいなくて大丈夫?」と心配されてたのに!

おたえはずっとポピパの為に、大切な事なので毎回! 前回は有咲が担当

00003
 RASでサポートギターしたり、おたえの活動はポピパの修行の為
 その事は、今章ほぼ毎回のように誰かが言ってましたし
 前回チュチュを激怒させました

 チュチュも言われた上で、なお取りに来たんだから相当惚れこんだのね

 今回、りみが初志をしっかり信じてたのが印象的でした

逆に(?)、香澄の「ポピパはポピパ」宣言はドキッとした!

00671
 ポピパとして活動できなくても、放課後や昼休みにいつでも会える
 これは、「友達同士のバンド」ならではの長所
 ポピパはポピパだと

 チュチュの台詞を絆として用い、送り出そうとするのが素敵でした

 やって欲しい
 でも、選択肢は広く持って欲しい。

 可能性は幾らでもあるから、最善を選んで欲しいのが身内らしいなって。

ファンから見た「ポピパはポピパ」も、すっごい納得した!

00654
 バンド楽しいッ! って気持ちがすごく伝わってくるのがスゴく…

「らしさ」
 対し今回、おたえがすごく辛そうにReturnsを歌っていたので
 もしや、RAISEに行く気なんだろうか
 最終回まで一時脱退!?

 と本気で心配しました。今週のポピパは「ソロ」。

 でも、次回主催ライブだからなんでしょうね
 一緒のライブは次回!

 次回、最高に「楽しい!」ってライブになる…? 楽しみ!

本日15日より、再びローソンタイアップがスタート!


 何でコンビニバイトしてるモカちゃんいないねん! と思いきや

ローソンタイアップ!
 例によってチョコ関連3つでクリアファイル、ドリンク1本でミニポスター等
 また、一部店舗では特製グッズ「販売」も行われる
 お約束企画が再び!
 公式はこちら

・今回のメイン5人/左から
 ポピパ…、牛込りみ
 Roselia…、今井リサ
 Afterglow…、上原ひまり
 Pastel*Palettes…、白鷺千聖
 ハロー、ハッピーワールド!…、北沢はぐみ

 クッ! なんでコロッケ買っても何も貰えないんだッ!!

ソシャゲ「ガルパ」に、ロボット作品からカバーソングが登場!



00002

■革命デュアリズム
 アニメ:革命機ヴァルヴレイヴ OP
 歌:水樹奈々×T.M.Revolution
 作詞:Hibiki
 作曲:上松範康(Elements Garden)

 伝説の朝に誓った言葉
 分かち合う声に行き先を照らせ

 革命をLet's shout
 革命をLet's shout

 風の舞うヒカリの空 吹き抜ける残響
 この右手とこの左手
 何を求める?

 魂のカタルシスに 焦がれた感情を
 重ね合えば 繋ぎあえば
 伝うのか?

 運命に委ね 流れるままに 
 変わらぬ明日じゃ 面白くない

 沸騰せよ 血液のレイヴ
 交錯する プラズマのように
 革命のデュアリズム さぁ始めよう

 以心伝心 生の咆哮
 届いていますか?
 化学反応 愛が伝承
 ついてこい夢の果て
 どんな人生だって
 いつかは交じり合う
 その日君はジャッジメントする
 革命をLet's shout

※アニメオープニングとなった一番より。


00001
 平成25年の紅白にも出演。

革命デュアリズム
 2013年のCGロボットアニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」の後期オープニングと
 1996年以来のゲーム「サクラ大戦」シリーズの主題曲
 ヴァルヴレイヴから6年か!

 デュアリズム、ツインボーカルな主題歌でカッコイイんですよね!

 作曲が何気にエレガの上松氏
 ちょうど、今回も使われた「STAR BEAT!」他と同じ作曲家さんだったんですね

 蘭と友希那さん、アニメでは会話はないものの、ゲームでイベントがあったそうな

「らしさ」といい、好きな曲カバーしてくるわぁ…。CDも発売なのね

公式4コマ「ばんどりっ!」第10話、ここでハロハピ回!?


00206
00701
 花音ちゃんが完全に乙女。

ばんどりっ!第10回「日常系」
 タイトルでキンッキンに強調してやがる…! 日常…、これが日常…!
 本編がカオスのハロハピ回に、毛魂先生のカオス
 相乗効果ってレベルじゃなかった!
 日常…、毛…、系…?

 なんでも落とし込んじゃう美咲ちゃんさん、かっこいいな!(迫真)

 最後、しれっとこころんの理解をも越えていく美咲さん
 この人はどこまで落とし込むのか

 先週の姉に続き、しれっといるあこちゃん(Roselia)の存在感よ!

 やっぱ公式がいちばん(頭)おかしいな!

公式ツイッターより




































































































































































2019年3月14日 BanG Dream! 2nd Season 第11話「ホシノナミダ」

00685
 メイン脚本&ポピパ担当のゆにこ氏脚本回。

スタッフ
 脚本:綾奈ゆにこ
 絵コンテ:浅利藤彰
 演出:間島崇寛
 ライブパート絵コンテ演出:三村厚史
 2D作画監督:茶之原拓也、八森優香、依田祐輔、阪本麻衣
 アニメ制作:サンジゲン
 制作協力:パッショーネ/Creators in Pack
 原作:オリジナルアニメ
 制作協力:-

あらすじ
 RAISE A SUILENの激しいパフォーマンスに圧倒されてしまう香澄たち。
 ぎこちない距離感のポピパをよそにチュチュは飄々とスカウトの提案をしはじめる

次回、“Returns”。やっぱりオープニング衣装が来たぜ!

00817

■次回あらすじ
 本格的に主催ライブの準備を進めていくPoppin'Party。
 準備合宿を行い、期待で胸をいっぱいにする。
 そんな中、有咲は香澄が曲を作っていたことを思い出す。


00818
00819
00820
 サブタイは「Returns」、ラストで完成させた全員バージョン

リターン・トゥ・フォーエバー
 公式あらすじと衣装、また「香澄が作ってた曲」からすると
 次回、主催ライブで2本立てですかね
 楽しみ!

 チュチュは主催ライブで香澄達を認め、ロックを見出すんでしょうか?

 RAISE完成はもっと早いと思っていましたが
 第3期が9月スタート

 なので来期RAISE、それにAfterglowとハロハピが大活躍する感じ? 儚い…

 次回、BanG Dream! 2nd Season 第12話「Returns」
トップに戻る


 BanG Dream! バンドリ! 第1話「出会っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第2話「やっちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第3話「逃げちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第4話「怒っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第5話「ドキドキしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第6話「作っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第7話「ケンカしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第8話「走っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第9話「バイトしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第10話「驚いちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第11話「歌えなくなっちゃった」
 BanG Dream! バンドリ! 第12話「キラキラしちゃった!?」
 BanG Dream! バンドリ! 第13話「歌っちゃった!【最終回】」
 BanG Dream! バンドリ! 第14話「遊んじゃった!【OVA】」


 BanG Dream! ガルパピコ 第1話「ライブハウス『さーくる』」
 BanG Dream! ガルパピコ 第2話「くらトーーーーク」
 BanG Dream! ガルパピコ 第3話「革命-revolution-」
 BanG Dream! ガルパピコ 第4話「ロックンロールベイベェ」
 BanG Dream! ガルパピコ 第5話「パスパレ・水着deコマーシャル」
 BanG Dream! ガルパピコ 第6話「ミッシェルランドへようこそ!」
 BanG Dream! ガルパピコ 第7話「さーくる合同ライブ対策会議」
 BanG Dream! ガルパピコ 第8話「ドラマーっていつも何かしらリズム刻んでるよね」
 BanG Dream! ガルパピコ 第9話「チョココロネだいすき」
 BanG Dream! ガルパピコ 第10話「ニンニクどうします?」
 BanG Dream! ガルパピコ 第11話「ハロハピスカイライブ」
 BanG Dream! ガルパピコ 第12話「ババンボ様にお願い☆」
 BanG Dream! ガルパピコ 第13話「キラキラ愉快な商店街狂乱のブシドーパーティ」
 BanG Dream! ガルパピコ 第14話「ハロハピ厳冬期冬山縦走」
 BanG Dream! ガルパピコ 第15話「バイトの時間」
 BanG Dream! ガルパピコ 第16話「ポッピン'シャッフル」
 BanG Dream! ガルパピコ 第17話「パステル*散歩」
 BanG Dream! ガルパピコ 第18話「蔵迷宮」
 BanG Dream! ガルパピコ 第19話「さーくるの崩壊」
 BanG Dream! ガルパピコ 第20話「真実を映す魔眼 」
 BanG Dream! ガルパピコ 第21話「あの演出ってワクワクするよね」
 BanG Dream! ガルパピコ 第22話「ミッシェルカフェへようこそ!」
 BanG Dream! ガルパピコ 第23話「パステルパジャマパーティー」
 BanG Dream! ガルパピコ 第24話「フタゴリズム」
 BanG Dream! ガルパピコ 第25話「聖夜のサプライズ」
 BanG Dream! ガルパピコ 第26話「再建しちゃった!」【最終回】


 BanG Dream! 2nd Season 第1話「Happy Party!」
 BanG Dream! 2nd Season 第2話「黒き咆哮」
 BanG Dream! 2nd Season 第3話「Sing Girls」
 BanG Dream! 2nd Season 第4話「ゴーカ!ゴーカイ!?のっびのびワールド!」
 BanG Dream! 2nd Season 第5話「雨のRing-Dong-Dance」
 BanG Dream! 2nd Season 第6話「You Only Live Once」
 BanG Dream! 2nd Season 第7話「ナカナ イナ カナイ」
 BanG Dream! 2nd Season 第8話「ひとりじゃないんだから」
 BanG Dream! 2nd Season 第9話「スクール・フェスティバル・シンフォニー」
 BanG Dream! 2nd Season 第10話「R・I・O・T」
 BanG Dream! 2nd Season 第11話「ホシノナミダ」
 BanG Dream! 2nd Season 第12話「Returns」
 BanG Dream! 2nd Season 第13話「キズナミュージック♪【最終回】」

トップに戻る