人狼機ウィンヴルガ 6巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレ 感想追記
 綱島 志朗 これまでの感想はこちら 前回はこちら
女性国家・天津之黄泉の実態、立ち上がる真白!
飛花、恩人アマガネが遺したもの

00067
00066
00009
00044
前巻は要求、今巻は捧げられる! 真白モテモテ!
 ゼインも飛花も、揃って無欲なタチだけに
 今、欲張りな姿が楽しい!
 好きも色々ね!
 
 好きな人の為、飛花さんてばたくましい!

真白・故郷編
 飛花にスノゥ、共にアマガネの言葉を理解できず
 ポンコツ人機だった飛花、贅沢装備のスノゥ
 前者は、己が優れてると気付けず
 後者は、装備を実力と勘違い

 先に「言葉を理解した」飛花が勝ったか

 女の敵は女、スノゥはどう転がるのかしら

人狼機ウィンヴルガ 6巻 感想


・第25話「自覚」と「告白」
   …初めてを捧げたい
・第26話「奈落の民」と「感情」
   …天津之黄泉は「笑顔」と「助け合い」の国
・第27話「想い出」と「決意」
   …飛花の恩人、青歌姫の勇気
・第28話「アマガネ」と「ブライトスター」
   …アマガネの“最期”と言葉
・第29話「同じ瞳」と「同じ想い」
   …飛花、人機へ!
・番外編「ウィン」と「お風呂」
   …盗撮魔とマジコ
・メカ設定は「エルゴ」と「ヴァ」
   …飛行型量産機!
・追記「アマガネとスノゥ」
   …おそらく「初対面のスノゥ」を心配したアマガネ

・これまでの感想

スマートフォン用ページ内リンク

・3/3ページ目へ

※過去記事ページ

あらすじ
天津之黄泉はドミネイターと同盟していた

00061
 乳首あり。ライブドアブログ規約で消してます

あらすじ
 天津之黄泉の真意を知り、滅ぼすと決めた真白
 同ボイドは「停滞」を旨とする地であり
 奈落は悲惨な有り様にあった

 本来中立である壁の守人、マジコも協力

 だが、時間の流れにギャップがあり
 中の一日は「半年」に相当

 ドミネイターは新兵器開発で侵攻を再開

 最中、飛花は恩人アマガネの愛機「ブライトスター」を奪還する

第25話
乱入、ウィンが味わった“酸っぱい感情”とは

00003
00004
00005
00007
 ゼインを心配するマシロに「酸っぱい感情」

第25話「自覚」と「告白」
「殺させて」「いいよ」で駿足自害をしたゼイン
 今回も、あの“花”に助けられましたが
 マイの魂だったのか

 多分、オカルトでなく本当に宿ってる

 聖域の花は特殊な素材?
 とまれウィン、初めて「嫉妬」を感じた様子

 そういや作中、恋敵っていなかったからか

 根室大二郎はともかく

 根 室 大 二 郎 は と も か く

彼女の為なら死んでもいい
だがゼインは、“実行”して初めて気付いた

00009
00010
00011
00012
人機(お前)じゃSEXできない(ゼイン」

直球少年
 ちょっと男子! 言葉が剛速球すぎひん!?
 前回、マジで死のうとした“からこそ”
 傍に居たいと気付けた

 まさかの童貞進呈宣言

 この子、素直が服を着て歩いてやがる…!
 本作、ホント丸出しです

 心も身体も丸出しだぜ…!

 まさか、こんな形で~天才たちの恋愛頭脳戦~に…!?

他方、冷酷な刑罰「鐘突き」に副隊長が昏倒
青歌姫、沈黙を破った!

00014
00015
00016
 壁をブチ破る見開き、迫力あったわ!

天津之黄泉
 姫の不可解な沈黙は、“天津之黄泉システム”
 感情を吸われ、無気力にされていたも
 青歌姫が反抗!

 同じく王族・真白も、同システムを突破

 前巻でハデに裏切られたのは
 姫が何故嫌うのか、この国を知るプロセスか

 青歌姫の気持ちに追いついた!

 滅ぼせ、とは事がデカい!

守りを突破、しかし「最後の手段」によって…?

00017
 断罪の間が崩壊、仕切り直し

老婆逃走
 長老はどうも、一人だけ辛くも逃げ延びた模様
 際し、何かを注射してシステムを起動
 王族権限の借用か?

 曰くあまり使いたくない

 限られてるも、要塞システムを動かす権限がある
 戦術的に厄介な状況ですね

 時間を稼ぎ、最終兵器的な何かを?

 蓄積された感情の産物、黒真白的な何かか?

第26話
奈落に住む市民は、笑顔と助け合いしかなかった

00018
00019
 死んだ目の女性ばかりの下層部、“奈落”。

第26話「奈落の民」と「感情」
 この国は、怒りや憎しみが飽和状態となった
 例の“システム”が、国民へ発動し
 感情を奪う仕組みだった

 感情を失い、従う事しか出来ない国

 ヨミ隊の場合、隊長が厄介者すぎて遠征ばかり
 結果システムから無事

 作中、出会ったヨミ隊は例外部隊

 読者は「国民」を、見た事がなかったも同然なのね

感情を奪われ、なお残ったものとは

00020
00021
00022
00023
 十字架でなく、寄り添うような形の墓標なのね

だからマジコは協力する
 システムが食うのは、怒りや憎しみの感情だと
 真白を支配する、膨大な負の感情
 根源は同システムか?

 愛情は残ってる為、助け合いをする

 同じく、悲しみも残っているが為に
 辛い想いも味わう

 良き感情が、悲劇を加速とは皮肉…

 システム破壊が、この国と「黒真白」克服に繋がるのか?

第27話
同盟を破り、ドミネイターが侵攻! その中には

00024
00025
00026
00027
 孤立した飛花。敵中に、恩師アマガネの人機発見

第27話「想い出」と「決意」
 突然現れたブッかけ変態、ネクトゥが協力を提案
 実は、このボイド(区画)は時間が遅く
 外は既に半年も経過

 新型機で侵攻可能となり、同盟破棄!

 戦力差が開く一方やんけ!
 外が進歩する中で、“取り残される国”か

 ここ出身の真白もホントは4歳

 システム乱用で、どんどん時間差が酷く…

 恩師アマガネが素敵すぎて辛い
 
真白に“期待する”ネクトゥ、ヨミさんを気に入る

00028
00029
00030
 一方ゼインもブレていない!

姫様、立つ
 この男共ブレない! 軍令より大切なものがある
 方向性こそ、ダイナミックに違うも
 似たもの同士なのかも
 意外に!
 
 とまれネクトゥなら、システムを探せる

 彼の望み上、いつやらかすか読みにくく
 ドキドキが止まりません

 ここに至って、逃げ続けた姫様も立った!

 クララに匹敵する「立ち上がる勇気」!
 
青歌姫が、勇気を振り絞った『命令』に…!?

00031
00032
00033
00034
 マスクをとって以来、マジコさん可愛すぎ案件

役割
 マスクは公人、“壁の守人”としての象徴だからか
 マジコが、公人としての顔を捨てる一方
 姫は「公人」として立つ!
 正反対!

 大切なのは救いたい気持ち

 こうなると天津之黄泉、挟み撃ちって奴よ!
 上からレ○プ集団、下から真白達!

 なら黒真白絡みらしき、“システム”も相応か

 飛花恩人機はスノゥが搭乗

 女を目の仇にする女ドミネイター

 その動機も、ちょっぴり気になる子ですが…?

第28話
蹂躙するドミネイター! 秘密は新兵器、指揮官機

00035
 真白の義父らしき仮面男は、やはり対・ウィン用

第28話「アマガネ」と「ブライトスター」
 プロフェス隊長機、馬型プルートリッターの機能
 いわゆる、ファンネル相当の遠隔武器も
 偵察目的とは面白い
 合理的!

 膨大な情報を元に、指揮に集中

 天津兵は「人間」
 的が小さい分、奇襲性が最大の長所

 でも偵察され、しかも飛行型に奇襲は無理

 近付こうにも、遮蔽物がない!

 天津之黄泉、絶望的じゃあねーか!

ブライトスター現在の操主、スノゥは待っていた
こういう「リベンジ野郎」を!

00036
00038
00039
 攻撃の巻き添え、さらっと犠牲の天津兵……

スノゥのビデオレター
 飛花の恩人アマガネは、公開処刑されていた…
 それも、凛としたイメージを失った
 尊厳なき死

 スノゥはアマガネ処刑の映像を披露

 股間からゆっくり焼却処分…

 女性が、レイ○を嫌悪する事にあてつけ
 なら「消毒してやる」と

 ひでえ処刑…

 めちゃくちゃショッキングだった…

何せ「アマガネ」は、颯爽極まる憧れだったから

00040
00041
00042
 回想をキャンセル、“起きろ”と促したアマガネ!

ルージュへ伝言
 飛花は天才で、操縦技術は作中群を抜きます
 が当時、高性能な機体を欲しがらず
 アマガネは惜しんでた

 恩師が何を言いたかったか、失って気付く飛花

 大人が自分をどう見ていたか
 当時の自分が、どれだけ解ってなかったか

 後にならないと解らないし、解った時は大抵遅い

 こういうのって悔しいよねえ…

この世界で「女」はこうなる!
女性兵士スノゥは、女の弱さを否定するも

00043
00044
 幼少期貰えるはずだった機体へ、訴える飛花

私の想いと噛みあって
 幼少期、もしアマガネから機体を貰っていたら
 きっと、飛花の人生は大きく違った
 悔いるのは当然の事

 でもアマガネには憧れで、真白へは好意

 強い!と尊敬してたアマガネと
 真白を“守りたい”気持ち、全然違うのね

 同じ「大切な人」でも全然違う

 幼い頃は解らなかった言葉が、響く瞬間って素敵よね!

第29話
突っ込んできた飛花の眼に、スノゥは覚えが

00046
00048
00050
 実は“取り乱した”のは、別人の映像

第29話「同じ瞳」と「同じ想い」
 飛花に応え、勝手にハッチを開けてしまう人機
 また、スノゥは「女の弱さ」を憎むだけに
 アマガネに苛立ってた

 スノゥ自身、“弱いから”なのか?

 本当は反抗したい
 出来ないのは、“自分が女だから”

 女は弱いからだ、自分のせいじゃない的な?

 現状、恵まれた地位に見えますが…?

アマガネ本当の最期、遺した言葉は

00051
00052
00054
 諭されるスノゥ、表情が別人

飛花とスノゥ
 アマガネ曰く、与えられた物を自分の力と勘違い
 己の才能を軽視し、活かせない飛花と
 スノゥは正反対な子だったのね

 スノゥは高性能機で戦い、己を過大評価

 大人には、可哀想な子に見えるけど
 そのままじゃいけない!

 このままだと酷い目に遭うぞ!

 同じ人に諭され、同様に“当時は解らなかった”

 飛花と、よく似てるのねスノゥは
 
スノゥは、アマガネの映像を“無様に”合成
なかった事にしていた

00055
00056
00057
 助言をなかった事にしたツケは大きかった!

尻の行方
 スノゥは生還も、飛花はブライトスターを奪還
 俊足タイプかつ、何より飛行型!
 ウィンとの相性もバッチリ!

 気になるのはケツを撃たれたスノゥ

 上司、プロフェスは尻を気に入ってたハズ
 まさか捨てられる…?

 とまれ“傷持ち”まで、飛花と同じになった!

 また「豪勢な新型」を与えられるのか、それとも…?

番外編
マジコ、ウィンのデータを閲覧したところ

00059
00061
00063
 単行本上、しぐれさん最期のシーン

番外編「ウィン」と「お風呂」
 謎だらけのウィンは、ブラックボックスが“ない”
 また、戦闘用AIも搭載されておらず
 構造的に謎だらけ!

 内部データは全裸だらけ!

 ウィンの評価が盗撮魔に…
 コクピットが風呂…、トイレならまだしも!?

 ただアレだ、“真白の花”と一緒か?

 花にマイが宿ってたのと同じ理屈で、機体に「魂が宿ってる」のか?

巻末データ
定番量産機エルゴと、新型量産機「ヴァ」

00065
 エルゴと外観は全く別物、完全新型か

ヴァ
 名前的には「蛾」が元ネタなんでしょうか
 全高、出力ともにエルゴより低いも
 飛べる利点は計り知れず

 特に対人戦、物影からの奇襲を受け難いのね

 人型時も、堅牢そうなエルゴより
 いかにも動きやすそう

 頭部のスリットは、剣道の面みたいな?

 エルゴといい仮面チックな顔してます

感想追記
多分「初対面のスノゥ」を親身になって心配したアマガネ

00064
 おまけイラストで、手を振るアマガネ。儚い…

アマガネとスノゥ
 コメント頂いたので、ちょっと言葉にして見るに
 アマガネ的に、スノゥは初対面と思います
 でも心配だと思った

 飛花が、必ずブライトスターを狙うから

 かつて自分が助言した飛花が
 必ず「欲しがる」と、アマガネは考えたと

 その時、スノゥが酷い目に遭うと想像した

 もちろん飛花は心配だけど
 同じく「この子、危ないな」って思ったから。

 だから助言した。敵だろうと

 ただただ、愛情深い人なんだなって

 私はそう感じました。

収録

00001




 総扉はマスクなしマジコさんかわいい

 アルマジロをヒロインにする発想…!

 チャンピオンREDコミックス「人狼機ウィンヴルガ 6巻」。綱島志朗。
 月刊チャンピオンRED連載、秋田書店発行。
 2019年10月(前巻2019年2月)

人狼機ウィンヴルガ 6巻 感想
 第25話「自覚」と「告白」
 第26話「奈落の民」と「感情」
 第27話「想い出」と「決意」
 第28話「アマガネ」と「ブライトスター」
 第29話「同じ瞳」と「同じ想い」
 番外編「ウィン」と「お風呂」
 メカ設定は「エルゴ」と「ヴァ」 
 これまでの感想

 カバー下オマケ

※トップに戻る












 オリハルコンレイカルDuo 第4巻&5巻<完>
 人狼機ウィンヴルガ 1巻“「新世界」と「反乱者」”
 人狼機ウィンヴルガ 2巻“姫は狼を信じない”。屈辱再始動
 人狼機ウィンヴルガ 3巻“理想激突”女vs女! 人狼機の真実…?
 人狼機ウィンヴルガ 4巻“正義は全裸でやってくる”ドミネイター種の欠落
 人狼機ウィンヴルガ 5巻“処女は奪うものじゃない”ボイドの真実
 人狼機ウィンヴルガ 6巻“停滞の地”飛花とジンキ
 人狼機ウィンヴルガ 7巻“白と黒”父の行方!!

※過去記事ページ

※トップに戻る