公式サイト BanG Dream! 2nd Season 第5話 感想 雨のRing-Dong-Dance レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり ゲーム版は未プレイ Abema配信(外部) 16時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
唯一“商業バンド”なパスパレ、デビューライブの傷痕。彩と千聖の奮闘回!

01111
00915
00798
何この互いに頑張らなきゃって努力の衝突! 儚い尊い…! 良バンド過ぎない!?
 芸歴が長く、周りを牽引してる千聖こそ内心では非才だと己を責めていた
 偶然遭遇するおたえ! 驚くべき出没率!!
 誤解するイヴさんブシドー!

 最後は揃って練習、からのライブ! 完璧な〆だったわ!!

越後屋製菓、お主も悪よのう
 でも、やまぶき色のおかしは無いでしょ! 沙綾の家は田沼家賄賂御用達だった…?
 で、話してる傍から、扉バーン!で出てきた千聖さんにヤラれた!
 日菜ちゃんがドロンさせなかった! 良かった!
 弦の調子で練習量を見抜く麻弥さん!

 エゴサして雨に濡れて、決め台詞スルーされる彩さん! 彩さん最高ですね!

BanG Dream! 2期 5話 感想

 第5話「雨のRing-Dong-Dance」
 冒頭「ワールド・アイドル・フェス!」    
 Aパート「ゆら・ゆらって?」
 撮影会
 しかし まわりこまれてしまった!
 パスパレ『パスパレボリューションず☆』
 トラウマ☆デビューライブ
 ソチモワルヨノウ
 Bパート「シノビは口が堅いのです!」
 るん♪っときた?
 私、待ってるから!
 日本最大級のアイドルイベント!  
 パスパレ『ゆら・ゆらRing-Dong-Dance』   
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 BanG Dream! バンドリ!第1期 感想
 ガルパピコ 感想
 これまでの感想
 AbemaTV 配信ページ(外部サイト)
 公式配信「バンドリちゃんねる☆」(外部サイト)

公式『華やかに彩るゆるふわアイドルバンド「Pastel*Palettes」』

00015
 炸裂、とびだせエゴサーチ!

Pastel*Palettesピコ)(2期
 略称はパスパレ。主要唯一の商業バンドで、2期1話は冒頭でTV出演
 ガルパピコでは、熱湯コマーシャル的なバラエティにも出演
 Roselia同様、2年のイヴを除いて3年生主体
 主演短編「ぱすてるらいふ」も制作

・メンバー
 丸山 彩(cv前島亜美)、ボーカル兼リーダー。決め台詞持ちで、今回はスルーされた
 氷川 日菜(cv小澤亜李)、ギター。天才肌で、姉と正反対に人生自由形。
 白鷺 千聖(cv上坂すみれ)、ベース。子役から女優をやっている
 大和 麻弥(cv中上育実)、ドラム。機材オタクで元スタジオミュージシャン
 若宮 イヴ(cv秦佐和子)、キーボード。ブシドー。

 彩・千聖・イヴが香澄達と同じ花咲川で、日菜と麻弥が進学校の羽丘学園。

 氷川日菜は羽丘生徒会長で、よく登場する紗夜の双子の妹。

今週、最大級の腹筋ダメージ率を誇ったイヴさんも素晴らしかった!

00967
 あと麻弥さん推しです(迫真)。機材オタクいいよね。でも23話のイヴちゃん最高です

あらすじ
 2018年5月。パスパレは、第4回ワールドアイドルフェスティバル出演が決まるが
 曲目に慣れないツインボーカル曲が入っていた事から
 千聖が、女優業を理由に現れない日が増え
 関係がぎくしゃくする

 更に千聖がおたえに賄賂を渡す場面をイヴが目撃し、ちょっとした騒ぎに

 千聖が自身の技術不足に悩んでいたのが原因だったのだが
 彩の真っ直ぐな言葉に考えを変えた

 ライブは無事成功、Pastel*Palettesはまた一つアイドルとして成長する

 次回、BanG Dream! 2nd Season 第6話「You Only Live Once」

丸山彩『おはようございますっ!

00004
 前回、香澄達は主催ライブを現実的な形へ落とし込むのに大苦戦したが
 ハロー、ハッピーワールド!の協力を得て
 出来ない事はないと笑顔になる

 これを見届け、瀬田薫と奥沢美咲は力尽きるのだった

白鷺 千聖『走ってきたの? 髪、ボサボサよ』

00703
00704
00705
00706
 千聖ちゃんも食べてね?/ありがとう、でもライブ前だから遠慮しておこうかしら

略称「パスパレ」
 今回は商業バンドPastel*Palettes回! もちろん全員が女子校生で
 特に、駆け込んできたリーダー彩はバイトもしており
 店から直行でボッサボサ!
 かっわいい!

 お茶を淹れるのは眼鏡の大和麻弥。元裏方だからか気の利く人!

 ポテトをいきなりパクついたのは
 第1話の生徒会長で、進学校とは思えない人生自由形の氷川日菜

 緊張して入学した香澄の妹は、思わず学校を間違えたかと心配になったほど

 一度きりの人生、好きに生きてみるものさ!

彩『ライブ!? ライブがあるの!?

00707
00712
00713
00716
00720
 大きなライブイベントのオファー(申し出)が来たそうよ

これが目にハイラヌカー!/ハハー!
 ワールド・アイドル・フェス! 総来場者数10万人を越える日本一のアイドルイベント
 略称GBWCWIF、会場の広さは東京ドーム3つ分で
 実に3日間にかけて開催

 呼ばれただけで名誉な奴! って一目で分かるデカさ!!

 パスパレ、売れているんですね
 可愛いですしね!

 出ると決まって、夢見る瞳になった彩。それだけ夢のようなイベントだと。

氷川日菜『私達のデビューライブもおっきかったけど、それより大きいよねー♪』

00723
00724
00725
00726
 大きいイベントの分、注目度も高いわ。デビューライブみたいな失態は…

下手な演奏は
 日菜の一言でテンションを落とす彩、しかし千聖さん非情にも追い討ちする
 思い出して落ち込み、繰り返すなと言われて落ち込む
 つまり、ハサミ討ちの形である
 が

 下手な演奏は出来ないから、皆そのつもりでね?(千聖)

 千聖も別にイジめている訳でなく
 注目度が高い以上、“同じ失敗”は出来ないと繰り返しているのね

 彼女達のデビュー時、何があったのか?

 それが今夜の注目ポイント!

届けよう! 私達いつだって 精一杯! Forever for dreaming!

00729
 余談ですが、オープニングで「届けよう!」って瞬間の沙綾たちも好きです
 沙綾が歌い、そのままカメラ視点がバッと動いて
 香澄も映り込む一瞬!

 沙綾に限らず、ドラムってアクション派手でかっこいいですね!

 三刀流ドラムとか!

松原花音(ハロハピ)『彩ちゃん、ライブ出るんだって?』

00730
00731
00732
 色んなアイドルさん出るの! パンフ撮影とか、取材もあるんだ~♪(彩)

音楽祭
 香澄達と同じ学校、一つ上の3人揃ってお茶して世間話。しかし規模がデカい!
 また商業バンドは、単にライブだけでは完結せず
 関連する仕事が目白押し!

 すごいね~!/すごいよ~!

 この語彙力のなさがとてもいい…
 花音さんは前回ハロハピ、ドラム担当のメンバー。

 とまれパスパレの千聖さん、女優でもあるのでそっちも忙しいらしい

 両方やらなくっちゃあいけないのがつらいところだな!

千聖『大丈夫よ、私の事より彩ちゃんはMCと歌の練習をしっかりね?』

00735
 盛り上がった彩さん、「千聖ちゃんは大変だろうに…」と後悔したんでしょうか
 しかし、当の千聖さんはむしろ「頑張って」と
 圧倒的頼もしさ。

 女優業とアイドルとバンドと吹雪型駆逐艦、実に忙しい大車輪女子校生生活…!

 ちなみに千聖さんは「花音に優しい(公式)」。

『セトリにゆらゆらあったよね? やるの久しぶりだし、良かったら一緒に練習しよう?』

00740
00741
00742
00743
 ゆらゆらって…?

ゆら・ゆらRing-Dong-Dance
 少し言い難そうに提案した彩と、台本を理由に体よく断わった千聖
 二人にとって、少し込み入った事情があるのだと
 曰く

 彩ちゃんと私のツインボーカル曲なの…

 二人で歌う曲。
 セトリとは、セットリスト。コンサートで歌う曲一覧。

 商業バンドなので、そこはプロデューサーか何かに選ばれたんでしょうね

 またMCとは、ライブ中にステージでバンドが話す小話の事

カメラマン『いい感じです~』

00746
00748
00751
00754
 壁に向かって練習してる…/彩ちゃん面白いね~♪

パンフレット撮影
 妖精のような若宮イヴさん、元モデルさんなんだそうで堂に入ってます
 なお彩ちゃんは顔がひきつってたそうな。
 尊い。

 良かったよ~/かたじけないですっ!

 イヴさんひたすら美しいワンシーン
 もういっそ、このパートだけでいいんじゃないかな30分

 他方言われた通り、MCの練習を壁に向かってやり続ける彩さん

 こっちはこっちでアイドル離れしてて可愛すぎる

千聖『それじゃあ私、次の現場あるから』

00757
00758
00760
00762
 千聖ちゃんは?/もう行っちゃったよ~?

フーテンの千聖
 現場から現場へ、旅がらすな千聖と一緒に練習できない日が続く
 彩は、さっきの“ゆらゆら”を練習したいのに…
 と

 多忙ですね~/ああ…………

 明らかにスルーしてる千聖
 対し、呼び止めるほど強くも言えない彩がすれ違う

 あと「終わり次第合流するわね」の、千聖さんが妙に可愛い。

 日菜が背中を向け、千聖がこっちを振り返ってるシーン

『あれって、白鷺千聖ちゃん?』『え? 子役の?』

00763
 元子役にして現在は女優、アイドルPastel*Palettesとしても有名人
 今回は、女性だらけのドラマに出るみたいですが
 手書きイラストがまた可愛い…
 なにこれかわいい

 手書き作画は、「ひなこのーと」等のパッショーネ社などが担当しているんだぜッ!

千聖『お疲れ様です。パスパレの方は無事に終わって、これから移動を』

00764
00765
00766
00767
00769
 え…? 二時間押しですか? 解りました。失礼します…

しっかりでうっかりで
 ところが千聖、二時間押し=次の仕事開始が二時間遅れになってしまった
 そこで、付近の音楽スタジオを捜したのですが…
 と

 はぁ…、慣れない電車はダメね…

 降りる駅を間違えた千聖
 しっかり者に見え、意外な一面がまたギャップですね

 そら子役やってて、「移動」は大人が手配してくれてた名残でしょうか

 トーキョーは電車さァめんどくせーしのう!

『スタジオロップだ~、そこ、隣の駅ですっ』

00770
 恐怖! 気付けば隣に居るおたえ!! こいつ直接脳内に…!
 少々びっくりですが、親切で話しかけてくれたおたえ
 ちなみに、おたえは一つ下なので
 ちゃんと敬語です
 意外に。

 また、傘も持たずに歩くというおたえ。千聖はツッコミますが

おたえ『雨に歌えば、っていいますから♪』

00772
00773
00777
00778
00780
00783
 いらっしゃいませー♪/たえちゃん!?

Lop(垂れ耳種のうさぎの事)
 不思議言動するおたえを、彩同様にスルーしてスタジオに向かった千聖さん
 し か し ま わ り こ ま れ て し ま っ た !
 バイト先なのだ

 たえちゃん! 私が練習に来たこと…、誰にも言わないでくれる?

 スマホから利用時間まで登録できたとか
 現代は未来ですねえ

 しかし千聖さんは、「個人練習を口止め」してしまう

 エプロンおたえ! いいね!!

『彩さん、ばっちりですねっ!』『ホント!?

00785
00786
00787
00788
 ダンスミスって、わちゃってなっちゃったけど楽しかったよ~♪

21時
 バレている…! イヴに褒められ、日菜にミスを指摘される彩ちゃんさん
 氷川日菜さん天才肌な人なんだそうで
 とにかく気付く!

 じゃあ~、もう遅いので一曲だけやりましょうか?

 撮影後からずっと練習してたパスパレ
 千聖は二時間個人練習後、撮影を終えての合流なので21時過ぎ 

 パスパレの場合、ラフな練習着なのがまた可愛い

彩『ゆら・ゆら、やりたいっ!

00789
00790
00792
00793
00794
 今度ね? 日菜ちゃんは何やりたい?(千聖)

残念ですがまた今度
 勢いこんで頼むも、またもスルーされてしまう
 結局、今まで練習してた曲を
 と

 はりきっていきましょー!

 普段は彩単独ボーカルですが
 ゆら・ゆらは、彩と千聖のツインボーカル曲

 普段やらない曲だけに練習しておきたい、彩の姿勢は筋が通ってますが…?

やまとまや『カウントとります! 1・2・3・4!!』

00795

■パスパレボリューションず☆
 歌:Pastel*Palettes(2017/7/12 リリース)
 作詞:織田あすか(Elements Garden)
 作曲:末益涼太(Elements Garden)

 自信をなくしたら
 ひろって届けよう
 いつでもわたしがねっ!

 わたしと きみの色 あわせたら
 ナイス☆カラーが できるかな???
 信じるスパイス かけたら
 心がキュンと溶けだして
 輝きだすキズナたちが生まれたの…

 パスパレボリューション☆☆☆
 どんなことが起きても自分らしく
 カラフルにミラクルを!
 想いの色がパレットにダン!ダンシング!
 おんがくのしゃらら~ん♪
 キャンバスに 1!2!
 夢のうた 描こう!3! yeah!

※TV用ショートバージョン


00796
00797
00798
00799
00803
00804
00806
00808
00809
00811
 パスパレのデビューシングル、2期1話で歌った“しゅわりん☆どり〜みん”収録

パスパレボリューションず☆
 演奏時にはPastel*Palettesの日常が挿入、女優千聖、彩のバイト風景
 部指導を受ける若宮イヴとメンテナンスをする大和麻弥
 印をつける氷川日菜
 そして

 あまり、無理しないで下さいね?/ふ~~~ん…

 天才肌という日菜は、千聖の演奏のおかしさに気付き
 機材オタクの大和麻弥は「弦のせい」と気付く

 千聖のベース、弦がとぶ弦が妙にくたびれているせいだと。

 彼女がこっそり個人練習してる事まで、早くも察したんでしょうか

彩『ン…?』

00815
00816
00819
00821
00822
 シノビ飯とかいうパワーワード。

返す刀で
 イヴも千聖の事を心配して彩に連絡、彩は千聖自身にエールを送るも
 彩自身こそ、ちゃんと出来ているのか?
 と、ツッコまれる事に

 応援を受けにっこりする千聖さん、逆に発破かけられる彩ちゃん!

 皆、有形無形に千聖さんを応援してるんですが…
 押し切れない彩ちゃん可愛い!

 こういうところも生真面目というか

千聖『どうしているの…?』

00823
00824
00825
 バイトなのでっ/色んなところでやってるのね…

スタジオ1130
 今度は別のスタジオでおたえと鉢合わせ。第1期ではSPACEにいましたが
 思った以上に、あっちこっちでバイトしてました!
 が

 千聖先輩もっ/私は…

 千聖先輩こそ、色んなスタジオに練習に来ますね?
 とツッコまれ言い淀むの図

 ツッコんでいいのは、ツッコまれる覚悟がある人だけだってあれほど…

 個人レッスンしてる事、気付かれたくないんですね

氷川日菜『どったの~? エゴサの鬼?』

00827
 悲鳴を上げた彩。彼女、日常的に「エゴサーチ」する癖が。
 自分の名前で検索をかけてしまっては
 こうして凹んでしまったり
 元気になったり

 まったくエゴサは地獄だぜ! フゥーハハハ!

日菜『デビューライブの記事じゃん?』

00828
00830
00834
00836
00839
00843
 皆さんごめんなさい! 機材トラブルで残念ですが演奏できなくなってしまいました!

トラウマデビューライブ
 実は当時、まだ歌も演奏もロクに出来ないままライブに臨んでしまった5人
 トラブルが重なり、音源が止まってしまってバレてしまい
 業界慣れした千聖がカバーしなければ
 とっくに終わっていた

 はいっ、レッツ・ブシドー!/お? おーっ!!

 劇中明言はしてませんが、おそらく事務所が「バンドをやれ」と言いだし
 やるハメになったのでしょうか

 クチパク、アテフリ、歌も演奏も「フリ」だけだったデビューライブ

 でも、大恥をかいてなお続ける勇気ってスゴい!

おたえ『千聖先輩、ボーカルもやるんですね~』

00847
 弾きながら歌うのは大変…、っていつも香澄が言ってて
 と、期せず悩みに切り込んでしまったおたえ
 香澄はギターボーカル
 両方をやってます

 だから難しいときは、話し合っておたえが受け持ったり融通してる

 ポピパも、考えなしのようでしっかり相談しあってると

千聖『そうなの、ツインギター(のポピパ)だから出来る事ね』

00848
00850
00852
 ツインボーカル(のパスパレ)では出来ないですか?(おたえ)

融通
 期せずぐいぐい行くおたえ! この直感的な会話が彼女の強さですが
 生真面目な千聖先輩には刺さってしまう事に
 と

 まだ…、出来ないわ。

 意外や両者を繋ぐのは「技術不足」。
 ただ第1期、ポピパは拙いが為にひたすら練習してた時がありました

 際し、どうやっても「努力」じゃ埋められないとブチ当たってるんですよね

 ギター歴長いおたえもいるので、ポピパは融通が出来ましたが…

主人公『おたえ~、ごはんっ♪

00853
00854
00859
00862
00863
 WIFですね? 日本語にすると世界アイドルまつりですっ

東映 春のアニメまつり
 そんなある日、2年E組へ昼メシに誘いに来た香澄がイヴを見つけ
 大きなライブがあるんでしょ?
 と

 準備とか大変?/特に、チサト先輩が……

 これまた主催ライブの参考に。
 でもイヴちゃんさん、自分よりチサトさん心配するとか偉い子ですわ

 彼女も部活にバイトと、放課後は結構に忙しいそうで

 余談ですが次回担当バンドと、「バイトさせて貰っている」事で繋がりを持っています。

おたえ『千聖先輩なら…、……!?

00866

 千聖「たえちゃん、ちょっと良いかしら?
 千聖「…たえちゃんの分よ

 たえ「うさぎのしっぽパン!

  千聖「大人気らしいわね~
  たえ「はいっ♪

 たえ「ハッ! 口止め料ッ!?

 千聖「うふふふふふ…♪


00870
00872
00875
00876
 イヴが心配してました…、独りで練習してる事、どうして言わないんですか?

黒い咆哮
 口が軽いとか、そういう次元を越えたおたえを心配して口止めに来た千聖先輩
 曰く、「ステージでは出来て当たり前だから」
 と

 どれだけ練習したかお客さんには関係ない…、でしょ?

 千聖さんの姿勢。
 また、多分“デビューライブ”にも通じてるんでしょうね

 彼女達の性格的に、時間いっぱい努力した上で口パクを選んだんだと思います

 でもお客さんには、「口パクだった」結果だけ伝わるのですから。

おたえ『彩先輩達にも…、ですか?』

00880
00881
00885
 ええ、言う必要ないわ。歌いながら弾けないんじゃ

個人レッスンの理由
 ただ彩達に黙っているのは、“彼女達の時間を浪費させたくない”という気遣い
 今は千聖自身が、一緒に合わせて練習できる水準に「ない」。
 迷惑かけるだけだからと

 日菜ちゃんみたいに何でもすぐに出来てしまう天才もいるけど…

 自分は違うからと。
 最初に失敗し、今は“ベース”に集中して改善した

 しかし歌いながら演奏する曲は、技術的にも心理的にもハードルが高い 

イヴ『ニンポー、カクレミノジュツ! にんにんっ』

00888
00889
00890
00891
 あれは…、やまぶき色のお菓子ッ! …ワイロです!?

田沼意次もニッコリ
 他方千聖を心配し、仲良くニンジャスレイヤーごっこしていたイヴちゃんさん
 目撃…、悪魔的差し入れ…!
 とんだ風評被害!

 いや実際口止め料=ワイロだから、間違っちゃあいないんですが!

 やまぶき色のおかし
 時代劇で、商人が大判小判(金貨)をお菓子と偽り賄賂にした定番ネタより

 古人曰く「越後屋、おぬしも悪よのう」ってな!

 いえいえお代官様ほどでは…!

ヤマトマヤ『イヴさん、どうしたんですか~?』

00894
00895
00897
00898
00899
 何隠してるの~?/シノビは口が堅いのですっ!

超人硬度10!
 素直なイヴが、この重大スキャンダルを黙っていられずはずもなく
 おまけに氷川日菜さんが博識だった!
 曰く

 知りえた情報を味方に報告するまでが、忍の仕事だよ~♪/確かに!?

 なんという冷静で的確な判断力なんだ!!
 こう切り返されては、一人のザ・ニンジャとして情報を伝えずにはいられないと

 さすが日菜さん、進学校の生徒会長は伊達じゃない!

イヴ『見てしまったんです…、チサトさんが…』

00901
00906
00907
 ハッ! まさかスキャンダルとか?!/ええ?!/大問題じゃん!

ユニット解散ですか!?
 まあ普通はそっちを心配しますよね、色を知る年頃なのですからッ!
 しかしイヴは「たえちゃんです」
 と

 たえちゃんと千聖さんが…、やまぶき色のお菓子を!

 意味は通じなかった模様
 山吹色のお菓子、と言われ「越後屋!」と出るのは何歳くらいからでしょうか

 黄金色のお菓子、と言われても意味不明ですよね

 ちなみにヤマブキとはバラ科の植物で、春の季語でもあります。

『ワイロです!』『お疲れ様でーすっ

00911
00915
00916
00918
00919
00921
00922
00924
 え、えっとあの~…、拙者、これにてドロン!/…何事なの?

あ~れ~!
 昼食時といい、妙にタイミングのいい千聖先輩リングイン! こんなん笑うわ!
 慌てて隠れようとするイヴさん最高でしたね!
 ニンジャか!

 そして何故に引っ張り出したのか! 日菜ちゃんさんだからか!!

 おれはここだぜ ひと足お先 光の速さで あしたへダッシュさ!
 と、ばかりに隠れようとしたのに!

 若さって逃げも隠れもしない事さ!

 ただ千聖さんは、「人気のパンを渡しただけ」と台詞は用意済み。そつがない。

彩『あ、あの! ゆら・ゆらやりたいんですけど…、どうでしょう!』

00930
00940
00944
00948
00950
 ご、ごめん! あたし…、集中できてなかった!(彩)

ゆらゆらどうでしょう
 今度こそゆら・ゆらの練習は出来たが、千聖は“ベースの演奏だけ”と歌を断わる
 結果、日菜も「るんっとしない」と消化不良に終わってしまった。
 そこで彩は本番同様にやりたいと。
 ツインボーカルで!

 千聖ちゃんと一緒に…嫌よ!

 千聖さん嫌とか叫んでしまった…
 内心では、まだ「歌とベースを両方やる」自信が持てないのが原因

 しかしこうハッキリ拒絶され、彩さんショック…!

イヴ『このままじゃダメです…、すれ違い続けたら離れてしまいます…』

00961
 こうしてパスパレは空中分解寸前。とはいえ「仕事だから」は強い。
 他バンドと違い、ある程度の強制力がありますから。
 と、日菜さんはややドライ。

 また眼鏡の大和麻弥(やまとまや)は、何が出来るか解らないと言い淀みます

 しかし日菜もイヴも、麻弥さんにはいつも支えられていますよ、と。

大和麻弥『そ、そうですかぁ? ふへへ………ではッ!』

00967
00968
00969
 では…、ジブンは演奏でパスパレを支えます!/私もパスパレの誠を見せます!

シンセングミ!
 やだイヴさんかっこいい! こういう傘は実際に売ってますものね!
 当初はドライに返した氷川日菜さんも
 曰く

 ま、五人揃ってないと面白くないしね♪(日菜)

 決してドライな人ではないのだと。
 商業的な集まりだけど、決してそれだけの繋がりじゃあない!

 そして「サムライ 刀傘」は、Amazonとかで2000円くらいで売ってます!

 イヴさん、視聴者の腹筋を試しすぎじゃないです!?

『お疲れ様~』『はやーい! …ってかなんで?』

00977
00979
00981
00982
00984
 夜考えたんだ、私が出来てないから、千聖ちゃん一緒に歌ってくれないのかなって

るんっと来た?
 バラバラにならないか心配してた3人ですが、彩はむしろ先にスタジオに
 自分のせいかもしれない、だから頑張るしかない!
 と努力する人の本領発揮! 

 千聖さん、本当は一緒に歌いたいんだと思います(麻弥)

 麻弥は、千聖のベースの痛み具合で“隠れて練習してる”と指摘し
 練習に来たくない訳じゃないはずだと

 あんなに練習してるんですから、きっと本当は一緒に歌いたいハズですよと

『日菜ちゃん…、イヴちゃん…、麻弥ちゃん! 行ってくるっ!!』

00990

 彩「千聖ちゃん! おつかれさまっ!!
 千聖「どうしたの!?

彩)
 私、待ってるから!
 私、出来ることも少なくて、頑張るしか出来ないけど!
 千聖ちゃんが大丈夫って、一緒に歌ってもいいよってなるまで、待ってる

 待ってるね!


01002

 千聖「………ふふ、彩ちゃんらしいわね
 彩「へ?
 千聖「彩ちゃんがここに来てる時点で、急かされてる気分なんだけど?

 彩「え!? ご、ごめん!


01008

 千聖「次の撮影まで、近くのスタジオを予約してるの。一緒に行く?
 彩「いいの…?

  千聖「まだ、完璧とは言えないけど…
  千聖「そんな状態の彩ちゃんを、独りで帰せないでしょ?

 彩「ありがとう~…

 千聖「彩ちゃん! 仮にもアイドルでしょう? ひどい顔よ…


01011
01014
01018
01022
01025
01027

 イヴ「アヤさーん! チサトさーん!
 彩「皆…!?
 イヴ「イッケンラクチャクですね!

 千聖「これから練習に行くけど、皆で行かない?

  日菜「いいの~?
  千聖「いいのっ

 イヴ「練習が終わったら、釜飯を食べにいきましょう!
 イヴ「同じ釜の飯を食べる、です!

 千聖「そんな意味の言葉だったかしら!?


01030
01032
01037
 おまちしております♪(おたえ)

頑張るしか出来ないけれど
 お客に対し、また仲間に迷惑はかけたくないと水面下で努力していた千聖と
 心配だ、自分は実力が足りないとストレートに言える彩
 対照的だから面白い

 待ってると口にした時点で急かしてる、と気付けなかった彩さん

 多分それは千聖側も同様
 迷惑をかけまい、とした時点で周りに心配させてしまったんですから。

 対照的で似た者同士で、「らしい」と笑える関係なんだと

 古人曰く、涙の後には虹が出るってな!

日菜『日本最大級イベント! …って言ってたのに…』

01043
 後日談というか今回のオチ。確かに最大級のイベントですが
 パスパレ担当ステージは小さかった…!
 ちっちゃくないよ!

 こうしたイベントは複数ステージが用意され、中でも小さい奴担当だった

 小さいもの担当大臣だから仕方ない

麻弥『ま~、ジブン達らしいですね~』

01046

 イヴ「どんな場所でも全力! …ですっ
 彩「き、緊張してきた~…

 千聖「大丈夫、緊張も彩ちゃんの味方よっ

 彩「だ、だよね! 皆っ!! 手ェ出してっ!!


01050

 日菜「はーい♪
 イヴ「円陣ですねっ!
 麻弥「彩さん、頼みますッ!
 彩「うん!

  彩「よーし…! まんまるお山に~、彩りぃ~


01051

 千聖「パスパレー!
 彩「え!? え?!
 一同「「「「おーーーーーーーーッ!!」」」」
 彩「お、おー!

 イヴ「ブシドーっ!


01052
01053
01055
 さらっと決め台詞を流される彩さん、オチ担当大臣すぎィ!

まんまるお山に彩を!
 緊張もあなたの味方! いい台詞ですね、意味はよくわからんけど!!
 緊張する事も、それだけ意識している証明
 自分を高める力だよ的な?

 軽くスルーされる彩、徹頭徹尾ブシドーするイヴさん!

 今回、友情たっぷりに描かれただけに
 軽い扱いもむしろ快い!

 千聖さんの妙に男らしい掛け声も! 素敵でしたね!!

 小さなステージでも全力疾走!

きみを映した きれいな姿は"わたし"で見てた まぼろしだったの

01062

■ゆら・ゆらRing-Dong-Dance
 Pastel*Palettes (2018/1/17 リリース 2ndシングル)
 作詞:織田あすか(Elements Garden)
 作曲:菊田大介(Elements Garden)

 ゆら・ゆら・ゆら・ゆら Ring-Dong…
 ゆら・ゆら・ゆら・ゆら Ring-Dong…
 ゆら・ゆら・ゆら・ゆら Ring-Dong…

 きみを映した きれいな姿は
 "わたし"で見てた まぼろしだったの

 ため息泳ぐ くもり空見上げ
 与えられたレールを ひとり歩く

 がんばれの言葉も ねじれて届かなくて
 さなぎのまま 閉じこめた羽根
 素直に なれずに
 miss you… miss you… miss you…
 ちぐはぐ lonely heart

 こころ 揺らし 幕が ひらく きみの声で
 ひらり 生まれ ひらり 飛んだ
 おんなじ 世界 つよく 今 息をして真実にふれて 溶けた
 かたいヴェールも ひかりとなって
 わたしたち ひとつに 美しく包んだ

 ゆら・ゆら・ゆら・ゆら Ring-Dong…
 ゆら・ゆら・ゆら・ゆら Ring-Dong…
 ゆら・ゆら・ゆら・ゆら Ring-Dong…

※TVバージョンとして一番のみ


01073
01090
01097
01101
01111
01114
01116
01117
01125
01129
01131
01133
01139
 以上、私達Pastel*Palettesでしたー!

ゆら・ゆらRing-Dong-Dance
 すれ違いを描いた今回にピッタリだった曲に思える、主題曲ライブで締め!
 小さなステージ、と言いながらも立派に動員している姿
 やっぱりプロは一味違う!

 ありがとうございましたーっ!!

 綺麗な姿だと、「自分にはそう見えてるだけの幻だった」とか
 水面下の努力家・千聖さんにも重なる気がします

 客席にはもちろんポピパ、将来のレギュラーキャラが顔見せするスタイル

 彩と千聖、背を寄せ合うシーンが最高にエモいライブだった!

感想追記

 商業ゆえの苦労? 口パク・デビューライブ事件
 各バンドに一人ずつ「ファン」が?
 次回担当バンド、ゲームで「ばらかもん」主題歌をカバー         
 トップに戻る

段違いの知名度を誇る商業バンド! しかしデビューに苦い経験が

00834
00828
 やたら技術力にこだわるのは、技術がまったくないのにデビューした苦い過去からか

アイドルバンド!
 スピーカーから歌も演奏も流し、口パク・アテフリ(演奏してるフリ)だったデビュー。
 挙句、機材トラブルでCD再生が止まってしまって
 ファンにまで知られる事に

 彼女達の場合、「アイドル」として活動している為でしょうか

 今はちゃんと自前ですが
 事務所に“言われて”、始めたが為のトラブル。

 趣味でやっている香澄達とは、大きな違いを見た気がする回でした

千聖さんがやたら技術にこだわったのも、この時の苦い経験の為か

00850
 デビュー時にどんな想いだったのかは、劇中では描かれず。

結果が全て
 性格的にちゃんと努力して臨み、ダメだったのだろうなと思いました
 スケジュールや「売り方」を先行して決められるのは
 どんな商売でも「あるある」ですから

 ただどんな苦労をしてても、実際に形にならなければ意味がない

 仮に努力してダメだった場合でも
 傍目には、「単にサボっただけ」「本気じゃなかった」となじられる

 言わせない為には、出来るようになった姿を常に見せるしかないんですよね

 千聖さんのプロ意識が光る回。 

プロ意識と、仲間に打ち明ける勇気

01025
 理由をちゃんと仲間に話さなかった時点で、千聖さん側に問題があったのも確かで。

技術不足
 全員で練習するにも、千聖はまだベース&ボーカルを満足にこなせなかった
 合わせる以前に、個人としての技術が足りてないので
 仲間の足を引っ張ると思い
 個人練習を優先

 それを打ち明け切れなかったのが、問題を拗れさせてしまう事に

 千聖さんの学生らしさも光る回!

ライブパートでは、新キャラクターがファンとして描写

01101
 公式サイトではこちら(ネタバレあり)

その名はパレオ
 Poppin'Partyに対する六花、Roseliaとチュチュに続く第3のファン!
 してみると、前回ハロハピ回にもモブでいたのか?
 多分いなかったと思うんですが

 おそらくこの調子で、ハロハピ、Afterglowにもファンがいるんでしょうね

次回担当はAfterglow! 彼女達がゲーム「ガルパ」であの曲をカバー



■らしさ
 アニメ「ばらかもん」オープニング曲
 歌:SUPER BEAVER(2015/9/2 リリース)
 作詞:柳沢亮太
 作曲:柳沢亮太

 自分らしさってなんだ?“人とは違う”で差をつけろ
 コンビニの雑誌コーナー 表紙に太字で書いてあった
 自分らしさってなんだ? こどもの頃は気にもせず
 気に入らなければ怒って 好きなものを好きだと言って

 僕らは変わっていく 守りたいものが変わっていく
 理解されない宝物から 理解されるための建前へ
 おとなになるほど 後悔する生き物になる
 でもね それでもね 見えるものがあるんだよ

 だから 僕は僕らしく そして 君は君らしくって
 始めから 探すような ものではないんだと思うんだ
 僕は君じゃないし 君も僕じゃないから
 すれ違う 手を繋ぐ そこには愛だって生まれる
 そういうもんさ 自分らしさってなんだろう
 変えられない 大切があるから 変わりゆく 生活が正しい

※ここまでアニメOPに用いられた


00004
00012
00013
00014
00015
 理解されずとも宝物は 今でも宝物のはずでしょう

らしさ
 今も好きですOP主題歌! 離島追放強制スローライフストーリーの主題歌が!
 コンビニ雑誌のありきたりな一文に、ついつい考え始めてしまい
 大人ってさ、後悔する生き物だと思ってしまって。

 でもそれでもね 見えるものがあるんだよって肯定する!

 僕も君も違う
 別の個人、持ってる「らしさ」は違うもの。
 だからすれ違ってしまうけど、違うから手を繋げるし、違うから愛だって生まれる!

 否定して肯定する! 今も好きだなこの曲!

 ばらかもん昨年連載終了しました(最終巻感想はこちら)。作者新連載スタートです!
 
公式ツイッターより

















































































2019年1月31日 BanG Dream! 2nd Season 第5話「雨のRing-Dong-Dance」

00780
 おたえの台詞が多かった為か、ポピパ担当(主脚本)ゆにこさんも参加

スタッフ
 脚本:まつのゆき&綾奈ゆにこ
 絵コンテ&演出:信田ユウ
 ライブパート絵コンテ演出:三村厚史
 2D作画監督:茶之原拓也、八森優香、依田祐輔、花井柚都子、阪本麻衣
 アニメ制作:サンジゲン
 制作協力:パッショーネ/Creators in Pack
 原作:オリジナルアニメ
 制作協力:-

あらすじ
 大きなライブイベントへの出演が決まったPastel*Palettes。
 張り切る彩たちとは裏腹に浮かない表情の千聖。メンバー全員が揃わない日々が続く中、イヴはたえと密会をする千聖を目撃してしまう。

次回で主要5バンドが一巡! トリを務めるのはAfterglow!!

01143
01147
01154
 Afterglowだけ公式略称がないんですよね。略してアフロ(と絶対言う)

Afterglow回!
 破天荒遊戯ハロー、ハッピーワールド!から、王道の行き違いを描いたパスパレ!
 王道ですし、互いに「相手に見合う自分になりたい」努力をする姿
 やっぱり王道って素敵だ!

 そんな彼女達は“商業”アイドル、広く広く届けていくスタイル

 対し次回は、幼馴染で結成されたバンド!
 舞台は商店街!?

 広くからより近くへ、地域に密着する姿が見られそう!!

 次回、BanG Dream! 2nd Season 第6話「You Only Live Once」

BanG Dream! 2期 5話 感想

 第5話「雨のRing-Dong-Dance」
 冒頭「ワールド・アイドル・フェス!」    
 Aパート「ゆら・ゆらって?」
 撮影会
 しかし まわりこまれてしまった!
 パスパレ『パスパレボリューションず☆』
 トラウマ☆デビューライブ
 ソチモワルヨノウ
 Bパート「シノビは口が堅いのです!」
 るん♪っときた?
 私、待ってるから!
 日本最大級のアイドルイベント!  
 パスパレ『ゆら・ゆらRing-Dong-Dance』   
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 BanG Dream! バンドリ!第1期 感想
 ガルパピコ 感想
 これまでの感想
 AbemaTV 配信ページ(外部サイト)
 公式配信「バンドリちゃんねる☆」(外部サイト)
 トップに戻る


 BanG Dream! バンドリ! 第1話「出会っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第2話「やっちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第3話「逃げちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第4話「怒っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第5話「ドキドキしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第6話「作っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第7話「ケンカしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第8話「走っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第9話「バイトしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第10話「驚いちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第11話「歌えなくなっちゃった」
 BanG Dream! バンドリ! 第12話「キラキラしちゃった!?」
 BanG Dream! バンドリ! 第13話「歌っちゃった!【最終回】」
 BanG Dream! バンドリ! 第14話「遊んじゃった!【OVA】」


 BanG Dream! ガルパピコ 第1話「ライブハウス『さーくる』」
 BanG Dream! ガルパピコ 第2話「くらトーーーーク」
 BanG Dream! ガルパピコ 第3話「革命-revolution-」
 BanG Dream! ガルパピコ 第4話「ロックンロールベイベェ」
 BanG Dream! ガルパピコ 第5話「パスパレ・水着deコマーシャル」
 BanG Dream! ガルパピコ 第6話「ミッシェルランドへようこそ!」
 BanG Dream! ガルパピコ 第7話「さーくる合同ライブ対策会議」
 BanG Dream! ガルパピコ 第8話「ドラマーっていつも何かしらリズム刻んでるよね」
 BanG Dream! ガルパピコ 第9話「チョココロネだいすき」
 BanG Dream! ガルパピコ 第10話「ニンニクどうします?」
 BanG Dream! ガルパピコ 第11話「ハロハピスカイライブ」
 BanG Dream! ガルパピコ 第12話「ババンボ様にお願い☆」
 BanG Dream! ガルパピコ 第13話「キラキラ愉快な商店街狂乱のブシドーパーティ」
 BanG Dream! ガルパピコ 第14話「ハロハピ厳冬期冬山縦走」
 BanG Dream! ガルパピコ 第15話「バイトの時間」
 BanG Dream! ガルパピコ 第16話「ポッピン'シャッフル」
 BanG Dream! ガルパピコ 第17話「パステル*散歩」
 BanG Dream! ガルパピコ 第18話「蔵迷宮」
 BanG Dream! ガルパピコ 第19話「さーくるの崩壊」
 BanG Dream! ガルパピコ 第20話「真実を映す魔眼 」
 BanG Dream! ガルパピコ 第21話「あの演出ってワクワクするよね」
 BanG Dream! ガルパピコ 第22話「ミッシェルカフェへようこそ!」
 BanG Dream! ガルパピコ 第23話「パステルパジャマパーティー」
 BanG Dream! ガルパピコ 第24話「フタゴリズム」
 BanG Dream! ガルパピコ 第25話「聖夜のサプライズ」
 BanG Dream! ガルパピコ 第26話「再建しちゃった!」【最終回】


 BanG Dream! 2nd Season 第1話「Happy Party!」
 BanG Dream! 2nd Season 第2話「黒き咆哮」
 BanG Dream! 2nd Season 第3話「Sing Girls」
 BanG Dream! 2nd Season 第4話「ゴーカ!ゴーカイ!?のっびのびワールド!」
 BanG Dream! 2nd Season 第5話「雨のRing-Dong-Dance」
 BanG Dream! 2nd Season 第6話「You Only Live Once」
 BanG Dream! 2nd Season 第7話「ナカナ イナ カナイ」
 BanG Dream! 2nd Season 第8話「ひとりじゃないんだから」
 BanG Dream! 2nd Season 第9話「スクール・フェスティバル・シンフォニー」
 BanG Dream! 2nd Season 第10話「R・I・O・T」
 BanG Dream! 2nd Season 第11話「ホシノナミダ」
 BanG Dream! 2nd Season 第12話「Returns」
 BanG Dream! 2nd Season 第13話「キズナミュージック♪【最終回】」