2019年 1月発売ガンプラ一覧はこちら。本記事下部はこちら
ガンダムベース“NEXT PHASE GUNPLA”で、2019年4月キットが一斉公開!!

01_front_01
EPP_0108110658
 画像は電撃ホビーWEBより。ガンダムベース公式はこちら

2019年4月新作
 MG 1/100 Ex-Sガンダム/Sガンダム、12,960円(こちら
 HGAC 1/144 マグアナック、1,296円(こちら
 HG-ORIGIN 1/144 シャア専用ザクII 赤い彗星Ver.1,944円(こちら
 HG-ORIGIN 1/144 ザクII C-6/R6型、1,944円(こちら
 SD ガンダム クロスシルエット シスクード、1,512円(こちら
 SD ガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)、1,512円
 ハロプラ ハロ エターナルピンク、540円(こちら

 驚きはマグアナック! ガンダムW登場、“全機がカスタム化された”味方量産機

 ビルドダイバーズでも、準メイン機体でしたし
 連動性を感じさせますね!

 またゲーム初出の宇宙世紀“系”MS、シスクードがキット化!

 モノアイガンダムズと呼ばれるゲーム初出機、宇宙世紀では異質だから驚き!!

全て4月発売。大物キットは「MG 1/100 Ex-Sガンダム/Sガンダム、12,960円」

S_01_front_01
Ex-s_01_front_02
 2018年に参考出品、今回発売が正式発表

ガンダム・センチネル(模型企画)
 機動戦士Zガンダム最終戦と同時期、ニューディサイズ事件でのガンダム
 当時の潮流として、ZZが重装甲・高火力を指向したのに対し
 別チームが、軽量・運動性を重視した“対極”のMS
 アナハイム究極のガンダム

 またZZが単体で完結しているのに対し、換装機構を前提にオプション化されている

 反面、ZZ同様に複雑さと高コスト化を招いてしまった事から
 以降は信頼性の高いシンプルな方向へ回帰
 時代の仇花となった

 何より、人工知能ALICEによる“無人MS構想”試験機だった為に冷遇された

 無人機は「軍」に忠誠を誓う為
 人間の忠誠、軍閥主義を進める勢力に妨害されてしまった。

 2002年のMG Sガンダムを元に、2018年ディープストライカーの改修を加えたキットか

HGAC 1/144 マグアナック、1,296円。ガンダムW量産機からもう一機!!

01_front_01
00227
IMG_0650s-
IMG_0651s-
 一番下は当時の模型誌作例から。

新機動戦記ガンダムW
 家族を意味する名前で知られ、「カトル様」と呼び慕うパイロット達が登場
 何より、当時はキット化されず終いだった事からも
 ファンの感動は砂漠の嵐より強い!

 当時リーオーと違い、簡易キット化さえされなかった味方MS

 もっとも、Gガンダムの頃よりラインナップ自体は豊富だった為
 責めるのは酷だと今は感じます
 地味でもありますし。

 先のビルドダイバーズでは、代表的なカスタムをひとまとめにしたオリジナル改造も登場!

HG-ORIGIN 1/144 シャア専用ザクII 赤い彗星Ver.1,944円

IMG_0875
00230
 何が違うって左肩他にパーソナルマークが付いたのです

機動戦士ガンダム THE ORIGIN
 四月からの地上波放送へ、マイナーチェンジながら新商品が登場!
 以前のは、開戦初期の「指揮官機ではない」タイプで
 今回は「初代ガンダム第1話」相当に

 マーキングシールが新調、武装もザク・マシンガンとなるようです

 ベースとなってるキットは、大規模な対艦戦を想定していた頃のチューンで
 大物武装ばかりだったのが鮮烈でしたね

 武装変更で、一気に見慣れた姿になった感じも

HG-ORIGIN 1/144 ザクII C-6/R6型、1,944円

zakuzaku
00231
 これまた下の画像は公式サイトより

機動戦士ガンダム THE ORIGIN
 見慣れない型式ですが、要は「初代ガンダム第1話」相当のオリジン版ザク
 C型は、核兵器が使えた頃に製造された旧タイプ
 F型が大戦主力タイプ

 対しC-6は少数生産タイプで、胸部が改造、武装・装甲強化された機体

 R-6は腕部武装を追加した事で
 在来とのデザイン差を、“そういう特殊タイプだった”と設定したのね

 特に腕部の銃は、対人武装としての活用が外伝(ドアンの島)でも描かれています

SD ガンダム クロスシルエット シスクード、1,512円

EPP_0108110658
EPP_0108110663
00226
 同時発売。白がエゥーゴ=Zでの主人公陣営で、黒っぽいのが敵組織ティターンズ

SDガンダムGジェネレーション モノアイガンダムズ
 ゲーム初出のZガンダム外伝作品。ティターンズが開発しエゥーゴが強奪した
 見た目、完全に「ガンダム」でありながらモノアイという
 非常に「にせガンダム」なデザイン
 主役機である。
 主役機である。

 本来はプロジェクト・セイレーネにおける護衛用迎撃試作MS。

 その名も「左腕の盾」
 劇中では、「右腕の剣」を意味するデスパーダと戦う

 同計画は、後年エンジェル・ハイロウの原型になったという大規模なプロジェクト

 大規模すぎる為か、同設定を拾った作品はあまり見かけません。

ハロプラ ハロ エターナルピンク、540円

EPP_0108110647
 これまた4月発売、名称と色から、ガンダムSEEDをイメージしたらしい

ハロプラ
 まだまだ展開が止まらない所を見ると、けっこう反響が良いのかもしれません
 色変えだけで商品化できるのもメリットなのかしら
 手軽に組めますし。

※トップに戻る
当面の一般販売ガンプラ新商品一覧、プレバン除く

2019年1月新作
 12日 HGUC 1/144 R・ジャジャ、2,052円
 12日 HGPG 1/144 プチッガイ きゃらっがい アヤメ、972円
 12日 ハロプラ モビルハロ 1,296円
 MG シナンジュ・スタイン(ナラティブver)、8,100円
 SDBD RX零丸神気結晶、1,944円
 HGBD GBN-ベースガンダム、1,728円
 HGBC 1/144 HWS&SVカスタムウエポンセット、1,296円

2019年2月新作
 HGUC 1/144 グスタフ・カール(ユニコーンver.)、2,592円
 HGBD 1/144 ガンダムザラキエル、2,700円 ※ビルドダイバーズ外伝漫画 BDブレイク
 SDガンダムクロスシルエット フリーダムガンダム、1,080円

2019年3月新作
 MG 1/100 ガンダムデュナメス、4,860円
 MG 1/100 ガンダムAGEⅡマグナム、5,940円
 HGUC 1/144 ナラティブガンダム C装備、2,484円
 Figure-rise Standard ダイバーアヤメ、2,592円

2019年4月新作
 MG 1/100 Ex-Sガンダム/Sガンダム、12,960円
 HGAC 1/144 マグアナック、1,296円
 HG-ORIGIN 1/144 シャア専用ザクII 赤い彗星Ver.1,944円
 HG-ORIGIN 1/144 ザクII C-6/R6型、1,944円
 SD ガンダム クロスシルエット シスクード、1,512円
 SD ガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)、1,512円
 ハロプラ ハロ エターナルピンク、540円

2019年5月新作
 HGCE 1/144 デスティニーガンダム、2,376円

参考出品
 HG 1/144 シルヴァ・バレト(ナラティブVer.)
 HG 1/144 ディジェ(ナラティブVer.)
 SDガンダム クロスシルエット イフリート
 HGUC 1/144 バルギル
 SDCS ユニコーンガンダム
 SDCS ユニコーンガンダム2号機バンシィ