公式サイト ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第16話 感想 偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その2 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読 22時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
有言実行、プロシュート兄貴の偉大なる死! 弱気は気高さへ、そしてゲスへ!?

00347
00427
00110
敵を倒すには己の身を省みるな! と有言実行したプロシュート兄ィが男前な回!!
 感化され、「心」で覚悟を理解したペッシの急変がカッコ良かった!
 対し、「覚悟」を見せるブチャラティも解ってる!
 彼こそ「覚悟」を理解していた!

 己を省みないブチャラティ、覚悟を見せた師弟コンビアツかったわ!

アリーヴェデルチ!(さよならだ!)
 兄貴戦に勝てたのも、ペッシのスタンド詳細をピストルズに聞いていたからだし
 ジョルノが、事前に「老化」の謎を解くよう促したのも同じ理由
 スタンド戦とは情報戦だ、と強調した一戦!
 だからトリッシュ争奪戦になる訳ね

 そのトリッシュも発現兆候、父に近付いているのも影響しているのかしら

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第16話 感想

 ジョジョ 5部 第16話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その2」     
 Aパート「時速150キロの地獄」
 お前は平等に判断できる男だ
 兄貴の覚悟が!「言葉」でなく「心」で理解できた!   
 Bパート「ペッシ:ビーチ・ボーイ」
 真に恐ろしいのは
 困難な道程だった…
 アリーヴェデルチ!“さよならだ”
 トリッシュの疑問 
 Cパート「ブチャラティ:スティッキィ・フィンガーズ」   
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 ジョジョ 3部 感想
 ジョジョ 4部 感想
 ジョジョ 5部 これまでの感想

成長したペッシの心に気高さを見たブチャラティ、しかし

00407
 堕ちたな…、ただのゲス野郎の心に(ブチャラティ)

死を目前とした男の行動
 対となるのは第2部のエシディシか。彼も、最後の最後で人質作戦を取りました
 でもエシディシは、仲間の為にプライドを捨てて最善を尽くした
 対しペッシは、ブチャラティに絶望を刻みたかった

 あくまで自己満足から行動に出た、その心の在り方が下衆なんだと

 ただこの厳しい言葉、ペッシを高く評価したのがスゲーデカいんだろうなと思いました

なお、最後は川に落っこちてしまったペッシですが

00428
 語源はイタリア語で「魚」の複数形pesci、最後は哀れ魚のエサ

あらすじ
 ボスの指令で、“スタンド使いの亀”とフィレンツェ行き急行に乗り込んだブチャラティ一行
 しかし、ペッシの勘とプロシュートの推理で亀の中だと特定され
 プロシュートを倒すも仲間に連絡されてしまった

 兄貴分の覚悟に奮起したペッシに、死の寸前まで追い詰められたブチャラティ

 逆転勝利こそ成ったが、もはや安全な移動手段も失われ
 トリッシュにはスタンド発現の兆候が。

 彼らを追う暗殺チーム随一の変態・メローネは、ブチャラティの血液を採取し…?

 次回、ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第17話「ベイビィ・フェイス」

うおおおおおおおおおおおおおお!

00000
 前回、ミスタはペッシを制圧したが、プロシュートの兄貴の逆襲で戦闘不能に
 代わってブチャラティがピストルズに託され参戦
 ペッシを昏倒させる

 スタンド戦はプロシュートが、だが覚悟はブチャラティが一枚上手

 開いたジッパーに飲み込まれ、まず運転手が潰れたトマトとなる

ペッシ! 早く列車を止めろッ!!

00001
00002
00003
00004
 と…、止め方なんてわかんねええええええええええええええ!?

幹部の覚悟 
 そういやそうだった! 列車内にペッシが残れたのは確かに幸運だったが
 ぺッシに列車の運転方など分かるわけがなかったのだ!
 そりゃそうじゃ!

 これでお前の老化の能力も消え去り、部下は復活し、トリッシュは保護される!

 後ろの正面ブチャラティ!
 部下を守る、任務を遂行するには“自分が犠牲になる”のが最短だと。

 ブチャラティの「幹部としての覚悟」は、さすがのプロシュートにも読みきれなかった

 ジッパーは「閉まった」! プロシュートの兄貴、完…!?

ペッシ『兄貴ィィィイイイイイイイ!

00008
00009
00012
 で…、でかしたぞペッシ…! 気が利いたなッ!!

時速150km
 ブチャラティでさえ、「ナニッ!?」と言っちゃう想定外の事態
 壁を透過するビーチ・ボーイの特性を活かし
 ペッシ一本釣り!

 咄嗟にスタンドで掴まなきゃ、ブチャラティが無駄死にするところ!

 仮に敵味方逆なら、ここで終わっていたんでしょうね 
 危うく潰れたトマトだった!

 運転手さんには悪いですが、アレが良い前例でしたね…

ペッシ『で、でもこの重さは二人分の体重だ…』

00013
 ブチャラティ! あいつも一緒にしがみついてるな!
 戦慄するペッシ、他方プロシュートも同様に戦慄しながらも
 ボスの判断は正しかったと讃える

 ブチャラティは“物事を平等に判断できる男”。自分の命さえも含めて!

 幹部失格と呼んだのを、わざわざ「撤回」してくれる兄貴…!

プロシュート『落ちていくんだな! 時速150kmの地獄へッ!!』

00015

 今のおまえの行動! 本当にオシマイかと思ったよ… ブチャラティ
 さっきおまえの事「幹部失格」だなんて言ったが、
 撤回するよ…無礼な事を言ったな…

 おまえは物事を平等に決断できる男だ…「自分の命」をも含めてな…。

 ボスが「娘」の護衛を、おまえにまかせてもいいと判断したのは、正しい選択だった…
 いや、マジに恐れいったよ。

 だがな…ブチャラティ。おまえはツイテない「幹部」だ!
 落ちて行くんだなーーーーーッ!

 時速150キロの地獄へッ!


00016
00021
00025
00026
 ハッ! 忘れたのか!! お前の「老化」は未だ進行中なんだぜッ!!

ザ・グレイトフル・デッド
 時速150キロで駆ける地獄の上、ブチャラティにマジで恐れ入った兄貴だが
 既に、ブチャラティが落下確定「ツイてない幹部」だから言えた事!
 老化で劣化しているのは変わらないのだ

 ノロいぞ!

 決して高い戦闘力はない
 しかし、相手が刻々と弱体化する事で優位に立つザ・グレイトフル・デッド!

 敵“弱体化”が多い暗殺チームでも、ピカイチのスタンドだわ!

 なおペッシは、前回たっぷり氷を持たされたので無事。

ブチャラティ『まったく…、弟分がお前を引っ張った…、その糸に救われたぜ』

00027
 もしかして…、「ツイてない」のは俺の方か?! 愕然とするプロシュートの兄貴
 今まさに、TGDが“直触り”、急老化で勝利確定かと思われましたが
 ブチャラティの狙いは兄貴じゃあなかった!
 兄貴じゃあなかったんだ!

 今兄貴は、「太陽が西から昇らないのと同じようにおかしい事だ」と実感する

 ミスタを殺しそこなった時点で、ツイていなかったんだと!

ペッシ『“体重”が一人減ったッ! ブチャラティを突き落としたんだなッ!!』

00029
00033
00035
00038
00040
 実際に突き落とされたのは、プロシュートの兄貴の方だった…

ブチャラティィイ!
 絶叫し落ちていったプロシュートの兄貴。岐路となったのはミスタ生還
 ミスタのセックス・ピストルズが、「釣り針スタンド」の情報を伝え
 ブチャラティにそちらを攻撃させた

 結果、釣り針への攻撃は“糸に近い側”、プロシュート兄貴へ跳ね返った!

 スタンド戦は情報を把握したものが勝つ
 暗殺チームが、必死に「ボスの娘」を捕らえて分析しようとしているように!

 哀れ兄貴、時速150キロの地獄へ真っ逆さま…!

 大体ミスタが生きて“る”のが、悪運強すぎンだよアイツがよー!!

ブチャラティ『老化の能力が、解除されたようだ…』

00042
 哀れ誤解したペッシは、必死に「釣り糸の先の兄貴」を助けようとし
 釣り糸の先のブチャラティは彼を倒そうとする…
 つまり不意討ちの形になるな…

 あれほど能力は解除するな、と言った兄貴が解除するってそういう事だよね兄貴…

ペッシ『ン…? さっき、俺のビーチボーイの針先は兄貴の右手に食い込んだはず…!?』

00051
00062
00075
00078
00084
 こ…、こいつ老化が治って…、まさか、この糸から墜落した一人分の体重って言うのは…

どうすれば?!
 ペッシにすれば信じがたいとしか! 確かに引っ掛けたのは兄貴だった
 何より兄貴なんです、釣り針の先に一人残っているなら
 兄貴が残ってる以外にありえない!
 だって兄貴だから!

 まさか?! 俺のプロシュート兄貴が…!?

 しかし釣り針の感触といい
 目の前で、「老化」から回復して口汚く罵ってくる男共といい!

 もう兄貴が死んだとしか思えない!

 神は死んだ!

乗客『チッ、マンモーニ(ママッ子)か! もういいッ!!』

00089
 ポピュラーな物言いなのか、兄貴同様にペッシを罵倒するハゲ
 イタリアが舞台の「紅の豚」でも、「ママ怖いよ団」が出るし…
 いやあれは宮崎氏の趣味が強いけど。
 それはさておき

 兄貴が負けたなら、亀からブチャラティチームが復活する事にも考えが至る

 死を悼むだけでなく、どこか冷静に状況分析もする絶望ペッシ…!

ペッシ『ど、どういう事だ!? 老化は止まってねー!』

00096
00108
00110
00111
00113
00116
 バカな! まさか…、まさかアイツ!?

グレイトフル・デッド
 ペッシの絶望を止めたのは“老化”再開、とりもなおさず兄貴が生きていたという事!
 しかし、車窓から覗けた兄貴は既に致命傷でした「
 が

 兄貴ィィイイイイイイイイイイ!

 致命傷でスタンドを発動・維持する兄貴…!
 スタンドは精神の力!

 即死級に老化するほど、腹を括って力を使ってるんだぜ兄貴は!

 ブチャラティも仰天の「覚悟」っぷり!

『本当に…兄貴………、ううっ。 そのとおりだったんだね』

00120

 本当に…兄貴………
 ううっ。 そのとおりだったんだね。
『いったん食らいついたら、腕の一本や二本、失おうとも、決して「スタンド能力」は………解除しないと』オレに言った事は!!


00122

 ああ~、兄貴…!
 あんなグチャグチャの重傷じゃ、もう助からない…
 息を引き取るのも時間の問題だ…

 なのに兄貴は、自分のグレイトフル・デッドを解除しない…!


00123


 何があろうともオレたちは…、トリッシュを手に入れるんだね…、兄貴…
 オレたちはもう後には戻れないんだね
 兄貴…


00124


 わかったよ、プロシュート兄ィ!!
 兄貴の覚悟が!「言葉」でなく「心」で理解できた!

 ブッ殺すって思った時は、兄貴ッ!
 すでに行動は終わっているんだね。


00125

 フゥゥーー……
 初めて…………人をやっちまったァ~~~~~♪
 でも想像してたより、なんて事はないな。

 そしてオレに向かって「マンモーニ」だなんて言えるヤツは、
 もう、これで誰ひとりいねーからな…。


00127
00131
00133
00135
00137
 追い込まれてもスタンド能力は解除しない、実践した兄貴の覚悟が成長を促す事に

覚悟は促した
 変貌と共に、さっき自分をバカにした一般人の首を踏み折るペッシ
 おそらく、バカにされた時も「ブッ殺す!」と浮かび
 そして出来なかったのか

 実際に能力を解除しなかった兄貴の覚悟! ペッシも成長せざるをえない!!

 しかし、今まで気弱そうだった青年が容赦ない殺し屋に変わる様
 覚悟は美しいが哀しいとも思う!

 ギャングなら無理に殺させて度胸を、後戻りできなくさせるのもド定番だと思います

 兄貴は本当に、ペッシを丁寧に育て上げたんだな…

兄貴が「誰にも負けない」と激励したスタンド、ビーチ・ボーイ!

00138
 破壊力C / スピードB / 射程距離B / 持続力C / 精密動作性C / 成長性A
 釣り針である為、破壊力こそ極端に低く
 全般にスペック値は低め
 成長性はA!
 兄貴ィ!

 しかしぶっちゃけC=人間並みの破壊力で、直接急所を狙うのはヤバい!

 ただブチャラティは、「切開」で簡単に切り離せますが…?

ペッシ『兄貴の能力が消える前に、お前とカタをつけてやるッ!』

00154
00157
00161
00165
00170
 ダメだ…! 針を取り出そうにも、数センチ単位で正確に読まれてしまっているッ!?

精密!パワー!
 易々針を外そうとしたブチャラティですが、正確に狙ってくるしパワーもスゴい!
 してみると、“成長A”でスペックアップしたのかもしれません
 恐るべき精密性!

 プロシュート兄ィの意思はオイラが遂げるッ!

 ブチャの、スタイリッシュ針避けを追尾する恐ろしさッ!
 ブチャの避け方も正直どうかと思う!
 正直ヤバいと思う!
 
 だがあんな動きさえ正確に読み、追尾する精密性! 恐ろしい奴だぜペッシ!

 こんなお前に誰がした! 

ピストルズ『ブチャラティー! 下の野郎だッ!!』

00173
 ブチャラティ側の優位点は、ジッパーによって移動する事が容易なこと
 また、「移動できる」とペッシが既に解っている事で
 彼の思考を誘導する事が「可」能!

 このまま下にいるプロシュート兄貴を、ジッパー切開で叩き落せば勝てる!

 老化さえ止めれば、ジョルノ達がジョジョ立ちで復活するのですから

ペッシ『兄貴と同じ苦しみを味わうんだなァーーーーー!

00178
00182
00184
00190
00191
00197
 電線が来るゾー!?/ブッた切られろおおおおおおおおおお!

釣りキチ三平
 ペッシの利点は糸を介した圧倒的なパワー! 破壊力こそC止まりですが
 糸を通じれば、大人二人を引っ張れる事も可能な程なので
 ブチャラティがもて遊ばれる!

 前回、ミスタを引っ張りまわしたパワーを思い出しますね!

 対し、正統派なパワー型でもあるスティッキィフィンガーズ
 こういう時にも便利!

 なんて恐ろしいリールなんだ!

ペッシ『糸に脈拍を感じる…、まだ無事かブチャラティは』

00200
 以前なら「仕留めた!」と浮かれあがるか、失敗したと混乱してたんでしょうが
 ペッシは、電線両断刑が失敗したと気付くや
 電車内に入られたと推理

 実際ジッパーで戻って逃れましたが、つくづく応用性が高いですねブチャラティ

 おまけに近接戦対応の正統派とか、完成度高いわ精神が。

ブチャラティ『間に合わない…、針は今、胴体に突入しちまった!』

00204

 甘く見ていた…
 この列車の中で本当に厄介なのは老化させる能力の男の方ではなかった!

 真に恐ろしいのは…、この釣り糸の男の方だった!

 だから、見せつけるしかないんだ
 この男の能力を倒すには!

 こいつ以上の覚悟がある事を、こいつ自身に見せつけるしかねえ!


00208
00209
00211
00213
00214
00218
 何でだ…!? 何で奴の気配を見失ったんだ?! なんで!?

ブチャラティも認めた実力
 前回、プロシュートの兄貴が「何者にも負けない能力」と言ったのはこの事か
 兄貴を倒したブチャラティは、ペッシこそ真の脅威と理解
 言葉ではなく「実力」で理解できた!

 糸の反射で、全力のラッシュを自分自身へブチ込むブチャラティ

 きっと、相手がペッシだからここまでバラバラになれた
 長所は短所にもなるものなのね

 呼吸も脈拍も消す「覚悟」。前回といい捨て身すぎやしないかブチャラティ!

 心臓を狙う針を避けるなら、心音を消せばいいんですよ…
 
ブチャラティ『覚悟ってのは…、こういう事だぜNO.6…』

00227
 相手が去るまで静かに待つ事、その為に“息を殺す”覚悟を決めたブチャラティ
 奇しくも、まさしく釣り勝負状態となってしまった
 針に魚がかからない!

 そんな時どうするのか、ペッシは伝説のフィッシャーマンとして試されているぜよ…!

 穏やかブチャラティが素敵イケメンすぎるワンシーン

ペッシ『ひょっとして、ど…どっかからここに向かって来ているのか!?』

00230

 ひょっとして、ど…どっかからここに向かって来ているのか!?
 いや待て…、落ち着け…疑心暗鬼は心の弱さだ!

 プロシュート兄ィならきっとそう言ってくれる!

)傍らに立つプロシュート兄貴
 自信を持てペッシ…
 お前なら動く列車だろうと、絶対に奴の心臓の鼓動を感じて探し出せるはずだ…


00232
00233
00234
00242
00244
 完全に心のスタンドと化しているプロシュート兄貴(※まだ死んでません)

疑心暗鬼は
 古人曰く、人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!! 人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!
 今、もしブチャラティが奇襲してきたから命はない
 でもだからこそ「信じる」!

 今“己を信じる”勇気を持ったペッシは、間違いなく成長していた!

 そもそも、急に鼓動が消えるって事自体が異常なのですから
 何らかの手段をとられたのは明白

 そこで“動かない”勇気を持つのは、メチャクチャ怖い事だと思う!

 疑心暗鬼は心の弱さ、ペッシはそれを克服した!

ブチャラティ『このまま…、動かずにいれば切り抜けられる…!』

00246
 今は…、何もしないってのが俺の覚悟だ…!
 対し、糸が異常に増えた事でピストルズはビビってしまいましたが
 増えたのは「こちらを見つけてない証拠」と捉え
 じっと待ちに徹するブチャラティ

 釣りと恋は焦っちゃあ負けなんでしょうね

ペッシ『ン…!? これは弱くなっているが心音だ!

00249
00251
00252
00259
00261
00268
 無茶だ…、人間は呼吸と血液を止めてどのくらい生きていられるのだろう!?

極限疑心暗鬼
 目の前で他人が釣り上げられようと、じっと動かない。心音に気付かれた時
 自ら、心臓を握り止めて二つに割って止めてしまう荒業
 承太郎ブチャラティの覚悟!
 完全停止

 ここでペッシも、絶望と恐怖がムンムンわいてくるじゃあねーかッ! おいッ!

 今のペッシなら、大概の動きに対応できる!
 それは列車上で見せた!

 だからもし反応が消えたなら、特殊な何かか、息を潜めているのかのどっちか!

 もし何かの能力で逃げられてるなら、ペッシは己の身が危うい!

クソォー!! 奴は一体どこだぁぁー!?

00281
 キレたペッシは、発想を変えた! 探知できないのは“見当違いの場所”だからかと
 彼の能力は、レーダーと違い「触れたもの」から感じ取るだけなので
 全く異なる場所に居たなら無意味

 もしやブチャラティは、プロシュートの兄貴にとどめを刺す気では?

 その発想、正直結構「アリ」だと思うから困る!

ペッシ『チクショー! そうはさせるものかぁああああああ!

00287

)ピストルズ
 やったぞ! 奴がここを諦めた!
 あんたの覚悟が奴の追跡を跳ね返したんだ!

 切り抜けられたんだよ!

 早くジッパーで体を元に戻すんだ! 早くしろぉぉおおおおお!!


00293
00303
00305
00309
 予想以上に…、粘る男だった…、奴の…、勝ちだ…!(ブチャラティ)

賞賛
 焦って釣り勝負に敗北したペッシ、しかしブチャラティもまた敗北を認めていた
 ジョジョにおいて、死者に起きる“生命の蒸気(仮)”が噴き始めており
 召されかけている事は明白

 あまつさえ揺れる列車ゆえ、心臓が遠くへいってしまう

 ピストルズは、弾丸を蹴る程のパワーを持っていますが
 弾丸操作特化型ゆえに得たもの

 その他のものを動かすには、見た目通りのパワーしかないのでしょうね

止ーまーれ! このクソ列車ああああああああ!!

00311
 癇癪を起こしたペッシ、ジョジョ史的失策! ブレーキと知らず蹴り飛ばし
 狙い通りに、列車を急停止させた彼は
 兄貴の下に向かいます

 がその人為的なショックで、なんとブチャラティが復活する事に

 運はペッシに味方したのってのに…!

ペッシ『あ、兄貴いいいいいいいいい!

00328

)ブチャラティ
 何よりも『困難で』……『幸運』なくしては、近づけない道のりだった………
 おまえに近づくという道のりがな……。

)ペッシ
 償いはさせるぜ、ブチャラティ…
 兄貴が逝っちまう前に、兄貴の目の前でよオオオオー


00330
00339
00343
00344
00347
00348
 まるで10年も修羅場を潜り抜けてきたような、スゴ味と冷静さを感じる目だ…!

ビーチ・ボーイ 
 まんまと裏をかき、遠距離型スタンドの懐に入り込んだかに見えたブチャラティ
 落ち行く夕陽はまるで映画のワンシーン!
 が

 こいつには小細工は通用しねえ!

 ペッシの「実力」を誰より見て取るブチャラティ
 彼にここまで言わせるとは

 勝利を確信したピストルズですが、この釣り針、近距離戦でも抜群だった!

 ブチャラティは、まだ“懐に入りきる”事が出来てない!

プロシュート『やれ…、栄光は…、お前に…、ある、ぞ、ペッシ…、やるんだ…』

00351
 オレは…、お前を見守っているぜ…! 前回も口にした「栄光」。
 ペッシにすれば、兄貴からの卒業試験とも呼ぶべき状況
 否応なしに戦意も高まるのでしょうか

 ブチャラティが認めたスゴ味は、その覚悟も伴っているからでしょうか

 が、ある意味予想外の台詞が!?

ペッシ『ブッ殺ーーーーすッ!

00353
00363
00368
00369
00379
00380
 必ずやるって決めた時は「直線」だッ! 今のオレは、何がなんでも「直線」で突っ切るのよッ!

安全策
 見てて思った方もいたでしょう、腕じゃなく心臓を狙えと! しかし実は安全策
 心臓を狙い、外してしまったら隙が生じてしまうので
 安全策として腕を狙っていた。
 が、今は違う!
 直線だ!

 ブッ殺してやる! エグれろブチャラティ!!

 一瞬で心臓まで絡んだ!
 なるほど、「誰にも負けねえ」と太鼓判を押したわけですわ

 まさに兄貴の狙い通り成長したペッシ!

ペッシ『えっ…?』

00388
00390
00392
00393
00396
00398
「ブッ殺してやる」ってセリフは…終わってから言うもんだぜ。オレたち「ギャングの世界」ではな。

兄貴とペッシ
 奇しくもプロシュート兄貴と全く同じ教えを聞かされ、敗れ去ったペッシ!
 ブチャラティは、千切れない糸を逆用
 首に巻きつけ折ってしまう

 どころかスタンドを落とし、“相討ち”まで手放してしまうペッシ

 スタンドは精神の形です
 続く台詞からも、「負けた」と心で感じてしまったんでしょうか

 プロシュート兄貴は、ここから「ペッシを勝たせる」為に再発動しました

 自分が負けても、仲間に勝たせたいと彼は思った! が…。

ペッシ『負けた…、のか? 俺は死ぬ…、のか?』

00400

)ペッシ
 だが…、ただじゃあ死ぬものか
 逃げるがいい…、トリッシュを…、生かしてやるよ

 だが死ぬ前に! おめーの心に『絶望』を残してやるよ…
 部下を失ったという『絶望』を…!

 こいつを…、グチャグチャに潰してなぁ!


00404
00405
00406
00407
00408

)ブチャラティ
 さっき、おまえの目の中に、
 ダイヤモンドのように固い決意をもつ「気高さ」を見た…

 だが…堕ちたな……ただのゲス野郎の心に…………!!

)ペッシ
 堕ちる…? 落ちるだって…?
 落ちて砕けるのは、こいつらの方だああああああああああああああ!

 もう間に合わねえぜ! 地獄を味わえブチャラティッ!!


00411
00412
00413
00414
00415
00418
00419
 トリッシュを生かすあたり、仲間の事も考えていたのでしょうけれども

ゲスな精神
 さっき自身の敗北を悟った時、ブチャラティはペッシの勝ちだと彼を讃えました
 対しペッシは、「殺してはいけない」トリッシュこそ生かすも
 ブチャラティの部下を殺すと宣言
 ゲスと罵られる事に

 ペッシが私怨を優先した様が、ブチャラティの逆鱗に触れてしまったのか

 自分が犠牲になってでも、攻撃を止めない精神と真逆な
 自分が満足する為の行動

 思うにペッシは、兄貴を殺されたのが辛かったが為にやったんだと思います

 自分がやられて辛かったから、似た想いをさせてやるぜ!みたいな

ブチャラティ『何をやったって、しくじるもんなのさ。ゲス野郎はな』

00422

)ブチャラティ
 アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ

 アリーヴェデルチ!“さよならだ”


00424
00425
00426
00427
00428
00429
 この後、一部ジョジョファンの別れの挨拶として定着、今も続くアリーヴェデルチ!

美しい夕陽と
 気高い精神、己を捨て、遂行に命懸けになる事こそが大切であって
 ただの自己満足、「ゲス」な精神でやった事なんて
 命懸けでも何も残せはしない

 作中任務や仲間の為に命を懸ける、アバッキオ達と対になるのだと思います

 ペッシ、哀れにも大半は川に落とされてしまい
 名前の語源通り「魚たち」の餌に

 釣りスタンド使いだった彼が魚のエサ、この辺も皮肉ですね

ブチャラティ『やはり…、このまま列車には乗っていけないな…』

00431
00432
00435
00436
00438
 原作と若干展開を変えてあり、アバッキオはマジで寛いで寝ていました。確か。

偉大なる死
 ペッシを気遣ってか、這ってきていたプロシュートの兄貴に頭をたれるブチャラティ
 今、世界は一人の偉大なる兄貴を失ってしまいました…
 彼が「連絡」してたのも明らか

 ここからは、別の方法で移動しなくてはならない

 逆にミスタは生還
 ピストルズが、見ての通りピンピンしてたんだから生きてます

 あの男、何か変なものでも食ったんじゃなかろーか! 変なモンなら「見て」ますが

 つくづく第5部は、壊滅寸前に陥る難敵だらけよ…

トリッシュ『聞きたいことがあるんだけれど、答えてもらえるかしら?』

00441
 さて事件後、先に亀から出されていたトリッシュからブチャラティに質問
 初めて…、チョッピリですがスタンド戦を体験した彼女
 ここで疑問を抱くのは当然です
 オレだって抱くと思う!

 しかしブチャラティ、答えちゃダメって言われてるのよ! ごめんなさいね?

答えてもらうわ…、“あたし、一体何者なの!?”』

00444
00446
00448
00450
 何よこれは! この地面は何!?

ホントに何なのか(哲学)
 視聴者には解り難い事ですが、“一般人にはスタンドは見えない”のです
 トリッシュは、何が起きているのかさっぱり分からなかった…
 はずだったのです!

 最近、急に奇妙なものが見えるようになったの…!

 見えるならば“スタンド使い”の証
 ただ3部主人公・承太郎も、発現当初は一切コントロールできませんでした

 一切制御できなかったので、やむなく自ら牢屋に入ったほど!

 トリッシュもまた、さっぱり分からない状態らしい

もう一つのアイキャッチは、ようやく明かされたスティッキィ・フィンガーズ!

00451
 破壊力A / スピードA / 射程距離C / 持続力D / 精密動作性C / 成長性D
 成長性Dは、ブチャラティの精神が完成されている分
 伸びしろに乏しいのか

 また射程は「人間並み」ですが、一度施すと永続する(?)らしい特性も

 ポルポの隠し財産は、彼ならではでしたね!

変態『現在午後6時34分、列車が停車してから約20分遅れでここに着いた』

00452
00453
00455
 敗北した二人の仕事は! 十分に「追跡」を可能にしてくれているッ!!

その男、メローネ
 いよいよ残り少なくなった暗殺チーム、もはやリーダーのリゾット含め3名のみ
 うち片割れ、変態であるメローネは状況を確認し
 追跡を宣言するのですが…

 血液の採取は出来た…、ブチャラティのな!

 電話先の相手はギアッチョ
 これに、先ごろ駅で暗殺していたシマウマ風ファッションのリゾットで残り3人

 なんてセクシー&コマンドーな服装なんだ…!

感想追記 モチーフは浦島太郎? プロシュート師弟コンビ撃破

00158
00176
 今にして思えば、めっちゃ「浦島太郎」なんですね兄貴編

キーワード
 今回のキーワードは亀と釣竿と老化、日本人に最も馴染み深い組み合わせ!
 これを、イタリアを舞台に再構成したんだろうなと思うと
 荒木先生のアイデアすごいわ

 何より兄貴分と弟分、ベタな組み合わせから“弟分が成長する”シナリオが熱い!

 しかし思えば、ブチャラティも負けないくらい「兄貴」だったんでしょうね

ブチャラティvsプロシュート、共に『覚悟』した男達の激突!

00038
 ペッシの糸を殴ると攻撃が跳ね返る特性を利用、ジッパーを開いた

兄貴対決
 任務と仲間と自分自身を天秤にかけ、自分の捨て身が最短と判断したブチャラティ
 同じく、遂行の為に「死んでもスタンドを発動し続けた」プロシュートと
 互いに負けない『覚悟』がアツい!

 またブッ殺す発言といい、ブチャラティとプロシュートの似たものっぷりを感じました

ブチャラティが、プロシュートに負けないほど「兄貴」だったのなら

00347
 ペッシは「プロシュート同格」と戦っていた、と思えば無理な勝負だったと感じます
 確かに、一皮剥けたペッシでしたが
 元々覚悟してた男が敵!

 ここで得た「覚悟」を、ちゃんと磨いていけたらまた違っていたんでしょうね

実は「殺し」をやった事がなかったペッシ

00056
 運転手さんは生きてました(ちゃんと老化。ただし今回冒頭で落下死)。

暗殺チーム・ペッシ
 プロシュートが何故「殺し」を経験させていなかったか、を考えるのも面白いところ
 殺させる事は、それこそ下っ端のチンピラならありふれた事で
 プロシュートは大事に育てたと感じます

 また兄貴は大胆に電車一つ犠牲にしましたが、それも必要に駆られての

 今回ラストのように、感情に任せて殺すだけの“チンピラ”にならぬよう
 仕事への覚悟を仕込むのを優先したんでしょうか

 また「暗殺チーム」は冷遇されてましたから、それが原因だったのかもですね

 暗殺者として育てても、今はプロシュート同様に不遇になるだけなんですから

ラストみたいに「ゲス」になるのを危惧し、殺させていなかったのかもなと

00193
 ペッシ自身も言ってますが、殺すと「なんてことない」と思ってしまうから

プロシュートの教育論
 一度殺し、殺す事へのハードルが下がると、感情に任せ殺そうとしてしまうかもしれない
 感情に任せて殺せば、任務や仲間に悪影響が出るかもしれない
 それはやっちゃダメだと

 まさに今回ラストみたいな、“感情に任せた殺し”をペッシにさせたくなかったんでしょうか

 まずは任務への覚悟を教育
 しっかり分別がついたら、初めて殺させる予定だったのかなと。

 想像ですが、ブチャラティと相通じる兄貴は、ラストも予想してたのかもと思います

 あくまで必要な殺しだけをする、筋の通った大根男に育てたかったのかなと

公式ツイッターより
























2019年1月25日 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第16話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その2」

00116
 メイン脚本家・小林靖子氏が久々に担当。デカいヤマだったのさ!

スタッフ
 脚本:小林靖子
 絵コンテ:瀬木弘正
 演出:高橋賢
 作画監督:津曲大介、木下由衣、髙阪雅基、森田莉奈、角田春美、田中春香
 アクション作画監督:高橋賢
 総作画監督:石本峻一
 アニメ制作:David Production Inc.
 原作:荒木飛呂彦/週刊少年ジャンプ 1994~1995年
 制作協力:

あらすじ
 ?

次回、新たな移動手段で改めてボスの下を目指すブチャラティ一行は…?

00331
00333
00368
00388
 個性豊かな暗殺チームも、いよいよ残すところ僅か

「幹部」ブチャラティ
 とかく心に残る台詞のラッシュ回! 中でも、「幹部なら両方」が沁みるところです
 ブチャラティは、そうまでして「幹部としての在り方」を大切にするのに対し
 目の前で、腹いせを収める為の行動をした!
 ペッシペッシペッシペッシよォ~!

 ただそれは多分、一度認めたから。これがデカいと思うんです

 作中、何度もブチャラティはペッシに驚かされ感心し
 きっと兄貴にも負けないくらい評価してた

 そのペッシだから。がっかりして「ゲス」って言っちゃったのかなって思いました

 次回、ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第17話「ベイビィ・フェイス」
トップに戻る
ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダーズ 感想

 スターダストクルセイダース 第1話「悪霊にとりつかれた男」
 スターダストクルセイダース 第2話「裁くのは誰だ!?」
 スターダストクルセイダース 第3話「DIOの呪縛」
 スターダストクルセイダース 第4話「灰の塔<タワー・オブ・グレー>」
 スターダストクルセイダース 第5話「銀の戦車<シルバーチャリオッツ>」
 スターダストクルセイダース 第6話「暗青の月<ダークブルームーン>」 
 スターダストクルセイダース 第7話「力<ストレングス>」
 スターダストクルセイダース 第8話「悪魔<デビル>」
 スターダストクルセイダース 第9話「黄の節制<イエローテンパランス>」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その1」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その2」
 スターダストクルセイダース 第12話「女帝<エンプレス>」
 スターダストクルセイダース 第13話「運命の輪<ホウィール・オブ・フォーチュン>」
 スターダストクルセイダース 第14話「正義<ジャスティス> その1」 
 スターダストクルセイダース 第15話「正義<ジャスティス> その2」
 スターダストクルセイダース 第16話「恋人<ラバーズ> その1」 
 スターダストクルセイダース 第17話「恋人<ラバーズ> その2」
 スターダストクルセイダース 第18話「太陽<サン>」
 スターダストクルセイダース 第19話「死神13<デスサーティーン> その1」
 スターダストクルセイダース 第20話「死神13<デスサーティーン> その2」
 スターダストクルセイダース 第21話「審判<ジャッジメント> その1」 
 スターダストクルセイダース 第22話「審判<ジャッジメント> その2」
 スターダストクルセイダース 第23話「女教皇<ハイプリエステス> その1」
 スターダストクルセイダース 第24話「女教皇<ハイプリエステス> その2」
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その1」 
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その2」 
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」
 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」
 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第29話「“アヌビス神”その2」
 スターダストクルセイダース 第30話「“バステト女神”のマライア その1」
 スターダストクルセイダース 第31話「“バステト女神”のマライア その2」
 スターダストクルセイダース 第32話「“セト神”のアレッシー その1」
 スターダストクルセイダース 第33話「“セト神”のアレッシー その2」
 スターダストクルセイダース 第34話「ダービー・ザ・ギャンブラー その1」 
 スターダストクルセイダース 第35話「ダービー・ザ・ギャンブラー その2」
 スターダストクルセイダース 第36話「ホル・ホースとオインゴ その1」
 スターダストクルセイダース 第37話「ホル・ホースとボインゴ その2」
 スターダストクルセイダース 第38話「地獄の門番ペット・ショップ その1」
 スターダストクルセイダース 第39話「地獄の門番ペット・ショップ その2」
 スターダストクルセイダース 第40話「ダービー・ザ・プレイヤー その1」
 スターダストクルセイダース 第41話「ダービー・ザ・プレイヤー その2」
 スターダストクルセイダース 第42話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1
 スターダストクルセイダース 第43話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その2
 スターダストクルセイダース 第44話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その3」
 スターダストクルセイダース 第45話「DIOの世界 その1」
 スターダストクルセイダース 第46話「DIOの世界 その2」
 スターダストクルセイダース 第47話「DIOの世界 その3」
 スターダストクルセイダース 最終話「遥かなる旅路 さらば友よ」

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 感想

 ダイヤモンドは砕けない 第1話「空条承太郎! 東方仗助に会う」 
 ダイヤモンドは砕けない 第2話「東方仗助! アンジェロに会う」
 ダイヤモンドは砕けない 第3話「虹村兄弟 その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第4話「虹村兄弟 その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第5話「虹村兄弟 その3」
 ダイヤモンドは砕けない 第6話「広瀬康一(エコーズ)」
 ダイヤモンドは砕けない 第7話「間田敏和(サーフィス)」
 ダイヤモンドは砕けない 第8話「山岸由花子は恋をする その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第9話「山岸由花子は恋をする その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第10話「イタリア料理を食べに行こう」
 ダイヤモンドは砕けない 第11話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第12話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第13話「やばいものを拾ったっス!」
 ダイヤモンドは砕けない 第14話「漫画家のうちへ遊びに行こう その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第15話「漫画家のうちへ遊びに行こう その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第16話「狩り(ハンティング)に行こう!」
 ダイヤモンドは砕けない 第17話「岸辺露伴の冒険」
 ダイヤモンドは砕けない 第18話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第19話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第20話「山岸由花子はシンデレラに憧れる」
 ダイヤモンドは砕けない 第21話「吉良吉影は静かに暮らしたい その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第22話「吉良吉影は静かに暮らしたい その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第23話「シアーハートアタック その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第24話「シアーハートアタック その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第25話「アトム・ハート・ファーザー」
 ダイヤモンドは砕けない 第26話「ジャンケン小僧がやって来る!」
 ダイヤモンドは砕けない 第27話「ぼくは宇宙人」
 ダイヤモンドは砕けない 第28話「ハイウェイ・スター その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第29話「ハイウェイ・スター その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第30話「猫は吉良吉影が好き」
 ダイヤモンドは砕けない 第31話「7月15日(木)その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第32話「7月15日(木)その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第33話「7月15日(木)その3」
 ダイヤモンドは砕けない 第34話「7月15日(木)その4」
 ダイヤモンドは砕けない 第35話「アナザーワン バイツァ・ダスト その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第37話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第38話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第39話「さよなら杜王町 -黄金の心-【最終回】」

漫画 ジョジョの奇妙な冒険 岸辺露伴は動かない 感想

 岸辺露伴は動かない 1巻“体験は作品にリアリティを生む”
 岸辺露伴は動かない 2巻 “感動ハッピーエンドにしました”


 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第1話「黄金体験(ゴールド・エクスペリエンス)」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第2話「ブチャラティが来る」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第3話「塀の中のギャングに会え」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第4話「ギャング入門」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5話「ポルポの遺産を狙え!」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第6話「ムーディー・ブルースの逆襲」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第7話「セックス・ピストルズ登場 その1」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第8話「セックス・ピストルズ登場 その2」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第9話「ボスからの第一指令」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第10話「暗殺者チーム -ヒットマンチーム-」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第11話「ナランチャのエアロスミス」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第12話「ボスからの第二指令」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第13話「マン・イン・ザ・ミラーとパープル・ヘイズ」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第13.5話「Inizio del vento aureo」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第14話「フィレンツェ行き超特急」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第15話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その1」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第16話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その2」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第17話「ベイビィ・フェイス」