公式サイト ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第14話 感想 フィレンツェ行き超特急 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読 21時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
“安全な乗り物”を襲うプロシュート&ペッシ、フィレンツェ急行殺人事件!

00187
00333
00349
気持ちは行動で示す事! 悪態を吐くだけの弱虫になるんじゃねえ、と戒める兄貴回!
 老化=天寿を、“偉大なる死”と絡めるスタンド能力も素敵だ!
 元ネタの誤訳で、実は「感謝する」の意味らしいけど
 天寿を全うするのが困難なギャングには
 ぴったりな名前に思えます

 初めてのスタンド戦に愕然とし、動くトリッシュ。その想いは果たして…?

意外に冷酷なペッシ!
 彼女の今までの態度は“被害者側”、でも今回、無関係な他人を巻き込んだ苦悩も?
 冒頭、フーゴが彼女の想いを推し量る場面がありましたし
 思うところがあったのかもしれません

 平然と他者を巻き込むプロシュート兄貴は、やはり相容れない存在なのね…

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第14話 感想

 ジョジョ 5部 第14話「フィレンツェ行き超特急」
 ボスの指令“終着点”
 そういう言葉は俺たちの世界にはねーんだぜ…
 移動手段
 ザ・グレイトフル・デッド  
 Bパート「ココ・ジャンボ/ミスター・プレジデント」
 採るべき手段
 行くには早い        
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 エンディングテーマ「Freek'n You
 ジョジョ 3部 感想
 ジョジョ 4部 感想
 ジョジョ 5部 これまでの感想

人は成長してこそ生きる価値がある。ジョジョ世界3大兄貴たち

img_1
 第4部序盤で退場し、終盤で重要な役割を果たした虹村形兆

プロシュート兄貴
 続く第6部のキャラを含め、ジョジョ世界3大兄貴の一角に列せられるプロシュート兄貴
 その兄貴度は、次回以降も炸裂する事に。
 ペッシとのコンビが光る!

 第4部の形兆も、死んで当然と劇中で言われながら魅力的でした

 裏に抱えた苦悩と優しさの形兆、プロシュート兄貴も心意気が魅力的なんですよね!

余談ですが、ペッシの声ってジャイアンなんですよね!

00056
 声優は木村昴(本名:昴・サミュエル・バーチュ)氏、もう28歳なんですって

あらすじ
 ボスが手配した“安全な乗り物”で、暗殺チームの追っ手から逃れたブチャラティ達
 攻めあぐねたプロシュートは、電車内を探すのを諦め
 乗客全員へスタンド攻撃を仕掛けた

 彼のザ・グレイトフル・デッドは、一定範囲の老化を加速させるスタンド!

 幸い、ミスタとブチャラティ、それにトリッシュの老化が遅く
 ジョルノが阻害要因を突き止める

 しかしプロシュートらも、“ここで動きだす者”に罠を張っており…?

 次回、ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第15話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その1」

アバッキオ『もう一度、手に入れたキーを見せてくれるか?』

00000
 前回、ジョルノ達はマン・イン・ザ・ミラーのイルーゾォを撃破
 無事、ボスの指令による鍵(キー)をゲットし
 乗り物への道を繋ぐ

 しかし駅では、暗殺チーム・リーダー、リゾットがある人物を暗殺しており…?

 特番感想はこちら

アバッキオ『待てナランチャ! 投げるな!?』

00001
00002
00003
00005
 追伸、君への指令はヴェネツィアにて終了する…(ボスの手紙)

ベニスに死す
 キーにはボスからの指令が刻まれ、亀の居る水のみ場を目指せとあった
 列車と、「安全な乗り物」を併用しヴェネツィアへ!
 ほぼイタリア横断旅行だよ!

 駅の水飲み場になにがあるんだ…?

 部下へ、娘を助けてくれてありがとうと書いたボス
 なかなかに大人物ですね(迫真)。

 アバッキオの手首は、ブチャラティのジッパーで仮止め

 すると治り始めたのだから便利なものですねえ

ナランチャ『ぼ、ボスは! ヴェネツィアにいるのかなぁ? その文面の感じは』

00006
 10分後のフィレンツェ行き特急、それに乗る!

トッキュウジャー
 未だ“打倒ボス”を聞かされてないナランチャですが、やっぱり気になりますよね
 対し、「任務遂行だけを考えろ!」と厳しく言うブチャラティ自身が
 ジョルノ同様に知りたがっている!

 この腹芸っぷり! ブチャラティのたいしたところってェ奴ですよ!!

 さて、尾行はミスタにチェックさせていますが
 問題は駅なんですよね

 カネを掴まされた駅員に監視されたら、どうにも逃れようがありません

 もちろん正直な奴なら、視線が露骨で違和感はあるかもですが

フーゴ『(ボスの娘、トリッシュ…)』

00007
 会った事もない父のせいで命を狙われる、どんな気持ちだろうか?と考えるフーゴ
 フーゴ自身、親には良い思い出がありませんから
 余計に考えてしまうのでしょうか

 登場当初のクソみたいな態度は、彼女なりのハッタリや自衛だったのかもですね

 ブチャラティ達が、本当に“味方”なのか疑っていた的な。
 
ミスタ『そーかそーかフーゴ、ケケケー♪』

00013
00015
00016
00019
00026
 お、おいやめろ!? 本当にズッこけたのにお前が言うとヤバくなるじゃあないか!

やめんかい!
 このミスタの余計な弁護! 彼は、フーゴもオッパイやスカートを覗き
 溢れる欲望を抑えきれずにワザと圧し掛かったと誤解
 懸命に弁護するのでした 

 どーかボスにだけは内密にィ~!!(ミスタ)

 さすが、神経質っぽい上に女好きなミスタさん!
 谷間も見逃さない狙撃手の鑑 

 ミスタはミスタで、本当ならトリッシュを口説きまくりたいんですかね~

 ヤな女と思ってるだろうけど、イタリア男の本能として!

Fighting gold 自分の道を 信じた者だけが いつか輝ける

00028
 EDは変更されるもOPはそのまま、このまま続行でしょうか
 作画も手間がかかった映像ですし納得
 それとも後で一部変更かしら

 ここ完全に亜空の瘴気!

『……本当に居たぜ』

00028
00030
00031
00034
00037
 どっちにしろブッ殺してやる!(ペッシ)

ブッ殺す!
 今度の敵はベテランのプロシュートと、第10話回想では新入りだったペッシ
 どうも、前回ラストでリゾットが手にした情報からか
 半信半疑で駅を訪れたらしい

 ホルマジオとイルーゾォの仇だ! ブッ殺す!!

 ミスタが危惧してたのと逆で
 敵視点でも、追跡し放題の場所にブチャラティが出てきて困惑した様子。

 プロシュートの用心深さと、ブッ殺す言い過ぎなペッシ!

 僅か数分で何回ブッ殺す言っとるねん!

プロシュート『おいオメー!

00042

 さっきからうるせえぞ「ブッ殺す」「ブッ殺す」ってよォ
 そういう言葉は俺たちの世界にはねーんだぜ…
 そんな弱虫の使う言葉はな…

 何故なら俺や俺達の仲間は、その言葉を頭の中で浮かべた時には
 実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだッ!

 だから使った事がねぇーッ

 ペッシ、お前もそうなるよな~
 俺達の仲間なら… 分かるよな? 俺の言ってる事…、ええ?

「ブッ殺した」なら使ってもいいッ!


00045
00046
00048
00050
00056
 ペッシをひとしきり教育した後、彼を車内に回らせハサミ討ちを試みる兄貴

兄貴の教え
 暗殺チームの覚悟を説くプロシュートの兄貴! しかし日常生活にも通じるもので
 ××をする、と目標ばかり口にする人間じゃダメだ
 行動で示せって事ね

 思ったなら行動しろ、そうしないのは弱虫だ

 殺す、とイキるだけの人間になるんじゃあねえ!
 過激な兄貴流教育術

 私が思うに、「思って計画する」でもいい、とにかく行動に移すという事!

 その上で、「お前ならなれるよな」と続くのが兄貴節!

ジョルノ『ブチャラティ、そろそろ発車の時刻です』

00064
 他方、ブチャラティが直面した問題とは、鍵に対応した鍵穴がない事!
 そもそも鍵がかかってない、とひっくり返すのはちょっと笑えますが
 これもボス一流の試しでしょうか

 使い道も想像できねーようなブタなら、ウチには必要ないザマス的な!

 時間をかけるほど、敵に追跡されるリスクが上がっていく!
   
ブチャラティ『確かにここに間違いないのに! クソ! 一体…!?』

00068
00074
00081
00084
00088
00099
 おいペッシ! なんでオメーと出会うんだ!!

大脱出ブチャラティ
 開口一番の兄貴が酷い! 言いたい事は分かるけど言い方ァ!!
 ブチャラティは、鍵が“差し込むもの”でもなく
 相手が生き物だったと看破

 気付けば大変露骨で、水飲み場の亀こそ正解だったのだと

 変なカメですが、鍵が揃わないと無意味なものですし…
 日本なら変な亀としてニュースになってそう!

 或いは、スタンド使い以外には普通の甲羅に見えるのかもですね!

 とまれ亀のおかげで脱出成功…!

『兄貴ィ~、発車の時間だ! 奴らきっとこの駅のどこかに隠れてるんですよう!』

00111

 プロシュート 「乗れッ! ペッシ!
 ペッシ 「へっ…? 何でェ――ッ!?
 兄貴 「俺の『勘』だ!

 ブチャラティ達はどうやってかはわからんがこの列車のどこかにいるような気がするッ!

 ペッシ 「気がするですって! 気が?
 兄貴 「きっとボスが何かの方法で手助けしているんだ! 今、この列車を調べなかったら、俺たちはヤツらをこのまま永久に見失ってしまう気がする!

 ペッシ「気が…
 兄貴「いいから乗れって言ってんだよペッシ!


00112
00114
00116
00119
 ペッシの首がモノ凄い音で回ってて笑うわこんなん!

気がする!
 兄貴の哲学その2だ! 勘がする! 気がするってのは往々にして大事なんだぜ!
 勘なんて不確か、大事なのは理屈だとか言われがちだし
 俺もそうかもと思う!

 だけど世の中、勘というものは確かにあるんだぜペッシ!

 たとえば、ブチャが堂々と姿を見せたのは“勝算があるから”。
 彼らが乗ろうとしたなら意味があるはず

 そうした「理屈」を無意識に考慮したのが、勘として表出したのかもしれません

 原作の理屈部分をカット、プロの勘を最大限に強調!

ナレーター『ネアポリスから、フィレンツェまでの所要時間3時間30分』

00120
 地図から分かるとおり、ネアポリスとは、日本では「ナポリ」と言われる町
 そこから、フィレンツェを目指そうってんですから
 ちょっとしたイタリア横断旅行です

 ご存知の通り、ナポリタンはアメリカ経由の料理なので現地には存在しません

 次の停車駅はローマ! 一時間半ノンストップであるッ!!

ペッシ『あ~あ、乗っちゃったっ』

00123
 うるせえぞ! とツッコむプロシュートの兄貴がツボ。
 ホント、この人ペッシを可愛がってるのね
 絶妙なツッコミ!

 ペッシの反応、いちいち子供っぽくて笑いを誘います

 この人、声がつくとこんな感じなのね!

『オメーのビーチ・ボーイで中を攻撃してみろ』

00125
00127
00132
00137
00145
00151
 クソッ! 確かに狭いな…、運転手一人か

モブに厳しい
 いきなりの惨殺! また、ペッシが“殺人”に全く躊躇わないのもポイントで
 彼の心が、既に暗殺者として仕込まれてしまってる事も描かれます
 とっくにマトモじゃないのだと。
 で

 生き物の気配は二つのはずだったんですぜ?

 確かに未熟ですが、ペッシのスタンドってメチャクチャ有効なんですよね
 気配探知、物理的な壁を無視する奇襲性!

 獲物に食い込めば、ちゃんと物理的な凶器になる恐ろしさ

 これ絶対(脳みそに針が)入ってるよね…。

『おい、ペッシッ! この列車を『先っちょ』から『ケツ』までとことんやるぜッ!』

00153
プロ感あふれる兄貴宣言! ローマまで1時間半、ここは陸の孤島となる!
 対し、ブチャラティ達は「一般人」を抱えているから
 派手な脱出が難しいのもミソだ!

 まあ実際には、ジッパー&亀を抱えて逃げればと思わんでもないけど!

 スタンド戦は、能力の熟知こそ大事だって好例ですね

ナランチャ『か…、亀がスタンド使い…?』

00157
00160
00164
00169
00170
00171
 でもカッケいいいィ―――ッ!宇宙船みてーな亀だなあー!!

動物系スタンド
 稀にいる人間以外のスタンド使い、それも居住空間を作り出せるタイプ!
 また、鍵をはめ込むと能力が発現するように仕込むなど
 矢を仕込んでいたポルポを思い出しますね
 人為的な何かを感じるスタンド 

 これなら安全に、列車に乗ってヴェネツィアまで行けそうだ…

 亀は制御できませんが、物陰に移動するし吼えないし
 目立たないのが肝なのね

 後はゆっくり冷えたジュースでも飲みながら、到着を待てばいいという

 原作にあったテレビ! キャプテン翼はカット!!

ペッシ『ン~、ロッカーなんかに誰かがいる訳ねえかあ~』

00174
 彼なりに実直なペッシは、「生き物の気配が二つある」ことを気にして家捜しに
 さっき、勘について呆れてた様子のペッシですが
 自分は勘が悪いと愚痴るあたり
 心から信頼してるのね
 
 で、遂に物陰の何か(亀)に気付いてしまいますが…!

※つまりホントは勘がいい。

『!? わ゛ーーーーーー!? 兄貴ぃ!?

00175

 プロシュート 「『ザ・グレイトフル・デッドッ!』
 ペッシ「やるんですかい!? 乗客ごとやるつもりですかい!

  ヤツらが確実に列車内にいるってわかってもいないのに!?

 プロシュート 「言っただろうがよォ――。トコトンやるってな!

 ヤツらは絶対いるッ! それにたいしたこたァねーだろォーッ
 毎年、世界中のどっかで旅客機が墜落している…

 それよりは軽く済むッ!


00181
00184
00187
00188
00191
 やるんですかい!?を重ねる圧倒的語呂の良さッ!

偉大なる死
 たくましい上半身から触手が生えたような、異形の目玉スタンドの能力とは!
 そのガスは、ペッシがビビって亀の事を忘れてしまう程
 ザ・グレイトフル・デッド! 

 ホルマジオ同様、彼らは一般人の犠牲を気にかけない

 麻薬流通を欲する件と同様、同じ“打倒ボス”でありながらも
 決してブチャラティとは相容れない

 なあに飛行機よりは軽い、人生で一度は言ってみたくなる冷酷さだわ!

※感想には個人差があります。

ココ・ジャンボのスタンドは、偉そうなミスター・プレジデント!

00192
 破壊力E / スピードE / 射程距離E / 持続力A / 精密動作性E / 成長性E
 名称は、単行本にも収録されておらず
 後に設定資料集で判明

 第3部ストレングスを思い起こさせる、“空間を生み出す”動物スタンド

 規模としてはショボいものの、隠密性で格段に有用なのね

ナランチャ『え? ナンデスカー!

00194
00197
00199
00202
00222
00225
 こういう庭で日向ぼっこしながら子供時代を思い出して、ノスタルジーに浸りたいな~

老人と亀
 亀の中では、見張り役のナランチャが急にジジくさい事を言い出してしまう
 てか、子供時代にいい思い出ないだろお前!
 で

 え? そんな事してたぁ? この俺がぁ? うっそー!

 指にツバつけてめくるナランチャ
 人間が“めくれる”のは、肌表面に水分があるからに他なりません

 歳を取るとカッサカサでめくれなくなり、本能的にやってしまうのでしょう…

 歳を取るって哀しいね…。

ミスタ『…ン? おい、何か垂れているぞ、気持ち悪いなぁ~』

00235
 弱々しく咳き込んだナランチャから飛び出したもの
 は(歯)…? これは生々しいグロさ
 身近だけに気色悪い

 さすがのミスタも、ナランチャのいたずらだろうと思い込もうとするも…

ナランチャ『小さいんだよ声が~! よく聞こえないんだけどさ~!!

00241
00246
00248
00265
00267
00271
00272
00273
00274
 解ってる! スタンド攻撃だ!! て、敵がいるのか! この列車の中に!

何よこれェ~!
 フルーツが古びて食えないと訴えるナランチャ、彼自身とっくにボロボロだ!
 今までの描写は、全て「老化が起きた」と描くもので
 寝ていたジョルノ達も同様
 チーム壊滅!?

 と…、歳を取っている!?

 暗殺チーム、第3の弱体化系能力にして
 そのまま死に至らしめるもの

 そりゃペッシだってビビるよ! こんな風になった犠牲者を何人見てきたのか

 生意気娘トリッシュが、初めて本気で怯えておる!

ママ…、起きて…、ママぁ~、おっきしてぇぇええ!

00277
00279
 アニメでは、擦れきった老人の声が「おっきしてぇ」とか言うからもう…!

偉大なる死
 声が付いた破壊力ある映像…、通常の老化と違い“そのまま歳を取る”為か
 成長促進系じゃなく、純粋に老化現象を起こすもの
 故に子供のまま老人に。
 ホラー。

 ナランチャが食おうとした果物、飾られた花も次々と枯死

 スタンド名・偉大なる死、“天寿を全うする”的な意味でしょうか

ミスタ『バレちまったのか! この亀の中に居ることがよォー!』

00282
00283
00286
00288
00290
00292
 ヤツらも必死だ! なんだってやるだろうさ! しかも平然とな

奴らの手段
 愕然とするナランチャ、慌てるミスタ、しかし“見つかった”なら直接攻撃されてるハズ
 おそらく、今は無差別攻撃が行われているのだろう
 と、老けはじめたブチャラティが指摘

 必死だから何でもやる2話のジョルノvsブチャラティを連想させますね

 違いは、一般人への“被害”に平然となれるかどうか。
 ブチャラティはそうじゃなかった

 だからジョルノは仲間にしようと決めた、懐かしいやり取りを連想します

ブチャラティ『こうなったら採るべき選択は二つだ!』

00295
 列車からの脱出か、或いは敵を倒すか。しかし後者は射程不明。
 言外に、脱出を勧めている風だったブチャラティですが 
 ミスタが“トリッシュを逃がすのが難しい”と提案

 他方トリッシュはスタンド戦、もしくは“乗客の安全を考慮しない”様にか愕然

 或いは「自分のせいで多くを巻き込んでいる」恐怖でしょうか

ミスタ『暗殺の方が確実だ! 俺のセックス・ピストルズでの暗殺の方がなー!!』

00298
00299
00300
00309
00312
 ブ、ブチャラティ…、手が…、ボロボロになっていくんだぁ…!

暗殺特急便
 皮膚はカサカサを通り越し、いよいよ生命維持も危険な領域へ
 背骨に至っては、もはや悲鳴を上げている状態で
 今にも背中を突き破りそう! 

 確かにブチャラティ! 時間は物凄く少ない様だ!!

 いやいや、もう間に合わないでしょ状態…!
 自重すら支え難い 

 ブチャラティ達も確実に老化が始まっており、戦える時間は少ない!

 となれば「一刻も早く」が定石ですが

ジョルノ『待って下さいミスタ…、行くのは、まだ早い…!』

00319
00328
00330
00333
00338
00341
00346
00349
 老化で殺そうとするのなら、目的である彼女まで死なせてしまう事になる

老化スピードの差
 意外やトリッシュも口を開いた、敵は、“女性=体温が低いもの”の老化を鈍らせ
 護衛だけ潰し、トリッシュを確保するつもりなのだと
 亀の中で室温が高いのも悪因に。

 結論から言います、敵は男と女を体温の変化で区別しているのだと思います

 Bパート冒頭が前振りで、ブチャとトリッシュは氷入り飲料を飲んでましたし
 ミスタは、冷蔵庫をずっと覗き込んでました

 また“子供連れの女性”は日向で、子供を抱え体温が高くなっていたはずです

 女性だろうと、体温が高いと危ないって前振りだったと。 

トリッシュ『冷たいものを飲んでいたから…、ナランチャは飲んでいなかった』

00354
 トリッシュが氷をあて、体温を下げるとパッと若さが戻るナランチャ
 彼女が、こうした自体で初めて積極的に動き出した事も
 今回の大きなトピックに

 冒頭でフーゴが気にかけたように、彼女も想う所があるんですね

 しかしさっき大量に使った為、氷がもう残ってない!?

ブチャラティ『待てミスタ! その氷はお前が持って行かなくてはならない!!』

00358
00360
00364
00369
00380
 倒しにいくんだ! 氷が解けて、スタンドパワーと体力がなくなる前に!

ミスタ出撃
 幸い亀は寿命が長いせいか体温の問題か、当分は平気そう。
 並行し、ペッシも氷をかじって若さを維持してると描写
 ガリガリ食ってやがる!

 さてペッシは安全圏に逃げていたので、亀の正体はバレずにすみました

 そうと知らないミスタは、エアコンで気温を下げようとします
 室内を冷やせば効果が減退する

 或いは窓でも開けて、外気を取り入れれば効果があるんでしょうね

 ただ、「誰だってそーする」ってな話なワケで

ペッシ『来た! 喰らいついたぜェ餌にィーー!!

00386
00388
00389
00390
00393
 何だこの針みたいのは…!? 老化させるヤツとは違うスタンド!?

ミスタ再び
 敵はこちらを探すのに躍起なはずで、射程に優れたミスタが暗殺に出撃
 しかし、「能力を見抜いて冷やそうとする奴」が出ると見越し
 ペッシは罠を張っていた!

 もう一人居るのか! 二人!? 敵は二人か!

 能力を見破れるなら、それはスタンド使いという事
 ブチャラティ達だろうってワケね!

 しかしえっぐいスタンドだなビーチ・ボーイ!

感想追記。老化! 強力かつ広範囲攻撃可能なザ・グレイトフル・デッド

00184
 暗殺と呼ぶには少々グレートすぎる能力なのも、ペッシをかわいがる理由かしら

ザ・グレイトフル・デッド
 パープル・ヘイズほどの即効性はないにせよ、射程の広さや“徐々に老化する”特性
 尋問に使ったり、弱らせた敵を仲間に仕留めさせたりと応用性も高く
 今回、「見抜いた奴を罠に嵌める」戦術を使うなど
 準備万端なのも恐ろしい

 あのエアコンは押しちゃうよね…

 戦いはまだ始まったばかりだ!

公式ツイッターより








































2019年1月11日 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第14話「フィレンツェ行き超特急」

00045
 前のミスタ回(6-7-8話)も担当したふでやす氏脚本

スタッフ
 脚本:ふでやすかずゆき
 絵コンテ:川畑喬
 演出:鈴木恭兵
 作画監督:横山謙次、千葉山夏恵、姉崎早也花、宝谷幸稔、小林理、木下由衣、角田春美、中野圭哉、糸井恵
 アクション作画監督:-
 総作画監督:田中春香、石本峻一
 アニメ制作:David Production Inc.
 原作:荒木飛呂彦/週刊少年ジャンプ 1994~1995年
 制作協力:-

あらすじ
 ?

エンディングテーマ「Freek'n You」はそのまま続投

00396
00401
00404
00406
 曲はそのまま、画像自体もそのまま流用

Freek'n You
 相変らずムーディーな曲にあわせ、ジョルノを象徴する“樹”が伸びる映像へ
 また、ツタが伸びるって意味では「父DIOの首から下」と同じもの
 ジョースター家を連想させる映像ですね
 石碑なのもミスタのアレか。

 次回、 "">ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第15話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その1」

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第14話 感想

 ジョジョ 5部 第14話「フィレンツェ行き超特急」
 ボスの指令“終着点”
 そういう言葉は俺たちの世界にはねーんだぜ…
 移動手段
 ザ・グレイトフル・デッド  
 Bパート「ココ・ジャンボ/ミスター・プレジデント」
 採るべき手段
 行くには早い        
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 エンディングテーマ「Freek'n You
 ジョジョ 3部 感想
 ジョジョ 4部 感想
 ジョジョ 5部 これまでの感想
 トップに戻る

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダーズ 感想

 スターダストクルセイダース 第1話「悪霊にとりつかれた男」
 スターダストクルセイダース 第2話「裁くのは誰だ!?」
 スターダストクルセイダース 第3話「DIOの呪縛」
 スターダストクルセイダース 第4話「灰の塔<タワー・オブ・グレー>」
 スターダストクルセイダース 第5話「銀の戦車<シルバーチャリオッツ>」
 スターダストクルセイダース 第6話「暗青の月<ダークブルームーン>」 
 スターダストクルセイダース 第7話「力<ストレングス>」
 スターダストクルセイダース 第8話「悪魔<デビル>」
 スターダストクルセイダース 第9話「黄の節制<イエローテンパランス>」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その1」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その2」
 スターダストクルセイダース 第12話「女帝<エンプレス>」
 スターダストクルセイダース 第13話「運命の輪<ホウィール・オブ・フォーチュン>」
 スターダストクルセイダース 第14話「正義<ジャスティス> その1」 
 スターダストクルセイダース 第15話「正義<ジャスティス> その2」
 スターダストクルセイダース 第16話「恋人<ラバーズ> その1」 
 スターダストクルセイダース 第17話「恋人<ラバーズ> その2」
 スターダストクルセイダース 第18話「太陽<サン>」
 スターダストクルセイダース 第19話「死神13<デスサーティーン> その1」
 スターダストクルセイダース 第20話「死神13<デスサーティーン> その2」
 スターダストクルセイダース 第21話「審判<ジャッジメント> その1」 
 スターダストクルセイダース 第22話「審判<ジャッジメント> その2」
 スターダストクルセイダース 第23話「女教皇<ハイプリエステス> その1」
 スターダストクルセイダース 第24話「女教皇<ハイプリエステス> その2」
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その1」 
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その2」 
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」
 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」
 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第29話「“アヌビス神”その2」
 スターダストクルセイダース 第30話「“バステト女神”のマライア その1」
 スターダストクルセイダース 第31話「“バステト女神”のマライア その2」
 スターダストクルセイダース 第32話「“セト神”のアレッシー その1」
 スターダストクルセイダース 第33話「“セト神”のアレッシー その2」
 スターダストクルセイダース 第34話「ダービー・ザ・ギャンブラー その1」 
 スターダストクルセイダース 第35話「ダービー・ザ・ギャンブラー その2」
 スターダストクルセイダース 第36話「ホル・ホースとオインゴ その1」
 スターダストクルセイダース 第37話「ホル・ホースとボインゴ その2」
 スターダストクルセイダース 第38話「地獄の門番ペット・ショップ その1」
 スターダストクルセイダース 第39話「地獄の門番ペット・ショップ その2」
 スターダストクルセイダース 第40話「ダービー・ザ・プレイヤー その1」
 スターダストクルセイダース 第41話「ダービー・ザ・プレイヤー その2」
 スターダストクルセイダース 第42話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1
 スターダストクルセイダース 第43話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その2
 スターダストクルセイダース 第44話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その3」
 スターダストクルセイダース 第45話「DIOの世界 その1」
 スターダストクルセイダース 第46話「DIOの世界 その2」
 スターダストクルセイダース 第47話「DIOの世界 その3」
 スターダストクルセイダース 最終話「遥かなる旅路 さらば友よ」

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 感想

 ダイヤモンドは砕けない 第1話「空条承太郎! 東方仗助に会う」 
 ダイヤモンドは砕けない 第2話「東方仗助! アンジェロに会う」
 ダイヤモンドは砕けない 第3話「虹村兄弟 その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第4話「虹村兄弟 その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第5話「虹村兄弟 その3」
 ダイヤモンドは砕けない 第6話「広瀬康一(エコーズ)」
 ダイヤモンドは砕けない 第7話「間田敏和(サーフィス)」
 ダイヤモンドは砕けない 第8話「山岸由花子は恋をする その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第9話「山岸由花子は恋をする その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第10話「イタリア料理を食べに行こう」
 ダイヤモンドは砕けない 第11話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第12話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第13話「やばいものを拾ったっス!」
 ダイヤモンドは砕けない 第14話「漫画家のうちへ遊びに行こう その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第15話「漫画家のうちへ遊びに行こう その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第16話「狩り(ハンティング)に行こう!」
 ダイヤモンドは砕けない 第17話「岸辺露伴の冒険」
 ダイヤモンドは砕けない 第18話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第19話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第20話「山岸由花子はシンデレラに憧れる」
 ダイヤモンドは砕けない 第21話「吉良吉影は静かに暮らしたい その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第22話「吉良吉影は静かに暮らしたい その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第23話「シアーハートアタック その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第24話「シアーハートアタック その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第25話「アトム・ハート・ファーザー」
 ダイヤモンドは砕けない 第26話「ジャンケン小僧がやって来る!」
 ダイヤモンドは砕けない 第27話「ぼくは宇宙人」
 ダイヤモンドは砕けない 第28話「ハイウェイ・スター その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第29話「ハイウェイ・スター その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第30話「猫は吉良吉影が好き」
 ダイヤモンドは砕けない 第31話「7月15日(木)その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第32話「7月15日(木)その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第33話「7月15日(木)その3」
 ダイヤモンドは砕けない 第34話「7月15日(木)その4」
 ダイヤモンドは砕けない 第35話「アナザーワン バイツァ・ダスト その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第37話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第38話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第39話「さよなら杜王町 -黄金の心-【最終回】」

漫画 ジョジョの奇妙な冒険 岸辺露伴は動かない 感想

 岸辺露伴は動かない 1巻“体験は作品にリアリティを生む”
 岸辺露伴は動かない 2巻 “感動ハッピーエンドにしました”


 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第1話「黄金体験(ゴールド・エクスペリエンス)」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第2話「ブチャラティが来る」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第3話「塀の中のギャングに会え」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第4話「ギャング入門」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5話「ポルポの遺産を狙え!」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第6話「ムーディー・ブルースの逆襲」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第7話「セックス・ピストルズ登場 その1」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第8話「セックス・ピストルズ登場 その2」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第9話「ボスからの第一指令」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第10話「暗殺者チーム -ヒットマンチーム-」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第11話「ナランチャのエアロスミス」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第12話「ボスからの第二指令」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第13話「マン・イン・ザ・ミラーとパープル・ヘイズ」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第13.5話「Inizio del vento aureo」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第14話「フィレンツェ行き超特急」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第15話「偉大なる死-ザ・グレイトフル・デッド- その1」