公式サイト バンドリ 2期 BanG Dream! 2nd Season 第2話 感想 黒き咆哮 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり ゲーム版は未プレイ Abema配信(外部) 20時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
頼れる先輩、可愛い後輩、主催ライブ回! OPもEDもRoselia尽くし!!

00075
00278
00117
   
文字通り死ぬほど忙しかった主催に爆笑しましたが、マジな姿勢に“覚悟”も解る!
 友希那先輩は常に真顔、何が飛び出すのか毎度ドキドキしますし
 厳しい言葉は、第1期同様“香澄の悪い癖”。
 でも先輩も言葉が足りてない!?

 意外に天然な紗夜、優しい燐子、頼れるリサ先輩魅力満載だわ!

予告の明るさも好対!
 演奏面は曲もですが、あこちゃんのスティック捌きがカッコ良過ぎッスね!
 CiRCLEも描写され、ちょっと酷い扱いな月島さん可愛い!
 ピック投げ合戦の躍動感が最高だわ! 
 人に流される六花さん可愛い!

 必要なのは同じになる努力でなく、“ポピパ独自のやり方”という事でしょうか?

BanG Dream! 2期 2話 感想

00159
 第2話「黒き咆哮」
 六花はバンド募集中
 OPテーマ「BRAVE JEWEL」
 ライブ主催って何すればいいの?
 主催ライブのやりかた
 湊 友希那のPoppin'Party評
 ライブハウス「CiRCLE」
 Bパート「5月4日、ライブ当日!」
 ポピパライブ!
 黒い咆哮【BLACK SHOUT】
 無意味なこと、足りないもの
 EDテーマ「Safe and Sound」     
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 BanG Dream! バンドリ!第1期 感想
 ガルパピコ 感想
 これまでの感想
 AbemaTV 配信ページ(外部サイト)
 公式配信「バンドリちゃんねる☆」(外部サイト)

Roseliaは、アニメ版にちょくちょく登場。OVAではメインキャラに

00032
 画像はピコ1話より。第1期メイン回は、地上波放映もされたOVA第14話

Roselia
 ボーカル湊 友希那、ベースでオレンジ髪の今井 リサ、ドラム宇田川 あこ
 以上3人が、香澄の妹・明日香と同じ羽丘に通っており
 香澄達の学校は、双子の姉・ギターの氷川紗夜
 キーボード・白金燐子が在校
 あこ以外、皆3年生で
 香澄達より年上

 音楽に厳しい姿勢を持つ分、香澄には厳しい洗礼を与える事に

 洗礼! 中二病なあこさんが聞いたら喜びそう!!!

ゲーム版のメイン拠点「CiRCLE」も登場! 基本、ここで活動していた様子

00204
 ここで活動できてたのも月島さんのおかげ。cv州崎綾さん良いよね…

あらすじ
 4月19日、Galaxyで“主催ライブ”宣言をしたポピパだが、具体策は浮かばなかった
 生徒会繋がりで、Roselia主催ライブに参加させて貰える事になったが
 多岐に渡る準備と気配りに圧倒される

 5月4日当日、倒れても“最高の音楽”へ意気込みを見せるRoselia

 香澄達はその日、確かに“最高傑作”となる演奏をしたが
 Roseliaとの差は歴然

 それでも目指すという香澄に、湊友希那は厳しい言葉を伝える

 次回、BanG Dream! 2nd Season 第3話「Sing Girls」

六花『えいちてぃーてぃーぴー…、ななめ…(注:スラッシュと読みます)』

00000
 前回、香澄達は進級し、久々のライブをGalaxyで敢行した
 また、Roseliaが主催ライブをすると聞いた香澄は
 自分達もやると言い出す

 果たしてポピパは、無事主催ライブが出来るのでしょうか…?

戸山明日香『六花? 六花? おーいっ! …何見てるの?』

00001
00002
00012
00016
00017
00018
 バンドはやってないの?(明日香)/地元では…、ちょっとだけ…(六花)

召還に応じてどーん!
 先日のライブ明けで、Galaxyにホームページを作る事になった(?)六花さん
 あこさんも、自分達の写真を載っけて貰うみたいですが
 明日香達とも仲良くなってた様子
 熱心ですねえ

 私も頑張らんと! いつか…、こんな風に…ッ!!

 香澄の妹・明日香さん、やっぱりバンドはやらないんですね
 曰く受験勉強に専念したいとか。

 対し六花(ろっか)さん、やる気はあるものの引っ込み思案でメンバーが集まらない

 あこさん、相変らず語彙力が足りてなくて可愛い! もっと頑張って!

明日香『あ、お姉ちゃんだ』

00019
00022
00023
 おっ…、おねおね…!?(六花さん)

マイシスター
 岐阜天下布武県から上京してきた六花さん、この通りPoppin'Partyの大ファンで…?
 前回、切羽詰った様子でポピパに頼んでいましたが
 彼女自身もファンなのね!
 やっぱり!

 いきなりの爆弾発言、暴発寸前とか最高に可愛い!

 方言娘で頑張り屋、眼鏡、実にいい!

純度高い想いは宝石となり 涙も汗も皆 自分を照らす

00060

■BRAVE JEWEL
 歌:Roselia
 作詞:織田あすか(Elements Garden)
 作曲:上松範康(Elements Garden)

 自分を責めないで 抱きしめなさい
 弱さを知る者は 強さを宿す
 貴方は手にしてるから

 光に点滅した闇 誘われず追いかけないで
 仲間の眼 離さないこと
 高みを目指すからこそ 出逢う壁
 心が半開きのまま 受け止めないで

 傷口庇えば 本物は遠ざかるだけ
 平和にもたれず埋もれず
 Every day, Let's do the best!
 Get in, Get in, Your heart

 純度高い想いは宝石となり
 涙も汗も皆 自分を照らす
 無限が綴る可能性 握って
 諦めないと叫んでみて
 揺るがない地平線のよう 果てしない存在となれ
 Ready go now!


00026
00028
00030
00034
00035
00036
00037
00045
00046
00048
00049
00050
00060
00069
00073
00075
00076
 いきなり別アニメ始まっちゃったよどうなんの!?

BRAVE JEWEL
 思わず激しくむせた冒頭! メイン回とはいえOP奪っちゃうの!?
 あらやだ大奥様、まだ2話目でございますわよ!?
 大胆な構成しますね!

 この曲、2話を見終えてから聴くとまた印象が変わるようにも思います

 灼熱の砂漠とミスマッチ感!
 後、キーボードを指が滑るのがクソ格好良い!

 この調子で、担当回ごとにOPが変わるに違いないんですね!

 と思いきや公式サイトでOP曲と明記は2曲のみ。Roseliaだけ特例なのかも

香澄『ライブだよ~、有咲! 主催ライブ~♪』

00082
 対し有咲、昨日・朝・休み時間も聞いた、と完全にあきれ返っていますが
 つまり、昨日も朝も休み時間も一緒だったんですね
 わかります。

 相変らず、朝食ご厄介になってるのかしら

 あのくだりの婆ちゃんがホント好きです。

『あっ…、玉子焼き美味しそう…』『…ほれっ』

00085
00086
00087
00092
00094
 待った! 私も市ヶ谷家の玉子焼き予約してるから~♪(沙綾)

コラボカフェで出そう
 第1期最終回後、夏休みと2・3学期を越えた後だけに有咲の理解力がスゴい
 欲しいと言われ、直後に差し出す優しみ。
 諦めの境地とも言う!

 え? 予約できるの!?(りみ)/いや、できねーから(有咲)

 市ヶ谷家の玉子焼き、どんだけ人気あるんだよ!
 皆、有咲の家でご馳走になったから!

 完全に狙われてる玉子焼き、マイペースに指定して奪ってくおたえもブレません

 やっぱり、おたえは不意討ちの言動がたまりませんわ

おたえ『美味しい~♪』

00096
 りみりんに弁当箱差し出す有咲いいよね…、からのおたえ強奪事件
 そういや有咲、1期で「友達とやってみたいこと」に憧れ
 色々やってましたっけ。
 懐かしい

 おかずを取っていいのは 取られる覚悟のある奴だけなのね!

沙綾『あのさぁ…、ライブの主催って何すればいいの?』

00098
00099
00102
 ん? って猫口になってる香澄さん可愛い。

さーくる
 詳しいりみ、ライブハウスでのバイト経験があるおたえ曰く
 ライブハウス主催だと「ブッキングライブ」
 いつもの奴ですね

 対し主催ライブは全部自由! 場所・日にち・ゲスト、何をやってもいい

 雨の中、傘を差さずに踊る人間がいてもいい自由とは、そういうことだ。
 それが主催ライブなのだと。

 こう言われると、夢が広がりますねえ

 なお「いつも演奏してるCiRCLE」とは、ゲーム版でのホームグラウンドの事

香澄『はい! 考えてきた!!』

00013
 おっと間違えた! これはガルパピコ2話だった!!
 YouTubeの公式チャンネルで期間限定配信中!
 Poppin'Party大暴走回だよ!
 有咲かわいい!

※バンドリちゃんねる https://www.youtube.com/channel/UCN-bFIdJM0gQlgX7h6LKcZA

香澄『へへー、色々あるんだけど…、一押しはコレっ!』

00105
00111
00113
00117
00119
00122
 お~い、…まあいいや、ご馳走様(有咲)

I can fly!
 考えてみよう 楽しい事を! ピーター・パンの劇中歌並みに自由すぎる香澄達
 飛ぼうと言えば、「なら広い会場がいい」と沙綾が
 広いなら武道館!

 挙句広い会場なら、ピック遠くまで投げる練習しなきゃ!

 有咲もツッコミを諦める事態…!
 諦めた目いいよね…

 ここのおたえ、今週屈指に! なんか良かった!!(語彙力)

 静止画だと、フリスビー投げてるみたいですね!

沙綾『生徒会室まで、有咲姫のお供をしますか~♪』

00123
00124
00130
 はいはい、よきにはからえよ~(有咲姫)

新曲
 有咲が姫なら沙綾は王子様でしょうか。男装も似合うかも知れません
 とまれ、次は体育があるB組コンビは早々に退散
 有咲は書類整理を手伝うそうな

 新曲作りたいね~(香澄)/うんっ(おたえ)

 作る際、一騒動ってのも定番ですが
 本作だとどうなるやら

 有咲のアングルめっちゃあざといな…!

 香澄と箸、ピック投げといい、短い昼食なのに印象的ですぜ!

有咲『…寝不足ですか?』

00132
00135
00137
00138
 あの後、ハロハピのこころさん、はぐみさんが来襲したらしい(階下)

てんやわんや
 揃ってあくびをする真面目コンビに、思わず聞いてしまうツッコミ体質。
 緑髪の氷川紗夜、黒髪の白金燐子先輩たちは
 先輩バンドRoselia

 前回ラスト、主催ライブの準備てんやわんや!

 発表したから準備も本格化
 有言実行は、信用にも関わりますものね

 また、紗夜さん風紀委員なので、没収したゲームやお菓子のリスト化してる様子

 なんだか懐かしいですね

紗夜『Poppin'Partyも大変でしょう?』

00140
 大真面目に言われてしまった有咲、「いつもの思いつきです!」と白状に!
 有咲ってば、香澄の分まで恥ずかしい事に!
 不憫な子だわ!

 Roseliaが真面目に奔走してる中、夢みたいな話をしちゃってたのね!

 ただ二人も香澄慣れしてるらしく、「なるほど」と!

風紀委員・氷川紗夜『そうですねえ…、私達の場合は』

00142

 私達の場合は、まずメンバー同士の打ち合わせで企画内容を精査
 どの程度お客さんが入るか
 どんなライブをするか

 自己分析と目標の設定から始めました…

 そして場所決めです


00144

 ライブ会場のスタッフさんとの交渉と予約
 終わったらゲストバンドの出演交渉
 チケットのノルマ配分の打ち合わせ

 タイムテーブルの作成

 これはリハーサルから清算、完全撤収まで含めての時間設定です


00148

 それからチケットやチラシの作成
 チラシ配りからチケット販売

 チケットの値段設定は、各バンドのノルマと会場の使用料を考慮して決めます

 ここまでがライブ前にやる事です

  有咲「までが!? ライブ前ー!?


00149
00152
00155
00156
 突っ伏してる有咲が不憫、ラーメン奢りたい…!

自由と自前
 親切心なのでしょうが、理解も追いつかぬほど滔々と話し続けた氷川先輩
 この人もこの人で結構天然である
 で、ここまでが「準備」

 かつ衣装作りに練習に、“全て自由”とは“全て自前”という事だ!

 日頃、ライブハウス主導がいかに楽なのか実感できますね
 多分全部、沙綾と有咲が担当だし!

 と有咲は諦めてますが、おたえも現場経験あるからある程度は…?

 いやそもそも、おたえに任す事自体が不安か…?

白金燐子『氷川さん! あの…、ゲストバンドの枠…、もう一枠空けられますよね?』

00159
00161
 市ヶ谷さん、一緒に…、やってみませんか?(白金燐子)

しろがね
 ここで引っ込み思案な先輩の勇気…! 前回の台詞は嘘じゃなかった!
 つまり先輩は、「実地で間近で見てみては?」と。
 枠を空けてまでとは…。

 前回キーボード同士頑張りましょう、と言ったのは嘘じゃない!

 自発的に動いた燐子さん素敵でしたね!

よろしく…!

00164

 香澄「よろしくお願いします!
 りみ「お願いします!
 有咲「します!

  今井リサ「元気いいねえ~♪」

 白金燐子「友希那さん、どうでしょうか?


00166
00167
00168
00171
00173
 友希那さん、基本無表情なので、何が飛び出すか解らないのも魅力だと思います

ライブハウス「CiRCLE」
 流れるように頼みにきた3人、バンド同士で個人的な親交もありますので
 あこは大賛成、また姐御分のリサ先輩も空気を和らげます
 が

 Roseliaのライブにハンパな熱は要らない、覚悟は出来てる?

 古人曰く、枯れ木も山の賑わいとは言いますが
 ライブを盛り下げてもらっても困る!

 とはいえ個人的な知り合いに、こう厳しく言えるのも湊さんらしい

 ギターケースでけえな!(身長161cm)

香澄・りみ・有咲『『『はいッ!』』』

00174
00179
00181
00184
00186
00190
 なら…、決まりね。Poppin'Party、正式に出演をお願いします

彼女達は
 話が決まれば、「自分達がお願いする側」で対応するのも大人ですね
 今回、友希那さんは試すように言いました
 が
 
 彼女達、決して技術は高くないけれど…/…けど?

 その先は敢えて言わない
 明言はされませんが、ポピパは“技術ではない魅力”で認めてるのね

 次はそれが何なのか、香澄達自身が模索する必要もあるのかもしれません

 友希那さん振り返る仕草が多く、髪のCG表現も目立ちますね

りみ『リサさん! あの…、チケットのノルマって…』

00192
 ここで問題、有咲から「事前準備」について共有したようです。
 参加バンドが、それぞれ一定数のチケットを受け持ち
 自前で売ってくる必要がある!
 パーティー券を!

 普通は知名度が低いから、フツーに売っても完売しないんでしょうね

 とはいえ、香澄達には売るツテが少なすぎますが…

今井リサ『ああ大丈夫大丈夫! 今回は気にしなくて良いよ♪』

00193
00194
00196
00200
00202
 学割! ガールズ割! ギャル割! あたしの持てる全ての力を使ったよ!

哄笑術
 輝く交渉力、今井リサ先輩! “会場使用料”をクリアできそうなのでノルマなし!
 どうも、チケット集金は必要経費を返せれば程度に見てるらしく
 使用料を安くして貰ったので問題なし!

 リサ姉のこーしょーじゅつ? すごかったよーっ♪(あこ)

 前売り券も安めに設定し、むしろ売り切れる心配をするレベル!
 友達を呼ぶなら当日券を買えないかもしれず
 チケット取り置きを勧めるよ、と

 なお香澄、「取り置き!」に超反応するも、意味は分かってなかった模様

 リサ先輩が宇宙一輝いている…!

ちょっとー! なんでCiRCLEじゃないのー!!』

00203
00204
00209
00210
 ウチで主催やってよー! 常連割りもつけるからさー!! ねーちょっとー!

月島さん!
 と食い下がってスルーされたのは、本ライブハウス「CiRCLE」の月島まりなさん
 スマホゲームでの、ナビゲーションキャラクターだそうで
 ショートアニメ「ガルパピコ」でTV出演
 月島さんはどこも苦労人!

 なんかめっちゃ動いてましたが、手書きアニメですよね…?

 出番が少ないらしい(迫真)。
 CGモデルは、「作る」のが一番大変だそうだから仕方ないね!!

 まりなさん可愛い! 祝アニメ2期出演!!

 ガルパピコのメインヒロイン!(極論)

香澄『皆ー! 見て見て? 練習スケジュール作ったー♪』

00215
00216
00218
00219
 うーん…、やっぱり皆で合わせられる時間は少ないねー…(沙綾)

テレパジスタだ!
 解読できる沙綾さんすげえ! 前回が4月5日から19日にかけてだった訳ね
 主催ライブは、2019年5月4日(土)となってますので
 本当に時間がない!?

 ライブまでー、がんばろー!

 あと、おたえがテレパジスタとか言ってましたが
 何か混ざってましたね

 テレパシーとファンタジスタの融合体、星7つ攻撃力2400くらいでしょうか

ライブ?!

00225
00231
00234
00236
00247
00249
 ありがとう~! この間のライブもありがとう~♪(香澄)

前も後ろも
 戸山“姉妹”だと知った六花さん、明日香に頼んで連れてきて貰ったらしい
 結果、ライブは知るわ可愛がられるわ
 早くも身内同然か!

 じゃあ予約じゃなくて…、取り置きしとくねっ!(香澄)

 見に行きたいという六花さんへ
 さっそく、覚えたての言葉を使いたがる香澄であった

 こうした用語は、ライブハウスで働いてる六花さん詳しそうです

 ぐいぐい行く感じ、有咲と出会った頃を思い出しますね

明日香『てゆーか、ライブの日、私と遊ぶ約束じゃんっ』

00250
00255
00257
00258
 言われて気付く六花さんであった

ゴールデンウィークなので
 やれやれってな感じの明日香であった、と。姉で慣れてるでしょうし。
 作中、積極的にライブを見に来る事はなかった明日香も
 以降はもっと関わってくるのね

 受験勉強があるから、毎度ってワケでもないでしょうけれど

 すっかり六花さんの保護者となった明日香は今後…?

『りみ~、今の良かった!』『うん、テンポキープばっちり!』

00259
00261
00264
00266
00267
00271
00273
00275
 それ、差し入れ?/うん、お父さんが持ってって~(沙綾)

5月4日 当日
 お馴染みの蔵で練習していたポピパ、早いものでもう当日ですか!?
 前回に続き、サクッとブッ飛ばしましたね!
 練習は朝練を重ねたらしい

 今日はライブだよっ、頑張るね!(りみ)

 姉にLINEするりみ
 海外にいっても、こうして簡単に繋がれる時代なんですね

 今回は、渋谷のライブハウスまで遠出するポピパ

 Roseliaってホント知名度高いんですねえ

香澄『おはようございまーすっ♪

00276
00278
00280
00281
00283
00285
00289
 あこがの右目に宿りし魔竜が…、なんか…、すごい~♪

完全にガルパピコ
 と言って力尽きた宇田川あこ以下、完全に事件現場だったからちきしょう!
 結局、今日も殆ど眠らないまま臨んだというRoselia
 アーティストとしてどうなの!?
 でも仕方ない!

 恥ずかしいところを見せたわね…(友希那)

 現実問題、込み込みで会場費を安くして貰った関係上
 仕方ない犠牲だったらしい

 特にRoseliaの場合、そこまでしてチケット代を下げたのも原因かも。

 あくまで音楽主体、ファンサービス重視って感じ!

今井リサ『もしもし! あ、今日はお世話になります』

00292
 何で楽器の音が! と思ったら着信音なのが彼女達らしい
 どうも、他のゲストバンドが集まり始めたらしく
 リサが迎えに出向く場面も。

 本来、こうして出迎えるのも「来て貰っている」側の筋なんでしょうね

 くるくる変わる、あこちゃんの表情がかわいい!

有咲『…手伝ったほうが良くね?』

00296
00297
00299
00301
00303
 これは私達がやるべき事だから、あなた達はライブに集中して(友希那)

買い忘れ
 あこもケータリングの担当らしく、慌しく動き始めるRoseliaですが
 手伝いを申し出ても、一刀両断するのも彼女達らしい
 責任感が強いというか

 こういうところで人を使うのも手だと思いますが、Roseliaはひたすらに自力!

 ケータリングとは
 普通、屋台カーなどでスタッフごと出向いて貰って料理提供するサービス

 音楽に限らずイベントの定番ですが、そうした手配までやってるんでしょうか

 買い忘れとか言ってたので、仕出し弁当に近いタイプかもですが

六花『おおお~!

00308
00309
00313
 そしてスーパー意味ありげに出てくる猫耳さんである(公式はこちら

渋谷六花さん
 六花さん初めての渋谷…! ハチ公を拝んでしまう謎のアクション!!
 ホントにあるんだ、と物珍しげで微笑ましいですね
 しかし女の人しかいねえな!

 そういや電車での移動前回の駅・電車内もモブが女性ばかりなような

 一応、前回の車内では男性学生らしいケツもありましたが
 男が激減しておる…!

 第1期は普通に男性モブがいましたが、ある種の方針転換らしい

スタッフ『最後、Roseliaさんお願いしまーすっ!』

00314
00318
00331
00338
00344
00348
00350
 リハはもう終わっているわ、今はステージの最終チェック中(友希那)

視野
 順調にリハーサルを終えたポピパは、客席で不動の湊友希那に目を留めるも
 彼女達の場合、既にステージ上でのリハーサルを終え
 ステージ自体のチェック中

 証明、もう少し暗く出来ますか! …リサ、手元は見える?

 客席からの見え方など
 最後まで詰めるのは、“最高の音楽を届けたい”Roseliaの姿勢。

 第1期、SPACEオーナーのこだわりを思い出しますね

 演じる側だけでなく、広い視野を求めるRoselia

戸山明日香『大丈夫~?』

00353
00354
 都会で溺れかけるとは思わんかった~…

ライブハウス到着
 いよいよ開始間際となって、既に瀕死状態の六花さん達もライブハウスへ
 もうこれ完全に保護者ですね明日香さん!
 手のかかる子!

 またこの人が少なく感じたのも、もしかしたら意味ある事だったのかもしれません

六花『あの、Poppin'Partyで! 朝日六花で取り置きです!!』

00356
00359
 ないですね…?/えー!? あれー!?

自爆寸前
 堂々言ったのに取り置きしてない!? ではなく明日香の名前で取り置き。
 香澄の「いや~ごめんごめん」が脳内再生余裕ですね!
 困った子だよ!

 そもそも、取り置きの意味を解ってなかった可能性もあったから怖い!

 多分、有咲辺りがフォローしたんでしょうか

有咲『やべ~、緊張してきたわ!』

00369

 香澄「有咲、手ぇ出して?
 香澄「ひ、と!

 おたえ「私もおすそ分け! 人、人~

 沙綾「私もっ!


00375
00377
00380
00384
00385
00387
 Poppin'Partyでしたー! ありがとうございましたー!!

最高のライブ!
 緊張する有咲、人の字のおすそ分けラッシュも微笑ましいですが
 ライブはまさかの瞬間終了!
 これは意外

 可愛かったー!/ノれたね~♪

 沙綾曰く練習時間がない
 よって前回同様、Happy Happy Party!を演奏した香澄達

 客席の反応は良好で、明日香や六花さんもニッコリな案件とはなりましたが…

 今回、ネコミミさんの無反応っぷりが全てなんでしょうね

沙綾『は~…、めっちゃ楽しかった!

00390
00393
 最高傑作かも!(おたえ)/それ、言い過ぎじゃね?(有咲)

私の最高傑作です
 客席も盛り上がり、ポピパ自身も最高傑作と自負する出来上がり
 朝練で、時間を作ってやって来た意味があったのでしょう
 が、こう「良かった」を連呼してると不吉ですね
 完全に前振り。

 実際Roseliaの奮闘を見ると、「これでいいのかな?」と視聴者視点では感じます

 同じ曲を繰り返して完成度を高める、それも大切な事ですが…?

香澄『友希那先輩! 私達…!! …あっ』

00397
00398
00399
 ありがとう、良かったわ(友希那)

本当だよ!
 挨拶しようとして困惑した香澄、友希那先輩からキツい言葉が…!?
 と思うも、別にそんな事もないから面白い。
 ものすごい真顔。

 もちろんお世辞を言うタイプには見えないので、本心だと思います

 盛り上がってもいましたし。
 そして、別の意味で真顔な紗夜さん(常時)。

 この人、割といつも表情変わりませんね。いや悪い意味でなく。

 緊張感にでしょうか、香澄達は気圧される事に

明日香『え? わああああ!?

00400

 湊友希那「さっそくだけど、メンバー紹介行くわよ!

  ギター、氷川紗夜!
  ベース、今井リサ!

 今井リサ「よろしく~♪」

  ドラム、宇田川あこ!
  キーボード、白金燐子!

 今井リサ「そして我らがボーカル、湊友希那!

  行くわよ、BLACK SHOUT!


00402

■BLACK SHOUT
 歌:Roselia(2017/4/19 リリース)
 作詞:織田あすか(Elements Garden)
 作曲:上松範康(Elements Garden)

暗い夜も【fighting】
怯えずに今【smiling】
信じた道【running】
迷わず進もう 黒でもいい【all right】
白じゃなくても【ok】
不条理を壊し
私は此処に今 生きているから
【SHOUT!】

【BLACK SHOUT】

【BLACK】不安に溢れた
【SHOUT】世の中のイロハ
【BLACK】苛立ちと共に
自由を奪ってく
【BLACK】モノクロの雨が
【SHOUT】世界を隠して
【BLACK】空は嘲笑い沈んだ

邪魔するもの【嫉妬】
振り落として【衝動】
私の色【本能】
取り戻したいから...!

例え明日が【missing】
行き止まりでも【going】
自分の手で【breaking】
切り開くんだ
すくむ身体【get up】
強く抱いて【stacking】
覚悟で踏み出し
叶えたい夢 勝ち取れ今すぐに!
【SHOUT!】


00404
00406
00408
00412
00431
00433
00437
00444
00447
00451
00470
00473
00477
00480
00482
00483
00486
00487
 そして猫耳ヘッドフォンさんの表情! ポピパの時とはまるで違う…!!

黒い咆哮【BLACK SHOUT】
 サブタイがここで入るのが洒落てましたね、他バンドも同様の演出になるんでしょうか
 何より、このタイミングだけを狙ったお客が押しかけたのが強烈!
 他バンド、Poppin'Partyには興味がない
 Roseliaを聴きにきた!

 前回ポピパだけがやったメンバー紹介も、改めて行ったRoselia!

 前回や冒頭同様、歌唱も歌詞も強く訴えかけるのが特徴的ですね
 もうこれアマチュアじゃねーだろ感!

 曲はRoseliaファーストシングルで、初週1.1万枚を売り上げオリコン週間7位

 ただ、燐子さんの中の人がご病気になり交代しています。

観客『Roseliaすごかったねー♪』『マジ世界観ヤバすぎ!』

00489
00491
00492
00494
 超カッコよかったよ~♪(ゲストバンド)

世界観
 手書き作画でちょっとビビりますが、六花たちの入店時と打って変わった盛況!
 無論「店を出る」関係から、入店時より多く見える傾向はあるかもですが
 察するに、Roseliaだけが目当ての客が一定数いた為
 開店時は客足が鈍かったらしい

 いえいえ、こちらこそたくさん助けて貰っちゃって~(今井リサ)

 ゲストバンドを見送るリサさん、手馴れてらっしゃる
 人間関係の要みたいな方ですね

 世界観がヤバい、そういう褒め方なのか

 自分達の音楽に客席を引き込む、そういう力があるバンドなのね

香澄『すっ……、ごかったねえ!

00495

 おたえ「うーん…

 香澄「すっごかったねえ!
 有咲「マジヤベーって!
 沙綾「お客さんも、後からあんなに…

 りみ「皆のライト、揃ってて綺麗だったね! すっごく…、盛り上がってた

 有咲「主催ライブって、ここまで出来なきゃダメなんだよな…」


00497
00498
00499
00502
 出来るかな…(おたえ)。

完全にプロ
 疑問を口にしたのはおたえ、第1期でも“Poppin'Partyじゃ無理”宣言があり
 現状認識には、何気に一番シビアな人かもしれません
 格が違いすぎる!

 すごいと思った部分が、そっくり「あんなの無理」脳内変換

 当初、殺人事件かと思うほどグッタリしていたRoseliaですが
 やはり歌っても格が違った!

 この“受けとり方”は、果たしてどこまで正しいものか

 有咲は、「ここまで出来なきゃ主催ライブは出来ない」と認識しますが…?

友希那『お疲れさま、今日は助かったわ』

00509
 まず間違いなく本心から感謝する友希那、参考になったかな?という紗夜
 誘ったのは、Poppin'Partyに学んで貰う意味も強かった。
 対し香澄ははしゃいで返します

 が、同じこと出来るかな?と弱気に

友希那『同じ事…』

00515
 
 香澄「でも…、同じ事…、出来るかなって…。

 友希那「同じ事…

 香澄「でも! 私達も絶対ライブします!
  いつか、頑張ってRoseliaの皆さんみたいに!

 友希那「その努力に、意味はあるの?

  Poppin'Party、あなた達、主催ライブする覚悟が足りていない。


00518
00521
00523
00525
00526
 額面通り受け止めれば、非情に厳しい結果となった主催ライブ体験回

香澄の癖
 第1期同様に香澄の悪い癖でもあり、「頑張ればいつか!」と考えていました
 前回、日常パートでも飛び出した「分からないけど頑張る」が
 香澄の悪い癖なんだと思います
 漠然としている。

 Roseliaを目指す努力でなく、ポピパ独自の道を見つけなさいという事?

 そして具体案もなく、「いつか」を口にしてしまった事。
 覚悟がないのはここでしょうか

 ちゃんと目標、具体案を設定し、“達成できる範囲で死に物狂い”になる事

 Roseliaは無理してましたが、その姿勢こそ覚悟なんだと思いました

エンディングテーマは、2月20日リリース予定「Safe and Sound」

00527
 キャラクター映像なしの静かなエンディング

Safe and Sound
 EDまでRoselia尽くし、彼女達の8番目のシングルとなる新規曲ですが
 いつもと比べ、(あくまでいつもと比べて)静かな印象ですが
 懸命に進もうとする曲はいつもと同様

 頬に落ちた 伝う 悔しさを拭って 影に飲まれず手を振れ光あれ

 なお限定版Blu-rayでは、BanG Dream! 5th☆LIVE映像が収録との事

感想追記

 その努力に意味はあるの?
 覚悟が足りない!
 息衝く“SPACE魂”!?
 Roselia、ポピパ、六花へ繋がっていくもの?
 OPテーマ「BRAVE JEWEL」の応援!      
 トップに戻る

先輩バンドRoselia、その厳しい言葉に直面した香澄たちは

00352
 その努力に意味はあるの?(湊 友希那)

その努力
 私が思うに彼女に悪意はなく、思ったことを口にしてしまうタイプ。
 なので、「同じ事…、出来るかなって…」に対し
 そのまま疑問を返したのでしょうか

 私たちみたいに? 貴方たちには別の持ち味があるじゃない

 むしろ、友希那さんなりの賞賛でさえあると思います
 ポピパの長所云々のくだり的に。

 やだもー、私たちを目指さなくていいじゃなーい的な言葉だと。

というのも、特にOVA第14話で「長所」を見てるからでしょうか

00468
 第14話は、友希那が煮詰ってたときにPoppin'Partyと出会う回

“見てるとより楽しい”要素
 無論、これを見てなくてもわかるストーリーとして作られていると思います
 次回は、「あの言葉はそのままの意味じゃないよ」
 と、探っていく回でしょうか

 予告でめっちゃ楽しそうにバンドしてましたしね!

 原点回帰の蔵イブよ!
 
Poppin'Party、あなた達、主催ライブする覚悟が足りていない

00111
00276
 Roseliaの主催ライブする覚悟(ダイイング・メッセージ)

主催ライブする覚悟
 Poppin'Partyに必要なのは、Roseliaを目指す努力じゃなくて覚悟なのだと。
 今回、主催ライブの話でグッダグダになってしまったように
 遊んでる暇なんて本当はない

 そうした時間を削って、たった一つの目標に打ち込む覚悟足りない!

 覚悟が足りないから、「Roseliaを目指す」なんてトンチンカンな事を言うのだ!
 だって、目指すべき方向さえわかってないのですから!

 そんな事で足踏みしてる暇なんて無いぜ

 的な、湊さん流「あなたなら出来るわ」な助言だったんじゃないかなー

総じていえば、「やりきったかい?」の精神なんじゃないかと

00509
 Roseliaも第1期のSPACEで鍛えられ、泣いてしまう場面もありました

SPACE魂!
 今回、湊さんは「Poppin'Partyは決して技術は高くない」と言いました
 でも評価してる、彼女が見てるのは技術なんかじゃなく
 それ以外の事なんですね

 拙くても他人を惹きつけるものがある、今回、それを自覚する為の一幕に思えます

 SPACEで学んだ事、技術が足りなくても“やりきる”精神を
 今、もう一度思い出すこと。
 
 第1期のおさらいと、自分たちの長所を見直す一幕なのかもなー、と

先輩Roselia、後輩・六花、彼女もバンドへ始動…?

00278
 Roseliaだって全然平気じゃない、捨て身で奮闘しているから今がある

先輩と後輩と
 今回Roseliaは、多分“主催ライブ”は大変だけど出来ない訳じゃないと言いたかった
 やりぬく覚悟があれば出来る、香澄の言う「いつか」じゃなく
 現実に、ちょっと頑張ればなんとかなる!
 殺人現場並みに頑張れば!

 香澄たちに必要なのは、「いつか」にせず、頑張ろうと動き出す事なのでしょう

 グダグダにせず、出来る事から着手していく事。
 色々と試してみる事

 そして六花さんも、“バンド仲間を探す勇気”へ踏み出すのが大事!

今回のオープニング歌詞は「頑張れ!」に集約される気がする!

00028
 OPテーマ「BRAVE JEWEL」はエールの曲だと思いました

BRAVE JEWEL
 今回香澄たちは、壁にぶつかって「こりゃダメだ!」と諦めかけましたが
 曲は、弱さを知ってる奴は強いぞと励まし
 あなたは手にしたと諭します

 今回まさにピッタリな、苦境にあっても諦めるなって曲!

 第2話、3話の内容も踏まえて作曲されたのかもなーって私は感じました。

公式ツイッターより


























































































2019年1月10日 BanG Dream! 2nd Season 第2話「黒き咆哮」

00156
 燐子・紗夜・有咲トリオがどんどん好きになるね! 

スタッフ
 脚本:中西やすひろ
 絵コンテ&演出:高橋成世
 ライブパート絵コンテ演出:三村厚史
 2D作画監督:茶之原拓也、八森優香、依田祐輔、花井柚都子、阪本麻衣
 アニメ制作:サンジゲン
 制作協力:パッショーネ/Creators in Pack
 原作:オリジナルアニメ
 制作協力:-

あらすじ
 ギャラクシーのライブで主催ライブをすることを宣言してしまったPoppin'Partyは、初めての主催ライブに何も分からない中、準備を始めようとする。
 有咲がRoseliaの氷川紗夜に教えを乞ううちに、Roseliaの主催ライブにゲストとして誘ってもらい…

打ちのめされた香澄達、しかし次回予告は一転して…?

00530

■キラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~

 キラキラだとか夢だとか 希望だとかドキドキだとかで 
 この世界は まわり続けている!
 昨日は今日になって 明日になって 未来になって…


00532
00534
00535
 予告で流れたのは、懐かしい第1期EDテーマ!

キラキラだとか夢だとか
 AbemaTVは大相撲の完全生中継もやってるのね! ショウアップされてて楽しそう!
 それはともかく、CMでお馴染みだったRoseliaによるOPからスタート 
 ポピパのライブも前回から一転してカット
 Roseliaが主軸になってた!

 自身もバンドをやりながら、東京では踏み出せない六花さん物語も並行

 ゲーム版及び、ショートアニメ・ガルパピコで大活躍
 月島まりなさんも嬉しかった!

 今回はまず“見た”、次回、そこから何を形にするのでしょうね!

 次回、BanG Dream! 2nd Season 第3話「Sing Girls」

BanG Dream! 2期 2話 感想

 第2話「黒き咆哮」
 六花はバンド募集中
 OPテーマ「BRAVE JEWEL」
 ライブ主催って何すればいいの?
 主催ライブのやりかた
 湊 友希那のPoppin'Party評
 ライブハウス「CiRCLE」
 Bパート「5月4日、ライブ当日!」
 ポピパライブ!
 黒い咆哮【BLACK SHOUT】
 無意味なこと、足りないもの
 EDテーマ「Safe and Sound」     
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 BanG Dream! バンドリ!第1期 感想
 ガルパピコ 感想
 これまでの感想
 AbemaTV 配信ページ(外部サイト)
 公式配信「バンドリちゃんねる☆」(外部サイト)トップに戻る


 BanG Dream! バンドリ! 第1話「出会っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第2話「やっちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第3話「逃げちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第4話「怒っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第5話「ドキドキしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第6話「作っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第7話「ケンカしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第8話「走っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第9話「バイトしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第10話「驚いちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第11話「歌えなくなっちゃった」
 BanG Dream! バンドリ! 第12話「キラキラしちゃった!?」
 BanG Dream! バンドリ! 第13話「歌っちゃった!【最終回】」
 BanG Dream! バンドリ! 第14話「遊んじゃった!【OVA】」


 BanG Dream! ガルパピコ 第1話「ライブハウス『さーくる』」
 BanG Dream! ガルパピコ 第2話「くらトーーーーク」
 BanG Dream! ガルパピコ 第3話「革命-revolution-」
 BanG Dream! ガルパピコ 第4話「ロックンロールベイベェ」
 BanG Dream! ガルパピコ 第5話「パスパレ・水着deコマーシャル」
 BanG Dream! ガルパピコ 第6話「ミッシェルランドへようこそ!」
 BanG Dream! ガルパピコ 第7話「さーくる合同ライブ対策会議」
 BanG Dream! ガルパピコ 第8話「ドラマーっていつも何かしらリズム刻んでるよね」
 BanG Dream! ガルパピコ 第9話「チョココロネだいすき」
 BanG Dream! ガルパピコ 第10話「ニンニクどうします?」
 BanG Dream! ガルパピコ 第11話「ハロハピスカイライブ」
 BanG Dream! ガルパピコ 第12話「ババンボ様にお願い☆」
 BanG Dream! ガルパピコ 第13話「キラキラ愉快な商店街狂乱のブシドーパーティ」
 BanG Dream! ガルパピコ 第14話「ハロハピ厳冬期冬山縦走」
 BanG Dream! ガルパピコ 第15話「バイトの時間」
 BanG Dream! ガルパピコ 第16話「ポッピン'シャッフル」
 BanG Dream! ガルパピコ 第17話「パステル*散歩」
 BanG Dream! ガルパピコ 第18話「蔵迷宮」
 BanG Dream! ガルパピコ 第19話「さーくるの崩壊」
 BanG Dream! ガルパピコ 第20話「真実を映す魔眼 」
 BanG Dream! ガルパピコ 第21話「あの演出ってワクワクするよね」
 BanG Dream! ガルパピコ 第22話「ミッシェルカフェへようこそ!」
 BanG Dream! ガルパピコ 第23話「パステルパジャマパーティー」
 BanG Dream! ガルパピコ 第24話「フタゴリズム」
 BanG Dream! ガルパピコ 第25話「聖夜のサプライズ」
 BanG Dream! ガルパピコ 第26話「再建しちゃった!」【最終回】


 BanG Dream! 2nd Season 第1話「Happy Party!」
 BanG Dream! 2nd Season 第2話「黒き咆哮」
 BanG Dream! 2nd Season 第3話「Sing Girls」
 BanG Dream! 2nd Season 第4話「ゴーカ!ゴーカイ!?のっびのびワールド!」
 BanG Dream! 2nd Season 第5話「雨のRing-Dong-Dance」
 BanG Dream! 2nd Season 第6話「You Only Live Once」
 BanG Dream! 2nd Season 第7話「ナカナ イナ カナイ」
 BanG Dream! 2nd Season 第8話「ひとりじゃないんだから」
 BanG Dream! 2nd Season 第9話「スクール・フェスティバル・シンフォニー」
 BanG Dream! 2nd Season 第10話「R・I・O・T」
 BanG Dream! 2nd Season 第11話「ホシノナミダ」
 BanG Dream! 2nd Season 第12話「Returns」
 BanG Dream! 2nd Season 第13話「キズナミュージック♪【最終回】」