試し読み 続ハーメルンのバイオリン弾き 14巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 これまでの感想はこちら 前回はこちら
“千切れたフルート”。ヴォーカルと二人旅?!

00056
00048
   
ハーメルが好き、王女で育てばクラーリィが好き
 フルートの心が乱れる中、切り離して別個に
 心は一つ、身体も一つで解決だ!
 大岡越前もびっくりよ!

 残る一人は“赤子”、フルートの可能性そのもの?

三人の男の間で
 本来なら、兄リュートと死別するはずだった姿
 いまだ、赤子を守るように接する兄へと
 赤子フルートが託された!
 妹離れの時か

 妹は既に自立し、守られるだけじゃないから

続ハーメルンのバイオリン弾き 14巻 感想

 第65話「鐘城と宿主とフルート姫」
 第66話「チビボーの街角」
 第67話「姫の回顧録」
 第68話「生贄の羊」
 第69話「迷宮都市 アーカペラ」
 おまけ「冥界プリンスリュートくん 地獄の負け犬たち編」
 カバー下おまけ
 これまでの感想

オマケ漫画、ホルン様がまさかの…?

00054
 おっかちゃんが鬼神となる日

あらすじ
 ハーメルが大魔王となった、悪夢の可能性世界
 兄リュートは、クラーリィが裏切ったと激怒
 兄が信じられず、フルートは出奔
 魔族の子供「カワくん」を拾う

 街で迫害、クラーリィに助けられるフルート

 だが彼への恋は破れ、フルートは失踪
 迷宮都市で発見される

 彼女を狙い黒サイザー、リュート王子も襲来

 すると彼女、三つに分割されて…?

第65話。“ハイブリッド・サイザー”、その性格

00001
00002
00003
 コルネット、蛇なのに頑張りおる!?

第65話「鐘城と宿主とフルート姫」
 サイザーの羽に、ヴォーカルの遺伝子を配合
 公式愛称「黒ポリスサイザー」誕生!
 大暴れ!

 かつて同様、オカリナがボッコボコに…

 オカリナは、「生前」の記憶が復活
 主当人じゃないと解るハズ

 錯乱か、彼女もサイザーだと思ってか

 記憶はこっちにもあるのか?

当のヴォーカル、カラッカラの魔力切れ!

00004
00005
 ケストラーさえ避けた猛者、そうでしたねェ…

カラカラヴォーカル
 魔力切れで、子供のように縮んでしまう
 記憶も、それなりに残ってるものの
 名前などを忘却

 逆に「生前」記憶は、取り戻しつつある模様

 自分はとっくに死んでいる
 今章、彼がそれを受け容れる結末…?

 彼の「子」が暴れる一方、こっちは無害化

 少年でも、幼女でもイケるぜオイ!

魔力を寄越せ! フルートへ襲い掛かるも

00006
00007
00008
 彼は「女」を、母性を知らないと

罪人と聖女
 垣間見える過去、彼の母らしきものがチラチラ
 フルートに、母を感じ始めたヴォーカル
 やはり、心を癒す者では
 フルートが代表か

 他方ホルン女王は、グローリィでザ☆投獄

 今、人類同士で争ってる場合じゃない…
 と思うからこそ無防備か

 逆にグロッケン卿は、チャンスは今だけ
 
 人類が勝っても、居場所がなきゃ意味ないし…

第66話。ヴォーカル、“初めての街”

00009
00010
00011
00012
 そりゃもう、粋に店ひとつ食い潰したそうじゃ

第66話「チビボーの街角」
 前回、滝つぼの主を食べてしまったヴォーカル
 魔族は、肉も魚もフツーに食えるんですよね
 種によるでしょうが

 街を満喫、フルートも“擬似家族”を満喫

 王女として育った本世界
 身近で素敵な、クラーリィと恋に落ちておる…

 とはいえやはり、心の底にはハーメルが

 クラーリィには辛い世界よ…。

“何故か”ハーメルを思い、泣き出したフルート

00013
00014
00015
 結果、魔族とバレて大惨事

そこの記憶かよ!
 ハーメルを恋しい部分が、記憶を呼び覚ます
 ヴォーカルが、「誰が泣かした!」と戸惑い
 つい、怒ってしまうのだから優しい
 ヴォーカルが!

 が、魔族とバレ、本作名物大迫害…!

 ヴォーカルは元は弱かった
 と、再強調か

 だから“奪わせまい”、奪う側になった…?

 彼を庇うフルート、子を思う母はパンドラのよう

しかしフルート、「あの心は自分にもある」と

00016
00017
00018
00019
00020
 一方、今章も酷い目に遭う妖精族

胸の奥
 悪意は誰でも、フルート自身の心にもある
 今、こうして石を投げる人達も
 彼女も変わらない

 でも奥には、温かい気持ちがある

 悪意の塊ヴォーカルもまた
 同様に…?

 クラーリィ登場も、ヒロイック!

 ハーメルとはまた違う、「正義のヒト」ね!

第67話。グローリーが求める、“宿主”とは

00021
00022
00023
 どんなパワーか、具体的には描かれず

第67話「姫の回顧録」
 この分岐世界で、大魔王を封じた要因「鐘城」
 万分の一の妖精、「宿主」を探し
 城を探させるのだと
 
 ピロロが宿主と解り、捜索は前進

 際し、あまりに脳筋な将軍
 ガンバンに叛心…?

 鐘城を独り占めだー! とか言い出すのか?

 彼、専門知識まるでなさそうだし。

“子供”の鎖を解いてやろう、クラーリィの善意は

00024
00025
00026
00027
00028
 最大全力大天輪竜巻ィ! …でも斬れない!!

北へ
 さすが負けず嫌い! でも封印の鎖は切れず
 今は、フルートの記憶を呼び戻すべく
 北の都へ!

 北へ…、懐かしい状況だわ!

 ヴォーカルはフルートを
 フルートも、クラーリィへの恋が隠せない 

 物陰には、クラーリィに恋したワルキューレ

 くさい! ラブコメくさいわ!

 クラーリィってば、ホント「主人公」だな!

第68話。“パンドラの箱”、更なる力とは?

00029
00030
 敢えて魔族に漏洩させ、黒サイザーへ?

第68話「生贄の羊」
 狙いは、魔族にもフルートを探させる為?
 封印の箱、「時の鐘城」を組み合わせ
 更なる奇跡へ至る

 状況的に、漏洩させた情報は本物?

 魔王を吸い込み弱らせる箱
 更なる奇跡、「吸い取った力の利用」とか?

 羊だのなんだの、物騒な

 箱を持つフルート、生贄筆頭らしい…?

フルート、告白…! 幼い日の約束を打ち明ける

00031
00032
00033
00034
00035
00036
 が、鈍感軍王クラーリィ、これをスルー。

告白スルー検定
 本世界では、宮廷育ちでロクに料理した事ない
 ハズが、鍋だけは上手く作れるんだ…!
 鍋だけはな…!

 とまれ告白を、「誤解」で片づけるクラーリィ

 ただコレ本心なのか?
 それとも、軽くいなしてしまっただけ?

 クラーリィにとっては、徹頭徹尾人妻だから…?

 こっちのクラーリィは、どんな想いだったのか
 
フラれた乙女は、天候操作くらい自由自在です

00037

)キーワード
 秘められた力使い
 箱が開き

 三つの欲望が集いし時

 羊たちは迷宮に堕ちる


 哀れな生贄の羊の姫よ

 その肉体は バラバラの三つの肉塊となり
 斬り刻まれて地の底へ
 散るだろう…


00038
00039
 そしてお兄ちゃんは、心配性なのです!

ドン・ジョバンニ
 またもリュート王子、ド勘違いしてなさる!
 失恋で、「箱」を開けようとしたフルート
 失恋は人類より重い…!

 幸いヴォーカルが止めた模様

 クラーリィも今章主演
 役割は、「ドン・ジョバンニ(放蕩者)」。

 箱の秘められた力と、三つの欲望

 次回、三つになるのと関係が…?

第69話。フルートを追い、“大迷宮都市”へ

00040
00041
00042
 惨めさの描写に定評あるミッチー

第69話「迷宮都市 アーカペラ」
 から、乗せられた魔族に狙われるフルート!
 五日で、ここまで凋落できるとは…
 さすが凋落慣れしてる!
 が

 自暴自棄な彼女を庇い、クラーリィ滅多打ち

 愛してないのでなく
 愛してはいけない、と真面目な男

 迷宮都市は、指輪物語「モリア」オマージュか

 計り知れない構造に、ロマンがある!

フルートに、魔族をけしかけたワルトラだったが

00043
00044
00045
00046
 口調がラッパーっぽいぞポリスサイザー!

三つ巴
 結局、見てられず救ってしまったワルトラウテ
 けしかけられた魔族、いい面の皮ですな!
 ツンデレは悪い文明!

 最中“ベースJr.の指令”で、黒サイザー襲来

 未だ、「箱の使い方」は伝わっておらず
 ハーメルの嫁にするのが狙い

 地下なのに、大魔法ブッ放つダメ王子まで!

 てか、ヴォーカルどこ行ったの?!

皆が欲しがるなら、三つに分ければいいじゃない

00047
00048
00049
00050
00051
 現世界記憶のフルート、たくましい!

チギれる王女
 フルートは赤子、現世界、夢世界に分化
 今、ハーメルに焦がれる部分が分離し
 夢世界版もふっきれた!

 ハーメルが、クラーリィが好きな二人

 この二人は想いが固定
 ならば、残るひとつは「可能性」でしょうか

 赤子は何でもなれる、誰を好きにだってなれる

 対しリュートは死者、“もう終わった人間”で…?

おまけ「冥界プリンスリュートくん 地獄の負け犬たち編」

00052
00053
00054
 偉大な慈母、まさかの戦闘モード

おまけ「冥界プリンスリュートくん 地獄の負け犬たち編」
 スフォルツェンドにも、陰惨な暗黒時代が… 
 当時の王は、この格好で国民を撲殺
 三十万人にも及んだという…

 ギータさま逃げて?! 言うまでもないけど!

 今巻、表紙もスフォルツェンド勢ですが
 血塗られた歴史が明らかに

 ノリで、おかしな伝説増やすなぁホント!

 絶対、魔王軍よりタチ悪い!

収録

00000
00055

 また…、またチンチンの話をしている…ッ!

 ココカラコミックス「続ハーメルンのバイオリン弾き 14巻」。渡辺道明。web上で無料連載中。
 スタジオロードライト発行、林檎プロモーション発売。
 2019年7月発売(前巻2018年12月)

続ハーメルンのバイオリン弾き 14巻 感想
 第65話「鐘城と宿主とフルート姫」
 第66話「チビボーの街角」
 第67話「姫の回顧録」
 第68話「生贄の羊」
 第69話「迷宮都市 アーカペラ」
 おまけ「冥界プリンスリュートくん 地獄の負け犬たち編」
 カバー下おまけ
 これまでの感想
 トップに戻る
 
渡辺道明 続ハーメルンのバイオリン弾き 感想 ネタバレあり

 続ハーメルンのバイオリン弾き 1巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 2巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 3巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 4巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 5巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 6巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 7巻
 続ハーメルンのバイオリン弾き 8巻“誕生と消滅の聖杯”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 9巻“叶った願い”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 10巻“恋と機械と妖精の悲劇”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 11巻“矛盾する黄金の夢”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 12巻“ライエルの正体”
 続ハーメルンのバイオリン弾き 13巻“第四幕”フルート主演!
 続ハーメルンのバイオリン弾き 14巻“乾く罪人、千切れる聖女”