公式サイト 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第10話 感想 汗だくで、真夏の熱情、溶け合うオフィス。レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 僧侶 公式配信サイトこちら これまでの感想はこちら 前回はこちら
壊れるクーラー、残された二人。弱みを見せた上司に、みのりさんもノリノリで…!?

00072
00075
00005
真昼間のオフィスでも、まったく恥らわず羽田野さんとシテしまうみのり。成長した…!
 空調が壊れセクシーな社員達、ポップなBGMもいつもと違う雰囲気
 頭ごなしで、みのりとケンカばかりだった羽田野さんも
 弱さを見せてくれるのが微笑ましい

 プロジェクトが終わったら話したい事が! 死亡フラグですねわかります!

死亡フラグ
 まさか! ここでみのり死亡エンドから、羽田野さんと慧くんBLエンド…!?
 それは冗談として、来期の僧侶アニメがBLと発表されましたね!
 次はボーイズラブ、なるほど挑戦的だ!
 読者層は重なってそうだし!

 前期はガチ男性向けだったし、真逆に真逆に振ってくるポテンシャル!

終カプ 第10話 感想

 終カプ。第10話「汗だくで、真夏の熱情、溶け合うオフィス。」
 羽田野の弱音
 なんだよその反応… 可愛すぎるだろ
 このプロジェクトが終わったら   
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想

作者Meg先生ツイッターで、前回のウソ舞台裏も公開。羽田野さん…

DtbFU9dUcAEMA3N
 やだ3人ともかわいい。慧くん独特ですね

あらすじ
 先日嫉妬のあまり路地裏で強引に抱こうとし、みのりに拒絶された羽田野
 クーラーが壊れ、社員達を帰らせ独りで修理していたところ
 居残りしたみのりに本心を吐露する

 みのりはむしろ親しみを感じ、そのままオフィスで彼に身を任せた

 みのりが、彼に好意を明かすべきか躊躇う中
 羽田野は約束する

 今のプロジェクトが終わったら、伝えたい事があると。

 次回、終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第11話

社員『暑過ぎて、デザイン思いつかないですよう…』

00002
 前回、みのりは慧に励まされて仕事の初心を取り戻し
 羽田野氏は、力になれなかった自分を責め
 みのりの身体を責める

 素直になれない羽田野はみのりに拒絶されて…?

『冷えすぎ注意…、って言葉が使いたいよ~』

00005
00006
 わかったから! 直しとくから今日は帰れっ

0083 ジオンの残業
 残業してエアコンを直す上司の鑑。羽田野さんちょくちょくいい人すぎる
 BGMもポップで、いつもとちょっと違う雰囲気ですね
 真昼間だし! 真昼間だけど!

 近年では昔なら猛暑日が“普通”に、今や猛暑となるとガチで死ぬレベル

 なんという事でしょう
 地球温暖化の影響で羽田野氏が苦労する事に。

 エロい従業員しかいない、楽しい職場です!

みのり『は、羽田野さん何か手伝いましょうか?』

00009
 皆がクーラー恋しさに帰ってしまったオフィスで苦戦する羽田野氏
 素人が直せるって、今時どんな壊れ方したんでしょうか
 或いは羽田野さんがスゴすぎるのか
 指先が器用だし(意味深)

 健気にも残って手伝うみのり、愛ですねえ

『帰れと言っただろ!』『何ですか、その言い方ァ!』

00011
00012
00014
00017

 羽田野「なあ…、相澤。俺は…、お前の上司として相応しいと思うか?
 みのり「……
 みのり「ふふ、羽田野さんでもそんなこと考えるんですねっ

 羽田野「真剣に考えてるんだぞ!


00019

 みのり「でも、私に弱み見せてくれた感じで…
 みのり「なんか、ちょっと嬉しいですっ

  羽田野「(敵わないなぁ…、こいつには)」

 みのり「は…、羽田野さん?


00020
00022
00029
00030
00032
00038
 脚立が倒れ、そのまま押し倒しックスしてしまう二人

素直な疑問
 うるさい上司と生意気な部下、久々に原点回帰の口喧嘩をした二人
 というか羽田野氏は、彼なりに本心を明かしたようです
 前回、拒絶されてしまった件らしい。
 嫉妬ックスはいけない

 日頃ガミガミ言ってるけど、自分はそれでいいのかな的な?

 同レベルの口喧嘩し、マヌケに脚立を倒してしまって
 ふと考えてしまったんでしょうか

 日頃口うるさい人も、実は内心では悩んでるって素敵だと思います

 3分アニメなので、少々唐突気味ですが

みのり『(舌…、熱い、暑さで…、おかしくなりそう)』

00042
 猛暑日、クーラーもない中での汗だくKISS…!
 作画的に、それを感じ難いのは仕方ないとして
 二人ともベッチャベチャなんでしょうね
 クソ暑いのにまぐわって!

 暑さを視聴者に感じさせるには、汗作画が不可欠。でも追いつかない!

 あちこちとっくにベッチャベチャよ!

みのり『(そんな…、一度に…!?)』

00044

 みのり「(いやだ…、汗かいてて恥ずかしい…
 羽田野「悪い…、もう
  みのり「ああ…!
  羽田野「ん…!

 みのり「(羽田野さんの身体も全部熱くて、溶けちゃいそう…!

 羽田野「なんだよその反応…、可愛すぎるだろ
  羽田野「みのり…!
  羽田野「一緒に…!

 みのり「ああ…、ん…!


00046
00047
00052
00055
00056
00058
00059
00061
00063
00064
00065
00068
00069
00071
00072
00075
 控えめにペットボトルの揺れで表現していくスタイル

恥じらいオフィス
 真夜中オフィス回を思い出しますが、あの時と比べ全く恥じらいはなく
 汗をかいてることを恥じ、羽田野さんを堪能するみのりと
 彼女を「みのり」と呼ぶ羽田野

 羽田野氏、可愛すぎるだろとか言いつつ声音に余裕がない

 敵わない発言といい
 つくづく、みのりさんにベタ惚れです羽田野氏

 ごっちゃんです羽田野氏…!

羽田野『なあ、俺のこと仕事人間っていうけど…、本当にそれだけなのか?』

00080
 チャラいようで、仕事に人一倍真面目で服飾そのものが大好きな羽田野氏
 日頃、他人の噂に我関せずを貫いてそうなクールな人が
 弱みを見せてくれる喜び…

 みのりに、部下として個人として“自分をどう思う”と聞く羽田野

みのり『(私の…、気持ち。今ここで伝えてしまったら…)』

00081
00085
00088
00089
 この関係は、どうなっちゃうんだろう…(みのり)

死亡フラグ
 元々相性最悪で、偶発的に身体だけの関係で始まったみのりと羽田野
 今ここで、関係を前に進めるべきか迷うも
 先に決断したのは羽田野
 曰く

 このプロジェクト終わったら、聞いて欲しい事が、あるから

 なまじ現状が上手くいっているだけに、関係を変えるのは怖い
 ただただ挿入し続ける日々の二人ですが…?

 このまま最終回で無事寿退社ックスとなるのか?

 それとも羽田野氏がフラグ通り事故を起こし、慧君とハッピーエンドか…ッ!

公式ツイッターより






































2018年12月15日 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第10話「汗だくで、真夏の熱情、溶け合うオフィス。」

00002
 暑いのでTシャツ揃い。作画にも優しい

スタッフ
 羽田野秋彦:八代拓
 相澤みのり:五十嵐裕美
 菅原慧:廣瀬大介
 原作:Meg
 監督:荒木英樹
 脚本:翌有蔵
 キャラクターデザイン:あおばみずき

あらすじ
 猛暑日にエアコンが故障してしまい、蒸し風呂状態のオフィス。
 従業員を帰らせ、羽田野は一人、エアコンの修理を試みていた。
 そこに手伝いに来たみのりだったが、脚立からバランスを崩した羽田野に押し倒される形に。見つめ合うと、ついすれ違って伝えられなかった不安を溢してしまう羽田野。その思わぬ素直な言葉にみのりは、「私に弱み見せてくれたみたいで…嬉しいです」と笑みを浮かべる。すると、あふれ出した感情に抑えが効かない羽田野はみのりを抱きしめ、汗だくのまま二人きりのオフィスで交わり合うのだった…。

次回、本音を洩らし始めた羽田野にみのりは…?

DlQLwLeU0AMF4lI
 公式サイトでは、18禁シーンを含む「完全版」が有料配信。通常版無料配信中

微笑みの爆弾
 めちゃめちゃ厳しい人が不意に見せる優しさ、古いアニソンを思い出しますね
 というか、内心描写も加味すると羽田野氏こそベタ惚れで
 前回も嫉妬の心が父心でしたものね
 しっとの鬼がまた一人

 でも強引にされ、拒絶したみのりともあっさり和解

 この早さは3分アニメならではか。
 そういや前回、「いや!」とか拒否られたんでしたっけ

 次回、終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第11話

終カプ 第10話 感想

 終カプ。第10話「汗だくで、真夏の熱情、溶け合うオフィス。」
 羽田野の弱音
 なんだよその反応… 可愛すぎるだろ
 このプロジェクトが終わったら   
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る


 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第1話「カプセルホテルで、感じる、上司の体温。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第2話「微熱、伝わる、試着室。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第3話「濡れた肌、温め合う、後部座席。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第4話「湯舟の中、密着して、火照る体。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第5話「残業中、デスクの下で、秘密のキス。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第6話「発熱、染み込む、素肌の看病。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第7話「作業台の上、弾み、はだける浴衣。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第8話「勤務時間、吐息こぼれる、給湯室。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第9話「路地裏、おしおきに、秘めたジェラシー。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第10話「汗だくで、真夏の熱情、溶け合うオフィス。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第11話「本番直前、舞台裏で、秘密のご褒美。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第12話「終電後、カプセルホテルで、上司に熱愛伝わる夜。【最終回】」