公式サイト ゴールデンカムイ 第21話 感想 奇襲の音 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり アイヌ語 22時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
敵は盲目、光も服もない全裸の攻防戦! インカㇻマッの内面が確定的に

00377
00053
00242
意外な展開。まさか谷垣がM字開脚だなんて…。それに都丹が土方と繋がってたとは
 疑惑は、インカㇻマッの内面が描かれた事で、彼女がほぼシロ確定
 ゼンランケは、杉元のブッ殺し約束があるので不明
 谷垣のケツの穴が増えました

 いかにも遺影になりそうな写真、誰が生き残る事が出来るのか

盲目のガンマン
 都丹たちは、脱走しなければ殺されてた、公的には脱走犯、行き場がない上に全盲
 杉元はああ言うも、同情する部分もあると思ったらアシㇼパさんがね… 
 流石、自分の名を「未来」と解釈した子です
 でもホクロ人間は交わらない…

 占い師、古いアイヌ信仰による運命論を乗越え、インカㇻマッ生きて欲しい

ゴールデンカムイ 第21話 感想

00319
 金カム 第21話「奇襲の音」
 硫黄山の盲目達
 肉の杉元
 温泉グラビア
 しかもフリチンで!
 Bパート「さよならウイルク」
 これは運命
 迎撃は最大の逃亡
 喧嘩だ
 ホクロ君たちの距離
 フォトググラフ
 Cパート「撮影会」
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ 
 これまでの感想

都丹たちが働かされたアトサヌプリ硫黄山は、“裸の山”を意味する…!

00107
 つまり今回、裸がユニフォームだったのは冒頭で約束されていたのだ

アトサヌプリ
 アトゥサが裸である事、ヌプリが山という意味なんだそうな。まあいやらしい!
 つまり採掘シーンのように、硫黄成分によって土壌が酸化し
 エゾマツやトドマツや十四松が生育できない
 地熱が高く雪も積もらない

 また、その開発には“国事犯”、士族反乱の罪人らも投じられたそうな

頭がフットーしそうだよぉ! 昔の少女漫画みたいなこと言ってはる!?

00364
 二階堂ことcv杉田氏の怪演もとんでもねえ! とんでもねえ!!

あらすじ
 盲目の脱獄囚・都丹庵士率いる盗賊団の情報を求め、温泉宿に泊まった杉元一行
 しかし、都丹達に先制攻撃を受けて丸腰で迎撃する羽目に陥ってしまう
 しかもフリチンで!

 自身の“運命”に苦悩するインカラマッは、谷垣に救われ希望を得る

 杉元と尾形は都丹庵士を追い詰めるが
 実は都丹は土方と旧知の仲で、アシㇼパの言葉もあって和解となった

 キロランケとインカㇻマッの身辺調査に一行は写真を撮り、谷垣はM字開脚となる

 次回、ゴールデンカムイ 第22話「新月の夜に」

『“ペカンペ”か、いっぱい採ったな?』

00000
 前回、杉元達はラッコ鍋でムラムラして相撲し、インカㇻマッは真意を打ち明けた
 しかしキロランケを怪しいとする根拠は、鶴見中尉にあった為
 確認の為、やはり網走に向かうしかなく
 網走には宇佐美上等兵がいた

 ラッコはこの数年後に保護法が制定。2018年現在も守護られている

アシㇼパさん『塘路湖(とうろこ)を通った時、採っておいたっ』

00001

 親戚「ペカンペか、いっぱい採ったな?
 アシㇼパ「塘路湖(とうろこ)を通った時、採っておいた
 杉元「へぇ~、いつの間に?

  アシㇼパ「ペカンペは“水の上にあるもの”という意味で、ヒシの実の事だ

 アシㇼパ「冬の保存食にするんだ


00002

 杉元「すげートゲ…、乾かしてカチカチになったのを
 昔の忍者はまきびしに使ったんだよな

 アシㇼパ「ニンジャ…?


00004
00005
00007
 フチ(祖母)の13番目の妹の息子とかいうざっくりした説明…ッ!

マキビシランチャー
 フクロウがホウホウ鳴く中、ヒシの実の話をするアシㇼパ達
 意外に博識な杉元の言葉は本当で
 当然、鉄製や木製もある

 鉄のイメージがありますが、正直そんなモン重過ぎますしね

 金属製もありますが、金属の量産が大変だった時代では高価な上
 草鞋相手ならも木製でも充分

 忍者だって職業なんですから、コスト・パフォーマンスは大切ですよね

『この頃、コタンコロカムイが騒がしい…』

00010
 コタンコロカムイとは、シマフクロウの事。村を守るカムイ(精霊)という
 曰く、闇の奥から忍び寄る魔物を
 大声で怒鳴りつけると

 まるでサザエさんに出てくる波平さんみたいですね

『カムイに頼ってばかりもいられない…』

00013
00015
00016
00017
00018
00020
 このあたりに現れる盗賊だ。…奴らは全員目が見えない、盲目の盗賊なのだ

盲目の強盗団
 フクロウが騒々しいのは、前回ラストのような盗賊を追い払っているのだろうと。
 真っ暗闇だろうと、全員が盲目であるから関係がない
 不思議と正確に狙撃してくる!

 カムイに頼るだけじゃない、迎撃に意気込むコタン(村)の人間たち

 厄介極まる話ですが、そのリーダーの体には奇妙な刺青が。
 つまりは囚人狩りだぜ!

 そしてこの話もまた、史実に則っているんですね

白石『硫黄山で苦役させられた囚人の生き残りだ…』

00022
 白石曰く、それが都丹庵士。史実の「アトサヌプリ硫黄山」採掘ですね
 硫黄の粉とガスにより、従事した者は次々と目をやられ
 両目の失明も相次いだそうな

 更には、硫黄で頭がおかしくなっての殺傷事件も多発

 中止が決まった後、遺体を合葬すべく掘り起こしたところ、300体分も出てきたとか

白石『硫黄山に派遣された囚人は、生きて帰って来られないと言われていた…』

00024
00025
00027
 ところが最近、密かに再開され、犬童典獄が囚人を貸し出してるって噂だ…

アトサヌプリ硫黄山
 硫黄は火薬などの原料となる重要資源、しかし亜硫酸のガスが絶えず噴出する
 囚人を使った操業自体は、1884年から1896年に渡って行われており
 目をやられる者、ガスで命を落とす者が続出してしまい
 僅か半年で42人も亡くなって閉山

 おそらく、殺される前に逃げ出した奴らが都丹の手下共だろう

 逃げ出さなきゃ死ぬし、逃げてしまったら指名手配犯に。
 強盗し生計を立てていると。

 彼らは優位性を活かすべく、集団では、必ず月の出ない新月の夜を狙うという

 既に隣村も襲われ、カウントダウンに入ってるんですね

『この近くに、和人の経営する温泉旅館がある。何か、聞けるかもな』

00030
 白石は能天気に「ひとっ風呂浴びたい」と喜んでいますが
 いやいや、当時の温泉って言ったら盲目の人いるでしょう
 白石ってば緊張感が足りないわね!

 とまれアジトを見つけて、先制攻撃を食らわすのが一番だと結論

 攻撃は最大のディフェンスなんですね

杉元『アシㇼパさーん? どうかした?』

00034
00035
00036
 いや…、聞いた事のない音が森から(アシㇼパさん)

先制攻撃 
 アシㇼパさんの聞いた音は、視聴者にすれば前回ラストで聞いた音
 まさに、「奇襲の音」だったワケですが
 解るはずもなく。

 気のせいかも…

 敵は盲目集団
 日頃、一生を暗闇で生きる人たちなんですね

 それも理不尽な苦役が原因と思うと、ちょいと気の毒な話です

『…色んな人間の身体を触ってきましたが、こんなに柔らかい筋肉は初めてです』

00037
 と言うのは、“盲目の按摩”。マッサージ師さん。目が見えなくても出来る仕事。
 盲目の! だから温泉宿は危ないと思ったんですが…
 とまれ筋肉を褒められる杉元
 肉の杉元。

 筋力があり柔らかいという事は、それだけ瞬発力に優れた証拠

 普通は固くなるものですが、柔らかさも兼ね備えてるのね

按摩さん『手が沈み込む…、大きな猫…、いや虎のような。素晴らしい天賦の才だ』

00038

 色んな人間の身体を触ってきましたが…
 こんなに柔らかい筋肉は初めてです。手が沈み込む

 大きな猫…、いや虎のような、素晴らしい天賦の才だ

 それに、この体中の深い傷痕…、どうして生きていられるのか


00039

 按摩さん、知ってる?

 アイヌってのは葬式の時に故人の道具や着物に傷をつけて
 持ち主があの世で使えるように、魂を抜いてやるんだって

 俺の魂を抜きたきゃもっとデカい傷が必要なのさ

  アシㇼパさん「魂が抜けるのは、この世での役目を終えたから…」


00041
00042
00043
 個人の道具に傷を付ける、のっぺら坊がアイヌ的信仰を持つ男と判断されたエピソード

もっと傷を
 なぞらえ己の不死身さを語る杉元、ちゃんと今まで話した事を覚えていて
 また、自分なりに応用して話せるのだから大したもの
 体も頭も柔らかいのですね
 猫ちゃん!
 猫ちゃん!

 ただもっと深い傷がとは、死にたがっているようにも聞こえます

 寂しげで、このくらいの傷みじゃ自分は許されない
 もっと強い罰を受けなきゃ的な…。

 杉元の目が悲しそう

 按摩の爺ちゃんも、触覚だから傷の深さまで感じ取れるんですね…

『杉元が傷を負っても死なないのは、この世での役目がまだ残っているということだ』

00045
 もっと罰を受けなきゃという杉元、死んじゃダメなんだぞというアシㇼパさん
 私には、そう言いたげに二人が見えます
 体一つにも色々想いが重なるのね…

 まあいやらしい…。

杉元『按摩から聞いた話では、昔はこの辺にもっと温泉宿があったそうだ』

00046

 按摩から聞いた話では、昔はこの辺にもっと温泉宿があったそうだ
 閉山で激減して、廃屋になってる旅館が
 森の中に点在してるらしい

 白石「盗賊の隠れ家にはもってこいだな、夜が明けたら探しに行くか


00047
00048
00049
00050
00051
00052
00053
 このカメラ目線! 完ッ全に! グラビアじゃないですかァッ!!

この構図!
 いわゆる温泉回! ヒロインが無駄に風呂の縁に座ってたりするアレ!
 ポージング、完全にヒロインですよヒロイン!
 温泉回ですよお相撲さん!
 またか!またか!

 温泉回のお約束を男共だけでやる勇気!

 前回に続いて濃厚すぎますね
 えーとそれで何でしたっけ、そう森の中に廃屋が点在

 だから男同士の乱交セックス盗賊の隠れ家にはもってこいだと。まあいやらしい!

 閉山で炭鉱夫がいなくなり、温泉ガイも寂れてしまったんですね

アシㇼパさん『一人で大丈夫か?』

00055

 按摩さん「ありがとう。夜道はお嬢ちゃんより得意だよ
 アシㇼパ「ほんとに?

 按摩「ああ…、目が見えない分、あたしらにしか見えないものがある

  そうだ嬢ちゃん? 夜のゲタの音に気を付けなさい

 アシㇼパ「ゲタ?」


00057

 夜になると出て来る盲目の盗賊さ

  皆はゲタの音だって言うけど、あれは違う…。
  とある晩にあたしも聞いた事がある
  あれは舌の音だ

 舌を鳴らした音の反響でものを見る…

  アシㇼパさん「どんな音だ!? 舌を鳴らすってどんな風に?

 杉元「何の音だ…?


00058
00059
00064
 アシㇼパさんの「ホントに?(大丈夫か?)」が、本当に優しい

奇襲の音
 按摩さんは目が見えません、その声音に、心配されていると感じたんでしょうか
 盲目同士、てっきり繋がりがあるのだと思いましたが
 彼にヒントを教えて貰う事に

 盲目だから盲目の考え、やり口が解るんですね

 さながら、潜水艦やコウモリが音の反響で「見る」ように
 音を発して探っていたと

 無論、普通ならとても出来ない芸当。とても耳がいいのね(迫真)。

『あの音、私達はずっと…見られていた!』

00065

 白石「こいつが都丹庵士だッ!
 杉元「真っ暗で、何も見えないのにどう戦う…?!

  杉元「しかもフリチンでッ!

 都丹庵士「こっちからはまる見えだぜ


00066

 都丹庵士「さっきのは白石の声だな、鉱山業者に雇われたか?
 白石「そっちとは無関係だ!

  刺青を写させてくれたら分け前をやる!

  すぐに撃ってこねえのは、取引の余地があるって事だろ!


00067
00068
00069
00070
00073
00074
00076
00078
 なるほどトニー・アンソニーは、“脱走者への追手”だと誤解してたのか

しかもフリチンで!
 生まれたままの姿で襲撃される杉元達、さすがの尾形も股間以外に銃を持ってない!
 あるのは、ただ鍛えられた美しい肉体だけ
 まあ男くさい!

 谷垣のちんちんにぽこぽこ殴られてますが、白石も頭が回る!

 元々何も見えない盲目たちにとって
 灯りさえ潰してしまえば、一方的に「見える」状況が作り出せる

 しかし殺そうとしないのは、交渉の余地があるから

 まあ何が狙いなのかしら! いやらしい!

『ガキに当てたくないだけさ…、さっさと風呂から出さなきゃ撃ちまくるさ…』

00082
 白石の推察が図星か、それとも「子供を撃ちたくない」のは本心か
 作風的に、本当に子供を撃ちたくないのだろうと察せられ
 トニーへの印象が変わります

 子供には優しいんですね、庵士(あんじ)和尚は…

チカパシ『! …リュウの声だ!

00083

 庵士「音がごちゃごちゃで、わからんな…
 庵士「ひとまず向こうへ連れて行け

 白石「ひとまず、森へ逃げろ! …ウッ!?(木にぶつかって昏倒)

  盲目たち「捉えたッ!

 杉元「う…、おおおおおおおおおおお!


00087
00088
00090
00092
00094
00095
00096
00098
00100
00101
00102
 こんな傷じゃあ、俺は殺せねえぞおおおおおおおおおお! …うッ!?

闇に走る
 さすが盲目のガンマンは場慣れしてる! 嗅覚に優れた猟犬はまさに狩人!!
 しかし、都丹庵士とっさに上着を腕にかぶせて防いでしまう
 めっちゃ俊敏ですわ!

 恐ろしげな棒で襲い掛かる盲目たちを、一糸まとわず蹴散らす杉元…

 全裸が、棒で襲われるとか何のオマージュでしょうか
 思わず深読みしてしまいますね
 思わずッ!

 幸いケツに突っ込まれるのは避けられましたが、杉元が負傷

 際し尾形だけは抜け目なく、そして全裸でした

谷垣『銃を持ってるのは、都丹庵士だけのようだ』

00105
 おそらく同士討ちを避ける為だろう、と推察するスケベマタギ谷垣
 按摩さんのように、盲目は「棒」で周りをつっつき
 周辺を把握するのが日常です

 暗闇の中、棒で「探り当てる」盲目たち。凶悪な連携攻撃!

 現代の学校でも使われる「さすまた」で拘束するもの、攻撃する者のツーマンセル!

谷垣『同士討ちを避けるためか…』

00106

 キロランケ「灯りのある方へ逃げられないように、旅館を背にして近付いてきた
  あいつら、闇の中の戦いに慣れている

 谷垣「用心深く銃を近くに隠してたのは尾形だけだ

  また嫌味を言われる…

 アシㇼパさん「杉元…?


00107
00111
00113
 何かと尾形に厳しく当たられる谷垣、「また」とまで言う始末

灯りを目当てに
 白石は昏倒したので、結果的に安全に。谷垣はキロランケとタッグに
 他方、暗い為に灯りをつけてきてしまったアシㇼパさん
 燃える臭い、熱の放射が目立つのか
 敵に見つかってしまう事に

 杉元かと思ったら、凶悪に黒光りする棒を携えた囚人

 完全に虚を突かれ、アシㇼパさん絶対絶命…!
 かと思ったら違いました

 これは「敵」にとって、不都合な状況だったんですね

都丹庵士『松明に近づくな! 銃を持ってる奴が居るぞ!!』

00114
 尾形に狙撃され、アシㇼパさんに近付いた男はヘッドショット…! 超人すぎる
 庵士だけは、「弾を装填する音」で気付いたらしい
 尾形がガチャっといじってた音

 アシㇼパさんは助かり、返り血で松明の炎も上手い具合に消えましたが…

 目の前での死は、他メンバー以上にショックでしょうね…

都丹庵士『うおおおおおおおおお!

00115
00117
00118
00119
00120
00122
00123
00127
 何も見えない…、後4発、無駄撃ちは出来ない(尾形)

銃撃戦
 ほんの少しでも灯りがあれば、尾形が一撃必殺してくれると解りましたが
 やはり、真っ暗闇の中ではどうにもならない
 弾もない

 対し都丹庵士、カートクリップで一気に弾込めする余裕…

 玉なら、袋に二つもあるだろう…とは言いませんが
 一方的な状況ですね

 しかし尾形、動かず庵士のエコーロケーションから逃れる度胸も凄い

 待ちの戦いで、勝機を探るのは狙撃兵の見せ場ですが…?

アシㇼパさん『離…?!

00128

 アシㇼパさん「離…!?
 全裸の杉元「(アシリパさん俺だ…

 アシㇼパさん「これは血か? …杉元のか? ケガしたのか?
 全裸「平気だ…

  暗くなきゃあんな奴ら俺の相手じゃねぇんだが…
  明け方まで逃げ切ったら

  反撃開始だ


00134
00135
00137
00140
00142
00143
 血のニオイがぷんぷんする…!

猟犬迫る
 見えていないのに目が合う杉元と都丹庵士、緊張感漂うところで場面転換…!
 杉元、やはり都丹庵士の弾を食らっていたらしいものの
 アシㇼパさんの前では気丈です

 ところがトニー、嗅覚も駆使して全裸の杉元を追い詰める…!

 大丈夫、勝機はあるよと言った途端にコレ
 直接対決するのは杉元か

 全裸でだっこしてるのがシュールですが、緊迫感が続きますね

 続いてますってば!

“アシリパの父”『本当に行くのか、寂しくなるよ』

00145

 ウイルク「本当に行くのか、寂しくなるよ
 インカㇻマッ「さよならウイルク…

 ウイルク「インカㇻマッ、母の形見だ…、
 
 女性はあっという間に成長し変わってしまう…インカラマッはもっと綺麗になる
 これを着てくれたらまた会えた時にすぐ分かる


00147

 インカㇻマッ「大切なものでは?
 ウイルク「大切な友人だから

 インカㇻマッ「ありがとう…でも私がウイルクの顏を見ることは二度と無い

 インカㇻマッ「そういう運命と占いに出ています


00149
00151
00152
00153
00155
 インカㇻマッの着てる服は、ウイルクから贈られたものだったのか

囚われて包まれて
 回想として描かれた事で、前回でのインカㇻマッの話はぐっと信憑性を増す事に
 少なくとも、視聴者視点では疑いの余地がかなり減りました
 そりゃ泣いた訳ですよ

 大切な関係だったのに、娘には何一つ語ってなかったウイルク

 どころか、自分がアイヌ知識をたくさん伝えたのに
 それが奥さんの手柄になってた

 娘を混乱させまいとする父心だったのかもですが、これは切ない

 顔を見ることはない、それが“死んだ”という確信なのか

谷垣『インカㇻマッ…!』

00157
 再び現在、幸い、もっこりしたキノコが隠してくれ地上波で流せましたが
 生まれたままの姿の、スケベマタギを発見するインカㇻマッ
 動揺しないのがスゴいですね

 状況から、きっと全裸だろうと予測してたのもあるのでしょうけれども

 さすが、場数を踏んだ年上の女という感じ

インカㇻマッ『谷垣ニシパ…』

00158

 インカㇻマッ「チカパシは?
 谷垣「隠れて動かないよう言っておいた

  都丹庵士『……(ヒソヒソ声に気付き、そちらに行ってしまう)』

 キロ「こっちに来る!


00163

 ランケ「俺に考えがあるからついて来い
 谷垣「インカㇻマッ、行こう!

  キロ「昼間見つけたんだ、湖を渡って大きく回り込めば
  キロ「奴らに見つからないで旅館へ戻れるはずだ

 谷垣「早く乗れ、どうしたんだインカㇻマッ

 インカㇻマッ「すみません、私泳げなくて…、


00166
00167
00169
00173
00175
 それに、とても嫌な予感が…(インカㇻマッ)

予感
 学校なんてなかった昔のこと、当然水泳の授業もなく泳げるはずもない
 ただ彼女の場合、占いや勘といったものを大事にする事
 言い換えれば、アイヌ的に信心深い性格が
 足を竦めてしまいます

 思えば彼女は、すごく“アイヌの女”なんですね

 アシㇼパさんなら、合理性で船に乗ったでしょうが
 インカㇻマッは本気で怯えています

 単にキロランケを疑ったともとれますが、表情的には本気の怯え。

キロランケ『俺は、ガキの頃からこういう舟に乗って、夜だろうが漁へ行った』

00176

 俺は、ガキの頃からこういう舟に乗って、夜だろうが漁へ行った
 扱いには慣れてる!

 インカㇻマッに消えてほしけりゃ、ここに置いていって殺させるはずだ

 さっさと乗ってくれッ!


00177
00178
 自分を疑って言ってるのか、と考えたゼンランケは必死に説得

ナイル川のカヌーになって
 元々アムール川流域原産だというパルチザン、船の扱いも巧みなんですね
 馬も船もお手の物、更に明かされていく多芸っぷり
 カムイコタンで急流を制したテクニック!

 広い湖に逃げてしまえば、舌で作った音なんかが届くはずもない

 と、カラクリが解っている訳でも無いでしょうが
 これで危機を脱せるはず

 巧みに股間を隠しながら、宿に戻る手段を模索するキロランケ

 きっとパルチザンでも、裸に剥かれるなんて日常茶飯事だったんでしょうね

都丹庵士『もっと左だ…、もう一度投げてみろ』

00182
 ところがトニー・アンソニー、部下に石を投げさせ距離を測ります
 ポチャン、という音を頼りに位置を修正させ
 遂に船にあてさせる庵士!
 バケモンかよ!

 コアラみたいな耳あてで、集音能力を増している都丹庵士

 谷垣、真っ先にインカㇻマッを庇うのに愛しかない!

谷垣『距離を測ってるんだッ!』

00183
00185
00188
00191
00192
00194
00196
00197
00198
00200
00204
00205

 なるほど…
 あなた達、わたしを“送って”くれているのね

 これは運命

 あの人の顏を二度と見ることなく死んでいく

 やはり占いのとおりになった


00209
00213
 インカㇻマッが見た幻は、フチが我が子を亡くす直前に見たもの(19話

占い師
 古い考えのアイヌ、その代表はこれまでアシㇼパのフチ(祖母)でしたが
 インカㇻマッも、同じかそれ以上に“古い”んですね
 湖に沈んでいったインカㇻマッ

 自分の占いに運命を感じ、死を受け容れようとするインカㇻマッ

 もっとも、のっぺら坊は顔の皮を剥がされていますから
 顔を見れないとはその事なのかも

 とまれ古いアイヌの考えに殉じ、インカㇻマッは生きる気力を失ってしまいます

 アシㇼパさんと杉元と、こんなにも重なる人だったのか

しかし、インカㇻマッの幻はまだ終わっていなかった

00214
00215
00217
00219
00224
00225
00226
 白い霧を吹き飛ばし現れたのは、やはり服を着た谷垣でした

弾ける谷垣
 彼がボタンを弾けさせると、“死の運命”に思えたキムンカムイを蹴散らし
 彼の、文字通り大きな手がインカㇻマッを救い
 意識を取り戻させます
 ボタンすげえ!

 彼女は微笑んでいました。谷垣なら出来ると思ってでしょうか

 作中、谷垣を煙に巻くような言動が多いインカㇻマッですが
 彼に安心感を感じていたのか…

 思えば谷垣は、同じ夢を見たフチの不安を取り除こうと旅をしています

 その頼もしさが、インカㇻマッにこうした夢を見させたんでしょうか

インカㇻマッ『谷垣ニシパ! 撃たれてるはずです!!』

00229

 インカㇻマッ「谷垣ニシパ! 撃たれてるはずです!!
 谷垣「大丈夫、尻を貫通した
 インカㇻマッ「アハッ…♪

 谷垣「おい、笑ってるのか!

  インカㇻマッ「いえ、すごい変な夢を見たので、思い出し笑いです

 インカㇻマッ「(運命は…、変えられる!)


00232
00234
00237
00242
00245
00246
 じゃましてわるいけど にげたほうがいいぜえ(ゼンランケ)

すごい変な夢
 インカㇻマッにすれば、谷垣が代わって死ぬんじゃないかと不安だったんでしょうか
 必死の声音で、傷は大丈夫かと問いましたが
 お尻の穴が増えただけだった
 キスした!

 前回、行き場のない感情をオチウしたように見えたインカㇻマッ

 谷垣も視聴者も、キロランケとの対決に備えて谷垣を利用する為か?
 と、どうしても疑えるセックスでした
 でももう違う

 今やインカㇻマッに、谷垣のふさふさ大胸筋は安心できる場所になったんですね

 谷垣、曾孫の顔をフチに見せてやる為にもよ! 止まるんじゃねえぞ…!
 
『しまったッ!?』

00250
 続いて変わったのは形勢、野生の尾形はこっそり後をつけており
 今、谷垣たちを狙撃するのに集中してしまったトニー
 部下を殺害される事に

 やっぱり尾形は抜け目ないのが格好いい。声もかっこいい!

アシㇼパさん『夜が明ける』

00252
00253
00254
00255
00256
00257
 戻るぞ急げ、こちらが丸裸になる!

フル・フロンタル(丸裸)
 慌てた都丹庵士たち、手間取りすぎて朝が近いんですね
 急いで、アジトに戻って身を隠さなければ
 逆に圧倒的に不利

 優勢な夜、暗いうちに逃げようとする都丹庵士たち

 元々、目が見えないのは弱点でしかないですものね
 仕方ないね

 幸いリュウも殺されておらず、庵士の言ったとおり木に括りつけられてるだけ

 都丹庵士、やっぱり優しいコアラ男なのかと感じさせるワンシーン

ハァ!

00259
 形勢逆転だ! と全裸のまま飛び蹴りする杉元
 普通こういう時、即席で着るものを拵えますが
 杉元たちはためらいませんね

 まるで最初から全裸だったかのよう!

生まれたままの姿の杉元『尾形!』

00260

 尾形「都丹庵士と手下たちが入った。あれが奴らのアジトだ
 杉元「銃を取りに戻っていたら逃げられる

  このまま突入して、一気にカタをつけよう
  アシㇼパさんは外で待機しててくれ

  暗いな…、飛び込んで窓を明けるぞ

  な、なんだこれは…?


00263
00265
00267
00268
00271
00272
 窓は板が打ち付けられて…!?

迎撃は最大の逃亡
 逃げ込むも罠、廃屋は、入り込まれないよう窓が閉ざされているのもよくある事
 庵士達は、杉元達が逃がすまいとすると読んで
 迎撃を優先したのね

 さっさと窓を開け、明るくしようとした杉元達は閉じ込められる事に

 これは、あらかじめ扉の近くに誰かが潜んでなきゃ出来ませんから
 庵士たちの度胸もたいしたもの

 アシㇼパさんを突入させなかった杉元は優しいし、正しかった!

尾形『走れッ!

00276
 揃って閉じ込められるも、狙撃の尾形、前衛の杉元で相性は抜群!
 何より、警戒しながら館に入っていく場面は
 まんま「軍人」でしたね
 全裸だけど

 庵士の「音」が聞こえると共に、杉元を走らせる尾形!

都丹庵士『うッ……』

00278
 音を発し、位置を把握して狙撃するのが都丹庵士の戦法ですが
 尾形、その「音」を根元を狙ったらしく
 耳あての片方を破壊

 しかし、ガンガン残弾が減っていくのが緊迫感ありますね! 全裸で!

アシㇼパさん『杉元?』

00279
00280
00281
00283
00284
00285
00288
 手探りに入り、杉元の肛門を開門するアシㇼパさん

ゴールデンカムイ
 危うく地上波で流せない映像になるところ、白石のおかげで事なきを得ました
 前回といい、ギリギリにセクシーな絵面が続きますね
 それがセクシー!

 杉元の肛門はともかく、尾形とはぐれた上に館内はまっくら

 杉元の股間並みに真っ暗になっており
 再び形勢逆転です

 逃がすまいと深追いした杉元、逃がすまいと追い詰める盲目のガンマン

 つまり、視聴者はハサミ討ちの形になりますね

一糸まとわぬ杉元『アシリパさん? どこから入ってきた?』

00289

 杉元「アシリパさん? どこから入ってきた?
 アシㇼパ「尾形は?
 杉元「はぐれた

 アシㇼパ「下手に動けない…、どうする?

 都丹庵士『(エコーロケーション)』


00290

 何も見えない…
 ここは奴らの寝床…
 奴らからは丸見えだ!
 
  盗賊「うぐぅッ…!?


00291
00296
00297
00300
00301
00305
 形勢逆転、冒頭に出てきたペカンペだ!!

ザ・ニンジャ
 うっかりペカンペ、天然マキビシを踏んでしまった盲目は呻き声を洩らし
 全裸の杉元による白兵戦で仕留められてしまう
 さすがアシㇼパさん!

 逆に敵は、“自分の家”だから安心しきっていたんでしょうか

 これが外なら、足元を気にしながら近付いたかもですが
 自分の家だから注意を怠った

 心理的に、そんな印象を受けます

都丹庵士『うおおおおお! 

00307

 きさまら鉱山会社の連中と、網走監獄の犬童は報いを受けるべきだ!
 囚人の命と光を奪って得たものを

 すべて奪ってやる!


00310
00313
00315
00316
00318
00319
00320
 オラ咥えろよこの野郎ッ!

復讐者たち
 こんな太いの入らないよぉ! 都丹庵士は、今だ追跡されてると誤解が続いてた
 考えてみりゃ、刺青の囚人は小樽に集まるよう指示されてましたし
 白石がここに訪れるのも妙な話
 誤解もするかも

 杉元、どこだ!?

 もう永遠に目が見えない
 そう感じた絶望なんて、想像するだにゾッとするものです

 盲目のガンマンと仲間達は、復讐の機会、“軍資金”を集めてたんでしょうか

 いずれにせよ、もう行く場所もありませんし…

『アシㇼパさんはそこを動くなッ!』

00321
 対し杉元、完全に殺す気なのでアシㇼパさんを遠ざけます
 今回、真っ暗なのはある意味良かったのでしょうか
 見せずに済みますから

 都丹の義憤、しかし一切の容赦が要らないのもまた事実

 彼らは罪を犯した、殺されても仕方ないのだと。

杉元『無関係のアイヌの村も襲って回った分際でよぉ…!』

00322

 杉元「無関係のアイヌの村も襲って回った分際でよお…!
  テメェらに大義なんてねぇだろう
  盗人がッ!

 都丹庵士「そうさ…、飢えて目も見えない俺達はそう生きるしかないッ!


00324

 都丹庵士「だが! 無関係の人間は殺しちゃいねぇッ!!

  杉元「そのうち見境がなくなるさ…!

 都丹庵士「わかるのかい?

  都丹「俺にも見えるぜえ
  都丹「あんたはもう、“元の自分”に戻れねえ…!


00326
00330
00331
00332
00333
00335
 久しぶりだな、都丹庵士(土方歳三)

都丹指摘
 あまりに意外過ぎる土方到来…ッ! この予想外すぎる展開は最高だ!!
 しかし、生きる為に他人を殺しまわった都丹は許せない
 とする杉元ももっとも

 対し都丹も他に生計を立てる手段が、でなく報復の一環…?

 鹿の中で、杉元は「戦前の自分に戻りたい」と切に願うようになりましたが
 きっぱり否定されてしまいます

 目が見えないからこそ、杉元の異質さを直感したんでしょうか

 インカㇻマッが運命から解放されたのと、真逆の衝撃ですね

都丹庵士『その声!? なんであなたがこんなところに…!?』

00338

 都丹庵士「その声!? なんであなたがこんなところに…!?
 土方歳三「犬童典獄と喧嘩だ

  牛山「……ン?

 牛山「お嬢、また会ったな


00341
 チンポ先生…!(アシㇼパさん)

激変
 因果応報で都丹庵士をし止め、一件落着に終わるかと思った事件
 しかし、土方を「あなた」と呼ぶなど
 話の流れが急変

 なお土方、ここに来たのはリュウおかげだとか

 やはり二瓶の遺産は鋭い…
 オトナチンポは隠され、勃起チンポが堂々作画されてるのも面白いですね

 白石、なんでそんなイイ表情なの…!?

土方『都丹庵士がこのあたりに潜伏している情報はつかんでいた』

00344

 土方「都丹庵士がこのあたりに潜伏している情報はつかんでいた
 永倉「杉元…、都丹の処遇は我々に任せてはくれないか?

  杉元「俺の分も刺青を写させてくれるなら

  ただ…
  ここらにはアシリパさんの親戚たちがいる
  殺してひん剥いてくれると、こちらとしては安心だがね


00346

 アシㇼパ「こんな暗いところで隠れて暮らして
   悪さをするため外に出るのは夜になってから…
   これではいつまでたっても、お前の人生は闇から抜け出せない

 都丹庵士「…!

 都丹「……参ったなこりゃ…


00348
 杉元としては、アシㇼパさんを安心させたかったのでしょうか

明日子は思う
 しかし当のアシㇼパさん自身が、都丹の人生を思いやってはくれるとは。
 都丹の戦法は、彼ら盲目の長所を活かす為のもの
 必要に迫られて戦術

 でも彼女には、都丹が置かれている現状そのものに見えたと

 自分の名前を「未来」だと解釈する彼女
 復讐に囚われた都丹にも、明るい明日がくれば良いなと思ったのか

 こんな小さい子に、ざっくり言い当てられたらそりゃ「参ったね」としか…

 すぐ人が死ぬ本作、都丹さんどうなってしまうのか

宇佐美上等兵『犬童典獄は、囚人を硫黄山で働かせて資金としていたようです』

00349

 犬童典獄は、囚人を硫黄山で働かせて武器購入の資金としていたようです
 マキシム機関銃までありました

 他にも強力な武器を隠し持っている可能性は大きいです


00353

 鶴見中尉「……で、その武器を保管している場所を探る前に
  正体がバレてしまったと

  そういうわけだな? 宇佐美上等兵…?

  月島、座らせろ

 貴様を看守として潜入させる為に、どれだけ手間がかかったか分かってるのか?


00354

 宇佐美「(嗚呼~!? 近い近いッ!)
 鶴見「ここのホクロに、こうしてこうして身体を描いてェ…

  鶴見「走らせてやる~!

 二階堂「あ゛ー! 走ってるぅ~~~ッ♪
 鶴見「もう片方のホクロも、走らせてやる…ッ!

  宇佐美「(頭が沸騰しちゃう…ッ♪)」


00356

 二階堂「あ、アハハハ♪
 鯉登『(無言で嫉妬に耐えている、今にも爆発せんばかり)』

  鶴見「二人のホクロ君は一生懸命走る…ッ!
  鶴見「だが…ッ

  鶴見「ホクロ君たちの距離は、永遠に縮まることはない…

 二階堂「がわ゛い゛そ゛う゛…


00359
00361
00362
00364
00366
 違う! 可哀想なのは月島軍曹だよ!?

リベンジ・マッチ
 ええとつまり、犬童典獄が棒人間で…、じゃなくて何がなんだか解らない…
 つまり、イヌドウォ~も土方のリベンジに備え
 防衛力を強化してるんですね

 当然政府に申請できないので、鉱山の違法操業で賄ってると

 土方脱走を、彼を踏みにじる“良いチャンス”だと捉えてる感じでしょうか
 前向きにブッ殺し計画を練ってる様子

 二人のホクロ君と違い、土方と犬童は今まさに激突寸前なのだと

 月島さんてば本当にお気の毒です

永倉八『インカラマッとキロランケか』

00367

 永倉「インカラマッとキロランケか…
 杉元「すべて、鶴見中尉の仕組んだことで片づけばいいんだけどな

 土方「私も思う所があって…、実は古い知り合いをこの町に呼んでいる

  あのふたりの写真を撮って誰かに調べさせよう


00369

 キロランケ「なんだって急に写真なんか…?
 杉元「アシリパさんの写真を、フチに送ってあげようと思ってねえ…

 せっかくだから、思い出に皆で撮ろうぜ!


00370
00371
00372
00373
00374
00375
00377
00378
00379

 田本研造「土方さん…、ずっと我が家で大切にしていたものをお渡ししたくて
 土方歳三「ほお…

※田本研造
 別名を音無榕山(おとなしようざん)。
 今に残る有名な土方の写真は、彼が撮ったものだった

 函館戦争の後、北海道開拓使で、様々な撮影を行って開拓進捗を伝え
 1873年、ウィーン万国博覧会にも
 彼の写真が出品された

 1912年(大正元年)10月21日、函館で81歳の生涯を閉じる


00381

 都丹庵士「杉元というんですか…

  殺し合いの最中に、ふと懐かしさを感じた…
  あの男、網走監獄で初めて出会った頃の若い土方さんにそっくりだ…

  鬼のように凶暴だが、どこか優しくて…


00383
00384
00385
 土方は本来は戦死、本作では樺戸監獄収監だったので、かなり昔の話らしい

鬼二人
 杉元にショックを与えた都丹、内心ではここまで評価していたんですね
 キロランケ達は、鶴見が嘘の指紋照合をしたというだけなら
 二人が争う理由はなくなります。
 さて実際のところは…?

 また視聴者視点でインカㇻマッの疑いは晴れ、残るはキロランケか

 インカㇻマッを助けてはくれましたが
 彼女を見捨てれば谷垣が脱ぎ、杉元に殺されていたでしょうし。

 事態前進、遺影になりそうな写真を撮ってしまう杉元達

 キャストは写真師ですが、口ぶりと顔から実在の田本研造氏のようです

谷垣『あの~~~~…、ホントに脱ぐんですか?』

00386

 谷垣「あの~~~~…、ホントに脱ぐんですか
 田本研造「みんな脱いだよォ?

 いいよいいよォ!

 も う ち ょ っ と 足 を 開 い て み よ う か ッ!


00387
00388
 なんでスケベマタギだけこんな扱いになるんですかッ!?

信じて送り出したマタギがM字開脚写真を撮られた件
 あっ、なぁるほど、だから田本研造氏だとキャストされなかったのか…
 実在の人物、もしご子孫が見ていらしたら
 アッ、とんだ羞恥プレイですしね!
 なぁるほど!

 まるで渋谷でスカウトされ、AV出演させられる女子高生のようなオチッ!

 谷垣、今週はケツの穴が増えたり
 M字開脚させられたり!

 いやインカㇻマッと大切な絆を築きましたが、それはそれとしてこれはひどい

 ケンゾウ・タモト氏のご子孫が訴えるよ! 訴えて勝つよ!?

感想追記

 確定となったインカㇻマッの切ない真意
 盲目のガンマン・都丹庵士
 アトサヌプリ硫黄山         
 トップに戻る

本当に杉元とアシㇼパに近い関係だったインカㇻマッ。その切ない恋心は

00094
00092
 正直あまりにそのまんまだったので、「芝居なのかな…?」と3割くらい疑ってました

ウイルクとインカㇻマッ
 アシㇼパ側が聞いてなかった事もあり、嘘である可能性も十分にあると思っただけに
 今回で確定し、改めて切ない関係だと思いました
 占いも本当だったんですね

 競馬占いも八百長やってた競馬場だし、どこまで本当なのか図りかねる印象でした

 もしアシㇼパが、杉元に同じように扱われたら哀しいだろうと思うし
 インカㇻマッへの重いが深くなります

 同時に、彼女は“昔ながらのアイヌ女”側で、アシㇼパと対なんだなって。

 嘘つき大人と真っ直ぐな子供、的なポジションでもありますし。

アシリは新しい、パは年・時代、「未来」の少女であるアシㇼパ

00018
 自分は新しいアイヌの女。それがアシㇼパさん

明日と昨日
 対しインカㇻマッは、過去に想いを馳せ、運命に縛られていたんんですね
 谷垣への想いも、本当のものであるようですし
 これからは迷わず応援できますね!
 止まるんじゃねえぞ…!

 自分の役目を探す谷垣も、子供が出来ればまた変われるでしょうし

 チカパシも含めて大家族…、でも故郷に戻って欲しい気も。

頭におわん状のパーツを括りつけ、集音力を上げたガンマン・都丹庵士

00001
 カラーで見ると、意外にローテクなデザインだった

都丹庵士
 盲目のガンマン トニー・アンソニーこと都丹庵士、てっきり1話退場なのかと。
 あくまで、殺していたのは鉱山で富を得たもの限定で
 アイヌは「襲った」だけだったらしい

 彼なりの矜持はあったものの、杉元は「いずれ見境がなくなる」と指摘

 生きる為に人を襲う
 その点では、杉元も同じだったからでしょうか

 殺す殺さない、その「見境」も、いずれなくなってしまうという指摘

 杉元自身、戦時中にそうだったのかなって

杉元とアシㇼパ、都丹庵士の捉え方の違い

00344
 生きる為の行為なら、いずれは誰でも襲うようになると指摘した杉元
 対し、アシㇼパは「今の生き方」自体から足を洗って
 もっと明るい明日を目指すように指摘
 未来志向ッ!

 杉元とアシㇼパ、二人の違いが明確に出てると感じました

 杉元と都丹は同類、だけどアシㇼパは“違う”事が、幼さと共に響いたのかなって。

監獄の囚人たちが硫黄採掘の苦役をさせられた“史実”、アトサヌプリ硫黄山

00024
 地元ポータルはこちら http://www.masyuko.or.jp/pc/sightseeing/iouzan.html

アトサヌプリ硫黄山
 日露戦争が明治38年終戦なので、作中で約10年前に資源枯渇で閉山した硫黄山
 活火山で、だからこそ温泉地でもあったワケですが
 作中では既に寂れていました
 閉山しちゃあなあ…

 ただ枯渇といっても、約40年後に再開し(現在は終了)、資源はあったようです

 囚人による採掘、盲目などの犠牲者続出も史実。辛い歴史ですね…

ちなみに犯罪者といっても、「国事犯」も数多くいたそうな

00381
 やだ超絶イケメン

国事犯
 すなわち西郷隆盛による西南戦争など、士族反乱絡みの収容所
 国事犯収容施設による開発が、同山で行われていたそうな
 なので、犯罪者と一口に言い切ってしまうには
 少し性格が異なるのかもしれません

 その点は土方とも重なるもので、「おっ…」と思わされますね

 土方とトニーは、どう出会ったのでしょうか

公式ツイッターより



































































2018年12月3日 ゴールデンカムイ 第21話「奇襲の音」

00147
 冴えない彼女の育て方などの亀井幹太監督がコンテ

スタッフ
 脚本:吉永亜矢
 絵コンテ:亀井幹太
 演出:深瀬重
 作画監督:日向正樹、宮西多麻子
 アニメ制作:ジェノスタジオ
 原作:漫画/野田サトル/集英社/週刊ヤングジャンプ
 制作協力:-

あらすじ
 屈斜路湖の湖畔にあるコタンを訪れた杉元たちは、村人から盲目の盗賊団が付近一帯で暴れているとの情報を得る。白石によれば、その親分は脱獄囚の都丹庵士で間違いないという。新たな刺青人皮を手に入れるべく、情報を求めて近くの温泉宿へと足を運んだ杉元たち。だが、相手の居場所を突き止めるよりも先に、夜の暗闇に乗じて盗賊団が襲撃。露天風呂に入っていた杉元たちは動けず、武器を持った敵に囲まれてしまうッ!
 なんとか森に逃げ込み、夜が明けるのを待つ杉元たち。そんな中、湖を渡ろうとした谷垣とインカㇻマッの舟が転覆してしまう。占いによってアシㇼパの父とは再会できないと信じるインカㇻマッは、それが現実になったと受け入れるが、谷垣に救われたことで運命は変えられると認識を改める。その後、日が昇りだしたのを合図に、杉元たちは反撃を開始。盗賊団の隠れ家に突入し、杉元と都丹が激しい攻防を繰り広げる。だが、そこに現れた土方が戦いを止め、両者に協力を促すのだった。
 後日、杉元たちは土方の案内で北見の写真館へと赴く。キロランケとインカㇻマッの互いへの疑念を知った土方には、撮った写真を身辺調査に利用する狙いがあった。

次回、新月の夜に。月なき真っ暗闇に、何が起こるのか…?

00066
00069
00178
 提供のMADっぷり。インカラマッっちゃんドン引きよ!?

圧倒的サービス回
 前回で提示された疑惑が、視聴者側に限定的に明かされた格好でしょうか
 とはいえ、まだまだ丸裸とはいきませんね
 丸裸でしたが

 どうしてこんなに丸裸なのかは判断に困るところですが実に丸裸

 冒頭から最後までサービスカット満載!
 服が仕事しない!

 まさか、弾け散るボタンがインカラマッを救うとは思わなんだわ!

 次回、ゴールデンカムイ 第22話「新月の夜に」

ゴールデンカムイ 第21話 感想

 金カム 第21話「奇襲の音」
 硫黄山の盲目達
 肉の杉元
 温泉グラビア
 しかもフリチンで!
 Bパート「さよならウイルク」
 これは運命
 迎撃は最大の逃亡
 喧嘩だ
 ホクロ君たちの距離
 フォトググラフ
 Cパート「撮影会」
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ 
 これまでの感想
 トップに戻る


 ゴールデンカムイ 第1話「ウェンカムイ」
 ゴールデンカムイ 第2話「のっぺら坊」
 ゴールデンカムイ 第3話「カムイモシリ」
 ゴールデンカムイ 第4話「死神」
 ゴールデンカムイ 第5話「駆ける」
 ゴールデンカムイ 第6話「猟師の魂」
 ゴールデンカムイ 第7話「錯綜」
 ゴールデンカムイ 第8話「殺人鬼の目」
 ゴールデンカムイ 第9話「煌めく」
 ゴールデンカムイ 第10話「道連れ」
 ゴールデンカムイ 第11話「殺人ホテルだよ 全員集合!!」
 ゴールデンカムイ 第12話「誑かす狐」
 ゴールデンカムイ 第13話「江渡貝くん」
 ゴールデンカムイ 第14話「まがいもの」
 ゴールデンカムイ 第15話「昔の話をしよう」
 ゴールデンカムイ 第16話「旭川第七師団潜入大作戦!!」
 ゴールデンカムイ 第17話「腹の中」
 ゴールデンカムイ 第18話「阿仁根っ子」
 ゴールデンカムイ 第19話「カムイホプニレ」
 ゴールデンカムイ 第20話「青い眼」
 ゴールデンカムイ 第21話「奇襲の音」
 ゴールデンカムイ 第22話「新月の夜に」