公式サイト 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第9話 感想 路地裏、おしおきに、秘めたジェラシーレビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 僧侶 公式配信サイトこちら これまでの感想はこちら 前回はこちら
迷った気持ちは同じだから。慧の励ましは、若さあふれる真っ直ぐさが素敵だ!

00064
00041
00013
それが愛でしょう。としか言いようのない、不器用でもどかしい喧嘩別れ
 やりたい事、求められる事のギャップに苦しんでいると理解し
 力になろうとしてくれる慧くんが魅力的

 ただ力になりたい、下心を微塵も感じさせないのが男前だわ

クレーンゲームすげえ!
 仕事のギャップは解消され、関係のギャップはこじれるばかり
 ヤりたいこと、求められる肢体のギャップ…
 もー、羽田野さんってば!

 大人の男は素直になれず、年下の彼が一生懸命! それもギャップですね!!

終カプ 第9話 感想

 終カプ。第9話「路地裏、おしおきに、秘めたジェラシー」
 不器用な励まし
 仕事をサボったオシオキだ    
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想

前回の給湯室、実は羽田野さんめっちゃ驚いていた…?!

Ds3Er_gUcAAFRwg
 Meg先生ツイッターより。そこまで不器用なの?!

あらすじ
 今までにない慧くんを見せたい! 張り切ったみのりの案は依頼主により没に
 落ち込むみのりだが、慧に心配されて持ち直し
 気晴らしに身体を動かしに行く

 際し慧は、やりたい事と求められる事の苦悩は、自分もあると告白

 でも、大事なのは誰かを喜ばせる事だと不器用に励まされ
 みのりは仕事への意欲を取り戻す
 
 しかし顛末を聞いた羽田野に路地裏で押し倒され、関係をぎくしゃくさせてしまう

 次回、終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第10話

慧『みのりちゃん…っ』

00000
 前回、みのりは羽田野への恋心を自覚し仕事にも熱が入る
 しかし慧との打ち合わせに熱を入れすぎ
 羽田野に誤解されてしまった

 衣装の却下も決まり、みのりは逃げ出すように去ってしまう

みのり『慧くん…、…落ち込んでても仕方ないか!』

00002
00003
 前回、喧嘩別れを目撃した慧君、しかし下心は微塵も感じさせない…!

せやな!
 すぐ立ち直ったみのりさん、いい大人として、泣き顔は見せてられませんよね!
 ある意味、年下の彼が来てくれたからこそ
 立ち直れたのかもしれません

 二人は気晴らしに、ラウンドワンのようなボウリング場へ

 もー、みのりさんってば昼間っから!

みのり『えー!? 今度こそは取れたと思ったのにー!』

00004
00005
00007
00009
00010
00012
00013
00014
 ざっと4個一度に釣り上げてしまった慧くんすげえ!

かわいい!
 可愛いのはお前だよ案件するみのりさん、年下彼氏と気晴らしに!
 クレーンゲームでも、惜しげもなく胸元を見せつける!
 サービスカットが巧みですね!

 慧くん男の見せ場でしたが、この子どんだけ豪運の持ち主なんだよっていう

 普通にデート
 日頃、押し倒されてばかりなので新鮮ですね

 当人はデートって、つもりなさそうですけど

『ねえ、あれモデルの慧に似てない?』

00017
 しかし、女性客の視線を慧君が集めてしまって移動する事に
 この子、高身長だし目立ちますよね…
 なのに恥ずかしがり屋という。
 不憫。

 待ち合わせする時とかすごく目立ちそうです

みのり『ごめんね? 今日はつき合わせちゃって…』

00018
00019
00024
00025
00026
00027
00028
00029
 俺も楽しかった…、ただ、俺のデザインの為に…、ごめん

折り合い
 慧君が話してくれたのは、自分も似た経験があるという経験談でした
 モデルを始めた頃、彼も自分なりにやりたい事があり
 売り出しに躍起な周囲に困ってた

 何故、自分のやりたい事が出来ないんだろうって

 彼は引っ込み思案だから、悩み出したら余計に大変そう。
 やりたい事と、求められる事が違う。

 でも彼なりに、折り合いをつける事が出来たんですね

慧『えと…、なんて言えばいいか分からないけど…』

00030

 慧「誰かが喜んでくれる事が、一番だな…、って
 慧「……
 みのり「慧くん…

  誰かが、喜んでくれる事…


00032
00033
00034
00041
00042
 羽田野さん、すみませんでした! 私、デザインする事に夢中になって…

初心忘れるべからず
 慧くんの言葉に共感したみのりは、困っていたマネージャーさんにも謝ります
 笑顔で許してくれるマネージャーさんもいいヒトです
 で

 たくさんの人を喜ばせたい気持ち、忘れてました…

 独りよがりなのはいけない
 独りよがり、独りで気持ちよくなりたいだけじゃオナニーですものね

 オナニーですものね!

 慧くんもモデルとしては駆け出しだから、余計に共感してくれたのかもしれません

羽田野『…自分のしたい事を否定されて、意地になる気持ちは解る』

00043
 みのりは反省しましたが、怒ったこと自体も自然な反応だと。
 解っていても、上司としては言わざるを得ないし
 羽田野さんも大変ですね

 前回だって、ダメ出しするのすごく申し訳なさそうでしたし。

みのり『慧くんに、大事なことが何かを教わったんです』

00046
00047
00049
00050
 慧くんがいたから…? 俺じゃ…、何も…!

矛先
 羽田野さんに去来したのは間違いなく嫉妬、と共に無力感だったのか
 他の男が、と言われて良い気になれるわけもなく
 わけもなく嫉妬ックスしたくなるのです…

 慧くんやみのりでなく、自分を責めたように見えます

 元々、仕事が厳しすぎてみのりと大喧嘩してたくらいですし
 チャラそうで真面目なんですよね

 実際すぐ手を出すけど、真面目な人なんですよね手を出すけど。

羽田野『…今日は仕事をサボったオシオキだ』

00051

 みのり「羽田野さん!?
 みのり「やめ…

  みのり「(いきなり、なんでこんな…!?

 みのり「(どうして…?! だ、ダメ! …あんなに優しくしてくれたのに…

 みのり「(こんなの、イヤ…!


00052
00054
00056
00058
00064
00069
00072
00074
00075
00077
00078
00079
00080
00081
 いや!/…悪かった

それが愛でしょう
 自分の気持ちが解らない羽田野と、羽田野の気持ちが解らないみのり
 花火の時、優しい彼が好きだと思った直後だけに
 乱暴にされ困惑してしまう
 おまわりさん!
 
 どうかしてるな、俺は。なんでこんな気持ちになる…!

 羽田野氏の中で、際限なくイチャつく妄想が広がっていく…
 慧くん、手すら殆ど触れていないのに。

 みのりが慧に甘えた妄想が過ぎって暴走してしまう羽田野氏

 路地裏で強引に、今回かなり犯罪っぽかった…!

公式ツイッターより
















2018年12月1日 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第9話「路地裏、おしおきに、秘めたジェラシー」

00024
 今週は海外の下請けアニメスタジオが制作

スタッフ
 羽田野秋彦:八代拓
 相澤みのり:五十嵐裕美
 菅原慧:廣瀬大介
 原作:Meg
 監督:荒木英樹
 脚本:翌有蔵
 キャラクターデザイン:あおばみずき

あらすじ
 羽田野と衣装について衝突し、スタジオを飛び出して落ち込んでいたみのりに、声をかけたのは慧だった。
 デザインに却下を出された事を引きずるみのりだったが、不器用ながらも自分の想いを語る慧の言葉にやる気を取り戻す。
 スタジオに戻り、素直に羽田野に謝るみのり。しかし、慧から教わった仕事への心構えを打ち明けるみのりに、羽田野は複雑な表情。
 すると「今日仕事をさぼったお仕置きだ…」と路地裏に連れ込み、強引なキスをする羽田野。
 どこか秘めた感情を押し殺すように、そのまま激しく求められてしまう…。

羽田野さんが好き、みのりに育った気持ちは引き裂かれて…?

DlQLwLeU0AMF4lI
 公式サイトでは、18禁シーンを含む「完全版」が有料配信。通常版無料配信中

愕然羽田野氏
 EDテーマそのままに、もどかしくて素直になれない羽田野氏の回
 みのりさん、悩んだ時は身体を動かしてリフレッシュし
 悩みを聞いてもらうのが一番ですね!

 まだ幼さの残る慧くんの素直さと、素直になれない羽田野氏が対に

 こうなったら羽田野氏も、ひとまず身体を動かさなきゃ!
 下半身を中心に動かさなきゃ!

 次回、終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第10話

終カプ 第9話 感想

 終カプ。第9話「路地裏、おしおきに、秘めたジェラシー」
 不器用な励まし
 仕事をサボったオシオキだ    
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る


 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第1話「カプセルホテルで、感じる、上司の体温。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第2話「微熱、伝わる、試着室。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第3話「濡れた肌、温め合う、後部座席。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第4話「湯舟の中、密着して、火照る体。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第5話「残業中、デスクの下で、秘密のキス。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第6話「発熱、染み込む、素肌の看病。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第7話「作業台の上、弾み、はだける浴衣。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第8話「勤務時間、吐息こぼれる、給湯室。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第9話「路地裏、おしおきに、秘めたジェラシー。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第10話