公式 妖怪の飼育員さん 6巻 感想 レビュー 考察 画像 キャプチャ 内容 ネタバレあり 藤栄道彦 これまでの感想はこちら 前巻はこちら
鳥月さん帰省、つぶらちゃん登場。 またも大型妖怪で次巻に続く!

00043
00018
00027
異形ヒロインも色々。単眼って怪物的で、正直ちょっと苦手でした
 が、今巻のつぶらちゃんが妙に可愛くて良い!
 肉妖怪でボディビルダー回!?
 発想、時事ネタが面白い

 死してなお“母親”な子育て幽霊、社会問題の取り合わせが切ない…

再び新年
 本作、幽霊か妖怪か“人間らしさ”が分ける、と解説した矢先なのがなお切ない
 また日常語、「どうもこうもならない(何も出来ない)」の語源って
 名医「どうも」「こうも」の争いなんだとか
 そうなの!?

 思わぬところで現代に息衝いてるんですね。伝承程度らしいですが

妖怪の飼育員さん 6巻 感想

 第62話「岩魚坊主」
 第63話「子育て幽霊」
 第64話「舞首」
 第65話「どうもこうも」
 第66話「垢嘗」
 第67話「片輪車」
 第68話「単眼族」
 第69話「ぬっへっほふ」
 第70話「海座頭」
 第71話「お菊」
 第72話「蛟龍」
 あとがき
 最後のレストラン 感想
 これまでの感想

ただ「どうもこうも」が描かれた絵巻物には、どんな妖怪か書かれてないそうな

00019
 別途、どうもこうもの語源とされる民間伝承があり、両者結びついた格好なのね

あらすじ
 酷暑の中で岩魚坊主に説教され、子育て幽霊に意外な結末を見て
 舞首は芸を鍛え、どうもこうもは一人でセカンドオピニオン
 垢嘗は住みかを、片輪車は交通マナーを得て
 現代社会に適応してゆく

 単眼族のつぶらは視力が下がり、秋はぬっへっほふがよく肥えた

 さかなクン海座頭は身投げと接し
 正月を迎えた妖怪園は、お菊さん対抗戦が勃発する

 そんな中、鳥月は鳥取に帰省するが、飛行機でスタンド攻撃事故に遭う

 蛟龍に襲われるも、餓者髑髏がレッツ・コンバイン!して…?

第62話。岩魚坊主、それは釣り人を戒める妖怪であった

00008
00009
00010
00011
 ここぞと、サービスカットする平木お嬢さん!

第62話「岩魚坊主」
 池の水、全部抜く! しかし本来、釣り人を戒める妖怪がけしかけます
 何故かというと、妖怪自身、外来種に住む場が奪われてるのね!
 もう戒めてる場合じゃねえ!

 しかし当の岩魚坊主(岩魚)自身、釣り人が放流した魚だった…

 これだから釣り人ってのは!
 またどうも、外来種のブルーギルらも“岩魚坊主”化

 外来種も命だ、こんなことはやめろ! と説法してくる始末

 時代が下ると、バリエーションが増えるものかしら

第63話。現代版“子育て幽霊”。毎晩、弁当を買いに来る理由は…

00012
00013
00014
 虐待された子供を見かね、助ける為だった、と…。

第63話「子育て幽霊」
 生きてる人間より、彼女の方が人間らしかったという
 食べてる少女に、嬉しそうに笑ってるのがね…
 そういう幽霊だものね…

 本来は、死んだ女性が出産、生まれた子を幽霊ながら育てるもの

 死んでなお、我が子を思った者もあれば
 生きているのに…ってね

 ひどくゾッとするキャラデザでしたが、切ない話でした

 おえん話よのう、もう。

第64話。舞首! ああ、あのケンカで互いに首を落としたって!!

00015
00016
00017
 体がないと、コントも難しいんだなぁ…。

第64話「舞首」
 現代版・舞首は、サービス精神満点! 園で連日コントをしてます
 しかし、どうも客の反応がイマイチだってんで新芸開発へ!
 よっ、芸人だねえ!

 ってお前ら、元お侍だよね?! えらくファンキーだなオイ!

 ただ、元が元なので「内心オレが一番」と思って大喧嘩!
 芸の道も大変ですね

 時事ネタはTOKIO、20年やってて一人抜けたって話ですね

 そういう言い方は、ちょっぴり寂しいなぁ…

第65話。えっ…、「どうもこうも」って、語源あったの…!?

00018
00019
00020
 いや、それより今田さんが気になるオチなんだけど!?

第65話「どうもこうも」
 昔々、「どうも」「こうも」の二人の名医がいて、どっちが上か争った
 互いに身体を切断、手術し繋ぐ、という名勝負を繰り広げ
 最後は、互いに首を落としてしまい
 両方亡くなったと

 そこから何も出来ない、どうもこうもならない…の語源に

 作中は、「俺は元からこうだ」と言ってますが
 壮絶な逸話ですねえ

 一人でセカンドオピニオン、終始、医療方針で争い続ける名医!

 アンタら、身体もう一コ作れないの!?

第66話。現代では、めっちゃ生き難い妖怪もいるのです

00021
00022
00023
 妖怪「あかなめ」、入浴剤使うようになったのも「エサ」に悪いとか

第66話「垢嘗」
 現代はボディソープを多用するので、浴槽に残ってしまうらしい
 食べたら体に悪く、あかなめに厳しい時代なんだと。
 衛生観念の進歩のせい!

 で、解決策は介護用の移動バスタブ!

 これなら、一度にたくさんの人が使うから助かるのね!
 なんだ現代はあかなめの味方だった!

 と思いきや、「あかすり」に住みつくオチ

 いや…、楽園だけど釈然としない。風呂じゃなくていいの!?

第67話。妖怪だって、道路法規が求められる時代です

00024
00025
 フルアーマー片輪車、誕生であった!

第67話「片輪車」
 妖怪がごく当たり前に存在するなら、交通法規も必要な訳で
 しかし、ヘルメットやら被った妖怪ってシュールね!
 そも片輪しかないのに!
  
 覚えるにもメートル法から通じず、四苦八苦するのがシュール

 今回、「優しさを尊ぶ妖怪」だったのもデカいですが
 ジェットババアに速度守れとか…

 キャラデザとポーズは元絵準拠ですが、いけないお店っぽい

 オチも「元ネタ」準拠だった!
 
第68話。モンスター娘系でもお約束、“一つ目さん”のお話

00026
00027
00028
00029
 しれっと別連載、「最後のレストラン」を背景に入れておる!

第68話「単眼族」
 いわゆる一つ目小僧、でも成人男性や女の子で「小僧」もないしね!
 海外だと、サイクロプスみたいな怪物も居ますから
 総称的な名前でしょうか

 一つ目一家の一人娘が、目を悪くしてさあ大変! ってな事件

 落語的な語呂の良さがある…
 確かにこの顔だと、眼鏡をあつらえるのは大変ですわ

 結局コンタクトしますが、凝視するシーンがちょっぴり可愛い

 一つ目ヒロイン…、これもまた良いものだ…

第69話、ぬっへっほふは“肉の塊”の妖怪。肉! 肉といえば!!

00030
00031
 これボディービルダーじゃねえか!?

第69話「ぬっへっほふ」
 古くは、江戸幕府開祖・家康の城にも現れ、手こずらせたという妖怪
 追い出させたものの、食べたら薬になる「封」だったと言われ
 たいそう悔しがられたそうな

 作中で“死んだら消える、食用は無理”って言ったのそれでかしら?

 本作では、よく太ってる=肥育農家に縁起物扱い
 盛り上がりすぎぃ!

 太らせるのはお手の物、ボディビルダーもどきに発展するのが面白かった!

 つぶらちゃん可愛い! ミラーニューロン!

第70話。人間、死んだほうがマシだ、って思えることあるよね

00032
00033
 ところがぎっちょん! 死後のがブラック稼業だった!?

第70話「海座頭」
 海で身を投げた所、船幽霊の研修をやらされる事に。
 だよね、死んだら船幽霊にされちゃうよね…
 あのブラック稼業の!

 死ねば楽。でも“死後”って、ホントに楽なのかな?って話ね…

 何せ、死後の世界はだあれも知らないのだから
 確かにそうやもしれません

 海座頭だけに、座頭市とかいう洒落。勝新さんやんけ!

 そういや最近、中村玉緒さん見ませんね…

第71話。年明け! “番町皿屋敷”は、全国に類話が見られるという

00034
00035
00036
00037
 いや、だからって全国から48人集める?!

第71話「お菊」
 帯にもなったエピソードは、“お菊さん”同士の仁義なき争い!
 何せ、誰でも知っている有名な怪談だけに
 俺が一番だと熾烈な争いに

 ちょっと! 美味しんぼ・ラーメン三銃士ネタを堂々入れないで?!

 枕元に立つ=枕営業とかいう風評被害
 確かに枕だけども!

 こち亀並みのエスカレートでしたが、税金対策オチ

 金を稼げば、税務署が敵になるものなのねえ

第72話。鳥月日和、帰省する。ところが飛行機に乗ったところ…

00038
00039
00040
 ガシャドクロがコンバトラーVなんだね兄貴ッ!

第72話「蛟龍」
 実は鳥取出身だった鳥月日和さん。帰省中に妖怪と遭遇へ
 ジョジョじゃあるまいし、移動中に襲われるなんて!
 出現した妖怪は「蛟龍」
 温度がポイントか!

 本作では龍の幼生とされ、顔だけ赤子なのがなんともブキミ

 時を止める、謎のスタンド能力を持っており
 まさかの前後編エンド!

 また、「一番速い妖怪は何?」と前振りが…?

 てか! 完全にザ・グレイトフル・デッドだって「能力」で理解できたッ!!

収録

00041
 次回予告が完全にロボット作品ノリ! しかも全3話ですってよ!!

 バンチコミックス「妖怪の飼育員さん 6巻」。藤栄道彦。
 Webくらげバンチ連載、新潮社発行。
 2018年月(前巻2018年11月)

妖怪の飼育員さん 6巻 感想
 第62話「岩魚坊主」
 第63話「子育て幽霊」
 第64話「舞首」
 第65話「どうもこうも」
 第66話「垢嘗」
 第67話「片輪車」
 第68話「単眼族」
 第69話「ぬっへっほふ」
 第70話「海座頭」
 第71話「お菊」
 第72話「蛟龍」
 あとがき
 最後のレストラン 感想
 これまでの感想
 トップに戻る


 最後のレストラン 1-3巻
 最後のレストラン 4巻
 最後のレストラン 5巻
 最後のレストラン 6巻
 最後のレストラン 7巻
 最後のレストラン 8巻
 最後のレストラン 9巻“モーツァルト様”
 最後のレストラン 10巻“気付きの始まり”
 最後のレストラン 11巻“彼女の答え”新装開店!
 最後のレストラン 12巻“一瀬親子”西郷どんと光秀さん


 流れ飯 全1巻 “漫画家飯”エッセイ ハズレだと一発でわかる料理屋って…。
 妖怪の飼育員さん 1巻
 妖怪の飼育員さん 2巻“キュウキュウ特選隊”
 妖怪の飼育員さん 3巻“大物外妖”襲来! 妖怪園総力戦!?
 妖怪の飼育員さん 4巻“妖怪が死ぬ時”
 妖怪の飼育員さん 5巻“妖と魔の違い”
 妖怪の飼育員さん 6巻“新年と龍”一つ目ヒロイン!