公式サイト 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第6話 感想 発熱、染み込む、素肌の看病。レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 僧侶 公式配信サイトこちら 1時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
風邪、うつしていいから」。倒れた羽田野が、起き抜けに見たものは

00118
00033
00117
羽田野さんが好きって言った! 身体から始まった関係が、一つに結ばれる前半の山場!
 彼には、日頃から淫行的反抗的で気の強い部下だったみのりの女らしさ
 ギャップは最大の武器だからね!
 ようし責任とれよ!
 歯磨けよ!

 でも熱に浮かされたせいだ、とか認めないパターンでしょうか…?

まだだ! まだこれからよ!!
 どっちも大概素直じゃないから、ファッションショー服作りで結ばれていく感じでしょうか
 反面、顔のドアップがやたら多かった気がしますね!
 もう6話だから仕方ないね!
 静止画!

 風邪で火照った身体、ひんやりした身体、それはもう具合が良さそうだ…
 
終カプ 第6話 感想

 終カプ。第6話「発熱、染み込む、素肌の看病。」
 ナオール
 なんて顔してんだよ
 もう…、こんなに  
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想

襲って欲しいって顔してる」とか、イケメンに許されし台詞よねえ…

00062
 ただしちゃんと仲の良いイケメンに限る。

あらすじ
 慧に庇われ、彼が気になってしまうみのり。しかし社に戻ると羽田野が倒れた
 熱を押して仕事し、倒れた羽田野が自室で目を覚ますと
 みのりが看病疲れて眠っていた

 みのりは羽田野の優しい言葉に動転するが、彼も彼女の女らしさにときめく

 キスしてしまう羽田野、蕩けてしまうみのり
 彼は更に情熱的になる

 二人は激しく身体を重ね、羽田野はつい“好きだ”と洩らしてしまった

 次回、終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第7話

前回、車に轢かれかけてしまったみのりは

00000
 前回、相澤みのりは、羽田野秋彦と夜のオフィスで残業
 翌日、みのりは新人モデル・菅原慧と外回り中
 道に飛び出してしまう

 やはり菅原さんが庇ってくれた。鉄壁のパンツガードが好ましい

菅原慧『だ、大丈夫?!

00002
00005
00006
 よ、良かった…/あ、ありがとうございます…

僧侶枠は3人が基本
 互いにどもりながら言葉をかわす慧とみのり、これだけなら良い関係なんですが…
 慧さんの出番は、意外や今回はこれっきりで終了。
 本当、メインは羽田野氏なんですね

 僧侶枠アニメのサブ男性、公式サイトの扱いに比して出番が少ない気がします

 何せEDも考えると1話3分だから仕方ないところか

みのり『はぁ…』

00013
 会社に戻り、みのりは、慧に掴まれた左肩を気にしていた模様
 高身長イケメンだし、そのくせ小動物っぽいし
 やっぱり気になりますよね

 年下だし素直そうだし、良い子に見えますホント。

みのり『? 羽田野さん? …なんだか顔色が…』

00015
00016
00017
00019
00021
00025
00026
 あっ…、羽田野さん!?

上司、倒れる
 会社入り口で公開セック○なんて! でなく、風邪で倒れてしまった羽田野氏
 際し、きっちりおっぱいを枕にしてくる羽田野氏
 さすがですね上司!

 良い意味に捉えれば、みのりの声で気が抜けたんでしょうか

 フラつく時、作画が少しシュール。
 実際はフラフラ動いてますから、気になる訳じゃないですので!

 先日、濡れた体でカーセック○したからか…

羽田野『……?』

00028
00029
00031
00033
 なんで相澤がここに!? …看病してくれたのか…、……みのり

ナオール(薬)
 あらすじによれば羽田野の自室で、みのりも看病疲れで寝てしまったという
 そこで、彼のベッドにもぐりこんでしまうとか
 みのりさんってば完全に…

 羽田野氏も、眠ってるとみるや、「みのり…」とか言っちゃうし!

 両思いで、本当に結構毛だらけ猫灰だらけですねえ

『!? すいません、私、寝ちゃってて!?』

00036
 遠景では、改めて、男の独り暮らしというよりラブホテルのような部屋
 羽田野氏、あまり物持ちのイメージがないので
 彼の部屋らしいと思います

 暇を見つけては、仕事やってそうなイメージ

羽田野『お前も疲れているんじゃないか?』

00038
00040
00042
00045
00046
 あんまり無理すんな、たまには甘えていいんだから…

あっ…
 てっきり押し倒すと思いきや、抱きしめて「甘えていい」とかもう…。
 僧侶枠らしい、イケメンだけに許された所作よ…
 本日の上司は優しい…

 しかしみのりさん、しおらしくなった為、羽田野氏が定例反応に

 自分で甘えろと言っておいて、甘えてきたらコレとか!

羽田野『お前って…、こんなに女っぽかったっけ…』

00049

 お前って…、こんなに女っぽかったっけ…
 ……
 …

 なんて顔してんだよ

 襲って欲しいって顔してる


00052
00054
00058
00060
00061
00062
 一番下、キス直後の顔が「襲って欲しいって顔」でございます

変わる関係
 日頃生意気な部下が、自分も疲れているくせに、頑張って自分を支えてくれた
 それだけで、もう、ときめいてしまっている羽田野氏ですが
 頑張らなくて良いと声をかけたところ
 彼女は女らしい表情に

 押し倒してキスして、ますます燃え上がってしまう羽田野氏

 当初は、無防備さに誘われてる気になった羽田野氏ですが
 最近、みのりは“気持ち良い”と感じてます

 素直に快感に震える小柄な体に、羽田野氏、地上派では流せない行為へ

 配信版でもこの通り、18禁版は有料で見てね!

羽田野『もう…、こんなに』

00064

 羽田野さんの舌が、いつもより熱くて…!
 ……!
 …!

 あ、そんな、ダメ…!

  羽田野「いいか…?」

 みのり「羽田野さん…、私に、熱、移して、大丈夫ですから…」

  羽田野「バカ言うなよ…
  羽田野「相澤の肌、冷たくて、気持ちいい…


00065
00069
00072
00075
00077
00078
00081
00083
00088
00091
00093
00097
00098
00100
00103
00104
00106
00109
00110
00117
00118
00121
00124
 好きだ…、イッた直後、羽田野は本音も洩らしてしまった

素肌の看病 
 サブタイは添い寝した事でなく、火照った体温を伝え合う行為の事か
 風邪を、そのまま自分に移して欲しいというみのり
 羽田野さんも愛しさ爆発し…?

 いよいよみのりの方も受け入れてきていて、恋人関係同然に

 風邪で帯びた熱が、ますますプレイに拍車をかけるとか…
 ただ作画的には静止画が多め

 地上波版だと生々しいから自粛したのか、作画体力が厳しいのか

 衣擦れだけが激しくなっていくのは、若干シュール。

感想追記。前回、“実はこんな事もありました”

DrKxp8KVAAU2IJ3
 作者、Meg先生ツイッターによるイラスト

約3時間こんなノリ
 前回、上司にオフィスラブされた翌日、こんなキラキラしてたとか罪深い(公式)。
 でも実際、身長高くて何着せて似合う上に
 次々着てくれるイケメンとか!

 しかも慧君も、こんなで実は楽しいとかなにこの二人かわいい。

 けいくんおつかれ(公式)

公式ツイッターより





















2018年11月12日 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第6話「発熱、染み込む、素肌の看病。」

00078
 布団をかぶって体温を高め、責める上司。作画に気合あるわね!

スタッフ
 羽田野秋彦:八代拓
 相澤みのり:五十嵐裕美
 菅原慧:廣瀬大介
 原作:Meg
 監督:荒木英樹
 脚本:翌有蔵
 キャラクターデザイン:あおばみずき

あらすじ
 一日、慧と衣装を見て回ったみのり。ところがオフィスに戻ると熱を押して仕事をしていた羽田野が倒れてしまう。
 羽田野が目を覚ますと、マンションの自室で傍らには看病を終えて疲れて眠るみのりの姿。
 みのりが目を覚ますと、自分の事で負担をかけてしまったと気遣う羽田野の思いがけない優しさに、気が緩みそのまま身体を預けてしまうみのり。
 キスで潤んだ表情を見て「襲って欲しいって顔してる」と羽田野は、火照った体温を伝えるように、布団の中身体を重ね始める…。

「好きだ」。羽田野は自分の言葉を認められるのか? みのりは…?

DlQLwLeU0AMF4lI
 公式サイトでは、18禁シーンを含む「完全版」が有料配信。通常版無料配信中

折り返し地点
 六話目に相応しく、互いの関係に一つの区切りがつく回でしたね!
 しかし、風邪という異常な状態での告白だったからどうなるのか
 むしろここでくっついたらどうなるのか?

 前期が10話で早めに終了し、今期12話やるか怪しいのも気になりますね!

 次回、終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第7話

終カプ 第6話 感想

 終カプ。第6話「発熱、染み込む、素肌の看病。」
 ナオール
 なんて顔してんだよ
 もう…、こんなに  
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る


 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第1話「カプセルホテルで、感じる、上司の体温。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第2話「微熱、伝わる、試着室。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第3話「濡れた肌、温め合う、後部座席。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第4話「湯舟の中、密着して、火照る体。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第5話「残業中、デスクの下で、秘密のキス。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第6話「発熱、染み込む、素肌の看病。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第7話