公式サイト ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第6話 感想 ムーディー・ブルースの逆襲 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読 19時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
拉致スタンドの大胆トリック! 信頼を必要とするスタンド、過去先行&オリジナル!?

00128
00431
00497
アバッキオにとって、大切な言葉“結果”と…を描くオリジナル、振り向くのがまた渋い
 過去の再生を司るムーディー・ブルースに、過去に囚われた心を感じますし
 支援主体、仲間が必須、信頼あってこそ活きるスタンドなのも
 彼の心根を感じる気がします

 夢を口にし、信頼したジョルノ。夢破れたアバッキオ意地を見せるのが熱い!

蝿、空気を読みすぎィ!
 かつてない蝿の煽り! 殺す殺すゥ、とカサにかかるズッケェロがいいチンピラっぷり!
 対し、冷静さを失ったフリをして船底に穴を開けていたブチャラティ
 締めといい、格の違いを見せるのがイイね!
 印象に残るキメ台詞!

 ジョルノをクレイジーと言ったアバッキオ自身、同じように信頼し、託すのも素敵だ!

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第6話 感想

 ジョジョ 5部 第6話「ムーディー・ブルースの逆襲」
 元警官レオーネ・アバッキオ
 スタンド「ムーディー・ブルース」
 謎の攻撃の正体   
 Bパート「ズッケェロ:ソフト・マシーン」
 敵の謎はもう一つある
 蝿vsブチャラティ
 船は『2隻』あったッ!   
 Cパート「アバッキオ勧誘」
 感想追記
 公式ツイッターより    
 制作スタッフ
 ジョジョ 3部 感想
 ジョジョ 4部 感想
 ジョジョ 5部 これまでの感想

船は「2隻」あったッ! 大胆不敵なズッケェロのトリック

00440
 ブチャラティ達は左端の1番船を借り、その後、ズッケェロが上から2番船を被せたらしい

コーティング
 出港準備のゴタゴタに紛れてやったらしく、前回でも、船番号など伏線が描かれていた
 アバッキオが倒された直後、ブチャラティは探すフリして甲板をジッパーで切開
 中にある、「一番船の船底」を殴って破壊しつつ
 錯乱したフリをしたらしい

 船が沈み始めた為、ズッケェロは、表面に被せていた2番船を復活させ脱出に

 二番船の船底は無事だったので、上面だけ被せていたのかも

ズッケェロは、前回「カネがある」と帽子男に聞かされた、組織の下っ端

00453
 自分勝手で、思い立ったがすぐ行動の男! 彼の運命は…。

あらすじ
 ボスを倒す為、幹部になる。その資金とすべく、ポルポの遺産を狙ったブチャラティ達
 しかし、ズッケェロのスタンド“ソフト・マシーン”の妨害に遭い
 ジョルノも囮となって戦闘不能とされてしまう

 アバッキオはムーディー・ブルース”で謎を解くが、伝える前に戦闘不能に

 勝ち誇るズッケェロだが、ブチャラティは残されたヒントから答えに至っており
 彼を返り討ちにし、戦闘不能に追い込む

 目を覚ましたアバッキオは、ブチャラティに勧誘された日をぼんやり思い出すのだった

 次回、ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第7話「セックス・ピストルズ登場 その1」

レオーネ・アバッキオは、高校を卒業すると警官になった

00000
 前回ジョルノは、己を信用しないアバッキオに、自説の証明を図った
 身を投げ、敵スタンドの位置を暴いて見せたジョルノを
 アバッキオはクレイジーだと呆れ
 今度こそ立ち上がった

 敵の位置を探れる、彼のスタンドとは…?

それは純粋に、正義感からの動機であった

00001

 警官は命をかけて人々を守る
 しかし同時に、その命をかけて奉仕しているはずの大衆が
 自分達警官の目を誤魔化して

 盗みをやったり、車の人身事故で逃げたり、パトカーの窓を石で割ったりする

 彼らは恩知らずで
 要求がましく「警官は何をやっている」と、無責任に批判し、悪口を叩く



00003

 警官たちが、クソにも劣る悪党を命がけで捕まえても
 大衆の為の法律は、カネさえ積めば
 そいつらを寛大に保釈してしまう

 やがてアバッキオは、この矛盾に学び始めた



00004


 俺がこいつらを逮捕したとしても、保釈金を払って出てくるだけだ…

 カネを払うのが俺へか
 裁判所と、弁護士へかの違いだけだ…


00005
00010
00011
00012
00013
00014
00017
 今期第1話、ジョルノ幼少期と描かれてきた、“腐敗した警官”たち

元警官アバッキオ
 アバッキオもその一員だった。でも最初からだったんじゃあないんです
 若者らしい希望を持ち、人間として扱われずに傷付き
 現状を受け入れ“夢”を失ったと

 強盗被害にあった老夫妻も、ぶつけどころが欲しかったんでしょう

 でも状況的に守れず、それで責められたら苦しむんですよね
 警官だって人間なんですから

 そして岐路になったのが、売春婦の事件でした

『熱心なヒトだ…、旦那ァ、アンタは熱心な警官ですよ…』

00018
 これまで作中、賄賂を受け取る警官は幾人もいましたが
 必死こいても犯罪を摘発しても、「どうせ無駄だ」と
 少なくともアバッキオはそう思った

 無駄なことは嫌いなんです、無駄無駄…、と

 ところが、売春婦を見逃してしまったのが、一生の禍根に繋がることに

ある夜、強盗が商店を襲っていると通報があった…

00024
00025
00032
00035
00037
00047
00050
 俺を逮捕したら、アンタが賄賂を受け取っている事もバレちまうんだぜ~?

因果
 強盗殺人を犯した男は、先日、アバッキオに賄賂を渡した男だった
 アバッキオは善人でした、しかしちょっとした出来心をし
 最悪のタイミングで返ってきた

 特にジョジョでままある事ですが、因果応報とはこういうもの

 小さな一つを見逃したら
 次は、彼の将来に関わる大事になってしまった

 躊躇うアバッキオですが、男にすれば、一人殺すも二人殺すも…、

『アバッキオ! そいつ、銃を持っているぞ!!』

00053
 男はアバッキオを撃って逃げようとし、気付いた同僚が庇って死んだ
 賄賂を受け取り、強盗殺人をも見逃す“羽目”になり
 結果、同僚が死んでしまった

 強盗の方は、「痛いよ死んじまう!」と、被害者面なのがまたクソ!

 以降、アバッキオは主を失った商店を住みかにしたようで…。
 
アバッキオの未来は…、そこで終わった

00059

 アバッキオの未来は…、そこで終わった

 彼は、汚職警官として罰を受けただけでなく
 自分の行動が原因で相棒を死なせるという、降ろすことの出来ない十字架を背負い…

 そして、彼は身も心も、暗黒へ落ちていった

 誰がどこで誰が死のうが、たとえ自分の手足が無くなろうが

 心は動かないだろう…


00061
00064
00065
00069
00073
00074
 アバッキオ、だったな?

ブチャラティは傘をさしていた
 他人を思いやれる警官だったのが、その“他人”に罵倒され尽くし変わってしまった
 自己保身に走り、相棒を死なせる結果を招いてしまった事で
 自分自身の事さえどうでも良くなった

 前回、ジョルノを疑い続けたのも、出来心から全てを失った用心深さか

 最初に賄賂を受け取った時、まあいいだろう…、で済ませなければ
 もっと用心深ければ違っていたのか

 本来、もっと後に語られた事件ですが、今回へ前倒しに。

 ジョルノが、悪事をやりつつ夢を抱くのと逆、真っ直ぐに生きて夢を失った人なのね

OP、アバッキオがすくっている「砂」

00008
 昔のアバッキオが砕け散り、その砂をすくい、砂時計にしているイメージだったと
 オープニングの映像は、鎖で縛られたイメージになってますが
 この時の傷に、まだ苦しんでいるのね

 でもその鎖に、ジョルノが命を吹き込んで解放し、そして…。的な。

ジョルノ『謎を…、解けるんですね? お願いしますよ!』

00075

 ジョルノ・ジョバァーナ! こいつ…、クレイジーな野郎だな…、証明するためにか?
 どうかしてんじゃあねーのか!

 …そこの床には降りるなブチャラティ。いや下がれ!

 俺はジョルノ・ジョバァーナを仲間として信用するわけじゃあないが
 ジョルノはお前が、自分を決して見捨てないって事を信用してるらしいな…
 ずいぶんクレイジーな事をやるヤツだぜ

 ジョルノ・ジョバァーナ…もし今ので死んじまったらどうするつもりだったんだ?

 だからブチャラティ、そこの床には入るな!

  ブチャラティ「この蝿は…、ナランチャの靴!」


00489
00492
00078
00079
00085
00091
00092
00096
00097
00098
 やだアバッキオ、ここ、ものすごい独特な指差ししてるのね! 素敵!

証明と信頼と
 敵は普通に隠れてる訳じゃあない、その自説を証明すべく、身を投げ打ったジョルノ
 実際、敵に刺されたジョルノは不可思議に萎んで姿を消しました
 ナランチャ達も同様だったに違いない!

 また蝿、スタンド能力が継続し、ジョルノが生きている事も明らか

 ヒントを示せば、ブチャラティ達が見捨てずに解決してくれると信じた
 彼に報いる為にも「入るな!」と

 ここのアバッキオ、なんかすっげー警官ぽくて痺れる!

『来てるぞブチャラティ! ナランチャと敵は床下だッ!!』

00100
 ブチャラティは、スティッキィ・フィンガーズで、甲板にジッパーをつけ開口!
 やはり、床下には敵は潜んでいなかった
 尋常な隠れ方じゃない!

 しかし、移動や確認にも使えて、マジ便利だなスティッキィさん!

ブチャラティ『おかしい…、どこを移動してくるんだ?』

00101

 おかしい…、どこを移動して来るんだ!?
 敵はどうやって!?

 どこに隠れているんだ!?

  アバッキオ「この敵の能力に関しては…

 仕方ねえ…、ジョルノの言ってる事を認めるしかねえようだ…
 俺のスタンドで謎を解くッ!

 だが、ここはやばいぜッ!ブチャラティッ!
 
 ムーディー・ブルース! 5分前のナランチャからでいいか?


00105
00108
00109
00115
00119
00121
00124
00127
00128
00129
00133
 スタンドを発動すると、アバッキオに残像が生じ、スタンドが現れる! かっけえ!

ムーディー・ブルース
 謎を解けるスタンド! その発動に際し、アバッキオは“時間”を指定する
 現れたのは、留守番電話をモチーフにした(?)スタンド!
 音までそれっぽい!

 5分前…、ああ…、そのくらいでいい!(ブチャ)

 船室に飛び降りたのは、スタンド発動を見られない為でしょうか
 船室を経由、敵を撒いて移動する二人

 二人の能力、相性の良さも良く解る展開じゃあないか!

ブチャラティ『今のうちだ、素早くやれよ!』

00136
 五分前のナランチャに変化、再現するムーディー・ブルース。“再現”のスタンド!
 発現したのが、犯人捜しに持ってこいの能力だったのは
 彼が根っからの警官気質だったからか

 五分前、ミスタにラジカセを壊される場面も、忠実に再現するムーディー・ブルース

 あれから五分、随分とまあ濃い五分だったのね!

アバッキオ『早送りサーチするぜ』

00139

 再生音声「百億は俺達のものだ! そのカネがあれば、幹部の座が手に入る!
 ブチャラティ「今のは俺の声だ…

 この会話の後だ! ナランチャが襲われたのは!

 しっかり襲われた所が見れるんだろうな? アバッキオ!



00140

 俺のスタンドは、記録を全てリプレイする…
 ナランチャがかいてる汗も脈拍までも全て見れるッ! そしてどこまでも追跡する!

  ブチャラティ「…そろそろだ…!

 ブチャラティ「ナランチャの背後にまわれ、襲われるぞ!

 み、見ろ! ジョルノのときと同じ傷だ!
 来たッ!

 こ、これは…!? 空気が抜けた風船のように…、萎んでいくぞ!?


00143
00146
00149
00151
00154
00157
00159
00162
 再生されるナランチャの顔がホラーすぎる!

ムーディー・ブルース
 アバッキオのスタンドは、記録再生に特化し、反面“再生中”はスタンド不在となる
 その欠点から、出来るだけ正体を知られたくないと思い
 明かすのを渋ったんですね

 加えて彼は他人、大衆、犯罪者に対する不信感人一倍強い

 ジョルノも、そこらのチンピラ同様だと思ったから
 信用しないのも当然の事か

 また良い意味では、アバ茶も、“いいから帰れ”と犯罪者入りを拒んだとも取れるかも

 こういう稼業なんだぜ、まだ戻れるから帰れよボーヤ的な。

アイキャッチは、ズッケェロのスタンド「ソフト・マシーン」

00164
 破壊力A、スピードC、射程距離E、持続力A 、精密動作性D、成長性E
 生物相手ならば、瞬間的に戦闘不能に出来る優れた特性を持ち
 高い持続力で、隠密性も活かし易いものの
 正面戦闘に難があるスタンド

 びっくりするほど偏った能力、上手く使ってるズッケェロの器用さも光りますね

 あんなスットンキョーなのに! ギャングって怖いわ!

ブチャラティ『“一時停止<ポーズ>”しろ! アバッキオ!!

00165

 この傷から、空気がもれて萎んでいっている…
 敵の能力の正体が見えてきたようだな…

 引きずり込まれていくッ!“一時停止<ポーズ>”一時停止しろッ! アバッキオッ!

 そうか…、パイプの中だ!



00166

 これが謎の答えか…、爪も肉も骨もコンドームみてーにペロペロになっている…
 靴とかベルトのバックルまでも…!

 でも、脈はうっている。

 ジョルノの言ったとおり、生きているぜ…、

 そうか、敵は自分の体をも、こうやって、パイプとか板と壁の隙間に隠し
 ミスタもフーゴもジョルノをも引きずり込んだってわけか…

 これであのジョルノの蠅が
 だいたいの位置はわかるが、正確なところまではたどりつけないという説明もつくぜ


00170
00173
00175
00177
00180
00187
 コンドーム(おちんちんに被せて使う避妊具)とか堂々と言っちゃう少年誌ッ!

近藤さん・マシーン
 隠し場所はパイプや壁の隙間、しかも、敵は同様にペラペラになって動けるらしい
 敵は行動不能にし、かつ自分は動き回れるんですから
 実に有効な能力といわざるを得ない
 収納の達人だぜッ!

 無論、ペラい状態で被弾すれば、コンドームのように破れてしまうのでしょう

 諸刃の剣なんですね、武器はレイピアですけど!
 一時停止状態がシュール。

 一時停止を「ポーズ」、この表現も久々に聞いた気がする!

アバッキオ『敵の能力の正体は解けたな…』

00189

 敵の能力の正体は解けたな…
 あとはこのまま追跡してナランチャたちのいる場所を見つけ、救い出し
 敵をブチのめすだけだなッ!

 ムーティー・ブルースの“再生<リプレイ>”を続行するぜッ!



00194

 追跡だと!?
 待て、アバッキオ!
 お前のムーディー・Bの能力は、再生中は攻撃も防御もできねえ無防備状態ッ!

 パイプの中に入るのは危険だッ!



00197

 ムーディー・Bがどこを移動しているのか、
 位置はわかるッ!

 野郎の近くにいたら、お前のジッパーで床を切開してたたけッ!
 追跡しなきゃあ、敵は倒せねえんだぜブチャラティ!

 左へ行ったぜ! ミスタがやられたところだ!


00201
00204
00205
00210
00223
 敵はナランチャたちを拉致したまま移動しているって事か!

続行するぜ!
 再生中は無防備状態! でも、“追跡しなきゃ倒せない”とはタフだなアバッキオ!
 位置は解っても、パイプ内を移動してるムーディー・B
 視認できないでの追跡は勇気がいる!
 勇気ある男だ!

 アバッキオの勇気と、“切開”できるブチャラティ、 いい捜査力!

 あくまで、「ナランチャに化けている」状態で移動しているという事は
 敵に捕まってる事も示唆します

 ホント、収納や旅行に便利ですねソフト・マシーン!

ブチャ『野郎が向かってくるぜ! 能力がバレてる事を知ってか知らねーのかッ!』

00224

 アバッキオ「いい度胸だ! パイプだ! 切開して引きずり出してやれ!!

 ブチャラティ「スティッキィ・フィンガーズッ!

  い、いないぞ!?
  敵はどこだアバッキオ!?
  いないぞッ!お前のムーディー・Bは…、どこにいる!?

 アバッキオ「そこだ…、自分のスタンドだ位置は解っている…、今、そのあたりにいる!

  ブチャラティ「そのあたりってどこだ!?

 アバッキオ「だから切り開いたそこだぜッ!?

  俺のムーディー・Bはたしかにそこにいるッ!?


00228
00229
00233
00235
00242
00245
00247
00249
00252
00253
 バカな! 確かに位置はここなのに…、まだ何か解いていない謎があるという事かッ!

ズッケェロは甘くない
 勝った! 第5部完! とはいかないのが、敵の意外に周到なところでした
 ムーディー・Bのいる位置を切開しても居ない!
 更に切開してもいない!

 やたらめったら開いてもいない、愕然とする二人ショッキングな絵面だ!

 どこだ?→そこだぜ!
 とか、他に言いようがないのもシュールだぜ!

 追跡されても良いように、ちゃあんと準備してたズッケェロは甘くない!

 名前は「砂糖」って意味だけど!

ブチャラティ『ヤバいぞ! リプレイを解除して、スタンドを戻せ!!』

00256
 スタンドを戦闘可能状態に戻せ、指示を飛ばすも、実はとっくに戻してる!
 敵どころか、ムーディー・Bも位置は解ってるのに視認できない
 壁に阻まれ戻って来れない!

 彼は「壁」をブン殴るも、パワーC、人間並みのスタンドの為破壊できなかった

 極めて有益なスタンドですが、こういう時に哀しい…!

アバッキオ『聞いたかブチャラティ、“パイプの壁の音”だ!』

00258

 聞いたかブチャラティ、“パイプの壁の音”だ!
 姿は見えねえが、ムーディー・Bは、確かにこの下にいる!
 パイプの中!

  ブチャラティ「何をやっている!? 敵がすぐそこにいるんだぞッ?!

 パイプを切開しているのにパイプの中…? ここには居るという事か?

  ブチャ「近付いてきたぞ、早く逃げるんだ!

 逃げるだと…?
 あの気に入らねえジョルノ・ジョバァーナは、この俺に謎を解けって言ったんだぜ

 生意気なガキだ、解いてやるさ!


00268
00279
00283
00286
00290
 推理に没頭したアバッキオは、刑事ドラマのワンシーンのよう

遂行者
 それは彼の言葉通り、生意気なジョルノ・ジョバーナへの意地かもしれませんし
 無意識に、どうしようもなく“警官”である証だったのでしょうか
 スタンド能力も捜査に向いたものですし

 何より彼が、責任感の強い人間であるからに思えます

 向けられた信頼を遂行する!
 もしも、ちゃんと市民が彼を信頼していたら…、とも感じますね

 この町では、“警官”に対する不信感が根強く、市民を責めるのも酷なのでしょうが

 ポルポの例の通り、上層部もギャングの言いなりなのですし

ブチャラティ『来るぞ!

00294

 敵の謎はもう一つあるッ! それがわかりかけて来たッ! 解いて野郎をぶっ殺すッ!

 マストを見た時の違和感…
 あの時…!

  ブチャ「すぐそこだ! スタンドを戻せ!

 解ったぜ! こいつの、もうひとつの謎がッ!! ウリャアアアアアア!!


00297
00300
00301
00304
00311
00315
00319
00327
00328
00330
00333
 ブッ殺すんだ…、ブチャラティ! こいつの謎は…、こいつのいる場所は…!

残されたヒント
 出航時と今、マストを見た違和感、二羽のカモメ(?)で答えに辿り着いたアバッキオ
 彼は、狭い空間で一撃必殺に真っ向勝負を挑み右手を負傷
 同じくペラペラにされ拉致ッ!

 喋れなくなってしまうも、彼は“ゴムになった身体”叩きつけるようにして…

 ヒントは、ペラペラにしてしまう能力
 その応用範囲!
 そして…

 彼の手を取れず、唯一残った血を拭うブチャラティ、痛々しいと感じるも…!

『貴様一体…、アバッキオをどこにやったッ!

00336

 うおおおおおおおおおおおおおお!

 …部屋にも居ない!
 排水パイプもだ!

 アバッキオを…、あいつらをどこに隠している!


00340
00343
00344
00349
00354
 どこに隠している! 怒りを叩きつけるブチャラティがかっけえ!!

チーム壊滅
 しかし縦横無尽にジッパーをつけ、切開を試みても、敵も味方も出てきやしない!
 なんと、いきなりブチャラティ以外ヤられてしまったのです
 それもあんな三下に!

 スタンドは使い方次第。それを体現したような難敵っぷり!

 見た目も頭脳も、チンピラとしか言いようがないズッケェロですが
 それがここまで手強いのだから面白い

 ルールを理解できなければ、一方的にやられるのみ

 能力バトルの楽しさって奴だ!

『ヒヒヒ…、カモメが飛んでるって事はよう? フフフン…、もう陸が近いって事だなあ』

00364
 勝利を確信したズッケェロは、ここで、チンピラ度300%の脅迫を開始
 ブチャラティが、万策尽きてしまったと捉えたズッケェロ
 正体を見せずに脅迫を始めます

 姿を見せないので、ちょっと面キモい演出に

『貴様!』『アッアー♪ 待て待て…』

00367

 アッ、アッア~♪ 喋ンのはこの俺だ…
 俺が質問して答えろって命令するまで口をふさいでろォ!

 耳クソカッポじるのは許可してやるがよ、フフフ…

 よぉーし、ふふふ…
 俺はオメーの事は、いつだって自由に始末できるし?
 オメーの仲間は、みんな生かしてある…、仮死状態だ…、ありがたく思え~?

 殺して海に捨てる事も出来たんだ…

 お魚さんたちが食いやすいように細切れにしてなぁ…



00368

 お前さえその気なら、仲間は元通りになることもできる…
 ポルポの隠し財産のありかを?
 俺に教えればなァーーーッ♪

 ウヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒイヒ♪

  ブチャティ「貴様…、“組織<パッショーネ>”の者か…?

 何かァ…、オメー…、わかってねーなあ…



00371

 ブッ殺すぞッ!
 てめーッ! コラッ!
 いいか! 喋っていいのはカネの在り処だけだッ!!

 それ以外の言葉を、ひとっ言でもその便器に向かったケツの穴みてーな口から吐き出してみろ! ひと言につき仲間ひとり殺す! 何? って聞き返しても殺すッ! クシャミしても殺すッ! 黙ってても殺すッ! あとでウソを言ったとわかったらまた殺すッ!

 ゼーゼーゼーゼー…、いいな! 注意深く神経を使ってしゃべれよ…
 それじゃあ質問するぜェ…

 カネは…、どこに隠してあるんだ?

  ブチャラティ「ウミネコだ」


00373
00377
00378
00379
00383
00388
00389
00391
 え…? え? どこだって?(ズッケェロ)

うみねこのなくコロニー
 この蝿ッ! ノリノリである。もう明らかにズッケさんが乗り移ったとしか思えないよ!
 理不尽な台詞を、便器に向かったケツの穴みてーな口から吐き出す!
 言葉のマシンガンだよ!

 対し万策尽きた様のブチャラティ、ウミネコだと…。

 クールすぎて温度差が凄い
 第1部スピードワゴンなら、五回はクールに去りそうなクールさ。

 あれほど「余計な事は言うな」と言った敵を、心ゆくまで煽っていらっしゃる…!

 続くポーズで、まためっちゃ笑えた!

ブチャラティ『ウミネコだよ…』

00395

 ウミネコだよ…、ありゃカモメじゃねえーぜ。
 ウミネコだ

 どうやって見分けるか?

 ニャアニャア鳴くのはウミネコだ

 おまえはカモメって言ったがありゃウミネコのまちがいだ



00397

 ズッケェロ「へ…、へへへ…、一人ブッ殺すッ!
 ブチャラティ「やってみろッ!

 てめーが引きずり出されなきゃあなッ!

  ズッケェロ「な…!?何をやってるッ!てめーッ!?」

※大量に流入する海水、さっき殴ったのは「船底に穴を空ける為」だったのだ。



00399

 さっき“甲板<デッキ>”を殴ったのは、アバッキオを捜す為じゃあない
 船底に穴をあけるためだ。

  ズッケェロ「あ、穴だと!?

 アバッキオはお前がどこに潜んでいるのか謎を解いた…
 それを自ら証明して行ってくれたもんでな

 お前がどこに潜んでいるのかどうやって見分けるのか!? アバッキオの血だぜ



00403

 アバッキオはわざと拳を傷つけて、流した血をオレに見せてくれたんだ。
 血の流れは、デッキの床下に落ちていなかったんだ!
 血糊は途切れていたんだ!

 甲板の表でプッツリとな!

 アバッキオの体は甲板の下にはいってないってことだ!



00406

 つまりどういう事か、どこに引きずりこまれたのか!?

 俺は左側のヨットを借りた…
 アバッキオは、空を見上げた時、それに気付いたんだ

 もうバレたんだ、溺れんのがいやならよォー…、出てくる事だな!

 船は『2隻』あったッ!


00407
00415
00416
00417
00421
00423
00425
00430
00431
00435
00436
00438
 実は前回、出航した時点で、「上から薄くした2番ヨットを被せられていた」

船は二隻あった
 借りたのは左話、つまり“1番船”なんですが、当初、左端だけ逆向きに停泊してました
 視聴者に対しても、船番号が隠される格好でカモフラージュし
 多少、出航時に番号が分かりにくい演出

 しかしアバッキオだけは、出航時にジョルノを振り向き、目に入ったんですね

 気付いたアバッキオは、手の甲を傷付ける為にラッシュを放ち
 派手に血をぶちまけて倒されます

 その血が、「中の船室」まで届いてなかった、外と船室を隔てるどこかに行ったと

 彼らが借りた1番船の上から、2番船をコーティングしていたのだと

ブチャラティ『ヨットの上にもう一隻のヨットを薄っぺらに被せて隠れていたんだ』

00440
 意図に気付いたブチャラティは、錯乱し船内を探すフリで、甲板を切開し
 内側の壁、すなわち、「一番船」の船底を殴って破壊していた
 今、実体を持つ一番船が沈み始めた

 困った敵は、能力解除し、表面の2番船を復活させて脱出

 アバッキオが倒された直後、ブチャラティは、総てのカラクリに気付いてたのね

ブチャラティ『貴様はその表面の薄っぺらの中を移動して、俺たちを攻撃してやがった…』

00445
 敵は、表面に被せた2隻目、2番船の中を移動して攻撃していた
 ブチャ達は、まさかそんな方法をされてたとは気付かず
 当初、「表面の薄皮」ごと切開していたので
 気付けなかったんですね

 大胆なトリックというか、出航準備中の短時間でよく頑張った! 感動した!!

『そばに来るんじゃあねー、ブチャラティ! 仲間をブッ殺すぜーッ!』

00448

 ヨットの上に
 もう一隻のヨットを薄っぺらに被せて隠れていたんだ
 貴様はその表面の薄っぺらの中を移動して、俺たちを攻撃してやがった…

 わからねーはずだ…、そこんとこは尊敬してやるぜ

  ズッケェロ「そばに来るんじゃあねー、ブチャラティ! 仲間をブッ殺すぜーッ!



00453

 そんなシャバい脅しにビクついて、ギャングがやってられるかどうかは
 てめー自身がよく知ってるはずだ

 やめれば許してやる。だがアバッキオを刺した瞬間、てめーの命もとる

※シャバい
 普段はイキがってるのに、窮地に立つと弱腰になるような態度の事

 シャバ、娑婆=普通の社会、一般人などの意味。


00454
00455
00456
00457
00458
00462
00464
00466
00468
00470
00473
00476
 ジョルノが言ってたとおりだ。隠れて攻撃する能力って事はそれが弱点…、ノロい野郎だぜ

あぱぁ!?
 息詰まるにらみ合い、ズッケェロは、射程から自身の優位を確信したのでしょう
 ここまで、ブチャラティは遠距離攻撃をしてませんでした
 でも出来ないとは言ってない!

 瞬時に腕をジッパー化、毛糸をほどくようにしてズームパンチ!

 一発決まれば、首をジッパーに“切り離す”荒業で一発決着!
 ハハッざまあないぜ!

 ブチャラティさん応用範囲広すぎひん!?

ブチャラティ『アバッキオ!』

00479
00481
00483
00485
 よく…、やった(アバッキオ)

レオーネ・アバッキオ
 前回、ジョルノがアバッキオ(ブチャラティ)を信じ、託したように
 アバッキオも、まったく同じように信じて託した
 全く同じ行動だと感じます

 彼がいかにブチャラティを信頼しているかそんな決着に

 また、ジョルノとアバッキオが似た者同士という事でしょうか
 互いに「町を良くしたい」思いも同じですし

 ただアバッキオは、バッキバキに心が折れてしまっていますが…

『アバッキオ、大切なのは結果ではなく、そこに至る道筋だ…』

00494

 アバッキオ、大切なのは結果ではなく、そこに至る道筋だ…
 俺のチームに来い

 過去に縛られたまま、死ぬな


00495
00496
00497
00499
00501
00502
00503
 アバッキオは一度後ろ、薄暗い元店内、多分「過去」を振り向いて、向き直りました

共に濡れ、共に歩こう
 アバッキオにとって、大切な言葉となる“大切なのは結果でなく、道筋だ”という言葉
 本当に、彼にとって大切な言葉を先行してアニメオリジナルで描く事に。
 彼の信頼、原点を描く事に

 過去のリプレイを司るスタンド、“過去に縛られた”アバッキオ

 彼は同僚を死なせ、警官でもなくなる「結果」に絶望したのでしょう
 でも、彼は確かに「町を良くしたい」と思った

 町を良くしたい、その「結果」を求め挫折してしまったけど、思ってる事は変わらない

 この辺は、もっと先のエピソードがベースなので、その時が…、楽しみですね……。

感想追記。アバッキオは廃屋になった「事故現場」に住んでたんだろうか

00025
00065
00497
 上は同僚射殺の現場となった店、下は彼が警察を辞めた後にいた場所

廃屋
 描く角度は違いますけれど、同じ店にいたと描かれていたように見えました
 警察を辞めさせられたアバッキオは、他にいく場所がなくて
 廃屋になった店に転がり込んでいたのかなって

 だとしたら、トラウマになった場所に住み暮らすってまたヘヴィな…

 ブチャラティは、文字通り“連れ出す為”に訪れたんでしょうか

公式ツイッターより






























2018年11月10日 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第6話「ムーディ・ブルースの逆襲」

00473
 おお…、今回もちゃんと元請け社が制作されている…

スタッフ
 脚本:ふでやすかずゆき
 絵コンテ:髙橋秀弥
 演出:三上喜子
 作画監督:横山謙次、千葉山夏恵、森藤希子、中野圭哉、重本和佳子
 アクション作画監督:-
 総作画監督: 石本峻一
 アニメ制作:David Production Inc.
 原作:荒木飛呂彦/週刊少年ジャンプ 1994~1995年
 制作協力:-

あらすじ
 ?

次回、セックス・ピストルズ登場その1! この「その1」って久々ねッ!!

00000
00001
 ジョルノ同様、担当回冒頭に過去が描かれる、という構成なのかも

彼らの動機
 本来もっと後になるアバッキオの回想と、彼の重要なシーンを元にしたオリジナルが挿入
 アバッキオの性格、スタンド能力と深く関わっている部分ですから
 この前倒しが嬉しい!

 視聴者に、元々アバッキオは、こういう動機の人だったと示す構成なのね

 今にして思うと、「夢がある」と出し抜けに叫んで突っ込んだジョルノと
 夢、「結果」を得られなかったアバッキオ

 二人が対にも感じますし、共に“信頼し自己犠牲する”のも、深まって感じる気がしました

 次回、ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第7話「セックス・ピストルズ登場 その1」

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第6話 感想

 ジョジョ 5部 第6話「ムーディー・ブルースの逆襲」
 元警官レオーネ・アバッキオ
 スタンド「ムーディー・ブルース」
 謎の攻撃の正体   
 Bパート「ズッケェロ:ソフト・マシーン」
 敵の謎はもう一つある
 蝿vsブチャラティ
 船は『2隻』あったッ!   
 Cパート「アバッキオ勧誘」     
 感想追記
 公式ツイッターより 
 制作スタッフ
 ジョジョ 3部 感想
 ジョジョ 4部 感想
 ジョジョ 5部 これまでの感想
 トップに戻る

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダーズ 感想

 スターダストクルセイダース 第1話「悪霊にとりつかれた男」
 スターダストクルセイダース 第2話「裁くのは誰だ!?」
 スターダストクルセイダース 第3話「DIOの呪縛」
 スターダストクルセイダース 第4話「灰の塔<タワー・オブ・グレー>」
 スターダストクルセイダース 第5話「銀の戦車<シルバーチャリオッツ>」
 スターダストクルセイダース 第6話「暗青の月<ダークブルームーン>」 
 スターダストクルセイダース 第7話「力<ストレングス>」
 スターダストクルセイダース 第8話「悪魔<デビル>」
 スターダストクルセイダース 第9話「黄の節制<イエローテンパランス>」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その1」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その2」
 スターダストクルセイダース 第12話「女帝<エンプレス>」
 スターダストクルセイダース 第13話「運命の輪<ホウィール・オブ・フォーチュン>」
 スターダストクルセイダース 第14話「正義<ジャスティス> その1」 
 スターダストクルセイダース 第15話「正義<ジャスティス> その2」
 スターダストクルセイダース 第16話「恋人<ラバーズ> その1」 
 スターダストクルセイダース 第17話「恋人<ラバーズ> その2」
 スターダストクルセイダース 第18話「太陽<サン>」
 スターダストクルセイダース 第19話「死神13<デスサーティーン> その1」
 スターダストクルセイダース 第20話「死神13<デスサーティーン> その2」
 スターダストクルセイダース 第21話「審判<ジャッジメント> その1」 
 スターダストクルセイダース 第22話「審判<ジャッジメント> その2」
 スターダストクルセイダース 第23話「女教皇<ハイプリエステス> その1」
 スターダストクルセイダース 第24話「女教皇<ハイプリエステス> その2」
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その1」 
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その2」 
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」
 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」
 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第29話「“アヌビス神”その2」
 スターダストクルセイダース 第30話「“バステト女神”のマライア その1」
 スターダストクルセイダース 第31話「“バステト女神”のマライア その2」
 スターダストクルセイダース 第32話「“セト神”のアレッシー その1」
 スターダストクルセイダース 第33話「“セト神”のアレッシー その2」
 スターダストクルセイダース 第34話「ダービー・ザ・ギャンブラー その1」 
 スターダストクルセイダース 第35話「ダービー・ザ・ギャンブラー その2」
 スターダストクルセイダース 第36話「ホル・ホースとオインゴ その1」
 スターダストクルセイダース 第37話「ホル・ホースとボインゴ その2」
 スターダストクルセイダース 第38話「地獄の門番ペット・ショップ その1」
 スターダストクルセイダース 第39話「地獄の門番ペット・ショップ その2」
 スターダストクルセイダース 第40話「ダービー・ザ・プレイヤー その1」
 スターダストクルセイダース 第41話「ダービー・ザ・プレイヤー その2」
 スターダストクルセイダース 第42話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1
 スターダストクルセイダース 第43話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その2
 スターダストクルセイダース 第44話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その3」
 スターダストクルセイダース 第45話「DIOの世界 その1」
 スターダストクルセイダース 第46話「DIOの世界 その2」
 スターダストクルセイダース 第47話「DIOの世界 その3」
 スターダストクルセイダース 最終話「遥かなる旅路 さらば友よ」

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 感想

 ダイヤモンドは砕けない 第1話「空条承太郎! 東方仗助に会う」 
 ダイヤモンドは砕けない 第2話「東方仗助! アンジェロに会う」
 ダイヤモンドは砕けない 第3話「虹村兄弟 その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第4話「虹村兄弟 その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第5話「虹村兄弟 その3」
 ダイヤモンドは砕けない 第6話「広瀬康一(エコーズ)」
 ダイヤモンドは砕けない 第7話「間田敏和(サーフィス)」
 ダイヤモンドは砕けない 第8話「山岸由花子は恋をする その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第9話「山岸由花子は恋をする その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第10話「イタリア料理を食べに行こう」
 ダイヤモンドは砕けない 第11話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第12話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第13話「やばいものを拾ったっス!」
 ダイヤモンドは砕けない 第14話「漫画家のうちへ遊びに行こう その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第15話「漫画家のうちへ遊びに行こう その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第16話「狩り(ハンティング)に行こう!」
 ダイヤモンドは砕けない 第17話「岸辺露伴の冒険」
 ダイヤモンドは砕けない 第18話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第19話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第20話「山岸由花子はシンデレラに憧れる」
 ダイヤモンドは砕けない 第21話「吉良吉影は静かに暮らしたい その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第22話「吉良吉影は静かに暮らしたい その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第23話「シアーハートアタック その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第24話「シアーハートアタック その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第25話「アトム・ハート・ファーザー」
 ダイヤモンドは砕けない 第26話「ジャンケン小僧がやって来る!」
 ダイヤモンドは砕けない 第27話「ぼくは宇宙人」
 ダイヤモンドは砕けない 第28話「ハイウェイ・スター その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第29話「ハイウェイ・スター その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第30話「猫は吉良吉影が好き」
 ダイヤモンドは砕けない 第31話「7月15日(木)その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第32話「7月15日(木)その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第33話「7月15日(木)その3」
 ダイヤモンドは砕けない 第34話「7月15日(木)その4」
 ダイヤモンドは砕けない 第35話「アナザーワン バイツァ・ダスト その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第37話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第38話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第39話「さよなら杜王町 -黄金の心-【最終回】」


 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第1話「黄金体験(ゴールド・エクスペリエンス)」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第2話「ブチャラティが来る」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第3話「塀の中のギャングに会え」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第4話「ギャング入門」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5話「ポルポの遺産を狙え!」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第6話「ムーディ・ブルースの逆襲」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第7話「セックス・ピストルズ登場 その1」