公式サイト ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5話 感想 ポルポの遺産を狙え! レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作既読 これまでの感想はこちら 前回はこちら
チームと“信頼”! 町の信頼に応え、ボスを倒す第一歩。幹部を目指せ!

00338
00505
00178
新鮮なアバ茶の時間だ! 信用していないが為に、侮辱し、試すいわゆる新人イビリ!!
 スタンド戦も、“信頼を得る”為、身を投げ出すジョルノの度胸がクレイジー!
 応えるアバッキオ、その男振りが堪らないですね!
 信頼に「応える」男よ!

 ほっとけば勝手に地獄絵図! まとまりゼロなチームが楽しすぎる!!

声もイイなぁ声もよー!
 またブチャラティも、街の人たちの信頼に応えるべく、“戦慄しながらも”立つ姿が熱い!
 敵がカネの為に幹部を狙うのと、好対になっている利他の精神
 ポルポに信頼され、遺産チャンスを得た事もあり
 日頃の行いが光る!

 クレイジー野郎と口では言い、立ったアバッキオさんが最高に格好良かった!
 
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5話 感想

00150
 ジョジョ 5部 第5話「ポルポの遺産を狙え!」
 50億リラの隠し財産
 4つのものから、ひとつ選ぶのは、縁起が悪いんだ!
 お茶でも飲んで…、話でもしようや…
 Bパート「クルージング」
 行き先はカプリ島だ
 攻撃されている!
 アバッキオのスタンドなら  
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 ジョジョ 3部 感想
 ジョジョ 4部 感想
 ジョジョ 5部 これまでの感想

“ズッケェロ”は、即断即決のスタンド使い。車まで置いて行く迅速さ!!

00489
 いきなりガオン! とヤられる主人公。こういう在り方好き。

あらすじ
 ボスの正体を探れば殺される。そこでブチャラティは、信頼されるべく幹部を目指す
 他方、幹部ポルポの死で、組織内は彼の隠し財産を狙う動きが活発化
 ジョルノはアバ茶を飲まされる

 ブチャラティは、直属、申し訳程度に団結するチームで遺産ゲットへ動いた

 しかし、彼が遺産の隠し場所を知ってると見抜いたサーレーにより
 スタンド使いズッケェロが襲来

 その正体を探るべく、ジョルノはアバッキオを信頼し、己を囮にしてのけた

 次回、ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第6話「ムーディ・ブルースの逆襲」

ブチャラティ『パッショーネは、かなりデカいギャング組織だ』

00000
 前回、入団試験でのジョルノの夢と眼に、康一はジョースターの正義を見た
 彼が安心して観光に戻る一方、ジョルノはポルポを暗殺
 町を変える為の一歩を踏み出した

 やがてジョルノは、一癖も二癖もある4人組に引き合わされて…?

ブチャラティ『…そして、その頂点にいるのがボスだ』

00002
00005
00006
00007
00008
00009
00010
 この国のギャングは、目立つ事を嫌う。即暗殺に繋がるからだ

ギャング
 パッショーネは、各“幹部”が束ねる、事実上、複数の組織が並列存在している
 ボスは、参謀、ヤクザなら「若頭」相当を隔てて統率し
 信頼する部下以外とは連絡を取らない

 幹部だと言っても、一般人と見分けがつかない格好をする

 暗殺を避けて表向きの職業も持ち
 逆に組織内には、その「暗殺」を担う専門チームが存在する

 ボスの秘密は絶対で、探るだけで、幾人も殺(バラ)されているという

 ボスは秘密主義者! これが大きなポイント!

『信頼を得なくてはボスは倒せない、その為に俺達は、まず力を付ける』

00011
00012
00014
 もちろん二人では無理だ

二つの信頼
 まず上に信頼され、ボスの正体に近い地位、“幹部”までのし上がる必要がある
 同格である、複数の「チーム」を出し抜く必要があるッ!
 そして、信頼できる仲間が必要だ!

 信頼できるチーム、ボスを倒す為には、これが必要になるッ!

 ブチャラティは、いつだってポーズで教えてくれる…!
 とまれ、敵は社会に溶け込んでいる

 イタリアギャング、マフィアの凶悪さは、こうした組織の強固さにあるんでしょうか

 暗殺上等の土地柄から、ポルポは監獄住まいだったワケね

『獄囚ポルポ死亡の情報は、パッショーネ幹部を駆け巡った』

00017
 ポルポは“自殺”として処理、特別監房だから、暗殺されるのはありえない!
 例外として、ボスの不興を買った可能性があるが
 彼は、ボスの信頼が厚かったという

 かといって自殺するキンタマじゃないし、「わからない」と一様に首をひねった

『ああ…、問題は後釜だな』

00018
00019
00024
00025
00029
00031
00036
 それよりだな…、ポルポの財産の噂、知ってるか?

ざわめきパッショーネ
 幹部がザワめく中、ポルポをナメたある男は、チョロい神経で自殺したと断定
 だって、警察が検死して自殺認定したんだからね
 自殺だよね、と
 
 噂…? 宇宙の果てを知らねーように、そんな噂知らねー

 なんてお洒落な返し…。
 ノールック運転で、次々周りに事故を起こしまくるギャング!

 ポルポを知らない事、“目立つ事”に、まったく無頓着で下っ端と察せられますね

 自分が死ぬとか、まったく考えないタイプッ! 

“隠し財産”さ!

00038
 ポルポは収監される前、金塊や宝石、価値が下落しにくいモノに財産を換金
 組織にもナイショの、ヤバいカネだったが
 彼を恐れ誰も探そうとしなかった

 権力を持つ、ってのは、そういう事なんだな~。

『誰のものでもない、フリーなカネだ!』

00040
00043
00046
 50億…!? フヘヘ、もしそんだけカネがあれば、モナコとか日本にオンナ囲ってよ

リラだぞ!
 ポルポの隠し財産は、今やフリーな金! それが50億リラも眠っているッ!
 話してる側の男は、それを使って“のし上がろう”と言う
 即物的じゃあダメだ!

 そのカネで“幹部”になれば、もっともっと美味しい汁が啜れるんだ…

 隠し財産は、あくまで「一部の財産」をストックしていたに過ぎない
 幹部は、それほど儲かるのだ

 カネは生み出す為に使う! ン~、ブチャに近い発想ね! ステキ!!

帽子の男『こっからは、俺だけの考えなんだが…』

00048
 帽子男は、ポルポ自身でなく、奴が部下に隠させたと考えていた
 あの肥満体が、自分でそんな事をするとは考え難く
 信頼できる部下にやらせた
 口がカタい奴に

 きっと、ブチャラティなんじゃあないか…?と

帽子『…ハッ! おいズッケェロ!?』

00049
00052
 イっちまったよズッケェロの奴…!? マジに信じたのか!?

思い立ったが吉日
 思い立ったら即行動! それが消えた男、ズッケェロの哲学なんですね!
 スデに、行動は始まっているんだぜ!
 と

 尾行するなら気をつけろよ…、奴とその部下も、スタンド使いらしいぜ…

 興味がある話なら、運転中だろうとそっちに集中するし
 ブチャラティが知ってるなら探る

 即断即決の権化! 伊達に巻貝みてーな頭はしてなかった!

 ちなみにズッケェロとは、イタリア語で「砂糖」。ズッキーニの事ではないらしい。

『なぁフ~ゴ~、外、天気いいしさ~、一日くらい勉強しなくたって…』

00053

 ハーッ…、あのね? ナランチャ? あなたは立派だ

 自分のほうから
 小学校、満足に入ってないから『教えてくれ』なんて、なかなか言えるもんじゃあない

 そして、九九だってちゃんと覚えたじゃあないですか?

 教えたとおりやればできます。

 あなたならできるんですよ 


00055
00056
00057
00060
00062
00064
 そう! やっぱり出来るじゃあないですか!! もう半分出来たも同然ですよ!

教師フーゴ/生徒ナランチャ
 ところ変わってレストラン、フーゴ、という優しい好青年が辛抱強く教えていた
 呆れ、慎重に、持ち上げながら算数を教えている
 なんて好青年かしらッ!
 
 そーかッ! 6×5=30ね! ヨシ!!

 俄然やる気になったのがナランチャ
 小学校も出てないが、「やりたい!」と向上心はある少年なんです

 向上心はあるんです…、長続きしないだけなのです…

おい! 何のマネだあこりゃあ!?

00068
 続いてキレたのは、「四つから選ぶ」のが、大嫌いな帽子男!
 四つは、死ね、に通じるから演技が悪いとし
 運ばれてきたケーキに文句を言う

 ゲン担ぎ大好きミスタ!
 
ミスタ『この俺に死ね!っつーのか?!』

00071

 ミスタ「おい、何のマネだこりゃあ~~!?
 フーゴ「何って、イチゴケーキですよ?

 ミスタ「イチゴケーキだっつーのは、見りゃあわかる!

  チョコケーキでもなきゃあ、チーズケーキでもないからな
  そうじゃあねえ―――ッ!

   ケーキが「4つ」なんだ! このオレに死ね! っつーのかッ!?

 フーゴ「ハァ~…、またですか? ミスタ


00075

 知らねーのかッ、マヌケッ!
 
 4つのものから、ひとつ選ぶのは、縁起が悪いんだ!
 5つのものから選ぶのはいい!
 3つのものから選ぶのもいい!

 だが、「4つ」のものから選ぶと、良くない事が起こるんだ

 ガキのころ、近所で子ネコが4匹生まれて、ペットにと一匹もらったヤツが、
 そのネコに、目ン玉ひっかかれて、片方なくしたのを知っている。
 もちろん、あとでそのネコは殴り殺されたがね……


00076

 だから、そんなの迷信ですよ!
 冷静に考えて、一個ずつケーキが減っていったら、
 誰かはいずれ「4つの中」から選ぶはめになるんですよ

 ミスタ「そこなんだッ!

  こーゆー場合は、レストランが気をきかして、3コにすべきなんだ…!
  この店、サービスがなってねえぜッ!

 フーゴ「もぉ~~、じゃあ、食べなきゃいいでしょお~~ッ


00077
00079
00080
00084
00087
 イチゴケーキが食いてーんだよッ、オレはッ!(ミスタ)

グイード・ミスタ
 なんて面倒くさい会話…、5つ以上持って来ると、誰かが4つから選ぶ事になるッ!
 だから、真にサービスが出来た店なら!
 3つを持ってくるんだぜ!

 てかそんなにイチゴケーキが食いてーのかよミスタ!!

 強面だけに、イチゴケーキとか言い出すのがいちいち笑える!
 この風貌で縁起にこだわってるのもアレだ!

 言い合いの最中、淡々と「4つ」から選んでる男、アバッキオも見所

 スゲー度胸っつーかよォ~!

ナランチャ『ヤッター! 終わったよフーゴ!!

00089
00093
00094
00098

 ナランチャの回答「16×55=28」
 フーゴ「何これ……?」

 ナランチャ「へへへ♪ 当たってる?

 ナランチャ「あぎゃアアアーーーッ!?

 フーゴ「このチンピラが、オレをナメてんのかッ!
 
  何回教えりゃあ、理解できんだコラァ!
  腐れノーミソがああああああ!

 フーゴ「6×5=30って、やっておきながら、なんで30より減るんだァ!!

  ミスタ「あーあ、キレたキレた…、“また”…。
  ミスタ「なー、アバッキオ? そのケーキ残すの? 食うの~?

 ナランチャ「何だと…? 腐れ脳ミソって言ったな? 人を見下す言い方は良くない…
 ナランチャ「殺してやる!殺してやるぜ~フーゴォ!

 フーゴ「このヤロウ…!

 ?????「てめえら! 何やってるんだッ!!


00100
00102
00110
00111
00114
00115
00118
00121
00125
00126
00127
 店の入り口まで声が響いているぞ! 他の客にメーワクだろうがッ!!

このド低脳が!
 ありていに言って大惨事だった、地獄絵図だった…、フーゴはキレたら怖いし
 ナランチャも、逆ギレに関しては一家言ある少年だったのだ…
 おまけに、「ド低脳」は放送禁止用語なのだ
 最近は修正されているのだ…

 そこで他のお客を心配するブチャラティ! お父さんか!!

 前を見ず、交通事故を起こすよりマシでしょうが
 前兆ナシでキレるのも怖い

 キレやすい最近の若者(1994年~1995年連載)

『ジョルノ・ジョバーナです、よろしくお願いします…』

00130
 殊勝に頭を下げたジョルノだったが、場の面々は完全に無視!
 まるで、彼がいないかのように談笑を再開し
 お父さんブチャラティをキレさせる

 このブチャラティが仲良くしろと言っているのに! …しかしブチャにお電話が。

レオーネ・アバッキオ『お茶でも飲んで… 話でもしようや……』

00132
00135
00138
00147
00148
00150
00152
00160
00164
 ジョロジョロ ジョロ ジョロンジョロン ジョロ

JOJOの奇妙な緑茶
 席を外したブチャラティに代わり、ニコやかに喋り出したアバッキオ
 だが、口調とは裏腹に、股間は丸出しに。
 彼は小水をポットに注ぐ

 漫画史に燦然と輝く新人いびり、アバ茶である

 頼みのお父さんも、電話に血相を変えたと思ったら
 近所のお婆ちゃんの相談に乗っていた

 地域密着型の愛され系ギャング、ブチャラティはそういう男なんですね

 先日、いきなりホッペを舐めて拷問したのとはえらい違いである

アバッキオ『さあ…、飲みなよ』

00167

 アバッキオ「さあ…、飲みなよ
 ミ・フ・ナ「「「……!?」」

 アバッキオ「アンタ、歳いくつ?
 ジョルノ「15です

 算数が出来ないナランチャ「15? なーんだ、俺より2コも下だぜ~

 ジョルノ「頂きます…、ウッ!?


00168

 アバッキオ「どうした?

  おまえはオレが わざわざ注いでやったそれを、いただきますって言ったんだぜ。
  いただきますって言ったからには、飲んでもらおうか。

  それともヌルイから飲むのはいやか?

 4が苦手なミスタ「仲間になりたくねーから、飲みたくねーんじゃねーの?

  ブチャラティ「…? ナニやってんだお前ら!
  ジョルノ「いいえ、何でもありません。

 ジョルノ「僕の為にわざわざお茶を注れてくれたんです…
 

00169
00172
00174
00175
00176
00178
00180
00182
00183
00186
00188
00189
00190
00192
00194
00196
00197
 バッチィ!? 飲みやがったコイツ!?(ナランチャ)

入団後ティータイム
 濃厚で人肌の温かさある新人いびり、ジョルノは逆に「飲ん」だッ!!
 これを、頭のいいフーゴはトリックだと捉え
 ミスタは面白がる

 教えてくれよ~、オレだけに♪

 新人いびりは、決して褒められた慣習じゃあありませんが
 越えれば、一転して認められる!

 面々、半泣きで、カンベンしてつかあさいとか言うのを期待してたんでしょうか

 ナランチャの台詞に、アホっぽさが溢れている!

ジョルノ『さあね…、君達だって能力を秘密にしてるんだろ?』

00199
 ここまでは面白新人扱いでしたが、更に「スタンド能力者だ」と圧ッ!
 ジョルノは、トリックはスタンド能力だと示唆し
 逆にプレッシャーをかけます

 ブチャラティが、出会い頭に目玉を握らせたようなノリ!
 
アバッキオ『(こいつ…、スタンド使いか)』

00200

 カップの中の液体は
 歯を一本、体質の98%を水分で構成するクラゲに変えて、吸いとらせた

  フーゴ「物体を移動させる能力か?!
 
  ミスタ「クチ開けて見せろよ! 穴空いてねーよな?!
  ナランチャ「実はマジに飲んだんだろ!?
  ナランチャ「好物だったとか?

 ブチャラティ「(ジョルノ・ジョバーナ…、よくわからんが

 ブチャラティ「(コイツには何か人に認められていく才能みたいなものがあるらしい)」


00203
00204
00205
 口に穴が空いてねーよな? とか好き勝手に、本当に好き勝手に言ってはる!

ジョジョの奇妙な飲尿健康法
 というワケで、クラゲに変え吸い取らせる、というのがジョルノのトリック
 もちろん、身体に吸収された点は変わらないハズで
 ファンには議論される課題!

 人間、顔には膀胱はありませんから、バッチイと言えばバッチイ…?

 喉から流し込むより、歯を経由して体の一部にするほうがマシかもしれません
 なあにかえって免疫がつく

 もちろん誰だって嫌でしょうし、私だって嫌ですけど。

 夢への覚悟があれば、飲尿も恐れないって事さ!

フーゴ『用心深いじゃないか…、感心だねっ』

00206
 特に、賢いフーゴ辺りは、明かさないジョルノを高く評価
 いや、「話せって言ってんだろ!」とか
 いきなりキレそうで怖いけど!

 ミスタは「ブチャラティは知ってるのか?」と、実用的な質問もしてきます

ブチャラティ『(まだチームとしてまとまるってワケにはいかねーが…、待ってる暇はない!)』

00207
00210
00220
00222
00224
00225
 見込んだ通り、一般市民からの信頼も厚い…!(ジョルノ)

地域密着型
 決断する時って今さ! と、行動開始したブチャラティは、決然と部屋を出て
 チーム、悪ガキ集団はチョットばかり困惑しながら
 後をゾロゾロ歩いて行く

 外では、町の人たちが気軽に声をかけ、ブチャの愛され方が再び描かれます

 涙目のルカは、暴力で他人に言う事を聞かせてましたが
 ブチャは正反対なのだと

 ジョルノが、幼い頃に憧れた男と同じ感じ、更にフレンドリー!

メニーニさん『ブチャラティ…、彼女、私の親友なんだけど…』

00227

 メニーニさん「彼女、私の親友なんだけど彼女の息子が彼女を殴るんで困ってるんだよ…
 ブチャラティ「そうか…、そいつは大変だな…、俺からよく言って聞かせるよ
 ブチャラティ「息子の名は?

 老婆「お願いします、本当は優しい子なんです…

 老婆「でも最近…、麻薬を」

 ブチャラティ「…?!」


00232

 ブチャラティ、あたしはこの界隈に50年住んでる
 でも最近、何か不安でしょうがない…、誰が売らしてるんだろうね…
 あたしゃ恐ろしいよ~…

 ねえ、守ってくれるよねえ、ブチャラティ…。あんたはあたしたちの味方だよねえ…


00235
00238
00241
00249
 ああ…、なんとかするよ…、なんとかするさ…!

信頼と覚悟
 決然としたブチャラティは、改めて、麻薬が蔓延する恐ろしさを感じていた
 老婆の、「優しい子なんです」はぶっちゃけ盛ってる感がありますが
 麻薬となれば話は別

 これもまた信頼、街の人たちの信頼と、組織への忠誠板ばさみチャラティ

 ボスを倒して乗っ取ろう、というジョルノの目的は
 渡りに船でもあるんですね

 渡りに船! フフフフフ!!

『出かけるってクルージングかよ! スゲーじゃんっ!!』

00250

 アバッキオ「いつヨットなんて手に入れたんだ?
 ブチャラティ「これから借りる

 アバッキオ「あ…?
 ナランチャ「なんだレンタルか…

 ミスタ「なぁブチャラティ、頼むからあの4番の船だけは借りないでくれよ?
 ミスタ「絶対、沈む…

 フーゴ「またァ~、だったら今、あそこに浮かんでませんよ~

 ミスタ「うるせー! だったらお前だけアレに乗れー!


00256

 ブチャラティ「ヨットを一艘、レンタルしたいのだが…
 店主「どうどどうぞ、泊まっている船、どれでも好きなのをお使いくださいっ
 ミスタ「四番以外だ…!

 ブチャラティ「オヤジ、あの左端のを頼む

 店主「解りました、鍵をお渡しします
 ブチャラティ「とりあえず、三日間のレンタルで頼む。幾らだ?

 店主「いーえ! ブチャラティさんから御代はいただけませんよっ! ご自由にどうぞ!

 ブチャラティ「すまないな
 
 ナランチャ「おやじー♪ 会計頼むぜッ! ニヒっ♪


00257
00263
00272
00273
00275
00276
00278
00279
00280
00284
00287
00292
00301
00302
00308
00312
00314
 アバ茶に続く、ジョロンジョロン事件パートⅡ、ミスタひでえ!

スパライトッ!
 出航! 美しき地中海! しかし1990年代らしく、ナランチャがラジカセを鳴らしていた
 閉口したミスタは、雑誌で隠して炭酸飲料をブッかけ
 壊して黙らせてしまう

 買ったばかりなのに!? ちきしょー! こんなもの売りつけやがって!

 電気屋のオヤジに怒るナランチャ!
 しれっと壊すミスタも酷いが、矛先を向けられたオヤジもいい迷惑である

 ミスタ、「透明なのがいいんじゃあないか」とか、解りやすく示唆するのもヒドい!

 あからさまに言っても、バレないって確信してる口調よッ!

ミスタ『おーい! ブチャラティー!!』

00322
 しれっと話題を作るミスタ、どこに行くのか、まだ話してもらってないのだ
 ブチャは、「陸も遠くなったからもういいか」と前置きする。
 その為の船!

 海の上なら、立ち聞きされる危険性もない、と。

ブチャラティ『行き先は…、カプリ島だ』

00324

 今朝、幹部のポルポが、自殺した!

  ミスタ 「何だって!?自殺ッ!ポルポが!」
  ナランチャ「ウッソだろ!? 
  フーゴ「どうして!?

 なぜ死んだのかはどうでもいい。ポルポは死んで当然の事をやってた幹部だからな…

  フーゴ「しかし、その事とカプリ島に、どういう関係があるんです?


00325

 実は、ポルポには隠し財産があるッ!
 その額は、100億リラだッ!

  アバッキオ「ひゃ…、百億…!?

 俺だけがその場所を知っているッ!
 ポルポに命令されて、隠したのは俺だからな!
 100億は俺たちのものだッ!

 そのカネがあれば幹部の座が手に入るッ!


00326

 ナランチャ「す…、スゲ!

 フーゴ「(やはり…、彼は“上”に行く男だ! 見込んだ通り、組織の幹部になる!
 アバッキオ「(このチャンスは
 アバッキオ「(幹部に気に入られる程の仕事ぶりがもたらしたもんだ…、さすがだぜ!

 ミスタ「(マジかよ…、一気にスゲー話になってきたなッ!

 ナランチャ 「どこだ!?
 ナランチャ「カプリ島のどこに、100億もの金を隠したんだよッ!ブチャラティーッ!


00328
00330
00332
00333
00335
00337
00338
00341
00342
00343
00344
00345
 それはまだ言えないッ! 隠し金の噂が組織の一部で流れているッ!

アバッキオの解釈
 突然の訃報、降って湧いた100億もの儲け話に盛り上がらないわけがないッ!
 50億ではない、カネは「100億」あったッ!
 が

 カネを確保するまで絶対に知られるわけにはいかないからなッ!!

 名調子で回答を保留するブチャラティ
 反応もそれぞれですが、「幹部になると見越してた」フーゴが賢いですね

 人を見る目があるし、幹部、という現実的な到達点なのが「賢い」って感じだ!

 アバッキオも、「どうして認められたか」を考える着眼点!

 ナランチャは徹底してアホっぽいなァ!(絶賛)

ガシャン!

00346
 しかし最高潮に盛り上がったとき、ナランチャ・ギルガが姿を消してしまう
 しかし、視点の関係上ブチャラティ以外は異常さを理解できず
 どうせどっかに隠れているんだろう…
 と、辺りを探し始める

 ジョルノから、ナランチャの靴を捥ぎ取るアバッキオ、信頼してなさが溢れてた!

ブチャラティ『このボックスの中に引きずり込まれたように…、俺には見えたんだ』

00347
00350
00351
00353
00356
00361
00362
00363
00368
00377
00382
00389
00390
00392
00394
00395
00406
00409
 アバッキオ、ジョルノ、お互い離れんじゃねーぞ! 攻撃されている!

新手のスタンド使い
 不注意に飛び降りたミスタ、探したフーゴ、彼らは視界から消えた瞬間に消失
 特にナランチャは、どうやっても人間が入る場所でない為
 どういう攻撃手段か解らない!

 隠し財産の噂、ポルポの死、両方知る敵は、組織の者看破

 攻撃が始まったのは
 今、「隠し場所は後で!」とお父さんブチャラティが言ったのでキレたらしい

 もう面倒だから、ブチャラティ以外ブッ殺して脅してやる…、と

 むしろ、ズッケェロの性格的によく我慢した!

 感動した!

ブチャラティ『海の上ならどこにも逃がさず、じっくりとやれるからな…』

00410
 情報を隠すべく、レンタル・ヨットを選んだブチャティはさすがでしたが
 かえって、海の正倉院密室と化してしまって逃走不能
 マズい状況になったと

 船とか飛行機とか、ジョジョは、乗り物に乗ると襲われるから仕方ないね!

ジョルノ『いえ、ナランチャ達は生きています

00411

 アバッキオ「ナランチャたちは死んだと?
 ブチャラティ「そうは言ってない…。

 ブチャ「だが100億のためだ…、同じ組織のモンだろうが平気で殺しをやるだろう

 ジョルノ「いえ、ナランチャたちは生きています」

  この船のどこかにいます
  人質として利用しようとしているのか知りませんが、とにかく生きています

 アバッキオ「ジョルノ・ジョバァーナ! 何でおまえさんによ~、ハッキリとそんな事がわかる?


00412

 僕のスタンドで、ナランチャの靴を蠅に変えました

 蠅は主人であるナランチャのところに戻ろうとしています
 ナランチャが死んでいれば、ああいう風に捜すように飛び回らない

  ブチャラティ「探せるのか!!?

 生きてはいます。

 生きてはいるんですが…、船室に降りていくでもないロッカーの中でもない。
 なかなか蠅がとまらないんです。

 さっきからずっと、あのあたりをナランチャを捜して飛んでいるんです


00423

 アバッキオ「何だこいつの能力は…!?
 ブチャラティ「いいから黙って聞け

 ジョルノ「ナランチャは、あの船室への入り口辺りにいます。

 それは確かです。

 しかし、なぜか蠅は見つけられないで方向を見失っているんです。
 ナランチャのいる所を敵のいる所と考えていいと思います。

 つまり敵は、どこかの物陰にただ隠れて攻撃して来てるって事じゃあないんです

 ブチャ「なるほど、敵の能力の謎を見極めない限り、迂闊に近づいたらやられるって事か?

 ジョルノ「ええ! しかし隠れて襲う能力という事は逆にそれが短所!

 謎さえわかればヤツを倒せるという事です 


00427
00432
 困惑するブチャラティたちに、力強く断言するジョルノ

探索限界
 ゴールド・Eによる帰巣本能、以前、同じ事をされたブチャラティは納得します
 しかし今回、蝿が戻りたくても戻れない
 かといって見失う訳でもない

 ただこの状況、敵の弱みを掴み、勝因を得たとも捉えられる!

 殺さず、しかし一撃で戦闘不能にしてしまう上
 姿を隠せる能力

 ウーン、なんて便利だ! でも正面きって来ないなら直接戦に不向き

 使い手が直情的で、使い勝手を損なってるタイプなのかも

ブチャラティ『おまえのスタンドなら…、アバッキオ! ああいうヤツは…!倒せるかもな…』

00440

 ブチャ「おまえのスタンドなら…、アバッキオ! ああいうヤツは…!倒せるかもな…
 ジョルノ「倒せる?

 ジョルの「あなたの能力で謎が解けるんですか?

 アバッキオ「さあな…

 ブチャ「おいアバッキオ! お前こんな時に、つまらねー事にこだわってんじゃあねーだろうな!

 アバッキオ「つまらねー事?

  いいや…、俺の安全に関わる事だ…
  俺はこんな信用できねーヤツの前で、自分のスタンド能力を簡単に見せるわけにはいかない


00442

 ブチャラティ…、お前はこいつらのどこを信用してるのか知らねーが
 俺はこいつと仲間になんかなったつもりはねーぜ

  ブチャラティ「敵の謎を解かなくては俺たちは皆殺しだぞッ!

 だからそれはッ!
 この信用できねえガキが言ってるだけの推測だぜ、臆病な想像だけで、見たわけでもないのにな!
 敵は下の船室のどこかに、ただ隠れているだけさ

 今見つけ出して…、俺がブチのめしてやるさ!


00445
00454
00458
 信頼を得るのは難しい。アバッキオは、なかなか承諾してくれない

アバッキオの事情
 アバッキオ視点で考えれば、ジョルノ登場と共に、一気に事態が動き出した
 遺産騒動、敵に襲われた事だってそう
 ジョルノこそ怪しい

 極端な話、ジョルノこそ敵側だ、と疑うのも仕方ないところか

 加えて、アバッキオのスタンドは非常に特殊である為
 信頼できないのは困る!

 更に更に言えば、アバッキオの経歴上、信頼できなくても仕方ない気もする!

 アバ茶も飲ませたし! アバのティータイムしちゃったし!!

ジョルノ『謎を解かなければ近づいただけで確実にやられます』

00460

 ジョルノ「謎を解かなければ近づいただけで確実にやられます

 アバッキオ「やかましいぞ!! …ン?このガキが~~~!

  ジョルノ「このジョルノ・ジョバァーナには夢がある!

 アバッキオ「何言ってんだおまえ?

 ジョルノ「謎を! 解けるんですね?お願いしますよ

 ブチャラティ「ジョルノ!? お前、一体何を?!



00461
00467
00468
00473
00474
00478
00479
00482
00489

 ブチャ「ジョ…、ジョルノ!?
 ブチャ「あそこに敵がいるぞッ!ヤバい!ジョルノがヤバいッ!

 ブチャラティ「…アバッキオ?!

 アバッキオ「ジョルノ・ジョバァーナ! コイツ…、クレイジーな野郎だな
  証明するためにか?

  どうかしてんじゃあねーのか!


00490
00492
00496
00500
00502
00505
 ええ、どうにかしてるのもジョースターの家系だぜッ!

夢がある!
 納得してくれないアバッキオに行動で示す! その為、囮となったジョルノ!
 彼は、急に伸びてきた腕に刺され
 見る間に萎びてゆく

 概要は次回! ともかく、この男気にアバッキオが応えた!!

 侮辱で歓迎したアバッキオ
 しかしそれでも、この人がなんとかしてくれると「信頼」したジョルノ

 何よりジョルノが、ブチャラティを信頼してるから出来る芸当というべきか!

 他人に認めさせる才能を示し、次回に続く!

公式ツイッターより





















2018年11月3日 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5話「ポルポの遺産を狙え!」

00276
 シリーズ構成脚本&監督絵コンテの主力スタッフ回に

スタッフ
 脚本:小林靖子
 絵コンテ:津田尚克
 演出:亀井隆弘
 作画監督:高阪雅基、藤本真由、SHIN HYUNG WOO、石本峻一
 アクション作画監督:-
 総作画監督:石本峻一
 アニメ制作:David Production Inc.
 原作:荒木飛呂彦/週刊少年ジャンプ 1994~1995年
 制作協力:-

あらすじ
 ?

次回、アバッキオが見せる“見せたくないスタンド”の真価とは

00062
00080
00084
00087
 仲間達、チームの登場回だけに、監督絵コンテの珍しい回に。

信頼
 ポルポに信頼されていたから、ブチャラティは遺産、幹部への道を掴む事が出来た!
 また今回、完全に忘れてた台詞が「イチゴケーキが食いてーんだよ!」で
 ミスタの強面と相まって爆笑しましたわ!
 フーゴのキレっぷり!

 台詞で、それぞれの性格をしっかり描こうとしてるのも面白いところ

 特にフーゴは、「幹部になると見込んでた通りだ!」の台詞が
 こう…、賢いし現実的って言うか。

 婆ちゃん達の信頼に応えようとするブチャラティも、動機を掘り下げてかっこいい

 次回、ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第6話「ムーディ・ブルースの逆襲」
 
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第6話 感想

 ジョジョ 5部 第5話「ポルポの遺産を狙え!」
 50億リラの隠し財産
 4つのものから、ひとつ選ぶのは、縁起が悪いんだ!
 お茶でも飲んで…、話でもしようや…
 Bパート「クルージング」
 行き先はカプリ島だ
 攻撃されている!
 アバッキオのスタンドなら   
 制作スタッフ
 ジョジョ 3部 感想
 ジョジョ 4部 感想
 ジョジョ 5部 これまでの感想
 トップに戻る

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダーズ 感想

 スターダストクルセイダース 第1話「悪霊にとりつかれた男」
 スターダストクルセイダース 第2話「裁くのは誰だ!?」
 スターダストクルセイダース 第3話「DIOの呪縛」
 スターダストクルセイダース 第4話「灰の塔<タワー・オブ・グレー>」
 スターダストクルセイダース 第5話「銀の戦車<シルバーチャリオッツ>」
 スターダストクルセイダース 第6話「暗青の月<ダークブルームーン>」 
 スターダストクルセイダース 第7話「力<ストレングス>」
 スターダストクルセイダース 第8話「悪魔<デビル>」
 スターダストクルセイダース 第9話「黄の節制<イエローテンパランス>」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その1」
 スターダストクルセイダース 第10話「皇帝と釣られた男<エンペラーとハングドマン> その2」
 スターダストクルセイダース 第12話「女帝<エンプレス>」
 スターダストクルセイダース 第13話「運命の輪<ホウィール・オブ・フォーチュン>」
 スターダストクルセイダース 第14話「正義<ジャスティス> その1」 
 スターダストクルセイダース 第15話「正義<ジャスティス> その2」
 スターダストクルセイダース 第16話「恋人<ラバーズ> その1」 
 スターダストクルセイダース 第17話「恋人<ラバーズ> その2」
 スターダストクルセイダース 第18話「太陽<サン>」
 スターダストクルセイダース 第19話「死神13<デスサーティーン> その1」
 スターダストクルセイダース 第20話「死神13<デスサーティーン> その2」
 スターダストクルセイダース 第21話「審判<ジャッジメント> その1」 
 スターダストクルセイダース 第22話「審判<ジャッジメント> その2」
 スターダストクルセイダース 第23話「女教皇<ハイプリエステス> その1」
 スターダストクルセイダース 第24話「女教皇<ハイプリエステス> その2」
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その1」 
 スターダストクルセイダース 第25話「愚者のイギーとゲブ神のンドゥール その2」 
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」
 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第27話「“クヌム神”のオインゴと、“トト神”のボインゴ」
 スターダストクルセイダース 第28話「“アヌビス神”その1」
 スターダストクルセイダース 第29話「“アヌビス神”その2」
 スターダストクルセイダース 第30話「“バステト女神”のマライア その1」
 スターダストクルセイダース 第31話「“バステト女神”のマライア その2」
 スターダストクルセイダース 第32話「“セト神”のアレッシー その1」
 スターダストクルセイダース 第33話「“セト神”のアレッシー その2」
 スターダストクルセイダース 第34話「ダービー・ザ・ギャンブラー その1」 
 スターダストクルセイダース 第35話「ダービー・ザ・ギャンブラー その2」
 スターダストクルセイダース 第36話「ホル・ホースとオインゴ その1」
 スターダストクルセイダース 第37話「ホル・ホースとボインゴ その2」
 スターダストクルセイダース 第38話「地獄の門番ペット・ショップ その1」
 スターダストクルセイダース 第39話「地獄の門番ペット・ショップ その2」
 スターダストクルセイダース 第40話「ダービー・ザ・プレイヤー その1」
 スターダストクルセイダース 第41話「ダービー・ザ・プレイヤー その2」
 スターダストクルセイダース 第42話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その1
 スターダストクルセイダース 第43話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その2
 スターダストクルセイダース 第44話「亜空の瘴気 ヴァニラ・アイス その3」
 スターダストクルセイダース 第45話「DIOの世界 その1」
 スターダストクルセイダース 第46話「DIOの世界 その2」
 スターダストクルセイダース 第47話「DIOの世界 その3」
 スターダストクルセイダース 最終話「遥かなる旅路 さらば友よ」

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 感想

 ダイヤモンドは砕けない 第1話「空条承太郎! 東方仗助に会う」 
 ダイヤモンドは砕けない 第2話「東方仗助! アンジェロに会う」
 ダイヤモンドは砕けない 第3話「虹村兄弟 その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第4話「虹村兄弟 その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第5話「虹村兄弟 その3」
 ダイヤモンドは砕けない 第6話「広瀬康一(エコーズ)」
 ダイヤモンドは砕けない 第7話「間田敏和(サーフィス)」
 ダイヤモンドは砕けない 第8話「山岸由花子は恋をする その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第9話「山岸由花子は恋をする その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第10話「イタリア料理を食べに行こう」
 ダイヤモンドは砕けない 第11話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第12話「レッド・ホット・チリ・ペッパー その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第13話「やばいものを拾ったっス!」
 ダイヤモンドは砕けない 第14話「漫画家のうちへ遊びに行こう その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第15話「漫画家のうちへ遊びに行こう その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第16話「狩り(ハンティング)に行こう!」
 ダイヤモンドは砕けない 第17話「岸辺露伴の冒険」
 ダイヤモンドは砕けない 第18話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第19話「「重ちー」の収穫(ハーヴェスト) その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第20話「山岸由花子はシンデレラに憧れる」
 ダイヤモンドは砕けない 第21話「吉良吉影は静かに暮らしたい その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第22話「吉良吉影は静かに暮らしたい その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第23話「シアーハートアタック その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第24話「シアーハートアタック その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第25話「アトム・ハート・ファーザー」
 ダイヤモンドは砕けない 第26話「ジャンケン小僧がやって来る!」
 ダイヤモンドは砕けない 第27話「ぼくは宇宙人」
 ダイヤモンドは砕けない 第28話「ハイウェイ・スター その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第29話「ハイウェイ・スター その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第30話「猫は吉良吉影が好き」
 ダイヤモンドは砕けない 第31話「7月15日(木)その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第32話「7月15日(木)その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第33話「7月15日(木)その3」
 ダイヤモンドは砕けない 第34話「7月15日(木)その4」
 ダイヤモンドは砕けない 第35話「アナザーワン バイツァ・ダスト その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第36話「アナザーワン バイツァ・ダスト その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第37話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1」
 ダイヤモンドは砕けない 第38話「クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その2」
 ダイヤモンドは砕けない 第39話「さよなら杜王町 -黄金の心-【最終回】」


 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第1話「黄金体験(ゴールド・エクスペリエンス)」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第2話「ブチャラティが来る」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第3話「塀の中のギャングに会え」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第4話「ギャング入門」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5話「ポルポの遺産を狙え!」
 ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第6話「ムーディ・ブルースの逆襲」