公式サイト 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第5話 感想 ありったけの嘘を君に レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 1時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
偽の恋人達に“心配する”麻衣。朋絵を襲う噂! 恩返しの要求、咲太が告げた言葉は

00160
00494
00347
ありったけの嘘とは、「友達になってくれ」に、嬉しかったフリした事だったんでしょうか
 本当は、言われて辛かった、ショックだったのを押し隠した
 朋絵が咲太に、嘘をついた話だった…?
 どう足掻いても“友達”だと
 
 童貞と処女、取り繕いたがる朋絵が、隠さず“方言で”笑うのが可愛かった!

朋絵を襲う「サセ子」の噂
 元々ヤれる彼女を欲しがってたとか、ビッチ、と噂を流すとかもう酷かったクソ沢先輩…
 対し、明らかに暴力沙汰を企んだ咲太、どうするのかドキドキした!
 国見に、いよいよドッキドキする双葉かわいい!
 叶わないと示唆され不憫…!

 麻衣さん、サンタは休める職業だ、と彼の思考回路を理解しててラブい!

青ブタ 第5話 感想

00505
 青春ブタ野郎 第5話「ありったけの嘘を君に」
 フリが本気にならなきゃいいけど
 6月29日(日)「前沢先輩ってどんな人?」
 初デートは新江ノ島水族館
 クラスメイトの米山奈々さん
 6月30日「風邪」
 Bパート「7月2日(水)もものかんづめ」
 国見に気付かれる!
 古賀朋絵の悪い噂
 7月7日(月)「桜島先輩が見てる」
 ありったけの嘘を君に
 感想追記
 公式ツイッターより 
 制作スタッフ
 これまでの感想

麻衣さん『…“ふり”が本気にならなきゃいいけど』

00040
 対し咲太は、自分は麻衣一筋ですと熱弁ッ! しかし…。

解ってないならそれでいい
 一応、答え合わせはされてませんが、“朋絵が本気になるんじゃ?”と誤解したのね
 つまり麻衣さん、咲太が惚れられると思ったのだ!
 おお恐ろしい子!
 愛か!

 また咲太が、そんな自覚的な男だったら、それはそれでガッカリだから?

 だから「解ってないなら良い」と言ったんでしょうか

「かわいい」は作れる! 踏み出すかえで、偉大な先人だった朋絵

00072
 おしゃれに目覚めたかえで、朋絵と仲良くなるきっかけにもなるのかしら

あらすじ
 突然押しかけた麻衣は、かえでと名前で呼び合う仲になり、謎めいた言葉を残して去った
 翌6月29日(日)、咲太は古賀朋絵と江ノ島でデートをし
 努力して、“今の彼女”になった事を聞き
 距離を縮めた

 だが麻衣不在の一週間、朋絵にフラれた前沢先輩悪い噂を流す

 麻衣が帰ってきた翌7月7日(月)、咲太は前沢のケンカを買い
 彼の油断を誘って、面目丸潰れに追いやった

 朋絵への黒い噂は晴れたが、彼女が咲太に恋する程、麻衣の存在がチラついてしまう

 次回、青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第6話「君が選んだこの世界」

6月28日夜、あ! やせいの 麻衣先輩が らんにゅうしてきた!!

00001
 前回、咲太は“ラプラスのプチデビル”事件で6月27日を3度繰り返し
 後輩、古賀 朋絵と付き合ってる不利をする事になった
 ニセコイである

 しかし決めた矢先に麻衣さんが乱入し…?

麻衣さん『ふぅん…、事情は分かったわ』

00002
00004
00005
00007
 私が𠮟ると、咲太喜ぶじゃない(麻衣さん)

脚の肚の探りあい
 麻衣先輩は怒らなかった、歴史的ガッカリである
 むしろ痛いところをついてきた
 と

 だから釈然としないのっ! 何を隠してるのよっ

 前回、麻衣さんなら楽しそうに𠮟ってくれるだろう…
 と、楽しそうだった咲太

 その思考パターンを読まれてきたとか、開幕でイチャイチャしてる!

咲太『…実はさっきから、麻衣さんの脚見て興奮してる…』

00009
 それは解ってるわよ! と、解ってなかったエロス先輩はさておき。
 前回、咲太が「偽の恋人関係」を散々断わったように
 咲太は嫌がると知ってるのだ。
 何故だ?と
 
 決して、喜んで請け負い、騙してホテルで押し倒すタイプではないのだ。

麻衣さん『……、いいから、さっさと白状しなさい!』

00010
00013
00016
00018
00019
00021
00024
 つまらない/真面目な話をしたらそれ!?

彼の動機
 朋絵は「恥ずかしい」と言った、妹のかえでが、不登校になった原因と同じ事を。
 クラス内で、居場所がなくなってしまうと恐れていたんです
 と

 妹さんの事を持ち出されたら、文句なんて言えないっ

 話がつまらない
 のでなく、「文句が言えなくてつまらない」と言う麻衣さん

 業界用語でいう女神である。

 マイサン!

『今回だけは、大目に見てあげるっ』

00026
 ありがとうございますっ! 慈悲深き至高の御方に頭を下げる咲太!
 ドゲザ! 最大の感謝だとコジキにも書いてある!
 ありがとうございます!

 自室で全裸土下座プレイ!

『でもそうねえ…、ただ許すのも今後の為にならないから、相応の誠意を見せなさい?』

00027
00028
00030
00034
00037
 言われて抱きしめにかかる咲太。全裸で。

誠意だぞ!
 悪いと思うなら誠意を見せなさい、と鉄華団ヤクザみたいな事を言う麻衣さん
 具体的には、自分で考えなさいな?
 と言ったらコレだよ!

 だから誠意を…/それは性欲ッ!

 ハハッ、怯える麻衣さんは可愛いなあ!
 後の性意大将軍である。

 ご褒美だよコレ!

咲太『ン…、じゃデート! 来週の日曜日、鎌倉へ、紫陽花を見に…、ぐわっ!?』

00039
00040
00042
00046
00048
 あ、そうだ。これあげる

いい顔!
 誠意! そうだ、デート行こう。と提案した咲太は、二度蹴られて更に美味しかった
 明日から二週間、鹿児島にしろくまを食べに撮影に行くのだ
 復帰した麻衣さんは忙しい!

 鹿児島に行ってる間、これを麻衣さんだと思えと…/妹さんによ!

 バニーガールの衣装を?
 と思ったら、ファッション雑誌の撮影で使ったおしゃれ服

 これを妹さんをおしゃれさせたら、外に、出てみたくなるんじゃあないかな?

 決して、匂いを嗅いだり食べたりする用ではない。

『今年で15歳でしょ? おしゃれをしたら、ちょっとは外に出てみたいって気持ちになるかもしれないし』

00049
 呆けた咲太に、困惑する先輩がひたすら可愛い!
 彼女が、妹を気にかけてくれてたのが意外で
 咲太は意表を突かれたのだ
 嬉しかったのだ

 彼女は、テレビの向こう側の人じゃない、妹を気にかけて“くれていた”と。

 麻衣さんが困惑した、ごく当たり前の事と思っていたのが尊い。

咲太『かえで、呼んで来ますっ』

00050
00051
00052
00053
00057
00058
00062
00065
00066
00067
 ち、違います! 忍者ごっこをしていたワケではありませんっ!

ザ・ニンジャ
 よく分からない否定をする妹と、「そうか、盗み聞きしてたのかと思った」という
 そうか、盗み聞きしてた妹なんていなかったんだね!
 兄弟仲がいやらしく良くて結構

 これ、麻衣さんから/着てみたら?

 妹がいる為か、かえでにはひたすらニコやかな麻衣さん
 彼女自身、妹が可愛いんでしょうか
 
 テレビに出てる人と知った後も、なお警戒しているかえで。しかし…

『うん…、かわいいっ!』

00072

 麻衣さん「うん…、かわいいっ!
 かえで「こんなの初めてだから…、恥ずかしいです

 咲太「麻衣さんに、お礼言わないとな?

 かえで「あっ! ありがとうございますっ
 麻衣さん「どういたしましてっ

 かえで「あの…


00074
00078
00079
00080
00081
00082
 かえでも…、まいさん! って呼んでいいですかっ!?

猫かわいい
 思わぬ贈り物、初めての服装にどぎまぎしたかえでは、決然とした表情で言った
 全米震撼、歴史的勇気に麻衣さんも一瞬困惑し
 やがて花が咲くように笑った

 い…、いいわよ! 私も、かえでちゃん、って呼ぶねっ/は…、はいっ!

 麻衣さんの、「いいわよ」に万感がこもっておった…
 ハッとした感じが本当にいい

 この瞬間、麻衣さんは、“警戒すべき外の人”から親しみある人になったのね

 良かった…、ニンジャかえで救われて本当に慈悲があった…。

咲太『今日はありがとうございましたっ』

00084
 帰り際、咲太は改めて例をする。麻衣は「何よ改まって」と言うが
 妹が、ひきこもって以来久々に“他人と話した”のが
 本当に嬉しかったのだと。

 麻衣さん、素直な咲太はいじりがいがなーい!つまり「つまらない」と言う

 つまらないと楽しそうに言うんだ、この人は!

麻衣さん『…“ふり”が本気にならなきゃいいけど』

00088

 フリが、本気にならなきゃいいけど
 あの一年生の事よ

 明日はバイトの後、デートなんでしょ?

  咲太「…! 僕は麻衣さん一筋なので、大丈夫です!


00093
00095
00097
00098
 …、解ってないなら良い。おやすみっ!

それで君はいいんだよ
 恋人のフリに、本気にならなきゃいいけど、と呟いた麻衣さんだったが
 対し咲太は、「僕は麻衣さん一筋です!」と返す。
 が、それは“解ってない”んだ、と

 咲太は、解ってます、僕は麻衣さん一筋です!と言ったつもりが…?

 果たして何が解ってないのか
 これから一週間、撮影で空ける前の最後の会話は謎めいた形に

 これが麻衣さんとの最後の会話だったのだ

 さすが年上、って風格で去っていきましたねえ…。

咲太『くにみー、バスケ部に前沢って先輩いるよな?』

00100
 6月29日、咲太が訊ねると、国見は“学校一バスケが上手い”と返してきた
 そんでモテる、と、例の告白先輩を褒める国見に
 その調子で、嫌いになれる情報をくれ
 と

 バスケが上手くてモテる、“ひがみ”として、嫌いになれると思った咲太

『その調子で、もっと嫌いになれそうな情報をくれ~…』

00108

 咲太「説明しにくいんだが、良い人だと、僕の良心が痛む…
 国見「…?

 ま、あんま他人のこと悪く言いたくないけど

 昨日の部活帰りに、「今の彼女がぜんぜんヤラせてくんないから、もう別れる」
 みたいな事を言ってたな?

   咲太「…ってか、彼女いるのか?!

 いるよー?
 別のガッコーのサンネン
 後、昔の彼女の事も、しょっちゅうボロクソに言っててさー…

 こうはなりたくないなー…、って思う


00110
00112
 貴重な情報サンキュー…、これで良心を痛めずに済む

双葉に好かれてる国見
 これだけ思っていながらも、まずはプラスの情報だけ持ち出した国見はいい奴です…
 それも、相手が咲太、咲太の妙な要望だからぶっちゃけたんだろう
 と、思うとやっぱり好男児

 前沢先輩、ヤれる彼女欲しさに目を付けたのか…。

 押しに弱い朋絵を託したら、彼女が傷付くだけなのは明らか。
 彼、女をとっかえひっかえするタイプだったと。

 また国見自身は、真逆だとも示唆

 双葉は、そういうところも好きだから、無理ゲーだと行き詰ってるんでしょうか

朋絵『お…、お待たせっ』

00114
 やがて駅で待ってると、約束5分遅れ、15時35分に朋絵が到着
 遅刻だ、顔が赤いぞー、とさっそくからかった咲太だが
 準備があったと朋絵も返す

 彼女なりにめかしこみ、彼の反応を窺っている、と
 
咲太『準備ねー…、…ま、可愛いな』

00116
00117
00119
00124
00126
00131
 スマホがないと人は死ぬのか?/死ぬよー!

全く解らない!
 おざなりに、半ば悪口のように褒める咲太に、おずおずと返す朋絵
 続けて、「ミニスカじゃないのは減点」「生脚だから許す」と
 積極的にセクハラ!

 からかわれ、元気を取り戻した朋絵は、LINEのIDを訊ねます

 が、以前、妹の件でスマホを投げ捨てた咲太は
 その点でも正反対なんですね

 朋絵にとって、咲太がどんどん宇宙人と化していく…!

朋絵『…ふわぁ~』

00137
 いきなり欠伸か、と呆れる咲太と、寝てない朋絵
 ああ、そうかデート前で緊張してたんだな
 愛い奴め…

 というパターンかと思ったら、これがまるで違った!

咲太『デートが楽しみで?』

00141

 昨日の2時過ぎまで皆でグループメッセージしてて
 その後、動物の面白動画を見てたら
 朝になってた…

 あとデートの予習をちょっと

  咲太「さっさと寝ておけよ… 

 みんな起きてるのに、あたしだけ寝るなんて無理!

  咲太「動物の面白動画は、暇なときでいいだろ~?


00147

 みんな見たことあるって言ってたし
 話に入れないと困る!

 玲奈ちゃんのお勧めなんだよ!

  咲太「また玲奈ちゃんねえ…

 あ、そうだ! 感想!!


00149
00151
00152
00153
 咲太、からかったハズが、想定外の答えが返ってきたでござる

お兄さんはついていけない
 LINEを延々やり続ける事を…、強いられているんだ! そんな現代の問題
 電話をなかなか切れない、テレビを見てないと輪に入れない
 何時の世代も変わらない問題

 問題は、LINEは一対一じゃないので、話題が尽きにくい事か

 また昔なら、家族が野球を見てたから見れなかった
 など、まだ言い訳に幅がありましたが
 スマホは便利で厄介ね…

 大人が、ママ会、飲み会、ゴルフと付き合いを必要とするのにも似てますね

 学力、体力、お肌に悪い! 誰も得をしないじゃあないか…!!

毎度お馴染み、新江ノ島水族館を訪れた二人。深夜アニメでも頻出する気がする

00155
 前身は1954年オープンだが、2004年に、事実上の後継施設としてオープン
 比較的新しく、充実した展示に古賀朋絵は夢中な様子
 そもそも、ちゃんと着飾ってさえいない咲太と
 ちょっとした好対照である

 さっきのセクハラで、すっかり調子を取り戻し、はしゃぐ様子は完全に妹であった

 咲太、疲れてベンチで休んでそうな雰囲気さえある…!

『先輩、目が死んでる♪』

00156

 朋絵「先輩、目が死んでる♪
 咲太「普段と同じだろ?
 朋絵「じゃあ、普段から死んでるんだ?

 朋絵「えへへっ♪

 朋絵「あのペンギン…、なんか先輩っぽい


00157

 咲太「なら、古賀はあの元気なペンギン?
 朋絵「私は…、違う

 朋絵「後ろから、皆についていってるペンギン

 咲太「お尻も大きいしな
 
 朋絵「真面目な話だったのに!


00158
00159
00160
00162
00163
00164
00166
00168
00172
 もうホント、そのまま付き合っちゃえよという構図である。

先輩ペンギン
 そも偽デートは、友達を納得させる為なので、証拠写真に余念のない朋絵
 なんですが、あっけらかんと互いを腐しながら回る姿は
 特に朋絵さんてば、もう本心から楽しそう
 楽しそうで良かった

 動画チェックとか、学校外でさえ、空気を読まなきゃやってられないご時勢

 特に咲太達は、バカにしあうようなやりとりが目立ちますが
 上辺を取り繕うのと正反対なんですね

 口ではバカにし、信頼しあってる咲太達。対して古賀朋絵たちは…。

司会『やっと起きたようですね~、ショーはもう終わりなんですが…』

00174

 司会『やっと起きたようですね~、ショーはもう終わりなんですが…
 お客「あははははははっ」

 朋絵「あはは…、みんなに笑われても平気で、ホントに先輩そっくりじゃん♪

 朋絵「あっ…
 咲太「…どうした?

 朋絵「……あのね、中学まで、私こんなんじゃなかったの


00175
00177
00179
00181
00182
 これは…、イモだな/だから見せたくなかったんじゃんッ!

可愛いじゃん!?
 ふと、ガラスに映った“自分”に思い出したのは、朋絵自身の事だったんですね
 昔の自分は、忘れたいほどダサかった
 だから変わったんだと

 自分で見せといて!?

 昔は地味なグループにいたけど
 東京へ引っ越すと決まり、浮かないよう必死こいて今風になった

 曰く、“こんな風になっちゃった”と。

咲太『気に入ってないのかよ、今の自分』

00187

 朋絵「気に入っている…、すごく好き

 咲太「だったらなに悩んでんだよ、鬱陶しい 

 どうせ思春期丸出しで、本当の自分はこんなんじゃない…、
 とか思ってんだろ?

  朋絵「そ…、そうだけど

 咲太「ウザいわ
 朋絵「ひど!?


00189

 咲太「前がどうだろうと、今のその姿が古賀だよ

 きっかけがどうあれ
 古賀は、「なろう」と思って努力して、そうなったんだろ?

  朋絵「…うん」
  咲太「で、今の自分が気に入ってるんだろ?

 それなのに本当の自分じゃないとか、その方がどうかしてるって


00192
00193
 なんか悔しい、先輩に言いくるめられたみたいで

自分探し
 朋絵は今、確かに無理して周りに合わせてる。でも全部否定する事はないのね
 実際に、「今風になろう!」と頑張っても出来ない人間もいるし
 努力を形に出来ただけ立派

 動機はどうあれ、今の自分を気に入ってるなら、ちゃんと認めてやるべき!

 でも人間って、自分には甘いくせに「自分を認める」って難しい気がします
 気恥ずかしいんでしょうか

 朋絵も、“彼女自身が思ってる事”を、後押しする格好で上手くいったようです

 咲太は背中を押してやっただけ、ケツを蹴ってあげた格好なのね

『…あ、クラスメイトの米山さん』

00197
 そこで見つけたのは、それこそ、垢抜けない印象の米山さん
 不穏な様子に、何かのイジメでも受けたのかと思いきや
 ストラップを落として探していたらしい

 皆でお揃いを買ったから、失くしてしまったら困る

 買い直すにしても、在庫がなかったんでしょうか

米山『古賀さん…? それに…』

00203

 米山「古賀さん…? それに…、一周回ってアリの先輩?
 咲太「それ、ホントに浸透してるんだな…
 米山「ご、ごめんなさい!

 朋絵「何か探してるの? あたしも一緒にさがすよっ

 米山「え、い、いいよ!
 米山「古賀さんは、香芝(玲奈)さんのグループだし…

 一周先輩「三人で探したほうが、早いだろ
 朋絵「先輩も、こう言ってるしっ


00207
00211
00212
00214
 ふふんっ、先輩は変な人だけど、怖くはないからっ♪

グループ
 微笑ましいのが朋絵のドヤ顔、米山さんは、咲太を怖がってるんですね
 対し、「私はどんな人か知ってるよ!」と言いたげで
 芽生えたての信頼が可愛い

 咲太、アダ名の浸透っぷりにも笑えます

 米山さんと並ぶと、朋絵がいかに今風に着飾った子なのか
 と、対比に感じるのも面白い

 そしてグループが違えば、助け合うのも困難。ちょっとした戦国時代ですね

 米山さん、スタイルいいから「野暮ったさ」が際立つ!

咲太『…? あ、あれじゃないの?』

00221
00222
00223
00224
00227
00228
00230
00233
00237
00239
00240
 風邪引いたか~? 玲奈ちゃんから聞いたっ

みかん缶
 ストラップは見つかったが、波によって攫われようとする真っ最中!
 朋絵は、我が事のように慌てて身を呈し
 翌、6月30日に風邪を引く

 途中で学校の外出るの、校則違反だよ/じゃあ要らないな?

 咲太、登校後に話を聞いて抜け出したんですね
 風邪には缶詰が一番!

 つくづく咲太は、朋絵にとって、“他とは違うことをする先輩”なんですね

 それも、他人の為にルールを破ってくれるタイプの人。

『あーんの方が良ければ、してやろうか?』

00245

 朋絵「途中で学校の外出るの、校則違反だよ
 咲太「じゃあ要らないな?
 朋絵「…たべるっ

  咲太「あーんの方が良ければ、してやろうか?

 朋絵「食べにくいからいい…

  朋絵「…ねえ先輩、なんであたしの無茶なお願い、聞いてくれたの?

 咲太「古賀が必死に頼んできたからだよ
 朋絵「私の事を、ほとんど知らないのに?


00249

 咲太「尻を蹴りあった仲だろ~

 朋絵「もー、真面目に聞いてるのに~

  咲太「でも、あの時“古賀は良い奴だ”と思った…
  咲太「後はぶっちゃけ、可愛いから

 朋絵「またふざける…

  咲太「古賀がブサイクだったら、同じ風にしてたか分からない…
  咲太「男なんてそんなもんだ

 朋絵「してたよー、先輩はっ

  咲太「風邪なら休めば良かったのに


00250

 朋絵「休んだら、皆の話についていけなくなるもん
 咲太「一日くらいで?

 朋絵「その一日が命取りなのっ!

 咲太「保健室で寝てたら一緒だろ~
 朋絵「今も保健室にいること、教室の皆にどう思われてるのか、気になってる…

 咲太「自意識過剰だな、古賀って…


00255


 朋絵「先輩がおかしいんだよ!
  皆に変な目で見られたり、笑いものにされたりして
  どうして平気なの!?

 咲太「別に、全人類に好かれる為に生きてる訳じゃないし

 朋絵「私は、皆に好かれたい! …てか、嫌われたくない

 咲太「僕はたった一人でもいいけどね
 咲太「世界中に嫌われたとしても、その一人が必要としてくれたら、生きていける…

 朋絵「……


00262
00267
00270
00271
 ブサイクでも先輩ならきっと助けた、という朋絵と、解りやすく話をそらす咲太

みかんの記憶
 咲太が話を受けたのは、妹の事情があるから。と冒頭では話しましたが
 それとは別に、少女を守る為に果敢に飛び出していったり
 蹴った分“おあいこにしよう”としたり

 度々出るケツ事件で、こいつは良い奴だ、と思ったのも確かなんでしょうね

 また、今の自分に、少なからぬ疑問を持っている朋絵にとって
 真逆な咲太は気になる存在に

 こいつは良い奴だ、逆に国見が、前沢を否定した一件の思い出しますね

 日頃の行いは、やっぱり周りの見方も変えていくものだと。

朋絵『はいこれ、一昨日のお返し』

00273

 朋絵「はいこれ、一昨日のお返しっ
 咲太「何故、桃巻…?
 咲太「桃尻だけに?

 朋絵「ヘンタイ禁止!

 咲太「今夜はコレを、古賀だと思って美味しく頂くかな~

 朋絵「わぁぁああ?! あ、あほー!
 朋絵「い、言っとくけどあたし、そこまでお尻大きくないからねー!?

 咲太「またまたァ、ご謙遜を…

 朋絵「その返し、おかしい!


00276
00277
00279
00281
00285
 ももかん…、なんてふくよかにエロスな響き(4コマ漫画「〆切ごはん」より)

もものかんづめ
 お返しにもも缶、風邪の時の缶詰として、ド定番だからチョイスしたんでしょうか
 ところが、桃尻朋絵のチョイスとしては適切すぎて
 先輩に弄ばれることに

 最後は、咲太のクラスメイトまで「何事!?」と驚くレベル!

 なんて迂闊で残念な子だろう
 咲太、麻衣先輩のとき以上にセクハラが漲ってますね!

 あほー!の言い方が可愛すぎるんよ!!

『先輩さー、桜島先輩とは結局どうだったの?』

00290
 放課後バイト中、本当なら、ちゃんと付き合うはずだったと返した咲太
 しかし朋絵、「絶対ウソだ!」と信じない
 色んな意味で信じない!

 だって相手は芸能人、どころか一時は、国民的女優だったんですしねー

『うそー…』『ホントだって!

00293

 だって桜島先輩だよ?
 ゲーノージンだよ?
 
 桜島先輩から「好き」って言われたの?

  咲太「それはー…、言われてない…

 ほら~♪
 先輩の気のせいだってー♪

  咲太「次に告白する時は、そう言ってもらえる様に努力するよ…


00296
00298
00301
00302
 古賀さんが楽しそうすぎて胸が痛い

桜島先輩
 そういや前回、「好き」とは明言しないタイプの告白だったんですよね
 あの時、ちょっと変わってるなとは思ったんですが
 こう希望が残ったのか

 咲太の気のせい、そんな“朋絵に希望がある”形だったと

 朋絵は実際に見ていませんから
 告白シーンを、かなり異なる形に脳内変換したんでしょうか

 なるほど冒頭、麻衣が心配したのは、“朋絵側が本気になる”事だったんでしょうか。

 あの人、どんだけ咲太くん愛してンのよ!?

咲太『…麻衣さん、どうしたの?』

00303

 麻衣「咲太が、私の声を聞きたいんじゃないかと思って電話してあげたのっ
 咲太「まさに今、麻衣さんのこと考えてたっ
 麻衣「ぱんつ穿いてるんでしょうね…

 麻衣「咲太が、私でそういう事をするのは仕方ないけど…

 咲太「全裸ですッ!
 麻衣「変態ッ!

 咲太「ウソです、風呂上りだけどパンツだけは穿いてます
 麻衣「つまんないウソつかないのっ

 咲太「悶々として眠れない夜は、マイサン麻衣さんのお世話になるかもしれません
 麻衣「はいはい、好きにしたら…

 麻衣「それよりそっちはどう?

 麻衣「可愛い彼女とのデートは楽しかった?

 咲太「まあ…、それなりに

 麻衣「へー…
 

00306

 咲太「今の質問、なんて答えるのが正解なんですかー…
 麻衣「今すぐ家を飛び出して、鹿児島に会いに来てくれるとかっ♪

 咲太「で、全裸で抱きしめればいいんですか?

 麻衣「それは引く…
 咲太「ふふっ…、麻衣さん、撮影は楽しいですか?

 麻衣「楽しいわよ~
 麻衣「咲太は、やりたい仕事ないの?

 咲太「ま、将来はサンタクロースになりたいかなっ

 麻衣「年364日は休みだからでしょ?
 咲太「バレたか♪

 麻衣「バカ言ってると、バカになるわよ~♪


00308
00310
00312
00313
00316
00319
00322
 あっ…、咲太が、麻衣さんを抱きしめにいくフラグが立った…!?

右手フレンズ
 何より幸せそうなのは、サンタの質問に即答する場面でしょうか
 咲太の、一見おかしな返答にも全く迷わず
 彼ならどう考えるか看破

 この件のみならず、咲太ならどう考えるか解ってるって事なわけで

 翻って、前回、麻衣さんが激怒して去っていった場面の時
 どれだけ頭に血が上ってたのか…

 もっと言えば、それほど動揺するくらい、好きなんだなってな場面なんでしょうね

 セクハラこそ読み切れないものの、咲太への理解が溢れておる…

国見『ふたばーっ!』

00323

 双葉「ふわっ…?! …何か用?
 国見「咲太、来てないかと思って。教室にいなかったからさー 

 双葉「例の一年生の所じゃない?
 国見「あー…、そっちかぁ

 双葉「あ…、梓川が来たら伝言しておくけど

 咲太「ふたばー、いるかー

 咲太「………


00324
00325
00326
00327
00328
00329
00332
00333
00334
00335
00336
00337
00338
00340
00343

 咲太「…悪い、邪魔したー

  ヒッ…!?
  梓川はバカか?! バカなのか?!
  私に変な気を使うな!
 
  国見に気付かれる!


 咲太「このくらいで気付くなら、あいつもう気付いてると思うぞ?

 咲太「双葉の気持ちに…


00345
00346
00347
00348
00350
00351
 なんか取り込み中みたいだから、また今度な、咲太ー(国見)

三人の関係
 そしてこっちも納得のワンシーン、「国見は気付いてるのか」と感じさせる事に
 国見は、内心で嫌ってる先輩でも“イケメンだ”と話すくらいだし…
 他人を傷付けるのを好まない

 あいっかわらずイケメンな奴だなぁ…

 気持ちには応えられない
 そして、今の関係を崩したくないのでしょうか

 この二人の関係は、咲太と朋絵の関係にも、相通じていくのでしょうか…?

 双葉が可愛すぎて、これもまた辛い…!

『…で、イケメンでないブタ野郎な梓川は何をしにきたワケ?』

00352
 イケメンでないブタ野郎の咲太が確認に来たのは、「繰り返し」の停止
 朋絵は、“自分に都合の良い未来”に辿り着くまで繰り返し
 今は安定している…、という事

 止まったなら、彼女がラプラスの悪魔だったのだろう、という事だブタ野郎。

 ただ朋絵自身は、この現象を起こしていた自覚がなさそうだと。

双葉『自覚してたら、本物の悪魔かもね…』

00353
00354
00357
00358
00360
00365
00366
00369
00376
 あたし、前にも言ったよね? (国見)佑真に近付かないでって。

国見の彼女リターンズ
 咲太視点で、一旦事件解決したものの、次なるトラブルは国見の彼女
 まず、国見に近付くな、彼の評判が下がるという事と
 あの実験室の女は誰?と
 
 なんだよカリカリして…、便秘か?

 さっすが、セクハラマスター咲太さんすげえ!
 たった一言で撃退だよ!

 彼女、上里沙希は、国見自身には聞きがたかったらしい

 双葉や国見に直接話すよりは、咲太の方が聞き易い…、なんかわかる。

『死ね! 今すぐ死ねっ!! もうホンット最低っ!!』

00377
 食物繊維とれよー、との追い討ちには正直笑った!
 双葉のほうも、クラス内コミュ上位女子が絡んでいると
 ただ、こっちの性格は…?

 ひとまず国見に相談すると、「分かった、話しておく」と快諾。素敵! ただ…
 
国見『古賀さん…、だけどさ? 良くない噂が流れてる…』

00387

 国見「で…、咲太、古賀さんと付き合ってるってマジ?
 咲太「マジだな
 国見「マジか~! 
 咲太「実はまだ、お試し期間って感じだけど

 国見「だったらやっぱ、昨日の内に言っておけば良かったな~

  古賀さん…、だけどさ?
  良くない噂が流れてる…、サセ子だとか、ビッチだとか

  咲太とヤリまくってるとかね~…

 咲太「なんだそりゃ…

 国見「俺も、部活のグループメッセージで知ったんだけどさ…
 国見「咲太、前に陽介先輩のこと聞いたよな?


00390
00392
00395
00396
00397
 良くない噂が流れてる、サセ子だとか、ビッチ(売女)だとか…(国見)

朋絵の噂
 聞くに耐えない罵詈雑言に、心配した国見。昨日の時点で話しておけば良かったと
 曰く、バスケ部のLINEで流れてきた
 で

 咲太、前に(前沢)陽介先輩のこと聞いたよな?

 情報元は言うがもがな
 察した様子の国見と、歪んだ咲太の表情がまた…。

 なんとまあクソオブクソだった…。

咲太『……双葉さ、“もしあの時”って、考える事ないか?』

00400

 梓川にとっては妹さんの事?
 そうだよ、悪いか
 悪くはないけど…、梓川らしくはないかもね?

 別に…、本当にやり直したいと思ってるわけじゃない

 もしも…、
 なんて、考えても仕方ない事を、考えなくてもしないようにしたいだけだよ

 なるほど、梓川らしいね


00401
 
 咲太「あのさ双葉?
 双葉「何?」

  運動部で鍛えてる上に、自分より身体のデカい奴に勝てる方法ってあると思うか?

 双葉「そうねえ…
 双葉「人間は猿じゃないんだから、頭を使えば勝てるんじゃない?


00407
00409
00411
00413
00415
 桜島麻衣です、先ほど鹿児島から戻りました。一応報告しておきます(留守電)

咲太の決断
 物騒な事を考え始めた咲太、双葉の助言を受けて帰ってみると
 留守電に、麻衣から連絡が入っていたが
 咲太はかけ返さなかった

 咲太が物騒な決意をした、と改めて感じる場面

 事件は、片付いたどころかかえって悪化してしまった
 朋絵を傷付ける前沢をどうするか

 まさか咲太、本物の病院送り先輩となってしまうのか…ッ!

7月7日(月)、朋絵はすっかり孤立してしまっていた

00418
 玲奈以下3人娘は、朋絵がその場にいないかのように談笑
 前回、「朋絵のこと遊びなら許さない」
 と、凄んだ当人がコレ
 かなしい。

 どころか正直、この噂は身の危険さえ生じるもので、本当にタチが悪い
 
『…辛気くさい顔するなっ』

00419
00420
00422
00424
00425
00429
00431
00435
00439
00442
00446
 やりまくってるらしいぜ?と、そこらの男子も嘲笑する始末

堂々
 完全に凹んだ巴に声をかけた咲太だが、くだんの前沢先輩が現れる
 肌の色も体格も、まったく生っちろい咲太をナメた彼は
 公衆の面前で罵倒
 
 ハハハ、最近の一年はお盛んだなあ?

 しかし前沢の予想に反し、咲太は惨めったらしい顔になるどころか
 堂々「バカにしてるだけです」と返されて…

 ナメられたら示しがつかない、と、ばかりにいきなりブン殴った!

 バスケ部のエース故に、暴力沙汰も問題にならず済んできたタイプなんでしょうか

前沢『おお? やんのか?』

00450
 頭を使え。と言われた咲太、傍目に痛々しいボクシングで対抗!
 掛け声もマヌケで、素人が漫画読んで覚えました
 程度のフットワーク!
 
 前沢先輩、凶悪に笑って迎え撃つも…

咲太『やああああああああ!

00451
00454
00455
00458
00462
00465

 前沢「…!? お前、卑怯だろ!?(思い切り、弁慶の泣き所を“蹴った”咲太に
 咲太「それは…

 咲太「アンタだろ!

 咲太「ダッサ…
 前沢「誰がだ!

 咲太「顔、洗ったほうがいいですよ…

 咲太「昨日、ウンコ踏んだんで
 前沢「!?

※慌てて顔をさするも、その仕草がかえって「情けない」と周囲に映る


00471

 前沢「ふざけんな!
 咲太「ふざけてんのはそっちでしょ

  咲太「自分が見世物にされるのが嫌なら、アホな事するな

  咲太「生き方がダサすぎる

 朋絵「先輩…、もういい
 咲太「いいや! これだけは言わせて貰う。

 咲太「…ヤリまくってる? 冗談じゃない

 咲太「僕は…、童貞だ!


00475

 朋絵「ちょ…、先輩、やりすぎ!?
 咲太「知るか!

 朋絵「絶対、やりすぎー!

「「あははははっ!」」


00477
00484
00494
00499
00501
00504
00505
00508
00509
00511
 こうして、前イケメン沢先輩の面目はものの見事に丸潰れに

桜島さんが見てる
 咲太の“頭”とは、ナメくさってるうちに、フェイントで弁慶の泣き所を蹴る事!
 彼が痛がってるうちに、言いたい放題に言い切った彼は
 病院送り、一周回って先輩から
 無事、童貞王に昇格

 やりすぎ! と叫ぶ朋絵自身、スッキリした声笑ってた!

 朋絵の名誉と、あと桜島先輩へのアピールなのでしょうか
 私はヤッてない潔白だと…。

 たった一人が好いてくれれば、と、自ら評判をブチ壊す咲太であった

朋絵『前に先輩が言ってた事、少し分かったかも』

00516

 朋絵「世界中が敵でも…、一人だけ必要としてくれたら…、的な奴
 咲太「的なってな…、ちゃんと覚えとけよ

 朋絵「本当に、“彼女”って感じだった、大事にされてる感じだった

 咲太「一学期はそうする約束だから。
 朋絵「フツー、ウソの恋人にはそこまでしないよっ
 咲太「僕は完璧主義だからさっ

 朋絵「何それ、しけと~

 咲太「なんだそれ?
 朋絵「先輩、そがん事も知らんとね?


00518

 朋絵「つまんないって意味♪

 朋絵「おっ…、玲奈ちゃんからだ。“前沢先輩には幻滅だ”って

 咲太「顔にウンコがついたくらいで冷めるなら、その程度の憧れだったって事か…

 朋絵「あ、そうだ、一ついっておきたいんだけど
 咲太「トイレか?

 朋絵「ちーがーう!

 朋絵「私、その…、した事ないから
 咲太「何を?

 朋絵「んん…、ん…


00521

 朋絵「あたし処女だからね!

 咲太「ぷ…、あっはっはっはっはっはははは! 
 朋絵「笑うとかひどくない!?

 咲太「僕があんな噂を信じてると思ったか?
 朋絵「思わないけど…

 朋絵「信じてたら、やだなー…、って

 咲太「でも、古賀って彼氏いたことがあるんじゃなかったっけ?


00522

 だって…、みんな中学の時に居たっていうから…
 なんか、朋絵もいたよねー?的な感じで…

 それに、付きあった事がないって言ったら、先輩にナメられると思って!

  咲太「古賀は何と戦ってんだよ?
  朋絵「わかんない♪

  朋絵「あのさぁ、先輩
  朋絵「私…、先輩にどうやって恩返しすればいいい?


00524

 咲太「…じゃ、ウソが終わったら友達になってくれ

 朋絵「え?

 咲太「いやなら良いぞ?

 朋絵「ううん、しょうがないから、親友になってあげるっ!


00526
00531
00535
00541
00543
00546
00547
00549
00551
 咲太の「頼み」は、友達になってくれの一言だった

童貞と処女の約束
 朋絵の表情は眩しくて見えないけれど、“友達止まり”に、ショックだったのでしょうか
 方言を、隠そうとしないのが可愛い。
 もう恥ずかしくないから。

 そんな彼女が、ありったけの嘘をついたのがラストシーンだった…?

 友達じゃなく恋人になりたい
 そんな想いを、“親友になってあげる”で誤魔化したんでしょうか

 せめてただの友達じゃなく、咲太の親友、特別な友達でいたいんでしょうか

 この場面こそ、サブタイ回収だったのでしょうか

青春ハッピーエンド…、ではなく、その夜の話

00553
00557
00559
 どうも勉強中、例によって「面白動画」のアドレスが送られてきたらしい

そして朋絵も死ぬのです
 やがて、動物動画直前に流れた“CM”で、桜島先輩を見てしまって…。
 咲太に本気になるほど、立ちはだかるビッグな壁
 顔を曇らせたところで“続く”

 咲太が“告白する明日”は、もう二度とは来ない…?

感想追記、一番の肝を誤解してたと思って修正しました

00549
 友達になってくれ、その一言に異常に眩しく描かれた理由

ありったけの嘘
 朋絵が、ショックを受けたとわかり難いよう、過剰に眩しく演出したんですね
 事件を経て、咲太と飾らない関係になった朋絵が
 改めてついた「嘘」

 だとすれば、咲太を傷つけない為の嘘なんでしょうか

 今まで、自分が傷付きたくなくて周りに合わせた
 嘘を吐いてきた

 そんな朋絵が、他人=咲太の為に嘘を吐いた、って転換なのかなって。

 次回、朋絵編最終回…?

なりたい自分になった、それが古賀朋絵

00181
 これはこれで可愛いは禁句。

なりたい自分へ
 でも、そうやって今風になったら、逆恨みで「サセ子」呼ばわりに。
 流行のおしゃれで着飾るのは、男を誘う為なんだろ
 軽い女なんだろ的な

 いやそうでなくて、女子のグループで孤立したくからなんだけど!的なアレ。

 その辺の、男性・女性の思考ギャップも感じた気がします

そして古賀朋絵が「なりたい」姿とは

00193
 同時に、そうやって「なりたい自分」に頑張って変われる彼女だから
 咲太が好きでも、その気持ちと向き合って
 ちゃんと変わっていけるのかな…
 みたいな。

 朋絵に、新たに始まった咲太への嘘? そして…?

公式ツイッターより

































































2018年10月31日 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第5話「ありったけの嘘を君に」

00358
 自覚してるなら本当の悪魔。どう繋がるんでしょ

スタッフ
 脚本:横谷昌宏
 絵コンテ:平牧大輔
 演出:高橋謙仁
 作画監督:清水祐実/後藤依子/北村晋哉
 アニメ制作:CloverWorks(A-1 Pictures高円寺スタジオ)
 原作:鴨志田一/ライトノベル/さくら荘のペットな彼女他
 原作挿絵:溝口ケージ
 制作協力:-

あらすじ
 咲太と付き合っていると勘違いされたことで、友達の好きな人から告白されるという悩ましい事態を解決できた朋絵は、このまま恋人のふりを続けてほしいと咲太に頼み込む。
 麻衣に負い目を感じつつも、クラスでの自分の居場所を失うことを恐れる朋絵を放っておけず、渋々了承した咲太はしばらくの間、朋絵の嘘の恋人を演じることになり……

『さすが咲太さん、ブタ野郎ですねっ』

00376
00560
00561
 次回、また「巻き戻った」のか、時計を確認する咲太?

なりたい自分へケツキック!
 国見が双葉の気持ちに気付き、トボけてるなら、今の彼女が本当に好きなんでしょうね
 国見を想い、咲太への一方的さ、あまり印象が良くない上里沙希ですが
 国見が好きなら良い子なんでしょうね
 国見だもの

 国見はともかく、“なりたいと思った自分なら、恥じなくていい”という咲太も素敵

 傍目に無理してるけど、そも、“なりたい”と思ったのはそれ以前の事なんだし
 玲奈グループで無理してるのとは別問題なのね

 変えたい自分になる事が出来た、その一点だけでも、確かに朋絵さんはかっこいい!

 次回、青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第6話「君が選んだこの世界」

青ブタ 第5話 感想

 青春ブタ野郎 第5話「ありったけの嘘を君に」
 フリが本気にならなきゃいいけど
 6月29日(日)「前沢先輩ってどんな人?」
 初デートは新江ノ島水族館
 クラスメイトの米山奈々さん
 6月30日「風邪」
 Bパート「7月2日(水)もものかんづめ」
 国見に気付かれる!
 古賀朋絵の悪い噂
 7月7日(月)「桜島先輩が見てる」
 ありったけの嘘を君に
 感想追記
 公式ツイッターより 
 制作スタッフ
 これまでの感想


 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第1話「先輩はバニーガール」
 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第2話「初デートに波乱は付き物」
 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第3話「君だけがいない世界」
 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第4話「ブタ野郎には明日がない」
 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第5話「ありったけの嘘を君に」
 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第6話「君が選んだこの世界」