公式サイト ゴールデンカムイ 第16話 感想 旭川第七師団潜入大作戦!! レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり アイヌ語 20時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
白石を救え! 商人に妖刀に土方奔走!! “中将”参戦、芥子の花咲く鶴見の野望ッ!!

00245
00187
00052
二次大戦主力銃の双璧“三八式”! 開発の源流、有坂成蔵中将閣下も変態だった!!
 困窮する北海道、金塊を元手に、軍事産業で富ませるのが中尉の野望ですが
 最終的に、戦争がなければ、経済が成り立たない状況を作る
 麻薬ならぬ戦争中毒まで見越してたのね…

 足なんて兵器ですよ! 偉い人だから解るんです!! 良かったね二階堂!

cv島田敏さんに言わせるスタイル
 初代ガンダム劇場版、「足なんて飾りですよ」を言ったcv島田ボイスにやらせるとは…
 一時は、杉元以外、皆で白石を見捨てかけちゃうのも笑いましたが
 杉元こそが殺そうとする、その前振りだったんですね
 裏切りに、苦い思い出があるんでしょうか

 ダメ! 二階堂ダメ!! 鶴見中尉、一連のやりとりが恐ろしくも楽しい!

ゴールデンカムイ 第16話 感想

00161
 金カム 第16話「旭川第七師団潜入大作戦!!」
 勃起少年はおっぱいの夢を見るか
 向こう横丁
 カムイコタンへ
 まぁ…、いいか 
 Bパート「ダメッ! 二階堂ダメッ!!」
 その名はアリサカ
 三八式歩兵銃
 良かったね、二階堂!
 杉元…、殺さなくていい人間は殺すな
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ 
 これまでの感想

殺さなくて済む人間は殺すな、シリーズ初期を思わせるアシㇼパの言葉

00301
 あの頃とは、比べ物にならないほど結びついた関係が心憎い。

あらすじ
 チカパシがおっぱいおっぱい楽しげな谷垣一行も、旭川へと進路をとった頃
 土方とキロランケは、カムイコタンで、白石奪還を断念しかけるが
 杉元の希望もあって続行の運びとなった

 小樽では鶴見の協力者、天才的銃器開発者、有坂成蔵中将が来着

 鶴見は最新の“三八式”銃を受け取り
 また、彼に頼んで二階堂浩平に仕込み義足を作って貰った

 他方杉元は、結婚詐欺師・鈴川聖弘と、軍都・旭川の第七師団司令部へ潜入する

 次回、ゴールデンカムイ 第17話「腹の中」

第七師団『絶対逃がすなッ! 反対側に回りこめ!!』

00001
 前回、杉元と土方は、「夕張刑務所ののっぺら坊に会うしかない」と結論
 両陣営にとって、白石は最重要人物となるが
 白石は杉元を恐れ逃亡

 結果、第七師団に見つかり、余計な混乱を招いてしまう

白石『ニンニンッ!

00003
 00004
00006
00008
00009
 逃げて見ろッ! 脱獄王!!

逮捕だ!
 昔の漫画か! 忍者ハットリくんの物真似で逃走した脱獄王白石だったが
 結局、杉元から逃げようとして第七師団に捕まった
 御用である

 前回で、白石の存在が、土方陣営にも最重要と言ったばかりなのに…

 これには土方さんもため息
 世が世なら、士道不覚悟で切腹案件ですね、侍じゃないけど。

 白石なしでは網走に行っても無意味に近い、そこでサブタイになるワケか

キロランケ『白石が、第七師団に捕まった? 鶴見中尉か!』

00010
 幸い、白石を捕まえたのは第七師団内でも、鶴見とは別の部隊
 鶴見中尉は、あくまで一部を掌握しているに過ぎず
 今回のは旭川駐屯部隊…?

 何せ白石ですから、この瞬間に逃げてくるかもしれません。しかし

家永『今この瞬間、殺されて、皮を剥がされているかも…』

00011
00013
00014
 私とキロランケで、白石を奪還する!(土方)

即応
 のっぺら坊に直接対面できるスキルを持つのは、残念ながら白石しかいない
 残念ながら、彼が、旭川兵舎に連れこまれては脱出困難
 土方達は即座に行動を開始する

 永倉と家永は例によって待機、杉元たちとの合流を待つ事となる

 土方とユダランケ! 
 実に、油断も隙もないコンビの結成ですね

 そして白石、独特な表情…!

『…運命の人に、既にあなたは会ってますッ!』

00015
 岩見沢では、インカㇻマッが得意の占いをやって路銀を稼いでいた
 北海道の中央付近、石狩平野の東部に位置しており
 交通の要衝の一つであるという

 また日本有数の豪雪地帯で、1シーズンで累計8メートル近く雪が降るという

 決して、ひぐらしがないたり笑ったりする土地ではないでござるよ。

薬売り『アンタは何を売ってる行商人なの?』

00016

 薬売り「アンタは何を売ってる行商人なの?」
 谷垣「俺は何も売ってない

  行商「お連れの方、占い師やってんの~? いいねえ~。

  行商「俺もあんな、めんこい娘のヒモになりてえよ

 谷垣「ヒモ? 俺はヒモなんかじゃ…


00017
00018
00019
 インカㇻマッお金ちょうだい! 豆菓子売りがいるッ

ひぐらしのなく頃に 白石流し編
 相変らず、占い師として大人気のインカㇻマッに、谷垣はヒモと誤解される始末
 その矢先に、「ヒモ」そのものな事を言うチカパシの姿が。
 谷垣も苦笑いですね。

 ヒモとは自ら働かず、女性の稼ぎで暮らすロクデナシの事

 もちろん、チカパシは「子供だから大人に頼ってる」のですが
 流れ的にはヒモと言うべきか

 これだから勃起は。

行商『アイヌの小さい女の子を連れた三人の男?』

00020

 アイヌの小さい女の子を連れた三人の男?
 ああ~

 そいつらなら夕張にいたぜ!!

 熊の胆嚢を売りつけてきた、ガラの悪い三人でさ。
 特に軍帽の男は…、たぶん極悪人だな

 分かるんだ俺


00021
00024
00025
00026
00027
00029
 夕張か…、やはりな

大雪山おろし二段返し
 酷い言われようはともかく、小樽から網走へ、最短で向かうなら夕張は通りません
 谷垣達は、杉元らが“旭川を避けた為か”と考え
 改めて進路を探ります

 白石が護送中の旭川は、軍都と称され第七師団の巣のような町

 避けたという事は
 小豆で有名な、十勝地方に向かったのかもしれない…、と。

 大分迂回するんですね。

勃起『トカプ!?

00032

 チカパシ「トカプ!?
 谷垣「トカチだ

 谷垣「なんだトカプって
 インカㇻマッ「オッパイの意味です

 谷垣「えっ…。

 チカパシ「トカプっ♪ トカプっ♪ トカプっ♪

 谷垣「チカパシ、もう止めなさい…


00034
00035
00036
00037
 インカㇻマッをチラチラ見るんじゃないチカパシ!

勃起小僧はおっぱいの夢を見るか
 真面目な話の傍から、おっぱい!おっぱい!と盛り上がるチカパシ
 谷垣、前回から「チカパシ」と呼ぶようになり 
 完全に父親が板に付きました
 まだ若いのに!

 ( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

アシㇼパさん『見ろっ!

00039
 携帯電話もクソもない時代だけに、永倉、黄色いハンカチーフ
 手ぬぐいを宿に下げ、ここにいるぞと合図。
 見つけた杉元たちと合流します
 風情がありますね

 ここでようやく、愛すべき脱糞王が捕まったと知る事に。

土方『急ぐぞ! 奴らの先回りをする!!』

00042

 土方「急ぐぞ、奴らの先回りをする!
 キロ「どうやって奪還する?
 キロ「第七師団が野営している所に奇襲するか?

 元工兵・キロランケ「爆薬で何人か吹き飛ばして混乱させて…

  土方「アムール川でも、そういう戦い方をしていたのかね?

 どうして故郷を捨て、北海道へ渡ってきた?
 それとも

 帝政ロシアに追われてきたのかな? のっぺら坊と…。


00045
00047
 のっぺら坊の、本当の名前は知っているのか…?

パルチザン
 答えないキロランケ、土方の行動は、彼が口を割る可能性も考慮してか。 
 キロに対し、お前らの正体は解っていると圧をかけ
 事態に変化を促す土方

 アムール川、ユーラシア大陸北東部を流れる川で戦ってたのだろう、と

 この爺さんと一緒だと
 本当、心臓が何個あっても足りませんね…

 家永なら心臓でも食べるんでしょうが、キロランケはそうもいきませんし

『お稲荷さんへ一銭あげて ざっとおがんで お仙の茶屋へ♪』

00048

 向う横丁のお稲荷さんへ
 一銭あげて ざっとおがんで
 お仙の茶屋へ腰をかけたら 渋茶を出してェ~♪

  白石「あ~! 豆菓子売りだ食べたい!! 

  白石「豆菓子、ちょーだいっ♪

 cv中田譲治「まいどあり


00049
00050
00052
00054
00056
 当時の童謡、「向こう横丁」を景気良く歌っていたのは鬼の副長であった

カムイコタンへ~そして遂に~
 童心に帰る白石も大概ですが、土方さんの芸達者っぷりも底知れませんね
 彼は、豆菓子の包み紙に「カムイコタン 吊り橋」とメモしており
 脱獄王を困惑させます

 また実際に、土方は若い頃に行商してたとされ、昔とった杵柄らしい

 実家秘伝の「石田散薬」を行商
 昔のジャンプ漫画、るろうに剣心でも斉藤一が売っていましたね。

 ギャップが怖い行商人!

キロランケ『神居古潭(カムイコタン)は、神の領域』

00059

 神居古潭(カムイコタン)は神の領域。
 人間が近づいては、いけない場所だといわれてきた

 アイヌにとってこの渓谷は、事故の多い難所で、魔神の仕業として恐れたんだ

 だから、カムイコタンにまつわる面白い昔話もたくさんあってね?
 人食い刀の話とか

   土方歳三「人食い刀?」


00060

 イペタムさ。

 イペタムは、怪しく光って空を飛び人を襲う妖刀だ
 山奥に埋めても深い川に捨てても
 妖刀は戻ってくる

 箱に石を一緒に入れておけば、きりきりと音を立てて、石を食う

 でも石がなくなれば、また箱を飛び出して人を襲うので、
 カムイコタンの底なし沼に沈めたら
 戻ってこなくなった…

 というお話だ

   土方「なるほど…、では私は底なし沼から這い出てきた、イペタムとなろう


00061
00064
00065
00067
00068
00070
00074
00078
00079
00081
00082
 吊り橋の上とはいえ、この人数相手に、刀で勝負するってのかァ~!?(白石)

つりばしわたれ
 神居古潭とは実在する地名で、旭川八景に数えられ、現在は景勝地となっています
 ですが、この渓谷は、水上交通を多用したアイヌにとっては厄介な
 通過困難な難所でした

 そんな“神の領域”に葬られた妖刀になぞらえ、襲い掛かるイペタム歳三!

 またまた! そんな妖刀にならなくても
 十分怪しいですよ!

 しかし多勢に無勢、さすがの土方でも…、と心配するのも無理からぬ所
 
 おじいちゃん無茶しないで!

白石『このクソジジイぃぃいいいいいい!?

00083
 イペタム歳三の作戦とは、かけられた貴重な吊り橋を破壊する事!
 敵もろとも、白石を川に叩き落すことによって
 救出・回収するんですね

 しらいし、よく かわにおちるなー!
 
キロちゃん『白石ー! 待ってろ!! 早く掴めええええええええ!!』

00084
00087
00088
00093
00099
00104
00107
00108
00109
00113
00115
 キロランケは隠そうとはしていたが、顔を目撃されてしまう

キロランケ決死行
 騒ぎに乗じて、白石回収を図ったキロランケ、彼にとっても命懸けの作戦です
 しかし、「合流したら杉元に殺される」と怯えた白石
 手を掴み損ねて流木が直撃

 結果、第七師団側に逆戻りし、救出作戦は元の木阿弥に

 白石ってば、ちょっと殺されるからって…。
 キロちゃんも決死でしたね

 この渓谷は、アイヌにとって難所だ。と前振りしておいて川下りする勇気!

 さすが、アムール川流域原産のパルチザンですわ

土方歳三『恐らく白石は、今頃、旭川についてしまっているだろう…』

00119

 おそらく白石は、いまごろ旭川へ着いてしまっているだろう
 アイツが勝手に脱出できたとしても、

 いつになるかわからないものを我々は待っているわけにもいかない

  永倉「そもそも脱出できるかどうか…
  永倉「脱獄王とはいえ監獄とは違うんだ。どんな扱いを受けているか

 家永「今、この瞬間、皮を剥がされてるかも♪」

 牛山「尾形見てこいよ。お前第七師団だろ?
 尾形「俺は今、脱走兵扱いだ
 杉元「キロランケは? 元第七師団だろ?

 キロちゃん「俺は、カムイコタンで顔を見られた

 一同「「「「「うーーーーーーーん………


00123
00125
00126
00128
00129
00130
00133
00134
00135
00136
00137
00138
00139
 まあ…、いいか。

皆の想いが白石に!
 皆の想いは一つだった…。白石、土方にまであんな想像させるとかたいした男である
 これほど助けたくない人物も珍しい
 歴史的どうでもよさ

 あいつの入れ墨は写してるし/いや…、俺は助けたい

 が、やはり杉元が動いた
 この手で、ちゃんと殺さないと気がすまないんですね

 家永の「剥がされてるかも」パートⅡ、妙に楽しそうな声音で笑えます

 この人も、あっち寄りですものね。どっちとはいいませんが

永倉『しかし、どう助けるんです?』

00147
 白石由竹にはまだ使い道がある、という土方の鬼の一声。
 助けに行こう、と話は傾いたものの手段がない
 が、土方には心当たりがあった。

 あの男なら…、と 

アッー! アーーーーーッ!!

00149

 月島さん「コラ、二階堂離せ!
 軍医さん「その瓶を渡しなさいッ!

 二階堂「ヤダー! ヤダヤダヤダぁ!!

 上官「何の騒ぎだ月島軍曹
 月島軍曹「鶴見中尉殿!!


00150
00151
00152
00153
 二階堂がモルヒネを瓶ごと盗み、隠れて自分で打ちまくっていたのです!!

医薬品
 ところ変わって鶴見部隊、そういや前回、二階堂は右足を失ってしまったのでした
 痛みを誤魔化す為、鎮痛剤を打ちまくっていたのだ…
 と

 過剰摂取で死んでもしらないよ~?

 モルヒネって、麻薬(阿片)から抽出されるヤツですから
 そら死にますわ。

 すっかり子供返りしているのも、麻薬にヤられちゃったんでしょうか

 ちなみにモルヒネからは、更に依存性が高いヘロインも作れます

鶴見中尉『二階堂ダメだぞ? お医者さまの言う用量を守らないと…』

00154

 鶴見「二階堂ダメだぞ? お医者さまの言う用量を守らないと…
 二階堂「返してッ!

   鶴見「ダメッ! 二階堂ダメッ!!

 二階堂浩平「洋平の右足燃えちゃったよ、江渡貝くんの家と一緒に…
 二階堂浩平「足が無いと杉元を追えないね?

   鶴見「自暴自棄になるのは良くないなァ…、二階堂?


00155
00157
00158
00159
00160
00161
 ダメだ二階堂ッ! ダメダメっ!!

おみまいデイズ
 妙にキラキラ、今日もときめくお姿で入ってきた鶴見中尉殿、正しい注意ッ!
 ダメ! と指をバッテンさせて注意する姿!
 まさに先生!

 杉元陣営とは、別の意味でヤバくて楽しい鶴見陣営

 実に教育的指導ですね
 モルヒネは、ちゃんと使用上の用量を守って楽しくお使いください。

 また二階堂、ここで、「燃えたのは、死んだ兄弟の足」とささやいているんですね

 加速度的にヤバくなる二階堂の明日は杉田どっちだ…

月島さん『鶴見中尉殿! 誰かいますッ!!』

00162
 さて戻ってみると待ち人が。道中、モルヒネのスメルを楽しむ鶴見中尉!
 実際、軍隊で、モルヒネを麻薬的に楽しんでた…
 なんて話はありますものね
 仕方ないですよね

 中毒性がある、これが一番麻薬の優れたアカンところですわ 

月島軍曹『もし! どちら様?』

00168

 月島軍曹「もし! どちら様?

 声のデカい老人「私が何者かとな?

 デカ老人「私は、君が肩に担いでいる小銃をつくった者であるッ!

 鶴見中尉「これはこれは有坂閣下ッ! お待たせして申し訳ないッ!!
 月島さん「(アリサカ!?

 有坂成蔵「トァーッ!

 月島さん「(天才的銃器開発者…、陸軍中将、有坂成蔵!?)」
 月島さん「失礼致しました!


00170
00171
00173
00174
00175
 元気だったかね鶴見君ッ!

陸軍中将・有坂成蔵
 また濃い変人が!? 軍内トップクラス、将官クラスより変人が到来ッ!!
 当時、勃起銃こと村田銃系列を旧式へと追いやった
 有坂銃の創始者!

 そちらもお元気そうでーッ!!

 アリサカ・ライフルの有坂氏!
 彼の系列銃は、それこそ第二次大戦終結まで製造されたという名工である

 本作では、声とアクションのデカい爺さんであった!

 長年の銃砲開発で、耳が遠くなってるそうな

鶴見中尉『有坂閣下は、長年の兵器開発で聴力が弱くなっておられるのだ…』

00178

 鶴見「いかがでしたか旭川はッ!
 有坂中将「気球部隊を旭川に作ったらしくてねッ!

  気球に何か兵器を載せたいらしいのだ
  あんなもの、水素で浮かんどるから、一発撃たれたらブッ飛んでしまうんで、

  偵察程度が関の山だッ!

  それに、動きが遅いしねッ!


00179
00181
00183
 これからは、飛行機の時代だよッ!

気球に乗ってどこまでも
 これが日露戦争直後の話なんですから、けっこう先進的な話をしています
 確かに、耳と頭は多少おかしい人のようですが
 軍事に関しては一級品らしい

 気球や飛行機、最新技術を軍事利用、もしくは軍事から生まれる図式

 多大な予算をかけ、技術を一気に進める事にも繋がりますから
 戦争が技術を進めると言われる所以ね

 しかしcv島田敏氏とは…、やってやるぅ、やってやるぞぉ!!!

有坂中将『ン? モルヒネかねェ~、鶴見くんッ!』

00185

 ン? モルヒネかねェ~
 鶴見くんッ!

 相変わらず頭の傷が痛むのかねッ!?

 そういや鶴見くんッ! 寒冷地に適したケシの栽培は、軌道に乗ったかねェ~!?

  鶴見君「農地を広げるべく金策に走っておりますッ!

 アヘンは儲かるよォッ!
 今、英国が国際世論に圧されてアヘンから手を引き始めてるからねェッ!

  鶴見中尉「有坂閣下ッ! 芥子の栽培の話は、ど~か内密にッ!!

 ふたり「「ぐわっははははははははッ!!」」

 月島さん「(有坂中将が、わざわざ鶴見中尉に会いに小樽まで…?
 月島さん「(全くこの人は底が知れん)


00187
00188
00189
 もちろんバックに描かれている花こそ、芥子の花。アヘンである。

驚きの大声
 当時は立派な医薬品、特に日露戦争で、重要性を再確認したところでしょうし…
 とはいえ、中国をアヘン漬けにして因縁付けて戦争したアレ
 阿片戦争の醜さも記憶に新しいところ

 そんな国際世論を、ウナギのようにかいくぐって儲けようとする中尉

 有坂中将も、そうした経済には聡い人物のようで
 頭もおかしいけど切れる人物だと。

 本当、キレッキレですね! デカい声してなに話してんだこやつら!

有坂中将『最新の国産銃器を持ってきたッ!』

00190
 三八式歩兵銃! 彼の部下、南部麒次郎が三十式を改良した銃であり
 後の日本陸軍小銃として、第二次大戦期でも使用された名銃が
 早くも、小樽に持ち込まれたのであった
 総生産数は340万挺にも及ぶ

 第一次大戦期は、輸出モデルがイギリスやロシア、メキシコなど数カ国へ輸出された

鶴見中尉『美しい…、美しさが、この銃の機能を物語っているゥ~』

00192

 有坂中将「最新の、国産銃器を持ってきたッ!
 有坂「部下の南部君が設計した三八式機関銃と三八式歩兵銃だッ!!

 鶴見中尉「美しい…、美しさが、この銃の機能を物語っているゥ~

 鶴見「売れますよこの銃はッ!!

 有坂「ああああああああああああ!
 有坂「だが! たくさん売れればたくさん人が死ぬ!!

 有坂「つくづく呪われた仕事だッ!!


00193

 あなたは美しいものが作れてしまうんですから、作ったら良いんです!
 美と力は一体なのです!

 機能美を追求した結果、強い武器が生まれたのです…!

 美しいものは肯定すべきです
 有坂中将が作られた、二十八サンチメートル榴弾砲も美しィい兵器でした…!

 二十八CM榴弾砲の援護射撃がッ

 敵味方を問わず、若い男たちの身体を引き裂き、臓物と血の雨を降らせた…!
 私はその血の雨の中を走りました…

 圧倒的な力が生み出す美しさでした…!

   有坂中将「鶴見くん頭がどうかしておるッ!

 ハッ! 前頭葉が吹き飛んでおりますッ!


00195

 大きな戦争が起こる事によって、鎮痛薬の需要は高まる
 そして、日本が誇る高品質の武器

 アイヌの金塊を、それらの投資に充てる…

 戦争が道民の仕事を生む
 戦争が起き続けなければいられなくなる…ッ!

 まさに戦争中毒…!


00196
00197
00198
00199
00201
00204
00205
00206
00207
00210
00212
 中尉たちが子供のように盛り上がる一方、月島軍曹は未来像を描いていた

戦争中毒
 鶴見中尉が、有坂中将と結びついたのは、“北海道の兵器工廠化”への前段階か
 中尉も、北海道に軍事政権を作ろうとしてしますが
 狙いはとにかく金を稼ぐ事

 日露戦争での大損害は、能力不足だったからと冷飯を食わされる第七師団

 遺族や家族の窮状を救う、“儲かる仕事”が必要だ。
 兵器とモルヒネ製造を始めたい

 金塊は商売の元手だ…、という点が、鶴見陣営の地に足のついたところでした。

 しかしそれは、やがて北海道自体を戦争中毒にしてしまうだろう、と。

鶴見『ヒグマが圧倒的な力で人を襲う…、誰がヒグマを責めますか?』

00213

 鶴見「ヒグマが圧倒的な力で人を襲う…、誰がヒグマを責めますか?
 有坂「ヒグマ?

 鶴見「ヒグマに襲われた部下がいますが、こう言いましたァ~、

 鶴見「美しい生き物だったと…!

 有坂「面白い部下だッ!
 鶴見「有坂閣下! 彼は今酷く落ち込んでおりますッ!!

 無理を承知でお願いしたい!一肌脱いで頂けないでしょうか~ッ!!


00216

■数日後
 月島軍曹「また盗んだなッ! よこせ! 鶴見中尉に言いつけるぞッ!! 寄越せ!
 鶴見「二階堂~、貴様に素敵なお客様がお見えだ!

 二階堂「え? お客さん? 誰なの?
 鶴見「どうぞ、お入りくださいッ!

 二階堂「誰? この人
 二階堂「誰? ねえ…!? 誰なの? 怖いよおッ!!


00219
00220
00221
00222
00223
00224
00225
00226
00227
00228

 鶴見「誰だお前!? あっちへ行けッ!

※本当に誰だったのだろうか?

 有坂中将「やあ~! キミが二階堂くんだねェッ!?
 二階堂「わああ~ッ♪

 二階堂「誰?

 有坂「キミに贈り物を渡しに来たよッ!

 二階堂「贈り物? なあに?
 有坂中将「気に入ってくれると嬉しいんだが~ッ!


00229

 ドラ坂中将「キミの新しい足だよ~ッ!
 二階堂「はぁ~……。

 二階堂「なーんだ、義足かぁ……。

 有坂中将「ただの義足ではないッ!


00235

 急ごしらえで作ったものだけどねェ。

 散弾が2発入る
 小銃の実包ならもっと装弾数が多くなっただろうが、
 仕込み銃なので、どのみち、不意打ちの接近戦以外では使えないだろう

 近距離で、確実に相手の動きを止めるなら、散弾の方が有効だッ!

  二階堂「ありがとう、知らないおぢさん!
  軍医「お前ら病院で、何やってんだー!?


00237
00238
00239
00241
00242
00243
00244
00245
 素敵な脚をもらえて良かったね、二階堂!

よかねえだろ!
 義足にガッカリする二階堂に吹きましたが、続いて発砲する中将でダメだった!
 ですよね、有坂中将に頼むならアリサカ・ガンだよね!
 ありがとう知らないおぢさん!

 謎のモブと、謎のハッピーエンド感! 月島さん本当大変ですね!!

 なるほど、初代ガンダム劇中、「足なんて飾りですよ」と言ったcv島田氏が!
 飾りじゃない足を提供したんですね!

 さすが偉い人、足が飾りじゃないとよく解っておられたという事か…

※劇場版cvであり、TV版は二又一成が演じた。

杉元『…誰だこいつは?』

00247
 他方、旭川近郊でも「誰だコイツは?」という話をしていた。
 男の名は鈴川聖弘(すずかわ きよひろ)という結婚詐欺師
 彼が、土方の言う「あの男」。
 いい名前である。

 てっきり、「あの男(白石)なら、屁が臭いからアレを仕込んでるだろ」的な話かと。

土方『鈴川聖弘という結婚詐欺師だ…』

00249

 鈴川聖弘という結婚詐欺師だ…
 変装の名人でねえ、網走で知り合った

  杉元「てめえ…、(他にも知ってる刺青持ちを)隠してたのか」

 全ての情報を共有すると言ったおぼえはないぞ?

  牛山「爺さん、俺にまで黙ってたのか?
 
 なあに…、網走に行く途中で、呼ぶつもりだったまでだ。

  牛山「食えないジジイどもだ
  尾形「たかが、結婚詐欺師に何が出来るんだ?


00250

 詐欺師は頭を使う!
 暴力で、人から何かを奪うような、野蛮な脱獄囚とは一緒にしないで貰いたいねェ~

 それで? 俺にどうしろって言うんだ?

  土方「第七師団から、白石を助け出す
  土方「白石が、旭川第七師団の兵営のどこにいるのか…、中に潜入して探らなければ解らない

 関係者になりすますか…

  永倉「カムイコタンの一件で、警戒しているハズだから
  永倉「よほどの関係者じゃない限り教えはすまい

 杉元「東京の師団の上級将校とかは?

 尾形「いや、軍は上に行くほど横の繋がりが強いから、架空の上級将校はバレる…


00252

 鈴川「犬…?
 鈴川「犬童四郎助はどうだろうか

 牛山「犬童?網走監獄の典獄?
 杉元「似てるのか?

 犬童に数十年睨まれていた土方「似てないな


00253

 尾形「第七師団に、網走監獄の典獄と親しい人間がいる可能性は低いが…
 尾形「よほど似ていないと、多少の面識のある人間にならバレちまうぞ

 尾形「大丈夫か?

  土方「犬童は厳格で潔癖、規律の鬼と言われながらも、
  土方「個人的な恨みで私を幽閉する 矛盾を持ち合わせている…

  土方「その心の歪みが、顔に現れている…

 極悪人と言われた杉元「確かに、性格って顔に出るよな

 杉元「ヒグマも、キツネっぽい顔つきで睨んでくるのは、気性の荒いヒグマだって…
 杉元「そうなんだよねえ? アシㇼパさん

 杉元「…ダメだ、おねむの時間だ

  メイクアップ鈴川「ふうむ…、ならばこれでどうかな?


00255
00258
00263
00265
00270
00272
00273
00274
00278
00279
00282
 ホントに似ちゃったよ! こうして結婚詐欺師を潜入させる事に

鈴川潜入大作戦
 味方も味方、牛山にさえ黙っていた“刺青の囚人”を投入する土方歳三
 人を騙すプロなら、事態を打開してくれるとし
 さっそく犬童が利用されます

 人の性格は顔に出る、冒頭、“極悪人の顔”と言われたと知らない杉元

 また一つ、杉元は土方に疑念を深くするものの
 とにかく救出手段は決定

 にしても鈴川、変態揃いの昨今、まだマトモに見えますが…?

 この顔で結婚詐欺、よほどの性癖を備えているのか…?

土方『…やれやれ、この子は大物だ…』

00284
 わたしにいい考えがあるという鈴川に任せよう、と決定した後。
 土方が、鰊番屋を彷彿とさせるセクハラをし
 杉元が気付く事に

 というより、“そうか、白石が裏切っていたのか”と。

杉元『…一度でも裏切った奴は…、何度でも裏切る…!』

00285
00287
00290
00291
00293
00294
00296
00298
00299
00301
00302
 杉元…、殺さなくていい人間は殺すな。(アシㇼパさん)

シライシスレイヤー
 過酷な過去、何よりお人よしである杉元は、過去に手酷く裏切られたんでしょうか
 他の面々が、過ぎた事だと片づけようとする中で
 白石に厳しい目を向けます

 もしアシㇼパさんが止めなければ、本当に殺してそうな雰囲気

 物語初期を髣髴とさせる、“殺すな”というアシㇼパさんにより
 杉元も、ひとまず救出作戦続行に同意

 ユダランケさん辺りは、「バレたらお前に殺されると想ったんだろ」と同情的

 前回を根に持ってか、からかってくる尾形もいい味ですね

軍都・旭川…、帝政ロシアの南下政策に対し、防衛整備が急務とされ

00303

 軍都・旭川…、帝政ロシアの南下政策に対し、防衛整備が急務とされ
 第七師団の駐屯と、鉄道の敷設により

 当時の函館、小樽、札幌に次ぐ道北の中心地となっていた

  杉元「この広大な第七師団の敷地の、どこに白石がいるのか…

 監獄じゃないから、敷地内に入るのは容易だろうが…
 建物を一軒一軒探して回るなんて
 出来る訳がねえ

 連中の方から、白石を差し出させるか
 

00305

 キロランケ「白石を連行していった連中の番号が、27だった。
 キロランケ「旭川に四つある歩兵連隊の一つ

 キロランケ「歩兵第27連隊…、ここが奴らの兵舎だ

  尾形「ちょっと待てェ~、27連隊?


00307

 杉元「どうした、尾形

 尾形「いや…、お前らアホか
 杉元「あ…そうだったっけ

 杉元「なら、てことは鶴見中尉も同じ連隊か

  尾形「白石は27連隊が密かに確保している可能性が高い

 なぜなら連隊長は鶴見中尉の息がかかった淀川中佐だ


00309
00310
00311
00312
00314
00316
00318
00320
00321
 網走監獄典獄・犬童四郎助です! …はじめましてッ!!

アイサツ!
 杉元さんなんばやっとっとね!? 潜入作戦は、鈴川に一任されましたが
 敵が、鶴見中尉の息がかかった部隊と判明した為か
 杉元も変装して同行する事に

 てっきり犯罪者役かと思いましたが、杉元“が”カバンを持っています

 つまり、典獄=刑務所所長の側近とか
 侍従を演じてるらしい

 まあ合同陣営、ほぼ全員、顔が割れた連中だから変装は大切!

 これだけ、堂々とやられちゃうめき声しか出ないわね!

感想追記。明治の昔、旭川は軍都だった…!

00029
 道北の中枢として、1898年(明治31年)に鉄道、旭川駅が開業

旭川市
 以降、毎年1000人ずつ人口が増えていったそうで、なんとも豪儀な話
 更に3年後の1901年に、第七師団が札幌から移駐したそうな
 翌1902年、国内観測史上最低気温
 摂氏氷点下41.0度を記録

 いやあ怖い話ですね、そして1904年から1905年にかけて日露戦争

 1945年(昭和20年)の終戦で第七師団は廃止に、旭川にそんな歴史があったんですね

“日本軍の銃”の代名詞の一つ、三八式歩兵銃が登場!

00195
 鶴見中尉も機能美をめちゃくちゃ褒めてましたが、以降二次大戦まで用いられたそうな

三八式歩兵銃
 少年ジャンプ読者なら、「こち亀」で覚えたという方もいらっしゃるかもしれません
 正確には、1939年に「九九式短小銃」が後継銃となりましたが
 当時、国力的に完全に更新する事が出来ず
 主力小銃の双璧として活用

 最終的に約340万挺が製造され、日本の国産銃として最多となっているそうな

 また10年ほど前、戦争経験者の認知症リハビリに、本銃のモデルガンが活用された逸話も。

公式ツイッターより

























































2018年10月29日 ゴールデンカムイ 第16話「旭川第七師団潜入大作戦!!」

00133
 4話にしては珍しく、フツーに制作元ジェノスタジオが制作。

スタッフ
 脚本:高木登
 絵コンテ・演出:石川健朝
 作画監督:日向正樹
 アニメ制作:ジェノスタジオ
 原作:漫画/野田サトル/集英社/週刊ヤングジャンプ
 制作協力:-

あらすじ
 アシㇼパの目撃情報を頼りに谷垣たちが旭川を目指している頃、杉元とアシㇼパたちは芦別に到着。無事に永倉と合流を果たすが、白石が第七師団に連行されたことを知る。一方、ひと足先に白石の救出に向かった土方とキロランケは、アイヌが「カムイコタン(神の領域)」と呼ぶ事故の多い渓谷で奪還作戦を決行。白石を護送中の第七師団が渓谷に架かる吊り橋に差し掛かったとき、橋のたもとに立ちはだかった土方が刀を抜くッ!
 土方の狙いは、橋を切断して白石を川に落とすことだった。それを確認したキロランケが舟で近づき、手を差し伸べる。だが、杉元のことが脳裏をよぎった白石は、その手を取ることができなかった。救出は失敗し、白石は旭川にある第七師団の本部に連れ去られてしまう。
 その後、杉元と土方たちは旭川近郊で落ち合い、土方の伝手で脱獄囚のひとりで変装の名人・鈴川聖弘の協力を得る。第七師団本部への潜入手段として、網走監獄の犬童典獄に成りすますことを提案する鈴川。準備が進められる中、土方と白石が内通していたことを知った杉元は非情になろうとするが、殺さなくて済む人間は殺すな、というアシㇼパの言葉を静かに受け止めるのだった。

次回、腹の中。“敵中ど真ん中”的な意味合い…?

00185
00187
 アヘンは儲かるよぉー! とか堂々と言っちゃう中将ホント好き

アリサカ・ライホゥ!
 新たな変人は、日本兵器史に燦然とシャイニングするありさか氏。まーかせて!
 久々に、鶴見中尉の目的が具体化した回となりましたが
 またとんでもねー人を。

 そういや兵器工場云々言ってたな…、って中枢も中枢じゃないですか!

 彼の手で、新たにサイコ・ガンならぬ仕込足をゲットした上
 モルヒネ中毒まっさかりの二階堂

 このままじゃ、交戦する度に改造人間になっていきそうな二階堂の明日はどっちだ!

 次回、ゴールデンカムイ 第17話「腹の中」


ゴールデンカムイ 第16話 感想

 金カム 第16話「旭川第七師団潜入大作戦!!」
 勃起少年はおっぱいの夢を見るか
 向こう横丁
 カムイコタンへ
 まぁ…、いいか 
 Bパート「ダメッ! 二階堂ダメッ!!」
 その名はアリサカ
 三八式歩兵銃
 良かったね、二階堂!
 杉元…、殺さなくていい人間は殺すな
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ 
 これまでの感想
 トップに戻る


 ゴールデンカムイ 第1話「ウェンカムイ」
 ゴールデンカムイ 第2話「のっぺら坊」
 ゴールデンカムイ 第3話「カムイモシリ」
 ゴールデンカムイ 第4話「死神」
 ゴールデンカムイ 第5話「駆ける」
 ゴールデンカムイ 第6話「猟師の魂」
 ゴールデンカムイ 第7話「錯綜」
 ゴールデンカムイ 第8話「殺人鬼の目」
 ゴールデンカムイ 第9話「煌めく」
 ゴールデンカムイ 第10話「道連れ」
 ゴールデンカムイ 第11話「殺人ホテルだよ 全員集合!!」
 ゴールデンカムイ 第12話「誑かす狐」
 ゴールデンカムイ 第13話「江渡貝くん」
 ゴールデンカムイ 第14話「まがいもの」
 ゴールデンカムイ 第15話「昔の話をしよう」
 ゴールデンカムイ 第16話「旭川第七師団潜入大作戦!!」
 ゴールデンカムイ 第17話「腹の中」