試し読み とある科学の超電磁砲 レールガン 15巻 感想
 鎌池和馬 冬川基 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 これまでの感想はこちら 前回はこちら
オールスターお祭り編から、レギュラー4人へ!
今度の“脱獄”は命懸け?!

00090
00089
00086
攫われた初春“脱獄”へ、御坂達メインキャラ奮戦!
 ゲストキャラが、やたらと増えてきた本作
 ちょっとした原点回帰って感じです
 敵も上条さん(中身)!

 勇気をくれたフレンダさん、ありがとう!

佐天さんが“助ける”側!
 戦い以外でも命懸け、佐天さんの勇気も見せ場
 動機に溢れる友情がかっこいい!
 腕もげそう!
 
 敵半減も、狙いは見えていない状況

 塩の柱とかキリスト教的ですね

とある科学の超電磁砲 レールガン 15巻 感想


・第107話「怪生」
  …誘拐犯たち。初春、有頂天!
・第108話「思惑」
  …御坂vs“腕”。佐天さんの決断
・第109話「風狂」
  …御坂vs“疑似・一方通行<アクセラレータ>”
・第110話「性悪」
  …はわわとヒーロー
・第111話「虚実」
  …レベル5の「守りを突破する」術
・第112話「洞察」
  …黒子vs抜け忍・釣鐘!
・第113話「狂愛」
  …変態黒子.vs…
・第114話「苦肉」
  …上忍・近江の決断
・第115話「跳躍」
   …佐天さんがんばる! 
・漫画版「とある魔術の禁書目録」感想

・とある科学の超電磁砲 これまでの感想

あらすじ
ヒーローとは何か、そして変態vs変態!

00066
 敵の主義も、御坂&黒子の原点回帰って感じ

あらすじ
 春暖嬉美ら4人は、腕を見込んで初春を攫うが
 佐天の頑張りにより早期に露見し
 釣鐘と雷斧が脱落

 だが嬉美が得た、“上条の力の一部”は圧倒的

 御坂も、一度は昏倒させられ
 勝ち筋は見えない

 黒子も戦線離脱し、初春奪還は佐天が主力に

 敵の根城、第2少年院へ潜入するも…?

第107話
前巻、結局どういう事件だったか?

00012
00038
00016
00018
00019
 上は収監時、下は初期デザイン(松竜氏)。えろい

第107話「怪生」
 嬉美の脱獄と、必要なハッカーのあぶり出し
 目的は「世界を嬉美好みに」

春暖嬉美…、上条さんの「中身」持ち
・鈴…、警備主任「青星」
・釣鐘…、忍者
・雷斧…、はわわ

 嬉美の狙いは「道楽」だそうな

 アクが強いメンツの中、鈴姉だけ異彩ですね!

 異彩というか苦労というか

前巻、脱獄トライアル優勝は初春!
並み居るスターを蹴散らしての優勝よ!

00023
00024
00025
※この後むちゃくちゃ糖分を採らされた

有頂天初春タイム
 からの終了。貴重な有頂天初春だったのに!
 また、前巻状況を分析してますが
 遠距離ジャマー…

 院長の指示を“わざと”曲解した奴!

 能力を封じられては御坂も厳しい
 今後は厄介な存在か 

 にしても改めて、前巻あざやかでしたね

 あのメンツの中で勝ち抜くとか!

しかし初春、電話に出なくなる

00029
 攫われた初春。ここからが「本題」か!

消えた初春
 前巻も、オールスターで楽しかったですが
 楽しいお祭りは窮地に転落
 痛烈なギャップ!

 髪を結ってない黒子さん新鮮!

 佐天さんの気付きが秀逸で
 十億狙いだろう、と心配したのが大当たり!

 無論「だから」と確認に行く子だから

 面倒くさがらない、友達思いですよね

第108話
足手まといだけど! 一緒に追いたいという佐天

00030
00031
00032
 佐天へ御坂の返事、心がハンサムだわ!

第108話「思惑」
 誘拐犯に追いつくも、抜け忍・釣鐘が強襲へ
 なんと、黒子のテレポート投擲を回避
 ニンジャすげえ!

 前巻の、朗らか後輩少女とは別物…

 アレ可愛かっただけにショック…
 とまれ「誘拐犯」追撃

 鉄条網で早々に足止めし、御坂さん有能

 能力応用、バリエーションが巧み

想定外の「腕」!
上条の幻想殺し、その中身を目撃した御坂は

00033
00034
00035
00036
00037
 一計を案じ、犯人だと名乗る佐天さん。

右腕の中身(の一匹) 
 付いていくだけじゃない、ハイリスクな行動!
 佐天さんってば男前ですが
 戦闘面は完敗

 上条竜は、御坂の砂鉄巨人を「塩」へ

 右席のテッラが、能力を知ってましたし
 キリスト教系の奇跡か

 幻想殺しで消した能力は、おそらく竜の栄養に

 敵は「上条さんの力の中身」

 ある意味「御坂vs上条さん」の図式か

第109話
追跡・御坂編、“人質”をあっさり見捨てた御坂

00039
00040
00041
00042
 雷斧の力は、一方通行(アクセラレータ)を髣髴

第109話「風狂」
 もちろんンな訳ないも、描写上はそう思えるもの
 また、前巻同様に“被害者”を装った雷斧を
 御坂、あっさり看破し
 彼女と交戦へ

 状況が違うとはいえ、話が早い!

 能力も、本作の原点を思い出させるもので
 何か「まとめ」に入ってる感も

 単に、アニメ化に向けたサービスかもですが

 思わず震え、自ら止めるのも男前

雷斧を追い、立体駐車場へと潜入するも

00043
00044
 この後、ガソリンを漏らし爆破トラップ!

作戦「一段目」
 立体駐車場、それはデッカい火薬庫だった…?
 立体駐車、車エレベータを動作させつつ
 ワイヤーで落とすのが面白い
 地の利ですね

 更に弾丸が発砲音から遅れ、別方向から!

 雷斧、能力の不可解さも増すも
 御坂の「盾」も面白い

 車のドアを、即席で浮遊盾に

 未来ロボットやファタジーみたいね!

第110話
弱者を装う雷斧、動機は「ヒーロー」への疑問

00045
00046
 ヒーローは「何故、他人を救うのか?」

第110話「性悪」
 咄嗟に、“赤の他人”を救おうとした御坂は標的へ
 悪人は、“自分の欲望に素直な人”
 その動機は共感できる

 ならヒーローは? 上条さんに通じる話か

 オチから言えば、“答え”は出ないままで
 身体を張って証明する流れか?

 思うに、“見過ごせない”とか本能的なもの

 そうした感覚を、具体化する話なのかしら
 
駐車場爆破、御坂を倒す為じゃなく
雷斧の「武器」を呼ぶ為!

00046-
00046--
00047
 御坂は反射でなく念動力だ、と“誤認”させられる

想定内と想定外
 雷斧の攻撃、2手3手と繋がっていくのが面白い
 爆破は、警備用の無人ヘリを呼び寄せ
 これを「武器」にする為!

 が御坂、“脱獄の時もそうだった”と看破

 火力に難のある雷斧の得意技も
 なら「最初から計画か」と、見抜いてしまう美琴

 前巻の騒動が、しっかり繋がるのね!

 しかし、落とされたヘリを「超電磁砲」で迎撃したのも、雷斧の「想定内」

第111話
敵は念動力! “ミスリード”に乗ってしまった御坂

00048
00049
00050


 雷斧、“重力操作”でレールガン軌道を変更

第111話「虚実」
 宇宙機の軌道制御技術、フライバイの応用か!
 重力能力を、現実にある技術へ応用
 発想が面白い!

 しかし御坂、“敵の賢さ”から違和感

 雷斧側は、フライバイへの下準備と本命に
 二度「落下」させる必要があった

 御坂は「必要だから、二度落とした」と推理

 敵の策だと見抜いた御坂

 こうした気付きを、瞬発的にって強い

レベル5を倒すには、“レベル5の攻撃”を返す!
そんな「重力操作」の弱点も

00051
00052
00053
 萌え袖は、暗器を隠す為だったか

惑星女
 御坂は咄嗟に気付き、威力を弱めて撃って生還
 しかし、“惑星重力”を模した雷斧の力は
 近接戦でも厄介!

 ただ“軌道変更”は、近距離の真芯弱点

 あくまで、周回軌道に乗せる技だから
 繊細な技なのね

 また純粋に、斥力として弾き返す防御方法も

 御坂の雷に厄介な相手!

人質の為にここまで!
さすが「常盤台エースのヒーロー様」!!

00054-
00054
00055
00056
 決着はケンカ殺法! “御坂らしい”締めに

ヒーロー論
 重力レンズ、雷斧はつくづく天体みたいな奴!
 が、御坂は“もっとヒーローな奴を知ってる”
 と謙遜で決着

 上条なら敵、雷斧だって救おうとする

 これも原点回帰要素か
 カミやんと出会い、無意識に変わった部分

 意識的に「あんな風になろう」とする変化か

 アニメ3期と併せてホントに終わりそう…?

第112話
黒子vs、“テレポート予測”忍者の釣鐘!

00057
00058
 しかし黒子、“読まれてる”と読んで対応

第112話「洞察」
 面白いのは釣鐘の服で、救急・高所用ハーネス
 ヘリから吊り上げや、落下防止用で
 人を余裕で保持できる

 その“吊り下げロープ”で、空中戦!

 引っ掛けて吊り下がったり
 先端は金属なので、分銅のような投げ凶器も

 日常の道具が、忍者にピッタリ!?

 この発想が面白いわ!

テレポートを「読んだ」力の正体
別の一面に仰天する黒子!

00059
00060
00061
 不良を通じ、“刃に麻酔毒”と描写

ザ・ニンジャ!
 釣鐘は、能力の原理“AIM拡散力場”が見える
 力を使い、あの場所に移動しよう
 といった「兆候」が見える

 だからテレポートも完全対応!

 なお身体能力に至っては自前だ!

 むしろ、こっちのが驚いてますが
 ちゃんと忍者なのね!

 前巻、上忍・近江を倒したのも純粋な技能か

 寝返りによる、心理的油断が大きいけれど

黒子の突破口!
敢えて、“釣鐘の目前”へとテレポートする

00092
00062
00063
 黒子は転移直前、石を投げ、一人で二段攻撃!

繊細ですのに!
 釣鐘は、能力の兆候が見える能力こそ弱点に
 予兆が見えると、そっちに注意がいき
 投擲を避けるのが困難に
 一人二段攻撃!

 “観測能力”と、早々に見抜けたから

 転移先を読まれる、テレポーター最悪の敵も
 便利すぎて看破できた

 窮地がチャンスに

 黒子さんってば、大概タフね!

第113話
釣鐘が“抜け忍”となったのは、かつて救われた為

00064
00065
00066
 あんな風に殺されたいな☆と…!

第113話「狂愛」
 変態! 巻頭、近江(ロリ30代)を尊敬してたのは
 彼女に救われ、“あんな風に殺されたい”
 と願った事へ帰結

 変態vs変態! ファイッ!!

 急に、学園全土に見せるべき変態決戦へ!?
 死んだ眼なのはそういう…

 原点回帰、黒子の原点は変態だから…!

 万能な薬剤ジェルへ前振りも。

シビレ薬に被弾! 黒子のとった行動は

00067
00068
00069
00070
00071
 ラストシーンは苦しげな黒子

王手
 きゃっ! とか思わず言っちゃう釣鐘が可愛いも
 敢えて、テレポート範囲に割り込み
 身体を張って同様を誘う!
 釣鐘の度胸勝ち

 “吊りさげ”、命綱ワイヤー活用も見事

 確か忍者は、帯と刀をこんな風に使ったとされ
 実戦に即してるのが面白い

 また釣鐘、挑発に乗ってしまう素直さも

 スカベンジャーみたいに変わるのかしら

第114話
苦肉、そのサブタイと「表情」の意味は

00072
00073
00074
 釣鐘、最後に思いついたのは謝罪

第114話「苦肉」
 前回ラストで、黒子が異常に辛そうだったのは
 傷口の内に、薬剤ジェルという“異物”を転移
 血管を、強引に詰まらせて!
 シビレ毒を防いでた

 その激痛に、悲鳴一つ漏らさなかった

 おかげで、万策尽きたと誤認させた
 黒子さんの度胸勝ち…

 対し釣鐘も謝った

 根が素直なら、雷斧共々変わっていく前兆か

近江に殺されたい
釣鐘の願いは、どうやら叶わない流れに…?

00075
 前巻カバー下通り、この後彼女らは…

近江の「苦肉」
 近江はむしろ、理由付けて釣鐘を生かす決断
 釣鐘は、抜け忍になれば追われる
 殺して貰えると解釈

 しかし近江は、彼女が可愛かったのね

 前巻も節々にありましたが
 裏切られなお、我が子や妹分のようなもの

 釣鐘の変貌は「暗闇の五月」計画

 ただ、嬉美の「道楽」へと狙いが変わっている様子

冒頭、初春誘拐に使った「手下」の言動
佐天さんは、囮ではなくて…

00076
00077
 冒頭の3人は、第二少年院の収監者だった

黒子、戦線離脱
 だから収監者の嬉美を慕い、運転手として脱獄
 役目が済んだら、解放される予定だった為
 計画に協力してたと

 ここから“第2少年院がグル”と発覚!

 正確には、前巻で「上条の竜」により
 内勤職員が洗脳状態

 佐天さんは、初春が捕まった少年院への潜入

 囮じゃなくて主役だったのね!

第115話
佐天の「ウソ」は、嘘発見器であっさり看破も

00078
00079
00080
 前巻の所長ドッグ! ホラー!?

第115話「跳躍」
 わざと捕まって、自分がやったと嘘の供述を連発
 矛盾点、嘘発見器でモロバレな上
 佐天さんはLv0

 油断させ、探るのにもってこい!

 御坂、黒子側こそ「保険」
 佐天さんが本命!

 正真正銘のレベル0

 無力だからこそ、頑張る姿がかっこいい

監視が薄い屋上を移動
高所に震える佐天に、咄嗟に響いた声は

00081
00082
00083
 亡き、サバ缶フレンダさんの声…!

佐天の動機
 今巻、御坂と黒子が“ヒーロー”として活躍するも
 初春は「正義に憧れ、なろうとする子」だと
 佐天さんの中で再確認

 懸命に正義を目指す初春に、“悪”をさせたくない

 今回、初春の身柄はたぶん危なくない
 嬉美はそう言ってる

 それでも、危険でも! 何故助けようとする?

 許せないから!

 動機付けが力強かった!

警備棟から看守棟へ、6mを跳躍できるか!?
インディアン・ポーカーの力!

00084
00085
00086
00087
 そして肉球! やっぱりフリだった!!

粘着☆肉球再び
 前巻、壊れた警備ロボに入れっぱなしだったアレ
 単身、潜入する前振りだったのね
 現地で便利グッズを得て
 肉球大成功!

 また嬉美の“魅了”で、内勤は洗脳状態

 それも「だから警戒が薄い」と繋がり
 佐天さんに華を添える…!

 ボーイッシュ看守服かわいい!

 敵は残り二人も、あの腕どうやって攻略するやら

収録

00088


「佐天さんが」可愛いグローブ!愛上 陸先生

 電撃コミックス「とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 15巻」。
 原作:鎌池和馬、キャラデザ:はいむらきよたか
 作画:冬川基。月刊コミック電撃大王連載作品。
 ㈱アスキー・メディアワークス発行
 ㈱KADOKAWA発売。
 2019年10月(前巻2018年10月)。

とある科学の超電磁砲 15巻 感想
 第107話「怪生」
 第108話「思惑」
 第109話「風狂」
 第110話「性悪」
 第111話「虚実」
 第112話「洞察」
 第113話「狂愛」
 第114話「苦肉」
 第115話「跳躍」 
 漫画版「とある魔術の禁書目録」感想
 とある科学の超電磁砲 これまでの感想

※トップに戻る


 とある魔術の禁書目録 12巻 漫画版、近木野中哉
 とある魔術の禁書目録 13巻 漫画版、近木野中哉
 とある魔術の禁書目録 14巻 漫画版、近木野中哉
 とある魔術の禁書目録 15巻 漫画版、近木野中哉
 とある魔術の禁書目録 15巻 漫画版、近木野中哉
 とある魔術の禁書目録 16巻 漫画版、近木野中哉
 とある魔術の禁書目録 17巻 漫画版、近木野中哉
 とある魔術の禁書目録 18巻 漫画版、近木野中哉“顕現”
 とある魔術の禁書目録 19巻 漫画版“天使事件”
 とある魔術の禁書目録 20巻 漫画版“スキルアウト”
 とある魔術の禁書目録 21巻 漫画版“五和とテッラと神の右席”
 とある魔術の禁書目録 22巻 漫画版“神上”暗部抗争編!

公式 とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 感想

 とある科学の超電磁砲 9巻
 とある科学の超電磁砲 10巻
 とある科学の超電磁砲 11巻
 とある科学の超電磁砲 12巻“佐天さん×フレンダ事件”
 とある科学の超電磁砲 13巻“アンドロイドは電気娘と夢に出るか?”
 とある科学の超電磁砲 14巻“オールスター”脱獄トライアル!
 とある科学の超電磁砲 15巻“初春を追え!”

※トップに戻る