アニメ公式 UQ HOLDER! ユーキュー ホルダー 19巻 感想 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 魔法先生ネギま!2 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
エヴァンジェリンが“魔王”と呼ばれるようになった過去編。刀太、一斉仮契約ッ!

00073
00072
00030
00040
00059
師であるイエス、エヴァ、自分自身より大切だと思う人が死んだり苦しんだりする中
 自分だけ神さまにより死ねず、生かされるのが“苦しい”人だったのか。
 刀太も、例の特訓で「性欲を我慢できてた」と描写
 もー!男子ってば潔癖なんだから!
 男同士でもキスなんだから!

 旧作以来の“魔王エヴァ”は、魔法世界にケンカを売った為判明!

実質「地球への侵略阻止」
 魔法文明側がどう考えても進んでますから、侵略が起きてなきゃおかしいですしね
 冤罪ですが、エヴァ自身「地球に来たらタダじゃ済まんぞ!」と脅す為で
 魔王と恐れられた方が、平和に役立った為もあるんでしょうか
 表紙、10巻での女装九郎丸だけど髪の色…?

 そして正常位ッ! 快感駅弁ッ! 赤松先生バカじゃないの!(暴言)

 特にキリヱ、この姿勢(快感あり)を三時間キープとかおかしいですよ仮契約さん!

UQ HOLDER! 19巻 感想

 第153話「魔法使い共」
 第154話「魔王誕生の軌跡」
 第155話「神と意地の張り合い」
 第156話「永い永い3時間」
 巻末ミニミニ画集
 UQHOLDER! 感想
 トップに戻る

巻末は掲載誌表紙などに使われたイラスト、7枚が収録!

00071
 ページの都合か155話扉絵がここで掲載。まあおっきい!(迫真)

あらすじ
 13世紀以来、魔法世界から地球へ、静かな侵略が始まっていると気付いたエヴァは
 内心で仇討ちを秘め、カリン=ユダと甚兵衛を従え
 謎の「貴族」真祖バアルと交戦しつつ
 西暦1518年、阻止成功した

 しかしエヴァは指名手配犯となり、夏凛も失い長い放浪をする事になる

 刀太は、夏凛の心の負担を軽くすべく仮契約を敢行し
 更に他メンバーとも一気に契約する

 残る“キスで契約できない”キリヱとも、長時間接触方式によって成立させた

第153話。約600年前。“偽物の真祖”は、己の身の上をユダに語った

00002
00004
00005
00006
 体育座りし、△な口するユダ=夏凛さんかわいい

第153話「魔法使い共」
 エヴァが吸血鬼化し約100年が経った、西暦1486年頃(本作は2080年代)のお話
 吸血鬼の真祖、と言えばエヴァの代名詞ですが
 考えてみりゃ「偽物」なんですね
 考えてみりゃ!

 エヴァと一戦交え、戦っていた“魔法使い共”とは違うと納得した夏凛

 死ぬ事も出来ず、行くあてのない夏凛はエヴァに同行
 似た身の上同士で連れ合う事に

 不死者としてはエヴァの方が後輩ですが、“楽しめ”って言葉が響いたんですね

 さてエヴァは、吸血鬼の真祖「貴族」を参考に改造されたモノだと。

悪辣な魔法使い共! 彼らがどこから来るか知ってるかい?

00007
00008
00009
 夏凛さんやめて! ラジオで誤解が広がっちゃう奴よソレ!!

戦の星より
 本作ラスボス“始まりの魔法使い”は、元は地球で絶望した人たちを救おうとした偉人
 火星の裏側に移住し、彼らの魔法世界を築いて理想郷を目指したものの
 結局、同じように争いの歴史に堕してしまった
 まさに完璧始祖!

 やがて始まり様は姿を消し、火星は地球より文明的に先行するようになった

 で、西暦以前から(キリストも?)少数の魔法使いが地球帰還
 特に150年前、ペストによる混乱に乗じて拡大ッ!

 火星で“雑魚”な連中が、地球でヒャッハー!するのが流行り出してしまったらしい

 すなわちリアル異世界転移モノなんですね兄貴ィ!

魔法研究が遥かに進んだ裏火星魔法使いが、極めて強力なのは事実だった

00010
00011
00012
00013
00013-
 当時のエヴァでは、なすすべもなく触手プレイされてしまうほど!

夏凛の転機
 当時、「裏切者の代名詞」となってしまうほど、皆に否定されてしまった夏凛は
 久しぶり(初めて?)に、生きることを肯定されたのが影響し
 上位神聖魔法が使用可能に

 なるほどこちら世界では“神を信じ、祈る人々”が火星よりずっと多いから?

 火星は魔法が発達した為、「神」という概念が衰退してしまったんでしょうか。
 どうせ祈るなら、実益ある魔法に使う的な
 対し地上は「キリスト」が現れた

 神聖魔法とは“神を信じる皆の祈り”、膨大な数の思念の集合体か。そりゃ強いわ!

 技術・文化的に遅れてしまった事が、かえって強大な力を作ったのね
 
二つの出会い。偽領主を倒したエヴァ達だったが

00014
00015
00016
 ダーナと同格である「貴族」、吸血鬼の真祖!

二つの出会い
 模造真祖であるエヴァは、少なくとも当時は全く歯が立たず撃破
 せっかく、上位神聖魔法というチートを修得したユダも
 これまたトマトケチャップ同然!

 これを救ったのが、同じく“偽領主”を倒しにきた甚兵衛だったと

 甚兵衛の功績デケーな!?
 無論、エヴァは「別に助けなんかいらなかったしー」とか言ってましたがッ!!

 ただ“イレカエ”で逃走成功するも、貴族に決定的に興味をもたれたんですね

 そして。魔力切れ=ちびエヴァとかいう新属性まで獲得ッ!

あの“偽領主”ってば、裏火星の結構な実力者だった為、指名手配されてしまう事に

00018
00019
00020
00021
 火星の裏側に、人為的に作られた“異界”。裏火星まで侵攻し「返して」しまった!

火星殴りこみ作戦!
 毒食らわば皿までというか、追うなら返り討ちにするとばかりに全面抗争に突入!
 この三人だけでなく、幾人かの仲間も増えていき火星へ
 大都市“メガロメセンブリア”へ到達

 つまりエヴァは当時、火星の侵略を退けたヒーローだったのが真相!

 旧作含め、散々悪ぶってた彼女ですが
 むしろ救世主!?

 改造したのが“始まりの魔法使い”だし、桁が違うんでしょうか

 敗北をきっかけに術もより研鑽したそうで。

第154話。“旧世界(地球)は不可侵とする”。そう始まりの魔法使いは約定していた

00022
00023
00024
 真祖「バアル」が、実は地球侵攻派の後ろ盾をしていた

第154話「魔王誕生の軌跡」
 1518年、エヴァ達の火星=魔法世界転移は、一年に渡る密かな調査に始まり
 地球を見下し、植民化を図っているのはごく一部と結論付け
 敵首魁暗殺で片づける手はずだった

 旧作ネギま!で、“魔法使いは基本的に好意的”だったのを踏まえてるのね

 エヴァの動機は、元々住んでた村を焼いたのが火星・魔法使いだった為。
 対し「貴族・真祖バアル」の行動は謎

 人の欲望を刺激し、自ら動かず戦乱を煽るのは他作品ではよくある事です

 ただ本作「貴族」は、エヴァの師匠みたいに無関心なんですよね

一体一体が魔王と呼ぶに相応しい存在、「真祖」とのガチ対決!

00025
00026
00027
00028
 本体は「無数の魔獣・悪魔の積層」、某ネロ・カオスみたいな。

真祖vs模造真祖
 因果というか決め手となったのは、幼い日に見た刀太の“攻撃反射”を真似た
 真祖バアルも、夏凛の不死性・神聖攻撃には手を焼き
 永久牢獄系の技を放ったところを「反射」
 なんとか撤退させる事に

 師匠ダーナに、大概歯が立たないエヴァですが、一応真祖を撤退させたのね

 甚兵衛と七尾の会話から、あっちが本気じゃなかったってパターンっぽいですが
 夏凛の不死性が活きる展開だった!

 際しては一の従者 七尾・セプト・七重楼も登場。Septも「7」か。

 神話で、“7年後”に復活してバアルと和解した死の神モート? バアルの兄弟ですし

バアルを退けたエヴァは、都の「近衛兵団第三師団」と真っ向勝負へ

00029
00030
 いわゆる“全盛期のエヴァ”。この大暴れで魔王と恐れられ、おとぎ話に残るレベルに

魔王エヴァンジェリン
 暗殺は失敗に終わったものの、正面攻勢、及び偽りの講話もエヴァは粉砕
 結果、魔法使いたちの「地球不干渉派」が勢力を盛り返し
 長きに渡る地球との断絶へ移る事に

 しかし首魁によりエヴァは指名手配、及び市民にも悪魔として映ってしまったと

 エヴァ自身、「地球侵攻するとこうなるぞ!」の示威行為を狙っていましたし
 弁解なんかするタイプじゃないですものね

 で、延々返り討ちし続けて120年

 やがて少女は神話となって、冤罪が“史実”として固定されちゃったと。

第155話。“真祖”に迫る肉体を与えられた普通の少女、それがエヴァだった

00031
 肉体は超越者、精神は普通。エヴァがどうなるのか興味があるという「真祖」バアル

第155話「神と意地の張り合い」
 当時、夏凛は主従契約を望んだものの、彼女を自由にしようとしたエヴァが拒否
 しかしバアルは、「夏凛がエヴァを精神的に支えている」と考え
 彼女を引き離し“孤独”にした

 それからはご存知の通り、またエヴァはやさぐれてしまったんですね

 地球の異界=異空間的には世界樹が存在し
 種を植える事によって、「異界から現実世界に顔を出す」のだそうな。

 まほらにある巨大樹などがそれで、その苗床にされて夏凛は行動停止

 互いに孤独、必要としあった夏凛とエヴァ。失ったのは辛かったでしょうね…

以降140年意識は途切れ、フランス革命直前にようやく目覚めた

00032
00033
00034
 解呪したのはエヴァらしいが、どういう風に十蔵に託したんでしょ

空白の時間
 前巻回想にも登場、“黒棒”の前の持ち主らしい幹部・獅子巳十蔵により救出
 しかし、賞金首であるエヴァの行方は杳として知れず
 UQ HOLDER結成時にようやく再会

 バアルとどうなったのかは不明、エヴァの過去にまた一つ謎が増える事に

 いずれにせよ、師キリストを死なせた辛さに続いて
 エヴァが辛い時に傍に居られなかったと

 夏凛の苦しみは、罪人なのに「神の恩寵」を受けてる不可解さも含めての事か

 エヴァとは、再会して(彼女ら基準で)間もないんですね

雪姫との仮契約は、“神の恩寵”に弾かれた! では刀太とはどうか?

00035
00036
00037
00038
 無断で乙女の唇(2000歳)を奪った罪でえらいことになる刀太!

神の恩寵
 つまり夏凛の苦しみを軽くするには、恩寵は“神の意思”じゃないと証明すればいい!
 超越者が、意思を以って行っている事なんかじゃなく
 何らかのルールに基く力に過ぎない
 と、証明する事ね!

 そこで刀太は、まず自分も契約を試みて失敗、“エヴァだけじゃない”と証明

 夏凛とエヴァは、「エヴァを神が嫌ってる」と捉えましたが
 ロクに罪がなく、不幸じゃない刀太も弾かれた
 つまり原因はエヴァの罪じゃない!

 本当に神さまによる選別なら、むしろ「解っちゃう」から大変ですものね

 夏凛と契約を試みれば、神に許されないか解っちゃう事になっちゃう!

刀太『なあ 夏凛先輩 証明してやろーぜ』

00039

)刀太
 なあ 夏凛先輩 証明してやろーぜ
 救われるかどーかとか 幸せかどーかとか

 雪姫の… いや俺達の未来を

 どっかの誰かに勝手に決められてたまるかってとこをよ!

)夏凛
 …それで?
 そう言って また私とキスしようというの?


00040
00041
00042
00043
00044
00045
00046
 業界用語「これ完全に挿入ってるよね?」「だいしゅきホールド」発動であった

朝チュン仮契約
 エヴァが真祖戦で跳ね返したように、回天で“世界の祈り”を受け流し続け
 仮契約する事には成功、でも絵面がひたすらヤバかった!
 俺だってヤーヴェえと思う!

 際し抱いてたクッションが千切れ飛び、天使の羽のように散らばる事に

 やたらキス拒否、そして欲しがる夏凛先輩がエロかったですね!
 そして毎度ながら破れる服!

 最中聞こえた鐘の音は、朝を告げる音だったのか“神の力”によるものだったか

 先輩コンビもタイミング悪すぎィ! 安心の酷いオチだった!!

第156話。甚兵衛ェ! 余計な既成事実と共に帰ってきた刀太達

00047
00048
00049
 思えば甚兵衛と夏凛先輩、めっちゃ付き合いが深いんですな

第156話「永い永い3時間」
 つまり! からかい甲斐があるってワケで! 散々甚兵衛のオモチャにされた夏凛
 ただ、意図してか結果的になのか「仮契約した」とバレてしまい
 刀太ラブ勢に大混乱

 結果、皆で刀太と仮契約しようフェアが開催ッ!

 扉絵は筆頭キリヱちゃん!
 特に彼女と九郎丸へ、夏凛は全力で弁解する事に。

 不死身がテーマゆえ歳上ヒロイン多数、ロリも多くしてバランスをとってるのか?

 つまり歳上合法ロリであるキリヱは…、と思ったけどエヴァ様もそうですね

刀太に興味なさげだった夏凛の蛮行ッ! 天が許そうと、人が許さないのだった

00050
00051
00052
00053
00054
 変身魔法で歳上化した二人、…まんま婆ちゃんじゃねーか! しのむはかわいいなー

性闘潮流
 そしてキリヱが死んだ。歴史的出遅れである。名曲「はしれコウタロー」もビックリ!
 流石というか、男の子・幽霊・全身義体かまわずキスしたのである
 なるほど、性の世界的潮流というものか
 時代の流れが早すぎる!

 際しみぞれとは世界を救うコト、しのぶとは恒星間船の約束を再び

 本作ラスボスは、ざっくり「人の不幸」がパワーの源である為
 他所恒星へ連れてくラストなんでしょうか?

 外の恒星で時間を稼ぎ、戻ってくるまでに世界を平和にエンドみたいな

 いずれにせよ“皆を幸せに”がテーマなんだろなぁ、改めて感じるお話。

キリヱが勝つ方法はただ一つッ! “本契約”を勝ち取るしかないんだぜ!!

00055
00056
 キリヱ成長予想図。とりあえず眼鏡とパソコンと三つ編みもつけよう!

もう一つの仮契約
 キリヱは“キスすると時間停止能力に暴走する”為、仮契約できないのが欠点
 そこで! いっそ篭絡し、本契約してしまえと迫った夏凛ちゃん
 さすが史上最大の裏切り者!!
 
 対しキリヱ、ヨルダや雪姫の事で懸命なアイツを騙したくないと…

 九郎丸の気持ちもありますし
 何より、刀太自身「エヴァが好き」と公言してますからアンチクショウ。

 しかし刀太、淫紋既に仮契約する別手段を調べていたってワケで冒頭へ!

 なるほど、これが帯にあった「もっとも際どい仮契約」なのか
 
もう一つの仮契約とは、“浮き出た紋章同士を三時間重ねる”コト

00057
00058
00059
 もうこれ単なる騎乗位(セックスの体位の一つ)ですよね状態

その感覚は
 よし! 言葉を選ぶのもバカらしい状態になってきたッ! しかし刀太は涼しげ
 この契約方法は、「てのひら同士」とかのパターンもあるそうですが
 今回、何の因果かセックス的な体位に
 君のせいだよ!

 でも良かった、アクロバティックな体位を要求されなくて本当に良かった

 また旧作以来、「仮契約は気持ち良い」という感想があります
 魔力が身体を通る為でしたっけか

 が、その快感が三時間に渡って持続するとかもうこれ完全にエロいとしか

 なるほど、例の快感が三時間も持続しちゃうのかッ!

完全に頭etcに血がのぼったキリヱは、「刀太の無反応さ」に激怒した

00060
00061
00062
00063
00064
00065
 しかし刀太、十分意識してるぞ。意識的に冷静になってるだけだ。と。

(それでも)いいのに
 あくまで意識的。そういや、刀太の力は「常に冷静でないと使えない」もの
 使いこなす為、必死に平常心を保つべく修行した事が
 変なところで活きてたんですね
 変なところで!

 しかも理由はまんまキリエと同じ、“俺は中途半端なままだから”

 今、キリヱに性欲を持っちゃ失礼だと。
 想いは同じ。

 互いに妙に潔癖な考えが、息ピッタリだったって事か

 やだこの子ってば! ホントめっちゃメインヒロインしてからに…!!

私はそれでも構わないのに。つい口を突いてしまったキリヱですが

00066
00067
00068
00069
 カワイイと言っときゃいーと思ってんでしょ!(キリヱ)

トニカクカワイイ
 まあそういうワケで二人は幸せな仮契約をして終了、大幅な戦力増強成功に
 イチャコラ回ですが、仮契約による多彩な恩恵はデカく
 次回、本家ネギストーカーフェイトと決戦へ!
  
 前はお金が友達、自立した女を目指していたのがキリヱの原点

 ただ、対し刀太が「カッコイイのは今もじゃないか」
 とはホント言い得て妙と言うか

 口説き文句だけど心底「その通り」と思えるのがニクいですね、ここの下り。

 ネギに対し壁になったり自害したり、ひたすらカッコイイですもの。

収録

00070
 髪をアップにした九郎丸、大人びていて美人だわ!

 講談社コミックスマガジン「UQ HOLDER! ユーキュー ホルダー Vol_19」。赤松健。
 別冊少年マガジン連載、講談社発行。
 2019年2月(前巻2018年10月)。

UQ HOLDER! 19巻 感想
 第153話「魔法使い共」
 第154話「魔王誕生の軌跡」
 第155話「神と意地の張り合い」
 第156話「永い永い3時間」
 巻末ミニミニ画集
 UQHOLDER! 感想
 トップに戻る

 巻末は次巻予告収録、6月7日予定。

漫画 魔法先生ネギま!2 UQHOLDER! ユーキュー ホルダー 感想

 UQ HOLDER! 2巻
 UQ HOLDER! 3巻
 UQ HOLDER! 4巻
 UQ HOLDER! 5巻
 UQ HOLDER! 6巻
 UQ HOLDER! 7巻
 UQ HOLDER! 8巻
 UQ HOLDER! 9巻
 UQ HOLDER! 10巻
 UQ HOLDER! 11巻
 UQ HOLDER! 12巻“我ら UQ HOLDER!”
 UQ HOLDER! 13巻“交渉決裂 おばあちゃん登場!”
 UQ HOLDER! 14巻“好きです”女の子として 京都旅行前編
 UQ HOLDER! 15巻“ネギ先生の好きな人” 魔法先生ネギま! 真・最終回!!
 UQ HOLDER! 16巻“やり直し不能” カトラスvsホルダー古参勢!
 UQ HOLDER! 17巻“明日菜がいない世界” 惚れてるじゃねーか!
 UQ HOLDER! 18巻“夏凛の正体” 九郎丸告白?!
 UQ HOLDER! 19巻“キス以外の仮契約”魔王エヴァ誕生譚!?