公式サイト 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第2話 感想 微熱、伝わる、試着室。レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 僧侶 公式配信サイトこちら これまでの感想はこちら 前回はこちら
つい嗜虐心をソソられた前回から一夜、上司は関係を“なかった事”に…?

00033
00056
00071
Sカレは純情。誘ってくる女は、就業中だろうが食っちまう甲斐性を見せた羽田野上司
 彼視点から見れば、生娘みたいな反応は相当新鮮だったのか
 ラストの横顔、完全に恋してた!
 やだもー、思春期か!

 すぐに濡れるいやらしい身体と、ギャップを感じたのでしょうか! いやらしい!

私服も常にエロい部下
 出社時も谷間、歩く姿は乳袋、着替えをさせれば胸がこぼれおちそうな部下
 みのりさん、身体はすぐソノ気になってたみたいだし
 羽田野さんも誤解しちゃったのね
 ところが…

 厳しいけど成果を出せば、ちゃんと評価する上司。というのも素敵だ!
 
終カプ 第2話 感想

00026
 終カプ 第2話「微熱、伝わる、試着室。」
 朝8時15分
 始業時間
 俺のこと誘ってるの?
 もうこんなに…  
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 じょしおちっ 感想
 これまでの感想

みのりさん、2話連続M字開脚の記録を達成

DpSyUJNUYAAOjf8
 こちらはツイッターより。有料配信完全版は、ホワイトホールが通常作画に。

あらすじ
 朝8時15分、上司・羽田野秋彦は起こしてくれず、みのりは遅刻寸前に
 出社後、いつもと変わらぬ上司に言葉を飲み込み
 みのりは衣装室に呼び出される

 入社から一年、羽田野の厳しい指導下でデザインしたドレスが出来たのだ

 しかし、出来を見る為、試着したみのりは脱げかけてしまい
 羽田野は誘われたと誤解

 指に続き、舌まで入れた羽田野、入れられたみのりは、互いを意識し始め…?

 次回、終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第3話

みのり『もう…、こんな時間…?』

00001
 前回、相澤みのりは、そりの合わない上司・羽田野秋彦と一緒に泊まる事に
 ところが、彼女は無防備にも彼の劣情をあおり
 嗜虐心に火をつけた

 結果、彼女は彼の指に、挿入を許してしまって…?

『羽田野さん?』

00003
00006
00007
 起こしてくれてもいいじゃない…

朝一番
 目が覚めたらもう8時15分、羽田野さん、勃こさず起こさず会社へ向かい
 朝一番から、みのりを愚痴らせるのですが…
 と

 やば! 会議に遅れちゃう!?

 ただでさえ、昨日の飲み会で一緒に残ったと知られてるので
 出社が重なるのを避けたのでしょうか

 まったく、朝一番からエロい身体をしてやがるぜッ!

みのり『(間に合ったー…)』

00010
 しっかり、昨日と違う服装で出社するみのりさん。
 同じ服で、朝帰り疑惑は避けるッ!
 淑女の嗜みである

 それでも、おっぱいは開けているヒロインの鑑

みのり『はぁ…、ぁ痛っ!?

00012
00013
00014
00015
00016
 ギリギリだな? 用意できたら衣裳部屋に来い。早くしろよ

羽田野(はだの)さん
 何もなかったフウを装う上司に、みのりさん、「あ痛っ」って表情が可愛い!
 前回、ついムラッとして指を入れてしまった羽田野さん
 実に平静、大人ですね
 アダルトですね

 さて本作の職業は、アパレル系でのデザイナー業一年生

 男主人公の前作を除けば、失職者続きだった僧侶枠。久々の就業者。

羽田野『さっき届いたんだ』

00018
 二人がケンカする理由は、上司・羽田野の指示が少し厳しい為
 しかし、みのりが手がけたドSドレスは良い出来で
 感度好感度がアップ

 みのりさん、今回の私服も大変エロいですが…?

『俺も厳しい指示出したけど、意外に根性あるんだな?』

00019

 俺も厳しい指示出したけど、意外に根性あるんだな?
 お前に任せて良かった…

   みのり「(そんなに素直に言われると、私も何て言っていいのか…)」

 ただ…
 インパクトに欠けるな

 着てみてくれるか?

   みのり「私が?!
   みのり「……羽田野さーん…、ちょっと…、お願いします…」

 みのり「ファスナーが、引っかかっ…


00021
00024
00025
00026
00029
00031
00035
00034
00033
00039
00040
00041
00043
00044
00046
00048
 !? …俺の事、誘ってるの…?

ファフナーが
 ファスナーを閉めて欲しい、と谷間を覗かせ誤解されるみのり
 前回に続き、巨乳過ぎるからこぼれやすいのだ
 たぶん
  
 そ、そんな…?!/…似合ってる

 羽田野さん完全に堕ちている…
 前回は、“からかってたら、ついムラムラきたので”だったのに!

 部下が誘い過ぎて理性が仕事してない…!

『あっ…! 嫌…っ、…やめ、て……

00054

 みのり「あっ…! 嫌…っ、…やめ、て……」
 羽田野「ほら…、ドレス汚れるから…」
 みのり「だ、ダメ! そんな…

 羽田野「……もう、こんなに」

 みのり「いや…、
 みのり「もう…、いやぁ……

 みのり「はだ…、の…、さぁん……、……あっ!


00055
00056
00057
00058
00061
00062
00063
00067
00068
00070
00071
00073
00075
00076
00078
00079
00081
00083
00084
 もう…、出てってください…、お願い…、ですから…!(みのり)

悪ふざけ
 指に続き、口でした羽田野だったが、涙目で拒絶されるのが予想外だったらしく
 少し傷付いた様子で「悪ふざけが過ぎた」と出て行く
 が

 羽田野さん…、私…、わからないよ…!

 状況に流されるみのり
 恋する表情で、どんどん本気になっていく羽田野さん

 やってる事はアダルトだけど、めっちゃ思春期っぽい表情でした

 もう、お邪魔虫が来ないと、次回最終話になっちゃいそうよ…!

公式ツイッターより






































2018年10月15日 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第2話「微熱、伝わる、試着室。」

00003
 翌朝、ちゃんと他の客室カラッポなのが細かい。 

スタッフ
 羽田野秋彦:八代拓
 相澤みのり:五十嵐裕美
 菅原慧:廣瀬大介
 原作:Meg
 監督:荒木英樹
 脚本:翌有蔵
 キャラクターデザイン:あおばみずき

あらすじ
 カプセルホテルでの一夜が明け、デザイン事務所に出勤したみのり。
 職場で顔を合わせるなり羽田野に呼び出され、衣装部屋でみのり自身でデザインしたドレスの試着をすることに。
 ところがファスナーが引っかかって身動きが取れず、助けを求めるのだが、ドレスが脱げかけの無防備な姿を見た羽田野に「俺の事、誘ってる…?」と迫られて―!?
 1人用の狭い試着室内、密着した肌と唇が触れ合い…もうただの上司と部下には戻れない…。

次回、もうただの上司と部下に戻れなくなった二人は…?

DlQLwLeU0AMF4lI
00062
DpSyUJNUYAAOjf8
 公式サイトでは、18禁シーンを含む「完全版」が有料配信。通常版無料配信中

指から口へ
 ひとりで着替えるので精一杯の、狭い更衣室で事に及んだ二人
 キスし、腕を掴みあげて事に臨む手馴れた様子
 僧侶枠のカレは強引ですね!

 ところが女慣れしてる分、スレてない態度ときめくのよね…!

 強引なくせに、嫌がったら止めてくれる優しさ
 お互い既にときめいている!

 次は山場の三話、更にドエロくか、もう一人の彼か気になる! どうなるの!

 次回、終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第3話

終カプ 第2話 感想

 終カプ 第2話「微熱、伝わる、試着室。」
 朝8時15分
 始業時間
 俺のこと誘ってるの?
 もうこんなに…  
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 じょしおちっ 感想
 これまでの感想
 トップに戻る


 じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 第1話「あの子へとつながる、穴。」
 じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 第2話「上には穴、横には君。」
 じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 第3話「穴から降りて、パンツがひらり。」
 じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 第4話「穴があったら入りたい。」
 じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 第5話「私の目は節穴じゃない。」
 じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 第6話「同じ穴のむじな。」
 じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 第7話「壁にも…のぞき穴。」
 じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 第8話「2人で密着、浮輪の穴。」
 じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 第9話「穴よ、閉じないで。」【最終回】


 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第1話「カプセルホテルで、感じる、上司の体温。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第2話「微熱、伝わる、試着室。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第3話