公式サイト 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第1話 感想 カプセルホテルで、感じる、上司の体温。レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 僧侶 公式配信サイト これまでの感想はこちら 前・僧侶最終話はこちら
久々のSカレは、「お前なんか女じゃない」と公言するケンカ友達上司。しかし…!

00033
00092
00119
前期、コミカルで欲望に忠実な壮介から、女性視点&クールでドSな彼氏が戻ってきた!
 趣向を変え、本気で、「お前は女と思ってない」と公言するタイプでしたが
 いざ、ノリ始めると過去最高クラスにエロい描写…!
 部下がエロかったから仕方ない…!?

 今回の“隠し”は白! いつも、多少コミカルなのに今回ガチにエロい気が

原作1話もツイッター配信中
 乳首隠しに白丸と、全年齢対応し、有料配信版に続きますが、今回は描写も濃い…!
 前期は、ギャグに走ってる部分が多かったですが
 ねっとりしてるから余計に…!

 次回、元関係からすると、気まずくなっちゃうパターンなんでしょうか

終カプ 第1話 感想

00098
 第1話「カプセルホテルで、感じる、上司の体温。」
 はだのさんとみのりさん
 ここなんて良いんじゃないか?
 その顔 すごくそそる   
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想

公式ツイッターでは、作者さんによる紹介文なども交配配信中だよ!

Do5KNQBU4AAu63y
 このむちゃくちゃ怒られた。受け継がれし木魚

あらすじ
 相澤みのりは、服飾デザイン会社の一年目、上司・羽田野秋彦とは度々衝突していた
 しかし打ち上げで吐きそうになり、慌てて残った羽田野共々に終電を逃して
 近場のカプセルホテルに泊まる事になる

 更にトラブルで部屋も使えなくなり、羽田野の善意で彼の部屋へ

 ところが、みのりは、無防備にも彼の劣情を煽り
 嗜虐心にまで火をつけてしまう

 結果、彼女は、彼の挿入を指まで(?)許してしまう事に…?

 次回、終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第2話

冒頭からこぼれる谷間。男と女のエロティックな空気は

00000
00002
00004
00006
 今、どんな顔してるか解ってる?(男)

タイトル…!
 男の欲望、股間が炸裂した前期から一転、再び女性視点で僧侶枠再始動
 劣情を、無意識に刺激してしまう女性を主人公に
 ドSな男が描かれます

 自分がどれだけ、男をそそるか解ってんのかコラ…?

 輝いてる、久々にSカレが囁いている…!

相澤、お前はまーだーまーだーだ!』

00009
 どうしてこうなった? を語るべく、数時間前の飲み会の席へ。
 相澤みのりと、“上司”羽田野秋彦さんは
 一言、犬猿の仲らしい。

 そらもー、上司はやたら否定するし、対し、負けじとキャンキャンくるし!

『羽田野さん! 今日はハッキリ言わせて貰いますけどっ!!』

00010
00011
00011-
 また始まった…/ほーんと、仲良いよね?

どこが?!
 日頃から口論の絶えず、周囲から、小学生レベルの仲良しと思われてた様子。
 互いに気になる、「心を許してるから」って奴でしょうか
 これから身体も許すけどな!

 際し、ハモッて怒鳴り返す有り様で、どう見ても仲良し

 余談ですが、相澤さん、冒頭の赤い水玉の服ってアレ
 普通に仕事着だったんですね

 てっきりブラの上の下着的なもので、あんな煽情的な格好になったのかと。

※原作では、一旦お風呂に入って、着替えた為だったようです

『お前のせいで、終電逃したし…』『すいません…』

00012
 結局二人は、“相澤さんが原因”で終電を逃してしまいますが
 相澤さん視点、彼は、愚痴りながらも背負って運んでくれ
 見下ろすうなじは新鮮で…
 と

 対し背中、思い切りおっぱい潰れてますが、羽田野さんはブレない様子

※公式によれば、みのりが酔い潰れ、羽田野さんが送ってくれた。

羽田野さん『野宿ってワケにもいかないし…、おっ…? ここ、良いんじゃないか?』

00013
00014
00015
00017
00018
00020
00021
 えー!? 私の部屋、誰か寝てるー!? 全然起きないし…

無駄のない合理性
 こうしてカプセルホテルに行くも、部屋は使用中、これだから酔っ払いは!(多分)
 また、コスト削減&深夜である為か
 店員もいない様子?

 で、羽田野さんの部屋に来てしまった…、と。

 すでに、他の部屋も空いてないのか
 或いは予算か

 なるほど、彼女は下もホットパンツでエロいんですね…

※原作では、経緯もちゃんと描かれていました

相澤みのり『(気まずい…)』

00024
 あらすじによれば、部屋に誘ったのは、上司・羽田野さんの方
 互いに、異性として意識してないから大丈夫
 と、同室に。

 実際、羽田野さんはスマホばかり見て、気にしてるのは相澤さんばかり…、と。
 
羽田野『……おい、それ!』

00027
00031
00032
00033
00035
00037
00038
00040
00041
00042
00043
 ここで冒頭へ。皆! 身を縮めたら、おっぱいを強調するだけなんだからねっ!

意識⇔意識
 互いにスマホに没頭するはずが、充電が切れ、みのりがコンセント探しに。
 結果、無意識に胸の谷間をグランドキャニオンしてしまい
 彼を意識させてしまう

 初めて頬を赤らめた羽田野氏、染め方がちょっと可愛いですね

 なるほど、イケメンは鼻の下を伸ばすのも可愛い。
 からの値踏み顔。
 エロい…!

 ますます身を縮ませ、エロい空気が連鎖、やはり僧侶枠だったか…!

『なあ…、今、どんな顔してるか解ってる?』

00045

 秋彦「その顔 すごくそそる
 みのり「あっ…、いや…!

 みのり「ちょ、ちょっと…?!

 秋彦「ほら…、声、出るから

 みのり「あっ…
 秋彦「声、我慢しなきゃダメだろ?

※服の裾をもちあげ、みのりに咥えさせて封じる


00047

 秋彦「……すっごい

 みのり「や…、だぁ…

 秋彦「嫌、って反応じゃあ…、ないだろ?

 みのり「いやぁ…
 みのり「羽田野さん…っ

 秋彦「普段は、俺に楯突いてくるくせに…、今日は、可愛いな?


00048

 みのり「(どうしよう…、これ以上、されたら、私…!)」
 みのり「いや…、やめ…、

 みのり「ダメです…!

 秋彦「…力、抜けよ

 みのり「ダメ…、変になる…ぅ…、…っ

 みのり「!? も…、もう!? また…


00051
00053
00054
00055
00056
00059
00062
00063
00065
00066
00067
00068
00072
00084
00086
00087
00092
00096
00097
00098
00109
00112
00115
00117
00119
00121
00125
00128
00131
00132
00134
00135
00139
 今回のえっちシーンは、「見せられないよ」によるホワイト処理

ごめんな…
 久々のSカレ、よほど嗜虐心を刺激されたのか、強引にキスを迫った後は
 聞かれたくないだろ、とそのまま押し切って
 挿しきってしまったらしい

 引き締まったウエスト、初回らしくめちゃくちゃ良作画…!

 久々の女性向けですが
 予想以上に、思いっきり丁寧に描写

 巨大な白円や、乳首隠しなど、非18禁を徹底しているのが伝わります

 が、いいんでしょうかコレ…!?

公式ツイッターより








































2018年10月日 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第1話「カプセルホテルで、感じる、上司の体温。」

00072
 思った以上にエッロエロでした(真顔)。

スタッフ
 羽田野秋彦:八代拓
 相澤みのり:五十嵐裕美
 菅原慧:廣瀬大介
 原作:Meg
 監督:荒木英樹
 脚本:翌有蔵
 キャラクターデザイン:あおばみずき

あらすじ
 服飾デザイン会社の打ち上げで、犬猿の仲の上司・羽田野との毎度の口論を繰り広げる新人・みのり。酔い潰れて終電を逃してしまったみのりは、介抱のため残った羽田野の提案で近場のカプセルホテルに泊まることに。ところがハプニングから部屋が使えなくなってしまい、見かねた羽田野に「じゃあ…俺の部屋来る…?」と誘われて―…!?
 意識なんてするはずない…そう思ってたのに、狭いカプセルホテル内で触れる肌と、垣間見せる異性の顔に胸の高鳴りが抑えられず…
 口づけから長い一夜が始まる。

次回、賢者モードに戻った二人を待つ運命は…?

DlQLwLeU0AMF4lI
00067
 公式サイトでは、18禁シーンを含む「完全版」が有料配信。通常版も無料配信中

「ほーんと、仲良いよね」
 というワケで、主題歌の方が、「新井和男さん」を演じるというボーナスも!
 加えて、原作1話の無料配信もされていますが
 比較するとすげえな!
 圧縮!

 30秒足らずで数ページ分! 尺の割き方がすごいの!!

 二人のケンカなど、笑えてしまうほど圧縮されていました
 そこは公式ツイート

 逆に、背負われて意識したり、胸がぎゅっとなってたりオリジナル部もあったのね

 次回は終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第2話

終カプ 第1話 感想

 第1話「カプセルホテルで、感じる、上司の体温。」
 はだのさんとみのりさん
 ここなんて良いんじゃないか?
 その顔 すごくそそる   
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る


 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第1話「カプセルホテルで、感じる、上司の体温。」
 終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第2話