公式サイト 結婚指輪物語 8巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレ
 これまでの感想はこちら 前回はこちら
“夫婦の営みしなければ出られない図書館”、完!

00069
00068
00045
00048
00058
私が一番とはもう言わない、皆も彼が好きだから
 ヒメが正妻だと、ぎくしゃくした関係から
 公平に、皆に チャンスを作って!
 自分“で”勝ち取る勇気!

 ハーレムを越える気概! 強くなったなおヒメ!

ネフィ悪い顔
 催淫だの不健全な前巻から、奇麗にまとまった!
 最後の主要国、「帝国」では散々な結果ですが
 もしや、剣や希望は存在しないのか?
 王が良い人そう

 ラブラブ表紙、「これから別行動」な前振りか!

結婚指輪物語 8巻 感想


 第41話「どうして手を出さないの?」
 第42話「グラナート、母の記憶」
 第43話「本気の口づけ」
 第44話「みんながお嫁さんだから」
 第45話「大書庫の大掃除」
 第46話「二手に分かれよう!」
 アーヌルス博物誌/あとがき
 カバー下etc
 かつて神だった獣たちへ 感想
 これまでの感想
 トップに戻る

※各正式なサブタイトルなし 便宜名です

大掃除回は、「魔物発生の原理」へ前振り?

00055
 これが愛というもの? 芽生えた猫姫かわいい巻

あらすじ
 指輪王強化は、姫と“繋がり”を強くするのが最短
 エルフ長老は、夫婦の営みをサトウ達に迫り
 ヒメの独占欲が浮き彫りに

 しかしヒメは、“皆とサトウを競い合う”と結論

 結果的に、「姫たち同士の繋がり」が深まり
 先代王に匹敵する力へ

 続いて帝国で、先代王が残した宝剣を求める

 しかし皇帝は拒絶、サトウ一行は二手に別れた

第41話、地下図書館に閉じ込められたサトウ達

00002
00005
00007
 エプロンアンバルがくそ可愛い件

第41話「どうして手を出さないの?」
 指輪王の強さは、5人の姫との結びつき次第
 先代王は、最前線に立つ恐怖に怯え
 結びつきを、肉体関係に求め
 肉欲に溺れた

 我らも時間がない、エロい事をせよ!

 と、閉じ込められたというのに!
 おおなんと健全な!

 健全すぎて、かえっていやらしい!

 健全! なんていやらしい

まるで新婚? いえ新婚なんだぜ、と…

00010
00013
00014
 外が大変だと気付くサトウ。遅い!?

愛の提議
 要は、指輪王パワーが足りないから脱出できない
 ではパワーとは? それは「絆」だ
 誰か「信頼」が足りない

 緊急会議! 一人、愛が足りない奴がいる!!

 真っ先に、回避するサフィールさすが!
 だって彼女は貧乳だから

 サトウは貧乳学派じゃない、なのに仲良しだと。

 すなわち、他より仲が良いという事なんだ!

 おっぱいがないから友情がある!
 
では! 機械のアンバルじゃあないかな!!

00015
00016
00017
 アンバルの発言、毎回ジャストミートすぎる

愛の定義
 機械だから愛が解らないのでは? と問われ
 否、「なら誰か愛の定義を語れる?」と
 哲学か!

 いっそ安易に、生殖行為で信頼を深めるべき?

 と、生殖者代表グラナートも提案するも
 ヒメは清く関係を主張

 いや清さは、サトウが自制しないとダメで…

 彼、本当ガンバルな!

唯一、「サトウの頑張り」を見ていた者も

00018

)サトウ
 そりゃあ…
 必要なのはわかってる

 力は欲しいさ


 でも
 納得できない方法で手に入れた力だと
 その後のことも 全部納得いかなくなりそうでさ

 …
 なんか
 俺がいちばん状況わかってないのかもしれないな


00019
00020
00021
 妹! いい話だと思ったら、爆弾発言しおった!?

モーリン爆弾発言
 サトウが手を出せば、一気にパワーアップ出来る
 性欲的にも、戦闘面でも手っ取り早いも
 青年らしい潔癖さ

 扉を破る為、地道に“努力”をくり返してたサトウ

 また、モーリンと結ばれる必要はありません
 じっくり仲良くなるのね…

「姫」達は、駆け足にならざるを得なかった

 その点、モーリオンのときめきは素敵ね!

第42話。ヒメ、サトウに甘えてはいけない!

00022
00023
00024
00025
00033
 なおサトウ、めっちゃ困惑(オマケページ)

第42話「グラナート、母の記憶」
 もし子供が出来たら、ヒメに負担になってしまう
 サトウが抗弁し、「ならば避妊だ!」と
 結論したのが前巻

 また“脱出”の為、他の子とヤッてしまう恐れも…

 と疑心暗鬼に陥り
 ヒメは、サトウを自家発電させてしまった

 避妊は未完成! 衝撃は大きかった!

 おっぱいも大きかった!

不安は、仲間を(性的に)信じてない事

00026
00027
00028
00029
 だましたな! ガチ怒ってらっしゃる!!

綻びは避妊
 避妊の件は、身内の恰好の笑い話でしたが
 姫こそ、サトウと仲間を信じきれてない
 ヒメこそ「弱点」だと

 意外な形で、「誰が弱点か」が解った!

 意外、それは避妊ッ!
 サトウが浮気するかも、仲間が抜け駆けするかも

 その「疑い」が、力を削いでるのね。

 そりゃあもう、ペリペリと。

体育会系とひきこもり、意外なタッグが努力中

00030
00031
00032
 猫人姫グラナート、彼女の母は出奔していた

グラナート
 母も努力し強くなり、己を負かしたものを王に
 でも、後継者グラナートが生まれれば
 彼女は用無し

 もう強くなくていい、“人生の目的”を果たした

 役目を終えた人間は抜け殻
 グラナートは、なりたくなくて足掻いてるのか

 もっとも本作のノリだと、出奔は善意?

 あくまで、「彼女の解釈」ですから。
 
第43話。エルフ最奥に、出現した「蜘蛛」!

00034
00035
00036
00037
 一方、サトウ達は既に捕まっていた

第43話「本気の口づけ」
 サトウ、かっこわるい! 安心のブレなさ!
 曲がりなりにも、エルフ王国の最深部
 敵が入れるはずない場所
 油断した!

 グラナートとネフリティス、即席コンビは善戦

 しかし、ネフは体力がオケラだし
 グラは「物理」攻撃

 敵はいわゆる群体で、相性が悪すぎる

 助けが、と思ったらコレだし!?

しかし、蜘蛛の糸に捕まってしまった為に

00038
00039
00040
「交尾できれば」だった彼女、愛のお誘い

変わるグラナート
 前巻、「母と同じ」に嫌悪感を見せたグラナート
 種族と立場上、セックスに抵抗感こそないも
 母と同じ道は嫌

 芽生えたのが、立場でなく個人を好きになる

 恋の熱情、発情がそのまま炎魔法だとか!
 グラナート姫ぴったりよ!

 ひきこもりが、防御魔法の天才はちょっと笑う

 サフィールの理解力がマジぱない

熱情を口づけで開花、“魔法”に目覚める猫姫様!

00041
00042
00043
00044
 猫人姫グラナート、本格的にヒロインへ

猫人の魔法
 ヒメも「サトウが、他とえっちする」へ踏ん切り
 皆は、「ヒメこそが正妻だ」と言ってくれる
 信頼しなけりゃいけない!
 信用の叫び!

 またグラナート、炎転じ肉体強化系?!

 熱情、身体の活性化として応用し
 類を見ない強化法へ

 猫人は、魔法を使えないのが「常識」だからか

 他種にとって、常識外な魔法になるのね!

第44話、“一番とはもう言わない”。姫君の親睦会!

00045
00046
00047
00048
 言質を取るネフリティス、愛ある腹黒いいよね…

第44話「みんながお嫁さんだから」
 パジャマパーティー! グラナートが超可愛い
 またヒメは、「公平にサトウを競う」と宣言し
 皆に、遠慮しないでと言いました
 正妻終了のお知らせ

 指輪王のパワーが出ない原因は、やはりヒメ

 つまり皆、「ヒメが正妻だ」と遠慮し
 絆が深まらなかった

 公平宣言、皆サトウに素直になっていい、と

 本当のパーティーはこれからだぜ!

ヒメ側も、「優先」へ躊躇いがあった

00049
「優先」って事は、他の子もえっちするワケで。

ヒメの結論
 ヒメの側にも、疑心暗鬼が残ってしまうんですね
 サトウが、他の子を好きになるかも…
 と、疑ってしまう

 なら発想を変えよう、自分が一番シテやると!

 表向きの優遇より
 あけっぴろげ、公平である方がすっきりする!

 スッキリする!(意味深)。

 戦わなきゃ、ハーレムと!

先代の指輪姫”、エルフ長老も納得のパワー

00050
00051
00052
 えっちが最善なんだからね! 勘違いしないでよねっ!

夫婦で営め(忠告)
 先代の王は、肉体的にいやらしく繋がってました
 おかげで、魔力が充分に流入しあって
 ステータスが最高に

 対し信頼、“心の繋がり”で比肩するパワーへ

 もちろん、深淵王が謎パワーアップしてる今
 先代同等では無理ですが。

 でも先代と違い、五姫が仲良しなのも一因か

 ハッ! 姫同士がレズればもしや…?

第45話。“大図書館に魔物が出た”のは、深刻な事態

00053
00054
00055
 今巻、グラナートが一番可愛いと思うコマ

第45話「大書庫の大掃除」
 劇中、「魔物を敵が送り込んだ」と警戒するも
 見た感じ、これは「魔物の発生原理」か
 負の感情が魔物を産む?

 エルフが死ぬ時だけ開く図書館、故に“負”が充満

 深淵王含め、「魔物の発生阻止」できれば
 平和に繋がるはず

 光魔法で浄化しますが、大掃除チックで可愛い!

 グラナートも、恋が芽生え始めてると強調!

ところで! …大賢者さまは?

00056
00057
00058
 この疲弊っぷり、まさか子作りしてました…?

あの素晴らしい愛を
 愛のストーカー劇場、同棲編は壮絶でしたね…
 数十年前、添い遂げられなかった姫は
 今も若いまま愛している

 愛されすぎた爺ちゃん、力尽きるレベル

 愛らしいネフィ
 彼女が、時々見せる腹黒さって…

 エルフは怖い(性的な意味で)。

 好きな人が老いても、怖いくらいブレないのな!

 怖いくらいブレないのな!

第46話、次なるは「帝国の神話遺物庫」

00059
00060
00061
00062
 見た目に反し、超傑物な第一王子、再び!

第46話「二手に分かれよう!」
 おそらく皇帝も同様、強面は顔だけなのか?
 帝国を訪れ、指輪王の剣などが眠る場所
 神話遺物庫を要請

 しかし皇帝は、にべもなくはねつけてしまいます

 ただ、人々の期待をぬか喜びさせない為
 悪を演じている節が?

 遺物庫は、皆を絶望させない為なんじゃ…?

 指輪が、「呪いの指輪」だったように。

 民をガッカリさせないよう、封じているのか?

大賢者も、「指輪王の剣」は噂でしか知らない

00063
00064
 そこでヒメ、別行動して「魔導の尖塔」へ

別々に/一緒に
 神話遺物庫は、噂レベルの「希望」を集めた場所
 大賢者、またもノープランを責められますが
 彼も必死なんですね

 次に深淵王に挑み、生還できる保証は無いから

 第一王子スリュダー様も同様
 帝国も必死で、「何でも良いから縋りたい」

 皇帝説得は難しく、その間ヒメ姉妹らが別行動へ

 ネフィ、別行動だなんてーー!!

ヒメがんばる。一緒に頑張りたいから、今は別行動だ!

00065
 一方マルス王子、ダメっ子になって無事帰還

王子再び
 久々ァ! バレバレ仮面で、帰還を果たした王子
 思えば彼も、当初は怪しい人でしたが
 心の底から善人でした

 しかも既に童貞ではない!

 彼も兄も、当初はクソ怪しいポジション
 父も同様に違いない!

 頭のテカテカは、人類を照らす光に違いない!

 嫁姫、めっちゃ可愛いなオイ!

アーヌルス博物誌/あとがき

00066
 当面この組み分け、サフィール回と見たなァ小生は!

アーヌルス博物誌/あとがき
 博物誌キレッキレ。このパート、アニメ化すべき
 今巻は、エルフの神鳥が「ケツアル」
 ケツアルケツナシコアトル

 ケツがあるコアトルと、ケツがないのでケツナシ

 なにそれ(迫真)。
 また、我々世界の「四神思想」が流入

 四神の亀、すなわちスッポン!と断言スタイル

 オチといい、文章の迷走が素晴らしいな!

収録

00001
00003
00067
 カバー下、避妊魔法チェックの

 ビッグガンガンコミックス「結婚指輪物語 8巻」。
 めいびい(2人組作家)。月刊ビッグガンガン連載、スクウェア・エニックス発行。
 2019年7月(前巻2018年9月)

結婚指輪物語 8巻 感想
 第41話「どうして手を出さないの?」
 第42話「グラナート、母の記憶」
 第43話「本気の口づけ」
 第44話「みんながお嫁さんだから」
 第45話「大書庫の大掃除」
 第46話「二手に分かれよう!」
 アーヌルス博物誌/あとがき
 カバー下etc
 かつて神だった獣たちへ 感想
 これまでの感想
 トップに戻る

※各正式なサブタイトルなし 便宜名です


 かつて神だった獣たちへ 第1話「かつて神だった獣たちへ」
 かつて神だった獣たちへ 第2話「竜の娘」


 結婚指輪物語 1巻
 結婚指輪物語 2巻
 結婚指輪物語 3巻“火のニーダキッタ”
 結婚指輪物語 4巻“水のマーサ”
 結婚指輪物語 5巻“土のイダノカン”
 結婚指輪物語 6巻“光のノカナティカ再び” 深淵王、決戦!
 結婚指輪物語 7巻“ロムカの大書庫” 指輪王の真実
 結婚指輪物語 8巻“帝国” 皆がお嫁さんだから