試し読み 俺の彼女に何かようかい 6巻 感想 レビュー 考察 画像 キャプチャ 内容 ネタバレあり 高津カリノ これまでの感想はこちら。前巻はこちら
解決策、発覚! 母が攫われ、母にキレる! 無垢さん喧嘩宣言

00040
00039
00019
00037
母と喧嘩! 残る問題、母を倒し! 篤志を押し倒せばまさにハッピーエンドね!
 短期連載、先生編こと「俺の初恋に」も収録
 扉絵、宮ノ沢さんの足が素敵です
 黒ストいいよね!

 と思ったら、カバー下めっちゃ主張してる!? 確信犯か!

そして夫は胃を壊す
 解決策、雪女のまま体質改善・作戦! おおハッピーエンドだ…
 と思ったら早速こじらせるとか、氷華さま流石!
 氷華様、めんどくささが最高ですね!
 感想には個人差があります!

 妹と友達が大好きな氷華様も、“欲張り”になれば良いのじゃがのう…。

俺の彼女に何かようかい 6巻 感想

 第82話「頑張って解決する!」
 第83話「また(反応が)薄い!」
 第84話「私も好きな人が欲しいんです!」
 第85話「俺は寿々に惚れられてるのか?」
 第86話「若きしのぎさんの悩み」
 第87話「ラスボスの旦那」
 第88話「※寿々は無垢を倒したい人です」
 第89話「ジュノンは将来を考える」
 第90話「彼女が刃物を構えたら」
 第91話「後悔してないですか?」
 第92話「だいたい白石母が悪い!」
 第93話「さらわれた」

俺の初恋に何かようかい
 第1話「何故なら私 幽霊だから」
 第2話「私よりアレな女子」
 第3話「夜の学校より危険」
 第4話「学生・中島の返事」
 第5話「お前は死ね」
 第6話「だから お前は死ね【最終回】」
 高津先生ツイッターより

 WORKING!! 感想
 これまでの感想

 定番のカバー下オマケ漫画&巻末オマケのコメント有り。
※正式サブタイトルなし

今巻より、真魚ちゃんさんがショートヘアに

00022
 ショートヘアへ、と書くと「アヘ」と読めて気になって仕方ない。

あらすじ
 篤志と無垢は付き合い始めたが、“仲良くすると溶ける”問題は未解決
 そこで、「雪女」という体質自体を改善し
 両取りしようと提案された

 それも実は無垢の父・凍治が、長年研究中とも発覚する

 しかし娘を、また人間に奪われると母・氷華が暴走
 勢い余って篤志の母・花火を攫う

 結果、無垢が氷華に挑戦。まず舌戦で心を粉々に砕いてしまう

 果たして氷華様は、娘に勝つ事が出来るのか…?

第82話。無垢と付き合い始めました! が!!

00003
00005
00007
 開幕早々、壁ドられる篤志くん。

第82話「頑張って解決する!」
 恋愛成就! 無垢さん、めっちゃグイグイくるなオイ!!
 雪女ゆえ、イチャつくと身体が解けてしまう
 根本的には未解決

 でも良かった未解決で。解決してたら18禁だコレ!!

 実際、カリノ先生
 別作品で、そういうネタをホームページ(隠しページ)に入れてる方ですし

 とまれ「人化薬の材料が篤志の母」と、なかなか伝わらず。

 人に、同種になる。一つの解決策ですが…。

第83話。思えばきっかけ、師匠・南郷先輩にも報告へ

00009
00010
 一方、豆腐の妖怪(巨乳)はこれまた清かった

第83話「また(反応が)薄い!」
 当人、おっぱい押し付けたり、受験前の先輩を困惑させてるのに…
 ホントこの豆腐、色々と無自覚だな!
 無自覚なカラダだな!

 また篤志たち、南郷先輩がきっかけで関係が深まったのね

 作中、もっとも朴念仁な先輩が恋のキューピッドとか
 世の中わからんモノです

第84話。周囲が、どんどん付き合いだすと思うコト

00011
 愁也曰く、篤志母が「理想の飼い主」。

第84話「私も好きな人が欲しいんです!by真魚」
 というオチで、なかなか真魚自身が素直になりませんが
 こっちも、地道に関係が進展してますね
 三歩進んで二歩踊る的な

 周りが付き合いはじめ、自分も好きな人が欲しい真魚

 イヤハヤ! 恋に恋するお年頃ですね
 鯉じゃなくて人魚ですが

 飼い主を自認する真魚さん可愛い

第85話。自意識過剰と思うなかれ、南郷先輩の目覚め

00012
00013
 やだ、篤志くんがラーメンにされちゃう!(キン肉マン@アニメ版脳)。

第85話「俺は寿々に惚れられてるのか?」
 傍目にはそうとしか思えないから、とっとと巨乳を揉みしだけ案件。
 しかし、もし自意識過剰だったら…
 と思うのが当然

 むしろ、思わなかったらストーカー気質の可能性があります

 周囲、サポートのつもりが妙なカミングアウトが続き
 南郷先輩のライフがゼロに!

 でもやっぱり、変な言動で返すのは寿々が最強なんだな!

 何この子プラス思考なの!?

第86話、しのぎさんが食い物を断わる日

00014
00015
 オマケコーナー家政婦さん、毎度ながら大変で可愛い。

第86話「若きしのぎさんの悩み」
 体重が増してたので悩んだけど、おっぱいが増えただけでした回
 こんな子、回りの女子に袋叩きされるべき案件スよ!
 おっぱい死すべし慈悲はない!

 これだから成長期は!

 とはいえ成長期で、カラダが大きくいやらしくなって当たり前なのに
 ついつい「体重が増えた」とダイエット

 これも学生あるあるですね

 成長期は、体重なんて(トン単位で)増えて当たり前なのに。

第87話。猫男・愁也、彼が磨くべき才能とは何か?

00016
 無事、「可愛さ」を磨こうと決意する

第87話「ラスボスの旦那」
 愁也、ホント可愛さしかないな! これだから猫は!
 きたない、さすがねこきたない
 犬こそ至高ですね

 意外や猫好き、ラスボスの旦那・凍治さま。お菓子もくれる!

 猫は寒さに強いから、触れることが出来てグッドなのね
 それはとっても嬉しいなって。

 この人も、たいがい顔面筋がサボり癖すぎる。
 
第88話。付き合いはじめ、密かに消耗している無垢

00017
00018
 扉絵、消耗して溶けてるムックさんが微かにエロいですぞ。

第88話「寿々は無垢を倒したい人です」
 作中、屈指にフツーに人が良くて、ついつい忘れがちですが
 寿々も元々、無垢を倒して名を上げたい妖怪でした
 マイナー妖怪の悲しい努力

 殺るしかない、このビッグチャンスに!

 と思っても殺りきれないのが良い子です
 また「そんな自分は、無垢の友達ではない」と自己定義するのが善人

 ラスト、めっちゃ良い子だコレ!

第89話。ジュノン、主の婚約を阻止した後どうすんの?

00019
 しれっと、WORKING!(ワグナリア)してるしのぎ様かわいい

第89話「ジュノンは将来を考える」
 ジュノン、「従僕」のこだわりがあるからへんたいで大変なんですね
 将来に関して、しのぎを誰にも渡したくない一方
 付き合いたいと踏み切れない

 またしのぎに自活して貰うのも、“従僕”の誇りで難しい…!

 ジュノン、つくづく家臣タイプなんですよね
 主が没落しても見捨てない

 利害ではなく、主の為に尽くすのが生きがいな男

 真の忠臣にして、ちょっとエッチな男の子よ…。

第90話、弱る親友を見かねて。“人間嫌い”の真魚、刃を取る!

00020
00021
 大丈夫、髪を切るだけだった!

第90話「彼女が刃物を構えたら」
 元々人間嫌い。親友・無垢と、篤志の付き合いに反対だった真魚
 しかし、いい加減「色々きつく当たってたお詫び」をし
 関係改善へ!

 ついでに真魚と愁也も、色恋的に発展へ!

 ただし三歩進んで二歩下がる
 この魚と猫、なかなか進展しなくて可愛いな!

 猫が勇気を出したというに!

 もっとも次の回、しれっと真魚がショート続行して可愛い。
 
第91話。無垢母・氷華は、妹が人間になった過去に苦しんでいる

00022
00023
00024
 でも氷華の妹(人妻)もまた、「あの時もっと欲張っておけば」と。

第91話「後悔してないですか?」
 後悔する事が大切。未練があれば、改善の余地がある!
 また、大人が後悔しているというなら
 子供もまた、頑張らなきゃな!
 くり返さぬように

 ここで篤志。「無垢を人にせず、体質改善」プランを提案

 実は、この「たった一つの冴えたやりかた」は
 とっくに親世代が試行錯誤中

 大人の積み重ねに子供のヒント! 併せ技って素敵ね

 にしても氷華ママさん、つくづく愛されまくっておるわ。

第92話。やっぱり妖怪じゃ、人と付き合うなんて無理なんだろうか

00025
00026
 迷っていた無垢さんは救われ、悩んでいた母にトドメの鉄槌!

第92話「だいたい白石母が悪い!」
 本作の問題は、突き詰めると白石母=氷華が大体問題ですが
 ラストも、まったくその通りだった!
 さらいおった!

 我が子の逢瀬を目撃、怒って“人化薬の素材”を攫ってしまう氷華

 しかし「親か恋人か」と、独りで迷ってしまう無垢に
 篤志、直球の善意が熱い!

 自分か親かじゃない、彼女が親御さん大好きだと知ってるから。

 でも、そんな「善意」を氷華ママが気付かないからややこしい

第93話。さらわれた篤志の母! 無垢さん、「やるべきこと」に気付く

00027
00028
 愛する妻子の大喧嘩、凍治さんの胃が壊れて最終巻へ続く!

第93話「さらわれた」
 最終盤で実母がさらわれヒロインと化す! とまれ無垢さんキレた!
 過去の事があるとはいえ、氷華ママは皆に心配され
 愛され、色々気を使われてるのに…
 もう許せないと

 でも喧嘩。仲直りする為の争いだし、無垢さんは実際そうした

 母と違い、ちゃんと「友達と仲直りした」。
 煽りスキルが急成長しとる…

 最終巻は母と無垢、新旧ヒロインの直接対決

 無垢さん、めっちゃ喋るようになったなぁ…。

俺の初恋に何かようかい。第1話。中島先生、奮闘編

00029
 フラれ男、中島先生の熱い主張! 熱い理解!!

第1話「何故なら私 幽霊だから」
 学校名物の地縛霊、数百年存在しているという宮ノ沢八重子
 学生時代、彼女が幽霊と気付かず告白し
 腐ってしまって早幾年

 そんな中島先生に、吹っ切って貰おう企画スタート!

 なお面倒くさい人だった模様。
 フフ、さすが! キャリアは伊達じゃねえな!!

 宮ノ沢曰く「私に惚れるくらいだから、アレな女子好きに違いない」

 この地縛霊も、自己分析力がハンパねえな…

第2話。作中、宮ノ沢以上に「アレな女子」とは?

00030
 いたよ! 氷華さんがな!!

第2話「私よりアレな女子」
 人妻じゃねえか! てか、全般に恋人付きしかいないよ本作!!
 原作・高津先生、基本的に皆くっつけるから…
 皆良い子ですものね…

 メタ的には良い機会で、親世代を一斉出演させたゲスト回!

 なおジュノン、海外で拾われた捨て子だった上
 義理両親は武術の達人らしい

 濃いな、親の顔一コマも出ないのに!

 番外編でさえ、アホな子扱いされる氷華様(人妻)。ある意味スゴい。

第3話。宮ノ沢、あれこれあって“生身”を得る

00031
 いや中島先生、オッケーなの!? オッケーなのね!?

第3話「夜の学校より危険」
 しのぎは“憑かれ易い”。彼女を守るべく、地縛霊・宮ノ沢に肉体提供
 ジュノン、なんと土人形ベースの仮肉体といいつつ
 生身同然に作れるそうな
 えっちできる!

 身体を得る幽霊。王道ネタですが、悩みが変にリアル!

 幽霊なら、住む所も食糧も戸籍も要らない…
 いいなあ幽霊(迫真)。

 とまれ土人形ながら、五感は生身とほぼ同等

 最近の子供は進んでますね(技術が)。

第4話、学生時代。フラれた時、中島先生は何と言い返した?

00032
 お前は死ね(学生時代・中島)。

第4話「学生・中島の返事」
 もう死んどるがな…。純粋で目のクマがなかった頃の中島(学生)
 この台詞が、本「初恋」シリーズの鍵なのね
 悲しい負け惜しみ!

 生身になった宮ノ沢は、今までの雑な性格も多少変化

 身体があれば、心の感じ方も「人並み」になって
 多少は繊細になっていったのね

 確かに心配ゼロな幽霊暮らしだと、メンタルも人間離れしますわな

 宮ノ沢さん、「幽霊に戻りたい」とか言い出す始末!

第5話。“妖怪にフラれ続けた人間”・篤志、宮ノ沢に助言する

00033
 一方先生も、洒落にならない助言をするッ!

第5話「お前は死ね」
 それ禁句でしょ! 心を砕くような真似する人だこと!!
 とまれ、「また死にたい」と言いだした宮ノ沢へ
 篤志は「それはダメだ」と

 せっかく先生と同じ生者なのに、“死にたい”と宮ノ沢は言う…。

 先生とは、恋人になりたくないと言ってるようなもの
 フッてるのと同じなんだと

 伊達に雪女にフラれ続けたワケじゃない! 盲点からの助言!

 宮ノ沢には、当然そんな深い考えはなくて…。

第6話。中島に謝る宮ノ沢、しかし彼は「死ね」と返した

00034
00035
 もし天寿を全うするまで、同じ気持ちなら。一緒に成仏してあげる

第6話「だから お前は死ね【最終回】」
 中島先生が死ねと言うなら、「お前が嫌いだ」と言うのと同義…?
 しかし真意は、「お前は死人の方が幸せそうだ」
 だから死んでいろと。

 ブレずに好きな中島先生。これから一生、“悪霊”に取り憑かれる…

 いや、それは俺的にはハッピーエンドだと。
 言い切る重い愛だった!

 しれっと「今も、これからも。死ぬまで好きだ(意訳」。って事ね!

 そりゃ「こわっ!」とか言われるワケさ!

収録

00001
00002
00036
00037
00038











































































































 前巻でタイトルも回収、次巻で奇麗にハッピーエンドかしらね!

 ガンガンコミックス「俺の彼女に何かようかい 6巻」。高津カリノ
 月刊少年ガンガン連載。スクウェアエニックス社発行。
 2019年6月(前巻2018年9月)

俺の彼女に何かようかい 6巻 感想
 第82話「頑張って解決する!」
 第83話「また(反応が)薄い!」
 第84話「私も好きな人が欲しいんです!」
 第85話「俺は寿々に惚れられてるのか?」
 第86話「若きしのぎさんの悩み」
 第87話「ラスボスの旦那」
 第88話「※寿々は無垢を倒したい人です」
 第89話「ジュノンは将来を考える」
 第90話「彼女が刃物を構えたら」
 第91話「後悔してないですか?」
 第92話「だいたい白石母が悪い!」
 第93話「さらわれた」

俺の初恋に何かようかい
 第1話「何故なら私 幽霊だから」
 第2話「私よりアレな女子」
 第3話「夜の学校より危険」
 第4話「学生・中島の返事」
 第5話「お前は死ね」
 第6話「だから お前は死ね【最終回】」 
 WORKING!! 感想
 これまでの感想
 トップに戻る

 定番のカバー下オマケ漫画&巻末オマケのコメント有り。
※正式サブタイトルなし

WORKING!! 感想 高津カリノ

 サーバント×サービス 最終巻(4巻)
 WORKING!! 最終巻(13巻)
 WORKING!! Re:オーダー(実質的な最終巻)
 WEB版 WORKING!! 1巻
 WEB版 WORKING!! 2巻
 WEB版 WORKING!! 3巻
 WEB版 WORKING!! 4巻
 WEB版 WORKING!! 5巻“ワグナリア姉妹店”
 WEB版 WORKING!! 6巻“シリーズ完全完結巻”!

WORKING!!! アニメ第三期シリーズ 感想

 1品目「ワグナリア戦線異状なし」
 2品目「愛の嵐!?」
 3品目「史上最大の夜」
 4品目「ハート・ノッカー」
 5品目「スーパーバッグ・イン・ザ・ハート」
 6品目「山田、やまーだ」
 7品目「グッバイ山田(ガール)」
 8品目「ミスティック・シュガー」
 9品目「危険な事情」
 10品目「その女シズカ」
 11品目「愛と追憶のなにか」
 12品目「ワーキング・ガール?」
 13品目「まひるの決闘(続)」
 最終回すぺしゃる第14話「ロード・オブ・ザ・小鳥遊」


 俺の彼女に何かようかい 1巻
 俺の彼女に何かようかい 2巻
 俺の彼女に何かようかい 3巻“氷点下の彼女に何かようかい”
 俺の彼女に何かようかい 4巻“20年目の告白前夜” 黒無垢さんの全力(七割)
 俺の彼女に何かようかい 5巻“タイトル回収”
 俺の彼女に何かようかい 6巻“喧嘩をしましょう”