公式サイト ヤマノススメ サードシーズン 3期 第13話【最終回】感想 秘密だよ?レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 14時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
まだ見た事もない場所を、巡る季節を。これからも一緒に。サードシーズン最終回!

00409
00342
00134
ひなたを何も知らないと悩むあおいに、知らないから、知る楽しさがあるというひなた
 実際、あおいが「何を悩んでいるのか」ひなたは知らなかったし 
 知ったら、とても楽しくなった
 知るから楽しい

 山登りも同様、知らない景色を楽しむ本作、そのものにかかってるのね!

「知らない」は溢れてる
 入学式の回想、あおいにとっては孤独で、それを変えてくれたひなたへの感謝の記憶
 でも、視聴者視点では「そこら中に、いずれ出会う人たちがいた」
 楽しいものは、そこらじゅうにあるんだよ
 みたいな?

 今期、悩み続けたひなたですが、やっぱり“あおいを導く”ひなたも素敵だ!

ヤマノススメ 3期 第13話 感想

00373
 第13話「秘密だよ?」
 仕方ない、それとなく聞き出そう
 もうこれでいいんじゃないかな
 回想~入学式~
 あおい、ここんとこ変じゃない?
 でもさ、だからこそ楽しいんじゃない?
 私たちは、巡る季節をこれからも一緒に
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 ヤマノススメ セカンドシーズン 感想
 これまでの感想

最終回らしく! ひたすら動きまくって、アニメーターさんが死んでそう!!

00180
 今回、間違いなくへそチラリストがスタッフにいた!

あらすじ
 富士登山へ向け体力作り中、ここなに、“ひなたの誕生会をやろう”と提案されたあおい
 しかし、ひなたが何を喜ぶのか考えるにつけ
 彼女を知らないと思い至った

 僅か半年前、独りで良い、と暗い気持ちだった自分を変えてくれたひなた

 しかし、ひなた自身が「知らないから知るのが楽しい」と諭し
 あおいに新しい視点をくれた

 11月11日、過ぎ行く秋に、新しい季節も景色も一緒に見ようと改めて想いを馳せる(終)

あおい『せーーーーーーーのっ!

00000
 前回、あおい達は山梨と長野の県境、金峰山へ縦走に挑戦した
 際し、ひなたが無茶をして膝を痛めるトラブルもあったが
 あおいと和解するきっかけとなる

 長かったすれ違いも終わり、二人は互いに一番の友達だと認め合うのですが…?

母『あおい、何してるの?』

00004
00006
00010
00011
00012
00013
00014
00016
 冬が近づいてきました。私は少しずつ、体力づくりをしています

富士山アタッカーLv2
 重そうに始まった冒頭は、ペットボトル2本を詰め、登山しようと試みた為
 でも、高校一年の女子に2本はキツい!
 1本に妥協

 来年の夏、富士山に再挑戦する為に!

 お馴染み天覧山
 慣れた場所を、高負荷で登って体力づくりをするあおい

 登って飲んで、軽くして帰る!

あおいさん?

00019
 思いっきり、フツーの服で現れたここなちゃん。さすがである
 9月、かえでさんなんて、つっかけで登ってましたし
 基本的に登りやすい天覧山

 あおいが、第1期で最初に登った山で、195m(前回、金峰山は2599m)

ここな『11月といえば、お祝いどうします?』

00024
00028
00033
00034
00036
 お誕生日ですよ、ひなたさんのっ!

11月11日生まれ
 目当てのリスも冬眠した11月、ここなは、ひなたの誕生日会を提案する
 ここな自身、谷川岳でお祝いして貰ったから
 で

 いいわねぇ! じゃあ、さっそく明日なんてどう?

 さっそくかえでさんにも話が
 皆で、ひなたの誕生日プレゼントを買いに行こうと約束

 かえでさんの私服も、冬めいてますね!

『明日…?』

00042
 ひぃッ!? 振り返れば夜叉がいた!?
 昨日の参考書も終わっておらず
 お出かけは厳禁
 許されない!

 性格上、話せば許してくれそうですが、それ以前の問題だコレ!

『あおいちゃんが選んで、大丈夫! ひなたちゃんの親友なんだもの♪ じゃ!』

00044
00049
00050
00052
00056
00058
00063
00067
 かえでさん!? かえでさん! …親友って…/そうですよね!

まーかせて!
 ゆうかさんに怒られたかえで、「親友」に食いついたここなの以心伝心包囲網で
 あっという間に、あおいが独りで買いに行く事に!
 と

 ま…、まかせて?

 ひなたの一番の友達
 ひなたを一番知ってるあおいなら
 ひなたが一番喜ぶものを贈れるに違いない

 前回も、一番の友だといったばかりですが、こんな形で巡ってくるとは!

あおい『…ってぇ!

00069
 わかんないってば! エスパーじゃあるまいし!!
 と、倒置法で嘆くあおい。
 断れなかった!

 さすが最終回、作画もぐいぐい動くね!

あおい『もう…、何にしたら良いんだろう?』

00071
00073
00076
00082
00083
00087
 モデルの子が可愛い

ひなたが欲しいもの
 欲しいものって何だろう? 考えても、自分が欲しいものしか浮かばない
 考えてみれば、ひなたは欲しそうなものなら
 何だって持っている

 意外と知らないもんだなぁ…、ひなたの事

 山コーヒーのマグも持ってるし
 マフラーを思い浮かべると、裁縫が趣味のあおい、“材料が欲しい”と考えが散った

 何が欲しいかは、“その人はどんな人か”なのだ、と。 

あおい『(仕方ない…、それとなく聞き出そう)』

00090
 登校中、前々回と打って変わって、元気になっているひなた
 本当、あおいと疎遠になってたのが効いてたんですね
 いつものひなたに

 しかし、ギンギラギンに「それとなく」は、話下手なあおいにはハードルが…!

あおい『(それとなく…!)』

00091

 それとなく、何か趣味ある?とか
 今ハマってるもの何?
 とか

 遠まわしに…、自然に…、さりげなく…!


00093

 ひ、ひなた!
 やみつきになってるものある?

     …全然さりげなくない!

 ひなた「よくぞ聞いてくれました!


00097
00099
00102
00103
00105
00108
00109
00110
 こいつ…、意外とじじくさいんだった!

多分あおいもハマる
 さりげなくダイレクトアタックしたあおい、しかし警戒とは裏腹に
 ひなたは、元気一杯に「今、ハマってる事」は
 父のマッサージチェアだ!と

 ここしばらくと打って変わっての、ひなた節!

 よくぞ聞いてくれました
 とか、自然に出てくる女子高生ってパないの!

 父が最近買ったそうですが、多分、ポンと50万くらいの奴買ってそう!

『(でも…、品物じゃないってのもありかも)』

00111
 しかし天啓を得たあおいは、まず、雑誌の有名マッサージをあたりますが
 これが、2万5000円とか予算オーバー!
 町のあんまさん探さないと!

 座頭市! 誰か座頭市呼んできて!

『(高!? これは無理か…、予算内で考えるなら)』

00114

 高!? これは無理か…、予算内で考えるなら
 肩たたき券?

 ついでにお手伝い券もつけて…

 って、母の日じゃないしー…、もー!


00115
00116
00117
00120
00121
 ひなため、どうして欲しいのよー!

母の日作戦
 パート1肩たたき作戦! これじゃあ、母の日になってしまうと作戦中断に。
 ただ、傍目からみると王様状態という奴で
 ひなたなら喜びそう

 絶対はっはっは、余は満足じゃ!とか言うタイプ!

 これ、絶対ひなたが喜ぶタイプですが
 あおいさんは気付けず

 も、どうして欲しいのよー、が可愛い

みお『そんなに欲しいー?』

00123
 お誂え向きに聞こえてきたのは、「妹が居る」みおの
 一人っ子らしいゆりちゃんは羨ましがり
 かすみは弟がいる

 羨ましがられたみおは、妹なんてロクなもんじゃない! と言うも…
 
ひなた『あー、わかるわかる♪ あたしも妹ほしかったなー♪』

00126

 妹が欲しい?!
 なら!

 一日妹券!

  あおい「ひなたおねーちゃん、はい! よーかんっ
  かえで「おせんべいっ
  ここな「ほうじ茶でしゅっ

 ひなた「あー、皆ありがとねー♪


00128
00130
00133
00134
00135
00136
00138
00139
00141
 これじゃあ敬老の日ー!?

それで君は良いんだよ
 その時、あおいに電流走る…! しかしアイデアは大不発に終わってしまい
 ひなたに、様子がおかしいと気付かせてしまう事に
 と

 落ち着けあたしィ! ばかばかっ!

 まず妹化するのが難しい。
 赤いちゃんちゃんこ!着せずにはいられない!!

 今回、徹底し、ひなた=おじいちゃん論を推していくあおいさん

『じゃ、十一日だね?』

00143
 お馴染みバイト先、お菓子処すすきでは、バースデイケーキも作っていた
 スーさんに頼んだところ、こっちも盛り上がってしまって…
 と

 今期も、最終回にきっちり出番があるひかりさん!

『任せて! 実は、ちょっと凝ったものにしようと思っていてねっ』

00149
00151
00152
00156
00158
00159
00162
 だいじょーぶ! 予算内におさめるからっ!!

現実って想像以上
 予想以上にスゴいプランに、むしろ心折れてしまうあおいさん
 このケーキだけで、十分喜んでくれそうだ
 と

 もー…、ここなちゃんのお菓子とケーキだけでいっかぁ…

 意外に入浴シーンが多い気がするヤマノススメ
 色気はないですが。

 色気はないですが。 

あおい『はぁー……』

00164
 翌日…、かと思いきや、時間軸は「入学式」へ
 人見知りが激しいあおいにとって
 入学式は憂鬱だった

 で

母『もう高校生なんだし、人見知りを直さないと! ほら、がんばってっ』

00166
00169
00170
00171
00172
00174
00176
00178
00180
00181
00182
00184
00186
00187
00188
00190
00192
00194
00196
00199
00201
00204
00205
00208
 人付き合いは苦手だけど、高校生になっても、独りで楽しくやればいい…

たくさんの断片
 高校入学を回想するあおい。ここな、みお達、かえでさんやゆうかさんとすれ違い
 後に出会う人たちも、気付かないだけで傍にいた
 当時のあおいは知る由もない

 そう、思ってた

 ひなたも同様。
 実は、あおいが知らないところで“勇気を奮って”、彼女に声をかけたのだ、と

 あおいの夢、回想は、あおいが知らないものをたくさん含んでた

 そして再び現代に至りますが…

『あれから季節が過ぎて、たくさんの想い出が出来た』

00209

 あれから季節が過ぎて、たくさんの想い出が出来た
 素敵な思い出
 素敵な景色
 
 きっと独りじゃ見つけられなかった

 それなのに私は、私はひなたに、何もしてあげられないのかな…?


00210
00211
00212
00213
00215
00216
00220
00223
00225
00230
00233
 おーいっ! あおいー!! …あおい、ここんとこ変じゃない?

背中越しでは気付けない
 昔を思い出し、思う事は一つ。「独りでいい」なんて間違っていた
 独りじゃ、決して掴めない景色をたくさん貰った
 なのに?と

 なのに自分は、何もしてあげられないそれで良いわけがない

 きっかけに、あおいの悩みは一気に深刻化し
 ひなたを心配させる事に

 ちょうどここ最近のひなたと、そっくり重なってるんですね

 動機は違えど、互いを考えすぎて憂鬱に。

あおい『そう…』

00239

 ひなた「あおい、ここんとこ変じゃない?
 あおい「そう?

 ひなた「独り言多いし、授業も上の空だし

 あおい「そう、かな?
 ひなた「そうだよ、何かおかしいよ!

 ひなた「まあ、あおいは普段からボーッとしてるけどさっ

 あおい「そう、ボーッっと…


00241

 悩み事があるなら聞いたげるよ?
 あ、最近太ったの気にしてるとか?
 ダメだよ食べすぎは?

 モテないよ?

   あおい「太ってなーい! 食べ過ぎてもないし!!


00247

 あおい「もー! 何よ人の気も知らないで!
 ひなた「だから聞いてんじゃん、言ってくれなきゃ、わかんないよ?

 あおい「どうしたら、ひなたが喜ぶか考えてたの!

 ひなた「私が? なんで?
 あおい「誕生日のサプライズ!
 
  プレゼントどうするか、ずっと考えてたのに、何も思いつかなくて
 
  それで…!
 

00250

 あおい「何笑ってんのよ!
 ひなた「だって、サプライズでしょ?

   ひなた「本人に言っちゃダメじゃん、あはははははははっ

 あおい「しまった!?


00255
00260
00262
00264
00267
00269
00272
00274
00278
00282
00283
00286
00289
00291
 でもありがと、すごく嬉しい♪

サプライズ・ゲツヨウ
 ひなたが笑うのもごもっとも! いつものからかいに、怒ってしまったあおいさん
 うっかり、サプライズを当人にシャウト!
 ノー・サプライズ!

 が、ひなたにしてみれば、“自分の為に悩んでくれたのか

 前回まで、「あおいが自分から離れてる」と悩んでたのに
 当のあおいはこの調子!

 いつも心配は空回り、なんて嬉しい事でしょう!

 まあ二人ったら熱々だこと!

ひなた『なんでためいき?』

00292
 思い切りケンカし、笑われた後は反省会。あおいは反省しきり
 自分は、つくづくひなたの事を知らなかった
 と、自分を責めてしまいます

 でも。

ひなた『えー? そんなの当たり前じゃんっ』

00299

 えー?
 そんなの当たり前じゃんっ
 あたしだって、あおいの事、全部知ってるわけじゃないもん

 でもさ?

 だからこそ楽しいんじゃない?


00300

 知らないから知ろうとする
 知りたいから、一緒にいるのが楽しくなる

 お互いを知っていくことって、すごく楽しい事だと思う

 お互いに楽しいから、友達でいたいと思うんじゃない?


00300
00302
00307
00315
00317
00319
00323
00324
00330
00338
00341
00342
00345
00346
 それじゃあ…、あおいが知らないこと、一つ教えてあげる♪

君に知らせる物語
 知らなくて情けない、落ち込んだあおいだったが、ひなたは“それが良いんだ”と肯定
 知っていく、それが楽しい事なんだから
 今はそれでいいんだよ!

 あおい…、意外だね?/ひなたこそっ

 互いにそっと秘密を明かす
 互いに「意外」と仰天し、視聴者には伏せられたものの、それはとても楽しかった

 今まさに、互いに知らない互いを知り、楽しい気持ちへ!

 ひなたの“考え方”自体も、あおいに新鮮な楽しさを

あおい『(そうだ、独りじゃなくて一緒に見つけてきたんだ)』

00348

 そうだ、独りじゃなくて一緒に見つけてきたんだ
 楽しい思い出と、素敵な景色を

  ひなた「よし! じゃ、買いに行こう!」


00351
00357
00359
00362
00365
00366
00367
00368
00370
 でも今から?/“急がば回れ”って言うじゃない?

一緒に
 それを言うなら善は急げ、けど、“急ごう”って事は変わらないじゃないか!
 ひなたが手を引き、さっそくプレゼントのバックを買いに
 と
 
 おこちゃまに解んないかもなー、オトナメイクって奴~♪

 いつものようにお姉さんぶって
 しかし、実はコーヒーにもたっぷりミルクを入れたり、本当は大差ないひなた

 手を引いているのか、あおいが居るから走り出せるのか

 今期、ひなたがどんな子なのかが焦点でしたね!

ほのか『あ…、あの、ひなたちゃん!』

00373

 あ…、あの、ひなたちゃん!
 お誕生日おめでとう

 また、山登ったりしようね?

 せーのっ…


00375

 もうすぐ秋も終わり
 冬が来ます

 季節が巡って、景色が色を変えても、私たちは、思い出を作っていきます

 たくさんの想い出をこれからも
 見た事もない景色を、ずっと一緒に

 私たちは、巡る季節をこれからも一緒に


00377
00378
00381
00382
00383
00384
00000
00387
00388
00389
00390
00391
00394
00396
00398
00400
00402
00404
00405
00409
 コーヒー回同様、「オトナメイク」は、それはもうおこちゃまだったそうじゃて。

サードシーズン
 ラストはひなたの誕生日、ほのかちゃんも、動画越しにタイミングを合わせて一緒に
 ついでに、お兄さん(声はスーさんと同じ)も一緒に!
 ひなた父も、ダッチオーブンを披露!

 楽しい時間はあっという間。そして、これからも作っていくのだと

 見た事もない景色
 巡る季節

 全部一緒にすごしていく。4人の物語はひと段落…!

感想追記。キャンプやレジャー用の鍋として愛用される“ダッチオーブン”

00384
00000
 スキレットのような鋳鉄製の、分厚い蓋付き鍋。

ダッチオーブン
 と思いきや、実際はステンレスなどもありますが、やはりポイントは“シーズニング”
 意図的に鍋に黒錆を生じさせ、鍋の腐食を防止すると共に
 見た目にも面白くするという技術

 使い込んだダッチオーブンは、「出来るアウトドア派」って感じがします

 何故「オーブン」かと言うと
 蓋の上に炭火など置き、上下加熱で、文字通りオーブン同様に使えるからだとか。

 なのでポイントは、蓋まで金属製であること。

 鋳鉄製フライパンスキレットといい、アウトドアッ!って感じですね

公式ツイッターより
















































































2018年9月24日 ヤマノススメ サードシーズン 第13話「秘密だよ?【最終回】」

00042
 1980年代以来のアニメーター、倉田綾子さんが絵コンテ(バイト回7話、温泉回9話など)

スタッフ
 脚本:ふでやすかずゆき
 絵コンテ&演出:倉田綾子
 作画監督:森川侑紀
 総作画監督/キャラデザイン:松尾祐輔
 アニメ制作:エイトビット
 原作:漫画/しろ/アーススター・エンターテイメント/2011年より連載中
 制作協力:-

あらすじ
 季節はめぐり、もう11月。富士山登山に向けて体力をつけるため、あおいはペットボトルが入った荷物を担いで、天覧山に登っていた。そこで偶然ここなと会ったあおいは、ひなたの誕生日が近いことを知らされる。ひなたへのプレゼントは何がいいのか、あおいはいろいろと考えを巡らせるが、なかなか思いつかずにいて……。

また会いましょう! 2014年以来のサードシーズン、閉幕へ

00192
00196
 あおいに声をかける際、めっちゃタメてたひなた

知らないは楽しい
 ひなたとあおいに始まって、ひなたとあおいに決着するサードシーズン閉幕!
 今期は、富士登山への準備シーズンになるのかしらと思ったら
 二人がすれ違う「成長」編へ

 特にあおいは、自覚無自覚に、外へ外へ広がってましたね

 で、それがひなたを悩ませた結果
 より強く結びつけた

 雨が降って地が固まった今期、まだまだ富士まで長い、11月までの2ヶ月だった!

ヤマノススメ 3期 第13話 感想

 第13話「秘密だよ?」
 仕方ない、それとなく聞き出そう
 もうこれでいいんじゃないかな
 回想~入学式~
 あおい、ここんとこ変じゃない?
 でもさ、だからこそ楽しいんじゃない?
 私たちは、巡る季節をこれからも一緒に
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 ヤマノススメ セカンドシーズン 感想
 これまでの感想
 トップに戻る

ヤマノススメ セカンドシーズン 感想 2014年7月~12月

 十三合目「不思議なホタルの物語」
 十四合目「お母さんと霧ヶ峰!」
 十五合目「雨具の記憶 ~ねえ、ゆうか。今なにしてるの?」
 十六合目「思いをうけついで」
 十七合目「高いところって、平気?」
 十八合目「アルバイト、始めます!」
 十九合目「宿題が終わらないよぉ」
 二十合目「ここなの飯能大冒険」
 二十一合目「想い出の山へ」
 二十二合目「ともだちになろ?」
 二十三合目「約束」
 最終話「さよなら、わたしたちの夏」
 最終話追記、エンディング画像集「さよなら、わたしたちの夏」感想。
 放送終了後、自ブログ感想まとめ
 ヤマノススメ セカンドシーズン 第2 OP主題歌「毎日コハルビヨリ」歌詞
 ヤマノススメ セカンドシーズン 第3 ED主題歌「Cocoiro Rainbow」歌詞


 ヤマノススメ サードシーズン 第1話「筑波山で初デート!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第2話「登山靴ってすごいの?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第3話「飯能にアルプス!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第4話「クラスメイトと遊ぼう!」
 ヤマノススメ サードシーズン 第5話「思い出を写そう!」
 ヤマノススメ サードシーズン 第6話「コーヒーってなんの味?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第7話「働かざるもの、登るべからず!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第8話「ふたつの約束」
 ヤマノススメ サードシーズン 第9話「それぞれの景色」
 ヤマノススメ サードシーズン 第10話「すれちがう季節」
 ヤマノススメ サードシーズン 第11話「ぎこちない縦走」
 ヤマノススメ サードシーズン 第12話「ともだち」
 ヤマノススメ サードシーズン 第13話「秘密だよ?」【最終回】