公式 キン肉マン 第260話 技巧の末に・・・!!の巻 感想 レビュー 考察 内容 あらすじ ネタバレ 画像 22時感想追記 これまでの感想2018年 感想) 前回はこちら
強者の象徴”轟沈! 及ぼした意味、“ナメるな”と吼えたパイレート!! 勝敗の要因は

00018
00009
ゼブラ轟沈! 旧作ファンには“強敵”。だからこそ破ったオメガは、強敵と印象付ける一戦に
 元より全員、旧作最終超人・オメガマン同等クラスの実力者と考えるなら…?
 結果は出ましたし、そういう描写なのだと思うべきか
 また、ゼブラ友情パワーに覚醒せず!

 フェニックスはパワー復活後のスグル戦経験者、問題は敵がボス級な事よね!

フェニックスとディクシア
 元よりフェニこそ、オメガの強さを、誰より知ってるという説明も面白いですね。
 オメガの民が、サタンを信用してない第240話の台詞も再確認
 王位編同様に、“平和を阻止する”という行いこそが
 彼を利するという事か?

 未だ姿を見せぬソルジャー“達”は、残虐の神=サタン説のせいだと信じるぜ!
 
ゼブラめ敗れたか。ビッグボディでさえ勝利したというのに』

00013
 この場面でフェニが喋るなら、これしか思い浮かばない! ってレベルの彼らしさ!!

証明者ゼブラ
 負けたら、旧作読者が一番驚くキャラ。それがゼブラが敗れた理由なのでしょうね
 マリポやビッボディとは、スグルと対戦し、苦しめたという時点で
 前提条件が大きく違いますから

 友情パワーを失っていた? それ言うと、王位編キャラほぼ否定だし!

 後の問題は、マリキータマン自身の魅力とかそこは…。

まさかゼブラが……。“三大奥義使い”、轟沈!

00000
 特に腰の曲がり方がヤバい、小さくコンパクトに折りたたまれている…!

技巧の末に・・・!!の巻
 ゼブラvsマリキータマンの一戦もクライマックス!
 白と黒に分かれていたゼブラがひとつになり、真の力を取り戻したものの、マリキータマンの必殺技をモロに受け、KO寸前まで追い詰められてしまったゼブラ。
 それでも、最後の力を振り絞り、真マッスル・インフェルノにすべてをかけたゼブラだったが、蓄積されたダメージが祟(たた)り不発に終わる。
 一方マリキータマンは、ひとつになったゼブラの強さを認めると、自身の最大奥義・マリキータ・デッドリーライドで、ゼブラをマットに沈めた―――!!
※ 次回の更新予定は2018年10月1日(月)です。

 次回、キン肉マン 第261話

技巧の末に…! 二つ名を冠したサブタイで、敗れ去ったゼブラ!?

00001
 驚愕し、半立ち(ちゃんと椅子があったはず)のウルフマン

技巧陥落!
 彼の反応こそ、試合を見ていた全員の反応か。「まさかゼブラが」という思い。
 旧作では、白い時は圧倒的な技巧とクリーンファイト
 黒では残虐パワーファイトで

 共にスグルを圧倒した、キン肉マンゼブラ敗戦のショック!

 ただ、神が姿を見せぬ等、“一億パワー”を持っているかは怪しいところですが
 敵がオメガマン・ディクシア同等なら?

 各々が、実は8600万パワー級の可能性とか…、どうなのか?

実力的には紙一重の差もなかった? デルモンテ城決戦、決着!!

00002
00003
 マスクこそ健在なものの、スグルを髣髴、パワフルマンの前髪を晒して敗れるゼブラ

デルモンテ城決戦
 太陽による勝利、軒轅星など、“城要素”がリング形状以外、特になかったデルモンテ城
 8にこだわった城は、同じルーツを持つオメガの民に起因し?
 マリキータが八角形リングを好む事との繋がりか

 同時に、8話かける長丁場になるぞ! という前振りだったのでしょうか

 ぴったり8話目に決着!
 また8角形リングでは、ロープを使うインフェルノが、よりハデに加速演出に。

 それを買っての、デルモンテだったのでしょうか

ゼブラ敗北は、“屈指の技巧”が、技巧勝負で敗れた衝撃へ

00004
00005
 あくまで実力は拮抗、ほぼ互角だったと強調するマリキータマン

技巧敗北!
 だからこそ黒ゼブラ化、心理分析など、“自分が有利になる状況”を作ろうとしたって事か
 ただ読者的には、「羽根があるから脱出」「羽凶器」「変態!」など
 ギミック超人だった印象も

 もちろん、ギミックは超人の大事な一部、否定するのは野暮だとは思う!

 しかし、テントウムシ要素から次々繰り出したのを
 技巧の勝負と言われると!?

 そう感じさせるのも、ゼブラへの、読者心理的な救済なんでしょうか

勝因は心の在り方。ゼブラが早期融合していれば、結果は分からなかった

00006
00007
 満身創痍で強引に払われ、血で滑って破られたインフェルノが代表か。

遅すぎた融合!
 本作自体含め王道展開なら、白黒融合時点で、それまでのダメージは帳消しですが
 今回は、融合が遅れ、既にダメージが蓄積していた事から
 せっかくの成長も活かせず 

 早期融合し、完調の白黒だったら、勝負は分からなかったという事か

 旧王位編でも、白は技巧では黒状態よりずっと巧みながら
 クリーンすぎて甘さがあると指摘。

 黒は黒で、パワーファイト化し、せっかくの技巧感が失せる傾向があります

 早期に両者融合させてれば勝ってたんだよ、きっと…!

虫だの、「お前などと一緒にするな!」だの、罵倒合戦も決着へ

00008
00009
00010
 マリキータに敬意を示し、“サタンは絶対信用するな”と忠告するゼブラ

ゼブラ絶命、敬意の忠告
 先の240話でも、フェニックスと、アリステラがやったやり取りを深めるゼブラたち
 フェニは、「アリス達がサタンをボスと捉えている」と誤解し
 ボス=サタンに用があると言及

 アリスは否定しますが、サタンの思惑で動くなら、同じ事だと続きました

 アリス達は、サタンを情報源=彼の情報に基き動いている
 それが問題だと。

 サタン由来の情報を疑え! と、敬意の忠告で息絶えることに

しかしオレ達は止まれないんだ。ああ絶対に… 止まれないんだ』

00011
00012
 マリキの視線の先は、彼が救いたい祖国、オメガ・ケンタウリでしょうか。

いわゆる残虐超人
 ゼブラは、彼らが止まれない事に理解を示し、その上でワナに気付けと忠告
 マリキータは、自分達が罪を犯すかもしれないとしても
 止まれないのだと

 彼らは立ち位置が違う正義、“オメガの民側の正義超人”として描写へ

 悪魔が将軍様の為に
 完璧超人が、“彼らなりの思想で”世の中全体の為に戦うように

 彼らは手を汚してでも、他人の為に戦う

 カレクックに近い残虐超人スタンス!

さらっとビッグボディをディスるフェニックス! しかし彼こそ解っている!!

00013
00014
 だってフェニこそ、強い奴を求めて、ディクシアを引き入れたんですしね!

オメガの民の実力!
 だから、ビッグボディを認めてないわけじゃないんだからね! 勘違いしないでよね!
 また、知性の神が恩を売り、彼の兵隊として参加したサタンクロス等
 彼のチームは属性過多

 プリズマンも始祖編で、“カピラリア=神の仕業”となり、神勢力の疑いが

 キン肉マン二世設定が生きてるなら
 マンモスマンは、フェニックス自らが引き入れた事になりますが…?

 つくづくフェニックスチームは地獄だぜ!

激昂するパイレート! 多分全ては、この一言に尽きるのだ!!

00015
00016
00017
00018
 お前たち この期に及んで まだ我らオメガの民をナメている!(パイレート)

二戦同時…?
 デコピン! ディクシアとは違うスタイルで、指を積極的に使う兄ステラ!
 ディクシアの場合、ある種の「大技」用でしたが
 地味な使い方こそ厄介?!

 アシュラ同様の、多腕超人殺法「も」、使えるらしきアリステラ

 また、ゼブラ敗北に震え上がるキン肉マン。
 実際に酷い目にあったしね!

 始祖編、ネメシス編で格好良くなったけど、この事態は正直ビビる!

ヘタレやってる場合じゃない! 悪い流れを断ち切れるか…?

00020
 王子連合的な表現から、正義超人軍と呼ばれることに

独自進化!
 まず、読者は“王子達は強い!”と思うので、まずはそこを強調する必要があった!
 特にビッグボディは、旧作で醜態を晒してしまったことから
 捲土重来が必須でした

 しかしここからは、互角! オメガの民が伍する強豪だとアピールへ!!

 というかコレ、「オメガの民は強く感じない」という
 一部読者への声…?

 次回は10月1日! 祝日も休まず、続く来週も休まないぜゆで御大はよォ!!
 
 次回、キン肉マン 第261話

感想追記

 残るは必勝と必敗? 覆すのは水入りエンドか?
 分化、独自進化した超人「オメガの民」
 オメガの民、彼らの星団では克服不可能な問題?
 フェニックス戦へ
 敗れるも、30年越しに色々な矛盾を乗り越えたゼブラ
 マリキータの奔放さは、だいたいゼブラのせい?
 ゆで御大が、たぶん言いたいと思う事     

“アリステラと戦う”、最悪のフラグを背負わされたフェニックスは

第249話 劣等王子の雪辱!!の巻 (8) -
 王位編でビッグボディを破った関係から、とかく彼に絡むフェニックス

スグル&フェニックス!
 残るは二人、スグルはスグルだから勝つ、フェニックスはアリス相手だから負ける
 物語的に、誰もが予想する「妥当な決着」がこの二つなら
 果たして覆るのかどうか

 特にアリス、この一戦で退場とは、絶対に思えないのが重い!

 となれば、サタンの思惑をアタル兄さんあたりが語り出し水入りか
 はたまたタッグマッチか

 今回ラストを見る限り、スグル戦が始まりそうな雰囲気に。

背骨勝負のパイレートマン! スグル、骨を鳴らせと言わんばかり…?

第124話「出現! サイフォンリング!!の巻」 (4)
 ザ・マンが粛清した超人には、まんま殺人タワーブリッジしてる奴も

vsパイレートマン!
 必殺技が逆ロビンスペシャルだったり、イギリスにおける貴族と海賊の歴史など
 どことなく、ロビン感が漂うパイレートマンですが
 スグル戦を想定しての事だったのか

 ここまで来ると、ロビンと同じ先祖から分化した超人とかなんでしょうか

 今期、会話中で触れたことから再登場しそうなロビン当人か?
 と、当初は思いました

 しかしここまで来ると、「同じ先祖から分化した」という路線を強調しそう

地球をルーツに持ち、独自進化を遂げたオメガの民

第103話 超人たちの“始まりの地”!!の巻 (10)
00019
 地球に残った超人は、正義、悪魔、完璧、残虐の属性へ

独自進化!
 しかし当然、彼らにはゴールドもシルバーも、始祖たち完璧もいなかった。
 そこで、ロビンと同じ先祖から、独自に進化してこうなったぞ!
 と、描くのがパイレートの役割なんでしょうか
 今回の台詞的に

 また、ザ・マンは、超人は管理者がいないと滅ぼしあう結論しました

 それが前期、始祖編の発端となった出来事ですが
 アリス達はどうなんでしょうね

 むしろ、始祖登場によって、“まとまる”事が出来たんでしょうか

作中、熱い結束を見せるオメガの民は、ザ・マンがブチのめした無軌道さとは程遠い

00000
 次々殺害するあたり、地球正義超人とは、明確に差別化。

残虐超人
 ザ・マンがオメガ先祖をブチのめしたのは、彼らの「力による統治」を嫌った為
 しかし、ザ・マンという共通の敵
 辺境の地

 これらが結束を促し、うまい具合に社会を秩序ある形にしたのでしょうか

 相手を躊躇いなく殺害、修羅場を潜ってきたと主張するだけに
 平和な社会とは思えません

 が少なくとも、ザ・マンを怒らせた「救いがたい性根」は、克服できたのでしょうか

 悪魔同様、殺害を是とする姿勢などが、サタンと彼らを繋ぐのでしょうか

ザ・マン達への仇討ちや、地球奪還というワケではなさそうですが…?

00002
00001
 サイコマン曰く、地球とは特別な惑星だという。

マグネットパワー
 だからこそ、サイコマンは、プラネットマンにも地球の素晴らしさを説いてましたが
 オメガの民こそ、その特別な地球から追い出され苦しんだとすれば
 改めて、惑星エネルギー奪取を図ってるのか?

 ルナイト戦の言動から、既にオメガに適応、地球環境には不慣れらしい彼ら

 地球奪取とは言わないものの、自分達こそ支配者だとは知らしめたい
 彼らの目的は、第一にサイコマンの遺産で
 友情パワーの重要度は…?
 
 今までは、ザ・マン達を警戒してたけど、自粛するから奪いに来た的な?

 アリス達は、「必要だからやっている」責任感を感じさせますが…?

友情パワー覚醒の可能性を持つ男フェニックス! しかし敵にも更なるパワーが

第212話「破滅の6本槍!の巻」 (10)
第240話 男たちの理由の巻 (6) -
 未だ謎のアリステラ破壊光線(仮)。彼らなりのマグネットパワー?

フェニックスの戦い!
 ゼブラは二重人格と再設定してまで、友情を描き、発動しきれず敗れてしまいましたが
 ゼブラと違い、友情パワーの直撃を受けたフェニックスなら
 覚醒の可能性は濃厚

 ただ、彼の場合、心臓病が治ってないんじゃないか?疑念ですよね

 スグルの要請を無視し失踪
 贖罪と、自分の死で、スグルがショックが受けないよう隠そうとしたとか?

 今回デコピンされる直前も、アリスに押されてたなど、不安要因ばかりのフェニックス

 色々と敗北フラグ濃厚過ぎ、ヘシ折る希望が欲しいところ

今回、話題となった「ビッグボディでさえ」発言ですが

第240話 男たちの理由の巻 (12)
 アリスにツッコまれてるように、アレはあくまでフェニックス流の強がり
 だって、「ビッボディでさえ勝った田舎超人に負けるとは」と言いながら
 フェニは、オメガの民(とは知らずに?)
 実力を認めていましたし

 アレだ、ビッグボディにこそ声援を受け、友情パワー覚醒って前振りなんだよ!

 そう思うね私は!

敗北するも、30年越しに様々なものを乗り越えたキン肉マンゼブラ

00000
 王位編では、残虐こそ本性と謳いつつ、黒化にはパルテノンを必要としたゼブラ

技巧の王子 キン肉マンゼブラ
 また、時間経過で白ゼブラに“戻ってしまう”など、本性と呼ぶには妙だったのは
 本来は白で、「黒こそ俺の本性だ!」と言い張る事で
 罪を黒に押し付けてたと再設定

 旧作で、白が異常にクリーンファイターだったのも、“偽善者だから”か!

 キッドを殺した罪が辛くて
 逃れる為に黒を作り、“黒こそ本性”と言い張って罪を押し付けてた

 それは心の弱さだと描き、30年越しの克服へ

白の方が強いと明言。一方、心にセーブしてる部分も

00000
00003
 王位編の白ゼブラは、技巧勝負でスグルを圧倒、しかしカッコつけて逆襲された

クリーンな偽善者
 ゼブラの行動規範は、犯した罪から逃れたい為。だから白は必要以上にクリーンだと。
 今期は、そんな“必要以上のクリーンさ”を捨てようとして
 口が悪くなってたんでしょうか

 マリキの言う、“白は妙に攻めが甘い”という弱点もこれを踏まえたものか

 旧作で、カッコつけようとし、逆転食らった「欠点」を克服しようとしたけど
 どうしても攻めが甘くなってしまっていた

 それが白の弱点だったのかな、と今にして思えます。

奥義。羽やダメージ蓄積の影響で防がれ、直撃でもダウンを奪えなかった心残り

00004
00009
 王位編での直撃! スグルは威力とショックで、試合放棄までしてしまった

マッスル・インフェルノ
 技自体は、「手加減して放った」際に、スグルを絶望させたほど破壊力があり
 ロビンがいなければ、このまま負けていた程。
 決して低威力な技じゃない…

 はずですが、今期、直撃したマリキがピンピンしてた疑問を抱かれる事に

 今試合、ゼブラが着実にダメージを蓄積し敗北した事に対し
 マリキのダメージ描写がイマイチ。
 モヤッとする!

 かつて、ゼブラ以外も使用し「あの技を使うとは!」と、強力技の代名詞として描写

 しかし決め技になっておらず、今回の敗北で、急激に「低威力疑惑」へ

次から次へギミックの嵐! ただ、多くは“王位編オマージュ”だったマリキータマン?

00018
00001
00012
00003
00013
00006
00022
00023
 カレクック戦で見せたボクシングが、“ゼブラ戦”を見越したものとは多くが予想

ギミック超人マリキータマン!
 また、胸に顔が浮かんだり、鋼鉄の鎧でダメージを無効化してしまったり
 バカ力とは、黒ゼブラの代名詞だったりと
 様々に元ネタが

 マリキの多彩さは、そっくりゼブラ戦オマージュだったと私は思います

 なので、ここはむしろゆで御大によるファンサービスだったんだろうな
 と、私は思う所存

 開戦時のキック返しといい、積極的に王位編を盛り込んだシリーズだったーな、と。

やりたい放題、好き放題? マリキータの奔放さに思い出すものといえば

00004
00005
 デタラメといえば、個人的に初期ネメシスを連想。二世の時間超人もアレだけど!

難攻不落
 当時のネメシスは、首を膨らませてロビン・スペシャルから脱出してしまうわ
 タワーブリッジ・ネイキッドに対してさえ
 身体能力一つで抵抗

 特色、完璧なる肉体を活かしに活かして、ロビンを圧倒したあの試合!

 ネメシスは元々見た目も言動も特徴的
 更に事情も発覚していき、スグルと一進一退を繰り広げる熱いファイターとなりました

 マリキータマンは、次試合ではどうなるのでしょうか

 或いは、ブラックホールらのように、戦わず戦線離脱するパターンも…?

今試合最大の主張は、“オメガの民をナメるな!” これに尽きると思う!!

00000
 感じて欲しいのは、「オメガの民は強いぞ!」って事!!

強さと弱さ
 五本槍編も同様で、正義超人は、アイドル以外もちゃんと強い!(強くなった)と描く事
 また今回も、ゼブラが負けた=ゼブラが弱かったのではなく
 オメガの民が強いという事

 読者が侮ったカナディらも、オメガの民も、彼らはちゃんと強いのだと

 敗れたゼブラは、彼がちゃんと強いからこそ“敗れる役回り”になった。
 観客や、スグルみたいに読者にも感じて欲しかった

 そんな回だったように、私は感じました

でも…、いやそれでも思うけどね!

00009
 ステカセが使って震撼させたように、「強い技」であるはずのインフェル!
 三大奥義が、スパーク+その他となっている現状について
 もっと掘り下げも見たかった!

 ねえシルバーマンさん! ニャガニャガ

目次 キン肉マン 感想 過去記事

 完璧超人始祖編 2016年以前
 完璧超人始祖編 2017年 第194話~208話(最終回)
 サタン復活編 2017年 第209話~第230話
 サタン復活編 2018年 第231話~
 本記事冒頭へ

キン肉マン 感想 これまでの記事

 第154話以前「完璧超人始祖」編
 第155話「サイコマンの願い!!の巻」
 第156話「許されざる内紛!!の巻」
 第157話「始祖vs始祖!!の巻」
 第158話「絶対防御!!の巻」
 第159話「至福の時間!!の巻」
 第160話「始祖(オリジン)たちの亀裂!!の巻」
 第161話「“神”への道筋!!の巻」
 第162話「マグネット・パワーに捧げた魂!!の巻」
 第163話「友情と敬意!!の巻」
 第164話「雷撃の果てに!!の巻」
 第165話「シルバーマンの本性!!の巻」
 第166話「血みどろの慈悲!!の巻」
 第167話「決意の証!!」
 第168話「消えゆく者!!」
 第169話「迷いなき大罪!!」
 第170話「離脱!!」

 第171話「幕は再び上がり…!!の巻」
 第172話「甲子園決戦!!の巻」
 第173話「闘うこととの闘い!!の巻」
 第174話「完璧超人の変革!!の巻」
 第175話「秘めていた覚悟!!の巻」
 第176話 歴史を変える一日!!の巻
 第177話「友情と孤高!!の巻」
 第178話「完璧なる才能!!の巻」
 第179話「キン肉マンの秘策!!の巻」
 第180話「不殺の殺人技!!の巻」
 第181話「消されたダウンカウント!の巻」
 第182話「サダハルとの約束!の巻」
 第183話「悲しき肉のカーテン!!の巻」
 第184話「雑魚の誇り!の巻」
 キン肉マン 第185話「孤独の中で…の巻!!」
 キン肉マン 第186話「ロビンの思い!の巻」
 キン肉マン 第187話「ネメシスの慈悲!!」
 キン肉マン超人列伝 カレクック-愛と怒りの聖人-の巻 前編
 キン肉マン超人列伝 カレクック-愛と怒りの聖人-の巻 後編
 キン肉マン 第188話「"傲慢"の代償!!の巻」
 キン肉マン 第189話「正義超人の極み!の巻」
 キン肉マン 第190話「理想の体現者!の巻」
 キン肉マン 第191話「死闘の後…!!の巻」
 キン肉マン 第192話「ネメシスの最期!?」
 キン肉マン 第193話「あの日の約束…!」
 キン肉マン 2016年更新終了 第155話~第193話
 特別“再掲載”「こち亀×キン肉マン 正義超人亀有大集結!!の巻」

キン肉マン 2017年 “完璧始祖編” 完結編

 キン肉マン 第194話「舞台は世界遺産!」
 キン肉マン 第195話「竹刀が導きし闘い…!!の巻」
 キン肉マン 第196話「頂上決戦、開幕!の巻」
 キン肉マン 第197話「地獄の九所封じ!の巻」
 キン肉マン 第198話「零の力!」
 キン肉マン 第199話「ダイヤモンドパワー全開!」
 キン肉マン 第200話「柔軟ボディ炸裂!の巻」
 キン肉マン 第201話「悪魔の仮面!の巻」
 キン肉マン 第202話「弟子の務め!!の巻」
 キン肉マン 第203話「悪魔将軍の底力!!の巻」
 キン肉マン 第204話「硬度10♯の行く末!!の巻」
 キン肉マン 第205話「真の奥義!の巻」
 キン肉マン 第206話「完璧超人始祖よ、永遠に!の巻」
 キン肉マン 第207話「次代の男の言い分!の巻」
 キン肉マン 第208話「慈悲を纏った悪魔!の巻」

特別掲載 キン肉マン スピンオフ「THE超人様」 石原まこちん

 キン肉マン スピンオフ「THE超人様」第1回 牛丼&ココアの章
 キン肉マン スピンオフ「THE超人様」第2回 テンドーン&スティックアイスの章
 働け!!ゆでたまご 第1話 キン肉マン(嶋田隆司先生)×ネメシス(中井義則先生)
 働け!!ゆでたまご 第2話 ウォーズマン(嶋田隆司先生)×ロビンマスク(中井義則先生)

キン肉マン サタン復活編 感想 2017年

 キン肉マン 第209話「新たなる潮流!の巻」
 キン肉マン 第210話「波乱の叙勲式!!の巻」
 キン肉マン 第211話「地獄からの使者!の巻」
 キン肉マン 第212話「破滅の6本槍!の巻」 ※土俵の英雄
 キン肉マン 第213話「正義の5本槍!の巻」
 キン肉マン 第214話「発令!"惨殺"命令!!の巻」
 キン肉マン 第215話「新宿の救世主!!の巻」
 キン肉マン 第216話「滾れ!紅茶!!の巻」
 キン肉マン 第217話「スペイン茶会事変!!の巻」
 キン肉マン 第218話「無葉の紅茶!!の巻」
 キン肉マン 第219話「武名を挙げよ! 楓!!の巻」
 キン肉マン 第220話「赤く燃ゆる楓!!の巻」
 キン肉マン 第221話「海賊式最終宣告!!の巻」
 キン肉マン 第222話「背骨の行方!!の巻」
 キン肉マン 第223話「インカの叡智!!の巻」
 キン肉マン 第224話「光明たる便器!!の巻」
 キン肉マン 第225話「堂々たるクソ力!の巻」
 キン肉マン 第226話「糞尿の彼方!!の巻」
 キン肉マン 第227話「アリステラの追加命令!の巻」
 キン肉マン 第228話「正義の洞穴!!の巻」
 キン肉マン 第229話「勝利への邪道!!の巻」
 キン肉マン 第230話「残虐と友情の間!!の巻」
 キン肉マン超人総選挙2017結果発表!(外部サイト)

キン肉マン サタン復活編 感想 2018年

 キン肉マン 第231話「友情の真価!の巻」
 キン肉マン 第232話「土俵際の男!!の巻」
 キン肉マン 第233話「ゼイ肉マンとフンドシ野郎!!の巻」
 キン肉マン 第234話「大横綱の意地!!の巻」
 キン肉マン 第235話「屈辱の選手交代!?の巻」
 キン肉マン 第236話「起死回生の檄!!の巻」
 キン肉マン 第237話「影なき土俵!!の巻」
 キン肉マン 第238話「土俵際の友情!!の巻」
 キン肉マン 第239話「運命の四王子!!の巻」
 キン肉マン 第240話「男たちの理由の巻」
 キン肉マン 第241話「運命の死地!!の巻」
 キン肉マン 第242話「綱の導く先!!の巻」
 キン肉マン 第243話「五大城決戦、開幕!!の巻」
 キン肉マン 第244話「羽根をもがれた蝶々!!の巻」
 キン肉マン 第245話「華麗なる火炎殺法!の巻」
 キン肉マン 第246話「氷笑の吸血鬼!!の巻」
 キン肉マン 第247話「美しきルチャドールの意地!!の巻」
 キン肉マン 第248話「偽りの強力!?の巻」
 キン肉マン 第249話「劣等王子の雪辱!!の巻」
 キン肉マン 第250話「頭上の暗黒星!?の巻」
 キン肉マン 第251話「唯一の取り柄!の巻」
 キン肉マン 第252話「紫禁城の嵐!!の巻」
 キン肉マン 第253話「不公平な神!の巻」
 キン肉マン 第254話「八角形の達士!!の巻」
 キン肉マン 第255話「三大奥義、陥落!!の巻」
 キン肉マン 第256話「黒のゼブラの実力!!の巻」
 キン肉マン 第257話「反撃の完全変態!!の巻」
 キン肉マン 第258話「白と黒のデルモンテ会談!!の巻」
 キン肉マン 第259話「キッドとの結晶技!!の巻」
 キン肉マン 第260話「技巧の末に・・・!!の巻」
 キン肉マン 第271話