公式サイト ガンダムビルドダイバーズ 第24話 感想 決戦 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 14時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
次回GBN-SOS! 出撃、ガンプラ連合? サラは“皆の好き”だから諦めない!

00403
00138
00480
チャンプとの厳然たる差は2対1で埋めた! 埋めきれなかった! 厚い壁で嬉しかった!!
 百鬼乱入、キョウヤの徹底した強さ、結晶ユニコーンで敵を止めてしまうアヤメさん!
 キョウヤの態度は、GBNの皆に“リク達へ共感して貰う”べく
 敢えて絶対者を演じたのでしょうか

 GBNは皆が“作り手<ビルダー>”。だから大丈夫! その励ましも快い!!
 
ノーネイム!絆ガンダム!リアルマギーさん!?
 ゲーマーなら目指すはトゥルーエンド、この先も楽しむ為に、サラを見捨てたくない想い
 失敗率95%に、“皆の大切なもの”を台無しにしたくないロンメルに対し
 個人、「俺達はこう思う!」をぶつけるのも
 好対でしたね

 ラスト、抱き合ったリクとサラ、あんなの見せられちゃ、大人も納得するしかないね!

ガンダムビルドダイバーズ 第24話 感想

 決戦
 Aパート「叶わぬ願いなら」
 遊びだからこそ
 有志連合vsビルドダイバーズ
 FXプロージョン
 Bパート「それが百鬼の掟」
 キョウヤが見たいもの
 今週のコーラサワー、「僕たち自身はこうしたい」
 俺達の“好き”を諦めない
 可能性の光、未来の光、ビルダーだから!
 予告
 感想追記 
 制作スタッフ
 これまでの感想

最終回にリアルマギーさん! 果たして、その性別は…!?

00529
 このスレンダーな体型、果たして…? フフフ! どうなのかなデニム!

リアルマギーさん
 実はWEB配信外伝、GBWCに、それっぽい人物が既に登場していますが
 あくまで、「この特徴、マギーさんだよなあ…?」という人。
 でも、外伝との連動性の高い本作なら?

 外伝の2話目に登場(配信1話目PDF、問題の2話目PDF)。同感想記事

デビルガンダムヘッドが…、消えた?! ラスボスはアルヴァアロンと判明へ

00517
 レイドボス、今まで表示されてたシルエットと、全然違うじゃないですか大使ー!

あらすじ
 リクvsキョウヤ! 地力でも、トランザムインフィニティを以ってしても完敗するリク
 オーガと百鬼参戦で、いったんは持ち直した形勢も
 キョウヤに単騎であしらわれてしまう

 同様の必殺、FXプロージョンを発動したAGEⅡに圧倒される二人

 しかしオーガと、また、想いでで“離れても繋がった”BD一丸の攻撃で
 遂にキョウヤを打ち倒した彼らをGMらは賞賛

 無事サラ救済を試す権利を得るが、暴走したレイドボス立ちはだかる

 次回、ガンダムビルドダイバーズ 第25話「新しい世界【最終回】」

リク『“いつか、あなたと戦いたい! 戦えるようになれますか?”』

00405
 前回、リク達ビルドダイバーズは第二次有志連合の裏をかこうとする
 しかし作戦は読まれ、シャフリとタイガーが激突
 二人はわかりあうのだが…

 更にAGEⅡマグナムSV.verとなったチャンプが現れ、まとめて叩きのめしてしまう

キョウヤ『“待ってるよ!”』

00406

 リク「こんな形で、あなたと戦いたくはなかった!

 キョウヤ「リク君、君は助けたい人がいて、私には守りたい世界がある

 異なる道を進む者同士が、あいまみえたのなら、選択肢は二つしかない
 相手に道を譲るか
 相手を押しのけてでも、前に進むか

 そのどちらかだ! 


00408
 

 リク「譲ってはくれないんですね!
 キョウヤ「お互いに、そんなヌルい覚悟ではないはずだ!

 リク「だったら俺は! あなたを押しのけてでも前に進む!!


00000
00001
00002
00003
00004
00005
00006
 第3話ラスト、憧れのチャンプと対面したリクは、素直すぎる問いをぶつけた

押しのけてでも
 そのジャンルの頂点に、戦いたい、と素直にぶつけた“初心者”リク
 対し、良い悪いでなく、「待っている」と応えたキョウヤ
 強くなりなさい、と。

 今キョウヤは、リクを対等な相手と認め、“譲らない”と勝負を挑む!

 新たに、砲撃機能を持つTビットらしき武装を従え
 三斉射するAGE-Ⅱ

 敵はガンダム世界のお約束、“オールレンジ攻撃機”! 決戦に相応しいぞリク君!!

GM『戦況はどうなっている?』

00007
 司令塔として残った、ロンメル隊のジャック曰く、戦況は有志連合が優位
 タイガー、シャフリは沈黙し、ロンメル隊は残ったBD勢を追撃
 表向き、突破を図っていたユッキー達も包囲され
 完全に釘付け

 水路のモモも捕捉され、囮も、本隊も完全に足止め状態に

GM『一縷の望みに縋りたい気持ちは解る』

00008
00009
00010
 だが、叶わぬ願いなら、早く断ち切ってくれ。

叶わぬ願いなら
 状況的にサラは悩めば悩むほど、“感情データ”を増し、システム負荷も増すのでしょう
 現状、時間が経つほどにGBNは圧迫!
 バグを増す状況

 この世界に生きる、全てのダイバーの為に

 GM視点では“失敗率95%の賭け”
 バトルの決着を待たず、一刻も早くサラを消し去りたいところなのでしょうか

 しかし傍目には、幼女をいじめるガンダイバー。悪魔的…ッ、悪魔的風評被害…!

リク『うわあああああああああ!

00012
 AGEⅡマグナムの主力武装、オリジナル“Fファンネル”に翻弄されるリク
 AGE最終主役機、AGE-FX、そのCファンネルを参考にした
 打突する遠隔武器!

 同様の設定なら、見た目に反し非常に重い素材で、与える衝撃も無視できない

マギー『まったく大佐ったら、しつっこいンだからぁ…。リッ君たちはどこに…?』

00013

 あれは…、タイガちゃん、シャフリちゃん!?
 まさか、ヤられちゃったの!?

   タイガー「か…、勝手に殺すな!
   シャフリ「わ、私はまだ健在です!


00015
00016
 どうやら、心配する必要はなさそうね?

どちらも現行HG化されてません
 ロンメルの追撃から逃れるも、アルトロンとセラヴィーの惨状に悲鳴を上げたマギー
 どっこい、瀕死で口喧嘩を始めた二人にホッとする
 二人ともこうでなくちゃ!

 両機とも、チャンプの“奥の手”を浴び、こんだけ元気だからたいしたもの

 しかし、特徴的な足ナイフを持つ「ガンダムレオパルド(X)」と
 肩とキャノン砲から「ヴァイエイト(W)」

 有志連合の包囲が!

ロンメル『君達のしている行為は、この世界の崩壊に繋がる事だと何故気付かん!』

00017
 、ザクⅠ(トップ専用機)…、08MS小隊に登場した最初期のMS、第14話にも登場
 ペズン・ドワッジ…、MS-X登場のドム系発展機。2機で用いるビームキャノンを有した
 ハイザック…、Z登場のザク発展機で、連邦主力機として開発された
 メッサーラ…、Z登場の大型機、木星圏、高重力下を前提とした“可変MA”

 ドライセン…、ZZ登場“ドム最終発展型”、性能と生産性から、主力機的に扱われた

 ギラ・ドーガ…、逆襲のシャア初出だが、頭が白い「ロンメル隊クルト副長」機
 ゲルググJ…、ポケ戦初出のゲルググ狙撃タイプ(イェーガー)。

 ヴァイエイト…、上段の青は「W」登場の砲撃戦特化機で、バスターライフルをも上回る
 ザクⅡ…、初代ガンダムの敵量産機
 グリモアレッドベレー…ロンメル機、原型機はGのレコンギスタ

 ガンダムレオパルド…、上はX、左腕を背の武装と合体させ、砲撃姿勢がとれる
 ジム・コマンド宇宙用…、ポケ戦初出、赤は宇宙カラー。ただし…。

白いのは「陸戦型ガンダム」の現地改修機

00018
 白いのは、OVA「08MS小隊」の後期主役機ガンダムEz-8。全身白いガンダム
 原型の陸戦型は、初代ガンダム開発時の餞別落ち部品だった為
 大破した際、正規パーツが集められず
 現地改修したMS

 右のジムは、ジム・ストライカー、ハーモニー・オブ・ガンダムで設定された白兵戦機

 シールドは、打突武器にもなるんだぜアルカナァ!

ロンメル『投降したまえ! GBNを守る為に!!』

00019
 ロンメルの右は、前述のジム・コマンド宇宙用ですが、武装が実体マシンガン。
 この銃は、主に「コロニー戦仕様」が持つ、ブルバップ・マシンガンで
 コロニーを傷つけぬよう、敢えて実体弾を使っていた
※劇中2話では宇宙用も使ってた

 HGUCでは、手首とビームサーベルが一体成型で、独特の味がある。美味しい。

『サラちゃんを犠牲にしてまで、守る価値がこの世界にあるというの!』

00020

 マギー「サラちゃんを犠牲にしてまで、守る価値がこの世界にあるというの!
 ロンメル「ある!

 ダイバー達の中には、様々な事情を抱えている者もいる

 この世界の中でしか
 自由に生きられない者も!
 そんな彼らの為にも、私はこの世界を守らねばならん

 たとえ、どんな汚名を着ようとも!


00022
00023
 ハッとするロンメル隊副官、寡黙なクルト氏(ギラ・ドーガ搭乗)

指揮官の選択
 ダイブ型ネトゲは、現実で身体障害があっても、自由に過ごす事が出来ます
 ロンメルは、そうした仲間にとって大切な場所だからこそ
 譲れないと宣言

 もちろん、他ゲームに移れと言えばそこまで。

 でも95%の確率でサラごとGBNは崩壊
 成功率が低すぎる作戦に、仲間の宝物を賭けてくれとは言えないのも妥当な話か

 同時2200万アクセス可能、という規模も途方もないですし

タイガーウルフ『いいのかい? それで』

00024

 いいのかい? それで
 そんな事すりゃあ、ログインするたびに、あの子の顔がチラついて
 ゲームするどころじゃなくなっちまう!

   ロンメル「彼女は人間ではない! データの蓄積体、ただのバグだ!!」

 シャフリ「それでも! 彼女は生きている


00025

 私たちが
 ガンプラに命を吹き込むように
 彼女もまた、この世界に命を吹き込まれた存在

  マギー「それを一方的に消滅させようとするのは、いけない事じゃなくて?


00026

 ロンメル「GBNが滅びても良いというのか?
 ロンメル「何千万人というプレイヤーの人生の一部がここにはある!

 ロンメル「だから…、GBNは滅ぼさせない!

 マギー「いいえ…、私達はGBNも、サラちゃんの命も守るの!


00027

 タイガー「ああ! どっちか選ぶなんて、ハンパな真似はしねえ!
 タイガー「欲しいならどっちも手に入れる!

 シャフリ「ロンメル大佐
 シャフリ「あなたもゲーマーなら、トゥルーエンドを目指すべきだと思いますよ

 シャフリ「たとえそれが、どんなに確率が低くても


00028

 ロンメル「世界の命運がかかっている…、遊びではないのだ!
 
 マギー「いいえ、遊びよ!
 シャフリ「だから本気でやるのさ!

 タイガ「互いの意思を、貫き通すために!!


00029
00030
00031
00034
00035
00036
 ロンメルは現実的に考える、対し、マギー達はどこまでも「ゲーム(遊び)」なのだ!

それでも!だとしても!!
 不真面目というワケじゃない! むしろ、現実的に考えるほど選択肢は狭まる
 遊びだからこそ、リスクも採算も度外視でやれる!
 選択肢がバカみたいに広がる!

 遊びだからこそ本気で意思を貫ける! その面は確かにあるのだと。

 遊びだからこそ、後味の悪い事なんて出来ない!
 サラを見捨てられない!

 遊びだからこそ、戦略的撤退はない! トゥルーエンドを目指すワケだ!!

遊びでやってんだよ! タイガー達が貫く意志!!

159_1802_s_0iiqnip02rx5uyunhazt718rut8z

※機動戦士Zガンダムより

 カミーユ「貴様、人が死んだんだぞ、いっぱい人が死んだんだぞ!」
 ヤザン「お前もその仲間に入れてやるってんだよ!」
 カミーユ「遊びでやってんじゃないんだよー!」

 生命(いのち)は、生命は力なんだ。
 生命は、この宇宙を支えているものなんだ!

 それを、それを…こうも簡単に失っていくのは、それは、それは、酷いことなんだよ!!

 何が楽しくて、戦いをやるんだよ!?
 貴様のような奴はクズだ!生きていちゃいけない奴なんだー!!


190_1802_s_zknjw0ffbch2liv7nimd3xf12cec
 マギー達の元ネタは、機動戦士Zガンダム主人公、カミーユ・ビダンの台詞

遊びでやってんだよ!
 ガンプラ作りとは、単なるプラスチックの塊に、命を吹き込むという事
 この発想は、初代バトル作品「プラモ狂四郎」でも謳われ
 サラもその延長と捉えられました

 彼女もまた命、命を大切にする事が、戦争作品ガンダムでは大切に語られます

 命を大切にしない、殺すなら、生きていちゃいけないとZで叫んだように
 矛盾してでも譲れない事がある

 誰しも、「自分はこう思う」を貫くしかない!

ロンメルを守るように立ちはだかったのは、ガンダムXの高性能量産機!

00030
 右の白いMSは、X後期に登場、宇宙革命軍が“戦後”に開発したクラウダ
 ビームにも耐えうる、強靭で分厚く、セクシーな装甲を誇り
 設定上、対艦クラスのビーム・カッターを持つ
 実にグラマラスな量産機
 
 左は本作でもお馴染みのモブ、SEEDの量産機ビル・ゲイツ

 同作もガンダムが奪われるのが、その技術が投じられている。

色々自由な人、マギーさんのラヴファントムは「ストライクフリーダム」ベース!!

00038
 腹部カリドゥス複相ビーム砲、腰部レール砲など、ありったけ武装を展開!
 背部、完全新規造形のノワールストライカーを展開し
 キャノン砲も!

 背部キャノン展開してるにしては、若干おかしい気もするけど!

ドム率の高いロンメル隊! 隊長! ドム・タイプはいつの時代も大活躍ですぜ!!

00039
 左はジムコマンド宇宙用(ポケ戦)…、の色と武器にした、初代ジムだったらしい
 中央も、ドム・トローペン(0083)…、色にした初代ドムだったらしい
 トロにしては少々おかしい

 ドム・トロにしては、胴体がおかしく、特徴的な脚部吸気口も無いように見える

 右側で髪の毛を切られているのも、初代のズゴック

こちらも同じく「ドムトロっぽい」のがいるが、やはり脚部吸気口はない

00040
 左上、ドム・フュンフとも、胴体が丸すぎて違う(カードビルダーでイラスト化)様子
 背中はゴッグ、フッ飛ばされているのはグフで
 共に初代ガンダムより

 右は、ジム・ライトアーマー(MSV)色にしたジムらしく、ちゃんと肩アーマーがある。
  
ドートレスフライヤー! お前ドートレスフライヤーじゃないか!!

00041
 右上はドートレスフライヤー、Xの量産機で、盾の一本線がドートレス系の特徴
 右下はG・キャノン、F91に登場する量産機で、型式はF71である(AE社製)
 赤いのは、「ガナーザクウォーリア(ルナマリア機)」。
 SEED DESTINY、ヒロイン機
 タンクが砲撃仕様の証
 
 左から2番目は、F91のベルガ・ダラス

 ベルガ・ギロスと似ているが、シェルフ・ノズルが片側3本となっている。

巨大な翼は、前回でも登場した「ジェットダガーL」

00044
 翼端がオレンジ色なのは、SEED DESTINYに登場した「ダガーL」。
 SEEDのダガーと違い、ストライカーパックが装備可能で
 ジェットストライカーを装着

 左下はZの「バイアラン」で、推力を上げ、非可変・単独飛行を狙った試作機

 左上の丸っこいのは、独特の肩から「ラスヴェート(X)」。

数が多すぎるので画像分割。左から「グフフライトタイプ」

00056
 、グフフライトタイプ…、第08MS小隊より。爆発せずちゃんと飛べた。
 M1アストレイ…、SEED量産機。背中からM1と思われる
 ドートレスネオ…、Ⅹ後期量産機。強い。
 ジェットダガー…、SEED DESTINY、前述の通り。ダガーLは少数生産に終わった
 ラスヴェート…、Xより。NT対応機として作られていたが…

 Gエグゼス…、AGEに登場した、白くスペシャルなワンオフ機。ウルフスペシャル!

 ザクファントム(ハイネ機)、SEED DESTINYより。

中央はカオスガンダム、SEED DESTINYの可変機

00057
 左は、色とグラマラスな太腿から、Xの「バリエント」と思われる。空戦量産機
 右もXから、オクト・エイプという高機動量産機で
 張り出したバーニアが特徴

 多数突き出したバーニアで、妙に印象に残るシルエットをしている

 当時、キット化はされていない。 

左から、ゲイツR、バリエント(X)、ドートレスネオ(X)、グフフライトタイプ(08)

00058
 左は、背中のまとまったシルエットから、SEED DESTINYのゲイツRらしい
 フリーダムと同じザフト製の為、同系列の腰部レール砲を搭載
 ゲイツの戦後改修型。

 これはザク本格量産までの、いわば“繋ぎ”として開発、主力を担ったMS

 その経緯から、ザク量産後、一部が非正規組織に流出した

ラスヴェート、ジェットダガー、ガナーザクウォーリア、そして

00059
 中央の白は、後の場面からして、AGEの「Gバウンサー」だったらしい
 第2世代編、ガンダムAGE-1を継ぐ“汎用量産機”が量産される中
 AGE-1スパローの設計を継承したエース機
 スペシャルな白ッ!!

 同作でも人気ガンプラで、再生産されてもすぐ店頭から消え、高値がつく

 派生機Gサイフォスに至っては、数千円台がつく事も。
 
アヤメ『ユッキー! リク達の援護に向かって!! 時間がかかりすぎてる…』

00047
00048
00050
00051
00052
00054
00063
00065
00066
00067
00068
 行かせないわ!

阻まれる翼
 高推力を買ってか、敵中突破を任されたユッキー。しかしサテライトを破壊
 早くも、最大の火器を失ってしまい
 空中で孤立に

 またHGBDジェガンBMのサテライトは、グリモア(ロンメル機)などに流用可

 共通規格なので、初代ガンダムREVIVEなどにも付き
 手軽にツインサテライトを体験できる

 ただしランナーを多数使っている為か、単品販売の予定はない

ユッキーを阻んだオレンジ色のMS、ザクファントム(ハイネ機)ら

00061
 青いのは、グフイグナイテッドで、SEED DESTINYの高性能量産機
 また、右下はタンクを背負っていない事から
 フツーのバイアラン(Z)らしい

 右から2番目は、特徴的な足と翼で、ウィンダムと思われる

 SEED DESTINY登場の新鋭量産機。

モモ『やーらーれーたー!?

00069
00071
00072
00073
00076
00077
 ちょ!? どこ行くの!/当たり前の事、聞かないで!

モモカプル(中身入り)
 地下水路では、ランシェに発見されたモモが、やられたフリをして“中身”が大脱走!
 基本、カルナさんは人が良過ぎるのよ!
 で

 サラちゃんを助けるのよ!

 槍の腹で叩いたのか、峰打ち(?)したというカルナさんでしたが
 言われなくてもスタコラサッサだぜ!

 あくまでゲームとはいえ、弱い者イジメ同然で、気が引けるのでしょうか

『フォースの仲間が気になるのか? …なら、見るといい』

00080
00084
 心を痛めるサラに、彼女に諦めて欲しいゲームマスターは現状を見せる
 戦術を破られ、イジメ同然の状況に陥ったビルドダイバーズに
 GMもまた、心が痛むのでしょうか
 でも彼に出来る事はない

 彼の視点からすれば、この結果は、あまりに当たり前の状況でのはずです

 それでも諦めない彼らを楽にできるのも、君なんだぞと。

ナナミ『ツカサさん、状況は!?』

00086
00087
00088
 こっちの心配するよりコウイチ達の心配をしな

サラ待ち
 既にトーリを介してリンク確立、サラのデータが送られてくるのを待つばかり
 戦況を見守ることしか、ツカサ達には出来ない
 と

 俺達の準備が、無駄にならねえようにな…

 ツカサも参戦してくれれば…
 サラ救出がならないと、ツカサの出番だって無いわけですし!

 でも、手を貸してくれてるだけでも上等か

リク『うおわ!?

00091
 (フェニックス?)ファンネルに翻弄され、ライフルを失ってしまうリク
 アヤメなら、世界観を越え、忍闘道で制御を奪えたかもしれませんが
 後の祭りとしか!

 そもそも、ユッキー側にアヤメがいなかったら、戦力不足も甚だしいですし 

キョウヤ『どうした!

00094

 どうした! その程度の力で、サラ君を救えるとでも思っているのか!!
 全力でかかってきたまえ!

   リク「そうだ…、全部出し切るんだ、サラの為に! いくぞダブルオースカイ!

 リク「トランザム・インフィニティ!!

 キョウヤ「君がトランザムなら…、私も使わせてもらう!!


00095
00096
00097
00099
00102
00103
00104
00105
00106
00107
 あれは…、FXバースト!?/“必殺”は、こちらにもある!

AGE-IIMG ガンダムAGE-IIマグナム(SV ver.)
 リクが自慢のトランザムを出さない事を指摘、底力を引きだしたチャンピオンですが
 彼もまた、同様に高性能化するシステム
 FXバースト発展システム!

 AGE最終ガンダム、AGE-FXの、高機動モードを元にしたらしい

 終盤、システム調整を終えてようやく使えるようになった高機動形態で
 要はリミッター解除による“大量撃破”形態

 46話によれば攻撃精度が低下、また、余剰エネルギーをサーベルとして展開する

はあああ!』『おおおおお!

00108
 00世界の高性能化システム・トランザムと、AGE世界のバーストの激突!
 溢れる機動力は、両者をそこらの浮島に激突させ
 フィールド自体を次々破壊!

 前回、傷付いたタイガ、シャフリを一蹴したのも同機能だったらしい

リク『いけえええええええ!

00114
00116
00117
00121
00122
00123
00124
00125
00126
00127
 ウィングから生成された“光の翼”は、要は加速・大量生成されたGN粒子らしい

輝きの激突
 トランザムとは粒子解放による高性能化、インフィニティとは、“ウイングユニット”を介し
 粒子解放を、更に加速させるというリク独自の発想
 翼は“加速器”らしい

 本機の“光の翼”は、GN粒子そのもの! “ライフル”にまとわせ光の弓へ!!

 推力・攻防、総ての効果を持つGN粒子による弓矢を
 チャンプは真っ向から受け止めた!

 ソードでなく、ライフルにまとわせると、光の弓矢となるのね!

キョウヤ『はああああああ!

00131
 リクの新技も、AGEⅡは真っ向から受け止め、 すべて凌ぎきってしまった
 余波だけで、艦砲のような破壊が撒き散らされるあたり
 とんでもない威力だったのは解る

 が、AGEⅡはこれを凌ぎ、ファンネルとTビット砲による集中砲火で…

GM『この戦いも、まもなく終わる…、我々、有志連合の勝利によって』

00133
00135
00138
00144
00148
00151
00155
00156
00158
00159
00160
00162
00164
 君達の覚悟は、しょせんはその程度。それでは大切なものは護れない

可能性
 射出で背部、ロングライフルをも失い、ファンネル直撃を受け墜落したダブルオー
 ユッキーも満身創痍、アヤメは“ダナジン”に教われ
 庇ったコーイチが被弾

 可能性の光すら、見ることは叶わない!!

 サラ救出案は失敗率88%
 リク達は、“絶対に勝てない戦い”で、奇跡は起こせると証明しなければならない

 故に、キョウヤにも一切の手加減はなく…?

アヤメを襲ったのは、AGEにおける敵量産機“ダナジン”

00160
 手前の紫色は、第3世代編の主力機ダナジン。地球侵攻用に開発されたMSで
 地上での、踏破性能を重視して設計された結果
 文字通り恐竜的な姿となった

 後ろは巡航形態のガフランで、AGEでは、最初の敵として登場する

 長距離侵攻を目的とし、“光波推進装置”である翼が大きい。

サラ『皆が…、皆が……! あたしは……!?』

00167

 サラ「皆が…、皆が……!
 回想キョウヤ「“キミの気持ちを聞かせて欲しい”
 サラ「あたしは…!?

 回想「“キミはどうしたい?”

 サラ「あたしは…! …やめえええええええ!!!


00173
00175
00176
00179
00181
 あ…、あなたは!? オーガさん!

姫が泣いたら鬼が来た
 第21話独り言では、消えたくないと言えたサラ。リクも、22話で諦めるなと伝えました
 しかし、周りが傷付いていく姿にサラは絶叫
 が

 バトル受諾の前に、申請を出していたのか

 同じく22話、静止画でないと分かり難い演出で申請していたのです
 それ即ち、必ず助けにくるって事さ!

 視聴者に分かりにくく描いたなら、必ず現れるって事!

オーガ『俺との決着がついてないのに、勝手にくたばるんじゃねえ!』

00182

 俺との決着がついてないのに、勝手にくたばるんじゃねえ!
 黙って見てろ!

 この旨そうな肉は…、俺が食らう!


00190
 GBN世界では新進気鋭ながら、既にトップランカーであるオーガが参戦!

百鬼オーガ
 特に第18話、タイガー回冒頭では、G-Ⅴアタックで3位の好成績をマーク
 1位キョウヤ、2位は作中特に語られていない人物で
 シャフリやタイガーより上

 リクがトップ10入りして驚かれた個人競技で、タイガー以上!

 オーガにしても、念願のチャンピオン喰いだ!

エミリア『貰います!

00191
 他方、独り突出したユッキーを狙っていたエミリアも思わぬ増援に痛打
 現れた増援機は、ベテラン揃いの有志連合を一瞬で2機撃墜
 ポテンシャルを見せつける

 まず黒いMSは、Wの可変機トーラス、更にSEEDのレイダーガンダム!

大丈夫か、ユッキー! 助けに来たぜ!!

00194
00195
00198
00199
00201
00202
00205
00207
00208
00209
00210
00213
 奥にいた、足が白いMS、ワイルドダガー(SEED MSV)か何かだったのか…?

百鬼繚乱
 乱入したドージは一瞬で2キル、更にローズのヤクトも乱入してライフルを破壊
 エミリア機、用途を絞った武装チョイスはこういう時に辛い!
 と

 アンタの相手は私だよ、風紀委員長サン?

 助けにいきたそうだったドージ
 水を得た魚とばかり暴れて、友情を感じさせますね

 エミリアとローズも久々のケンカだ!

うおおおおおおおお!

00214
 地下水路では、百鬼でも、オーガに次ぐ高ランクプレイヤー・ナッツが乱入
 マグアナック・シナバーでカルナをフッ飛ばし
 モモを救出してくれた

 いかにも強面ながら、ナデシコアスロン回では愉快だったナッツさん!
 
ナッツ『アヴァロンのクセに、弱いモンいじめてんじゃねえ!』

00215
00218
00220
00221
00224
00226
00227
00229
 あたし! 弱くないもん!!

バスターダガー
 第9話で描かれた通り、大所帯な百鬼は、単独フォースとはいえ十分な戦力で
 初撃で、ウィンダム(SEED DESTINY)を叩き落して
 百鬼は一気に侵攻

 対し有志連合、画面左より「バスターダガー(SEED MSV)」が反撃

 百鬼は、黒い改造機「リグ・シャッコー マガツ」を筆頭に
 エアリーズ(W)と、ゾロ(Ⅴ)が侵攻

 奥の水色は、形状的にゾリディア(V)だが…?

オボロ『大将の指示に従う、それが百鬼の掟!』

00230
 奥のは形状的にVのゾリディアだが、カラーがジャベリン(V)となっている
 作中、ゾロアットを鹵獲して塗った「ホワイトアット」があったが
 そのイメージなのだろうか
 眼部もゴーグル化

 連邦艦隊が鹵獲、戦力に組み込んだイメージ?

オボロ『俺達の世界の中心は、オーガだ!』

00231

 キョウヤ「何故、ビルドダイバーズに加担する
 オーガ「決まっている!

 オーガ「俺が求めているのは、こんな茶番じゃねえ!!

 食うか食われるかの、本物の戦いだ!
 それをやる為なら!

 世界の一つや二つ、救ってやるよ!!

  キョウヤ「なるほど! だが、その資格と実力があるかな?


00234
00236
00237
00242
00243
00247
00249
00251
00253
00257
00258
 さっきのお返し!/フン…、余計なことを!!

王者vsルーキー
 GBNの“民意”といっていい有志連合に、公然と牙を剥く百鬼の度胸!
 所属メンバーが、オーガ自身と戦って認め合い
 引き抜かれた結束ゆえか

 しかしキョウヤ、嬉々とするオーガと対照的に、最小の動きで圧倒!

 オーガでさえ子供扱い
 傷付いたりといえど、タイガーとシャフリを瞬殺したのは伊達じゃない!!

 オーガを庇うリク、この二人も共同戦線となるのか!

キョウヤ『可能性の、著しく低い作戦…』

00259

 可能性の、著しく低い作戦…、それを成し遂げたいのなら
 私ごときで躓いていられないはずだ!
 見せてみろ!

 君達の可能性の光を!!

  オーガ「見せてやるさ!
  リク「俺達が作り上げた…

 リク&オーガ「「ガンプラの力を!」」


00261

 リク「トランザム・インフィニティ!

 オーガ「鬼・トランザム!

 キョウヤ「FXプロージョン!


00264
00267
00270
00272
00273
00274
00275
00276
00277
00279
00282
00283
00285
00287
00291
00292
00293
00294
00301
00303
00305
00308
00310
00317
 開幕早々、オーガ自慢の両肩拡散砲が潰されてしまった!

容赦無用
 トランザムで挟み撃ちする二人を、キョウヤは慌てず、同士討ちへと誘い込み
 00スカイに飛び乗り、キックをお見舞いして叩き落しつつ
 オーガへTビットの洗礼!

 大型ビットでオーガの足を止め、腰ビーム砲乱射でGP-羅刹は沈黙

 リクは立ち向かうも、左腕はファンネルで串刺しにされた上
 文字通り傷を抉られメインカメラが!

 更に、腹部にシグルシールドをめりこませる…

観客『おおおおおおおおおお!

00322
 新進気鋭二人を、単騎、かつ余裕を持って葬り去ったクジョウ・キョウヤ
 これには、観客も嘆息を上げるしかない…
 いや違った!

 観客、コーラサワーは、自分が戦ってるかのように身を乗り出して…!

キョウヤ『……まだ立ち上がるのか』

00324

 何故そこまでする?
 元より、勝ち目のない戦いだったはずだ

  リク「俺…、あなたに憧れてガンプラバトルを始めました


00330

 その強さに
 決して諦めない心に憧れて…
 俺、ガンプラが、ガンプラバトルが大好きです

 あなたに憧れて始めた、GBNが大好きです!

 ガンプラが
 ガンプラバトルが大好きだという気持ちで、たくさんの人と繋がりあえる

 色んな人達が、色んな目標を持って、自分の歩幅で前へ進んでいける

 そんなGBNが大好きで…、そこで出会ったのがサラなんです
 

00331
00334
00335
00338
00339
00341
00342
00343
00344
00345
00347
00348
00349
00350
00352
00355
 まだ闘志はあるぞとばかりに、有線マニュピュレータをユラめかせるオーガ

繋がれる場所
 ここに至って、なお諦めない本心を、GBN全体へオープン回線にして問うキョウヤ
 リクの告白は、第1話冒頭や、プロローグでの絶体絶命にあって
 諦めなかったキョウヤへの尊敬から

 また作中、ドージやマスダイバーや、オーガに会ってもくじけなかったリク

 どんな形であれ、“ガンプラが好き”という同好の士の場所で
 色んな目標を持っていた

 操縦のタイガーと、制作技術のシャフリなんて、その典型例ですよね

リク『そこで出会ったのが、サラなんです』

00356
 今のリク達は、客観的に言って、GBNを壊そうとしている
 無謀な賭けに、GBNを巻き込もうとしている
 だから“敵”となっている

 でもリクは、自分は、GBNが大好きだと改めて語る事に

 サラも、自分達と切っても切り離せないと

リク『サラに、いっぱい教えて貰った…』

00357

 サラに、いっぱい教えて貰った
 一緒に経験した

 皆との絆、ガンプラとの繋がり、楽しい気持ち、諦めない事、前を向いて進むこと!

 ガンプラを大好きだって事!

 いっぱい、感謝している!


00360

 モモ「そうだよ!
 モモ「私だって、諦めたくない!!

 サラちゃんと一緒に、サラちゃんに一杯、笑顔にさせて貰ったもん!! 


00361
00362
00364
00366
00367
00368
 特に初期回、トランザムしちゃダメだ、と教えてくれたこととか。

リクとモモ
 リクはサラに、色んな事を教えて貰ったし、ここぞで諦めるなと激励を貰った
 サラを通じ、そしてサラと共に色んな経験をした
 感謝していると。

 モモも同様、いつも一緒になって笑っていたモモとサラ

 サラに笑顔を貰ったという意味では
 モモは一番!

 二人は、サラに感謝しかない!

ユッキー『そうだ! 僕だって応援して貰った!!』

00369

 そうだ!
 僕だって応援して貰った!!
 自分を信じるって気持ち、変わりたいって気持ち!!

 全部、励ましてもらった!


00371

 そう! 光を失った私に、もう一度道を照らしてくれた!
 仲間といられる温もりを…

 もう一度、教えて貰った!


00373
00375
00378
00379
 ユッキーとドージは、共同戦線回で、“変わりたい”と言う気持ちを応援して貰った

《ユニコーンガンダム》
 あの時、力不足だと悩んだユッキーに、ユッキー達は大丈夫だよと伝えてくれた
 アヤメも9話で、罪を犯して止まれなくなったと言った彼女を
 サラは、リクと一緒に励ましました

 アヤメの気持ちに応え、零丸は“原典”同様に進化、結晶体モードへ

 生命体《ユニコーンガンダム》!?
 原作者の福井氏によれば、地球上から軍隊をなくす事も出来た“生命体”の姿へ

 アヤメさん、ちょっと落ちついてください!?

停止し、頭上を流れていった、エルメス(初代)、ドーベンウルフ(ZZ)、ギャプラン(Z)など

00381
 この状態は、手をかざすだけで、MS動力炉を停止させる神さまじみた能力を保有
 OVA、TVでも、最終話で発動し、地球上から軍をなくし
 恒久平和さえも実現可能だったとされる

 原動力サイコ・フレームは、富野氏の“イデオン”の力の源、イデオナイト同質とされます

コーイチ『立ち止まり…、くじけてしまった自分に!』

00382
00383
00384
 もう一度、前に進む力を! 勇気を貰ったんだ!!

過去と未来で
 そしてコーイチは、すっかり落ち込み、足を止めていた彼がGBNに行った時
 第6話、サラは、本当に根本的な質問をして
 彼の心を動かしました

 お兄さんはガンプラが、ガンプラバトルが好き?

 あまりに率直に聞かれたコウイチは
 自分が、好きなものを好きと言えなくなっていた、とハッキリ向き合ったんです

 前後のリク達同様、サラがいたから彼も立ち直れた。

リク『だから諦めたくない!』

00387
 思えばBDのメンバーは、色々な形で、サラに踏み出すきっかけを貰ったし
 モモも、常に一緒になって笑えるサラがいた事で
 GBNがずっと楽しくなっていた

 改めて、リク達にはGBNも、サラも大切なのだと踏み込むことに

 ツカサも、“サラに借りがある”と知ったのでしょうか

リク『サラに、いっぱい笑顔にして貰った! 大好きって気持ちを教えて貰った!!』

00388
 サラが“ガンプラの想い”を読めたのは、システム云々とは全く関係なかったのか?
 彼女が、同じく、ガンプラに込められた想いそのものだから
 同じく、込められてる気持ちが解るのでしょうか
 想いが形となったのがサラだから。

 逆に言えば、ダブルオーなどガンプラにも、サラ同様に“意思”があるのか?

 だから今まで散々、「00の気持ち」を教えてくれたのかもしれません

リク『俺達の“好き”が生んだ生命がサラなら…』

00389

 俺達の“好き”が生んだ生命がサラなら…
 
 俺達の手で、サラを消したりしちゃいけない!

 自分達の“好き”を、自分達で否定したくないから!!

 だから! 俺達は! 俺達の“好き”を諦めない!!


00393
00394
00397
00398
00399
00400
00402
00403
00404
00405
 サラとリク達の心は一つ、彼女の涙は、リクの手に落ちる事に

“好き”から生まれたもの
 サラは、ガンプラに込められた想いが、スキャニングされデータとなったもの
 想いは余剰データとして、GBN内部に蓄積していき
 サラという電子生命となった

 彼女は皆の、ガンプラが好きだ!って想いが寄り集まったもの

 自分達の好きが生み出した命
 自分達の好きを、否定したくないからサラを消したくないというリク達

 そのテーマは、シバとの戦いを髣髴とさせるもので…

オーガ『御託は済んだか! 行くぞリク!!

00406

 サラ君を救えば、GBNは崩壊する!
 ならばこそ!

 私はGBNを守る!

  オーガ「うおおおおおお!
  リク「うおおおおおおお!
  キョウヤ「あああああああああああああ!

 リク「俺達の“大好き”を…!


00407

 回想キョウヤ「“最後にもう一度聞きたい。キミは、どうしたい?”

 サラ「私…、
 サラ「私の望みは…

 サラ「私も…、皆と一緒にいたい! 笑いたい!!

 サラ「ずっと…、ずっと一緒にいたい!


00408
00411
00412
00416
00417
00421
00422
00424
00427
00429
00430
00431
00432
00433
00434
00435
00441
00442
00443
00445
00447
00450
00453
00454
00457
00458
 見事だ……(キョウヤ)

ここに至って
 もはや互いに乾坤一滴、GBN自体を背負うような構図でEXカリバーを抜くキョウヤ
 リクもオーガも、周囲一帯を消し飛ばす圧に持っていかれかけるも…
 と 

 行けよ! ビルドダイバーズ!!(オーガ)

 いつもサラが手をかけていた右手
 何もない右手が、サラの叫びで輝きだし、圧でEXカリバーを構成するビットにヒビが

 ここに至って、ここまでして! 遂にキョウヤを討ち倒す事に

左下は、F91のデナン・ゾン

00421
 左上…、エアリーズ(W)と太腿などの太さから
 左端…、デナン・ゾン(F91)。
 中央…、ジェガン(逆襲のシャア)
 中央下…、グーン(SEED)?
 右上…、ハイザック(Z)、足や肩の形から
 右3番目…、オーバーフラッグ(00)、グラハム機だと左利き
 右2番目…、ヅダ(MSイグルー)、ジオニック社の陰謀
 右端…、ジムコマンド宇宙用(ポケットの中の戦争)
 
際し“キョウヤ機の元ネタ”の一つ、Gバウンサーが

00422
00424
 左上の白…、Gバウンサー。AGE
 緑色…、シャルドール改、AGE。バウンサーと一部関連する量産機
 黄色…、色合い的に、00のアルヴァアロン?
 黒い影…、不明
 中央下…、サーペント(W EW)、特徴的な2連ガトリングと太い体型
 右上…、Gエグゼスジャックエッジ(AGE)?
 右下…、ガンダムスローネアイン(00)、胴体中央、股間と配色から

リク『ありがとう…、ダブルオースカイ』

00459

 リク…、リク…、リク…
 私、私…
 うん…
 うん…

 サラ、サラ…!


00462
00465
00468
00470
00471
00473
00477
00480
00481
00482
00483
 これが…、未来を照らす可能性の光か。…君達の勝利だ

キョウヤが口にした「可能性の光」
 満身創痍のダブルオースカイは、城に近付くにつれてその姿を消し
 まさに、“ガンプラへの想い”らしき光が煌めく中
 リクとサラは再会 

 ここに至って、納得したゲームマスターも、BDの勝利を認めた

 渾身の作画で別人レベルに美しい二人
 まさかのモルキャッチ!

 モル、おめーそんな事まで出来たの!? すげえ!

事件後、さっき吹っ飛ばされたGバウンサーとシャルドール改が肩を寄せ合う

00484
 画面中央、腰にバズーカをつけてるのは、ガンダムMk-Ⅱ(Z)
 右隣…、大型バインダーの、シュツルム・ディアス(ZZ)。
 中央上…、リグ・コンティオ(V)。全体に独特。
 右…、ガンブラスター(V)。
 右3番目…、サーペント(W EW)
 右上…、ライジングガンダム(G)、ナギナタが見える。 
 
ロンメル隊による、マギー達の包囲網

00485
 おおむね、さっきと同じ陣容ですが、右上にラゴゥ(SEED)が。
 また、ロンメルのグリモアレッドベレー同型機
 グリーンとブルーベレーが

 ザクなど倒されたらしい

ロンメル『私とて、理想は追い求めたい…。しかしもしも、この世界が崩壊すれば』

00486

 大佐…、やはり私の為に。

 ありがとうございます

 でも、大丈夫です。
 輝きを、未来の光を見せてもらいました

 なぁに、もしGBNが無くなってしまったら、また作ればいいのです。

 だって我々は、ビルダーじゃないですか?

 ねえ、大佐


00488
00490
00492
 ロンメルもまた、本心はキョウヤと同じだった

ビルダーだから
 しかし仲間、障碍者らしいクルトが、いかにGBNを大事に思ってるかを思えば
 95%で負ける賭けに乗るなんて出来ない
 それがロンメルの本音か

 だが当のクルトが、あまりに前向きに告げてくれた事にロンメルも救われた

 また作ればいい。
 今回の件で、サラを知らなかった皆も“その通り”と思ってくれるのでしょうか

 ビルドダイバーズは、世界を賭ける合意を得る事に

トーリ『聞こえますかBD? こちらの受け容れ準備は出来ています』

00497
00498
00500
00502
00506
00507
00508
00511
00512
00514
00516
 機体をアヴァロンのネストで直して貰い、戻ったビルドダイバーズだったが…

GBN-SOS!
 胴体やガンダムヘッドなど、当初、デビルガンダムの改造型だったはずのレイドボス
 しかし、胴体や頭部など、「アルヴァアロン(アルヴァトーレ)」
 00第1期ラスボスベースらしい機体へ!

 このまま世界は、私色に染め上げられてしまうのか? 次回最終回!

 最終決戦は暴走ボス!
 奴を倒さなければ、サラを転送する事は出来ない!!

 出撃、ガンプラ連合まったなし!

予告リク『あれは…、レイドボス!?』

00523

 リク「あれは、レイドボス?! 
 コーイチ「バグの影響で、凶暴化している!?

 トーリ「タワーに取り付いて、サラの電送が行えません!

 アヤメ「となれば、やるべき事は一つ!
 モモ「あいつを倒して! サラちゃんを助けよう!
 ユッキー「キョウヤさん達も協力してくれるって!

 サラ「ありがとう皆…、私、生まれてきて良かった!

 リク「次回、新しい世界」
 リク「作るんだ、俺達、皆の力で!


00524
00528
00529
00530
00531
 次回、待望のリアルマギーさん登場! サラが「GBNにダイブする」

新しい世界 
 予告で、既にサラがリアル体を得てるらしき描写があり、問題はその先か。
 レイドボスに対し、スーパーショックガンダムに絆ガンダム 
 ツカサのノーネイムまで乱入!

 約束されたキョウヤとロンメル、贖罪と言わんばかりの熱さ!

 予告で、既にレイドボスが倒されているも同然なあたり
 オーバーキルな決戦ですね!

 次回、果たして何を見せてくれるのでしょうか

ラスボスは漆黒の金色大使? デビル・アルヴァアロン出陣へ

00289
00517
 当初公開されていたレイドボスは、Gガンダムのデビルガンダムが原型
 しかし暴走で、ガンダム00での「MA合体型MS」アルヴァアロンが
 MA、アルヴァトーレと合体した姿をベースにし
 更に禍々しくなった姿に

 その威容は、まさにヴァル・ヴァロだぞぉ! と言いたくなるものであった

感想追記

 キョウヤの回答「救世主」としてのガンダム
 リクの全力「トランザムインフィニティ」
 余談:デスティニーガンダムの「光の翼」とは   

特殊機構FXプロージョン! “救世主”としてのガンダム

81gwriLWX6L__SL1500_
00103
 リクはその蒼い輝きから、AGE系列の最終型FXの、“FXバースト”と察した

AGE-IIMG ガンダムAGE-IIマグナム(SV ver.)
 機動力を爆発的に増大、余剰エネルギーを、ビーム・サーベルとして全身から“排出”!
 攻撃精度が下がる難点に、敵も守りたいと思ったキオは躊躇った機能を
 キョウヤは“FXプロージョン”として搭載へ
 
 劇中では名乗らなかったものの、機体名にSV、“救世主”冠した

 AGEでの主人公達が目指した形“救世主”
 余談ですがAGE-2のアセムは、“時間と犠牲を伴う軟着陸”が答え

 前回コメントで頂きましたが、AGE系改造でまとめられているのも大きな特徴か

 歩行より機動性を重視した足や、新たなビットもAGE系に存在するもの。

リク独自改造、トランザムインフィニティと“ハイヤーザンスカイフェイズ”

00356
00359
00366
00125
00126
 ライフルに粒子をまとわせ、光の弓矢とする派生技も披露した

トランザムインフィニティ
 リクの改造、GN粒子を、ウイングユニット(デスティニー由来)経由で生成した光の翼
 00、デスティニーのソレとも違う、いわば「GN光の翼」を生み出すのが
 リク版“光の翼”だった

 粒子解放で性能向上させるトランザム、“解放”をウィングユニットで加速

 これがトランザムインフィニティ
 トランザムを越えた、更なる性能向上を実現するものとも判明

 また機体内部の、高濃度粒子循環速度が限界まで高まると、機体表面の輝きが青に

 粒子の、超高速循環状態が“ハイヤーザンスカイフェイズ”なのだという

青トランザム状態とは、内部を超高速でエネルギーが行き渡っている状態

00370
 もちろん原典にはない“段階”で、リクはこれをハイヤーザンスカイフェイズ
 直訳で、「空より高く(という段階)」と名付け
 切り札としました

 内部流路へのダメージも計り知れず、タイガー戦での自滅も納得というワケですね

余談。デスティニーガンダムのウィングユニットとは

51WQA14NTVL
 惑星間航行用推進システム、ヴォワチュール・リュミエールを転用した技術

光の翼
 本来、太陽風という、太陽が自然発生させる粒子(実在)を推力に変換する技術
 推進剤を使わないので、惑星間航行が容易となるシステムですが
 デスティニー等は、レーザー光をブチ当てる事で
 莫大な推進力を獲得

 難点の大電力は、ハイパーデュートリオン(核とのハイブリッド)で無限に供給

 推力が高すぎることから操縦難度も非常に高いが
 更にミラージュコロイドを広域散布、超高機動と同時に残像を形成する事も出来たとされる

 理屈の上では、視覚的・電子的に、敵から補足されなくなるという。

2018年9月18日 ガンダムビルドダイバーズ 第24話「決戦」

00379
 この熱さは、やっぱり黒田氏脚本ね!

スタッフ
 脚本:黒田洋介
 絵コンテ:西澤 晋、斉藤哲人、寺岡 巌
 演出:池野昭二
 キャラクター作画監督:西田亜沙子、牧 孝雄、むらせまいこ
 キャラクター作画監督協力:斎藤 香/メカ作画監督:大張正己、松田 寛、平岡雅樹
 アニメ制作:サンライズ
 原作:オリジナルアニメ

あらすじ
 第二次有志連合戦も佳境に突入し、遂にリクとクジョウ・キョウヤが相まみえる。目標としていたチャンピオンとかつて交わした約束を思いだし、迷いを見せるリク。しかし、キョウヤはあくまで1人のダイバーとしてリクに厳しい言葉をかける。

次回、レイドボス相手にガンプラ連合出撃! フルボッコすぎて尺が足りない!?

00367
00371
00373
 皆がサラへの想いを語るシーン、卒業式か何かみたい

徹底的に厚い壁!
 最後の突撃戦まで、ほぼ冷静さを崩さず、仁王立ちで対処し続けたキョウヤ
 自分を、「たいしたことのない障害」と捉えてるのが彼らしいですね
 実際、問題はサラ救出なのですから

 GBNを賭けてもいいか、皆に納得してもらう為の戦い

 キョウヤが強ければ強いほど効果が上がる
 全力で敵対する事で、「あんなに強いのをやっつけたんじゃ仕方ない」となる

 これはキョウヤこそ敵を演じ、リク達に感情移入させる戦い?

 その点、彼が最後まで、“味方してくれた”ように思えて、キョウヤらしいと感じました。

 次回、ガンダムビルドダイバーズ 第25話「新しい世界【最終回】」

ガンダムビルドダイバーズ 第24話 感想

 決戦
 Aパート「叶わぬ願いなら」
 遊びだからこそ
 有志連合vsビルドダイバーズ
 FXプロージョン
 Bパート「それが百鬼の掟」
 キョウヤが見たいもの
 今週のコーラサワー、「僕たち自身はこうしたい」
 俺達の“好き”を諦めない
 可能性の光、未来の光、ビルダーだから!
 予告
 感想追記  
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る


 主役機:MG ポリポッドボール
 主役機:MG ガンダムストームブリンガー
 GBWC Episode.0-A Fight for your right(to party) 〜心の準備はいいかい?〜
 GBWC Episode.0-B kickstart my heart 〜闘志ってヤツを蹴り上げろ!〜
 GBWC Episode.1-A Are you gonna go my way 〜 自由への疾走 〜
 GBWC Episode.1-B Heart of Glass 〜 割れたこころ 〜
 GBWC Episode.1-C Wish You Were Here 〜 あなたがそばにいて欲しい 〜
 GBWC 第1話「ヨシ/ゼータキュアノス」
 GBWC Episode.2-A we built this city 〜 街をつくる男 〜
 GBWC Episode.2-B No more lonely nights 〜 ひとりぼっちの夜はもう……!〜
 GBWC Episode.2-C Here I go again 〜 また、はじめるぜ 〜
 GBWC Episode 2-D Girls Just Want To Have Fun 〜 女の子は楽しみたいの! 〜


 ガンダムビルドダイバーズ プロローグ
 ガンダムビルドダイバーズ 第1話「Welcome to GBN」
 ガンダムビルドダイバーズ 第2話「百鬼オーガ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第3話「守る者」
 ガンダムビルドダイバーズ 第4話「霊山の虎狼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第5話「聖地・ペリシア」
 ガンダムビルドダイバーズ 第6話「過去と未来」
 ガンダムビルドダイバーズ 第7話「フォース戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第8話「フェス!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第9話「オーガ再び」
 ガンダムビルドダイバーズ 第10話「有志連合」
 ガンダムビルドダイバーズ 第11話「アヤメの涙」
 ガンダムビルドダイバーズ 第12話「光る翼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第13話「決闘 -デュエル-」
 ガンダムビルドダイバーズ 第14話「新しい力」
 ガンダムビルドダイバーズ 第15話「ロータス・チャレンジ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第16話「再会、友よ」
 ガンダムビルドダイバーズ 特別編「夏だ!ガンプラバトルにダイブ!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第17話「共同戦線」
 ガンダムビルドダイバーズ 第18話「男の意地」
 ガンダムビルドダイバーズ 第19話「ナデシコアスロン」
 ガンダムビルドダイバーズ 第20話「真実」
 ガンダムビルドダイバーズ 第21話「君の想い」
 ガンダムビルドダイバーズ 第22話「誓う心」
 ガンダムビルドダイバーズ 第23話「宿命の二人」
 ガンダムビルドダイバーズ 第24話「決戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第25話「新しい世界【最終回】」