公式サイト ゆらぎ荘の幽奈さん 第9話 感想 ゆらぎ荘の千紗希さん レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 18時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
謎の光が大活躍! 女子力、温泉、浴衣にコスプレ、全裸、ときめく乙女の千紗希回!

00628
00711
00814
男は怖いと育てられた千紗希さんの前で、コガラシさんってば、また心に刺さる一言を。
 前半は、女性陣を圧倒した千紗希さん、女子会コスプレが可愛い!!
 後半、ピタゴラスイッチなパニックも面白かった!
 完全包囲じゃないですか!

 ガチで惚れあう女としかしない、その一言に、千紗希さんこそガチ惚れてく感じ!

狭霧さん大パニック回
 背中合わせに寝るだけで、パニックに陥る純情さが青春…、それで終わらないですが。
 肌色率も高いけど、私服、アンミラ制服も可愛いし千紗希さん最高ですね
 惚れさせる、という朧さんの男らしさも素敵
 さすが日本刀。

 ヒロイン勢を次々撃墜、おっぱいを揉む! 千紗希さんが主人公だコレ!! 

ゆらぎ荘の幽奈さん 第9話 感想

00694
 ゆらぎ荘の千紗希さん
 Aパート「千紗希さんと女子力」
 温泉にて
 幽奈の部屋にて
 呑子さん直伝悩殺術
 アイキャッチ「千紗希とゆらぎ荘の夜」
 Bパート「寝相悪すぎ幽奈さん」
 それはそれで大問題だよ?
 夢なら、なにしても良いよね?
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想

寝ぼけた面々に絡まれ、独りパニックに陥る千紗希ちゃん可愛い!

00688
 最初、距離が近付きドキドキするのも実に純情、可憐でしたねえ

あらすじ
 約束通り、ゆらぎ荘に遊びに来た千紗希。生憎コガラシはバイトで留守をするが
 千紗希は我知らず、溢れる女子力でゆらぎ荘の面々を次々撃墜
 特に狭霧を落ち込ませる

 コガラシ不在の為、こゆずと一緒に、幽奈の部屋に泊まる千紗希

 寝相の悪い幽奈と、間の悪いコガラシに挟まれ大パニックに陥るが
 結果的に“彼の貞操観念”を知る事に

 朧もまた、コガラシのガチで好きあう女しか抱かない”、という言葉を受け取めて…?

 次回、ゆらぎ荘の幽奈さん 第10話「攻め過ぎる狭霧さん/臨海学校とコガラシくん」

千紗希『ここが、幽奈さん達の住んでいる…、ゆらぎ荘!』

00417
 前回、呑子と夜々も駆けつけ、黒龍神・玄士郎から幽奈奪還に成功
 際し、コガラシの霊力は神霊級にも比肩すると判明し
 龍雅家の朧はある事を思いつく

 彼女はコガラシの子を孕み、龍雅家をより高めようとゆらぎ荘に押しかける

『このあたりじゃ有名な心霊スポット!』

00419
00420
00421
00423
 だけど今思えば、噂の幽霊って幽奈さんの事だったんだなー…

もう何も怖くない 怖くはない
 週末、ゆらぎ荘を訪れた千紗希ちゃん、幽霊の正体見たりということで
 張り切って訪れました!
 が

 怖くなんて…、ない! でも……

 頭で解ってても、身体は正直だから仕方ないですよね
 有名な心霊スポットですから。

 千紗希ちゃん私服モード! (おっぱいにより)盛り上がってますね!

『週末、ゆらぎ荘に遊びにいってもいいかな?』

00425
 元はといえば、千紗希さんからイキたいと言って訪れたそうで。
 また何より、「友達」を恐れるような子じゃないから。
 友情と胸板が厚い子ですから。

 一度決めた約束は破らない、そういうタイプ!
 
千紗希『それに……』

00427
00428
00430
00431
00438
 そりゃあ、あたしは部外者だけどっ!

保護者として
 それにコガラシと幽奈が、同じ部屋でくんずほぐれついやらしく暮らしてる件
 今回、それを確かめる良いチャンスだ
 と

 場合によっては、こゆずちゃんの情操教育に良くないしねっ

 大義名分は我にあり。
 勇んで、女性だらけの魔窟・ゆらぎ荘に挑む千紗希ちゃんですが…。

 そういやこゆずちゃん、見た目通りの年齢なのよね

『ごめんくださーぃ……?』

00439
00440
00442
00447
 冬空くーん!?

玄関開けたら5分でS○X
 曰く、人が空想できるすべての物事は起こりうる現実である、でしたでしょうか
 千紗希の空想は、現実にたやすく敗れたのでした
 と、いう話

 イヤア! 子作りの真っ最中に乱入とかタイミングが良過ぎる!

 英語で言えば、ナイスタイミング!!
 千紗希ちゃん可愛い!

 朧さんさっそく手段を選ばない! 刀剣女子が活劇して乱舞しておる!

コガラシ『ま、待て宮崎!』

00449
 冒頭から謎の光がシャイニングしてますが、「興がそがれた」とあっさり退場
 現代語で言えば、「しらけてしまった」と言って去る朧さん
 物事は諦めが肝心です

 曰く、死角からいきなり押し倒したらしい。まあいやらしい!

こゆず『千紗希ちゃんだー!』

00450
00453
00455
00461
00463
00464
 また、千紗希ちゃんのおっぱいが見られるんだねっ

おっぱい見せて貰ってもよろしいですか?
 これまたアグレッシブなこゆずちゃん! しかし千紗希ちゃん、笑って「後でね」と
 まあ、いやらしい!
 で

 いらっしゃいませー!/ん…? 来客か

 狸として、“大人の女に”化けたいこゆずにとって
 千紗希はおっぱいの師匠

 千紗希も解っているので、「温泉でね?」と返すのがぃ優しい

狭霧『な!?(なんて…、可愛らしい服なんだ?!)』

00465
 先日、“おしゃれ”に目覚めたばかりの狭霧には、宮崎千紗希は眩しかった
 彼女の放つ、おしゃれオーラに圧倒される狭霧
 キラめきの量が違う!

 自分とは格が違う…! わかります

狭霧『(まっくろ…、この差は…? これが“ジョシリョク”の差なのか?)』

00467
00469
00471
00472
00474
 それじゃあオレ、バイトに行ってくるわ。帰るの明日になりそうだっ

狭霧さんは可愛いよ!
 あいにく、コガラシは泊まりこみバイトの為、今場所を欠場する事に
 実は、この学生服“こゆずの術”による間に合わせだ
 と

 ンじゃ宮崎、また学校でな?

 前回、一張羅の学生服、この場合「他に着る物がない服」をボロボロにされ
 少しでも働き、新しい服が欲しいらしい

 今も借金返済中でカネがなく、急な出費は大変です

『というワケで、以上がゆらぎ荘の皆さんです~』

00476
 一通り紹介を終えた千紗希さん、“まだ席に座ってない”のが出来た子です
 触発された狭霧さんが、一張羅に着替える場面も。
 やだもー、狭霧さん可愛い!

※一張羅、この場合「たった一枚の上等な服」。  

『荒覇吐、呑子さん…? …あ、すみません! 好きな漫画さんと同じ名前だったので』

00478
00480
00482
00484
00485
00486
00488
00490
00492
00494
00499
00501
00502
 それなら、あたしのことよ~! 良かったら仕事場、見学してく~♪

とんとん拍子
 意外で納得な繋がり、読者を大切にする呑子さんにも、クリティカルな出会い!
 いっそ、泊まってけとまで言い出す事に
 と

 お泊まり決定打ねっ! ボクも千紗希ちゃんと一緒に寝るっ

 仕事場でも、ツッコミと感動の嵐だったんでしょうね
 コガラシさん不在で溶け込んでる!

 もう結構遅い時間らしく、仲居さんが、夕飯を作ろうと立ち上がるも…

『あ、お手伝いしますっ! ただご馳走になる訳にもいかないので、是非!』

00503

 仲居さん「千紗希さんは、イタリアンがお得意という事で~
 千紗希「皆さんのお口に合うと良いんですが…
 幽奈「お料理、上手なんですねっ

 千紗希「ふ、ふつーだよっ! 家事、手伝ってる程度だから

 夜々「イタリアンのお魚…?


00504
00505
00506
00507
00508
00509
00512
00513
00514
00517
 ほどよくお洒落で可愛らしく、社交的で料理上手、…貴様! 女子力のバケモノかぁ!!

狭霧さんの顔ォ!
 数々のバケモノ退治をしてきた狭霧にとも、未知なる“バケモノ”がそこにあった
 宮崎千紗希、輝かんばかりにシャイニング女子力!
 と
 
 私には彼女が直視できん!/人それぞれよ狭霧っちゃん!

 夜々も一撃篭絡
 ここだけ絵面が、食戟のソーマと化しておった!

※作者のミウラ氏は、ソーマ作画・佐伯氏の師匠だそうな

千紗希『うわぁ~、立派な露天風呂っ!』

00519
 過去最大級の湯気でお送りする集合図、ヒロイン勢揃いの
 大騒動を経て、に痴女う日常回に戻った気がしますね
 玄士郎様、出番ですよ!

 また、千紗希が「幽奈がいる場所」を見分ける場面も
 
千紗希『見えないけど…、なかなかの怪奇現象が起こってるよ?』

00522
00525
00527
00529
00531
00533
00534
 千紗希ちゃんって、何だか完璧よね~、モテるでしょ~?

朧さん、お頼みする
 貴重な、“一般人視点”での幽奈さん入浴シーン、そりゃこうなりますよね
 プール回も、きっとこうだったに違いない。
 で

 冬空を仕留めるに当たって、お前に助言を求めたい

 灰色の青春だった呑子さん、リア充殲滅主義者な面もありますが
 彼女も、素直に認める女子力!

 狭霧っちゃんの中で、千紗希さんの存在感がえらい事に! 狭霧さんの中で!

千紗希『(このヒト…、さっきの!)』

00537

 千紗希「そ、そうだね! あたしはそういうの、あんまり解んないけど
 千紗希「体で迫るのは、ちょっと違うんじゃないかな!
 千紗希「いくら冬空くんが好きだからって…

 朧「ン? いや、恋慕の情などないが?

 朧「私は冬空と、子作りがしたいだけだ


00538

 千紗希「な、何言ってんの!? け、結婚したいって事!?
 朧「私の目的は、あくまで冬空の強大な力を龍雅家にもたらす事
 朧「伴侶になるつもりなど、毛頭ない

 朧「私は妾くらいがちょうどいい

 千紗希「愛人志望ォ!?

 千紗希「ダメだよそんな考えサイテーだよ朧さん!? 相手の?!


00539
00541
00544
00545
00546
00548
00549
00550
 何気に仲居さんが真っ赤に。内心、13歳級メンタルだからでしょうか

また毛頭の話してる…
 孕むわ! と衝撃発言で加入した朧さんと、作中、屈指の常識人である千紗希さん
 思えば出会いは運命で、英語で言うとデスティニーだったと
 と

 真面目な子ね~/アレがマトモな反応というものですよ…

 狭霧さんにも奇妙な共感。
 また朧さん、霊的にも、女子力的にも、“強者”に対しては素直なんですね

 ものっそい、ブン回されてる神刀かわいい。

千紗希『え? 幽奈さんも布団で寝るんだー?』

00553
00554
00555
00557
00568
00569
00570
00571
 幽奈さんって、幽霊というより、透明人間だよね~

ピンク・レディー
 後はお馴染み、コガラシルームで浴衣姿! 浴衣姿でも女子力に溢れている!
 幽奈は、霊というより透明人間とは言い得て妙
 で

 なんか…、触っていて気持ちいい…、柔らかくてすべすべ…

 細かいことはさておき
 年がら年中、温泉に浸かっていればこうもなろう! という肌なのか

 見えないから触れ合う、それが一番の“対話方”

幽奈『あっ…、千紗希さん! そこは……』

00572
 お察しの通り、そのまま、おっぱいを揉んでしまった千紗希さん
 幽奈さんも、敢えてツッコむのも失礼と思ったか
 なすがままにされる事に

 不可解な! 硬い感触がないとは!

こゆず『すごいすごい! 幽奈ちゃんのおっぱいも、千紗希ちゃんと同じくらい大きいね!』

00573
00575
00577
00581
00583
00587
00588
00589
 ご、ごめんなさい!/いえ…、お気になさらずに

私、気になります!
 こゆずがいなければ、どうなっていた事か。そして、こゆずがいるので思わぬ方向に。
 曰く、千紗希の恋バナが聞きたい!
 と

 だって千紗希ちゃん、モテモテなんでしょっ!

 きっと男なんてとっかえひっかえ
 恋愛経験豊富で、恋バナは、北海道の小豆生産量より多いんだろうな、と

 と思うのが普通なのでしょうね。なお

千紗希『ないよそんなの!?

00590
 初恋だってまだだもん…、と、心に至るまで、まっさらと主張していく千紗希さん
 こゆず達が、こんなフウに思ってしまうのと同様に
 母も心配したんでしょうか

 曰く、男は狼なのよ!というアレは、ピンクレディー母によるものらしい
 
こゆず『じゃあ、二人に教えて欲しい事があるんだっ』

00593
00595
 オトコを悩殺する方法をッ! と力強く要請するこゆずさん
 彼女ら狸族は、「人間社会に溶け込む為に」化けるので
 登場時の解説でも、目指すのは社会人
 大人の女性に化けたい様子

 ゆらぎ荘で暮らして、色々学ばせて貰ったとかで…

こゆず『そんな事ないよ、結構うまくなったよ~♪』

00596
00603
00604
00605
00610
 だけど、耳と尻尾がまだ隠せなくてさ~(大人声)

こゆず(大人ver)
 他にも色々隠せてない! でもあと少しなので、“悩殺する技術”も学びたいと
 精神は小学生、身体は大人って色々アブない!
 が

 悩殺する方法なんて、無理だよー、したこともないし…

 人間社会へ送り出す化け狸の風習
 平均学力の低い昔はともかく、現代では分別不足過ぎてアブなすぎる

 やはり教育は大事(迫真)。

こゆず『じゃあさ、呑子ちゃんに教わったのが幾つかあるからさー』

00613
 悩殺なんてやった事ないなら、「教えて貰った方法」をやってみて欲しい
 まるで、セクシーが服を着ず歩いているような呑子直伝
 相手を悩殺する方法!

 それは幽奈にも、ちょっと興味があるというと…

こゆず『うははー♪ ありがとう♪ じゃ、いっくよーっ!』

00616

 元気出してくださーい♪
 私がついてます!

 がんばれ、がんばれっ!

 …どうか、ずっとお傍で…、応援させてください…!


00619
00621
00623
00624
00626
 うん、ボク頑張るよ! 幽奈チ゛ャァァアん!!(こゆず)

がんばれ がんばれ♪
 コスプレじゃねえか! OPでも、毎回披露してるチアガール幽奈さん
 元ネタ、メイドイン呑子さんだったの!?
 で

 って何ですかコレはー!?/呑子先生、どんな趣味を…?!

 千紗希ちゃんが読んでいる少女漫画
 裏側には、先生の趣味と、「リア充死すべし慈悲はない」精神が詰まっているのです

 皆! 作家さんのツイッターは読まないのも手だぞ!!

こゆず『じゃあ次は、千紗希ちゃん♪ お願いっ♪』

00631


 えっ…?!
 ご注文はあたしですか!?

 もう…、お客様だけトクベツ…ですよ?


00628
00632
00634
00635
00637
 ぃやったー! ボクだけ特別特別ぅーー!!(こゆず)

ご注文は土曜日のたわわですか?
 変化を生かした、コスプレイメクラを楽しむ11歳。立派な呑子さん二世だよ!
 あの人、11歳相手に何教えてんの!?
 で

 意味不明だよー!?/はい! もうお終いですよっ! 

 完全に玄士郎様と同じ趣味
 玄士郎さま、初対面時、こゆずも連れてった方が良かったんでしょうね

 多分、朧には理解できない世界がそこにある!

こゆず『もー、一つだけお願いっ♪』

00638


 千紗希「あ、あたし達のこと…
 幽奈「スキにして、いいですよ…… 

 こゆず「ブラボーだよ千紗希ちゃん、幽奈ちゃん!!

 こゆず「これなら、どんなオトコでもイチコロだよ!


00640
00641
00643
00644
00645
 ねえねえ、こんな感じだったよねー?

東京都が黙ってませんぜ
 締めはネグリジェでの誘惑を試してもらい、多いに学んだこゆずは自ら実践
 学問とは、学び実践する事に意義があるんですね
 わかります

 こうして、ゆらぎ荘の夜は更けていった…(ナレーション)

 なお「コガラシくんが喜ぶ」と、こゆずが煽ってしまった為
 幽奈さんがヤりかねない模様

 しかしまあ、フィギュア化してくださいと言わんばかりであった…!

アイキャッチは、襲われる千紗希さん

00646
 完全にスマートブックこゆずによる、怒涛のコスプレパートというか
 こゆずのリアクションがまた面白かったですね!
 やっぱりすげえよコユズは!

 そしてBパートは、この絵面的な…。 

深夜24時の千紗希『何だか、寝苦しいような…?』

00647
00648
00649
00651
00652
00654
00658
 これってもしかして幽奈さん!? 寝相悪すぎだよ幽奈さーん!?

なんだ ただのおっぱいか
 夜中、悪霊旅館での夜に、「金縛り!?」と緊張してしまった千紗希さん
 しかし、幽奈と気付くや隣に寝かせてあげて…
 と

 これで…、良いのかな? …よしっ

 実に人の良い子である
 無敵っぷりといい、エロハプニングといいちょっとした主人公

 実際、この回は千紗希ちゃんが主人公。

千紗希『(あ、あれ? ちょっと待って!?)』

00662

 あ、あれ?
 ちょっと待って!?
 今日はあたしだったけど、普段はここに冬空くんが寝てるんだよね…?

 ということは…、

 冬空くんにもこんな風に?! 無防備すぎるよ幽奈さん!


00663

 ここって、幽奈さんの部屋だけど
 冬空君の部屋でもある訳で…
 もしかして…

 オトコノコの部屋にお泊まり、って事になるんじゃ…!?


00664
00665
00666
00669
00671
00675
00676
00678
00679
 ただいまー…、ふああ……。…? こゆず、か?

ナンデ?!
 持ち前の明晰な頭脳で、コガラシと幽奈の、いやらしい日常を察する千紗希
 しかも、考えてみれば男の部屋に泊まっていて
 と

 おやすみー…/ええええええええええ!?

 更に男の生着替えから
 男と隣で一晩過ごす、ダイナミックな新展開が待っていたのだ…、と

 コガラシさん頑張って、早めにバイトを終わらせたらしい

千紗希『(ど、どうしようこの状況…!?)』

00681
00682
 コガラシの性格上、明日までかかる仕事も、“頑張って”取り組んだでしょうし
 能力上、それが早めに片付いてしまうのも予想できますし
 性格上、黙って帰ってくるでしょう
 こっそりと。

 寝静まった24時過ぎ、起こさないよう、静かに帰ってきてしまった、と。

 千紗希が泊まってるだなんて、気付くはずもなかったのです…。

千紗希『(そうだ! 冬空くんに事情を話して、あたしだけ別の部屋で寝かせて貰えば…)』

00685

 もう眠ってるー!?
 寝つき良過ぎだよー!
 ううん…、それだけ疲れてたって事か…

 起こしちゃ可哀想だよね…、でも、それじゃあ……

 朝までこの状態?!


00686
00687
00688
00689
00690
00173
00210
00232
00691
 こ、こんなに男の子と顔が…、近…っ、…あの時みたい

あのとき
 人が良い彼女は、疲れを察して、コガラシを起こすような非道も出来ず。
 やがて、近さに「出会った頃」を思い出すのでした
 と

 案外…、良い人だよね、冬空くんって…。って、何考えてんのあたし!

 幽奈を知って誤解も解けて
 コガラシが、中二でも損得でもなく善意で行動してると知る、学内で数少ない人間に

 ラブコメの波動しか感じない…!

千紗希『(やっぱり早く、ここから出ないと…)』

00692

 千紗希「な、何々?!
 千紗希「何かに掴まれてる?! これって幽奈さん!?

 幽奈「行っちゃだめですよー、こがらしひゃーん…

 幽奈「あれー? なんだか今日のコガラシさんは、やわらかいですねえ…

※千紗希には、幽奈の声は聞こえていません


00694

 そっか! 寝ぼけて冬空くんと間違えてるのかな!
 あたしは冬空くんじゃないよ!
 幽奈さん!

 …あれ? いやいやいや! それはそれで大問題だよ?!

 いつも冬空くんにこんな事してるワケぇ!?


00695

 ふはああああああああああああああああ!?
 お、起きないでよ冬空君!?
 今、起きたら…

 …え?

 ああああああああ!

  コガラシ「やめろよ、ゆーな……
 

00697
00699
00700
00702
00705
00706
00707
00708
00709
00711
00713
00714
00715
00717
00718
00719
 や、…、うそ………?

チサゴラスイッチ
 抜け出そうとした千紗希、幽奈に捕まれ、“コガラシと誤解され”まさぐられ
 パニックに陥った所、寝ぼけたコガラシによりご開帳
 目の前で謎の光状態に

 ここで、幽奈が手を離してしまい、生乳のまま彼の顔面に落下

 幸い、驚異的な柔らかさで、起こさずにこそ済んだものの
 逃げようとしてパンツを掴まれる

 男子の部屋で、気付けば裸。人生って不思議ですね、と

こゆず『ちしゃきちゃん…? …すごい顔してる…?』

00720
00721
 騒ぎでこゆずが起きてしまったものの、気付かせないよう
 必死で、寝かしつけようとする千紗希さん
 試される母性
 おっぱい

 しかし、こゆずも寝ぼけてしまって…

こゆず『そっか…、夢か……』

00724

 そっか…
 夢か…………
 ちさきちゃんのおっぱいが好きすぎて……

 夢なら、なにしても良いよね?

 あーん……


00725
00726
00728
00732
00733
00736
00739
00741
00745
00751
00755
00756
 え?! なななな何で宮崎が?!(コガラシ)

チサゴラスイッチⅡ
 宮崎千紗希は寝たフリした。寝てます、ただ寝相が悪いだけなんですと
 起きてるとバレたら、意図的に座ったと思われてしまう
 なので

 それだけは嫌ぁぁぁああああああああああ!?

 究極の二択じゃねえか!
 寝ぼけたこゆずに、おっぱいを吸われ仰天、彼の顔面に転んでしまった

 イヤア! 人生って不思議に満ちてますね!

千紗希『(今、冬空君の目の前には殆ど裸の女の子が二人…)』

00758

 今、冬空君の目の前には殆ど裸の女の子が二人もいるわけで
 こんなのは…

 いくら冬空君でも、理性を保てるわけ…!?

 あっ…!


00760
00764
00766
00767
00768
00772
00773
 冬空、帰ってきているのか?

一難さってまた女難
 しかし冬空君、千紗希の半裸を鉄の理性でスルー…、直後に朧が夜這いに
 この家、風紀が乱れすぎである
 で

 ナニを読んだ!?/え…、これってまさか…?!

 朧も呑子さんの部屋で“勉強中”
 曰く、寝てる人間の隣でヤる、その方が燃えると聞いてやってきたぞと

 もし起きたら大変、そのスリルが堪らない、と

千紗希『(“男なんてチャンスがあれば、好きじゃなくても襲っちゃうものなのよ!”)』

00775
 これもママの教えで、どんな男相手でも、油断をしてはならないという教え
 相手に、自分への好意なんて、なさそうに見えても
 隙あらば襲われるから注意しなさい
 と

 下半身と脳は別物、かつ朧とは合意、抱いてしまうに違いないと…!

 感情と下半身は別腹です。

朧『今宵こそ、子作りを…』

00776

 朧「今宵こそ、子作りを…
 千紗希「(冬空君だって、男の子なんだし…)」
 朧「シようではないか…

 千紗希「(ちょ、ちょっとー!? ふゆぞらくーん!?)」 


00777

 コガラシ「し…、しねえって!
 朧「ン…、何故だ?
 朧「やはり胸か?

 コガラシ「はぁ!? ンなワケねえだろ!

 朧「では、少年のような見た目だからか? …人間ではないからか?


00781

 そういう理由じゃなくてだな…
 その…

 フツー、わかるだろ?

 ガチで惚れあった女としか、そういう事をする気にはなれねえ。…そんだけだ!


00786

 随分と、純なのだな…。
 まあ、良いだろう

 ならば、惚れさせるまでだ

 ガチとやらでな?


00787
00788
00789
00790
00793
00795
00796
00799
00800
00801
 朧はガチで惚れさせるといい、千紗希は、ガチで惚れ始めるのであった…、的な。

ガチとやらで
 朧の言うとおり純な、コガラシ生来の性格か、はたまた師の教えか両方か
 師匠なら、そもそも、朧のような女性が現れる事もまた
 想定内だったかもですし

 朧は正直に言ってますが、普通なら、騙そうとするでしょうし

 この世に残していく弟子
 コガラシが女に騙され、辛い目に遭わないよう、しっかり教え込んだ

 と考えれば、それもまた筋が通る気もします

千紗希『お世話になりました~』

00802
00804
00807
00812
00813
00814
 なんて書いてあったんだ?

女子力よ さらば
 翌朝、ゆらぎ荘総出で見送られた千紗希は、イタズラっぽい調子で書き置きを残し
 幽奈さんに釘を刺すのでした
 と

 いくら冬空くんでも、いつかその気になっちゃうかもよ

 いくら、と付く信頼感
 今回の一泊は、少なくとも千紗希にとって、信頼を深める結果になりまして…

 そして次回、お約束の臨海学校ですって!

感想追記。コガラシと幽奈の、性活を疑ってしまった千紗希さん

00467
00469
 一方、大きなショックを受けてしまった、狭霧さん(可愛い)の行方は…?

千紗希さん疑う!
 冒頭で疑い、やがて実際に“幽奈の寝相”を体験し、コガラシの現状を知った千紗希
 しかし、“ガチで惚れあった女としかしない”と言い切った彼を
 ひとまず信頼する事になった、と

 コガラシが不在だった事で、かえって彼らの状況を知れたんですね

 ラストの、「いくら冬空くんでも」の一言に信頼感!

その意味で、“朧が住み始めた”事と、重なったのが良かったと

00544
 押しが強く、美人な朧に耐える姿で、コガラシの言葉に説得力が増しますし
 また、「人間じゃないなんて問題じゃない」と呆れた姿で
 また一つ信頼感が増す、と

 幽奈と仲良しな千紗希ちゃんですが、“今”来た事に、大きな価値があったのねー。


公式ツイッターより








































2018年9月8日 ゆらぎ荘の幽奈さん 第9話「ゆらぎ荘の千紗希さん」

00603
 社の代表がゼクシズ制作プロデューサーを兼任する、A-LINE社が制作協力

スタッフ
 脚本:石田健幸
 絵コンテ・演出:大庭秀昭
 作画監督:松本文男、粟井重紀、岡 辰也、冨田佳亨、津熊健徳、齋藤香織
 アニメ制作:XEBEC
 原作:漫画/ミウラタダヒロ/集英社/週刊少年ジャンプ
 制作協力:A-LINE

あらすじ
 こゆずの様子や、コガラシと幽奈の共同生活が気になる千紗希は、週末にゆらぎ荘へ遊びに行くことに。
 コガラシは入れ違いで泊りがけのバイトに出かけてしまうが、ゆらぎ荘の住人達とはすぐに打ち解けて、千紗希のお泊りも決定!
 奔放な朧の言動に驚いたり、大好きな漫画の作者である呑子に出会えて感激したりと楽しい時間を過ごす。
 夜になり、千紗希が幽奈と一緒に二◯四号室で眠っていると、そこに何も知らないコガラシがバイトから帰ってきて…!?

次回、手段を選ばない・狭霧編? 臨海学校で水着回ですね!

00419
00461
00817
00818
 制作協力したA-LINE社は、同じ集英社、ドラゴンボール超などの制作協力も担当。

ゆらぎ荘の千紗希さん
 サブタイ通りに完全主役! バトル回後だけに、ガチに日常回を入れる勇気!
 千紗希ちゃん、色々やらかして可愛かったですね
 私服、おっぱいで浮いてる上着とか!

 そうした目をひく風貌、母の教えで、男性への苦手意識を持つ千紗希

 だからこそ、一時の感情に流されないようにするコガラシに…と
 ラブコメの波動を感じる回でした

 冒頭で疑い、ラストで「いくら冬空君でも」と、信頼に変わっているのが快い。

 次回、ゆらぎ荘の幽奈さん 第10話「攻め過ぎる狭霧さん/臨海学校とコガラシくん」

ゆらぎ荘の幽奈さん 第9話 感想

 ゆらぎ荘の千紗希さん
 Aパート「千紗希さんと女子力」
 温泉にて
 幽奈の部屋にて
 呑子さん直伝悩殺術
 アイキャッチ「千紗希とゆらぎ荘の夜」
 Bパート「寝相悪すぎ幽奈さん」
 それはそれで大問題だよ?
 夢なら、なにしても良いよね?
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る


 ゆらぎ荘の幽奈さん 第1話「ゆらぎ荘の幽奈さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第2話「温泉卓球の幽奈さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第3話「幽奈さん学校へゆく」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第4話「妖怪ウォッチング!狭霧さん/夜々、おそるおそる」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第5話「幽奈さんの身体測定/修羅場の呑子さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第6話「仲居さんの秘密の冒険/幽奈さんと甘い休日」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第7話「幽奈さんと神隠し」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第8話「手段を選ばない朧さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第9話「ゆらぎ荘の千紗希さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第10話「攻め過ぎる狭霧さん/臨海学校とコガラシくん」