公式サイト ヤマノススメ サードシーズン 3期 第10話 感想 すれちがう季節 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 14時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
あおいが“一人で”皆と池袋へ! 別行動でこそ成長するあおい、沈んでいくひなた

00136
00339
00338
カラオケ回、ひなたがいないとダメだったあおい。今度は、彼女抜きで“みんな”と池袋へ!
 あおいと同じ中学と言ってたかすみ、やっぱりずっと同じクラスだったんですね
 通算4年目、あおいの変化を言ってくれた!
 明るくなったと

 他方ひなた、“保護者”を自認するからこそ、寂しいと素直に言えないのでしょうか

かえでさんと「広がる世界」
 コミカルな“かえでとゆうか”も示唆的で、今は嫌な事も、後で選択肢を増やしてくれる
 彼女の勉強と、ひなたの、少し寂しい単独行動って
 多分、本質的に同じ事な気がします
 人生はいつも試練!

 ドドド! ッと寄ってきたかえでさん可愛い! 勉強しろ!!

ヤマノススメ 3期 第10話 感想

 すれちがう季節
 ひなた、聞き間違う
 かえでさんと鬼教師
 かえでさんが勉強してるのは
 今度は忘れないでね?
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想

かすみ『今度は、忘れないでね? よろしくっ』

00296
 ぶしつけだけど、おかげで成長と“失礼”に気付けたあおい。いい出会いだわ

あらすじ
 あおいが、みお・ゆり・かすみと池袋に遊びに行く事になり、ひなたは心配する
 しかし、あおいが楽しそうな様子にひなたは少し複雑な想いを抱き
 町を歩いているとかえで、ゆうかと出会った

 かえでが大学進学を決めた理由、選択肢を広げようとする姿に感じ入るひなた

 意外な取り合わせも結構?
 ひなたは考え込むが、あおいの楽しそうなメールに、また深く沈みこむ

 あおいが楽しいならそれでいい、ひなたも頭では解っているのですが…?

 次回、ヤマノススメ サードシーズン 第11話

あおい&ひなた『『いけぶくろ?』』

00004
 前回、あおいがほのかと群馬小旅行を堪能し、ひなたは言い知れぬ思いを抱く
 別に、いつも一緒でいるべきだなんてひなたも思っていない
 しかし素直な気持ちで居られなくなった

 バイトに、群馬に、あおいが“外”へと開いていく一方、ひなたは…?

ひなた『でも明日、お父さんとお母さんと映画見にいくんだ~』

00005
00008
00011
00013
00014
00018
00022
 あおいちゃんは?

池袋にいこう!
 みおとゆり、かすみの三羽烏に、一緒に池袋に行こうと誘われたあおいとひなた
 先日、みおにカラオケに誘われた時と同じ構図です
 が

 ひなたが居ないんだったら、どうしよう…?

 前回と違いひなたが居ない!
 ひなたが、「あ、このあいだ行った」と、いちいち反応するのも小憎らしい!

 ひなた自身は、クッソ寂しがってたクセに!

脳内ひなた『えー? 私がいないと遊びにも行けないのぉ?』

00023
 ですがあおいのガイア脳内ひなたは嘲笑するのです、あたしがいないとダメ?
 ひなたが居ないと、あおいは遊びに行くことも出来ない!
 ダメ山ダメ子なのですか?
 と

 いや実際、こういう台詞を言いそうだけど!

あおい『いくっ!

00027
00028
00032
00034
 やったぁ!

ああ、川の流れのように
 ひなたに負けたくない! そう思ったあおいは、征く! と力強く返事!!
 成長した! あおいが第二次性徴した!
 が

 じゃあ、明日の十時に飯能駅に集合ねっ

 むしろひなたはショック
 いつものように、「あおいが断り、それをネタにからかう流れ」と思ってたのでしょうか

 あおいの挑戦が、ひなたにクリティカル!

ひなた『池袋のクレープ、美味しかったよ~♪』

00037
00039
00041
00043
00045
00047
00052
00055
 あのさ…/ひな…/何?

河を渡る
 実際、不安でいっぱいで、生返事を繰り返すあおいに声をかけようとするひなた
 しかし声がカブって、言い出せないままに別れる事に
 と

 まあ…、いっか

 ちょうど川を渡る、あおいにとって一つの分水嶺になりましたね
 声をかけてれば「いつも通り」だった。

 でも、あおいは進み始めた、この果てしない男坂「ぼっち卒業」への道を…!

ひなた『んー…、おはよー』

00056
 翌朝、「あおいに渡せなかった池袋みやげ」を意味深に描写
 置き出したひなたですが、母の姿は見えません。
 実は、誤解してたんですね

 映画に行くのは日曜日! 今日は土曜日! This is 聞き間違い!!

父『人の話、ちゃんと聞いとけ! 俺も今日は、午後から仕事だ』

00059
00061
00066
00068
00070
00073
00082
00084
00087
00089
00091
 えー? 土曜日と日曜日間違えてた? そそっかしんだから♪ ぷぷぷ♪(脳内あおい)

ひなたのコーヒーは苦い
 こっちもガイア脳内が囁いてる! 寝過ごしたひなた、既に10時半に近かった!
 10時集合、と話していたのを聞いていますから
 今からじゃ遅い

 何より、こんな恥ずかしいこと、あおいには話せないと意地を張るひなた

 言うは一瞬の恥
 言わぬは、一日の寂しさ、って奴でしたねー。

 もしここで電話してれば、後から合流し、楽しく「いつも通り」だったのでしょうけど

ひなた『どっか、出かけちゃったかなぁ…』

00096
 ここな様に電話しますが、あいにくと、飯能の小天狗はおでかけ中
 もう昼前だし、山に登るなり図書館に行くなり
 むーまちゃんを襲うなり。

 ここなちゃんが、この時間に家に居るはずがなかったのだ…!

ひなた『あおい大丈夫かな…、メッセージでも送ってやるか!』

00097
00099
00100
00104
00113
00115
00118
 今からプラネタリウムだよっ、ひなたは映画見る頃かな?(あおい)

保護者の気持ち
 宙ぶらりんな気持ちのひなた、「どうせ、あおいは困ってるんだろう」と思ったら…
 思った以上に、楽しくリア充を満喫しておったのじゃ…
 と

 楽しそうで、良かったよかったっ!

 自分がいないと、きっとあおいはダメだろう。
 そんな自負が崩れていくひなた

 実際、今まではダメでしたし、ダメダメダメでしたが、成長しているんですねえ…

ひなた『かえでさん! …と?』

00127
 そこで出会ったのがゆうか、そういやまだ出会った事がなかったらしい
 作中、あおいとひなたが“再会”してまだ半年。
 意外ですがそうでした。

 アニメ初回から、もう五年目なのにね!

『ン…? かえでさん、今日は、可愛い服着てますね? どこかいくんですか?』

00130
00132
00134
00135
00136
00137
00138
00139
00154
00155
00157
00160
00164
00165
00166
00168
 かえでさんの目が死んでる…(ひなた)

図書館帰りです
 あおいサイドでお馴染みですが、ひなたは、“かえでさんが勉強地獄”と知らなかった!
 知ってはいても、ここまで参っているとは知らなかったのだ!
 と 

 そうだ! ひなたちゃんも来ない!?

 スタッフさん、かえでさん好き過ぎじゃない!?
 何このアクション?!

 目が死んでる…、からのドドド! と寄ってくる動きすっげえ!!

ひなた『え、でも勉強の邪魔じゃ…?』

00173

 ぜんっぜん!
 むしろ、居てくれたほうが、ゆうかが手加減してくれるかもしれないし…

 もー、スパルタなの!
 鬼よ!

 鬼教師なのよおおおおおおおお!!!

   鬼「鬼がどうしたって?」 


00174
00179
00181
00183
 あっはははははは♪

ゆうかバックアタック!
 前期中盤で登場し、ぐいぐい存在感を増すデーモン・ゆうかさんいいよね…
 先日、バイト回での開放かえでさんとは真逆に
 すっかり参ってる!

 作中割と無敵な感じだったかえでさん、これはこれで可愛すぎるから!

 ちょっとズレてるけど凄い人
 そんなイメージでしたが、ゆうか登場以降、ガミガミ言われる姿が可愛い!

 秋服のセーターも、可愛すぎるからちきしょう!

みお『プラネタリウム、綺麗だったね~♪』

00184
 先日、ひなたがめちゃくちゃ落ちこんだクレープ屋さんの前
 プラネタリウム、VRと一通り遊んだあおい達は
 とっても盛り上がっていた!

 八重歯のモブが可愛く、右端のモブの子がエロいですね(迫真)

あおい『すごいっていうか、こわかったよ……、ほんとうに空飛んでるみたいで…』

00185
00187
00193
00195
00198
00204
00206
00211
 実は途中から、ずっと目を瞑ってたの……

可愛いのは貴様だ!
 プラネタリウムにVR、池袋でVR、ヴァーチャル・リアリティを楽しんだあおい
 しかし、高所恐怖症のあおいにはキツかったらしい
 と 

 ま、あおいも成長したって事かな?(ひなた)

 視聴者的には「いつものあおい」。
 対し、ひなたは、自分がいなくてもやっていけてるんだな、とスーパー上から目線!

 ただの強がりですが、あおいとひなたって似た者同士ですねえ

かえで『ひなたちゃん、お待たせ~』

00214
 結局、勉強会に付き合ったひなたですが、生憎とおせんべいしかなかった。
 コーヒーと、お茶請けにおせんべい
 不思議な取り合わせ

「コーヒー」と「おせんべい」ッ!

 この世にこれほど相性のいいものがあるだろうかッ!?

ひなた『それって、かえでさんとゆうかさんみたいですね?』

00216

 ひなた「それって、かえでさんとゆうかさんみたいですね
 ひなた「“意外な取り合わせ”

 ゆうか「本当…、どうしてかしら……

 かえで「意外な取り合わせも結構…
 ゆうか「良いから勉強!

 ゆうか「昨日の続きからっ!
 かえで「へーい
 ゆうか「返事はハイ!
 かえで「はぁ~い


00217
00220
00221
00222
00223
00227
00228
00232
00233
00235
 あはは、何だかゆうかさん、先生みたいです♪

あおいも言ってた
 意外な取り合わせを発端にお説教が始まり、ひなたならずとも笑ってしまいますが
 あおいも、かえでさんも「ゆうかは教師向きだ」
 と

 私と違って周りが見えてるし、今だって私が放っておけなくて勉強見てくれてるし

 周りが見えないこと。
 大概こなしちゃう、かえでさんの“欠点”ですものね

 でもしかし、スムーズに褒めてしまうかえでさんも大概すごい

ひなた『かえでさんが、勉強してるのは…?』

00238

 かえで「うん、私、大学に行くって決めたのっ
 ひなた「大学…、大学で何するんですか?

 かえで「具体的に、何がやりたいか決まってる訳じゃないんだけどね?
 

00243

 でも
 だからこそ、大学に行こうと決めたの。
 良い大学に入れたら、それだけ将来の選択肢も広がると思うし

 いつか、“本当にやりたい事”が見つかった時に、後悔しない為に。

 それにもちろん、ずっと山登りを続ける為にね?


00248
00250
00253
00258
00261
00262
 はいはいおしゃべりはそこまで! 勉強始めましょう?

でもだからこそ
 学費はバカ高いですし、日本の教育システムへの疑問は叫ばれて久しいですが
 現実問題、学歴も、それにより広く学んでおくことも。
 今が、いつかに繋がるからと。  

 変わった組み合わせ…、か

 やりたい事が明確にあれば、大学になんか行かなくても良いのでしょう
 もちろん、ちゃんと学ぶ意識自体が大切
 縁や想い出も大切

 第一、社会人になった後に大学に入りなおすのは、何より難しいですしねえ

あおい『(ひなた、お土産喜んでくれるかなぁ…)』

00266
 他方、あおいはあおいで、めっちゃひなたを気にかけており
 ぶっちゃけ、ひなたの疎外感こそ独り相撲
 ワンマン・スモー状態

 でもだからこそ、あおい側は思わぬ“出会い”、成長を感じる事に

『あ、見てみて!』『あ…、富士山!』

00267

 あおいちゃん、明るくなったね?
 昔はインドアで、おどおどしてたのに。

 登山、始めたから?

 …中学の時、一緒のクラスだったの覚えてない?


00274
00275
00278
00285
00286
00289
00291

 あおい「ごめんなさい!? 何年生の時に一緒だったの?
 かすみ「三年間
 あおい「マジで?!

 あおい「なんとお詫びを言っていいか…!?」


00294

 中学の時は、近寄り難いオーラ出してたけど、でも今は話しかけやすくなった
 今度は、忘れないでね?
 よろしく

  あおい「こ、こちらこそよろしく!? ほ、ホントにごめんね!


00295
00296
00297
00302
00303
00305
 かすみちゃん、ズバズバ言うけど悪い人じゃないから、気にしないでね?

うんっ!
 帰り道、先日ひなたがそうだったように、富士山に目を留めるあおい達でしたが
 あおいが、はきはきと登山の事について話す姿に
 かすみさんは思うところが。

 今度はよろしく。暗がりから、日が差していく笑顔眩い。

 中学時代、独りで暗がりにいたあおいが
 今、明るい中にいるように。

 ちょっとコミカルで、“もう変わっている”、と感じさせる眩さだった!

ひなた『おっ……、あおい。……あのみみずく』

00310
 他方、ひなたはまたも帰り道であおいに出会うも
 今度は、やっぱり声をかける事が出来ず
 距離を広げるばかりに。

 あおいは、ひなたにお土産を買っているんですが…。

『また学校でねー』『もう忘れないでねー?』『大丈夫だよ~』

00314
00321
00323
00326
00329
00334
00336
 なんでだろう…、声かけられなかった……

なんでだろう
 しつっこく、「忘れないで」というかすみちゃんが笑えますが
 あおいさんの挑戦は大成功に終わりましたし
 思いは一つです

 あおいもひなたも、池袋みやげに選んだのは、同じみみずくでした

 前回、同じ景色を撮っていたみたいに
 気持ちは同じ

 ひなたもそこは解るはず…、ですが距離感を感じる事に

ひなた『なんでだろう…、あおいが楽しかったなら良いじゃん』

00338
00339
00341
00344
00348
 それなのに…

ひなたの我がまま
 第7話、或いは6話から続く、あおいの成長シリーズは、一つの頂点を迎えた!
 ほのか達と違い、あおいは三人に苦手意識があったんですから
 が

 あおいの馬鹿っ(と、水中で言うひなた)

 多分ですが、あおいの馬鹿、と口に出して言えない。
 言ったら否定する事になるから。

 あおいは成長してる、“バカ!”と思うのは、ひなたの我侭だと解ってるんでしょうね

本当に空を飛んでいるようなVR? あおいin池袋でしたグフォフォフォ!

00193
00011
 どうもあおいさん、「空を飛ぶ感覚や高さを存分に楽しむ」VRに参加したらしい

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台
 TOKYO弾丸フライト
 スウィングコースター
 SKYエスケープ~高所恐怖体験~

 また「ウルトラ逆バンジー」「オバケリアVR クリーピングテラー」「恐竜戯画」

 人間大砲で展望台を飛び出し、未来の東京の名所を巡るバーチャルツアー
 ブランコ型コースターで、池袋の街を上空から疾走!
 ビル屋上から、敵を倒して脱出!

 これら、“まるで空の上にいる”かのような、各種VRアトラクションが楽しめるのだそうな

公式ツイッターより











































2018年9月3日 ヤマノススメ サードシーズン 第10話「すれちがう季節」

00087
 第2話、登山靴回で独り原画を務めた「ちな」さんが絵コンテ&演出!

スタッフ
 脚本:ふでやすかずゆき
 絵コンテ&演出:ちな
 作画監督:今岡律之
 総作画監督/キャラデザイン:松尾祐輔
 アニメ制作:エイトビット
 原作:漫画/しろ/アーススター・エンターテイメント/2011年より連載中

あらすじ
 同級生のみおたちに池袋へ遊びに行かないかと誘われたあおい。ひなたにはすでに予定があって一緒に行けないと知り、あおいは遊びに行くかためらうが、みおたちと出かけることに。当日、あおいからの楽しそうなメールを受け取ったひなたは、あおいの楽しそうな様子を見て一抹の寂しさを感じていた。

どんどん沈んでゆくひなた、独特の作画も可愛かった!

00155
00164
00165
00168
 独り原画っぽい回ですが違います。ところどころ、作画カロリーがすっごかった!!

「ちな」さん絵コンテ回
 あおいとひなた、距離がいよいよ開く一方、あおいの成長が著しい第3期!
 だって、ほのか、バイト先での事件とは違って
 今回の3人は「外」の人!

 ひなたがいないとダメだった人たちと、一緒に過ごせたのは成長だ!

 それっぽっちでも、あおいにとっては大きな一歩
 他方ひなたはどんどん沈み…?

 いつもと間逆な構図、後は一気に、登山で仲良しエンドでしょうか

 次回、ヤマノススメ サードシーズン 第11話

ヤマノススメ 3期 第10話 感想

 すれちがう季節
 ひなた、聞き間違う
 かえでさんと鬼教師
 かえでさんが勉強してるのは
 今度は忘れないでね?
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る


 ヤマノススメ サードシーズン 第1話「筑波山で初デート!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第2話「登山靴ってすごいの?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第3話「飯能にアルプス!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第4話「クラスメイトと遊ぼう!」
 ヤマノススメ サードシーズン 第5話「思い出を写そう!」
 ヤマノススメ サードシーズン 第6話「コーヒーってなんの味?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第7話「働かざるもの、登るべからず!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第8話「ふたつの約束」
 ヤマノススメ サードシーズン 第9話「それぞれの景色」
 ヤマノススメ サードシーズン 第10話「すれちがう季節」
 ヤマノススメ サードシーズン 第11話