公式サイト ゆらぎ荘の幽奈さん 第8話 感想 手段を選ばない朧さん レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 17時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
コガラシvs玄士郎様は、“幽霊だからこそ”守れる。龍神事件の思わぬ副産物は…

00444
00471
00222
朧さん大胆! 子作りしようと攫われた後は、子作りしようってヒロインが増えた!
 家の為、強い子が欲しい、だから幽奈を嫁がせようとして失敗した朧さん
 嫁いでくれぬなら、自分が“種”を貰えばイイじゃない!
 何て冷静で的確は判断力なのか

 出番は後発、乳は控えめ、積極性は最大! 朧さんヒロインへ!

下位古代語「えっちで綺麗なお姉さん」
 解決策が“偽成仏”は少々ベタ、しかし、巧みなら自動人形も作れると前振りっぽい台詞も
 夜々、呑子さん登場もですが、玄士郎さまの素直さが一番予想外
 黒龍神ワンパンって、師匠なんなの!?

 私は迷惑じゃないか? 命懸けの救出行は、幽奈の迷いを晴らしてくれる結果に。

ゆらぎ荘の幽奈さん 第8話 感想

00415
 Aパート
 拷問尋問コガラシさん
 コガラシ、本当の強さ
 アイキャッチ「えっちなメイド服の狭霧さん」
 Bパート
 朧の勝算 
 手段を選ばぬ朧さん
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 これまでの感想

コガラシの「霊媒体質で学んでた」シリーズ、霊能力も憑依され学んでいた

00292
 周りを敵視してたコガラシを変えた師匠、どんだけ規格外なcv日笠さんなのか

あらすじ
 幽奈の下へ辿り着いた狭霧は、先代黒龍神から生まれた神刀、朧に阻止される
 彼なりに、穏当に事を済まそうとしていたコガラシだったが
 狭霧、幽奈の悲嘆する姿に激怒

 霊能力の使い方を教えてくれた師を思いだし、黒龍神を一撃する

 朧は、龍雅家の為、黒龍神をも退けたコガラシに抵抗を続けるが
 彼の提案で和解で矛を収める事にした

 彼女はコガラシの子を孕み、龍雅家をより高めようとゆらぎ荘に押しかける

 次回、ゆらぎ荘の幽奈さん 第9話「ゆらぎ荘の千紗希さん」

コガラシ『つうか龍神サマ、幽奈と結婚とか言ってっけど、幽霊と結婚なんて出来ンのか?』

00000
 前回、幽奈は高い霊的素養と美貌により、信濃の黒龍神に攫われてしまった
 幽奈の意思を無視し、己の嫁にするという龍神に
 コガラシ・狭霧・こゆずは挑む

 しかし黒龍神は、誅魔忍が総力でかかっても勝てない“神霊”級で…?

『ハッ! 物を知らぬ愚か者め』

00003
00004
00005
 古代より龍族は、異なる種族より子を成してきた…

ウルトラソウル
 金太郎にもそうした異説があるくらいで、龍といえば“子を授ける怪異”の代表例
 幽霊でも何でも、魂という霊的遺伝子が高いか否かこそが
 龍の嫁に必要だという

 こちらからも一つ…、問いただしたき事がある

 霊的存在でも子を成せる
 物語的にいえば、幽奈とコガラシ、二人のゴールインへの伏線でしょうか

 登場時に幽霊で、後に肉体を取り戻すのもセオリーですが…?

黒龍神『……どこまでだ?』

00008
 対し、ブラックドラゴン様が聞きたいのは、幽奈とどこまでやったか!
 前回は、幽奈の豊満な霊体を揉みしだく様を妄想
 故に彼は聞く!

 幽奈と、せっ…、までヤッたのかと!

『よもや…、せ、接吻までも!?』『してねーよ!

00013
00022
00026
00027
00028
00029
 よし…、こいつの気を引くのは任せとけ!

黒龍寺純情商店街
 古い時代の人で良かった! 幸い、黒龍様の貞操感覚は割としっかりしており
 ナニをした、とカマかけるだけで大パニックに陥ってしまう
 と

 狭霧! 今のうちに幽奈を頼んだぜ!!

 神級だって忘れてない?!
 コガラシの挑発に、コスプレだけで満足するくらい初心な龍神は混乱する

 女と見れば、すぐ種を贈ろうとする龍もいるのに初心だこと!

幽奈『さっきの、コガラシさんの声でしたよね…?』

00030
00035
00036
00038
00040
00044
 どうして…、ここの人たちの恐ろしさ、誅魔忍である狭霧さんなら知ってるはずじゃ

侵入者
 前回、さらわれる際、“追ってこないで”と願いを残した幽奈らしく
 狭霧の救援にも、巻き込む後悔の方が先立った
 と

 知っているとも…/だったら!

 意外にあっさり侵入
 守りは厳重ですが、そもそも入ってこようって命知らずがいない為でしょうか

 龍とか、神さまとケンカできる代表格だし!

『幽奈の危機を看過できるほど、薄情でもないらしい。私も』

00047

 幽奈の危機を看過できるほど、薄情でもないらしい。
 
 私も
 こゆずも
 冬空コガラシもな?

 無論、龍神と戦おうなどと考えていない、その為のさくs


00048
00051
00053
00054
00055
00059
00066
00070
 この人! あの時の!?/子狸…、なるほど、この曲者は貴様の仲間か

霊装結界
 コガラシが提案した作戦とは? ちょうどその話をしかけた
 朧が強襲、いきなり背骨砕きとは物騒な!
 が

 …背骨を砕いたはずだが?

 狭霧の霊装結界
 この服、「ダメージを肩代わりする」と言ったのは伊達ではなかった!

 おっぱいが弾けなければ即死だった…!

『こゆずさん!』

00075
00082
00084
00088
00090
00094
 わずらわしい!

こゆず脱出
 いきなり現れたのは伊達でなく、朧のスピードは狭霧より遥かに上
 忍者の命、機動性で完封してしまった狭霧
 いいようにやられてしまう

 ダメージ自体を衣服が肩代わりする、この仕組みでなければえらいこと!

 反面、斬撃なのに服が一瞬で弾けていくので
 あられもない格好に

 きびしい、さすがニンジャきびしい!

『フハハハ…、良い格好ではないか!』

00097
 他方、コガラシは城主・龍雅玄士郎様により“石抱”の寸前に
 石抱! トゲトゲ板の上に座らせられて
 上から石を乗せる!

 段階的に痛みが増す、ジャパニーズ・トラディショナル・ゴーモンスタイル!

 Oh! ゴーモン! クールジャパーン!!

コガラシ『これってまさか拷問的な…、アレ?』

00100

 貴様が
 さっさと吐かんからよ…

 幽奈とナニしたナニが、どういうナニかとな!!

 さあ! 石を乗せよっ!!


00101
00104
 ヤバい! 思わせぶりに言い過ぎた!?

別名「ソロバン責」
 後悔しきりのコガラシさん! 玄士郎様、怒って龍化するかと思いきや
 ジャパン城主の、古典的な怒りを炸裂させる寸前であった!
 ハハッ、ざまあないぜ!

 石を乗せたら、めっちゃ痛ぇからよ! 乗せるんじゃねえぞ…!!

 コガラシさん、哀れ刑場の露と消える寸前に

朧『玄士郎様、クセモノを捕えました』

00106
 コガラシの奮闘努力の甲斐もなく、「本命」である狭霧が捕まってしまった事
 彼が囮に過ぎず、玄士郎様が陽動に引っかかっていたと告げ
 朧、幽奈もこちらへ合流へ

 狭霧さんこれは痛い、痛いがエロい…!

『なかなかの霊力の持ち主、玄士郎様の側室に迎えてはいかがかと』

00107
00111
00117
00119
00121
00122
 おほぉ…、ごーかーくっ!

側室どうでしょう
 狭霧さん、妙にエロティックに描かれると思っていたら
 側室、セカンド奥方にいかがでしょうか?
 と

 そう言ってくださると思っていました

 この主従ノリノリである
 解っている、朧さんってばよく解っていらっしゃる…!

 コガラシがいなければ、きっとこの後、ゆらぎ荘の面々全員側室だったに違いない

コガラシ『おい、お前ら! あんま勝手言ってんじゃねえよ!』

00124
 コガラシは抗議したが、すぐさま淡水魚人に取り押さえられ
 今は、哀しくも屈するしかない状況
 迂闊に暴れてはいけない

 ただこれは、コガラシ達の計算ミスでもあった、と。

狭霧『冬空コガラシ、ここは退け!』

00126

 あの…、私は、あなた方に従いますから…
 皆さんを帰してあげてください

 コガラシさん、わ、私は龍雅の家に嫁ぎます

 大丈夫ですから
 狭霧さんと、ゆらぎ荘にお帰り下さい…


00130
00131
00132
00139
00141
 うむうむ…、素直なのは良い事だぞ

ご満悦
 龍神は神霊クラス、だからこそ交戦を避ける囮作戦でしたが
 同じく、人間には対応できないような側近がいる…
 と考慮してなかったコガラシ達

 元々無理ゲーなので、敢えて考えなかったというべきなのか

 幽奈に「自分から」こんな事を言わせ
 コガラシは苦しい

 逆に、「幽奈は、既に自分に惚れている」前提の龍神様、ご満悦であった

コガラシ『なあ…、龍神様? 質問に答えようか』

00145

 俺と幽奈は…
 一緒に風呂に入るくらいの中だ

   幽奈「こがらしさん!?
   狭霧「突然、何を!?

   玄士郎様「そうか……」


00146
00147
00151
00155
00160
00162
00165
00167
00169
00171
00172
 コガラシさーん!?/くっ…、あれでは助からん…!

龍神サッカー
 幽奈を“傷つけた”玄士郎様へ、怒りの挑発をブチかましたコガラシさん
 天井へ突き刺さるほどに蹴っ飛ばされてしまって…
 と

 殺めてしまったか。余の怒りはこの程度では収まらんというのに

 むしろ後悔する玄士郎様
 城の高さの、軽く3倍ほどの高さまで勢いを殺さず飛んでった!?

 かつ落下、常識的に生きてたらおかしい…!

幽奈『そんな…、そんな?!』

00174

 玄士郎様「ほぉう…? 生きておったか
 玄士郎様「そういえば、霊能力者だったな、貴様?

 コガラシ「なぁ…、龍神様。今すぐ、幽奈と狭霧を離せ

 コガラシ「でなけりゃ…、力ずくで連れて帰る


00176
00177
00181
00186
00187
 力ずくだと? 人間が? 龍神たる余から? …ふふふ、ははははは!

力ずくで連れ帰る
 本格的にイイ表情をする玄士郎様、周囲も朧も、幽奈さん達でさえも
 一様に、コガラシに勝ち目があるとはとても思えない
 と

 哀れな…/コガラシさん…/何を…?

 あくまで誅魔忍区分の「神」
 しかし日本では、昔から、手に負えなければ“神として祀る”のもお約束!

 そんな神クラスに、コガラシさん勝利宣言…!

玄士郎様『聞け! コガラシとやらッ!!』

00193

 聞け! コガラシとやらッ!!

 この後!
 余は婚姻の儀を執り行い…

 そして! 幽奈と! 狭霧と! しょ、しょ、しょ、初夜を迎えるのだッ!!


00197


 悪霊だろうが神だろうが、関係ねえ!
 俺は以前

 デタラメに強い霊能力者の霊に取り憑かれた事があってな…

 無理やり弟子入りさせられたが
 おかげで、その師匠さえ倒す力を手に入れた…!
 

00198
00200
00201
00205
00208
00209
00210
00211
00212
00215
00216
00222
00224
00226
 オレがブン殴れねえのは、女だけだ!

神さまだってブン殴ってみせらあ!
 ワンパン! コガラシさん得意の、“実は取り憑かれたことがあった”シリーズ
 実は、霊能力も「霊能力者の師匠」に憑依され
 学んだものだったと

 霊媒体質で周りに、大人に嫌われてきた彼が、どうして今の善人となったか

 転機もまた、取り憑かれて学んだ事だったんですね
 師匠は最初から故人!?

 しかし朧こそ、玄士郎の親代わりのようなもので…? 朧さんが怒った!

アイキャッチは、メイド服の狭霧さん

00227
 前回での、幽奈コスプレ祭りを汲むシリーズ。
 着ているのに着てないも同然じゃないか!
 まあいやらしい!
 
 さすがニンジャいやらしい! 

『朧、生まれは違えど、あなたも殿によって生を受けた子。我が子も同然だと思っています』

00228
00229
00230
00231
00238
 もったいなきお言葉にございます、御前様


 実は朧は、玄士郎にとっては、異母姉とも呼ぶべき、ある特殊な生まれをしていた
 彼女は、“弟”の母直々に頼まれたのだ
 と

 承りました。…龍雅家を、強く!

 よくしてくれた方からの頼まれ事
 朧が強引なのは、忠義と、個人的な気持ちが支柱になっているんですね

 朧=月+龍、龍の流れを汲む名前だったのね

コガラシ『悪ィ、作戦カンケーなしにブン殴っちまった』

00239
 親しいと感じたら、性別関係なしに、すぐに呼び捨てにしてしまうなど
 身内には親しげ、でも「他人」には下手に出るコガラシさん
 接客業などもやっている為でしょうか
 下手に刺激するの良くない
 と

 基本、穏当に済ませようとずっと我慢していた様子

朧『ここは私に任せよ、お前達は玄士郎様を。…下郎め!』

00242
00247
00249
00252
00253
00255
00263
00266
00270
 私の本気の斬撃ですら、薄皮一枚切れぬとは! 嫌になるほど頑強だな

余裕の裏側
 正体が、“先代・黒龍神の尾から生まれた神刀”だ、と明かし本気になった朧
 ヤマタノオロチと天叢雲剣の神話がベースだったらしい
 が

 何という重い拳か! …まともに食らっては私では塵も残らぬだろう

 傍目に圧倒している朧が劣勢
 玄士郎様は、何重もの結界によって防御を固め、一撃で破壊されてしまったらしい

 コガラシの出力を前に、朧は一発当たれば終わり!

朧『(…だが、勝算はある)』

00275

 朧「(…だが勝算はある。確かに聞いた)

 朧「女だけは殴れぬと

 コガラシ「お前、女だったのか?!」
 朧「やはり、気付いていなかったのだな!」

 幽奈「コガラシさん、どう見ても女の子じゃないですか!

 狭霧さん「(女だったのか…!?)」


00277
00278
00280
00287
00288
00289
00291
00292
 斬る! 冬空コガラシ、貴様さえ、貴様さえいなければ!!

無理ゲー
 言われてみればその通り、コガラシが殴っていたという事は
 彼は、朧が女だと気付いてなかったのね!
 と 

 より強い龍雅家を成せるのだ!

 狭霧さんがいちいち可愛い
 とまれなるほど、サブタイも納得、確かに手段を選ばない!

 殴られたら一撃死だから仕方ないね!

狭霧『大丈夫だ! おそらくダメージは殆ど負っていない!』

00293
 実はバケモノどころじゃなかったコガラシに、狭霧さんこそ心が苦しい
 以前も、パンチで霧を払うとかムチャクチャやってましたが
 実は彼の方が遥かに格上!

 狭霧がまったく敵わなかった朧相手に、まだ手を出さないコガラシさん
 
朧『貴様さえ居なければ!

00295
00296
00297
00303
00309
00311
00313
00315
00320
00321
00324
 やっほー! 皆元気みたいねえ~♪(呑子さん)

鬼と神
 親方! 洞窟から大江山の鬼の末裔が! 狭霧から連絡を受けており
 呑子さん、車を飛ばして駆けつけたのだという
 曰く
 
 さあ、早く帰りましょう? 仲居さんがお夜食作って待ってるわよ~♪

 さすが酒呑童子の末裔!
 仲居さんは、玄士郎様への“運勢操作”は、一帯大惨事の恐れがあり留守番に

 龍神は水や雨を司るので、周りを巻き込んでしまう

朧『いいや帰さん! お前達全員、龍雅家に嫁ぐがいい!!』

00333

 朧「いいや帰さん! お前達全員、龍雅家に嫁ぐがいい!
 朧「貴様も、龍雅家に嫁ぐがいい!

 コガラシ「言ってること、ムチャクチャになってんぞ!?

 朧「龍雅家の為、これが最善の一手なのだ
 コガラシ「本当にそうか?」


00335

 コガラシ「戦わずに済むなら、それに越した事はねえだろ?
 夜々「戦わずに済むなら…?

 幽奈「た、食べるのもダメですよ?!(淡水魚人さんを)

 コガラシ「アタマ冷やして、考えて見ろよ

 夜々「冷やしてお刺し身で…
 幽奈「お刺し身もダメですー!

 コガラシ「それでも、戦う事が最善の一手だってンなら、相手してやる」


00340
00348
00350
00351
00353

 幼い朧「どのような手段も厭うことなく、龍雅家を強く…!

 現在の朧「(…どのような手段も、厭うことなく)
 朧「なら、戦って従わせる以外の手段もある

 朧「玄士郎を倒すほどの男とやりあうのも、愚策も愚策だな

 朧「しかし、玄士郎様が納得されるかどうか…?
 コガラシ「ああ、それなら! 元々考えてた作戦があるんだが


00355
00357
00363
00369
00372
00373
00374
00379
 お二人は、玄士郎様に見初められた事により、心が満たされ成仏と相成ったのです

ここより永遠に
 どんな手段も選ばない、敗北という恥を受け容れる事もまた選ばないという事か
 なお、幽霊らしい解決策+こゆずによる作戦とは!
 偽の成仏作戦

 成仏とな!?/実は狭霧様も人間霊だったのです/なんと!?

 畳み掛けるきょうがくのじじつ!
 やだもー、なんと! とか素直に信じまくる玄士郎様ってば可愛い!!

 アンタ、霊と幻の見分けもつかんのか!

夜々『でも、こんなので上手く行くの…?』

00382
 初見で幽奈が霊だと見分けた彼に、狭霧が実は霊だったとか無理が…
 コガラシは、「玄士郎様により塵も残さず消滅」し
 既に死亡してる事となった

 またこゆず曰く、上級者なら、“自分で勝手に動く人形も作れる”とフラグを立てた

 わかります、人形系(ロボット系)ヒロイン追加フラグですね。

狭霧『ああ、幽奈だけならまだしも、私も幽霊だったとはさすがに…』

00385
00386
00387
 ンン…、余の寵愛を受け満たされれば、成仏するのは無理からぬこと…!

黄泉の国でも達者でなー!
 素直と助平が服を着て歩いてる玄士郎さまは、この嘘を頭から信じ込み
 無事、事件は(天守閣以外)傷を残すことなく終息へ
 と

 信じたァ!?

 幽奈は玄士郎を愛している
 誤解を、巧みに利用した、見事な作戦だったといわざるをえません

 ひらたくいえば、玄士郎さまが素直で良かった!

幽奈『…実の所、少しだけ、お嫁にいったほうがいいのかな、って思いました』

00391
 事件後、幽奈が洩らしたのは、コガラシにも思うところあった言葉
 前回冒頭、「幽奈の未練は、嫁になる事だったんじゃ?」と
 彼も気にかけていたんですね

 が、問題はそこではなくて。

幽奈『私…、いつもコガラシさんにご迷惑をおかけしてますから』

00395
00398
00400
00401
00408
00411
00412
00414
00415
00417
00419
00421
00423
00426
00429
 言ったよな? 俺がお前を幸せにしてやる!

おつかい終了
 前回冒頭、自分の存在は、コガラシにとって迷惑じゃないか?と悩んでいた幽奈さん
 でも、そもそも迷惑なら助けになんか来ないぞ
 と

 捨て置くわけにはいかない、必ずや貴様を…、仕留めてみせる!

 原点を確かめあった二人
 全員で、呑子さんの飲酒運転でゆらぎ荘に帰宅、めでたしめでたし…!

 ただ今回で、朧さんに目を付けられる結果に。

翌朝のコガラシさん『なんだこれ…? ふにふにで触り心地いい…?』

00432

 あれ…? なんだこれ…? ふにふにで触り心地いい…?
 幽奈が、また俺の布団に!?
 いや

 幽奈にしては…、ちいさい………?

     「おはよう冬空、良い朝だな」


00441
00442
00444
00445
00446
00448
00451
00454
00457
00458
00460
00462
00468
00469
00471
00472
 お前の慣れ親しんだ幽奈様ほどではないが…、どうだ? これはこれで…

ん…、趣がある、とは思わんか?
 後日談というか今回の朝チュン、年上のお姉さんが増えました。しかも積極的です
 ただ、異性関係には疎いというタイプです
 手段は選びません!

 強者たるお前の子供を、授かりに来たのだ。これが私の“最善の一手”だ

 古来、龍は人に恋をしたり子種を授けたりする話がありますが
 逆パターンだってイイじゃない、と

 あ、次回、千紗希さんがゆらぎ荘に来るようです。

感想追記

 完全にラスボスなコガラシさん
 二人のゴールインへ伏線?
 まんまの意味だった“神刀”   

神霊クラスも一撃撃破! ラスボス級なコガラシさん

00211
 いやあジャンプ漫画してましたね!

撃退パンチだコガラシさん
 パンチ以外に除霊能力がなく、強力ながら、極端に偏っているコガラシさんですが
 龍神クラスも、パンチ一発で戦闘不能に追い込むとか
 ラスボスみたいな戦闘力に

 いくら油断してたとはいえ、それで片付くなら「神」なんて呼ばれないでしょうし

 てっきり、玄士郎さまは起き上がってくると思っていたので
 そこも意外でした

 起き上がったら、もう完全にバトル漫画するしかなくなっちゃいますものねー。

霊的存在だろうと、孕ませる事くらい造作もありません

00013
 玄士郎様はあくまで、龍としての価値観で育った人なので、悪気はないんですよね

結婚エンドフラグ?
 幽霊でも孕ませる龍神、ならコガラシさんも、やりよう次第でなんとかなるフラグ?
 フラグというか、「そういう結末も出来るように触れておく」
 くらいなのかもですが。

 ただ、幽霊ヒロインが後に復活、当時の身体を得る…のも漫画的に前例が。

 幽霊ヒロインものも結構ありますが、本作はどんな道を辿るのでしょうね

日本の龍といえば刀? まんま、刀だった朧さん

00255
 古代、ヤマタノオロチを退治した時、その尾から“天叢雲剣”が見つかったという

神刀・朧
 龍雅の一族であり、龍そのものではなく、一族の刀として振舞うヒロイン。
 鍔で、眼帯をしているのも「刀」のイメージだったんですね。 
 あと独眼龍(伊達政宗)とか。

 出自が“物”である為に、余計にああいう性格になんでしょうか

 幽奈と比べれば小さいけど趣がある、いいと思います(迫真)

公式ツイッターより



























2018年9月1日 ゆらぎ荘の幽奈さん 第8話「手段を選ばない朧さん」

00212
 黒龍神様、公式あらすじで既に敗北していたのか…

スタッフ
 脚本:子安秀明
 絵コンテ:矢島竜
 演出:泉明宏
 演出補佐:矢島竜
 作画監督:石本英治、泉明宏、高橋徳詔、優利
 アニメ制作:XEBEC
 原作:漫画/ミウラタダヒロ/集英社/週刊少年ジャンプ
 制作協力:GETSUMEN

あらすじ
 玄士郎に捕まったコガラシは、別行動している狭霧のために時間を稼ごうと、玄士郎を挑発する。
 狭霧は幽奈を見つけ出したものの、朧と交戦状態になり、為す術もなく捕縛されてしまう…。女の子達の気持ちを無視し、幽奈だけでなく狭霧まで嫁にしようとする玄士郎の横暴ぶりを見て、ついにコガラシの怒りも我慢の限界に…!?
 そして黒龍神すら上回るコガラシの霊力を目の当たりにした朧は、一族の繁栄のため、彼の力を手に入れるための大胆な作戦に出るのだった…!

コガラシを性的な意味で狙うヒロイン、朧さん参戦! おーっと!! ここで

00499
00502
00035
00478
 おーっと! ここで千紗希さん、ゆらぎ荘に堂々とリングインだァ!!

なんと破廉恥な!
 公式サイト、キャラ紹介ページで、オチがネタバレされていたヒロイン朧さん回
 玄士郎様ってば、嫁を求めて姉NTRれてるじゃないですか!
 やだもー、龍の王さまってば!

 展開上、朧さんは、玄士郎さまとは連絡最小限になっちゃうんでしょうか

 朧さんがゆらぎ荘に住み込む以上
 玄士郎様も来たがるだろうから、「偽成仏エンド」は少しおかしいかな…?

 とは思ったけど、別にそんな事はなかったぜ!

 次回、ゆらぎ荘の幽奈さん 第9話「ゆらぎ荘の千紗希さん」
トップに戻る

 ゆらぎ荘の幽奈さん 第1話「ゆらぎ荘の幽奈さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第2話「温泉卓球の幽奈さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第3話「幽奈さん学校へゆく」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第4話「妖怪ウォッチング!狭霧さん/夜々、おそるおそる」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第5話「幽奈さんの身体測定/修羅場の呑子さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第6話「仲居さんの秘密の冒険/幽奈さんと甘い休日」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第7話「幽奈さんと神隠し」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第8話「手段を選ばない朧さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第9話「ゆらぎ荘の千紗希さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第10話「攻め過ぎる狭霧さん/臨海学校とコガラシくん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第11話「チークダンスと幽奈さん/期末テストと狭霧さん」
 ゆらぎ荘の幽奈さん 第12話「ゆらぎ荘と幽奈さんと」【最終回】