公式サイト ガンダムビルドダイバーズ 第21話 感想 君の想い レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 11時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
有志連合再結成! 味方は敵に、敵は味方に? キョウヤ、憎まれる覚悟の決断!

00112
00199
00341
リクvsオーガ! 彼が考えたのは、リクの強さが、BD同様の偽物だったのか?って疑念か
 見つけても、サラを救う手立てがない、どうするんだ?という真っ当な問いを重ね
 なら他人に後ろ指さされるぞ、手放さない覚悟があるか?
 オーガは、リクを試し抜いたのね

 キョウヤとロンメルが、“時間稼ぎ”し運営から守ってくれている今が好機!

有志連合vsビルドダイバーズ!
 サラを救う手段は、“ガンプラへの想い”の集積体ゆえ、ブレイクデカールが応用できる事
 彼女をGBN上のデータでなく、ガンプラへ移し変える事のようですが
 コウイチ、ツカサが組んだら無敵過ぎない!?
 製作と、コンピュータ技術!

 辛いのはキョウヤ。予告的に、万一の時は、リクが自分を恨むように仕向ける様子

オーガ新型は、核弾頭運用MS「ガンダム試作2号機」のカスタム機!

00001
 頑強な構造と精強な出力は、モチーフとした鬼神そのものの強さを備える。

ガンダムGP-羅刹 
 背部に太陽炉を搭載、“鬼トランザム”なる独自技を開発した(通常とどう違うかは不明)
 鬼トランザム時は、従来同様にバイザーが下りて一つ目となる。 
 近接戦では、リクの必殺技に真っ向から打ち合え
 多連装のビーム砲で高火力を誇っている
 ガンプラ化は未告知。

 原型機は、“核弾頭を敵中で使用、無事に帰還”すべく機動性と防御力に長けた

ガンダムビルドダイバーズ 第21話 感想

 冒頭
 Aパート
 オーガの疑問
 鬼トランザム!
 GBNが大切である理由
 たとえ、どんなに後ろ指さされる事になったとしても
 今週のコーラサワー(パジャマ)
 Cパート
 予告
 感想追記
 制作スタッフ
 これまでの感想

GBNは、身体障碍者といった“現実で動けない人間”の救いともなっている

00227
 運営はプレイヤーを守り、プレイヤーにとってGBNはかけがえがない。ブレない…!

あらすじ
 サラを追い、大会を放棄したリクに、オーガは“サラで不正行為をしてたのか”と問い詰め
 彼女を見つけても、その先の具体策も覚悟もないリクに
 戦う覚悟を文字通り叩きつけた

 オーガのGP-羅刹に追い詰められ、リクは、サラを守る覚悟を腹に据える

 リクが、死に物狂いな覚悟を見せた事にオーガは満足し痛み分けに。
 現実ではコウイチがサラ救出プランを始動

 キョウヤはサラを救う手段を見出せず、パッチ完成まで、有志連合で保護する事とした

 次回、ガンダムビルドダイバーズ 第22話「誓う心」

GM『運営より、お知らせがあります』

00002
 前回、リク達はナミの為に報酬ミッションに挑み、快調にアイテムを収集した
 しかし、サラの正体が“ガンプラの想い”と称される余剰データ集合体で
 GBNを破壊しかねぬ情報量に達しつつあると知る

 運営はバグと、原因であるサラを除去する修正パッチ開発に着手した

マギーさん『サラちゃんが、電子生命体…、ELダイバーですって?』

00003

 運営より、お知らせがあります
 GBN内で、最近数多く発生しているバグに関して
 その発生原因を突き止めました

 彼女の名前はサラ。彼女は人間ではありません

 このGBN内で発生した電子生命体
 ELダイバーなのです

 そして、このままこの存在を放置しておけば、GBN全体が崩壊する恐れがあります


00004

 しかし心配はありません!
 現在、運営側が適切に対処し、修正パッチの作成を進めております

 もし、GBN内部で彼女を見つけましたら、むやみに接触せず
 すぐ運営までご連絡ください

 繰り返します。
 
 彼女の名前はサラ。
 このGBN内で発生した電子生命体
 ELダイバーなのです


00006
00007
00008
00009
 つまり、彼女が悪いって事?/コレが消えちゃえばいいの?

滅びを避ける為に
 広く告知されたサラ、反応からして、無機質な存在だと受け止められたのでしょうか
 GM同様、「サラの人となりを知らない」という事か
 が

 放置すれば、肥大化するデータに押し潰され/…世界が滅びてしまう

 彼女による滅びを避ける手段はない
 開発者にさえ解らない以上、運営側も“サラを削除する”以外に道はない、と

 前回ガード機のように、バグを起こしたら困る為か、サラを刺激しないよう周知へ

『モルーっ…』

00010
00011
 サラ自身、どうすれば良いか解らず、ひとまず人里を離れたようですが
 置いてきたモルが、追ってくるアクシデントがあり
 彼女を戸惑わせる事に

 モルは運営、開発者側でもなかった。なら例えば、“サラ同様のELダイバー”なのか…?
  
ユッキー『あの日以来、僕らはずっとサラちゃんを探し続け…』

00013
00015
00017
00019
00020
 リッ君が、初めてサラちゃんと出会った場所にも行ってみたんだけど…

捜索行  
 聖地ペリシア、3話でキョウヤと行った“新宿の廃墟(Gガンダム)”や想い出の花畑
 数日、ずっと捜索したがサラを見つける事は出来ず
 勉強も手に付かない

 ただ公式発表もないので、サラが捕まっていないらしい事も解る

 先日の一件から、ドージも心配してくれるのが快い。 
 彼も、もう「サラの友達」だから。

 ただドージは、BDにとって、耳が痛い事実も突き付けた。

ドージ『その後は、どうするんだ…?』

00021
 まずはサラを見つける! そう思い、行動できる内はまだマシなんですね
 見つけた後、どうやってサラとGBNを救うかの策がない
 身体を動かせるだけマシ

 繰り返しますが、開発者も運営も答えが見出せず、ホントどうしたものかと。

ユッキー『それは……』

00023
 また、当然リク達はマッチングバトルも放棄し、オーガも身を固くする事に
 最近、リクが目覚しい活躍を続けているのは耳に入っており
 再戦にワクワクしっぱなしだったはず!

 それを思えば、オーガさんがどれだけガッカリしたかも、察せられますが…。

サラ『来ないで! …私、消えたくない! 私、消えたく…』

00024
00026
00027
00028
00029
 サラ! …夢…。

最悪の結果
 ガード機に襲われ、悲痛な悲鳴を上げ、消え去るサラを夢に見たリク
 実際、どうやって削除するのかは不明ですが…
 とまれ 

 俺達と同じじゃなくても、サラは俺達の仲間だ、俺達の友達だ!

 いてもたっても居られない
 サラを救いたい一心で、夜中だというのに家を抜け出してしまうリク
 
 コウイチと違い家庭用端末も持ってませんし…。

『(GBNに行きたい、サラに会いたい! なのに…)』

00030
 皮肉というか、GBNにしか存在できないサラが苦悩する一方
 リク達は、“自分がGBNの住民じゃない”と苦悩し
 閉じた門扉に苦悩

 ユニコーン! アンタも可能性の獣なら、なんとかしてあげなさいよ!

『リッくん!』

00031
00033
00034
00036
00037
 サラちゃん…、どうしてるかな?

無力
 思いはユキオとモモカも一緒、子供三人、無力な自分に頭を抱えてしまい
 明日、朝一番でログインしようと約束するのが精一杯
 が
 
 でも、その後で俺は…、何をしたら良いんだ?

 マギーさんやアヤメさん、“年長組”も可能な限りログインして探してくれている
 でも見つけた後、どうすればいいのか?

 子供はみんなニュータイプ。しかし、無力なのもまた子供達。

GBN運営『対象はIDを断続的に書き換えており、追跡は困難な状況です』

00038
 運営側は、プレイヤーIDから検索でき、データ上の捜索などボタン一つ!
 しかし、肝心のIDが刻々と変化しているという異常事態
 こうなっては目視で探す他ない!

 しかし誰がやってるのか? “設計者”なら、あの安全ゾーンに匿えば良いハズで…?

 サラ自身の無意識か、はたまたモルの…?

GM『ELダイバーが意図的に書き換えを…? それとも協力者か?』

00040
 修正パッチの進行具合はどうなっている? …五日でやるよう指示してくれ

タイムリミットは五日
 とはいえ運営側は、システム負担がかかっている場所を探せばいいので
 後は、目検討でガードを放って探させればいい。
 が

 少し出てくる、ここは任せる。

 タイムリミットは後5日。
 技師側は、「パッチは一週間あればなんとか」と応えるも、二日も縮めさせる暴挙!

 嗚呼、SE(システムエンジニア)に休日はない!

GM『この非常時に呼び出しとは、それほど重要な用件なのですか?』

00043
 キャスト欄では「トリさん」のままですが、ミス・トーリだったと判明。
 本当にサラを消去するつもりなのか?
 と、問うトーリ。

 彼女は開発者ですが、当然ながら、運営するのは運営の仕事

トーリ『ELダイバーは、GBNという世界が生み出した命』

00046

 ELダイバーは、GBNという世界が生み出した命
 私たちは、新しい生命の誕生に立ち会っているのですよ

 あなたは人類の、いいえ、世界の進化の可能性を閉ざすつもりなのですか?


00050
00052
00053
00054
 我々は、ELダイバーを生命体とは看做していません、アレはバグです。

技術者と運営者
 サラは確立した自我を持つ命だ、世界に新たな可能性すらもたらしうるというトーリ
 対し、GMは「ただのデータ集積体だ」とはねつけ
 全く省みない
 
 あの子は、生きているのです。このGBNという世界に

 実際、技術者などに広く公開すれば救う手立ても集まる気がします
 サラは、別サーバへの移動も出来るんですから
 物理隔離も可能な気が。

 しかし本作では、そういうツッコミは野暮というところか。

『その世界が、ELダイバーによって滅びようとしているのです!』

00057
 GBNは、実に全世界2000万人以上ものユーザーが“アクセスしている”
 今現在、それだけの実働ユーザーを抱え込んだ
 超巨大ネットゲーム!

 ギリシャの人口の、およそ倍!

トーリ『かつて、彼女に救われた世界でしょう!』

00058
00059
 なればこそ、その脅威は推して知るべし!(GM)

救い主という脅威
 BD事件の際は、サラの“奇跡のトランザム”がGBNを救ってくれました
 でも、その逆もまた真なりでしょう?
 と

 命を奪ってまで存続させる世界に、意味なんてあるの…?!

 GMは、サラという“個人次第で、世界がひっくり返る”のだと気付き
 改めて危機感を強めていたんですね

 トーリさんは嫌悪を隠せませんが、GMの意見を変えるには至らず。

ナナミ『お兄ちゃん、なんでGBNにログインしないの?』

00060
 サラは、ガンプラをスキャンした時に生まれる、ほんの僅かな余剰データの集積体
 トーリは、余剰データを「ガンプラへの想い」と仮定し
 コウイチはそこに着眼します

 ガンプラへの想い、というのが正しいなら、ツカサに会わなくては!

サラ『…どうして、ついてくるの? 一緒に居たらダメって言ったでしょ!』

00063

 どうして、ついてくるの? 一緒に居たらダメって言ったでしょ!
 消えちゃう、って言ったでしょ!

 私から離れて!

 一緒にいられないの、居たいけどダメなの…、…ダメだってば…!!

 ダメだけど…、だけど…、ありがとう…


00064
00066
00067
00069
00070
00071
 会いたいよ…、リク、皆…!

ただ話したい
 モルの存在は、皆と一緒に居たいけど、一緒にいられないサラにとっての救い。
 搾り出すような「ありがとう」が切ない
 が

 驚かせて済まない、…ただ、話がしたかったんだ

 ガード機を追ってきたというキョウヤ
 あの巨体ゆえ、木陰に潜んでいるサラを見つけるのが難しかったらしい

 でもキョウヤさんは、頭ごなしに責める人ではなかった

『キミはどうしたいのか? 教えてくれないか』

00073
 サラ自身がどうしたいのか? 酷な質問となりますが
 まずは、サラ自身の想いを訊ねる事。
 それがキョウヤの第一歩に

 何がなんでもサラを救いたいリク達には、ある意味、出来なかった事かもしれません

シバ・ツカサ『こんなところに呼び出して、どういうつもりだ?』

00074
00075
00076
00078
 頼みたい事があるんだ。俺とツカサ、これは俺達にしか出来ない事なんだ!

もう一度
 GPデュエル全盛期、根城にしていた懐かしきプレハブ小屋に呼び出したコウイチ
 曰く「俺達にしか出来ない」とは?
 そして

 命がかかっているんだ!

 コウイチにとって紛れもない“命”
 キョウヤさんも含めて、身内はみんなサラを命だと想ってくれています

 さて、ブレイク・デカールを生み出したツカサは…?

リク『…こんな場所にガンプラが? 一体誰が…?』

00081
 他方、捜索中にひとけのない場所を通りかかったリクとダブルオースカイ
 待っていたのは、アイ・センサー(?)を頭部に増設した02!
 ガンダム0083より「ガンダム試作2号機」
 通称GP-02!

 ただし、00世界の太陽炉=GN粒子機となっており、スラスターも使わずに浮上!

リク『いきなり何を!?』

00083
00084
00085
00087
00088
 どうした! 戦えよッ!!

ガンダムGP-羅刹
 オープニングでもシルエット状態、前回予告でも後姿しか描かれず
 先日の、立体物イベントでも公開されなかった機体!
 GP-02!

 その声…、オーガさん!?

 両肩を展開した迫力ある姿!
 この力強いシルエットこそ、GP-02の大きな魅力ですね!!

 頭部は、マスターガンダム(Gガン)を思わせる形状に

オーガ『何故、マッチングバトルを棄権した…!』

00090
 サラって女が、そんなに大事か! さながら∀のギンガナムのように叫ぶオーガ
 彼は、何故マッチングバトルを棄権したのかとなじりいますが
 リクはそれどころじゃない!

 それどころじゃない、と言ったら怒られた!
 
『大事な仲間なんだから!』『それだけか!!

00092

 それだけか !
 サラという女は電子生命体、バグを生み出す存在…

 ブレイク・デカールのように!

 お前らは、その女の能力を使って、今まで戦ってたんじゃないのか!
 お前の、ガンプラ・ファイターとしての急速な成長…

 それはバグを使用したものなのか!
 

00095

 言葉なら何とでも言えるッ!
 ならば、証明して見せろ!
 お前と!

 お前のガンプラの実力が、ニセモノじゃないって事をなあ!!

 どうした、やはりあの女がいなければ戦えないのか!
 腰抜けめッ!


00099
00104
00106
00111
00112
00113
00115
00116
00118
00119
00120
00122
00124
00126
00128
 オーガが再戦を望んだ理由は、身勝手さだけでなく、どうしようもなく生じる疑問
 
オーガの問い
 プレイ開始から短期間でオーガを驚かせ、以降、僅かな期間で頂点に迫った
 オーガ自身、コイツは面白いと感動させられた少年は
 実は「ズル」してたんじゃないか?

 疑問が生じれば、戦って確かめる! どうにもこうにもオーガらしい!!

 何より、リク達はあまりに急速に伸びすぎました、疑われるのも仕方ない事
 今こそ“確かめる”チャンス!

 彼自身、信じた弟がBDに手を染めており、疑うのも仕方ないのかも。

リク『光の翼が!?』

00131
 オーガは、BB戦士「武者砕虎摩亜屈(武者サイコマークツー)」のような金棒を装備
 まさに鬼に金棒、リクがライフルで狙撃しても
 真っ向から弾いて前進!

 光の翼の防御をも易々と凌ぎ、まるで止まらない! 奴は止まらねえからよ!!

オーガ『足りねェ!

00133

 足りねェ! 足りねェ! 足りねェ! 物足りねェ!!
 味もしなけりゃ歯応えもねェ!
 クソ不味いんだよ!

 そんな剣筋で、GBNのトップを目指すのか!

 そんな力では、何も手に入らない!
 何も守れる事は出来ない!

 テメーのガンプラは、やっぱ偽物かァ!!


00136
00137
00141
 リクは金棒を破壊したが、代わりにライフルを失ってしまった

夢も願いも
 両肩に計8門、膝に2門、原型機に対し、大幅に固定武装が増加した02の猛威!
 加えて、高出力な四肢を活かす大型ソードをブン回す02は
 全くもって手に負えない!

 言葉で反論し、反撃に必死さが足りないリクでは、まるで止められない!

 GBNトップを目指す夢も
 目の前の仲間、サラを守りたいという願いも、今のリクでは力不足だと。

 力で言葉で、オーガさんが嬲るなぶる!!

『俺のガンプラは…、ダブルオースカイは!』

00142

 俺のガンプラは…
 ダブルオースカイは!
 フォースの仲間や、GBNで出会った人たちから学び、作り上げたガンプラ!

 決して、偽物なんかじゃない!

    オーガ「ならば、証明して見せろ!」


00147
00149
00150
00151
00153
 あの女がいなくとも戦えるという事を! 全力でッ!!

証明せよ
 オーガの罵倒にキレたリク、00スカイは、仲間と出会いと経験の結晶
 リクにすれば、今まで全部詰め込んだ機体だから
 馬鹿にされたら許せない!

 温厚なリッくんも、キレる時にはキレどころあった!

 また面白いのはオーガの火器
 弾幕を張るので、純粋に強力である上に、オーガが好む間合いに誘導できる!

 敵(リク)が、弾幕を嫌い飛び込めば、「オーガが好きな近接戦」に!

リク『だったら、見せてやる!』

00155

 リク「トランザム・インフィニティ!
 オーガ「 鬼 ト ラ ン ザ ム !

 オーガ「あの女を助けてどうする! 何の為に!!


00157

 運営に差し出す為か?
 逃げ続けるのか?

 お前達に出来る事は何だ!

 あの女を匿って、GBNを滅ぼす為の…、時間を稼ぐ事か!


00158

 リク「違う、そうじゃない!
 オーガ「へっ、少しは出てきたじゃねェか…、喰い応えがよ!

 だが、まだだ!


00159
00160
00167
00170
00175
00178
00184
00186
00187
 オーガの肩バインダー、先端部は有線クローアームで、スカイの足を止めた

ビルドダイバーズSEED DESTINY
 大切な少女を助けたい、でもその少女が、破壊をもたらすのにどうするつもりなのか?
 ダブルオースカイ、もう一つの原型機デスティニーのパイロット
 シン・アスカへのような問いが飛んだ

 シンがステラを守りたかったように、リクもまたサラを守りたい

 オーガは、リクは“他人を巻き込み、破滅するだけだ”と突きつけた
 さっき、キョウヤがサラに言ったのと同じ事
 言葉面が違うだけ

 置かれた状況を知って、リク自身はどう想う? 奇しくも全く同じ質問!

リク『…それならッ!

00190
 リクが抜いたのは、タイガー戦で体得した“必殺技”!
 光の翼を留め、対艦刀にまとわせるという
 オリジナルの武器

 オリジナル過ぎ、ガンプラ「ハイヤーザンスカイフェイズver」でも再現できない!!

オーガ『…フ!

00192
00194
00197
00199
00200
00202
00204
00206
00207
00209
00212
00213
 二機は激しく激突、タイガーをも唸らせた一撃と真っ向衝突するオーガ!

空と羅刹
 リクに続いて、オーガも、煮えたぎる溶岩に手を突っ込むと、両刃ナギナタが出現
 さながら、ディジェやゲルググのナギナタをド派手にしたような
 炎の両刃で対抗

 両機は激しい光に包まれ、戦いは一つの山場を迎えるのだった

 オーガさん、そんなカッコイイ必殺技(?)まで…!
 赤と青、真っ向激突!

 作中、邪魔ばかり入っていたリクとオーガ、初めての真っ向勝負!

キョウヤ『本当に、リク君たちに連絡しないで良いのかい?』

00217
 他方キョウヤは、ひとまず、安全な自身のフォースネストにサラを匿ったが
 答えは聞けないままなのか、まずは自身の考えを告げた
 サラとダイバーが、共存できる道を探したい
 時間はないがやってみたい
 と

 誠意を尽くすキョウヤ、対しサラは、リク達への連絡を拒んでおり…?

エミリア『隊長、ゲームマスターとロンメル大佐がお見えです』

00218
00219
00220
00221
00222
00223
 ELダイバーを、引き渡して欲しい。

引渡し要請
 開口一番、キョウヤのログを辿り、サラを保護してるのは解ってるというGM
 これは流石に迂闊だった
 が
 
 情にほだされたか/大佐とて、彼女と面識が!

 先のトーリvsGMとは違う
 ロンメル隊長は、サラの人となりを良く知っている、モフり仲間であるはず!

 しかし彼の言葉は、GM以上に辛辣!

ロンメル『…確かに。だが、敢えて問おう』

00224

 確かに。
 だが、敢えて問おう
 かつて“有志連合”として、共に戦ったのは何の為だ?

    キョウヤ「もちろん、GBNを守る為だ」

 では何故、キミはそれと真逆の事をしている!


00227
00229
 ELダイバーを引き渡してくれ…、頼む!

知将の頭
 しかしロンメルは、正論一辺倒から一転、なんとキョウヤに頭を下げた
 自身こそ、正しい側なのだと思いながらも
 ロンメルは頭を下げた

 キョウヤのやりかたは、GBNを滅ぼすだけ、有志連合の志と真逆

 リク同様、こちらも問いかけられるコトに。
 策はあるのかと。

 ロンメルは多分、キョウヤの気持ちも解る。だから頭を下げたのでしょう。

ロンメル『GBNを失いたくないのだ…』

00231

 GBNを失いたくないのだ…、
 GBNの中でしか、話すことも歩くことも出来ない。

 そういった境遇の者が、私の隊にもいる

 彼らにとって、この世界は“在りたい自分”でいられる、大切な世界。

 全てなのだ。

 そんな彼らから、GBNを奪わないでくれ!
 

00232
00233
 GBNという仮想現実は、おそらく、身体障碍者の受け皿にもなっているのだと。

奪わないで
 考えた事が現実となる世界、現実で、身体が不自由な人たちにとっては
 それは、欲しくても手に入らない「普通」が手に入る
 在りたい姿でいられる世界

 他人に心配されたり、奇異な目で見られたり、そんな事がない世界

 或いは、現実で、何らかのコンプレックスを抱えた人たちだろうとも
 GBN内なら“在りたい自分”でいられる 

 彼らから、どうか“奪わないで下さい”と。

ロンメル『私の隊の人間だけではない』

00234

 私の隊の人間だけではない
 同じような気持ちで、GBNに来ているダイバーは大勢居る

 ここには…、多くの人たちの積み重ねた“時間”が存在している

 それは、人生の一部と呼ぶ事の出来るものだ
 
 そんな世界を愛する彼らの為にも
 私は、GBNを守り抜きたい

 ELダイバーに罪がなくとも。

 それでも、私は…!


00237
00238
00239
00241
 みんなの為に、私が消えれば…? みんなが、幸せに…?

ロンメルの願い
 障碍者でなくても、同じくらい大切に思う気持ちは、皆が持っている
 データは、たとえ簡単に改変できる“情報”に過ぎなくても
 当人にとっては時間

 この場所を、かけがえない人生の一部と愛している人たちがいる

 ロンメルは知将と呼ばれる男です
 でも彼の願いは、損得とか、計算では表現できない大切な価値を守る事なのだと。

 しかし彼が優しいからこそ、優しいサラを傷付けて…?

リク『動け! 動いてくれダブルオースカイ!! ここで止まる訳にはいかないんだ!!』

00243

 クッ……、ハハハハハハハハハッ
 前言を撤回するぜ

 お前は本物だ。

 お前のガンプラもな!


00244

 そうだ、俺はこういう闘いを求めていた…
 だが! まだだ!!

 見せてみろ、お前の本性!! 解放して見せろッ!

 お前が手に入れたい世界があるのなら、俺にその“覚悟”を見せてみろ!

 さもなくば、ここで終わりだ!


00251

 このままじゃ、サラに会えなく… 
 サラ、サラ、サラ、サラ、サラ、サラ…!

    サラ「諦めないで」


00258
00263
00270
00273
00275
00276

 諦めるもんか!
 俺は、サラを助けるんだ!!

 諦めたりなんか、するもんか!! 
 
  オーガ「いい往生際っぷりだ!
 

00279

 俺は、サラにいっぱい守ってもらった!
 だから!

 今度は俺がサラを守る!
 仲間を、友達を助けるんだ!

 たとえ、どんなに後ろ指さされる事になったとしても、絶対に諦めない!!

 サラも、GBNも、全部護って見せるんだ!!


00280
00282
00283
00291
00297
00299
00305
00307
00312
00313
 そうだ…、それでいい、“それ”が見たかったッ!!(オーガ)

守りたい世界があるのなら
 オーガが見たかったのは、周りにどう思われようと、貫きたい何かがあるかという事
 世間一般、周りに、後ろ指をさされようと堂々と貫く!
 同調圧力に屈しない!

 他人にどう思われようが、迷惑かけようが、貫きたいものを解放しろ

 お前が守りたいものを、どんなに世間が認めなくても
 それでも貫く覚悟があるか?

 オーガの問いにリクは応え、初めて、互いを完全燃焼させる戦いへ!

キョウヤ『運営の協力を得て、臨時放送をさせて頂きます』

00314

 フォース「アヴァロン」、そしてロンメル隊を中心として
 有志連合を再結成いたします

 目的は運営と協力し、ELダイバーの脅威を、GBNから排除する事です

 そして既に…、我々はELダイバーの拘束を果たしています


00316
00318
00320
00321
 リクにとっては寝耳に水の緊急放送。キョウヤが敵に回ったというのだ。

理解速度
 キョウヤ達はELダイバーの脅威、サラから世界を守るべく有志連合を結成
 かつて、最強の味方として猛威を振るったベテラン勢が
 今度は敵になってしまう!

 それもサラは、とっくに彼らに捕まっているというのだ。

 繰り返すが、とっくに捕まっている
 しかし脅威を排除する

 リクは意味が解らず、「え?」と、驚きの声を(視聴者共々)漏らしてしまう

“回想”『キョウヤ、キミの苦悩も確かに解る。ではこうしよう』

00324

 有志連合を再結成し、一時的に彼女の身柄を、我々で預かろう

 修正パッチを完成させるまでには
 まだ少し時間がある

 それまでに他の方法が見つかれば、検討する余地を残そう

 もちろん見つからなければ、運営に引き渡す。

 そしてその間は、我々が全力を以って彼女を保護する


00325
00326
 譲歩案としては妥当だと思うが…、どうだね?

篭の中の“本質”
 舞台裏はこう、ロンメルもサラの人柄を感じ、今すぐ削除には同意できなくなった
 そこで、有志連合という“最強の監獄”を作って捕らえ
 解決策を考える

 運営が今すぐサラを消去しないよう、彼らから守る格好になります

 これは、助けたいキョウヤへの譲歩案
 時間を作ろうというのです

 認めた運営も、話が解らない訳じゃない。優先度の違いなんですね。

キョウヤ『有志連合、いや、私の願いはただ一つ! 私はGBNを守る!!』

00329
00330
00332
00333
00334
 そんな…!? うおおおおおおおおおおおお!

リクから見た現実
 事情が解らないリクにすれば、キョウヤが敵に回ったという事に他なりません
 また、キョウヤにしても「具体策がない」のは変わらず
 僅かな時間を稼いだのみ

 キョウヤが、“後ろ指を指されても守りたい”のは、GBNなのですから

 予告からして、キョウヤはリクに真実を伝えません
 彼は悪を演じたいのでしょうか

 サラを死なせた時、悪いのはキョウヤだ。とリクに思って欲しいのだと思います

ツカサ『電子生命体…、ELダイバーねェ? ハハ、とんだSFだな』

00337

 ツカサ「電子生命体…、ELダイバーねェ? ハハ、とんだSFだな
 コウイチ「現実だよ
 ツカサ「しかし、お前も無茶なこと考えやがる。

 ツカサ「リアルでブレイクデカールを応用しようとは

 コウイチ「他に方法が思いつかないんだ
 コウイチ「でも、上手く行けば、BDと俺達のGPDの技術で…

 コウイチ「サラちゃんを助けられる!


00338
00339
00341
 GBNにデータがあるのが問題。だから“ガンプラに移す”というのか。

ブレイク試し読みはこちら
 考え方のヒントは、サラが、「ガンプラへの想いの集積体」という事でしょうか
 聞けば外伝漫画、ビルドダイバーズブレイクで語られたそうですが
 想いとBDは密接に繋がってるらしい

 次回、その辺を本編でも語りつつ、サラを救う具体策へと繋がるようです

 第13話で、ブレイクでのキャラがメッセンジャーとして喋る等(10話モブ)
 非常にリンクした外伝になっています。

 もしブレイクを既読であれば、“先に”ヒントが解るよ、って話なのでしょうね(未読)。

予告リク『どういう事なんですか、キョウヤさん!』

00347

 リク「どういう事なんですか、キョウヤさん!
 キョウヤ「言った通りだ!

 キョウヤ「私は新たな有志連合を結成し、ELダイバーを消滅させる!

 キョウヤ「GBNの世界を護る、私にはそれを成し遂げる覚悟がある!
 リク「それなら…、俺にだって覚悟があります!
 キョウヤ「ならば、採るべき道は一つ!

 リク「次回、“誓う心” 

 リク「本当ですか、コウイチさん!? サラを救う方法が見つかるかもしれないって!


00363
 次回予告、ダブルオースカイに追加パーツがくっ付いてる…?

憎んでくれていいよ!
 某仮面キャラのような宣誓をするキョウヤ、今回、予告まで含めてワンセットだと思う!
 キョウヤは、表向きはサラを抹消する立場を演じるらしい
 OPの白服(特務カラー)はそういう事

 サラを死なせる事になった時、悪いのは自分だと、責任を背負い込む腹か

 となればキョウヤは、リク達に事情を話さないと決意してるだろうし
 コウイチの策もキョウヤには伝わらない

 互いに本気でぶつかる状況が出来たってワケね!

有志連合再結成! サラを“保護”し、ゲートを守っている…? 左から

00364
 ドートレスHM ファイヤーワラビー…、ガンダムXに登場した火炎放射MS
 ギャバン専用ボルジャーノン…、∀ガンダムより、独特なカラーリング。
 ガンダムサンドロック…、ガンダムWより、さよなら僕のサンドロック…。
 バトラーベンスンマム…、Gガンダムより、執事専用MS。ヒゲがある。
 アデルキャノン…、ガンダムAGEより、肩に大砲を持つ量産機。

特にバックパックが特徴的な「炎の時計部隊」。ファイヤーワラビー

g6686102
 背中にでっかいタンクを背負ってるのは、ガンダムⅩに登場した敵量産機

ドートレス ハイ・モビリティ
 戦後の世界を描くガンダムⅩで、戦中の高機動MSを民間人が乗り回していたもの
 背中の巨大タンクは、MS用の火炎放射機を扱う為のもので
 包囲攻撃でパイロットを蒸し焼きにする

 ここまで大きく、シンプルな背負いものをしているMSも珍しい。

 ガンプラ化はしていません。

スカートを穿き、量産機然としたシルエットは「スモー」でしょうか。左から…

00367
 ZZガンダム…、ガンダムZZより。主人公機。
 バリエント…、ガンダムⅩ、“空を飛べる”高性能新型量産機。
 ベルティゴ…、ガンダムⅩ、NT機。腕と胴体が一体化、独特の形態をとる
 金スモー…、∀ガンダム、多分「スカート」装備タイプ
 ゲイツR…、SEED DESTINY、角張った大型バックパックが特徴

 ジェノアスOカスタム…、ガンダムAGE、上にポツンと浮いてる奴

“∀ガンダム”より。脚部を覆うような大型スカートから、スカート付きスモーと思われます

g9002341
 当初、足そのものが推進器になったBst系かと思いましたが、ナマ足が見えていたので

銀スモー(ポシェット装備) 
 劇中、スカートと呼ばれる大型推進器を外付けし、飛行能力を拡張した状態
 スカートが無くても、空を飛ぶ事が出来ますが
 より飛行性能が高まります

 ちなみにスモーは、はるか未来のモビルスーツの為、FRPという技術で飛行。

 Field Repulsion Processerの略称であり
 空間斥力処理装置の意味

 つまりすごい。

ガンダムAGEより、“オブライトさんのジェノアス”の姿も。

00001
 劇中での呼ばれ方、終盤の活躍から、「オブライトさん」と視聴者にも親しまれた

ジェノアスO カスタム
 三世代を描く中、第二世代A.G.140年代時点で、“旧型を近代化させた”機体だったが
 続く三世代目、A.G.151年時点でも改修して使い続けられており
 異彩を放つ存在となった

 これはとある事情から、パイロットが本機にこだわり続けた

 ジェノアス⇒ジェノアスⅡ⇒本機への変更点は共通している為
 キット化を意識したデザインに思えます。

 が、今に至るまでキット化されず、その点からもファンに印象深いMSに。

感想追記

 キョウヤvsリク! “本気の激突”へ舞台は整った
 オーガの愛機は「ガンダムGP-羅刹」へ
 訊ねるだけあり、一貫していたオーガ
 サラへのプレゼントって、ピッタリなサイズ?!  

キョウヤ、いよいよ“特務隊”となるか? 白い服は覚悟の証!

00292
00001
 以前コメントで頂きましたが、同じくAGE、ティエルヴァのTビットを装備

AGEⅡマグナム特務仕様(仮)
 ガンダムAGE劇中、AGE-2は、尊敬する人物を踏襲しつつ、自分の道を行く覚悟へ
 際し、機体を白く塗り替えたエピソードを踏まえてか
 キョウヤも白く再塗装

 厳密には形状は異なるようですが、“推進器兼用ビット”搭載へ

 ちょうど馬上槍のようも見えるのが、「アヴァロン」のモチーフにもピッタリ
 キット化すれば、ティエルヴァ商品化の可能性も…?

 現時点で商品化告知は無いので、キッと化してもプレミアムバンダイ販売になりそう

ガンダム0083に登場した、核弾頭運用MSをカスタマイズ!

00008
00001
 ジオン系技術者が開発したガンダムで、Zの「リック・ディアス」へ繋がった

ガンダムGP-羅刹
 元々は解説通り、戦術核(実際には戦略核)を搭載、「最強の攻撃力」を持つMS
 性能も特化しているものの、自らの核に耐える為の重装備と機動性
 反応速度も高く、基礎性能が非常に高い

 オーガはこの基礎性能に着眼し、高性能なカスタマイズ機に作り変えたらしい

 原型機は短期決戦用で、重装甲、高推力で“推進剤消費が早い”難点を無視できたが
 太陽炉搭載により、この問題もクリアしたようだ

 設定通りなら、GN粒子は重量軽減するので、重装甲MSでも機敏に動ける。

サラと仲良くなったドージ、ローズ、そしてオーガ。“百鬼”が味方に?

00293
00295
00299
 一つ一つ積み重ねてきた、百鬼との縁。

昨日の敵は
 今回を経て、対・有志連合に対し、オーガさん達も手を貸してくれるのでしょうか。
 今回だけではなく、第1話以来の縁が繋がって
 仲間になるというか。

 同じくシャノワールネオや、ステアとカナリさん達も手を貸してくれそう!

 ユッキーの愛機が、重火力機になったのも「対軍戦」でこそ活きる!

逆に、「あっ…、これは敵になりそう」というのはシャフリさんか

00335
00323
 オープニングのマギーvsロンメル、シャフリvsタイガーもいよいよ?

シャフリさんの行方
 感情的なタイガーさんと対で、合理的な行動を身上とするシャフリさんは敵か。
 ただ彼の場合、合理的に振舞っていると言い聞かせて
 本音は別という気がします

 ただリク達と戦いたい、その本音を理論武装して望むというか

 本当は純粋に戦いたい、けれど素直になれない。
 そんな男が見れる気がします。

 マギーさんも、チョイ役じゃなく本格的なバトルが見られる…?

他人にどう思われても、自分が大切に思う事を貫く! それが覚悟だ!!

00311
 そもそも“オモチャ”、遊びに本気になる! その時点で皆フツーじゃない!!

オーガの覚悟
 リクに聞いたくらいだから、オーガにも信念がある…、と思うと一貫性を感じました
 彼は、「お前のせいで仲間がやめた」と劇中で詰られてますし 
 視聴者ウケも良くない部分があります

 でも、他人にどう思われても、全力で戦う! それが彼の覚悟なんだろうなと

 オーガさんこそ、後ろ指を指されてもやりたい事を貫いてる。
 最初から「覚悟」があった!

 今回、リクが自分と同じ境地に来て、嬉しかったんだろうなって感じました。

当然、その「覚悟」はキョウヤさんも同じなのだと

00157
 ロンメルは仲間の為に、GMはGBN全体の為に。

彼らの覚悟
 本編登場以来、ずっとそうだったように、キョウヤさんもGBNが最優先
 だから、その為に「ELダイバーを殲滅する!」なんて言って
 悪だって演じられる

 周り、リクにどう思われても、自分が大切な物に一生懸命

 それって、本作ベテラン勢がみんな実践してたのかな
 って、改めて思いました。

 覚悟を問うた回、キョウヤが「GBNが大事だ!」と叫んだのは、彼の覚悟なんでしょうね

今回のリクは、「サラを助けたい!」とは最初から思ってたけど…

00037
 でも、いざサラを見つけたとき、どうすればいいんだろう?って思ってた
 サラを助けるぞ! って気持ちが据わりきってなかったから
 オーガさんに怒られて
 覚悟し直した

 まず問題定義し、やがて、精神的な解決へと進んでいくことに。

 問題解決は難しい、まずは「やり抜く覚悟」から!と。

1/144サイズの、“ガンプラ”になってしまいそうなサラですが

00341
00491
10005593a
 そういや、「サラへのプレゼント」に、丁度いいサイズが入ってるぞ!?

1/550 ザクレロ
 先ごろコメントで頂いて思い出しましたが、ナミさんが作ろうとしてる「ザクレロ」には
 普通のガンプラより、二回り小さいオマケが付いてるんですよ!
 贈るのって、こっちになるんじゃ?!

 このサイズなら、“ガンプラ・サラ”自身が、スキャナに乗せる事が出来るんです

 作中では偶然ですが、番組制作側がザクレロを選んだ意図は
 ここにあるんじゃないでしょうか?

 ガンプラ・サラが、自分で抱えられるサイズだわ!

小さなガンプラですが、GBN内ではスケール調節が可能なはず

00282
 ブレイクデカール騒動の際に、ビグ・ザムなどは縮尺を操作していますし
 多分、正規機能でも、縮尺はいじれるんじゃないでしょうか
 確か正規でもそんなシーンがあったような
 なかったような。

 小さなガンプラですが、GBN内では、「サラが乗れるサイズ」になるんだと思います

2018年8月28日 ガンダムビルドダイバーズ 第21話「君の想い」

00244
 リクの台詞から察せられる通り、黒田洋介氏が脚本に。

スタッフ
 脚本:黒田洋介
 絵コンテ:斉藤哲人、寺岡 巌
 演出:うえだしげる
 キャラクター作画監督:しんぼたくろう(中村プロダクション)
 メカ作画監督:鈴木勘太
 アニメ制作:サンライズ
 原作:オリジナルアニメ

あらすじ
 サラが電子生命体「EL(エル)ダイバー」であり、その存在がバグの発生原因であることを公式発表したGBN運営は、同時に彼女の捜索を開始する。一方、リク達ビルドダイバーズも居なくなったサラを探し続けていた。

次回、“サラを逃がさない”為に有志連合再結成! 対しビルドダイバーズは…?

00207
00209
 現時点で、オーガさんの愛機はキット化告知なし。

試された覚悟
 リクはサラを使いズルをしてたんじゃないのか? オーガさん襲撃の理由に納得。
 傍から見れば、それで「ズル出来なくなったから大会から下りた」と
 そう見えても不思議がなかったと。

 また、彼が試したのは覚悟、GBN全体を敵に回せばこんなものじゃ済まない!

 策がないというなら、他人に憎まれ一緒に破滅するんだぞ?
 貫く覚悟がお前にはあるか?

 何を放り出してでも、サラを守りたいかどうか! リクも死に物狂いだった!!

 次回、ガンダムビルドダイバーズ 第22話「誓う心」

ガンダムビルドダイバーズ 第21話 感想

 冒頭
 Aパート
 オーガの疑問
 鬼トランザム!
 GBNが大切である理由
 たとえ、どんなに後ろ指さされる事になったとしても
 今週のコーラサワー(パジャマ)
 Cパート
 予告
 感想追記
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る


 主役機:MG ポリポッドボール
 主役機:MG ガンダムストームブリンガー
 GBWC Episode.0-A Fight for your right(to party) 〜心の準備はいいかい?〜
 GBWC Episode.0-B kickstart my heart 〜闘志ってヤツを蹴り上げろ!〜
 GBWC Episode.1-A Are you gonna go my way 〜 自由への疾走 〜
 GBWC Episode.1-B Heart of Glass 〜 割れたこころ 〜
 GBWC Episode.1-C Wish You Were Here 〜 あなたがそばにいて欲しい 〜
 GBWC 第1話「ヨシ/ゼータキュアノス」


 ガンダムビルドダイバーズ プロローグ
 ガンダムビルドダイバーズ 第1話「Welcome to GBN」
 ガンダムビルドダイバーズ 第2話「百鬼オーガ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第3話「守る者」
 ガンダムビルドダイバーズ 第4話「霊山の虎狼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第5話「聖地・ペリシア」
 ガンダムビルドダイバーズ 第6話「過去と未来」
 ガンダムビルドダイバーズ 第7話「フォース戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第8話「フェス!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第9話「オーガ再び」
 ガンダムビルドダイバーズ 第10話「有志連合」
 ガンダムビルドダイバーズ 第11話「アヤメの涙」
 ガンダムビルドダイバーズ 第12話「光る翼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第13話「決闘 -デュエル-」
 ガンダムビルドダイバーズ 第14話「新しい力」
 ガンダムビルドダイバーズ 第15話「ロータス・チャレンジ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第16話「再会、友よ」
 ガンダムビルドダイバーズ 特別編「夏だ!ガンプラバトルにダイブ!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第17話「共同戦線」
 ガンダムビルドダイバーズ 第18話「男の意地」
 ガンダムビルドダイバーズ 第19話「ナデシコアスロン」
 ガンダムビルドダイバーズ 第20話「真実」
 ガンダムビルドダイバーズ 第21話「君の想い」
 ガンダムビルドダイバーズ 第22話「誓う心」