公式サイト ガンダムビルドダイバーズ 第20話 感想 真実 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 5時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
ナミさん加入、サラの重い正体。レイドバトル用「超デビルガンダム(仮)」!?

00203
00298
00060
逆シャアやVガン再現、ゲーム内に入れる本作ならではのミッションが楽しかった!!
 サラの正体は、生身を持たない完全な電子生命体と発覚した上
 放置すればデータを圧迫しGBNが崩壊
 第1話は誕生の瞬間か!

 今やサラは世界に比肩するほど重い! 人の複雑さを獲得しつつあるって事なのね

全GBNvsサラ&BD!?
 結晶鳳凰が本当に良い人。彼女にしてみれば、我が子にも等しいって声音でした
 サラ救出への抜け穴、非ネットゲームかつ同類のガンプラシステム
 GPDへと一旦移すのでしょうか?

 サラ最大の問題が、因子を介し負荷が全域に及ぶ事なら、因子を除去できれば…?

次回、バトルに余所見してんじゃねえ? オーガとのガチ再戦ッ!!

00309
 これアレだ! リクが大会を放棄⇒俺と戦え! って追ってくるパターンや!!

モルの正体は?
 サラと結晶鳳凰の正体が判明、ただ気になるのは、サラ誕生が昔過ぎること
 第1話冒頭は、リクが小学生だった数年前の出来事で
 GBN誕生⇒サラ誕生⇒数年⇒今。

 ぶっちゃけ、モルは同様の経緯で生まれた、同じ電子生命体か?

 仮にそうならサラに、どんな救いをもたらすのでしょうか

ガンダムビルドダイバーズ 第20話 感想

 冒頭
 Aパート
 報酬ミッション!
 今週のコーラサワー
 Bパート
 サラの正体
 サラの問題
 次回予告
 感想追記  
 制作スタッフ
 これまでの感想

レイドバトル用シルエット公開? オリジナルデザインっぽいぞ!

00289
 胸部などから第3話と同じデビルガンダム。本作オリジナル改造でラスボス?

あらすじ
 ナミが正式にBDに加入し、彼女の家具集めに、様々なミッションに挑戦するBD
 しかし運営がバグの原因を絞り込み、ガードMSを各地に派遣した事で
 怯えたサラは、バグを起こしGBNを窮地に

 システム開発者「トリさん」曰く、サラはGBN内に生まれた電子生命だった

 彼女の成長は、GBNデータに致命的な圧迫をもたらしつつあり
 放置すればGBN側が崩壊する

 サラは姿を消し、GBN運営は、彼女を緊急指名手配としてしまった

 次回、ガンダムビルドダイバーズ 第21話「君の想い」

『解析終わりました』『うむ、出してくれ』

00004
 前回、レイドバトルのプレ・イベント、ナデシコアスロンが開催!
 エミリアとローズと、バグで大騒ぎとなってしまったが
 主要メンバーが優勝を独占!
 ナミさんも参戦!

 しかし“バグの問題点”、GBNキャパシティ限界に運営は気付き…?

『せーのっ! ナミさん、ようこそビルドダイバーズへっ!!』

00005
00006
00008
00009
00011
00012
00013
00014
00015
 でもナミさんがフォースに入るなんて、最初の頃からじゃ想像できないよね~

新メンバー加入
 GBNに本格的に興味を持ったナナミは、“ナミ”として正式アカウントを作るに至った
 体験した事で、皆の会話を思い出すと“楽しそうだ”と
 前以上に思うようになって

 混ざりたいなー…って…、気楽過ぎかな?

 それで君は良いんだよ!
 というのが、GBNであり本作のスタンス! 楽しくなければゲームじゃない!

 楽しみたいならいつでもウェルムカム、それがGBNなのでしょうね

ユッキー『ガンプラはどうするの?』

00017
 前回、「ザクレロ」「うっかりざくれろ(風車の百式)」二つを選んだのは
 実は自分用だけでなく、“サラ用”もコウイチさんと一緒に制作し
 同時デビューしようと思っていたのだ

 古人曰く、サプライズ・プレゼントってな!
 
ナミ『(サラちゃんの分も頼んであるから、二人一緒にバトルデビュー! …なーんて♪)』

00020
00022
00024
 でね? 実はもう一つ、皆にお願いがあるんだ♪

これが大人の特権だ
 コウイチさんの負担はともかく、ここまで気が回るというのが素敵ですね
 元々、サラちゃんってどんな子だろうと想像していたナミさん
 前回ですっかり仲良くなった!

 そんな出来る女・ナミさんから、皆にお願いがある、というのが前半テーマ!

 しかしザクレロ2つって、そんなデキる使い方の為だったのか…。

リク『模様替えっ♪』

00026
 加入に伴い、ナミさんも、フォースネスト内に自分の部屋を貰ったが
 この部屋を、私色に染め上げる!
 と

 ただこのままでも、なかなかお洒落。ユッキーってば出来る男だ。

『じゃーん! 可愛いアイテムがもらえるミッションをリストアップしてみました~♪』

00028
 ここ掘れ! マウンテンサイクル…、∀ガンダムのナノマシン遺跡総称
 リンゴ少尉は金の林檎を求めて…、Gレコに“リンゴ少尉”がいるんですよケルベス中尉!
 宇宙中生代サバイバル…、OVA「夢のマロン社宇宙の旅」ラストだと思う!

 強釣突破作戦…、強「釣」なのがチャームポイント
 巨神ゴーレム…、SDガンダム外伝「伝説の巨人サイコゴーレム」…、ではなかった!
 ガンダムエアレーサー…、Zガンダムでのチェーンの複葉機? SDガンダム猛レース

 カジノのララァ…、THE ORIGINでのシャアは、ララァとカジノで出会う
 バイク乗りの矜持…、機動戦士Ⅴガンダムより
 震える鳥居と山…、第08MS小隊サブタイのパロディ

 ロンド・ベルだけにいい思いはさせませんよ!…やめろ!自爆するだけだぞ!
 富士川、夕日に染めて…、初代ガンダムサブタイのパロディ

コーイチ『かーっ! こういうのはマメな奴ー!』

00029
00032
00033
00036
 何だか、すごく楽しい! 仲間が増えて!

マッチン!
 現在BDは、トーナメント形式の“マッチングバトル”に登録中だが、開始まで時間がある
 サラが不幸フラグを立てる中、今はミッションに集中だ!
 と 

 伝説の家具を求めて、ミッションに出発だー!

 マッチングバトルは、個人戦(フォース戦verもある)トーナメントなので
 仲間とぶつかる可能性も。

 これはどうも、次回のテーマとなるようです。

GM『度々すまないな、チャンピオン』

00038
 閉鎖空間では、バグについての調査報告、相談をチャンプが受けていた
 バグは、ブレイクデカールとは異なるものだが
 それ以上の脅威になる…

 と、ゲームマスターは、物々しい前置きからスタートする。

GM『この前のレースに出場した誰かが、発生に関与している可能性が高い』

00039
00041
 BDの時には、ログ・データ(プレイヤー個人データ)は検出されなかった…。

第2のBD
 前回のレース参加者に、“第2のブレイクデカール”とも呼ぶべきツール使いがいるかも
 事態を重く見て、GMは“ガード”を出撃させるという
 で

 その時は、承知しておいてくれ。

 具体的には告げないGM
 キョウヤのとこにも、レース参加者=ツール疑惑者がいる為でしょうか

 またOPから考えて、“鎮圧部隊として出撃して貰う件”でしょうか

ナミ『それじゃあ、報酬アイテムをゲットするぞー!』

00043
00044
 最初は、「ここ掘れ!マウンテンサイクル」という∀ガンダム任務
 同作では、各地にマウンテンサイクルという遺跡が存在し
 ナノマシン土壌によってMSなどが保護され
 埋まっている

 その“ナノマシン”の由来は、同作終盤にて明らかとなった。

発掘中、モンスターに遭遇したらしいリク達! まあ懐かしい!!

00046
00002
g3160195
g3254803
 バイアランとは、機動戦士Zガンダムに登場、改造機がUCに登場した試作機だが…。

モンスターコックローチバイアラン
 1980年代SDガンダム外伝「伝説の巨人編」に登場した、変に印象に残る怪物
 当時、バイアランについて知らなかった少年少女に
 強烈な偏見を植え付けた

 後年「戦士バイアラン」という、割とカッコイイのも出ているが影が薄い

 そのインパクト、まさにGのレコンギスタであった。
 
ミッション「リンゴ少尉は金の林檎を求めて」

00047
00048
 一番背が高いからかもしれないけど、よりによってコーイチさんが!

やっぱり落ちた!
 Gレコにリンゴ少尉という、強烈な名前を持つキャラクターが登場
 主人公らの捕虜に、やがて味方になるという青年で
 リンゴ・ロン・ジャマノッタという
 ジャノマッタ!

 面白い名前ですよねケルベス中尉殿!

ミッション「宇宙中生代サバイバル」

00049
00001
 OVA「夢のマロン社宇宙の旅」ラストより

YAT安心! 宇宙旅行
 潰れかけの宇宙旅行社のツアーを描く物語で、パラレル一年戦争の只中に飛んでしまい
 最後には、この恐竜達に追っかけられるラストになるというもの
 無論、インディガンダムは登場しない

 余談ですがツアコンのアッガイが、cv池田秀一氏、シャアで赤井さんだったりする

 もちろんアムロ・降谷、cv古谷徹氏も演じている。

ミッション「強釣突破作戦」

00051
00001
1000105837_5
 前回も活躍した「ザクレロ」、その鯱を釣るというミッション

強釣突破作戦
 SDガンダムでは、ジオン系のシャチホコといえばザクレロ!
 戦国伝 暴終空城(ア・バオア・クー城)の章では
 両軍が支配権を奪い合いました

 ガンプラバトル漫画超戦士ガンダム野郎では、F91改造機・千生将軍にも採用

 主人公機として作られ、紆余曲折を経る事となりました。

ミッション「巨神ゴーレム」

00052
00053
 見たまんま、「タライゴーレム」というSDガンダムフォースに登場するモノ
 また、巨人といえばサイコゴーレムですが
 今回は巨神。
 神!

 漫画に、“伝説巨神vsガンダム”という、アムロ達とイデオンが戦う作品が存在する

ミッション「ガンダムエアレーサー」

00054
00055
00056
 ガンダムで複葉機といえば、Zガンダムでベルトーチカが乗ってくる

エアレーサー
 Zガンダムでアムロと恋仲になるベルトーチカは、宇宙時代なのに複葉機を使用
 彼女は、逆襲のシャア初期稿ではアムロの子を孕む予定だったが
 諸事情で没となり登場しなかった

 そちらはベルトーチカ・チルドレンとして小説化され、近年漫画となる

 また、∀ガンダムでも複葉機が“兵器”として登場し
 MSに立ち向かう蛮勇を見せた

 ちなみに立ち向かったMSは、40m(サイコガンダム並!)のウォドムである。

ミッション「カジノのララァ」

00057
 ララァとは初代ガンダムに登場したヒロインで、アムロとシャアのトラウマとなった

カジノのララァ
 ララァは終盤で登場しますが、やけに自己評価が低い以外は出自不明
 富野監督の小説では、売春宿で働いていたと描写されるも
 あくまで小説版としての扱い。

 初代を大胆に再解釈したジ・オリジンでは、カジノ荒らしに使われていた

 ニュータイプの勘を使ったもので、シャアと出会う事になる

ミッション「バイク乗りの矜持」

00058
 機動戦士Vガンダムに登場するバイク戦艦「アドラステア」

バイク乗りの矜持
 地球をバイク乗りの楽園にせんとする、ドゥカー・イク大尉の発案により誕生した兵器
 と書くとコミカルですが、地球環境の汚染源を踏み潰す兵器で
 地球クリーン作戦の要でした

 要は都市や人を、核などを使わずに排除し、環境改善を図るもの

 背景のガンプラは「ガンプラビルダーズ ビギニングG」より

ミッション「震える鳥居と山」

00059
 震える山とはOVA「第08MS小隊」のサブタイトル

震える鳥居と山
 厳島神社らしき海上鳥居で、同作のモビルアーマー「アプサラスⅢ」と交戦
 同作は、初代ガンダム同時期という設定の作品で
 連邦軍本拠地ジャブロー強襲兵器

 宇宙から直接ジャブローを襲い、巨大メガ粒子砲で撃ち抜くというプラン

 本機開発者と、知将ロンメルの声が同じなので
 本作でもパロディが描かれています

 開発者ギニアスは本機開発に命を懸けており、友軍すら排する非情さを見せました

ミッション「ロンド・ベルだけにいい思いはさせませんよ!」

00060
 駄目だ、摩擦熱とオーバーロードで自爆するだけだぞ! もういいんだ。みんなやめろ

やってみる価値はありますぜ!
 逆襲のシャア最終盤、“人の心の光”で感応したパイロットたちが敵味方問わず集結
 衛星基地、アクシズを押し返した事件を再現したミッション!
 後に「アクシズ・ショック」とも呼ばれた

 押し返した原因、サイコ・フレームを全身に使っているのがアヤメ機の原型

 そのオマージュで、アヤメの零丸はフレームが緑色発光している。

ミッション「富士川、夕日に染めて」

00061
00062
00065
00066
00067
00068
00071
 初代ガンダム第28話「大西洋、血に染めて」のオマージュ

今週のコーラサワー
 富士川とは静岡に流れる川で、静岡にはガンプラ製造のバンダイ本社がある
 以上、半分まで終えたところで“マッチングバトル”を確認
 オーガの名を見つけたリク

 リクを初めて敗北させた彼と、順調にいけば決勝であたる事になる

 一応、同ブロックにモモ、コーイチさんもいるものの
 予告では激突しているようだ

 また、ここでコーラサワーのノルマも。

ナミ『……何、あれ…?』

00072
 先の会話の、運営「ガード機」。各作品量産機を組み合わせたデザイン
 面白いのは、各ガンダム作品や、「ダグラム」にも似た頭部と
 直線と曲線が入り混じった本体デザイン

 大抵、主人公が属す組織だと直線が多く、敵組織は丸みを帯びた線が多い

 両方が混ざった、ハイブリッドなデザインとなっている。

『ガード機?』『何故こんなところに?』

00073
00074
00075
00076
00077
00078
00079
00081
00083
00085
00086
 エミリア達のところに出た四角頭は、「ダグラム」系デザインとなっていた

ガード機
 また、フェス回と前回で登場したカナリとステア、彼女らの女子フォースも登場
 二人同様、ガンダムSEED系を踏襲したキャラメイクで
 母艦も「アークエンジェル」らしい

 前回のレース参加者、BD、百鬼、シャノワールネオなどに出現

 プレイヤーへの、スキャニングが任務だったらしく
 無言で解析をスタートする

 なんとまあでかいスキャナーであろうか

ナミ『がーどき?』

00089
 運営側が出している機体で、ゲーム内を巡回、プログラムで動く無人機
 何か問題があった場合、速やかに解決手続きをとる
 という動作をプログラムされている

 各地に現れた機体は、レース参加者をスキャン、無言で去っていく。

ナミ『へぇ~…、なんか不気味ね』

00090
00091
00092
00094
00097
00103
00104
00110
 いやああああああ!?

セーフティエリア
 やはりサラはスキャン失敗、ダイバーID、どこからゲームしてるか情報が掴めず
 ガード機は、彼女を捕えようとして追い詰めてしまい
 前回同様の現象を引き起こす

 際し、“安全地帯”な為、リクはガンプラを持ち出す事が出来なかった

 何も出来ない彼の前で、サラが発光現象を起こしガードを止める… 
 だけかと思いきやそうじゃない!

 続いて起こった現象は、ブレイクデカールそのまんま!

GM『システム復旧、急げ!』

00112
00114
00116
00118
00119
00125
00127
 ていうかコレ、ブレイクデカールの時と同じような!?

吹けよ風、呼べよ嵐
 急な悪天候、フィールドを破壊する嵐に、アヤメは先日のレースを連想したが
 実は、BDビグ・ザム事件同様に影響は広く広がり
 他サーバーにまで拡大

 物理的に別のコンピュータで動作する、タイガー達のエリアまで破壊は及んだ

 お馴染み、多目的カウンターも停電のように停止し
 運営室さえ暗転

 ガード機も、より怪しい動作になってしまう

落ち着いて、サラ!

00133
 駆けつけたのは結晶鳳凰! “彼女”は流暢な標準語で喋り、真の姿へ移行
 元ネタ同様、SD戦国伝での天帝(神様)の使いの姿となり
 ガード・プログラムを分解してしまった

 不可解な! 鳳凰なのに突撃技を使わないとは!!

“トリさん”『…一時的ですが、バグを抑え、ガード機の機能を停止させました』

00134
00136
00138
00140
00145
 初めましてBDの皆さん。私はGBNの開発者。このGBNのメインシステムを作った者です

開発者
 コミカルな姿に似合わず、理知的な女性の声から飛び出した発言!
 運営どころか、ゲームそのものを作った人物
 故に特権的な行動が出来るらしい

 第15話ロータス・チャレンジでの登場以来、正体がようやく明らかに

 長かった…!
 実際に運営管理するゲームマスターより、自由に動ける立場らしい

 キャスト欄では「トリさん」となっている。

『さあ、入って? ここはゲーム内に作った私専用のフロア』

00147
 ゲームマスターでもログ、記録をたどることが出来ない安心できる場所
 GBNの事も、隅から隅まで知っていると豪語し
 実際、ガード機を退けてしまったし
 バグも押さえ込んだ

 さて、呼んだ理由を語る前に、まず「新たなバグ」について知っているか確認。

トリ『バグの原因は…、彼女よ』

00158

 単刀直入に言うわ
 彼女は、実際に肉体があってGBNにログインしている、普通のダイバーじゃない
 彼女は、このGBNという電脳空間の中で生まれた

 いわば電子生命体なのです 


00159

 GBNにログインする時
 ガンプラをスキャンするわよね?
 取り込んだ時のガンプラのデータの総量を100%と仮定します

 しかし実際には
 GBNで再現された時、ミッションやバトルに伴うデータの伝送の際
 ほんの僅か、100万分の1程度だけど…

 小さな余剰データが発生している事に…、私は気付いたのです


00160

 開発者の私ですら
 予想していなかったその余剰データ…

 私は、それをダイバーによる、ガンプラへの想いだと思っています

 そして、その小さなデータが寄り集まって生まれたのが…
 彼女、サラ。


00161
00162
00169
00171
 サラの正体は、ガンプラに込められた想いが寄り集まり、自我を得たもの。

“サラ<本質>”
 いつもひょっこり現れる彼女は、そもそも現実には存在しない人間だった
 プレイヤー達が、ガンプラを作る時に込めた想いまで
 スキャナーはデータ化していた

 彼女がガンプラや、ガンプラに込められた想いを感じるのはそのものだからか

 それは客観的には、予期しなかった余剰データの集合体であり
 データの塊であるのは他と変わりません

 膨大な判断基準を蓄積した、高度なAIといったところでしょうか。

トリさん『このGBNの中で生まれた命を、見守ろうと思った』

00177

 理論的に可能性はあった、でも、実際の彼女を確認したのはつい最近
 それから、ずっと私は彼女を追っていたわ

 このGBNの中で生まれた命を、見守ろうと思った

 でも彼女の成長スピードは、私の想像を遥かに越えていた
 それは多分、あなた達と出会ったから…


00176

 それから私は、ある事に気が付いた
 彼女が成長するにつれて、バグが発生し始めたこと

 そしてその発生数は、とてつもない速さで増加し続けているという事

 彼女が成長し、記憶と感情を増やしていくにつれ
 それがシステムへの圧迫を始めていたの


00000
00001
 誕生したのはおそらく第1話冒頭で、本編の数年も前のこと。

成長するデータ
 長らく問題とならなかったのは、彼女が孤独で、何も学べなかった為でしょうか
 しかし第1話、リク達と出会って「人間」として行動をはじめ
 記憶と感情を増やしていった

 ゲーム上のリクは、人間リクが、ゲーム上で行動する窓口に過ぎません

 サラは人間に匹敵するデータの集合体
 そんな“膨大な単体データ”なんて、システムの想定外すぎる!

 冒頭も、だからキャパシティ云々が出てたのね

『でも、それが変わってしまったのが、あのBD事件なのです』

00188


 彼女の成長に伴って、発生してしまうバグ…
 確かにそれ自体は決して大きな損傷ではなく、システム内で抑制できるものだった

 でも、それが変わってしまったのが、あのBD事件なのです


00190

 あの時、サーバーを飛び越えてシステムを浸食していったBDに対抗する為に
 あなた方は、大きくサラの力を解放した
 あの、光の翼という形で

 プレイヤーの想いに感応して、無意識に生み出されたそれは
 BDの影響を打ち消すと同時に

 サラの因子を、GBN全体へと振り撒く事になってしまった


00191

 その為に、彼女の成長に伴うシステムの圧迫は
 GBN全体に及ぶようになってしまったのです

 システムには、今はまだ余裕があります

 ですが…、
 それもすぐになくなるでしょう。


00192
00193
 下段、サラのメモリーがグングン増え、システム側が先に底を尽くと予想される。

解決策は因子?
 曰く、サラが存在する事自体は構わないそうですが、BD事件が転機となってしまった
 光の翼事件では、BDがサーバを越えてGBNを侵した事から
 サラも対抗して広がった

 BD事件時にサラの因子は、光の翼として噴出GBN全体に拡散

 因子を通じ、サラ存在による負荷が
 他サーバにも発生!

 逆に言えば、この「因子」さえ取り去れば、サラは存在しても良いのでしょうか?

『このまま彼女の成長が続けば、システムへの圧迫が更なるバグを引き起こし』

00195

 このまま彼女の成長が続けば、システムへの圧迫が更なるバグを引き起こし
 加速度的に世界は崩壊へと向ってしまう

 おそらく、そう遠くない時に、GBNは終わってしまうでしょう。

 BD以上のバグを生み出し
 やがてGBNそのものを破壊してしまう存在

 それが、彼女なのです。


00198
 サラという巨大データの負担で、想定外の動作、バグが起こってしまう

データ総量
 BDの時は、偽データを本物と誤認させる為、システムに負担がかかっていました
 同様に、サラのデータによる圧迫がバグ=不具合を増やして
 不具合は更なる不具合を

 一見小柄な彼女が、膨大なデータとしてGBNをパンクさせてしまう!

 彼女が存在するだけで、想定外の負荷がGBNを襲う!

『恐らく、そう遠くないうちにGBNは終わってしまうでしょう』

00200
 ゲームデータの保管場所が、サラとバグでいっぱいになってしまえば
 プレイヤー達の、新しいデータが書き込めなくなり
 もうどうにもならなくなってしまう

 ハードディスク容量がなくなったパソコンは、まともに動作しませんものね

トリ『さっきのガード機で、運営側も彼女の存在に気付いたはず』

00203

 さっきのガード機で、運営側も彼女の存在に気付いたはず
 間違いなく彼らは、バグを消滅させる為に
 修正パッチを作成するでしょうね

 そして、躊躇いもなくそれを実行する。そうすれば……。

 バグを完全に消滅させる為には
 彼女の人格データを、完全に破壊しなければなりません

 彼女の存在が消える、死ぬ、という事です。


00204
 現在はサラという巨大データで、負荷がかかってバグが起こってる状態

サラの死
 そこでバグが起こらないようにする、原因の負担を消す、原因はサラというデータ
 サラの人格データを修正パッチは破壊してしまい
 彼女は死ぬ。

 阻止する為には、パッチの作成、実施を止めるのが必要という事か

リク『そんなの、信じられないですよ!』

00205
 リクが叫んだのは、そもそも、サラが電子生命体なんてウソっぱちだと
 サラが、普通の「プレイヤーが操作する為の端末」なら
 データ量はペラッペラ!

 そもそも、誤解なんですよ! とリクは叫ぶも…。

トリさん『そうね…、なら彼女に聞いて見ましょう』

00210

 そうね…、なら彼女に聞いて見ましょう

 あなたはどこで生まれたの?
 リアルの名前はあるの?
 年齢は?

 いつログアウトしているの?


00213

 私…、ずっと皆に謝りたかったの

 皆に言う、“リアルの世界”って言うのが、私、解らなくて…。

 でもそんな事いったら、皆から変に思われるかも、嫌われちゃうかもって…。
 だから私、ずっと言い出せなくて…。


00216
00217
00219
 ごめんなさいサラ…、誰も、あなたを責めるつもりはないの。

言えなかった
 サラも苦悩していた、言い出せなかったのは、嫌われたくなかったからなのだ
 彼女にとっては、「彼女の世界」こそ当たり前で
 ログアウトなんて解らない

 外の世界って何だろう、でも聞けない。聞いたら聞き返される

 多分、彼女の急成長、データが急に膨れ上がった原因の一つ
 疑問を持った事も大きいのでしょう

 楽しい面白い、皆のこと、そして“私は何なんだろう”と。

トリ『何とかあなたを助けたい、その為に、色々なシミュレーションをしたわ』

00224

 何とかあなたを助けたい、その為に、色々なシミュレーションをしたわ 
 別のHDD(ハードディスク)に移すことも考えた
 でもダメ

 サーバーに繋いだものでは、どうしてもシステムに影響を与えてしまう

 仮に移せたとしても
 転送の際に、彼女の人格データを傷つけてしまう危険性もある

 私は運営側よりシステムを熟知し
 プログラムの技術も上だと自負している…、

 それでも、突破口が見つからない


00226
00228
 彼女が存在する事が、システムに悪影響を与えるなら、移せばいい。

八方塞
 しかし現状でも、因子を介して全域に繋がる彼女の影響は消せないし
 ゲームから隔離すれば、それはただのデータに過ぎない
 電源を切られたコンピュータ同然

 何よりデータを移す際、エラー、データ破損が起こる危険があります

 逆にGBN側を増やしても!
 そもそも、青天井に増えるデータがどうしようもないって話なんですし。

 サラが周りを傷つけない、改善する手段が必要。 

コーイチ『どうして…、そんな話を僕達に?』

00230
00232
 そうね…、もしかしたら私は、あなた達に期待しているのかもしれない

抱え込んできたもの
 彼女がこれまで動かなかったのは、運営に気付かれるリスクを下げる為か。
 運営は、“GBN存続最優先”だから相談できない
 でも

 私と同じように、彼女を助けたいと思ってくれる、あなた達に…。

 リク達は違うと信じられる
 口にはしませんが、トリさんにとってサラは我が子同然なのでしょう

 言葉は優しく、思いやりに溢れたものでした。

キョウヤ『バカな…、サラ君が電子生命体!?』

00239

 我々は、エルダイバーと呼称する事にした
 私も最初は自分の目を疑ったさ

 だが、出てくるデータを調べれば調べるほど、そう結論付けざるを得ない

 しかも
 シミュレートした結果
 彼女をどこかに隔離したとしても、他のサーバーにまでバグが侵食してくる

 その勢いは、ブレイクデカールの時以上のものだ


00244

 既に、システムへの圧迫が観測されている
 このまま放置しておけば、数ヶ月ともたずGBNは崩壊する
 我々は修正パッチを制作している

 バグと、“サラ<その起源>”を、排除する為に。

 我々はエルダイバーと呼称しているが
 彼女は紛れもなく、データ上だけの存在、バグと同じものだ

 GBNの安定化を図り、全プレイヤーのプレイデータを守る事

 それが我々の使命だ。
 解るはずだ、キョウヤ。


00245
00246
 それは…、サラ君を抹消するという事か

エルダイバー
 名付けとる場合でもありませんが、運営は彼女を非正規なデータ
 即ち、バグと同じだと判断し抹消を決断
 全てはGBNを守る為に

 言い方はアレですが、運営の鑑とも呼べる最善を選ぶ事に

 電子生命体の誕生
 彼らが、存在の公表などの名誉を求めないのは…、まあそれはそれ!

 これはこれ!

サラ『ごめんなさい…、少し独りで考えたい』

00247
00248
00252
00258
00259
00260
00261
00263
 でも…、ホントなのかな? あの話? 実はドッキリとか何とか…?

でも本当にそうなのかな…?
 救いはドッキリ、トリとサラが組んでこちらを騙そうとしているパターンくらいですが
 サラの深刻さ、またガード襲来やバグ発生等々
 起きた事態が大きすぎる

 あそこまでやって、ビルドダイバーズを騙しても何の得もないはずです。

 この場合、突然ガードが現れたAパートラスト辺りから
 全部が芝居じゃないとダメ

 それは流石にありえないだろう、と。

コーイチ『サラ君が電子生命体だったとして、これからどうする?』

00266
 運営側は、サラの正体を確定させ、修正パッチ作成に着手してしまった
 守ろうにも、リク達はプログラム面には全くの素人で
 プロでも答えは見つからなかった

 しかしコーイチは、ユッキーの言葉に「トリの言葉」を思い出す

ユッキー『バグだって、プログラムの抜け穴とか、想定外みたいなものなんでしょう?』

00267

 何とかあなたを助けたい、その為に、色々なシミュレーションをしたわ 
 別のHDD(ハードディスク)に移すことも考えた
 でもダメ

 サーバーに繋いだものでは、どうしてもシステムに影響を与えてしまう


00269
00271
00273
 別の…、ハードディスク…?

別の記憶場所
 コーイチは、果たして何に気付いたのでしょうか、影響を与えない移し先?
 また、バグとはそもそもプログラムの抜け穴
 想定外なもの

 これらが合わさり、“親友でハッカーのツカサ”どう繋がる…?

 GPDなら、GBNに似てる上に非ネットゲームであるはず
 アレに一時的に移すとか?

 以前、サラが位置を付き止めている為、ネットに繋がってる可能性もありますが。

マギーさん『はァ~い、皆元気ィ~♪』

00275
 元気なカマ声を聞かせてくれたのはマギーさん、ロビーの主である彼は
 サラが、ロビーをどんよりと歩いていったのを気にかけて
 皆に連絡してくれたらしい

 この人、ホント底抜けにいい人だな!

サラ『“ごめんなさい。さようなら。”』

00277

 運営より、お知らせがあります
 GBN内で、最近数多く発生しているバグに関して
 その発生原因を突き止めました

 彼女の名前はサラ。彼女は人間ではありません

 このGBN内で発生した電子生命体
 エルダイバーなのです

 そして、このままその存在を放置しておけば、GBN全体が崩壊する恐れがあります


00279

 しかし心配はありません!
 現在、運営側が適切に対処し、修正パッチの作成を進めております

 もし、GBN内部で彼女を見つけましたら、むやみに接触せず
 すぐ運営までご連絡ください

 繰り返します。
 
 彼女の名前はサラ。
 このGBN内で発生した電子生命体
 エルダイバーなのです


00280
00281
00283
00285
00287
00289
00290
00291
00293
00294
00295
00296
00297
00298
00299
 運営はリク達が何も気付いてないと捉えたか、手紙を確認するや姿を消した

運営の完璧なる対応
 目下の問題は、ガード機のように、彼女が何かに触れてバグを起こす方が問題
 そこで運営はGBN全体に迅速に情報を公開し
 触れないようにと告知

 ただプレイヤーは、“これもイベントか!”と受け止めたんじゃないでしょうか

 ナデシコアスロンのようなイベント!
 仮にそうなら、事件解決後、サラは問題なく復帰できるはず。

 だってGBNの皆は、面白い事が大好きだから!

予告リク『サラ…、どこに行っちゃったんだ?』

00302

 リク「サラ…、どこに行っちゃったんだ
 ユッキー「何か…、凄い事になったね。運営からの放送まであって

 モモ「でもサラちゃんは、何も悪い事してないじゃん!
 モモ「何とかしてあげようよ!
 アヤメ「その為にも…、彼女を見つけないと!

 コーイチ「それと、解決法を探さなきゃ! サラちゃんと、GBNを救う方法を!

 リク「そんな時に…、どうしてオーガさん!?
 リク「次回、「君の想い」

 リク「聞かせて欲しいんだ、俺はそれが知りたい!


00313
 運営はキョウヤやロンメルを集め、会談を取り持つ。また「開発者」とも対峙し…?

運営と開発者
 開発者であるトリさんはサラを救いたい、だからこそ秘密裏に行動してきたようですが
 いよいよ運営と対峙…、背景がマグマなのは一体?
 ロンメルさんはサラの味方だよね!

 予告ではオーガが怒ってる様子ですが、リク君こそ解っちゃいないな!

 次回、まず「サラ自身はどうしたいか?」を確かめて
 共に立ち上がるところからでしょうか

 トリさんは、おそらく運営相手に時間を稼いでくれているんでしょうが…?

リクが解ってないオーガの怒り! これ絶対、すっぽかした奴や!!

00067
 リクはまず間違いなく、マッチングバトルをすっぽかすんでしょうね

オーガ怒りのバトルストーキング!
 対し、俺との勝負をすっぽかすとは何事だ! と怒るオーガとガチバトルか!
 怒るオーガと、こんな事してる場合じゃないという気もそぞろなリク
 勝負になるとは思えません

 本来なら乗越えるべき壁で、物語の尺的には最後のチャンスか

 リクとの戦いは、彼のやる気、邪魔が入ってばかりで完全燃焼出来てないオーガは…?

オーガ新型待望のお披露目! ベース機は宇宙世紀で人気の「GP-02」

00299
00309
00008
 本来は核弾頭が魅力、機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYより

ガンダム試作2号機
 大戦期のドムなどの流れを継ぎ、Zガンダムでのリック・ディアスに繋がる重MS
 悪党顔と、パイロットであるガトーの迫力で別格の存在感を持ち
 本作では00系の太陽炉も搭載か

 汎用機を重MSに改造するオーガさんなので、重MS採用はピッタリ

 核がなくても、核をベストポジションで放つ為の突破力
 耐える為の重い装甲が魅力

 10年以上前、ABS樹脂を多用した古いキットですし、プレバン限定か完全新規となるか?

鍵はバグとハードディスク(記憶装置)。コウイチさんはツカサを頼り…?

00306
 バックにはGPDの筐体、コウイチの背景から、チーム拠点だったプレハブ小屋か

ツカサの卒業?
 サラをGBNから完全に隔離したい、GBN前身で、互換性があるGPD筐体に転送?
 際し、サラ受け入れに、GPD側のデータをカラッポにして
 二度と使えなくする気がします

 仮定に仮定ですが、ツカサのGPD卒業が描かれるんじゃないでしょうか?

 性格的には、コウイチとツカサでガチバトルが起こりそうですが
 制作体力的には無理ですかね…

 でもツカサの性格、絶対バトルを挑んでくる気がします。

感想追記

 運営機GBN -ガードフレーム 
 ナナミさんは「ザクレロ」をチョイス    

運営ガンプラの設定画公開! GBNガードフレーム

00001
00085
00016
 頭部バリエーションは豊富で、完全にダグラムなものも(画像はプラモ狂四郎より)

ガードフレーム
 どっかで見たような形状の集合体! 一見は連邦系ながらジオン系の丸指だったりも
 フレームの名の通り、設定画では足に接続軸が露出しているなど
 本気だと武装するらしい。

 決戦は、バグった本機が大量に出現、立ちはだかるパターンなのでしょうね

 バギーのバンパーのようなフレームが、足にくっついてるのが独特

ナナミさんが二個もガンプラを用意したのは、サラの分だったらしい

00491
00001
00002
 初代ガンダム登場のモビルアーマー(人型じゃない大型兵器)

ザクレロ
 SDガンダムのお約束となるメカで、本編では活躍はしていません
 SDざくれろの方を、サラちゃんの為に作るんでしょうか
 コーイチさんも大変だ!

 次回、「君の想い」でサラの消えたくない意思を確かめ、贈る感じ?

 ナナミさんの性格上、結構兇悪な改造しそう…?

2018年8月21日 ガンダムビルドダイバーズ 第20話「真実」

00103
 せっかく大張作画監督回なのにバトルシーンほぼ無し?!

スタッフ
 脚本:木村暢
 絵コンテ:西澤晋
 演出:久藤瞬
 キャラクター作画監督:千葉道徳、小谷杏子
 メカニック作画監督:大張正己
 アニメ制作:サンライズ
 原作:オリジナルアニメ

あらすじ
 ナデシコアスロンをきっかけに、ビルドダイバーズの新メンバーとして加入することとなったナミ。兄を巻き込んだガンプラバトルのデビュー計画を既に進めていたナミだったが、よりGBNを楽しむためリク達にあるお願いをする。

次回、モルと共に去ってしまったサラ。リクに襲い掛かる新生オーガ!!

00260
00289
 上が3話のデビルガンダム(色以外は原典と同じ)。改造機登場らしい?

終わりの始まり
 このおそらく、このオリジナル巨大デビルガンダムが、ラスボス的に暴れるのか?
 で、イベントと勘違いしたダイバーたちと共闘する事になって…
 みたいな?

 事態はGBN存続と天秤、キョウヤとリクも、今度こそ全力で激突する時か!

 第1話冒頭、サラが目覚めたように見えるシーンも解決
 システムだとやはり生身じゃなかったか…

 モルが実は同類で、寂しくないよ。的な流れになっていくんでしょうか?

 次回、ガンダムビルドダイバーズ 第21話「君の想い」

ガンダムビルドダイバーズ 第20話 感想

 冒頭
 Aパート
 報酬ミッション!
 今週のコーラサワー
 Bパート
 サラの正体
 サラの問題
 次回予告
 感想追記  
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る


 主役機:MG ポリポッドボール
 主役機:MG ガンダムストームブリンガー
 GBWC Episode.0-A Fight for your right(to party) 〜心の準備はいいかい?〜
 GBWC Episode.0-B kickstart my heart 〜闘志ってヤツを蹴り上げろ!〜
 GBWC Episode.1-A Are you gonna go my way 〜 自由への疾走 〜
 GBWC Episode.1-B Heart of Glass 〜 割れたこころ 〜
 GBWC Episode.1-C Wish You Were Here 〜 あなたがそばにいて欲しい 〜
 GBWC 第1話「ヨシ/ゼータキュアノス」


 ガンダムビルドダイバーズ プロローグ
 ガンダムビルドダイバーズ 第1話「Welcome to GBN」
 ガンダムビルドダイバーズ 第2話「百鬼オーガ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第3話「守る者」
 ガンダムビルドダイバーズ 第4話「霊山の虎狼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第5話「聖地・ペリシア」
 ガンダムビルドダイバーズ 第6話「過去と未来」
 ガンダムビルドダイバーズ 第7話「フォース戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第8話「フェス!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第9話「オーガ再び」
 ガンダムビルドダイバーズ 第10話「有志連合」
 ガンダムビルドダイバーズ 第11話「アヤメの涙」
 ガンダムビルドダイバーズ 第12話「光る翼」
 ガンダムビルドダイバーズ 第13話「決闘 -デュエル-」
 ガンダムビルドダイバーズ 第14話「新しい力」
 ガンダムビルドダイバーズ 第15話「ロータス・チャレンジ」
 ガンダムビルドダイバーズ 第16話「再会、友よ」
 ガンダムビルドダイバーズ 特別編「夏だ!ガンプラバトルにダイブ!」
 ガンダムビルドダイバーズ 第17話「共同戦線」
 ガンダムビルドダイバーズ 第18話「男の意地」
 ガンダムビルドダイバーズ 第19話「ナデシコアスロン」
 ガンダムビルドダイバーズ 第20話「真実」
 ガンダムビルドダイバーズ 第21話「君の想い」
 ガンダムビルドダイバーズ 第22話「誓う心」
 ガンダムビルドダイバーズ 第23話「宿命の二人」
 ガンダムビルドダイバーズ 第24話「決戦」
 ガンダムビルドダイバーズ 第25話「新しい世界【最終回】」