公式サイト 異世界食堂 4巻 感想 レビュー 考察 画像 キャプチャ 内容 ネタバレあり 原作:犬塚惇平、作画:九月タカアキ アニメ全話視聴後 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
異世界食堂を終わらせる鍵”。託してくれた、その人は

00091
00090
00083
00088-
始まりと終わりとエビフライが同居した最終巻は、物理的にも内容もブ厚い!
 店長の祖母、異世界と繋がった一因らしい“英雄ヨミ”来店
 意味深に、“扉”を機能停止させる鍵を託すも
 詳細・続きは原作で!

 今日もねこやは、扉を開けた方を幸せにしているのです…♪

おしまい!
 最終話、おまけ! カバー下! 三段階の“最後”が楽しかった!
 届かない目標と比べるより、日々頑張りましょうエンド
 気付かせたアレッタさん可愛い!
 いい…、笑顔です

 BBQに肉の日、ポテトチップ! “皆でわいわい”も漫画版の魅力だったわ!

異世界食堂 4巻 感想

 第19話「バーベキュー」
 第20話「コーヒーフロート&クリームソーダ」
 第21話「クリームシチュー」
 第22話「パウンドケーキ」
 第23話「ビフテキ」
 第24話「ツナマヨコーンパン」
 第25話「あさごはん」
 第26話「ロースカツ」
 第27話「ポテトチップ」
 第28話「コロッケ」
 第29話「とん汁」
 あとがき/オマケまんが 
 これまでの感想

外部サイト
 原作WEB小説「異世界食堂」

新キャラに既存キャラ! コマからはみだしそうな賑わいだった!!

00075
 そしてこの姫様。第27話、さすがのご注文だった!

あらすじ
 洋食のねこやは、戦後日本に、異世界から漂着した勇者ヨミと
 当時、屋台を切り盛りしていた「山方大樹」が出会い
 築いた店だった

 二人が結婚して二十年後、店は「異世界食堂」となる

 やがて更に三十年後の今
 店主は孫に代替わりし、ヨミは店から去っていた

 久々に訪れたヨミは、“異世界食堂”を終わらせるマスターキーを託す

 店を立派に継いだと認めた証に、現店主・孫は戸惑うのだった【完】

第19話。先代がやっていた、バーベキューをやってみようの日!

00016
00029
00030
00031
00034
00040
 アレッタさんの食欲も大暴走する日!

第19話「バーベキュー」
 クソ忙しいさなか、店員が客席で堂々まかないを食べる…!
 もちろんニコヤカに、これが旨いあれが旨い!
 と勧める常連の楽しさよ

 バーベキューって美味しい! 美味しい! 美味しそう!?

 美味しそう、と食欲崩壊するアレッタさん可愛いし
 店の皆の距離感が楽しい

 串を両手に持って200万パワー!! いつもの2倍勧められ400万パワー!

 そして、いつもの3倍の食欲を加えれば

 店主! お前を料理量をうわまわる1200万パワーだーっ!!

第20話。凛々しい王子は、「麗しの君」に夢中ッ

00041
00042
00043
00044
 麗しの君=アーデルハイド様、夢中になるのも至極当然…!

第20話「コーヒーフロート&クリームソーダ」
 アニメ化もされた兄妹と皇女のお話。王子様が凛々しいのよねー
 母国では、異世界食堂から持ち帰った食べ方
 冷やしカッファを広めた人気者

 驕らず穏やかな王子なのに、好きな人の前では思春期!

 今回の料理、苦い(炭酸)と甘い上物のギャップを
 人間関係にも転ずるのが妙

 特に皇女アーデルハイド様は、「狭い世界の人」だったから…

 と、「出会いの妙」へ繋がっていくのが素敵です

第21話。“お客を引退する”エルフへ、先代店主が贈った特別料理とは

00045
00046
00047
 八年かけ再現に成功、食べたファルダニアさんも大興奮だったとか

第21話「クリームシチュー」
 餞別…、といっても、レシピを贈らないのが男前な先代!
 贔屓したら、たいへんなことになっちゃうし!
 とまれ「乳製品不使用」

 あちらでエルフでも作れ、食べれるクリームシチューを贈った店主

 今回は10年前の話で、収録1話目に続き「先代」がちらちら
 最終巻の話なんだなと感じました

 なお正解は豆乳。豆油で炒めて用いたのだとか

 汁をたっぷり吸ったキノコも美味しそう!

第22話。四英雄の一人、聖人が広めた「嗜好品断ち」の修行…!

00048
00049
00050
00051
00052
 お前の「心」が! 「おかわり」を要求しているんだぜ!! by読心のクロさん

第22話「パウンドケーキ」
 向こう世界で、嗜好品断ち“出来ている”高司祭さんのお話
 負けてる! 即オチ2コマですよ禁欲さん!
 心が体に素直すぎる話
 完敗じゃん!

 ねこやではケーキを、同じビルの洋菓子屋から仕入れていて。

 彼女、「よく食べる」と洋菓子屋さんにも噂になるレベル
 畳み掛けるような追加!

 食べてはいけないから美味しくて! 食べるから店もサービスしてくれて!

 後の法皇である…、のナレーションまで面白すぎたわッ!!

第23話。恐れられる“怪物”は、向こうで敬遠される“最高額料理”を!

00053
00054
00055
 なお当人らは、今もいたって幸せであったという…ッ!

第23話「ビフテキ」
 迫害された吸血鬼が、向こうでは「不味い」牛肉を堪能するお話
 食肉専用に、たくさんエサを食わせ美味しく太らせるには
 社会に、余裕が必須なのね
 王侯料理って奴!

 あちらで食べられる牛は、乳牛・農耕牛の「廃牛」がメイン

 向こう世界では、共に嫌われ者な両者が響きあう…!
 まあ当人らは幸せそうですが!

 吸血鬼ロメロと領主の娘ジュリエッタが好きあい、眷族とした関係なのね

 どちらの壁を殴ればよろしいでしょうかお客様ァ!!

第24話。アレッタさんにプレゼント! 近所のパン屋の息子さんから…

00056
00057
00058
00059
00060
 特に作中、出番がないプリン姫が(扉絵で)読者を襲うッ!

第24話「ツナマヨコーンパン」
 ふっくらプチプチ、噛み締めるたびコントラストが最高なパン!
 マヨほか塩気でコクある中、甘いコーンがたまりません
 ねこやに、パンを卸している人気店
 ベーカリーキムラの人気品

 これを任された息子・将太さんが、アレッタへ贈った!

 やだこのパン、恋の香りがするわ
 香ばしいこと!

 彼女に恋すると、将太さんはいい目をしてますね

 しかも度胸もいい! カレーパンも食べたいよ!

第25話。こうして“洋食のねこや”は始まった

00061
00062
00063
00064
00065
00066
 新旧(?)常連、対決扉絵! お腹が減るじゃあないの!!

第25話「あさごはん」
 九月先生は、絵に楽しさを込めらっしゃるのが素晴らしい!
 ねこやは、異世界から漂着した四英雄の要「ヨミ」と
 山方大樹が出会って始まった

 出会って恋して、ねこや開店から二十年目に“ロースカツ”と再会へ

 おヒゲの先代も、若い頃は店長そっくりだったのねえ…
 でもめっちゃドギマギしてる!

 店を持ち、結婚を申し込もうとした日の「あさごはん」回

 話す度に惚れ直すような、ときめきを感じる回だった!

第26話。先代(夫)が亡くなって10年、店に姿を見せなかったヨミ

00067
00068
00069
 これからは「平日」に来る。異世界との縁を、自ら断ち切ったヨミのお話。

第26話「ロースカツ」
 互いに今生の別れと決意、「じゃあな」で別れる英雄たちが素敵
 同じ好物で、何年も離れても一言も話さずとも
 意図が通じ合える友達との別れ
 七十年目の節目

 店を託し十年、“やっていける”と認めるまでの十年だったのか

 店を孫に譲り、生まれ故郷との縁を自ら断ち切って
 亡き人と生きた世界と添い遂げる

 旦那さん、愛されているんだねえ…

 ロースカツじゃあないけど、良き人生を歩んだと感じる“別れ”でした

第27話。店主は知らない、“異世界ダンシャク(芋)”の正体を

00070
00071
00072
 回想は、パフェに「甘い雲」と解説したおじいちゃん! そして再び現代へ

第27話「ポテトチップ」
 皇女アーデルハイド様の祖父、亡き賢帝・ヴィルヘイム陛下のお話
 アレッタさん、ダンシャク(芋)を育ててましたが
 こちら世界が原産だと

 というか幼い店主が、“諭吉一枚分”と交換しちゃったのね!

 もっとも陛下、あっちでもコロッケ食べたいなぁ…
 と、ささやかな食い意地の行動

 ところがぎっちょん、大帝国へ押し上げる基礎に!?

 各国を飢餓から救った食物は、あっちでも大活躍だった!

帝国で今、大ブレイクしているという「ポテトチップス」は

00073
00074
00075
00076
 無言で立ちあがるテリヤキ、ナポリタンでもうダメ! 腹筋がダメ!

今日も奇蹟を起こしている
 アーデルハイド姫が、ふとした興味で注文したポテチは大評判!
 メニューでは、「デザート」の項目にある為か
 注目されてなかったのね

 大概の味付けに合ってしまう、ポテチとは懐の深い男よ…!

 かくて、各々自分が好きな味付けを主張し
 アレンジ合戦で大白熱に

 この店、いっつも白熱してんな!

 揚げたて塩味に、とろりチョコレイト…! 絶対旨いヤツですわ!!

 ROYCE'が有名ですが、揚げたては無敵です!

第28話。70年ぶりに、大賢者ロースカツを訪ねてきたのは

00077
00078
00079
00080
00081
 四英雄「剣神」アレクサンデルこそ、ヴィルヘイム帝の父だったと…

第28話「コロッケ」
 3巻でカツ丼を倒した英雄が、唐突にロースカツを訪ねてきた!
 でも、はた迷惑でにぎやかで傍迷惑な英雄が現れたのは
 亡き息子の好物コロッケを食べる為…
 沁みるなぁ…

 仲間ヨミ生還、その幸せな戦後、息子の好物を噛み締めるアレクさん

 カラリと、明るい人が秘めていたセンチメンタルな心
 染みますね…、肉汁並みに…。

 アニメ版は亡き息子も、結構「やりかえしてた」のも懐かしい

 向こうの「牛肉」が劣悪なら、肉コロッケもさぞや旨かったんだろうなあ

第29話【最終回】。今日のまかないスープは! そう…、一味、違うのね…

00082
00083
00084-
00084
00085
 肉の日! 蚊帳の外だった菜食エルフにも、特別製をお出しするッ!!

第29話「とん汁【最終回】」
 まかないはぶ…、「とん汁」! 初めて味わう具沢山ミソスープッ!
 最終話は、アレッタさんの感動からスタートし
 店全体がお祭り騒ぎ!

 毎月29日は、味噌汁がトン汁になる「肉の日」サービスデイ!

 29日と、ドヨウが重なる奇跡の日にのみ降臨する
 伝説のスープなのだ…!

 常連の反応も色々で、カツ丼とカレーライス仲良いなオイ!

 子供に優しいガガンポ、さすがリザードマンの英雄よ!

 オムライスオオモリ。オムレツサンコモチカエリ!

日頃、よくぶつかる人たちも楽しく味わう「肉の日に」

00086
00087
 不思議な扉は 今日もどこかで 誰かの訪れを待っている(ナレーション)。

異世界食堂!
 賑やか健やか美味しいねこやは、“どんな人でも”受け入れてくれる
 どんな人でも、「へいらっしゃい!」
 どんな人でも「何食べる?」
 誰かは問わない
 ただそれだけ

 それが居場所を失くしたアレッタに、とてもとても素敵な場所で

 今はアレッタが、「いらっしゃい」を言う側に。
 そうしてまた巡っていくのね

 いい最終回だった!

あとがき/オマケ。「終わらせる鍵」を託された店主は

00088
00088-
00089
 カバー下ハインリヒに電流走る…、サラの後姿は「エビフライ」ではないか?と。

あとがき/オマケまんが
 そこに気付くとは…、やはりcv杉田氏か。フフフいいサード最終回!
 そしてセカンド最終回、おまけ漫画は「店の鍵」
 先代には勝てないなぁって…
 と、軽く凹む話

 でも店長に答えをくれたのは、アレッタさんの笑顔!

 祖父が祖母に、なら自分はアレッタさんや皆に
 イイ顔を贈れる料理人になろう!か

 最終話はアレッタさんが救われ、オマケ最終話はアレッタさん「が」救うのさ!

 彼なりに目指す「店主」へ、いい最終話だった!

収録

00014
 総扉カラーページは第21話より。サクシャサン ガガンポ スキスギナイ!?

 ヤングガンガンコミックス「漫画版 異世界食堂 4巻」。原作:犬塚惇平、作画:九月タカアキ
 ヤングガンガン連載(月2回刊行)。スクウェア・エニックス出版刊行
 2019年6月(前巻2018年7月発売)

異世界食堂 4巻 感想
 第19話「バーベキュー」
 第20話「コーヒーフロート&クリームソーダ」
 第21話「クリームシチュー」
 第22話「パウンドケーキ」
 第23話「ビフテキ」
 第24話「ツナマヨコーンパン」
 第25話「あさごはん」
 第26話「ロースカツ」
 第27話「ポテトチップ」
 第28話「コロッケ」
 第29話「とん汁」
 あとがき/オマケまんが 
 これまでの感想
 トップに戻る

外部サイト
 原作WEB小説「異世界食堂」


 異世界食堂 第1話「ビーフシチュー/モーニング」
 異世界食堂 第2話「メンチカツ/エビフライ」
 異世界食堂 第3話「ミートソース/チョコレートパフェ」
 異世界食堂 第4話「オムライス/豆腐ステーキ」
 異世界食堂 第5話「カツ丼/プリンアラモード」
 異世界食堂 第6話「サンドウィッチ/じゃがバター」
 異世界食堂 第7話「カレーライス/チキンカレー」
 異世界食堂 第8話「ハンバーグ/クッキーアソート」
 異世界食堂 第9話「シーフードフライ/クリームソーダ」
 異世界食堂 第10話「クレープ/納豆スパ」
 異世界食堂 第11話「カルパッチョ/カレーパン」
 異世界食堂 第12話「とん汁/コロッケ【最終回】」
 原作WEB小説公式サイト http://ncode.syosetu.com/n1701bm/


 漫画版 異世界食堂 1巻“ようこそ洋食のねこやへ” おにぎりも美味しいよっ!!
 漫画版 異世界食堂 2巻“実況”チキンカレー! 時の流れに前を向け!!
 漫画版 異世界食堂 3巻“わいわい”激論サンドイッチ!
 漫画版 異世界食堂 4巻【最終回】“異世界食堂の始まり”