公式サイト ヤマノススメ サードシーズン 3期 第8話 感想 ふたつの約束 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 13時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
群馬旅行は素直になれない? 楽しい温泉街、苦闘の地蔵岳!! 両面が楽しい!

00188
00166
00159
原作しろ先生曰く、今回は意図的にフルメンバーじゃない珍しい形式の意地っ張り回!
 子供っぽいあおいに、ひなたがさりげなく合わせるのが定番ですが
 逆で、ひなたが意地を張ってしまうコトに

 前回描かれたあおいの成長、ひなたの依存生まれた距離感が甘酸っぱい!

渋川伊香保温泉が素敵だ!
 365日の繁盛を祈願した石段、山に沿って立てられた温泉街が美しくも面白かった!
 あおいとほのかが、楽しくのんびりやっているのと
 地獄の地蔵岳組が好対比

 今期初の「おしえて!! かえでさん」、赤城山(やま)って総称なのね!

ヤマノススメ 3期 第8話 感想

 ふたつの約束
 教えて!! かえでさん! 赤城山とは総称である
 群馬の名所・伊香保温泉へ
 感想追記
 公式ツイッター
 制作スタッフ
 これまでの感想

もはや「アニキ」と呼ぶ余裕すらなかったほのかちゃん、兄ちゃん可愛がりすぎ!

00149
 兄さん、全くの下心ゼロ。妹をめっちゃ可愛がってて微笑ましい

あらすじ
 ひなたは群馬県赤城山行きの計画を立てるが、あおいと連絡がつかなかった
 翌日、あおいがほのかと群馬行きの約束をしていたと告げられ
 素直になれなくなってしまう

 土曜日、結局ひなたはここなと赤城山地蔵岳、あおいはほのかと伊香保温泉へ

 あおいとひなたは、互いの姿を眼探しながらも、群馬を堪能するのだが…? 

 次回、ヤマノススメ サードシーズン 第9話

あおい『もしもしー、…うん、今お風呂上がったとこ。大丈夫だよ~』

00001
 前回、あおいはバイトに奮闘し、ひなたは独りで出歩く事に一抹の寂しさを覚え
 ここなは母の贈り物に感激し、かえでさんは自由
 ほのかちゃんからは電話が来た

 赤城山の初心者コースへ! ひなたの新しい計画は…?

あおい『紅葉とか綺麗だろうなぁ…、誘ってくれてありがとう、ほのかちゃん♪』

00002
00003
00004
00006
00007
00008
 ずっと話中…、もー、誰と話してんのよぅ(ひなた)。

赤城山に行こう!2面作戦
 前回ラスト、風呂で寝てしまったあおいは、ひなたとの電話をすれ違ってしまった
 もっとも、ひなたと同じ雑誌で赤城山記事を見てる辺り
 相変らず息ピッタリ!

 あおいは群馬のほのかから電話を受け、小旅行に招かれ大乗り気!

 他方、一旦諦めたひなたはかえでさんに浮気し
 赤城山行きの話をした

 セクシーかえでさん、無論当然オッケー楽しそうだと言うも…

『…でも、ごめん、週末は勉強もだけどバイトもしなくちゃいけなくって…』

00009
00011
00012
00014
 はぁ~ん、山は遠いわ~…、残念だけど今回はパスで

パス2
 赤城山地蔵岳を提案され、目を輝かせたかえでさん、間もなく無事死亡
 元々、バイトと登山のピストン運動してるような人ですが
 勉強も加わってオーバーワーク!

 世にも珍しい、目が死んでしまったかえでさん…!

 こいつ、目が死んでやがる!

『…はい、青羽ですっ♪』

00017
00022
00023
00028
00029
 話中…、ひなたの奴、誰と電話してんのよう…

アスミスのニアミス
 紅葉を見に行こうよう、とここなに電話し、こちらはオッケーを貰ったひなた
 しかし、結果あおいとはニアミスに
 が

 ま、明日学校で話せばいいかぁ~

 しかしタイトルコールは不安…
 どちらも互いに、群馬に行こうとしてるもののすれ違ってしまう二人

 ここなちゃん家は安心の黒電話だわ…。

ゆり『寒いね~、早く春にならないかなぁ~』

00031
00035
 はぁ…、どうして朝になったら起きなきゃなんないんだろう…

秋深し
 朝、まだ冬にもなっていないのに、気のはやい事をゆりが言いだし
 また、眼鏡っ娘のかすみちゃんに至っては
 と

 ずっと布団に包まっていたい/人間も冬眠できたらいいのにね~

 朝から、なかなか強烈なかけあいを発生させる学校トリオ
 ずっと寝ていたい…、わかります

 春愛好家と、布団愛好家の過激派でしたか

ひなた『えっ…、群馬?』

00040
 あおいは、群馬に行こうとほのかに誘われた事をひなたに伝え
 ここなちゃん、かえでさんも誘って
 一緒に行こうと提案

 しかし、これがいけなかった!

あおい『かえでさんはバイトだってっ! …私も行けないよ』

00041
00045
00049
00053
00056
00058
 別に、いつも一緒じゃなきゃいけないワケでもないし

後回し
 あおいはひなたに断られ困惑するが、畳み掛けるようにキツい一言も浴びる
 ひなたにすれば、昨晩せっかくあおいに電話したのに
 ほのかと先に約束されてた!

 前回、ひなたサイドこそ、あおいが恋しくて仕方なかったように。

 後回しにされショックだったのか?
 解りやすく袖にされてしまい、あおいも困惑してしまう

 かくて別々に群馬へ。

ほのか『あおいちゃんだけ?』

00059
 困惑したあおいは、自分だけ群馬に行くとほのかに電話
 かえでさんはバイト、ここなちゃんはひなたと赤城山
 赤城山だって群馬です

 しかしひなたに、あからさまに距離をとられ…?

ひなた『焼きまんじゅう食べてみたいな…、…ほのかちゃんによろしくねっ』

00061
00063
 ねえ、やっぱり私達も赤城山に…/いーよぉ! もうその話は~

お前はまだグンマを知らない
 群馬行きは土曜日、あおいは、何とかひなたと一緒に行こうと粘りますが
 ひなたはそっけなく断ってしまい
 話がまとまりません

 どうせ行く先は同じ群馬、一緒に行かない道理はないのに!

 無理を通され道理が引っ込む!

ひなた『(何でそこで引き下がるかなぁ~! もう一押ししてくれれば…)』

00066
00068
00069
00073
00074
 ひなたの奴、何か変だなぁ~、どうしちゃったんだろう?

踏み込みが足りん!
 もちろんひなたは、あおいがもっと突っ込んでくれるのを待っているのだが
 打ちごろの球を待つ内、心の三球三振に。
 歴史的スリーアウトであった

 あおいが強く言うから、仕方ないから付き合う! と演出したい系女子!!

 今週のひなた、めんどくさい! ねこブサかわいい!!

あおい『明日、早いの?』

00075
00085
 一緒に帰れたらいいね?/そうだねっ

縮まらない
 結局、素直になれないままに前日を迎え、ひなたの心境も少し変化
 帰りは一緒ならいいね、と多少は素直になったものの
 結局、かみ合いきれないままに。

 めんどくさいあおいの世話を焼く、少しウザいけど気配りなひなた…

 そんないつもは跡形もなく、今週のひなたはいじっぱり。
 世話焼きだからこそなのか。

 前回では、笑って受け止められたあおいの独り立ちは、やっぱりショック…!

ここな『あ、ひなたさん! おはようございますっ』

00089
00091
00093
00094
00096
 今日こそ、ぐんまちゃんに会いたいです! きっと、会える予感がします!!

荒らぶるここなさん 
 当日朝五時、行く場所、時間を伝え合っていたひなたは少し期待していた
 あおいが来てくれるんじゃないか?
 が

 いいえ? たまには良いものですよっ

 いたのは、元気120%なここなちゃんだけ! ぐんまちゃんに会うぜ!!
 二人きりもたまには良いもの。

 結果的に珍しいコンビになりますが、それも前向きだここなさん!

あおい『いるわけないよね…』

00100
 考えることは同じで、あおいもひなたが来てないと見渡していた。
 実際、いつものひなたなら物陰から飛び出してきた気がします
 あおいの予想は正しい!
 多分!

 しかしひなた、今場所欠場。あおいはせっせと、編み物を進めておく事に

ひなた『んー…、遠かったぁ!』

00102
00107
00109
00113
00121
00123
00124
00126
 おまたせ、ほのかちゃんっ!/ようこそ…

お土産はバ…、バウムクーヘン?
 群馬到着! 駅近辺を埋め尽くすぐんまちゃん、ここなは天まで舞い上がり
 むーまちゃんから無事、ぐんまちゃんへ二人は受け渡された
 友情のバトンタッチである

 どうしたの? バウムクーヘン好きじゃなかった?

 他方、どこか物憂げなほのかちゃん
 基本的に低トーンですが。

 あおいしか来なくて残念だったのか? と思ったら違った!!

ほのか『あの…、ついてきちゃって…』

00132
 お兄ちゃんが。…と、実は待ってましたと待機してた!!
 それが、浮かない理由だったのね!
 さすがですお兄さま!

 動揺するあまり、「アニキ」と呼ぶ余力もなかった!!!

『バスで行くっていったんだけど…』『バスより全然ラクだんべー?』

00138
00141
00145
00149
 あははは…(ほのかちゃん、可愛いなぁ)

だんべー!
 以前、あおいに「チャラい」と思われたお兄さんですが、純粋に妹思い
 というか、妹をからかうのが大好きな人で
 あおいも生暖かく見守る事に

 他所の県から、“妹の友達が来る”コトが、お兄さん的に一番大事なのね!

 普通なら、女子高生目当てに下心を出してもおかしくないですが
 ひたすら妹をからかう兄

 やだこの兄ちゃん、チャラいどころか尊さすら感じる…!

『あれが地蔵岳だよ!』『あれ? 登るのは赤城山じゃないですか?』

00156
00158
00159
00160
00163
00166
 本当に、この道で良いんですか…?/至地蔵岳って書いてあるし、間違いないと思うよ

レッドキャッスルマウンテン
 今期初となるおしえて!! かえでさん コーナー。実は「赤城山」とは総称
 有名な駒ケ岳など、いくつかの峰の集合体。
 総称をして「赤城山」だと

 軍手持ってきといてよかったぁ、よしっ! それじゃあ出発っ!

 まったく整備されてない!
 今回、ひなたはガイド・ブックを参考に“初心者向け”と訪れたハズなのに!!

 群馬では、ありのままの自然を活かしているのですね

『それじゃああおいちゃん、ごゆっくり~♪』

00171
 渋川伊香保温泉を訪れたあおいは、まず石段に圧倒されます
 段数、なんと365! 1日1段で1年かかっちゃう!!
 これは意図的なもの
 曰く

 1年365日、この温泉街が賑わうようにって願いが込められてるんだって、と。

『ちょっとした登山だね…』『一番上に神社があるから、そこまで行こうっ』

00172
00176
00178
00182
00183
00184
00185
 赤城山(さん)はどっちかなあ?/赤城山(やま)は…、こっち

渋川伊香保温泉
 群馬が誇る一大レジャー都市を訪れた二人。もはやちょっとした登山じゃないか!
 曰く、ほのかちゃんは何度も来ているそうで
 なにくれと話してくれます

 高い場所で、天気がよければ周囲の山も一望できる絶景! 楽しそう!!

 ただし今日は生憎と曇り。
 また、目当ての「あかぎやま」は、建物に遮られ見えませんでした

 かつて12軒の温泉宿があり、干支が家紋みたいな意味…、とかロマンがありますね! 

ほのか『ひなたちゃん、ここなちゃん?』

00186
00188
00192
00194
00195
00198
00201
00202
00205
00206
00207
00208
00212
00214
00217
 赤城山もステキなところだから…、いつか行こうっ

のんびり、ゆっくり
 登山もするほのか、いつか赤城山に一緒に行こう、と約束するのが素敵です
 群馬県ってば、あれこれ取り沙汰される事がありますが
 何とも素敵な場所!

 ほのかちゃん…、ちょっと寄っていい?/もちろんっ

 と、あおいが指差したのは「和の店横丁」。
 和服がズラリ!

 楽しくゆっくり、温泉街を歩いて行く二人。登山じゃないけど楽しそう

ひなた『……、なに…、これ…!』

00222
 ホントに登山道!? ひなたサイドは苦戦中!?
 当初、ここから入るの?と驚いた二人は
 苦戦も苦戦大苦戦

 飯能の小天狗、ここなさんさえ息を切らす魔境だったッ!

ひなた『(これ…、あおいじゃ登れなかったかもなぁ)』

00236
00241
00243
 あおいが来てたら大変だったよー、だから結果おーらい! うんうんっ!!

山ガールGO FIGHT!
 あおいサイドと一転、苦戦する二人は、もう少し登れば緩やかだと信じて…!
 声を掛け合い、熱く「そうだねー」と登っていく二人
 あおいが来てたら即死だった!

 と、手の届かないブドウは酸っぱい理論で武装、登っていくひなた

 今週も、「つ・づ・く」余裕もない!
 全く登山は地獄だぜ!

 次回、二人は生き残ることが出来るのか!

ひなたからの一方的な冷戦”に、戸惑ってしまうあおい

00014
 かえでさん、原作・しろ先生に「下着にはこだわる性格にしとけば…」とか言われる回。

ひなた憤慨
 いつも子供っぽいケンカをしつつも、ひなたが上手くフォローしている二人。
 でも第2期ラストでも、二人は大喧嘩してしまいましたし
 ほのかちゃんとケンカは奇妙な縁が。

 前回ラスト、どことなく不穏な雰囲気だったのも納得ですねー。

 いつもと違い、少し複雑な感情が絡むのが青春です。
 あと群馬の景色が美しい!

 ああいう段々温泉街って素敵ですよねー。

公式ツイッターより



































































2018年7月20日 ヤマノススメ サードシーズン 第8話「ふたつの約束」

00068
 XEBEC出身原画マンの平牧大輔氏が絵コンテ他担当。

スタッフ
 脚本:ふでやすかずゆき
 絵コンテ&演出:平牧大輔
 作画監督: 嶋田和晃
 総作画監督/キャラデザイン:松尾祐輔
 アニメ制作:エイトビット
 原作:漫画/しろ/アーススター・エンターテイメント/2011年より連載中

あらすじ
「あおいでも登れそう」ということで、ひなたは群馬の赤城山登山にあおいを誘おうとするが、連絡がつかない。そのころ、あおいはほのかと群馬の伊香保温泉に遊びに行く約束をしていたのだ。翌日、あおいからほのかとの約束を告げられ、一緒に行こうと誘われたひなただったが、断ってしまう。あおいはひなたのそんな様子をいぶかしがる。

子供っぽいようで気遣いの鬼・ひなた、彼女が意地を張るのが可愛い!

00141
00145
 黒崎大樹お兄さん、声が伊丸岡篤さんなんですよね! ジョジョのシュトロハイムだ!

別行動の群馬編!
 ジョジョの声といえば…、いえともかく、鉄壁の絆を誇るケンカ友達の別行動!
 ひなた、前回はあおいをひたすら恋しがってましたが
 今回は暴発しちゃいましたねー

 単なる不幸な偶然ですが、後回しにされちゃったのが不満なんでしょうか

 自分を差し置いて、あおいが決めてしまうのが不満であるようで
 保護者タイプには避けられぬ運命(さだめ)。

 視聴者的には異色の組み合わせも楽しく、元気なここなちゃん、ほのかちゃんが可愛い!

 次回、ヤマノススメ サードシーズン 第9話

ヤマノススメ 3期 第8話 感想

 ふたつの約束
 教えて!! かえでさん! 赤城山とは総称である
 群馬の名所・伊香保温泉へ
 感想追記
 公式ツイッター
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る

ヤマノススメ セカンドシーズン 感想 2014年7月~12月

 十三合目「不思議なホタルの物語」
 十四合目「お母さんと霧ヶ峰!」
 十五合目「雨具の記憶 ~ねえ、ゆうか。今なにしてるの?」
 十六合目「思いをうけついで」
 十七合目「高いところって、平気?」
 十八合目「アルバイト、始めます!」
 十九合目「宿題が終わらないよぉ」
 二十合目「ここなの飯能大冒険」
 二十一合目「想い出の山へ」
 二十二合目「ともだちになろ?」
 二十三合目「約束」
 最終話「さよなら、わたしたちの夏」
 最終話追記、エンディング画像集「さよなら、わたしたちの夏」感想。
 放送終了後、自ブログ感想まとめ
 ヤマノススメ セカンドシーズン 第2 OP主題歌「毎日コハルビヨリ」歌詞
 ヤマノススメ セカンドシーズン 第3 ED主題歌「Cocoiro Rainbow」歌詞


 ヤマノススメ サードシーズン 第1話「筑波山で初デート!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第2話「登山靴ってすごいの?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第3話「飯能にアルプス!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第4話「クラスメイトと遊ぼう!」
 ヤマノススメ サードシーズン 第5話「思い出を写そう!」
 ヤマノススメ サードシーズン 第6話「コーヒーってなんの味?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第7話「働かざるもの、登るべからず!?」
 ヤマノススメ サードシーズン 第8話「ふたつの約束」
 ヤマノススメ サードシーズン 第9話「それぞれの景色」
 ヤマノススメ サードシーズン 第10話「すれちがう季節」
 ヤマノススメ サードシーズン 第11話「ぎこちない縦走」
 ヤマノススメ サードシーズン 第12話「ともだち」
 ヤマノススメ サードシーズン 第13話「秘密だよ?」【最終回】