公式サイト One Room セカンドシーズン 第6話 感想 七橋御乃梨はしんみりする レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら 前回はこちら
夏祭り! 浴衣で射的でリンゴ飴で、七橋御乃梨の魅力を引き出す構成! しかし…

00073
00016
00019
最後、背中を向けたまま終わるのが「本当に哀しいんだな」って感じさせたお祭り回
 背中を幾度も強調、“後ろ向き”な、銭湯や街が賑わっていた頃を大切に思う
 七橋御乃梨が、銭湯が大切なんだと伝わる回に

 射的でおっぱい、飴は口をつけてた側を自然に差し出す驚異のヒロイン力!

エロい可愛い、切ない御乃梨
 冒頭といい今回、後姿がやけにエロいと思ったら、ちゃんとテーマになってた構成が素敵
 ただ今回、「後ろ向き」と言いかえられる構図になってるんですよね
 銭湯閉店エンドもありえるのかも

 戦争にさえ焼け残ったものも、時代の流れで消えていく。切ないテーマ。

One Room 第2期 6話 感想

 本編
 そういう場所はずっと残って欲しいなって…
 公式ツイッターより 
 制作スタッフ
 One Room ファーストシーズン 感想 2017年4月
 これまでの感想

下火になる、明かりが消えていく。象徴的な演出の回

00064
 最後の花火も儚く消える、先行きの暗さを思わせるものに

あらすじ
 祖父に勧められ、銭湯の手伝いを休んで、町の夏祭りに参加した七橋御乃梨とあなた。
 射的、リンゴ飴、ふたりきりの時間を満喫しますが
 花火中に御乃梨は述懐します

 昔はもっと賑やかな祭りだった、時代の変化で廃れていっている事を。

 幼い日に、祖父からたくさん想い出を聞かされた銭湯も
 同様に廃れつつある

 昔のものを残すのは難しい。彼女は背中だけを見せ、しんみりと吐露するのでした

 次回、One Room セカンドシーズン 第7話「七橋御乃梨は」

七橋御乃梨『ねえ? あのさー? もうすぐ近所でお祭りやるでしょ?』

00000
 前回より、あなたは東京の銭湯・七橋湯に下宿する大学生として
 店主の孫娘、高三の七橋御乃梨に気に入られ
 からかわれながら過ごしています

 しかし彼女は、銭湯が今にもつぶれそうな事に胸を痛めており…? 

『お爺ちゃんはさー? どうせ大してお客さんなんて来ないんだし、お祭りいってこいって』

00001
00002
00003
 ホンットやる気ないんだからー…。

ジャージと視点と夏祭り
 お爺ちゃんは孫の想いを解っているのかいないのか、夏祭りにいってこいと提案 
 銭湯を繁盛させたい御乃梨は、呆れてしまうのですが…
 と

 しょうがないからさ、いこ? お祭りっ

 いこ?
 って、短いのがまた可愛い

 しかし「あなた」、何で一緒にだよ?と質問に質問で返した様子

『なんで一緒にって…、そんなん……、好きだからに決まってるじゃない…』

00004
00005
00006
00007
00008
 浴衣を着るのがねー!

好きだから
 おおっ! と思ったらフェイントしました!! さすが一筋縄じゃいかない!
 でも、かなりガチに「好きだから」と言ってくる辺り
 ホント甘酸っぱい

 妹扱いされつつも、異性扱いされたい、でも素直にはなれない

 おーい山田君、「あなた」の理性全部とっちゃいなさい!

好きだから」に激しく動揺したあなた

00006
 ホースを強く握ってしまったのか、おかしな風になる水!
 ホースで、「あなた」の動揺を表現するとか
 表現が面白かった!

七橋御乃梨『遅いよー!』

00011
00012
00013
00015
 ナンパされちゃったら、どうするつもりー?

どうしましょうか 
 さてお祭り、彼女の家は別にあるので、そちらで浴衣を着てから合流したようです
 しかし、突然恥らった理由は…
 と

 ……見すぎじゃない?

 ああ、「あなた」がガン見するから恥らったのね…。
 さすが良い仕事をしてます!

 個人的には、髪をまとめてるので、いつもより幼く感じます。

二人の縁日は、まず射的からスタート

00016
 なるほど射的か…、と思ったらおっぱい。
 この構図は思いつかなかったぜ!
 でけえ!

 射的をこんなフウに使うとは、絵コンテの人いい仕事をなさる!

続いてリンゴ飴を買い、金魚すくいでは一匹も掬えなかったが…

00017
00018
00019
00021
00022
 リンゴ飴を差出してくる七橋御乃梨、そして「あなた」が代わりに金魚を掬った

ではスローでもう一度
 すごい! 何がって、ごく自然に“舐めてた部分”を突き出すように差し出した!
 あれ?と思って見返して気付いたんですが
 何てスムーズな所業

 続く、金魚すくいも「あなた」の見せ場、満面の笑顔に。

 隙のないイチャイチャっぷり
 もし見かけたら、たこ焼き投げつけたくなるイチャイチャっぷり!

 ただ何故か、「これが二人で行った、最後の夏祭りだった…」と頭の中で響く気がする!

七橋御乃梨『ああ~……』

00025
 足痛ぁっ! 慣れないものを履いたので、足を傷めてしまった御乃梨
 夏祭りあるあるですね
 かわいい

 しかし、座る場所を探した為に…。

『二人っきり……、、、だね?』

00027
00028
00029
00030
00032
00033
00034
00036
00037
 夏祭り、二人きり、何も起こらないとしか言いようがなく…!

ふたり花火
 その後、二人きりで花火をし、「あなた」から火を分けてもらう場面も。
 花火の定番ですが、異性同士でやるとアレですね
 恋人チックだと感じます

 また冒頭といい、今週は「後ろから見た彼女」テーマにある様子

 いい…、お尻です。

『ずいぶん、変わっちゃったなー…』

00040
 とは夏祭りの事で、彼女が幼かった頃は、もっと賑やかだったらしい
 昔は、屋台だって町内全部にズラッと並んでいたし
 花火大会もやってた

 でも文字通り、“下火になってしまった”と。

『……だけど、もうやらないんだって、花火大会。…つまんないよねー!』

00045

 うん…、寂しいよ
 周りが変わって行っちゃうのは
 ウチの銭湯だって、どうなるか分からないしね

 ウチってさ、ずーっと昔からやってて、戦争の時も無事だったの


00046
00048
00050
00051
00057
00058
00060
00062

 だから…、(空襲で)焼け出された人がいっぱいきてね?

 家は焼けちゃったけど
 お風呂入ったら、皆元気でたんだって…

 昔からそんな話聞かされてきたから、そういう場所はずっと残って欲しいなって…

 ちょっとくらい、変わらないものがあってもいいのにね?


00063
00064
00070
00073
 彼女が銭湯を手伝ってるのは、大切な場所だという想いだった

振り返らない
 しかし戦争にさえ耐えた場所も、時が過ぎ、誰も大切にしなくなり廃れていく
 人は代替わりし、想い出なんて殆ど継承されないから
 大切だという想いも薄れていく

 こんなにも大切なのに、変わらないでくれないのはせつない

 最後は、強がり、笑顔で振り返るのが「よくある」展開ですが
 本作ではそうしませんでした

 それだけ大切で、どうにもならないんだなって。切なさが倍増しになるラストに。

公式ツイッターより



























































2018年8月13日 One Room セカンドシーズン 第6話「七橋御乃梨はしんみりする」

00005
 1期の5~8話といい、上田さんの絵コンテ(場面構成)好き。

スタッフ
 脚本:霜井蒼星
 絵コンテ&演出:上田信一郎
 作画監督:谷拓也
 アニメ制作:ゼロジー
 原作:SMIRAL/オリジナルアニメ

あらすじ
 近所の夏祭りへ行くことになったあなたと御乃梨。浴衣姿ではしゃぐ御乃梨だが、その様子はいつもと少し違っていて……?その夜、ささやかな花火を楽しむ二人。そこであなたは、御乃梨の真剣な想いに触れることになる。

普通なら銭湯を立て直したり、変わらない日常エンドですが…?

00011
 開幕からエロいアングルだなと思ったら、今回のテーマだったらしい「背中」

七橋御乃梨はしんみりする
 前回、妹扱いを脱却すべく、異性アピールで「関係を変えたい」姿が可愛かったですが
 今回は、「過去に戻りたい」という真逆の想いがテーマなのが
 何とも因果なところ

 次回は、多分「あなた」が前より、銭湯の為に頑張るんだろうって思います

 でも尺がないし、祖父はこのまま銭湯が消えるのを受け入れてる
 だから何もしないんだと思います

 このままだと次回ラスト、閉店を告げられそう。

 次回、One Room セカンドシーズン 第7話「七橋御乃梨は」

One Room 第2期 6話 感想

 本編
 そういう場所はずっと残って欲しいなって…
 公式ツイッターより 
 制作スタッフ
 One Room ファーストシーズン感想 2017年4月
 これまでの感想
 トップに戻る

One Room 感想 2017年 1月開始 ショートアニメ

 One Room 第1話「花坂結衣はお願いする」
 One Room 第2話「花坂結衣は約束する」
 One Room 第3話「花坂結衣は寝落ちする」
 One Room 第4話「花坂結衣は手をつなぐ(終)」
 One Room 第5話「桃原奈月は世話を焼く」
 One Room 第6話「桃原奈月はほっとする」
 One Room 第7話「桃原奈月は照れてごまかす」
 One Room 第8話「桃原奈月は素直になれない(終)」
 One Room 第9話「青島萌香は覚えてる」
 One Room 第10話「青島萌香は悩んでる」
 One Room 第11話「青島萌香はわかってる」
 One Room 第12話「青島萌香は歌ってる【最終回】」

One Room 感想 2018年 7月開始 ショートアニメ 公式ツイッター

 One Room セカンドシーズン 第0話「花坂結衣のプロローグ」
 One Room セカンドシーズン 第1話「花坂結衣ははしゃいでる」
 One Room セカンドシーズン 第2話「花坂結衣は叱られる」
 One Room セカンドシーズン 第3話「花坂結衣は拗ねている」
 One Room セカンドシーズン 第4話「花坂結衣はそばにいる」【最終回】
 One Room セカンドシーズン 第5話「七橋御乃梨は起こしに来る」
 One Room セカンドシーズン 第6話「七橋御乃梨はしんみりする」
 One Room セカンドシーズン 第7話「七橋御乃梨は」