公式サイト 衛宮さんちの今日のごはん 第9話 感想 秋の味覚-キャスター和食修行編- レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら 前回はこちら
神代の魔術師も困惑、秋の味覚! ランサーに買い、士郎に学び、キャスターが作る!

00317
00368
00459
失敗してもまた作ればいい。“この先”がずっとずっと続くのだ、と含む言葉が温かかった
 士郎を教師に、ランサーから買い、セイバーさんに試食して貰うキャスターの食卓
 ちょっぴりカオス、とっても可愛いらしく素敵だ!
 美しい煮っ転がし!

 キャスターは“今”が幸福で、“また”続いていく。幸せを絵に描いた秋だった!!

高速詠唱じゃないんだから…
 刃物は得意! 士郎の教えへの困惑っぷりとか、変に魔術師してるのも笑えます
 いやー、しかしホント若奥様モードのキャスターさん可憐ですわ
 愕然とするセイバーも笑える!

 家へ帰ればサンマの香り、勇み喜び、飛び込めばキャスター! そらビビる!

衛宮さんちの今日のごはん 第9話 感想

00466
 秋の味覚-キャスター和食修行編-
 魚屋の英霊
 里芋の煮っころがし
 さんま、さんまさんま苦いか塩つぱいか
 高速詠唱じゃないんだから…
 完成です!
 なかなか上手くいかないですね
 制作スタッフ
 これまでの感想

ほくほく甘じょっぱい里芋の煮っ転がし! 作画も相変らず尋常じゃねェ!!

00397
 ねっとりした里芋に、ほんのり刻み生姜を乗っけて。生姜! いいですねえ!

あらすじ
 九月、零観と宗一郎の会話を立ち聞きしたキャスターだが、“煮っ転がし”が想像できない。
 芋、鍋、あの子! さっそく士郎を頼って商店街に飛んだキャスターは
 ランサーからサンマも調達

 衛宮邸で作り方を教えて貰う中、セイバーが帰ってきて軽いトラブルも

 美味しくできた、美味しく作ろうとウキウキして帰ったキャスターだが
 思ったほど奇麗にはできず。

 しかしそんな一皿も、彼女と宗一郎、二人の幸福を繋ぐのだった。

 次回、衛宮さんちの今日のごはん 第10話

季節は秋! 秋限定・栗あん入り大判焼きの存在感たるや!!

00254
 前回は8月、士郎と桜は、遠坂家の大掃除に付き合う事になり
 昼食では、桜が勇気で「作り方を聞きたい」と凜へ言い
 姉妹の共同作業となる

 凜は、妹の思わぬ言葉に翻弄されるのだった

『み…、見つけた!

00255
00257
00258
00260
00262
00263
00265
00266
00267
 ちょっと、坊や!/きゃすたー!?

梨の盛りも終わる頃
 季節は秋、師走にはちと早いが“魔術師<キャスター>”は商店街を疾走!
 無事、目標を捕捉・捕縛しターンエンド!
 で

 教えて欲しい事があるのですけれど!/…はい……?

 周りの目ェ!
 すんごい、ヌルッとした動きで迫ってくる若奥様かわいい!!

 本編とは似ても似つかないノリだわ!

『ふっふーん、ふふふーん♪』

00269
 少し時を遡って「柳洞寺」、本編でのキャスターは、ここを拠点に聖杯戦争に参加
 作中は、魔術師としての“工房”、拠点としてのイメージが強いですが
 ホロウなどでは可愛らしい日常が。
 本作もその延長

 鼻歌を歌い、洗濯籠を抱えたキャスターさん…、cv田中敦子さん!

零観さん『いやはや! 今日も手合わせ、感謝であった! 宗一郎殿っ』

00272
00273
00275
00276
 そういや、夕べの里芋のにっころがし! 味が染みてて、アレは旨かったなぁ~

若奥様の悩み
 さて愛する旦那は、零観さんと組み手をし終えたところで、何時見ても何度見ても
 オールウェイズ惚れ直すメディアさん
 が

 宗一郎殿も、メディアさんに作って貰うといいっ/…そうですね…

 零観さん、志村知幸さんの言い方ァ!良いですよね…
 もんげえしみじみと旨そう

 ところが立ち聞き若奥様、ここで困って弱ってしまった、と

メディアさん『……サトイモノ、ニッコロガシ…?』

00277

 どう…、作るのかしら?
 イモを煮て…?

 ニッコロガス………? …あああっ!!


00278
00281
00282
00289
 分からない…、でも、宗一郎様が、食べたい、と仰るなら…

オレハオマエヲニッコロス
 多数の魔術師が登場するFateですが、彼女は、神々が健在だった頃の魔術師
 神代の魔術師として、別格の知と美と力を誇りますが
 彼女でも解らなかった

 頭で考えても、新しい生命しか誕生しなかったコルキスの王女

 そこで、ピンときたので110番したのが衛宮士郎だった、と。
 素晴らしいドヤ顔!

 彼女に頼られるとか、やっぱりすげえよシロウは!

そして、また地味に超絶作画してる気がする「のぼり」である

00291
 風にはためく姿が、どう考えても手書きされているとしか思えず
 三次元的に、構図やらを捉えて描くのもスゴいし
 枚数的にもスゴイ
 こわい。

『…お? また珍しい組み合わせが来たなァおい!』

00294
00297
00299
 なんだぁ? 若いツバメか?

ウサギは青く/ツバメは若い
 秋と言えば秋刀魚という事で、魚屋を訪れ、久々のランサーと会う衛宮師弟コンビ。
 若いツバメ、要するに、若く可愛い男の子を囲って
 いやらしい事をするのかい?

 いいから、サンマくれ…

 半ギレするメディアさんいいよね…
 そして久々な気がしたけど、そういや七月の劇場版・衛宮ごはんにも出てましたね

 若いツバメ、小次郎の得意技ともかけた、ナイスセクハラ!

魚屋さん『あいよっ! で、お隣さんは?』

00301

 士郎「ああ、料理修業中なんだってさ?
 魚屋「ハァ!? お前が料理ってマジかよ! ウソだろオイ!?

 若奥様「燃やすわよ、駄犬!

 士郎「まあまあ!
 

00303
00308
00310
00311
 宗一郎様の為に頑張るわ! わたしっ!!

秋の空は槍より高く
 マシンガンのようにからかうランサーですが、彼なりに感じ入るところもあり。
 別れ際、背中に向けた独り言はとても優しかった
 と

 しっかり新婚生活楽しんでるねェ~♪

 ランサー自身、大英雄なのに魚屋やったりビーチバレーやったりと
 第2話の乱入事件も素敵でしたし!

 本編、麻婆を穴と言う穴から流し込まれたり、凄惨な日々だった彼らが微笑ましい

若奥様『さすがに綺麗にしてるわね~』

00312
 さて衛宮邸ですが、まず台所を褒めるあたり、溢れる奥様オーラが堪りません
 以前、キャスターの台所を士郎が見た場面を思い出すますね
 あの一言、礼儀がカッコ良かった!

 工房は魔術師の拠点、厨房はシュフたちの拠点!

 また“ホロウ”では、お察しの通り、桜とも親交があるという若奥様である!

『でも助かるわ♪』

00313

 これで宗一郎様に、私手製の“サトイモの煮っ転がし”が振舞えますっ
 さあ、坊や! 始めてちょうだいな?

  坊や「(奥様してるなぁー…)」

 士郎「ぃよし! それじゃあ、始めるぞ~


00316
00317
00318
00319
00320
 メインは今が旬の秋刀魚だな! 脂がノッてて旨いぞ~♪

奥さまは魔女 (Fate)
 さて! 要望は里芋の煮っころがしですが、士郎は小松菜の和え物と味噌汁
 主菜として、秋刀魚の塩焼きもGrand Orderします
 と
 
 食事はバランスも大切というものね…、それも教えて欲しいわ

 特に今年は秋刀魚が豊漁
 それだけでなく、型も昨年より大きく脂でぷりっとはじけんばかり!

 あと秋刀魚は、刺し身がこれまた堪らない!

超作画『まずは、里芋の皮むきからだな~』

00322

 まずは、里芋の皮むきからだな~
 新物なら、皮は布巾とかで擦るだけで剥けるんだけど、今日のはそうじゃないから。

 上下を落としてから、厚めに剥いてくれ

※剥くというより、切る感じ。


00324

 士郎「手際がいい…
 キャスター「言わなかったかしら?

 キャスター「魔術で使うんだもの、葉物の扱いには慣れていてよ?

※実際、宝具が短剣である人の言葉。


00326

 里芋は、ぬめり取りの為に、一度、下茹でをする
 沸騰したお湯に里芋を入れ
 3、4分茹で…

 そのまま、流水に晒しながら、芋のヌメリを洗い流すっ


00327

 鍋に里芋と、里芋がカブる程度の出汁を入れ、火にかける。
 煮立ったら、砂糖、酒、みりんを加え
 落し蓋をして…

 煮汁が少し煮立つ程度の弱火で5、6分。

 醤油を加え、更に5、6分煮詰めていく


00328


 煮汁が少なくなったら、焦がさないように鍋をゆすりながら
 里芋に汁を絡ませ、艶が出てきたら…

 完成!


00329
00331
00333
00335
00338
00341
00342
00343
 これが…、里芋の煮っころがし…!

ころころキャスター可愛い!
 文字通り煮て転がす、味を染み込ませつつ、煮汁を煮詰めてソースに
 これを、転がして絡めるというのが
 何とも素朴。

 煮詰まった砂糖や醤油が、カラメル的な艶になるのが美しい!

 焦げ付かないよう、ころころと転がす
 落し蓋の、少ない煮汁でも、むらなく煮含める効果をよく活かした料理と言えましょう

 煮汁が急蒸発せず、じっくり煮れるのも落し蓋の効用でしょうか

士郎『次! 秋刀魚いくぞーっ』

00346

 丸一尾の魚を扱うときは、必ず水洗いをしてから下処理をするんだ
 水で、魚のぬめりを洗い流したら
 よく水気を取る

 臭み抜きの為、秋刀魚全体に軽く塩を振り、10分から15分放置

 水気が出てくるので、これを拭き取る。

※この水気が臭みの元なので、塩で追い出すという寸法。


00347

 秋刀魚の皮に
 軽く切れ込みを入れ

 今度は味付けの為に塩を振り、焼いていく

※最初の塩は、出てきた水気(生臭み)と一緒に拭いてしまったので。


00348

 ただいま戻りましたっ
 調理中ですね?

 玄関まで、良い香りがしていました…、よ!?


00349
00350
00352
00354
 おかえり!/あらセイバー、お邪魔しているわ♪

玄関開けたら5分でキャスター
 秋刀魚を焼くという素晴らしき作業…、脂が焦げ、美味しい香りがたちこめ
 うきうき帰ってきたセイバーさん、意気揚々と入るや凍りつく
 歴史的硬直である

 なんせ本編、キャスターにはロクな目に遭わされていないのだから!

 ただしHFルートは除く。
 またUBWルートの事件が誇張、二次創作ではセイバーへの愛がえらい事に

 特にカーニバルファンタズムでは、山ほどフィギアを作って愛でて、宗一郎様に目撃された

セイバー『ハッ!? キャスターが何故ここに!?』

00358

 元加害者「坊やに料理を教えてもらいに
 元被害者「そんな言葉が信用できますか!

 キャスター「本当よぉ? ちょうどいいわ、味見してくださらない?

 セイバーさん「……何か、入っているのでは?
 士郎「大丈夫だセイバー、俺が保障する」


00359
00360
00361
00363
00365
00366
00368
00370
00372
00373
00376
00378
00380
00382
00383
 はい…、わかりました! できあがるのを、楽しみに待ちましょう!

ねたばこ
 策士キャスターを警戒し、今にもエクスカリバーか仮面ライダーでもしそうでしたが
 ただ一口、彼女の皿を口にした騎士王は納得
 引っ込んでしまう

 はい! じゃあ、残りもやっつけちまおうっ!

 夫婦円満は騎士王も食わない
 今のキャスターが、心から、単なる若奥様だと察したらしく引っ込んでしまうのでした

 騎士王をも圧倒する幸福オーラ! つよい(円卓)。

士郎『小松菜は、茹でたら氷水に落として…』

00384

 士郎「小松菜は、茹でたら氷水に落として…
 キャスター「はいっ
 士郎「おひたしに入れる油揚げは、油抜きするんだっ

 キャスター「油抜き…?

※油抜き、熱湯でさっと茹でると油が抜け、味が染みこみやすくなります


00387

 味噌汁は沸騰させないこと!
 沸騰させると、香りと風味が飛んでしまうから…

 ちょっとまって坊や?!


00388

 もう少し
 ゆっくりお願い…
 高速詠唱じゃないんだから…

  士郎「一気に言いすぎた…、あ、えっと…、作り方メモしとくんで…」


00390
00392
00393
00395
00396
00397
00398
 ようし…、後は盛り付けて完成ですっ

秋の味覚
 士郎の言葉はいずれも基礎知識ですが、神代の魔術師も頭がフットーしそうだよぉ!
 てな苦行を越えて、出来たできました秋の傑作!
 秋刀魚定食!

 いただきますっ

 ちょん、と乗っけたショウガの功罪ですよね!
 煮っ転がしにピリッとくる!

 彩りも鮮やか、秋で、もっとも尊い光景が誕生するのでした!

『はっ』

00404

 キャスター「美味しい~♪
 士郎「里芋、一晩置くと、もっと味が染みて美味しいだろうなぁ~
 セイバー「むむっ?

 セイバー「で、ではシロウ! 食べ切ってはいけませんね?

 キャスター「魚もふっくらとしていて、和え物もいいわ…、坊や本当に料理上手ね?


00407
00410
00413
00416
00417
00420
00423
00424
00426
00427
00428
00430
 ありがとう坊や、宗一郎様に作って差し上げるのが楽しみです

“素顔”
 初体験の煮物は、コルキスの王女の口にも合ったようで本当に何より
 また、「美味しい」が「作ってあげたい」に直結する事
 それは多分、士郎と同じ。

 多分ランサー同様、“若奥様してる”と思いつつも、ちょっとした共感も

 何より、かつて殺しあった人のちょっとした素顔を見た士郎
 いい表情をしてましたわ。

 そしてセイバーさん、我慢できませんでしたわ…。

『そう…、坊やに教えて貰った通りに作ったはずなのに…』

00432
 しかし夕暮れ、さっき、士郎の指導でちゃんと作れたはずなのに
 煮っ転がしは、ぶつぶつと煮崩れてしまい
 秋刀魚は破けて焦げて…

 士郎と作った時は、処理、タイミングを無意識に図ってくれたのが大きいのでしょうか

宗一郎様『キャスター、戻りが遅いので見に来たのだが』

00434
00435
00439
00440
00441
00444
00445


 申し訳ございません…
 その…

 宗一郎さまに美味しいお料理を召し上がって頂きたかったのですけれど…

 少し、失敗してしまったようで…、なかなか上手くいかないですね


00447
00450
00452
00453
00455
 キャスター曰く、「ちょっと違うわ…?」を一口…、あの宗一郎さまに輝きが…?!

彼の一箸
 なかなか上手くいかない、“魔女メディア”にとっては実感の強くこもった言葉
 対し、「自分の為、誰かが一生懸命に作ってくれた」料理へ
 迷いなく箸を運んだ宗一郎様

 キャスターには戦々恐々、しかし反応はあまりにも嬉しいもので

 宗一郎様らしい、朴訥な箸さばきからの輝き。
 切嗣を思い出しますね

 これは見惚れます、見惚れますとも!

宗一郎様『キャスター、失敗したのであれば、また作ればいい』

00456

 キャスター、失敗したのであれば、また作ればいい。
 幾らでも付き合おう

  キャスター「…はい! ありがとうございますっ

  キャスター「宗一郎様…、私、頑張りますっ


00459
00460
00461
00465
00466
00468
00469
00472
00473
00474
 ああ宗一郎様! 食卓に、お運びしますから~

感動する心が死んだ男
 宗一郎様は、美味しいとか、「自分の感情を他人に伝える」習慣がなくて。
 でも、無言でまた一口、奇麗に食べてしまったり
 行動そのもので示してくれた

 今が幸せで仕方ないキャスターだから、“この先”が続くのが嬉しい

 彼は、まったく、何も意図せず彼女が欲しいものを贈り
 彼女もまた贈っている

 何も言わず、何のウソもない、幸せな秋の光景だった…! 輝いている…!!

 また、コメントを頂き気付きましたが、奇麗に焼けた方を宗一郎様側に出してるのね!

2018年月1日 衛宮さんちの今日のごはん 第9話「秋の味覚-キャスター和食修行編-」

00361
 セイバーさん臨戦態勢! 笑いどころも多い回だったわホント!!

スタッフ
 脚本:近藤 光・高中 優
 絵コンテ:竹内 將
 演出:小笠原篤
 総作画監督:内村瞳子
 作画監督:田中敦士・緒方美枝子
 料理作画監督:浦田かおり
 アニメ制作:ufotable
 原作:Fate/stay night/料理監修:只野まこと/TAa/ヤングエースUP/WEB漫画

あらすじ
 士郎が商店街を歩いていると、突然後ろから腕を引っ張られる。振り返ると、そこにはキャスターがいた。料理修行中のキャスターは、士郎にある料理の作り方を教えてほしいようで―。

九月は美味しい秋の挑戦! 本作も残すところ僅かとなって…?

00397
00434
00474
 作画で「思うてたんと違う」を描いていく本作。すげえって!

秋はキャスター曜日
 春のアサシン回でも、溢れる幸せで圧倒してたキャスターさんの回!
 本作特有の、デフォルメ作画もまたハマッてましたねー
 ジト目がかわいい

 ランサーが感慨深そうだったのが、ファンの心と完全一致

 士郎に師事し、セイバーに困惑される図式といい
 また作ればいいという宗一郎様といい。

 本編を踏まえて、改めて味わい深い回です。サンマ食べたい。

 次回、衛宮さんちの今日のごはん 第10話

衛宮さんちの今日のごはん 第9話 感想

 秋の味覚-キャスター和食修行編-
 魚屋の英霊
 里芋の煮っころがし
 さんま、さんまさんま苦いか塩つぱいか
 高速詠唱じゃないんだから…
 完成です!
 なかなか上手くいかないですね
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る

公式サイト 漫画 Fate/stay night[Heaven's Feel] ヘブンズ・フィール 感想 タスクオーナ

 Fate/stay night[Heaven's Feel] 1巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 2巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 3巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 4巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 5巻
 Fate/stay night[Heaven's Feel] 6巻

Fate/Grand Order 感想

 Fate/Grand Order - First Order-
 ショートアニメ「Fate/ぐだぐだオーダー」
 Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-
 Fate/Grand Order × 氷室の天地 ~7人の最強偉人篇~

Carnival Phantasm セレクション 感想 2018年1月

 Carnival Phantasm セレクション 第1話「第5次魔術師大激突チキチキ聖杯戦争」
 Carnival Phantasm セレクション 第2話「働くセイバー」
 Carnival Phantasm セレクション 第3話「FINAL DEAD LANCER」【最終回】


 衛宮さんちの今日のごはん 第1話「年越しそば」
 衛宮さんちの今日のごはん 第2話「鮭ときのこのバターホイル焼き」
 衛宮さんちの今日のごはん 第3話「春のちらし寿司」
 衛宮さんちの今日のごはん 第4話「春野菜とベーコンのサンドイッチ」
 衛宮さんちの今日のごはん 第5話「たけのこグラタン」
 衛宮さんちの今日のごはん 第6話「はじめてのハンバーグ」
 衛宮さんちの今日のごはん 第7話「さらりと頂く冷やし茶漬け」
 衛宮さんちの今日のごはん 第8話「遠坂さんの五目炒飯」
 衛宮さんちの今日のごはん 第9話「秋の味覚-キャスター和食修行編-」
 衛宮さんちの今日のごはん 第10話