公式サイト BanG Dream! ガルパピコ 第5話 感想 パスパレ・水着deコマーシャル レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり ゲーム版未プレイ アニメ1期感想はこちら これまでの感想はこちら 前回はこちら
司会さんノリノリ、ED詐欺! 昭和の人気番組パロで、ゆるふわくない水着回!!

00048
00062
00043
パスパレはアイドルグループ、EDの熱湯CM(スーパージョッキー)は嘘ネタか!
 宣伝文句「ゆるふわ」に対し、身体を張って奮闘するギャップが熱い!
 奮闘し過ぎて落っこちてたけど!

 アイドルと程遠い番組でも、全力でやるのがプロ魂なんですね!!

第5話は放送休止/ネット先行配信
 ノリノリの司会は、突発性難聴で引退を余儀なくされた、cv明坂聡美さんが担当
 ていうか、丸山彩さんの研修生時代の決め台詞って何だったの!?
 ポーズのまま落ちるのが可愛い!

 チキンレースを重ね、ボッロボロになる一同。アイドルも大変ですねマジで!

BanG Dream! ガルパピコ 第5話 感想

00071
 本編
 元ネタ「熱湯コマーシャル」とED
 パ・リーグコラボ企画では、北海道日本ハムファイターズとコラボ
 公式ツイッターより   
 制作スタッフ
 これまでの感想

とびだせエゴサーチ! ザ・サムライ!! 個性の塊Pastel*Palettes

00015
 天才・氷川 日菜さん、鉄棒チャレンジでも微動だにせず。フィジカルも高いのね!

あらすじ
 間違いなく日テレ系、新人アイドル・水着deコマーシャルにPastel*Palettes挑戦!
 丸山彩、氷川日菜、白鷺千聖、大和麻弥、若宮イヴは
 水着に着替えて身体を張った!

 汗と泥、アイドルとは程遠い単語にまみれ、パスパレは奮戦

 無事、コマーシャルタイムを(得る事は)得るのだった

 次回、BanG Dream! ガルパピコ 第6話

司会『水着でコマーシャル!

00001
 前回、Afterglowは絶好調! 幼馴染が集ったロックバンドである!!
 しかし唯一、反響が芳しくなかった羽沢つぐみは悩み
 普通への反逆を試みた
 
 反逆! ロックなセンスは大いに却下され、彼女は今日も悩み続ける

『今、話題の新人アイドル達が身体を張って自らを宣伝していくこの番組!』

00004

 司会「さて、今宵の挑戦者は?
 司会「アイドルバンドグループ、Pastel*Palettesの皆さんです!

 どうぞ~!


00005
00006


 皆さんこんにちは~
 まんまるお山に彩を♪

 Pastel*Palettes、ボーカルの、丸山彩でーす!

※cv前島亜美さん


00007


 ギター担当の、氷川 日菜でーす♪
 今すっごく、るんっときてます♪

 よろしくお願いしまーす!

※cv小澤亜李さん


00008
00010


 ベース
 白鷺 千聖です!

 よろしくお願いしますっ

※cv上坂すみれさん


00011
00012


 どうも~
 上から読んでも下から読んでも、ヤマトマヤ!

 大和 麻弥です!

 ドラム担当です~

※cv中上育実さん


00013
00015


 キーボード担当の、若宮イヴです!
 ブシドーの心で頑張ります!

※cv中村悠一cv秦佐和子さん! 秦佐和子さん!!


00017
00018
 ではさっそく、PR時間をかけてゲームに参加していただきましょうっ!

Pastel*Palettes
 1983年から1999年3の月にかけ、ビートたけしが総合司会を務めた人気バラエティ
 スーパーJOCKEYのパロディで始まった今回!
 きっと日テレだ!

 出演はアイドルバンドグループ、前回ラスト「これだ!」されてたパスパレ!!

 アイドルだけに、ライブハウスならぬテレビ番組に出演
 ヤマトマヤさん昭和ネタかい!

 上から読んでも山本山。下から読んでもマヤトモマヤじゃないですか!

司会『図れ! アイドルの絆ッ!! アイドル・パーソナルクイズ!!』

00019
 明るいノリから、急激に熱くなる司会さんに変な笑いが出る楽しさ!
 今回、間違いなく主役級に良いキャラしてましたが
 何気にcv、明坂聡美さんが担当
 Roseliaの白金燐子さん

 余談ですが、ウマ娘 プリティーダービーでも実況役されてたそうな。

『皆さんには、メンバー同士がどれくらいお互いを知っているかを』

00020
00022
00024
 あちらの鉄棒にぶらさがりながら答えていただきます!(司会)

エーッ!?
 五者五様、ホットパンツから水着に着替え、気合十分なメンバー
 しかし、さすがに鉄棒は予想外だった様子
 力こそパワー!

 筋肉は人を裏切らない、だから、絆を試すには最適なんですね

 きっとそう。

『それでは問題です!』

00025
 ぶら下がり方で、既に性格が出ている面々。大和 麻弥さん可愛い
 じっと耐える人、既に限界なヤマトマヤさん…
 一名、余裕過ぎない!?

 公式によれば天才肌という氷川 日菜さん、けんすいなど余裕なフィジカル!

『ヴォーカル、丸山彩さんの自己紹介といえば

00027
00028
00030
00031
 ハッ! まんまるお山に彩を♪/彩さぁーん!?

ついクセで
 バンドリーダー丸山彩さん、心配そうにメンバーを見守っていましたが
 いきなり、自分に関する質問が飛び出したとあって
 ついポーズを!

 うっかり決めポーズをとり、そのまま万有引力に敗れ去る丸山彩

 ポーズを前提とした質問
 司会、何て冷酷で的確な罠だったんだ!

 自由落下する彩さんかわいい!

司会『…ですが、研修生時代に考えた自己紹介は何でしょう?』

00032
00033
 しかし、実は引っかけ問題、ショックのあまり大和 麻弥さんが落ちた!
 予想外の事態に弱かった!
 犠牲者二人目!

 てか、研修生時代の自己紹介って何だったの!?

若宮イヴ『昔から、どんな時でも準備を怠らない、さすが彩さん!』

00037
 ブシドーです!/イヴちゃん、それブシドー言いたいだけじゃ~ん…

ミス・ブシドー
 ブシドー言いたいだけの人と、ビクともしない人と、既に限界っぽい白鷺 千聖さん
 もはやイヴさん半泣きである
 が

 あ、じゃあこんなのどう?

 氷川さんは考えた、彩さんの研修生時代の自己紹介とは!

『パルッときた♪』『それ、日菜ちゃんの口癖じゃない! も~』

00041
00043
 残念、全員アウトー!

ファーストチャレンジ
 ボケるわツッコむわ笑うわ、三段活用で残るメンバーも一発轟沈
 見事、ゆるふわとは対照的なモンスターと化してしまう
 強そう(確信)

 女子らしさの欠片もない落ち方、昔のギャグ漫画、一ミリも崩れない笑顔!

 総じて、ドラクエにいそうですね!

司会『アイドル! サーフボードチキンレース!!

00044

 アイドル! サーフボードチキンレース!!

 一人を乗せたボードを、他のメンバーに押して貰い
 泥のプール、ギリギリで止まるほど
 PR時間をゲット!

 落ちたら、失格です!

 氷川 日菜「面白そう! あたし! あたし乗りたーい!!
 
 大和 麻弥「じゃ、じゃあ、自分が押します!


00045
00047
00048
00049
00050
00051
 やー!/PRタイム、3秒獲得ー!!

うー!やー!たー!
 続いてアイドルに欠かせないサーフボードチキンレース、初戦は天才&大和さん
 好奇心でいっぱいな氷川さん、ノリノリで挑むのでしたが
 哀しいかな非力!

 大和 麻弥さんが非力すぎて、全力でやったのに殆ど進まない!

 まあ、懸垂もギリギリだったから仕方ないッスね
 非力が可愛い!

 しかし、これは序章に過ぎなかった! 

『挽回するわよ、彩ちゃん!』『まっかせといてー!』

00053
 続いて、子役から活躍していたというゴージャス美少女白鷺さん
 押すのは、元気なリーダー丸山 彩さん
 挽回あるのみ!

 が

いっくよー!』『ちょ、強すぎ!?』

00054
00055
00056
 ア゛ー!?/ご、ごめーん!

パーフェクトフィジカル
 大和さんの反省からか、今度は全力全開で押したらしいリーダー丸山
 見事、泥の沼にストライクしてしまうフリーダム
 残酷な結末に

 優美な白鷺さん、悲惨な絶叫と共に落ちるの

 でも、怒らない優しさも兼ね備えていたという…!

『気を取り直していこう!』『『『おー!』』』

00057
00059


 わー!
 やっほー!
 もっと落ち着いて!?
 ヤバいです!?
 トゥー!



00060
00062
00063
00065
00066
00068
00069
00070
00071
00072
 いっけぇぇえええええ!

ゆるふわ熱血バンド地獄編
 こうして彼女たちは奮戦した、観客がドン引きするほど熱く楽しく美しく奮戦し
 見事、全身どろどろ泥パックになるほど頑張り抜いて
 最後もオチた!

 私達、アイドルバンドやってます! こちらパ

 最後も、嬉しさのあまり体勢をうっかり崩してしまい
 確保できたのは時間は数秒のみ!
 無駄かよ!

 昭和だ! 昭和の番組だったコレ!!

EDで迫られてるのは、今回の“元ネタ”に近いもの

00076
 熱湯CMと呼ばれ、今回のように、テレビコマーシャルしたい人が出演
 通称「熱湯ルーレット」で、誰が入るかを決めた後
 熱湯に入れた秒数だけ宣伝できた
 というモノ

 また簡易脱衣所により、制限時間内に水着に着替えるというコーナーもあった

ガルパスペシャルゲーム! 丸山彩さんは日ハムとコラボ!!

img_aya
 ガルパ・パリーグ企画公式サイトはこちら

日本ハムファイターズ
 今回、ユニットを牽引し熱いリーダー魂を見せ、うっかり落下事件を起こした丸山嬢! 
 日ハム担当で、ホークスと東京ドームで激突…!
 溢れる健康美!

 日ハムはかつて後楽園を本拠地とし、現在は札幌ドーム本拠地

 1990年代、北海道に、札幌(コロポックル)ドームを持つ野球チームが誕生する…
 なんて少女漫画「メイプル戦記」もありました。

 今や現実だと思うと、ちょっと面白いですね。アレは“女性野球チーム”でしたが。

公式ツイッターより

























































2018年8月2日 BanG Dream! ガルパピコ 第5話「パスパレ・水着deコマーシャル」

00079
 マヤさん平常時は眼鏡なんですね

スタッフ
 脚本・絵コンテ・演出:宮嶋星矢
 作画監督:衣谷ソーシ
 アニメ制作:DMM.futureworks/ダブトゥーンスタジオ/サンジゲン
 制作協力:パッショーネ/Creators in Pack
 原作:オリジナルアニメ/ブシロード

あらすじ
 新人アイドル・水着deコマーシャル!
 今回挑戦するのは話題のアイドルバンド「Pastel*Palettes」の5人!
 フレッシュな魅力溢れる彼女たちは難関ゲームを突破してアピールタイムをゲットできるのか!?
 ドキッとする瞬間にも乞うご期待!

ドキッとする、の意味合いが若干違った気がする熱いバラエティ!!

00013
00014
00015
00017
00018
00019
00077
00080
00081
00083
00084
 今週視界を務めた明坂聡美さんは、突発性難聴で降板。オーディション開催に

アイドルは辛いよ~バラエティ番組の寅次郎~
 前回ラストで、「これだァ!」したのも納得の、羽沢さんと相通じるゆるふわバンド
 なお、羽沢さん達のバンド、Afterglowはロックなので
 衣装があってない!というオチでしたが!

 てかパスパレも全然ゆるくない! ラストの熱血っぷり笑った!!

 彼女たちも、第1期クラスメイト及び3話のきらきら星ライブにモブ出演し
 ライブを盛り上げた“温かいお客”にいたとの事

 また今年五月ショートアニメ「ぱすてるらいふ」で、主演も務めてらしたそうな。

 次回、BanG Dream! ガルパピコ 第6話

BanG Dream! ガルパピコ 第5話 感想

 本編
 元ネタ「熱湯コマーシャル」とED
 パ・リーグコラボ企画では、北海道日本ハムファイターズとコラボ
 公式ツイッターより   
 制作スタッフ
 これまでの感想
 トップに戻る 


 BanG Dream! バンドリ! 第1話「出会っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第2話「やっちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第3話「逃げちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第4話「怒っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第5話「ドキドキしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第6話「作っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第7話「ケンカしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第8話「走っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第9話「バイトしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第10話「驚いちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第11話「歌えなくなっちゃった」
 BanG Dream! バンドリ! 第12話「キラキラしちゃった!?」
 BanG Dream! バンドリ! 第13話「歌っちゃった!【最終回】」


 BanG Dream! ガルパピコ 第1話「ライブハウス『さーくる』」
 BanG Dream! ガルパピコ 第2話「くらトーーーーク」
 BanG Dream! ガルパピコ 第3話「革命-revolution-」
 BanG Dream! ガルパピコ 第4話「ロックンロールベイベェ」
 BanG Dream! ガルパピコ 第5話「パスパレ・水着deコマーシャル」
 BanG Dream! ガルパピコ 第6話「ミッシェルランドへようこそ!」
 BanG Dream! ガルパピコ 第7話